タグ:紅葉 ( 29 ) タグの人気記事

雪景色も素晴らしいレイクオハラ、神秘的な風景を求めて!!



d0112928_13065657.jpg
雪をまとった森と山、ここレイクオハラではこの時期雪が降るのも珍しくありません。
まるで冬の景色になっていますが、まだ9月下旬のこの日、朝から降り続く雪がとても幻想的な景色を見せてくれます。

こんにちは、ヤムナスカガイドの植木です。
今回はカラマツの黄葉と雪景色を楽しみに5名の方々をレイクオハラにご案内しました。
d0112928_14090443.jpg
気温マイナス2度、無風、小雪という天候がこの幻想的な光景を生み出しています。
ハイキングシーズンも終盤を迎えているこの時期、人影もまばらな湖畔で私たちだけが
この素晴らしい景色を楽しむチャンスを得ることができました。
d0112928_14112951.jpg
少し太陽の光が差し込んだ瞬間、Mt Odarayが光を反射して周囲を明るく照らしてくれています。
巨大な岩山、地層に雪が積もるとまるでミルフィーユのような感じですね。
d0112928_14132084.jpg
今回はオパビンハイラインとオパビンレイクにご案内しました。
湖に近づくとルートも見えないくらいに雪が積もっています。
奥にはカラマツの黄葉も姿を現します。
d0112928_14152303.jpg
d0112928_14153792.jpg
ライチョウが出迎えてくれました。凍った池をよちよち歩いて来て、足元まで来たら微動だにしない、きっとばれていないと思っているんでしょう。でも、完全にばれてます(笑)
d0112928_14185722.jpg
秋も深まるこの時期、黄金に輝くカラマツの葉が見事でした。
d0112928_14231907.jpg
d0112928_14230861.jpg
カラマツの細い枝に降り積もった雪が情緒ありますね。
しきりに写真撮影。


d0112928_14302427.jpg
この幻想的な景色がレイクオハラの魅力です。
何度来ても、何度見ても同じ景色は存在しません。
雪の白、カラマツの金色、岩肌の黒、そして透き通った清流の流れる音色、このコントラストは自然界の芸術と言えるでしょう。

d0112928_14341574.jpg
日本からお越しの東野様、元吉様、バンフ在住の鈴木様、小畑様、野島様、雪の中でのハイキングも楽しんでいただけましたか?
冬がすぐそこに来ているここレイクオハラの素晴らしい景色に感動し、自然の素晴らしさを再度実感できた一日になったことと思います。

また時期を変えてカナディアンロッキーのハイキングに行きましょう。
ヤムナスカガイドはいつでもどんな状況でもその時々の最高の楽しみ方を知っています。

いつか再会できることを願っています。


ヤムナスカ・ガイド植木 正幸 (うえき まさゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-09-27 02:18 | 出会いの山旅 | Comments(0)

黄葉散策して、秋の動物達をチェック!ミート・ザ・ワイルド


d0112928_01505302.jpg
ヤムナスカガイド 本山 です。
秋が終わろうとしています!そうです!今日は『秋分の日』
昼の時間と夜の時間がほぼ12時間ずつになるこの日は、極北人には、大きな意味のある日です。
明日より、暗い時間の方が長くなる日です。がーーーーーん・・・冬至までぐんぐん日が伸びていきます。
日照時間が移り変わるこの時期は、時は間違いなく進んでいるのだとかんじますねー。
気分は、山口 百恵 コスモスです。

d0112928_01552230.jpg
気を取り直して、明るい河津様2名様をユーコン動物保護地区にご案内してきました。
動物園的な意味合い、動物保護(傷ついた動物を保護、再生)など行っているこの保護地区は、秋はとてつもなく、黄葉が綺麗になります。
例年9月中ごろから下旬まで素晴らしい黄葉が楽しめます。
車で回るツアーもありますが、それではもったいないので、ヤムナスカでは5㎞の周回コースを散策し、
ユーコンに住む動物からいろいろなことを体感し、学習しちゃいます!

