タグ:登頂ツアー ( 8 ) タグの人気記事

アルパインガイド谷5年間の軌跡

d0112928_08131435.jpg

こんにちは、ヤムナスカガイドの堀口です!皆さん日本の秋山を楽しんでいますか?こちらカナダでは秋も深まり冬はすぐそこ。そろそろ私たちはスキーやアイスクライミングなど、冬のアクティビティのギアの準備を始めようかというところです!

さて、今回は我々にとってとても嬉しいニュースをお届けします!
この夏にガイドの谷剛士がACMG(カナダ山岳ガイド協会)の超難関のアルパインガイド試験を突破し、ヤムナスカで唯一のアルパインガイド(山岳登攀ガイド)となりました!!

そこで、今回は谷のアルパインガイド資格取得までのステップを、彼の軌跡と共にご紹介します。
私と谷はACMGアプレンティス・ハイキングガイド資格の受講時からの同期で、実は同い年なのです!共に山を舞台に仕事をしながら、彼の生き様(笑)見てきたつもりです。今回の記事はカナダでガイド付きのアルパインガイドに興味がある方はもちろんですが、今後カナダでアルパインガイドを目指したい方が参考にしてもらえれば嬉しいです。

そもそも『アルパインガイド』とは一体どのようなガイドが出来る資格なのか?まずはここからご案内しましょう!

例えば下の写真のような、、

d0112928_09195497.jpg
このような氷河のある地形や高所の岩場、


d0112928_09202412.jpg
垂直の氷瀑を登るアイスクライミング
(クライマー:谷)

このように、夏山、冬山共に高所での岩場、氷壁、雪または氷河の地形をガイディングできるのがアルパインガイドとなります。
もちろんロープ、ハーネス、クランポン(アイゼン)、アックス(ピッケル)等のクライミングギアを用いての登攀、登山です。

特にアイスクライミングの場合、カナディアンロッキーは聖地として知られており、我々ヤムナスカの拠点があるBow Valleyは、とにかくアプローチがとても便利!駐車場に車を停めてたった10分、15分のアプローチで壁に取り付きできるような場所がゴロゴロしており、正にアイスクライマー天国と言っても過言ではないでしょう。

そして、谷は日本人で唯一カナダでこのような地形の山を案内できるガイドとなったのです。

カナディアンロッキーのアルパインエリア(高山帯)はどこへ行っても絶景ですが、何と言っても写真の様にエクストリームな地形が多くなります。そのため安全確保は最大のポイント。従って、ガイド自身体力があることはもちろんですが、安全を確保するための技術と知識も日ごろから磨いておく必要があり、並みの努力でできることではありません。

しかし、山のピークに達したとき、目標のルートを完登したときの達成感は何事にも変え難く、そんな感動をゲストにも味わってもらいたい。そんな気持があるからこそ、試験を積み重ねるモチベーションになるのではないでしょうか。

さあ、それではここからはアルパインガイドになるまでの道のりが如何に険しいのかをご説明します。
下の図をご覧ください。

d0112928_08375979.png

ACMG(カナダ山岳ガイド協会)ではこの項目の一つ一つがコース(Training は試験ではないが履修必須)となっていて、一番下までたどり着くとマウンテンガイド(国際山岳ガイド)です!(私はこの表を見ただけで気が遠くなったりますがw)

アルパインガイドになる為には、
・ガイドトレーニング・ロック
・アプレンティス・ロックガイド
・ガイドトレーニング・アルパイン
・アプレンティス・アルパインガイド
・アルパインガイド
と6つものコースを受ける必要があるのです。さらにこの表には記載されていませんが、雪崩大国であるカナダではアルパインガイドになる為にCAA(Canadian Avalanche Association)の
アバランチ・オペレーションズ・レベル 1
という試験にパスする必要があります。あとはもちろんすべてのACMGガイドに求められる
・Advanced Wilderness First Aid(上級野外救命士)※3年に1度の更新あり
こちらも必須です。

d0112928_08412703.png
d0112928_08415779.png

ちなみに谷はこのほかに
・アプレンティス・スキーガイド
アバランチ・オペレーションズ・レベル 2
も取得しており、マウンテンガイドまであと一つとしています。

d0112928_14124585.jpg
ハフナー・キャニオン クートニー国立公園 ブリティッシュコロンビア州
(クライマー:谷)

それでは谷がここまでカナダで取得した資格を順を追って振り返ってみましょう!

さあ、行きましょう!
クライミーング!

2013年春 アドバンスド・ウィルダネス・ファーストエイド・レスポンダー 取得!(私も取っていますが実はこれがかなり大変!?)
2013年夏 ACMG アシスタント・ハイキングガイド Get !
d0112928_14052383.jpg
ほほーう

2014年冬 CAA アバランチ・オペレーションズ・レベル 1 パス!
2014年夏 ACMG アプレンティス・ロックガイド しゃー!!

d0112928_14050207.jpg
ガンバー!!

2015年夏 ACMG アプレンティス・アルパインガイド YES!!
2017年冬 CAA アバランチ・オペレーションズ・レベル 2 うぉりゃー!!

d0112928_06483011.jpg
テイク!!ちょっと一休み
くらいむおーん!!
2018年春 ACMG アプレンティス・スキーガイド HEE HAW!!
2018年秋 ACMG アルパインガイド オーサム!グッジョブ!タク!

d0112928_14043729.jpg
ヒャッホーイ!!