今回は、色々な意味で秋を感じる散策になりました。

d0112928_01584871.jpg
バイソン!ちょっと遠くでしたが、その大きさには驚かされます。この日は、日差しが心地よかったので、日向ぼっこしていました。

d0112928_02003482.jpg
保護地区には、鹿の類が何種類かいますが、このツノが毎年落ちて、生え変わります。
不思議発見!
冬に落ちて、すぐに生え変わってきますが、この秋の時期にベルベットという毛でおおわれた表面が剥げ落ちて、皆様見慣れた白いツノになっていきます。
なんで、毎年落ちるの?など、観察しながら、答えを考えてみましょう!

d0112928_02032328.jpg
ムース!大ヘラジカ!世界最大の鹿は、意外にもシャイなのですが、今日はその姿を見せてくれました。
非常にユニークな愛嬌ある顔をしています。なんでこんな顔の形なのでしょう!
生き物の形体には、生き残っていくためにできた理由のあるものばかり、観察していろいろ考えます。

d0112928_02044491.jpg
この時期、シカ類は交尾の季節で、雄は特に「いきりだっている」ことが多く、野生で遭遇したときは、要注意です!
慎重派のムースの雄はなかなか近づいてきてくれませんでした。
d0112928_02065632.jpg
これは、白鳥!
ここで保護されているわけではなく、池に勝手に舞い込んできたやつですね。
この時期は、V字飛行で、どんどんと南に飛び立っていきます。
この姿を見ると、、、、、秋だなぁー、とちょっと寒しくなりますね・・・
しかし、なんでわざわざメキシコとかから、こんな遠いところまで飛んでくるんでしょうね。
脳みそ小さいのに、なんで方向とかわかるのでしょうね・・・不思議いっぱい・・・

d0112928_02090426.jpg
黄葉は終盤だったのですが、まだ綺麗な黄葉が残っていました!
やはり落葉樹はいいものですね。

d0112928_02101996.jpg
見事な色!
アスペンという木です。

d0112928_02120766.jpg
天敵から逃れるために、高所に生息するようになったマウンテンゴート、
とんでもない崖の上で、こちらも日向ぼっこ

d0112928_02132114.jpg
カリブー、こちらも角からベルベットが剥げ落ちて、冬の準備に入っていました。

d0112928_02140284.jpg
展望台で、パノラマ撮影!
そうです!ユーコンはでかいので、パノラマ映えしますよ!
d0112928_02173071.jpg
あまりの綺麗さに!記念撮影!
d0112928_02193800.jpg
今夜最終日のオーロラチャンスを残す 河津様!オーロラが出現したことを祈ります。
この日は、秋分の日だけあって、色々と秋を感じる散策となりました。

イン・オンザレイクにご宿泊されていたお二人、滞在も気に入っていただけたようです。
アクティブなお二人は、この前の日に、ネイチャーウォークにもご参加いただきました。
また、次回は是非お母様と一緒にお越しください!

またお会いできる日を楽しみにしております。



by ymtours | 2019-09-23 05:57 | デイツアー | Comments(0)

黄葉MAX!!黄金の楽園、ラーチバレーハイキング

d0112928_15154209.jpg
テンピークスと黄金の楽園
d0112928_15154266.jpg
オォォーーーーゴンのパワーがみなぎっています!!!
ラーチニストのヨシです(ヤムナスカガイドの板倉)