ハァハァハァ・・・何と、1年に1つ以上試験を受けていますね・・・。
ちなみにアプレンティス・ロック、アルパイン、スキーはGuide Training も取る必要がある為、アプレンティスのカテゴリはコースとしては2つ分となるわけです。

これは本当に一年中トレーニングから、プライベートから山に入っていないとできないことです。また、当たり前ですが書類等の手続きからコース中の座学まですべて英語なので、外国人の僕らにとってもこれらのストレスは計り知れません。本当に常に山のことが頭の片隅にないとできないことなのです。さらに谷は非常に計画的に先のことを見据えて、一つずつステップアップしていると言えるでしょう。

そして、それぞれの試験受講前には書類審査から始まり、主に山行履歴を提出する必要があります。場合によってはこれで試験を受けることすらできないということもあり得ます。

冒頭でも述べましたが私はアシスタント・ハイキングガイドの試験は谷と同じ2013年の春に受講しています。ここから谷はマウンテンガイドへの道を歩み始め毎年試験を受けることになるのですが、しかし5年でここまで行くとは・・・。

私が2012年にセメスター(ヤムナスカ登山学校)を受講した時にインストラクターのマウンテンガイドが言っていました。
「カナダでマウンテンガイドになるには最低でも10年はかかる。」
さらにその為には膨大な経験を積む必要があり、「それまでは人生のほとんどを山に捧げることになる」と言っていたのが印象的でした。それ程に厳しい道なのです。

ちなみに私はハイキングガイドを取得してから、ロックやアルパインの道には進まずにハイキングガイドとして経験を積む道を選びました。ガイディングするフィールドは異なりますが、多くの人々にカナダの山を知ってほしいという気持ちは、ハイキングストリームへ進んだヤムナスカのガイドも同じものを持っているのです。また、ガイディングとは別のアプローチ方法で、カナダの山を紹介するチャンスがあることは恵まれたことであると言えます。

d0112928_14150681.jpg
d0112928_16494269.jpg
ロープワークは訓練の賜物、形で覚えるのではなく何故こうなるのかを考えることが重要。

夏のシーズン前に行われるガイドが全員揃ってのヤムナスカのスタッフトレーニングでは、毎年異なる山へ入り実際のハイキングを想定し、各ガイドがそれぞれルートプランを持って参加します。そこではオフトレイル(トレイルが付いていないルート)や初見で入る場所も多い為、現場で状況判断することも多くなります。もちろん現場でそのような判断をすることが出来るのが、ACMGハイキングガイドで我々の得意分野でもあるのですが、谷のようなあらゆる地形やハザード(危険になりうる状況)を知っているガイドからの意見は、実に理にかなっており非常に参考になります。

d0112928_14132460.jpg
スタッフトレーニングにて残雪期の雪崩のリスクについて解説
Tryst Lake カナナスキス アルバータ州

d0112928_14130889.jpg
スタッフトレーニングにてハイキングのガイドラインについてディスカッション
Door Jam Mtn. カナナスキス アルバータ州


さて、アルパインガイドへの道のり、そしてその技術は具体的にここではすべて語ることは出来ないのですが、険しく難しいものだと言うことが分かったでしょうか。しかしこの記事で私が伝えたいことは、そんなことではないのです。もちろん彼のここまでの取り組みは桁外れな努力が必要でそれ自体が凄いのですが、彼の本当の凄みとは「山が好き」という当たり前で、半端じゃなく真っ直ぐな気持ちなのではないかと思うのです。

d0112928_17193611.jpg
カナディアンロッキーのアイスクライミングはワールドクラス


2015年4月に谷とヤムナスカガイドの山田がカナディアンロッキーの名峰 Mt. ChephrenのWild thingというルートに第12登※(日本人初登)し戻ってきて、私が「いやぁ凄いね。尊敬するよ!」と谷に声を掛けるとこんな返事が帰ってきました。

谷「まぁ、結局遊びだからねw」

私は驚いたのと同時に、その言葉でハッとし、
「遊びがここまで本気で、、、というかそれこそがガイドが持つべき精神なのでは」と思いました。

本気で遊び、そこで得た感動を少しでも多くの人に伝えたい。
そんな風に思うのは普段意識しないが、もしかすると山でガイドする以上当たり前なのかもしれない。

それから私はそのとき感じたモノを今でも大切にし、今はあのとき谷がそう言った気持ちが分かる様な気がします。

d0112928_17195987.jpg
もちろん我々他のヤムナスカガイドも全員「山が好き」で山で感動し、その感動を伝えられる事を感謝し幸せに感じます。
谷がこのカナディアンロッキーで躍動する姿を見ていると、そこが彼の本当の強みで我々も本来持っているものなんだと気付かされます。

d0112928_17420194.jpg
d0112928_17413178.jpg
d0112928_17414174.jpg
ボウバレーの日本人クライマー達


今日も谷はどこかで壁に取り付いている事でしょう。どんな絶景を見ていて、何を感じているんでしょうか。
きっと「こんな景色をもっと沢山の人に見せたい!」と思っているに違いないでしょう!

d0112928_17415008.jpg

谷がアルパインガイドとなったことは、今まで想像もできなかった山の世界がより身近になったと言って間違いありません。
言葉の壁が無いことで、より安心して日本の皆さんにカナディアンロッキーが世界に誇る山域である事を、その感動をお伝えできる様になります。
それこそが谷がアルパインガイドをパスした価値であることは間違いありません。

さて、カナダでのアルパインガイドへの道のりが厳しいものだということが、記事を書いてる私も改めて実感しました。大切なのはしっかりとした計画性と入念な準備(トレーニング)そして、純粋な山に対する情熱ではないでしょうか。しかし、厳しい道だからこそお客様に安全を提供出来ることに繋がることと、何より手つかずのカナダのアルパインエリアをガイドできること自体が本当に価値あることです。是非、そんな熱い気持ちを持った方は参考にしてみてください!

そして、日本からのピークハンターの方々。現在ヤムナスカの登頂系ツアーはまだまだ始まったばかりですが、私たちがカナダの山で得た感動を沢山の人々に感じて頂く、登頂ツアー造成により力を注いで行きたいと思います!どうぞご期待ください!