本日は笠井様、蓮見様、祓輪様の3名で黄葉、真っ盛りのラーチバレーに行って参りました!
d0112928_13532012.jpg
熊警報が出ていましたが、ガイドがいれば安心です。
熊に合わないようにハイキングをするのはもちろんのこと、
有事の際はガイドが的確に対応致します。
d0112928_13532069.jpg
ラーチバレーはモレーンレイクと言われる絶景の湖からスタートします。
ここに来ただけで気分は絶好調!
早速行きましょー!
d0112928_13532170.jpg
10本のスイッチバックを登りながら、
疲れた~。まだですか~。なんていう人は一人もいなかったですねっ皆さん!笑
d0112928_13532103.jpg
疲れてもその先には絶景のご褒美が待っています。
見て下さいこのカラマツ!!
疲れも一気に吹っ飛びます!
d0112928_13540144.jpg
綺麗な黄葉にうっとりしてしまいますね~
ずっと眺めていても飽きないです。
d0112928_13540219.jpg
そのまま歩くこと数十分。
少し霧がかかっていましたがテンピークスを見ることが出来ましたー!
写真では伝わりにくいですが、ロッキーは自分の目で見ることが何よりも価値があります!
人生が変わるような光景がたくさんありますよ。
d0112928_13540065.jpg
今日はテンピークスを一望できる場所でランチタイム。
風も無く、黄葉とテンピークスが輝いていました。
何とも贅沢な光景です。
d0112928_13540136.jpg
時間にも余裕があったため、そのまま少し高台まで足を延ばしました。
ミネスティマレイクが鏡のように反射しており、絶景を前につい言葉を失ってしまします。
皆さんの笑顔が楽しさを物語っていますね。
d0112928_13540141.jpg
はいっ!今回の目的地に到着でーす!
記念にハイチーズ!
皆さん頑張った甲斐がありましたね!
ここでの光景は一生の思い出となったと思います。

ここに来た人にしかわからない感動がロッキーにはあります!
d0112928_13540107.jpg
登り修行を終えた皆さんは、降りで元気を取り戻しました。笑
ここから再度、気を引き締めていきましょーーー!
d0112928_13542549.jpg
ラーチバレーは同じ道を戻りますが、行きとは違ったドラマがあります。
ガイド登山だからこそ、楽しめるもの、感じるものがあると思います。
d0112928_13542500.jpg
所どこと穴が開いている場所を見ると~
オコジョッ!!!
頑張った皆さんに会いに来てくれましたね!
d0112928_13542636.jpg
ケガもなく、無事に駐車場に戻った皆さんで
グータッチ!!!
最高の山旅になりましたね!

出会いの山旅は、どんな人が来るか不安があると思いますが、ロッキーに来れば大丈夫!
広大な自然や光景が、自然と皆さんの壁を取り除いてくれますよ!!


笠井様、蓮見様、祓輪様

楽しい時間は本当にあっという間でしたね。
黄葉と絶景。
心に残るハイキングになったと思います。
ロッキーには、まだまだ素敵な場所がたくさんありますよ!
またロッキーやユーコンに戻って来てくださいね!
スタッフ一同心よりお待ちしています。

【人生の思い出として、ほんのわずかな一瞬ですが、一緒にハイキングをしていただき ありがとうございました!】


ヤムナスカ・ガイド板倉 由浩 (いたくら よしひろ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-09-20 00:09 | 出会いの山旅 | Comments(2)

ユーコンはでかかった!秋のユーコンハイキング


d0112928_08241852.jpg
ヤムナスカガイド 本山 です。
9月半ばは、ホワイトホースに来たら、自然にくり出したい!
黄葉がとんでもないからです!

オーロラのツアーで行うデイツアーは、夜遅くまで起きているお客様を考慮して、午後から始まることが多いですが、今回は、「どうせ行くならフルデイで!」というお客様のご要望で、「丸一日のハイキング」にご案内させていただきました。

d0112928_08254746.jpg
ご案内させていただいた場所は、「サム・マギー」別名、マウンテンヒーローともいわれるトレイルです。

d0112928_08282040.jpg
このトレイルは、マウンテンバイクのトレイルにもなっています。
そして、かつて炭鉱があった場所でもあり、そこかしこにトラムの跡が見られ、歴史と開拓者文化を感じるトレイルでもあります。
早速、登場したトラム・ステーション。

d0112928_08292848.jpg
またアスペンのトンネルのようになった林を歩けることもお勧めの理由の一つです。

d0112928_08302583.jpg
さびついたカーゴも、突然現れたりします。

d0112928_08311882.jpg
本当に素晴らしい黄葉でした。
登山がほぼ初体験に近いお客様もいらっしゃりましたが、ヤムナスカガイドにお任せください!
笑顔がこぼれてきますね!