ヤムナスカ・ガイド堀口 慎太郎 (ほりぐち しんたろう)
ガイドプロフィールはこちらから。









by ymtours | 2018-11-03 01:20 | 「マウンテンガイド」への道 | Comments(0)

カナダの名峰、テンプル山 登頂 3544m

d0112928_06342704.jpg
ヤムナスカガイド谷です。
今回は、山にハマりにハマっているNさんをMtテンプルに登頂ガイドをさせていただきました。
Nさんは3年前から山登りに目覚め、北アルプスの劔、槍穂に足をのぼし、世界の名峰という写真集で見た、Mtテンプルを今回登りたいということで行って来ました。

d0112928_06340830.jpg
冒頭の写真とともに雪が多すぎました。完全冬山でした。

結果からいうと、季節外れの大雪にため、途中で断念。
これは山と向き合う以上仕方ないですね。
ですが、このテンプルのいいところは、なんとアプローチがあのラーチバレー、登山の始まりが、センチネルパスという
それだけでもカナダを代表する、ハイキングエリアなので、始まりも、終わりも二度楽しめるという素晴らしいロケーションなのです。
d0112928_06471480.jpg
ラーチが綺麗です。黄金色ですね。朝は貸切状態でした。
d0112928_06474174.jpg
雪と唐松の黄葉のコントラストがいい。

d0112928_06484366.jpg
最後は雷鳥、冬毛に変わり始めで彼らも予期せぬ大雪にまだ体が追いついて行ってなかったですね。
登頂はダメでしたが、ラーチバレーのハイキングと雷鳥に癒されましたね。

Nさん、今回は残念でしたが、まだ次回カナダの高峰にチャレンジされるときは、またご案内させてください。
そして今後も世界の山々の頂を目指すNさんを応援いたします!

この度は誠に有難うございました。

ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから
by ymtours | 2018-09-21 06:57 | 登頂 / クライミング | Comments(0)

カナダの名峰、Mtテンプル(3544m)登頂



d0112928_11090634.jpg

ヤムナスカガイド谷です。
今回は僕と同じ出身地、共通の知り合いが多い、そして山が大好きという共通点が多い塚原様を
カナディアンロッキーの盟主、Mtテンプルの登頂にプライベートでご案内させていただきました。

標高差約1800mを一日で登って降りて来る。体力的には非常に大変なのですが、
日本の山で鍛え、海外の登山も楽しまれている塚原さんには楽しく登れるぐらいだったかもしれないですね。

ちなみにテンプル登頂の情報は下記のブログを読んでいただければわかります。

では登っていきましょう!!

d0112928_11130348.jpg
標高3544mのレイクルイーズエリアではいちばんの標高を誇るテンプルは
頂上直下に氷河を抱くロッキーを代表する山の一つ。
この写真は北壁で1600mの標高差を誇る大岩壁です。
d0112928_11091251.jpg
朝5時にバンフを出発し、登り始めます。
この日は煙と朝靄でラーチバレーでは展望はあまり望めませんでした。
d0112928_11085174.jpg
ですがセンチネルパスから登り始めると青空が出て来始めて…

d0112928_11265885.jpg
岩場の通過も慣れたものです!!さすが毎週クライミングに行っているだけありますね。
冒頭の写真は難所を越えた後の頂上稜線。
ここまでくればもう一息です。

d0112928_11110969.jpg
テンプル氷河の上にも乗っておきましょう。

d0112928_11082844.jpg
サミットレジスター(名前などを書いたメモ入れれる箱)と共に写真をパシャリ。

テンプル登頂おめでとうございます。
本当に素晴らしいペースでした!!
9時間20分で往復です。
こちらの北米人を含めてもこのペースで登って降りた人は僕は見たことないですね。
金剛山トレーニングの賜物ですね。

塚原さん、ぜひまたいらしてください。
次はもっと登攀が入る素晴らしい山にご案内させて頂きますよ。
では!!


ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから

★関連ツアーページ★
プライベート登頂ツアーは、こちらから参照いただくことができます。


by ymtours | 2018-08-18 13:53 | 登頂 / クライミング | Comments(0)

バカブー州立公園 - ハウンド・トゥース登頂

d0112928_03082059.jpg

ヤムナスカガイド谷です。
今年も戻ってきてくれました安達さん、昨年に続き世界最高のクライミングエリア、バカブーです。
さて今年は去年の氷河トレッキングの時に見えたHound tooth(冒頭の写真)というピークに登りたいとのリクエストをいただきました。

昨年のブログはこちら↓


もちろんお答えしますよ。見えてる山は全て登れる山なんです。登頂でしたら私にお任せください!

さて初日はいきなりバカブーには入らず、観光で有名なコロンビア大氷原で氷河トレーニング。
でもトレーニングといっても素晴らしいロケーションで学べばより習得も早いし楽しですよね。
ちなみに安達さんアイゼン人生2回目です。
雪上車もいいですが、ガイドと一緒に安全に氷河の上を歩くってのもオススメです。
d0112928_02570795.jpg
基本的なアイゼンワークや氷河上のロープワークを教えさせていただきました。
d0112928_02562343.jpg
大きなクレバスももう怖くないですね。どちらかというと美しい。
d0112928_03292080.jpg
クレバスの中に懸垂下降で入ってグレーシャーブルーを堪能しました。
アドベンチャー!!
d0112928_02574900.jpg

練習もバッチリ。さて車はバカブーに向けて出発です。
今晩のお宿は川沿いのキャンプサイト。
d0112928_03072717.jpg
ガイド、お客さんの合作。地ビールと共においし〜くいただきました。

さてバカブーへの入山です。
d0112928_03081013.jpg
安達さんが指差しているあの山がハウンド・トゥース、直訳で犬歯ですねー。なんか可愛い。
あんな尖った山に登れるの?というか山というより岩塔?
登れます。みなさん登ることができるんですよ。

ちなみに今回は登頂なので、アプローチなどは情報は冒頭の過去のブログを参照してください。
d0112928_03425396.jpg

翌日に備えてボルダーキャンプ場でゆっくり。明日に備えます。

さて登頂日。

d0112928_03461222.jpg
朝暗いうちに起きて、歩き始めると明るくなってきた。
d0112928_03084829.jpg
去年のハイポイントで余裕の昼寝?
これも贅沢ですね。

その時の動画。
d0112928_03092757.jpg
登頂成功!!
d0112928_03095439.jpg
バカブー氷河がでかい!!
d0112928_03094404.jpg
サミットショット。今回は僕も写らせていただきました。
d0112928_03083033.jpg
懸垂下降とハウンドトゥースと大氷河。絵になります。

無事キャンプに帰ると、夕ご飯〜。
d0112928_03085818.jpg
ロコモコ丼うまかった。
d0112928_03090689.jpg
そしてお休みなさい。

さて翌日はコンディションも良く、2日目に目標の山を登れたのでもう少しハードな
Pigeon Feather ピジョンフェザーの登頂にしました。
d0112928_03101485.jpg
難所である、バカブー・スノーパッチコルを登る。眼下には去年登ったイーストポストが見える。
コルを越えれば
d0112928_03102504.jpg
この景色。下の動画もどうぞ!!




まさに最高のエリアですね。ぜひもっと沢山の人に来て欲しい。
d0112928_04055344.jpg
ピジョンのコルに到着。他のクライマーも続々と登って来てました。

d0112928_03104388.jpg
僕たちはこの真ん中の氷河を抱いた白いピークに登りますよ。
d0112928_03111165.jpg

急なアイスクライミングをこなせば、




最後のサミットプッシュの動画です。

頂上からは最高の景色。おめでとうございます!!
来年の目標も決まったようですね。
d0112928_03103486.jpg

そこに行けば、また新たな目標が見えてくる。山とはそういうものかもしれないですね。
安達さん、今回も素晴らしい経験ができましたね。また一緒に次に進みましょう。


さていかがでしたか?「こんな場所、私には難しすぎて」「これは敷居が高い」なんて思った人もいらっしゃると思います。
でも、もしあなたが行きたい場所がその山なら、ぜひその扉を叩いてください。
日本で頂上に立ってるのにカナダで立てないわけはないわけですから。
一緒に一歩を踏み出しましょう!

ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2018-08-05 04:25 | 登頂 / クライミング | Comments(2)

バカブーズ 悠久の時を感じる大氷河と岩塔群

d0112928_00040257.jpg
ヤムナスカガイド谷です。
今回は、安達さまを花崗岩と氷河のバカブーへ御案内。
ロッキーは知ってるけどバカブーってどこという話ですが、お隣の山脈になります。
この山域は前年、別の方々も登られていて人気が少しずつ出て来ています。
日本人には知られていないですが北米人だけでなくヨーロッパ、世界各国からたくさんの登山者が集まる
世界最高峰の場所になっています。

では行って見ましょうか!!

d0112928_00025371.jpg
登山口にて。今日は標高差700m登り一つ目のキャンプサイト、ボルダーキャンプグラウンドまで向かいます。
d0112928_23590484.jpg
バカブー名物、チキンワイヤー。
えっ何してるのって?山嵐(ヤマアラシ/porcupine)にタイヤのゴムを噛まれないように防護柵を作っているんですよ。
入山前の一仕事。これもまた楽しい。
d0112928_00075366.jpg
ヤナギランが咲き乱れる登山道をゆっくりゆっくり登っていきます。
後ろはバカブー氷河。

d0112928_00045814.jpg
はしご場もあります。
今日は初日、安全に焦らずいきましょう。
d0112928_00162707.jpg
本日のお宿、ボルダーキャンプグラウンド。
重たい荷物を降ろしてのんびり。

d0112928_00081510.jpg
少し歩けばすぐそこに氷河が手に届きそうな距離。
あそこを歩くんですよ安達さんって言ったら少し驚いてましたよね。


d0112928_00000619.jpg
翌日はまず世界最高のキャンプサイト、アップルビーを目指します。
奥に見えるイーストポストは今日登る山でもあります。
d0112928_00090904.jpg
到着です。ここがアップルビー!!
僕はここよりすごいキャンプサイトを知らないですね。
誰もが認める世界最高の場所。
d0112928_00003524.jpg
さて荷物を置いたら、軽い荷物でイーストポストの登頂に向かいましょう。
もちろんヘルメット、ハーネスは必要ですよ。
d0112928_00010519.jpg
稜線に上がればこの景色、とにかく高度感がすごいですよね。
登山映画のワンシーンの中に立ってるようです安達さん


動画です。いきたくなって来たでしょ皆さん。
d0112928_00043817.jpg
最後の岩場をザイルを使って慎重に登れば。
d0112928_00444030.jpg
そこは360度遮るもののない、頂上です。
登頂おめでとうございます。

d0112928_00451597.jpg
アップルビー下山後はお知り合いからもらったスナックとお茶で乾杯。
アップルビーのオープンカフェは三つ星ですよね。お金じゃ買えない価値がある。
d0112928_00083470.jpg

最高のひと時。
贅沢ってこういうことでしょ。
d0112928_00062680.jpg
夜は天の川も見れて幻想的でした。スノーパッチスパイアと。
d0112928_23594832.jpg
さて翌日は人生初のアイゼン、ピッケルそして氷河登山です!!
クレセントレイクから見えるスノーパッチは最高。
d0112928_00012516.jpg
カッコいいです安達さん。
アルパインガールズがまた一人増えちゃいましたね。


冒頭の写真とともに。動画を。
氷河登山の魅力と言われると、まるで雲海の上を歩いているそんな気持ちに僕はなりますね。
ある方は北極海をクジラ(山)と一緒に旅してるみたいとも言ってました。
んー伝えるのは困難です。来てください。


d0112928_00022384.jpg
バカブー氷河のクレバス帯にて。
初日に見た氷河の上を歩いてる喜び。格別ですね。
すごいことしてるようですが、ちゃんとした道具があれば安全なんですよ〜。
安達さん氷河好きになっちゃいましたか?
帰りたくないっておっしゃてましたもんね。

いかがでしたか?安達さんのバカブー!!
行きたくなった方、私には無理だなって方、どちらもいると思います。
でもそんなに難しく考えないでください。行きたいと思う気持ち、大切にしてください。
氷河、登頂、アルパインに行くには体力はもちろん必要です。最低でもカナダでバックパッキング。
日本アルプスでテント泊縦走はしていた方がきっと余裕を持って楽しめます。
ただ特殊な技術が必要かというとそうではないのです。
そのお手伝いは私たちがさせて頂きます。
登りたい、氷河を歩いてみたい。その思いがあなたを新しい世界に連れて行ってくれるはずです。

安達さん今回はヤムナスカを選んでいただきありがとうございました。


ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから


最後に安達様から嬉しいコメントいただきました!