d0112928_08320848.jpg
見事なアスペンのトンネル。

d0112928_08322383.jpg
高度をあげていくと、ところどころから素晴らしい景観が楽しめます。
上に行くともっとすごいですよー

d0112928_08333824.jpg
急斜面も出てきますが、ペースをうまく配分すれば!この笑顔!
景観も素晴らしいですし、疲れが飛んでしまいますね!


d0112928_08345127.jpg
トラムの中継地点に近づいてくると、かつて人が生活していた跡が見られます。
ラスティック!ユーコン!


d0112928_08350881.jpg

缶詰もたくさん、、、、
現代社会はプラスティックのゴミの問題がありますが、この時代は朽ち果てていくものばかりで、ここまで古いと風景に溶け込んでいきます。

d0112928_08380888.jpg
途中、雷鳥が迎えてくれました。

d0112928_08363925.jpg
斜度も落ちてきて、いよいよ折り返し地点が近くです。
さぁ、どんな景観が待っていてくれるか!


d0112928_08390090.jpg
じゃじゃーーーーん!

d0112928_08394849.jpg
素晴らしい景観の下、ランチです!

d0112928_08403068.jpg
うっとりの景観です。

d0112928_08411974.jpg
記念撮影!ばんざーい!


d0112928_08414484.jpg
ユーコンのキャッチフレーズは、「Larger Than Life」まさしく!
地球って、大きいですね!


d0112928_08422418.jpg

下山も快調でした。
初体験登山も、お見事!グレイト・ジョブ!


d0112928_08430053.jpg
最後は、自分達のいた場所を登山口から確認!
人間の足って、意外にすごいよね、と感じるひと時。

まさしく、Larger Than Life のこのハイキング・トレイル、歴史も感じられ、黄葉のタイミングもばっちりでした。
雨が降る予報でしたが、結局降られることもなく、展望地からの景観は最高でした。
そして黄葉のピークシーズンなのに、全然人に会いませんでした。この静けさもユーコンのいいところ!
皆さん、ユーコンの大きさを感じていただけましたかぁー?
本当に大きいユーコンです。


ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-09-13 05:18 | デイツアー | Comments(0)

秋のホワイトホース 黄葉ハンティング!

d0112928_07323362.jpg
ヤムナスカガイド 本山 です。
今年は、黄葉がとても綺麗!
昨日に続き、S須様を、ネイチャー・ウォークでホワイトホース周辺の黄葉ハンティングでご案内させていただきました。
前日のヤムナスカ流のホワイトホース市内観光「ディスカバー・ホワイトホース」の様子はこちらより

d0112928_07341545.jpg
まずは、ホワイトホースでも隠れた名所の渓谷へご案内、
市内からちょっと移動しただけなのに、大自然が広がります。

d0112928_07344932.jpg
なかなかの高度感のあるこの場所です。

d0112928_07353688.jpg
昨日は、間近でビーバーのかじった木や、巣などを観察しましたが、この高台からは、川をどのようにビーバーがせき止めるかよく観察できます。
写真の真ん中あたりはビーバーが作ったダムです。前日のツアーの様子はこちらから

d0112928_07380774.jpg
さらに移動して、移動中も黄葉を楽しみ、今度はビーバーの活動の全貌が観察できるエリアへ

d0112928_07393330.jpg
写真の中にビーバーの巣がありますが、わかりますか?

d0112928_07400561.jpg
素晴らしい黄葉とポカポカの天気

d0112928_07404642.jpg
写真も撮りたくなりますね!

d0112928_07411240.jpg
ベンチで私もご主人とパシャリ!
d0112928_07425068.jpg
風景をしっかりと噛みしめているご主人の姿が印象的でした。
「すごいなぁー・・・」とため息と共に連発されていました。

2日間、お二人をご案内させていただきました。
手前味噌ながら、ツアーの後、ここがどんな場所なのか、手つかずの自然が残っているユーコンの素晴らしさをお伝えできたのではと感じております。
確かにホワイトホース周辺には、目を見張るような名峰はありません、しかし、太古の昔からある手つかずの大自然は、「じわぁー」と来る喜びがありますよ!


ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-09-10 04:09 | オーロラの旅 | Comments(0)

ヤムナスカ流のホワイトホース市内観光 ディスカバー・ホワイトホース

d0112928_06554304.jpg
ヤムナスカガイド 本山 です。
今年の9月のホワイトホースは、暖かく過ごしやすい日が多く、オーロラも好調!
秋の木々の色づきも見事になってきました。

本日は、ヤムナスカ流のホワイトホース市内観光『ディスカバー・ホワイトホース』でS様をご案内させていただきました。

極北の古都・ホワイトホースは、歴史や自然を理解するとその見え方が変わってくる街と私は勝手に感じています。
ですので、私達ヤムナスカガイドが普段から生活していて感じるたくさんのことをこのツアーではできる限りお伝えし、皆様にもホワイトホースがどんな場所なのか感じていただければと思い案内させていただいております。
d0112928_07004138.jpg
まずは、インフォメーションセンターで、ユーコンの概要をしっかりとご説明!
d0112928_07014090.jpg
ここには、看板など情報が充実していて、私達ガイドにとっても、ユーコンを説明するのにもってこいの場所です。
特にこのジオラマの地図は、色々なことが説明できます。
土地の大きさや、人口密度、産業や、日照時間の移り変わり、ゴールドラッシュの歴史、冬の寒さ、上げたら切りがないのですが、まずはここで基本情報をお伝えします。
d0112928_07034657.jpg
ゴールドラッシュ時代のホワイトホースの様子、その開拓者精神とはどんなものなのか?
それが社会形成に与える影響などなど深く突っ込んでいきます。
d0112928_07050809.jpg
高速道路なのに、「未舗装」????この写真だけでもさまざまなストーリーがお伝えできます。
d0112928_07055285.jpg
天気がよかったので、カヌーイストの憧れのユーコン川をチェック!
かつてゴールドラッシュ時代には、ここを多くの人が通過していきました。手作りボードで!

d0112928_07072226.jpg
お腹もすいてきたので、地元のカフェで購入したサンドウィッチでピクニックランチです。
すがすがしい天気で、最高でした。

d0112928_07084132.jpg
この後には、少し移動して、ホワイトホースの人がよく訪れる散策路へ!
町のすぐそばに手つかずの自然があるホワイトホース!自然観察は、ここの風土や、土地柄を理解するのにもってこいです。

d0112928_07095306.jpg
実はこの自然散策路は、ビーバーが生息しているエリアで、観察するととても面白いのです!

d0112928_07105303.jpg
ええぇーーーー、こんな大きな木まで切ってしまうのぉー?驚きの連続です。
その習性は、本当に興味深く、カナダの自然界でも非常にユニークな生態を持っているのです!

d0112928_07121042.jpg
しかし、見れば見るほど、見事です!
ビーバーと木々の関わり、その他の植物や、動物達とのかかわりなどを学んでいきます。
d0112928_07132783.jpg
大きなビーバーの巣を見学。
すべてビーバーが運んできた枝と石と泥でできています。
不思議発見!

d0112928_07141475.jpg
ユーコン川のほとりを散策しますが、この日はとても素晴らしい天気でした。
さわやかな気候で、からっとしていて、気温も20度近くまであがりました。

d0112928_07184667.jpg
さらに移動して、今後は歴史的な意味がある「マイルズ・キャニヨン」へ
d0112928_07222296.jpg
周囲の黄葉も見事でした。

d0112928_07195618.jpg
ここは渓谷になっていて、かつてゴールドラッシュ時代には、カヌーやボードでこえるには難所となった場所です。
上は、かつての様子です。

d0112928_07204726.jpg
近くまで来るとなかなかの迫力です。
記念撮影。

d0112928_07214518.jpg
橋もあり、川の様子を感じることができます。
d0112928_07242992.jpg

周囲の散策も楽しみました。
これで、ここがどんな場所なのか、S様にもきっと感じていただけたのではないかと感じています。

S様は、翌日も黄葉ハンティングに私と出かけて、また素敵な大自然と黄葉に出会えました。
黄葉ハンティングの様子は、こちらよりご確認いただけます。
9月初旬から後半のホワイトホースは秋真っ盛り!オーロラを目的でお越しになられた方にも是非、一歩外で出ていただきたい季節です。

ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-09-09 04:07 | オーロラの旅 | Comments(0)

オーロラ、アニマル、ネイチャーウォーク!ユーコンを満喫しよう!!


d0112928_13042680.jpg
ユーコンの絶景!いただきました!!

ブログを見ている皆さん
こーんにちは!
現在、ロッキーから遠く離れたユーコンという町に来ております。
ヤムナスカガイドの板倉です。
d0112928_13334408.jpg
オーロラが見れる!
ハイキングもできる!
空気も世界一きれいな町!

こんな夢のような場所が他にはありますか!?
私は毎日最高の気分です!

本日は高野様ご夫妻と
ユーコン満喫の旅に行ってきました!


初日は、ユーコン野生動物保護区。
d0112928_13044334.jpg
ドドーン!
d0112928_13044391.jpg
ムゥーーーーーース!

今日はヘラジカ君が私たちに会いに来てくれました!
(私たちが会いに行きました)
目の前で体重200キロは軽く超える
ド迫力の動物に圧巻の模様!
奥にはオスのヘラジカもいて大満足。
d0112928_13044204.jpg
オスのヘラジカにはアンテナのようなツノが生えています。
この仕組みは、、、

ユーコンでお会いした時にお話ししましょう。
d0112928_13111458.jpg
奥のほうに見える黒点はなんでしょうか。
この黒点はオーロラにはとっても重要なんです、、、
おっと、黒点違いでした!!
d0112928_13111461.jpg
これはマスコックスという氷河期をマンモスと共に生き抜いてきた動物です。
生きた化石に近いようなものです。

カナダでしか見ることのできない動物がここにはたくさんいるので、
是非、カナダに来た際は訪れてみて下さいね!



二日目はネイチャーウォーク!
往復3時間で手軽に紅葉、絶景を楽しめる場所へ案内しました。
d0112928_13042689.jpg
オーロラで寝不足気味ですが、眠気をぶっ飛ばしに行きましょう!!
d0112928_13042624.jpg
ポプラ並木を楽しみながら気持ちよーく登っていきます。
d0112928_13042604.jpg
ある地点を境に一面真っ赤に!
ここからもう少し登ると~
d0112928_13042758.jpg
脱!!眠気!!?
d0112928_13042729.jpg
眠くても、眠くなくてもカメラは止まりません!!

オーロラより多く撮っているかもしれません。
なぜなら、、、
d0112928_13044496.jpg
ビューティフォーーーーー!!!

このような光景が目の前には広がっているからです!

そして夜には、、、
d0112928_13253457.jpg
Beautiful !!!

運が良ければ、きれいなオーロラカーテンが見ることが出来ます!


どうでしたか皆さん!
もうカナダに来る準備はできましたか!?

一度きりしかない人生楽しんだもの勝ちです。

今回参加して下さった高野様には想像をはるかに超えた経験をしていただいたと思います!
今日の夜にも素晴らしいオーロラが見れるといいですね!

カナダに来られた際は、個性豊かなスタッフが
皆さんの旅を人生最高の思い出になるよう全力でサポートいたします!!


【人生の思い出として、わずかな一瞬ですが、一緒にハイキングをしていただき ありがとうございました!】


ヤムナスカ・ガイド板倉 由浩 (いたくら よしひろ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-09-03 23:18 | オーロラの旅 | Comments(0)

オーロラの次は野生動物を見に行こう!!


d0112928_13033715.jpg
ヤムナスカ ユーコン編 始まります!!
d0112928_13033709.jpg
ツノ??
ユーコン??
ん、これ、ロッキーではない!?
と思った方もいると思います。

そうです。これはロッキーではありません。
私は現在、ユーコンというロッキーの拠点(バンフ)という町から北に2,200キロ離れた
オーロラが出現する町にやってきております。
ロッキーのハイキングシーズンも終盤に差し掛かり、
これからはヤムナスカユーコン編(オーロラツアー)が始まります!