+++++++++ +++++++++ +++++++++ +++++++++ +++++++++

「人生で大切なのは、息をのむ体験をすること」って、誰かが言ってた。
Bugaboosはまさにそんな場所でした。
ホテルバガブーも、屋外レストランも「最高」という言葉では足りないくらい素晴らしかった。
そして、一番の驚きは、技術があって体力もある、一部の人しか行けない場所だと思っていた所に
自分の足で立ち、氷河を歩いたこと。
写真や映像ではない、現実の世界を見ることができました。
1日目 アップルビーへ
出発前にザックの重さを量ってみると、まさかの15㎏越え・・マジですか。
アイゼンやピッケル、ハーネスもあるので仕方ないですね。
実は、不安と緊張で登りの記憶がありません。
必死で谷さんの後をついて登った事だけ覚えてる(^^)/
ヤナギランでピンクに染まる山肌も、ようやく下りで気づきました。
2日目 イーストポストへ
私にルートは見えないけれど、どんどん登って行く谷さん。
またまた必死で背中を追っかけました。
ほぼ垂直でしょ・・と思う岩壁も、自分の手と足で登れた事に感動。
頂上に立って、壮観な景色の中での昼食は、忘れられないひと時です。
3日目 氷河へ
「新しい道具は、新しい扉を開いてくれます」これは谷さんの名言ですね。
アイゼン&ピッケルは、私を氷河へ導いてくれました。
初めて氷河の上を歩いてみると、想像以上の世界がそこに。
とても美しかったバガブーグレーシャー。
もっと上にある氷原を見てみたいと強く思いました。
谷さん
何度も怖くないですか・・と、声をかけて頂きましたが、谷さんと一緒だと、とても安心することができ、不思議と恐怖は感じませんでした。
本当はビビリなのに。最高のガイディングをありがとございました。
岩田さん
連絡や調整をありがとうございました。何度も何度も「うわぁ~」と思う景色に出会うことができました。
また来年行もよろしくお願いします。
+++++++++ +++++++++ +++++++++ +++++++++ +++++++++


by ymtours | 2017-08-20 01:22 | 登頂 / クライミング | Comments(0)

森さま御一行 ワプタ大氷原アイスハイク2017

d0112928_12455509.jpg

ヤムナスカガイド谷です。
今年もやって来ましたこの季節。ロッキー大好き森さんが行くシリーズ。
今回は氷河縦走です。その名もワプタ大氷原アイスハイク!!
どこですかという話ですが、詳細はこちらのリンクで⇩


そして今回は森さんが僕と登り始めてから初のグループ登山。

メンバーは大の仲良しでロブソンのバックパッキングにも行っている渡辺さんと冬のアシニボインをご一緒してる永田さん
森さんは去年のバカブーに次いで2回目の氷河登山ですが、他のお二人は冬山経験なし、アイゼン、ピッケル初!!
そして氷河はもちろん初の初づくしでまるで新年の気分です。
このアイスハイクは、特別な技術はいりません。いるのはパックパッキングに必要な体力のみです。
山小屋に泊まりながら進む氷河縦走はまさにカナダならでは!!
ロープウエーや登山鉄道を使わず行く氷河はもちろん観光客などはいませんので、
静かな山行が楽しめます!!

一体どんなワクワクが待っているんでしょうか?
それでは、森さん御一行のワプタ大氷原アイスハイクのはじまりはじまり〜。
d0112928_12432388.jpg
はじまりはボウレイクから。これから行くボウ氷河、オニオン、セントニコラスが
全て見えてますね。湖も綺麗。

d0112928_12440541.jpg
ナチュラルブリッジ!!渓谷にかかる天然の巨岩の橋を渡ります。
d0112928_12445732.jpg
ボウハットまで重たい荷物なのでゆっくりゆっくり進みましょう。
目の前にはワプタ大氷原の一角がよく見えます。
d0112928_11400961.jpg
今晩のお宿ボウハットに到着。
素泊まりですが薪ストーブある快適な山小屋です。
ロケーションも最高。

d0112928_13005112.jpg
ボウハットにて。
小屋に着けばお茶会ですね。楽しいおしゃべりで疲れた体も癒されます。
d0112928_13001571.jpg
翌日は早速氷河へお出かけ〜。
アイゼン、ピッケル初めてでも、ザイル、ハーネス初めてでも楽しんじゃいます。
そしてクレバスも跨いじゃいます!!

d0112928_12403805.jpg
この日はオニオンというピークへ。バックには大氷原が広がりセントニコラスの鋭峰がそびえ立ちます。
d0112928_12410155.jpg
無事登頂!!明日いくMtトンプソンをバックに全員で玉ねぎポーズ。オニオンというピークにちなんで。
d0112928_12414940.jpg
氷河を歩く女性3人組。アルパインガールズと名付けました。
d0112928_12412708.jpg
小屋への下山もバックは氷河!!
この景色、そしてそこを歩いている自分を想像してください。

d0112928_12594125.jpg
翌日から氷河縦走です。次の小屋ペイトーハットを目指します。
この日は午後から悪天の予報だったので早めの出発にしました。
別パーティーとすれ違いざまパシャリ。
この直後、森さんがクレバスに片足落ちて、みんな青ざめてましたね〜。
でもザイルつけてますから大丈夫です。
d0112928_12420978.jpg
この時点で天気がギリギリ持ちそうだったのでMtトンプソンの登頂へ。
後ろに広がるワプタ大氷原の広がりがすごい!!
d0112928_12422976.jpg
3084m山頂です!!途中から強風、雨の降る悪天でしたが、良く頑張りました!!
カナディアンロッキーの3000m超えは基本的に氷河があり、簡単に登頂できません。
それをやり遂げるってすごいことなんですよ〜。
その頑張りに僕は感動しました。
d0112928_13005989.jpg
すぐ下山してペイトーハットへ。この日はなんと貸切でした。
d0112928_13010701.jpg
カフェペイトーにて。疲れた体には最高のひと時ですね。
この小屋からの眺めわかりますか?

ハットからの夕暮れ時の動画です。これが貸切なんて本当に幸運ですよね。
d0112928_12290873.jpg
さあ最終日です、ペイトー氷河を降りてあの有名な観光スポット、ペイトーレイクへ。
この頃には余裕も出てきてクレバスもお友達?
d0112928_12455509.jpg
このグレーシャーブルー!!氷河登山の醍醐味です!!
アイゼン三日目にもなるとみんな慣れて来ましたね〜。
d0112928_12593026.jpg
氷河の末端にてアルパインガールズが何やら話してますね。何するのかな?
それにしても、この氷の塊、見たくないですか?皆さん!!
d0112928_12245783.jpg
YDK 意味はやればできる子の頭文字らしいです(笑)
d0112928_13011522.jpg
最後はクライムダウンあり、渡渉ありでペイトーレイクへ下山!!
このアングルでみるペイトーレイクも格別ですね。ゴールがこれって本当に贅沢。

さて、女性3人のアルパインガールズで行く氷河縦走どうでしたか?
みなさん、氷河登山は簡単ではありません。
でも、もしテント泊縦走の経験があって10キロ前後の荷物を背負えるなら
誰だってワプタ大氷原に、この写真の中に入ることができるんです。

さあ新しい扉を開いて見ませんか?
ヤムナスカガイドは全力でサポートさせていただきます。
では!!


ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-08-11 12:09 | カナダの山旅 | Comments(3)

2度目の挑戦でついに登頂なるか! ロッキーの名峰 Mt.アシニボイン(3618m)

d0112928_01082295.jpg
皆さんこんにちは。ヤムナスカ・ガイドの谷 剛史です。
今日はカナダ、いや世界の名峰の一つ。Mt.アシニボインの登頂に、カナダ大のリピーターである小倉様をご案内させていただきました。

小倉さんは4年前、66歳の時にアシニボインロッジに滞在されました。
そして、その時に見たアシニボインの勇姿に感動し、3年前に弊社のアシニボイン登頂登山に申し込まれて初挑戦をしました。
この時、僕はアシスタントガイド兼通訳として参加させて頂きましたが、登山の様子はこちらのブログでご覧いただけます。

小倉さんはスポーツ畑でバリバリにやってこられた方で、
体力、気力ともに実年齢よりも遥かに若く、登頂する力は十分にあったのですが、
残念ながらこの時は天候とコンディションが悪く、登頂を断念。

しかし! 

今年は70歳の誕生日を記念してアシニボイン登頂にリベンジにやってこられたのです!!
小倉さんの2度目のアシニボイン挑戦。そして、70歳の誕生日はどうなったんでしょうか?

山行は登頂挑戦の3日前から始まります。
まず、最初の2日間はキャンモア周辺でのトレーニング山行を行いました。

〜〜 トレーニング 1日目 〜〜

初日は弊社の社名の由来にもなっている Mt.ヤムナスカ の登頂山行で体力のチェックを行い、同時に高度にも身体を慣らします。
トレーニングと言ってもそれ自体が楽しい山行であり、山の頂に立つ喜びを本当に教えてくれます。
所要時間は5−7時間、ぜひ日本人の方にも登頂してほしい山のひとつですね。
百聞は一見に如かず。どうぞご覧ください。

d0112928_22595592.jpg
カルガリーから車でバンフのあるボウ谷に入っていくと、まずは最初に見る山がこの Mt.ヤムナスカです。
ハイキングでショルダーまで上がるだけでも楽しいのですが、今日は登頂しちゃいます。
d0112928_23032846.jpg
場面は変わり、いきなりハイキングの終点です。この先はなんか難しそうと思いますよね?
でもそうじゃないんです。
一段、小さな岩場を超えると景色が開け、素晴らしい眺めが続くんですよ。
d0112928_23091852.jpg
どうですかこの岩場? きっとアスレチックが好きな人は楽しいと思いますよね。
もちろんザイルは入りません。

d0112928_23130898.jpg
そのあとは普通の登山道をぐんぐんと上がって行きます。
バックにはカルガリー方面へと続く広大な大平原が広がり、これぞカナダ!という景色を楽しませてくれます。
やはり稜線歩きは登頂の醍醐味ですね。
本番に向けたトレーニング山行とは言え、楽しまなきゃもったいないのです。
d0112928_23144822.jpg
こんなとこも通過します。大平原を見渡す抜群の高度感なのです!

d0112928_23171154.jpg
カナディアンロッキーの山には珍しい”鎖場”を通過します。
この日はアシニボイン登頂のトレーニングとして、ハーネス、ザイルを装着して歩きました。
d0112928_23213233.jpg
無事に山頂到着!
眺めは抜群なのは言うまでもないですね。奥にはカナナスキスの山々、振り返ればカルガリー大平原。
ヤムナスカ山に登ってよかったでしょ、小倉さん!!