本日はオーロラを鑑賞しに来たT様のオプショナルツアーとして
Yukon Wildlife Preserve(ユーコン野生動物保護区)にご案内いたしました!
d0112928_13033855.jpg
ロッキーとは違った風景画
と思いきや、実はエルクがたくさんいるのです。
ここは動物公園とは少し違い、
東京ディズニーランドの4倍もある敷地に北米の動物が生活をしています。
面積が広いため動物にかかるストレスも少ないのです。
d0112928_13033851.jpg
広大な面積を誇るため、歩く距離が、、、と思う方もいると思うますが、
実は周回5km。とても歩きやすい道を気軽にハイキングをしながら動物に会うことが出来る場所なのです。
夜はオーロラ。日中は世界一空気が綺麗という町でのんびーり動物を見ながらハイキングをするのもオススメ!
d0112928_13033776.jpg
ゆったりした時間を楽しみながら食べるランチも別格です。
カナダの広大な自然が、気持ちをリフレッシュさせ、
きっと日本では味わうことのできない、気持ちにさせてくれますよ。
d0112928_13034827.jpg
T様からエビフライをおすそ分け!

と思いきや、これはリスが松ぼっくりを食べた後。
良くエビフライに似ていますね!
こんなのも木の下に落ちてるんですよ。
d0112928_13034881.jpg
動物もお腹が減ったのか、カリブー(トナカイ)が顔を出してくれました!
♫ 真っ赤なお鼻のトナカイさんは~
のトナカイです!
はたして本当に鼻は赤いのか、、、
これも来た人のお楽しみ!
d0112928_13034888.jpg
シンホーンシープがこっちを見ています。
威嚇でしょうか、、、

ゴツンッッン!!!!
d0112928_14293237.jpg
どうやら仲間が気に食わなかったようです。
目の前でド迫力な戦いが行われ、自然を生き抜くドラマを肌で感じ取ることが出来ました。
d0112928_13034972.jpg
他にもバッファローやムース、北極キツネなど、数多くの動物が生息しています。
オーロラを見に来た際は是非、オプショナルツアーも参加してみてはいかがでしょうか。
ここにしか体感することのできないドラマがたくさんありますよ!


T様

お二人の仲の良い雰囲気で楽しいハイキングをすることが出来ました。
オーロラとはまた違った感動を、ここで体感することが出来たのではないでしょうか。
快適な気温で、ユーコンの大自然を感じてもらえたと思います。
迫力のある動物や風情。
機会があれば是非、ロッキーにも遊びに来てくださいね!
その時を心よりお待ちしています!


【人生の思い出として、わずかな一瞬ですが、一緒にハイキングをしていただき ありがとうございました!】


ヤムナスカ・ガイド板倉 由浩 (いたくら よしひろ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-09-01 03:53 | オーロラの旅 | Comments(0)

ホワイトホース屈指のツンドラ紅葉フィッシュレイクで女子二人旅

d0112928_14582467.jpg
こんにちはガイドの堀口です。
今回はオーロラ女子旅ということでユーコンに遊びに来ていただいた、高野澤さん、西田さんのお二人をネイチャー・ウォークのデイツアーにご案内させていただきましたのでその様子をどうぞ!!

d0112928_14583551.jpg
今回はホワイトホースから車で約20分のフィッシュレイク・トレイルへ。
ここはツンドラの景色が楽しめるハイキングコースとなっています。
そして何と言っても一番上の写真もそうですが、この日は紅葉がMAX!!一年のうちのピークがこの日に当たったと言っても過言ではなく、ため息が出るほどの美しさでした!