d0112928_23262345.jpg
下山は違うルートを使います。下りも楽しいのがこの山の特徴ですね。
d0112928_23424699.jpg
下りのもう一枚。ヤムナスカ山の岸壁は、ロッククライミングのメッカとしてクライマーに人気です。
もちろん私はこの岸壁のクライミングもご案内できますので、いつでもお問い合わせくださいね。
小倉さんはわずか5時間半でこの日の全行程を終えました。しっかり準備されて来た結果ですね。

〜〜 トレーニング 2日目 〜〜

さて2日目はバンフ近郊にあるランドルロックで、マルチピッチのトレーニングです。
昨日の山行の疲れを癒しつつ、山のトレーニングを行うのがポイントですね。
ビレイや懸垂下降の練習をして、明日からのアシニボイン山行に備えます。
初心者にも楽しめる岩場ランドルロック。
ロッククライミングをまったく経験したことのない人ほど来て欲しい場所ですね。ガイドと行けば安心安全ですよ!
d0112928_23564868.jpg
岩場を登ればこの展望です! 有名なバンフ・スプリングスホテルの眺めを独り占め。
小倉さん、だーれもいない岩場での一服どうでしたか?
懸垂下降を何度も練習して、トレーニングは終了です。
準備万全。あとは天候を祈るのみ。

さてさて、アシニボインは小倉さんに微笑んでくれたでしょうか?

〜〜 いよいよアシニボインへリベンジの日 〜〜
d0112928_01134140.jpg
------------------------------------------------------

難しい判断を迫られていた。
前日の降雪によるコンディションの悪化により、核心のレッドバンドの通過にも時間がかかる。
「少しでも早く…」そんな願いも虚しく時間だけが過ぎていく。
その白き衣を纏いし美しくも厳しい”頂”の前にただ立ち尽くすしかなかった。
「これで終わりなのか。」
誰もがその言葉と戦っていたそんな時、
一人の男が呟いた。
何故やりたいかは自分でもわからない、でもまたやりたい。
そしてやってみないとわからないと。

------------------------------------------------------

あれから3年…。

北米のマッターホルンと言われる Mt.アシニボイン。
しかし、本家マッターホルンより登頂率が低く、非常に厳しい山です。
理由としてはいくつかあるのですが、カナダの山域は面積が大きく、また入山にも時間がかかるため、全体的に挑戦する登山者が少ないこと。
そして、鎖やクライミングに必要な支点がほとんどなく、さらに登っている形跡がないためにルートを見つけるのが非常に困難なことです。
そのため、自分自身の登る力を高めないと登頂は難しいということになります。
裏を返せば、ありのままの自然、山がそのままの姿で残っており、登山の本質を感じることができる最高の山域ということですね。

では、ウンチクはこの辺にして、小倉さんとアシニボインの3年越しの素敵な片思いの話に戻りましょう。
果たして70歳の誕生日はどうなったんでしょうか?
どうぞご覧ください。

d0112928_00362233.jpg
入山日当日は最高の晴天。そして小倉さんの70歳の誕生日でもあります。
ヘリコプターでアシニボインロッジまでひとっ飛びです。
d0112928_00365435.jpg
アプローチルートも最高のロケーション!
アシニボインはいつも大きく美しいですね。
d0112928_00381370.jpg
登り始めると背後にはレイク・メイゴックとアシニボインロッジが見えてきます。
d0112928_00401608.jpg
アプローチはクライミング技術を必要とします。
実はここで消耗してしまう人も多いのですが、挑戦2回目の小倉さんは落ち着いて力を温存していましたね。さすがです。
d0112928_00354996.jpg
ロッジから4時間半。アシニボイン登山のベースであるハインド小屋に到着しました。
今回はハインド小屋からの動画を作ってみました。ご覧下さい。


アシニボインがすぐ近くに聳え立っているのが良くわかりますね。

天気予報や山のコンディションを確認し、明日登頂することを決めました。
そして、登頂日の朝。いよいよ小倉さんの2度目のアタックが始ます。
d0112928_00482852.jpg
朝3時に登頂開始。中腹でご来光を迎えました。
d0112928_00515068.jpg
登頂は決して易しいものではなく、すべての場面を必死で登っていきます。
d0112928_00521871.jpg
写真で高度感が伝わるでしょうか?
クライミングシューズではなく登山靴でのクライミングでは、より岩場の難易度が高くなります。
d0112928_00525327.jpg
ついにサミットリッジまで到達。
この日は風もほとんどなく、見事快晴!本当に天候に恵まれました。
さあ、ここまでくればもう一踏ん張りです!!
d0112928_00590127.jpg
WE MADE IT !!

午前7時20分。登頂成功です!
本当におめでとうございます!!
片思いは片思いのままが良いという人もいますが、
片思いが両想いになる瞬間は最高ですね!
d0112928_01082295.jpg
登頂の記念撮影では、ガイドの僕も一緒に入らせてもらいました。
今回、最高の天気の中で登頂できたことは、アシニボインからの誕生日プレゼントだったのかもしれませんね。

d0112928_01093098.jpg
見てくださいこの景色!
登った人間にしか決して見ることのできない世界がここにはあるのです。
この日は360度の大パノラマでした。

d0112928_01111044.jpg
下りは上り以上に時間をかけ、慎重に行動しました。
山岳事故の7割は下山途中に起きると言われていますが、アシニボインほどの登山になるとかなりのエネルギーを消費していますからね。
落ち着いて、一歩一歩しっかりと下っていきます。
d0112928_01153531.jpg

無事にハインド小屋に帰還。
そして、人生最高の一服の時。

小倉さん。
3年前のあの日、あの登れなかった時、僕たちは約束しましたね。
僕がACMGアルパインガイドになったらアシニボインを登りに戻って来てくださいと。
そして、小倉さんは70歳まで体力気力ともに充実させて戻ってくると。