d0112928_14591429.jpg
真っ赤に染まるアークティック・バーチ(北極カバ)

d0112928_14590927.jpg
そりゃ当然こうなりますよねw
カメラ女子の二人は紅葉の虜に。。
「お二人さーん、そろそろ上に行きますよーw」

d0112928_14590285.jpg
と言っていたら数分後にはやっぱり撮影・・・。
ですよね。と言いつつも私もバシャバシャ撮影していたのですけどね。

d0112928_14584209.jpg
まー撮り飽きることがありません。
この日は気温も暖かく、本当に気持ち良いハイキングとなりました。

それにしても仲の良いお二人は学生時代からのご友人。
本当にお互いのことはなんでも分かっている、という感じが伝わってきました。

d0112928_14582977.jpg
頂上付近では私も入り3人でパチリ。

お二人のお仕事のお話などもたっぷり聞かせていただき、ありがとうございました。

実は高野澤さんは途中でサングラスを落としてしまっていたのですが・・・。

d0112928_14581129.jpg
なんと登山口に戻ると心優しいハイカーが拾ってくれて、こんなわかりやすく置いておいてくれたのです。

最後の最後に心温まる瞬間でした!

ホワイトホースのオーロラツアーは日中のアクティビティが充実しており、旅全体を通して楽しむことが出来ることが大きな魅力です。

高野澤さん、西田さん、また是非カナダに、ユーコンに遊びにいらして下さいね。
次はまた別のトレイル、違うアクティビティでご一緒しましょう!
この度はヤムナスカのデイツアー、ネイチャー・ウォークをご利用いただき誠にありがとうございました。


ムナスカ・ガイド堀口 慎太郎 (ほりぐち しんたろう)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-08-31 05:35 | オーロラの旅 | Comments(0)

雪の黄葉 満喫ハイキング

d0112928_01493882.jpg
こんにちは。ヤムナスカガイドの山田利行です。
今回は関東から2名、関西から3名の5名様を
雪の黄葉ハイキングへとお連れしました。
今回の目的地ヤムナスカビューポイントでは、
小林様、水谷様が持ってきてくれた、カナダの国旗を掲げて記念撮影をしました。
「ポプラの黄葉、カエデの赤、お客様の笑顔」と
全てが揃った素晴らしいハイキングに、出発しましょう。

d0112928_01495796.jpg
雪を纏ったポプラ並木からハイキングはスタートしました。
今年のロッキーは例年にない寒い秋。
山の景色は冬景色。
寒さが心配でしたが、風もなく、歩くには丁度良い気候でした。
d0112928_01501395.jpg
思わず写真を撮りたくなる気持ち分かります。
是非今回の写真を家族や友人の方とシェアし下さいね。
d0112928_01504441.jpg
d0112928_01505709.jpg
所々立ち止まりながら、自然を眺めたり、インタープリティブをしたり、
ハイキングが進みます。
d0112928_01503290.jpg
展望台での昼食の一コマ。
ヤムナスカ特製のおにぎり弁当を召し上がって頂きました。

d0112928_01510891.jpg
登りと下りでは同じ道でも見える景色が全然違うもの。
一日中、黄葉を楽しむことができました。
d0112928_01512383.jpg
仲良し二人組。
落ち葉とマッチしていい感じです。
d0112928_01513378.jpg
こちらもランドネに投稿できそう。
d0112928_01514644.jpg
ヤムナスカ森のスリーシスターズ
(キャンモアのシンボルの山)
d0112928_01520030.jpg
下りてくるとガスが晴れ、
ヤムナスカ山を綺麗に見ることができました。
一日だけでしたが、ロッキーの自然を大満喫して頂くことができて
本当に良かったです。
まだまだ素晴らしい場所が山ほどあります。
またいつかロッキーの大自然に戻って来て下さいね。
これからも一期一会を大切に、
ヤムナスカ一同お待ちしております。



ヤムナスカ・ガイド山田 利行 (やまだ としゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2018-09-29 02:54 | 出会いの山旅 | Comments(0)