今回、見事に日本人ガイド、日本人ゲストにより初のアシニボインの登頂を成功することができました。

小倉さん、今回のアシニボイン登頂、おめでとうございます。
僕もガイドをさせていただき、本当に幸せでした。

『何故やりたいかは自分でもわからない、でもまたやりたい。そして、やってみないとわからない。』
小倉さんの言葉が印象的でした。

ぜひ皆さんもそれぞれの一歩を踏み出してください。
ヤムナスカガイドは全力でその夢を叶えるお手伝いをさせていただきます。
そしてまだ見ぬカナディアンロッキーの頂があなたを待っています。

最後に、改めて、
小倉さん、アシニボイン登頂、本当におめでとうございます!!


by ymtours | 2017-08-06 06:30 | 登頂 / クライミング | Comments(1)

Mtテンプル登頂 3544m

d0112928_026490.jpg

ヤムナスカガイド谷です。

今回のブログはカナディアンロッキーの名峰Mtテンプルの登頂ガイドになります。

登り口はモレーンレイク、歩き始めはラーチバレー、そしてMtテンプルの登りはセンチネルパスが始まりという、まったくもって贅沢極まりないロケーション。
ラーチバレーを歩く方は、沢山いますし、その中で健脚の方はセンチネルパスまで登り
向こう側の景色を眺めて帰るのが、ハイキングの一般的な行程ですが、
今回はその先、Mtテンプルに登っちゃいましょう!!

森さんを含めた日本カナダの6人合同チームはたして登頂できたのでしょうか?
d0112928_0232061.jpg
このMtテンプルは北米の「アイガー」と称されるほどの山で、標高差約1500mの北壁を持ち、
レイクルーズの南側に鎮座しているカナディアンロッキーの盟主と言えます。
レイクルーズに観光、モレーンレイク、ラーチバレー、スコーキー周辺でハイキングされて方は必ず見ている山ですね。

d0112928_018476.jpg
さてもうラーチバレーを超えてセンチネルパスですね。(笑)
眺めているのはパラダイスバレーですね。ここからがMtテンプルの始まりになります。

d0112928_023595.jpg
パスから見えるこの岩塔はセンチネルタワー。クライミングと呼ばれる登れるタワーです。
この日も2名のクライマーが登っていました。
クライマーの方はぜひ登ってみてください。てっぺんからの眺めは最高です。

d0112928_0242627.jpg
さていよいよ登りです。整備された登山道ではないので、ゆっくりゆっくり登っていきましょう。
眼下にはハイキングの終着のミネスティマレイクが小さく見えます。

d0112928_025066.jpg
Mtハンガービーとパラダイスバレー、そしてレフロイにビクトリアまで、全部見えますね。
登頂の良さは今まで歩いた場所から見た山々が手に取るようにわかるところでもあります。
頭の中で地図がつながっていく感じ、そう点が線になって、全貌が見えてくる感じです。


d0112928_0263561.jpg
稜線に上がれば、テンピークスが自分の足元に広がります。
あのテンピークスが足元!?そうです。テンピークスよりも高いところにいるのですから。
モレーンレイクをこの角度から見てみたくないですか?そうこれは登った人だけの特権ですね。


もう少し、あと少し。
その一歩一歩が感動を運んでくれます。

d0112928_0281147.jpg
よくがんばりました!!見事登頂成功です!
決して簡単ではありません。標高差約1700mを一日で行き来するのですから。
ですが、特別難しいわけでもありません。ザイルを使うのはわずか一か所だけです。


今回参加していただいた6名のカナダ人、日本人の方々本当におめでとうございます!!
僕も皆さんをテンプルにガイドさせていただき幸せでした。
ぜひ、次回は違うカナダの山頂でまたお逢いしましょう。

この度は誠に有難うございました。

ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから


+++++++++++++参加いただいた森さんから熱いメッセージをいただきました!+++++++++++++

当初どこか国際メンバーでの公募ツアーに緊張していましたが、ミネスティマレイクに着くころには、
いよいよテンプルに挑戦できるうれしさが勝ってきて、カナダ人の方ともカタコト英語ながら、楽しく話しながら歩けていました。

ンチネルパスからの本格的な登り。スイッチバックを繰り返すたび、どんどん良くなる眺めに、
登っているあいだ中ずっと感動していました。しばらくするとあのテンピークスも見下ろしているような感覚。
昨年のジャスパーハイランドのように水平にどこまでもどこまでも歩く楽しさも大好きですが、登頂の楽しさは、
もう「やみつき」になってしまった感じです。登頂だからこその醍醐味、上へ上へあがるからこそ見える眺め。
登った者にしか見れない景色って本当に贅沢で、だからこそ頑張って登りたいと思えるのかもしれません。

しんどくないとははっきり言っていえない山でした。正直、山頂手前でほんの少しめげそうな気持ちにもなりました。
でも、一緒に登った仲間たちにも気持ちで助けてもらい、すぐにまたやる気モード(笑)。
急登から稜線に出た時のあの気持ちは今思い出してもゾクゾクします。
その後あっという間についた山頂は、風もなく3500mとは思えないあたたかさで、すべてがパーフェクトな、
素晴らしい時間でした。10年かけて今まで歩いてきた場所がすべて見える。そして、これから挑戦したい山も遠くで見てる。

バガブーとはまた違った、いままで味わったことのない気持ちになれました。はるか下に見えるモレーンレイクの綺麗さは
うまく言葉で表現できません。とにかく大きな大きな、でも楽しい素晴らしい山でした。テクニカルな部分が1箇所だけ
ということもあり、ロッキーが好きな仲間たちに、そしていろんな方にこの眺めを見てほしい。
あつかましくもそんな気持ちになりました。

ロッキーを訪れたらなにげなくみんな見てる山々に、これからも少しづつ挑戦したいなと思っています。
まさに「やみつき」です。登頂の楽しさにはまってしまったかもしれません。
登頂って最高です!!


by ymtours | 2016-08-17 09:04 | 登頂 / クライミング | Comments(0)