タグ:デイハイキング ( 65 ) タグの人気記事

モレーンレイク&エメラルドレイク 二つの湖をめぐる1日【18.07.07】

d0112928_02383016.jpg
 皆さん元気ですか! ヤムナスカガイドの石塚です。

 今回は山口県からお越しの重川さんの2名様を、ロッキーの2大湖巡りの1日へとご案内させていただきました。重川さんは母と娘の二人旅。お二人とも、20年ほど前に一度ロッキーに観光で来たことがあるそうです。20年前から比べるとバンフの旅行者も増え、特に街並みは本当に賑やかになったと思います。
 
 この日はお二人のご希望を伺いながら、前回の旅で訪れてない場所である『モレーンレイク』と『エメラルドレイク』、そして最後にロッキー最大の滝である『タカカウの滝』へとご案内。湖周辺の散策や高山植物との出会いのある1日となりました。それでは、旅の様子をご覧ください。

d0112928_02380793.jpg
 朝9:00にバンフを出発。この日は朝方に強い雨が振り、重川さんも『今日は雨かな...』と残念に思っていたそうですが、出発時は青空が広がり始めました。ロッキーの天気を形容するとき、『1日に四季がある』なんて言われますが、この日の天気もコロコロと目まぐるしく変わる、まさに夏のロッキーらしい天気の1日でした。

d0112928_02380893.jpg
 モレーンレイク到着。この時は小雨が降り、山にも薄雲のガスがかかるような天気でしたが、それでも湖は十二分に綺麗ですよね。本当にこの湖の色は特殊です。風が強く、雲行きが変わりやすい1日ということもあり、天気の回復をしばし待つことにしました。
 
d0112928_02380804.jpg
 20分ほど景色を楽しんでいると、ついに光が湖を射し始めました!これぞロッキーマジックですね。気温はなんと6度と日本の冬なみの低さでしたが、事前に暖かい服装をしていたので心配はいりません。この景色を見れば寒さも忘れてしまいますね。
d0112928_02380886.jpg
 湖の近くでは可愛らしいリスが登場。こちらのリスは日本名で『キンイロジリス』、英名は『Golden-mantled Ground Squirrel』といいます。後頭部から肩にかけて広がる、マントのような金色がかった茶色の毛が特徴ですね。ロッキーでは最も多くに見かけるリスの一種です。

d0112928_02380869.jpg
 見てくださいこの景色! 最後はテンピークスの山々の頂も完全に顔を出しました。モレーンの展望台や、湖畔の周りで計1時間ほどのんびりと景色の変化を楽しみました。重川さんからも『普通の観光ツアーでは、こんなに1箇所だけにのんびりしてられないので、本当に贅沢ですね。』と嬉しいお言葉をいただきました。写真をとってすぐ移動なんて勿体無いですよね。 
d0112928_02381972.jpg
 エメラルドレイクへの道中、フィールドのビジターセンターに立ち寄りました。エメラルドレイク周辺といえば、世界的にも有名な『バージェス頁岩』の発掘現場としても知られています。1909年に発見された約5億3000万年前の化石は、世界を驚かすほどの大発見でした。今なお発掘される貴重な化石からは、先カンブリア紀に起こったとされる生命の爆発的な進化の歴史を知ることができます。ご興味のある方はNHKスペシャル『生命大躍進』をご覧ください!

d0112928_02382009.jpg
 実はエメラルドレイクへの車中も雨に降られましたが、湖に到着するとご覧のように天気が回復! 青が深いモレーンレイクとは異なり、まさにエメラルド色に輝く色彩を楽しませてくれました。 ラッキーでしたね!
d0112928_02383073.jpg
 エメラルドレイク湖畔は初夏の花々が見頃を向けています。お母様は日本のお花にも詳しく、写真撮影に力が入りましたね。散策中はお花の名前をメモすることができませんでしたので、ここでいくつかの種類をご紹介します。
d0112928_02382082.jpg
クイーンズカップ。ユリ科ツバメオモト族。日本のツバメオモトとは少し様相が異なりますね。

d0112928_02382065.jpg
ラウンドリーブド・オーキッド。ラン科ハクサンチドリ属。

d0112928_02382081.jpg
コモン・ピンク・ウインターグリーン。イチヤクソウ科イチヤクソウ属。ベニバナイチヤクソウ。

d0112928_02383025.jpg
出ました!6月は暑い日が続いたので、湖畔では終わってしまっているかとも思ったのですが、まだ残っていました。
ラン科アツモリソウ属カラフトアツモリソウ。
日本では希少なアツモリソウですが、ロッキーではたくさん見ることができるのです。

 その他にも、ゴゼンタチバナ、サスカトゥーン、アネモネ、ユキザサ、チシマゼキショウ、ツレサギソウなど、本当にたくさんの花々が見ごろを迎えていました。

d0112928_02383085.jpg
d0112928_02383101.jpg
 最後はロッキーで最も高く、カナダ全土でも二番目の高さを誇るタカカウの滝(Takakaw Falls)へ。初夏は雪解け水により最も水量の多い時期ですが、この日は雨の影響もあってか、とてつもない大瀑布でした。タカカウとは、先住民族クリー族の言葉で『壮大』『素晴らしい』という意味ですが、まさに名前通りの迫力でした。

 天気がころころと変わる1日でしたが、ロッキーらしいドラマチックな1日でしたね。20年ぶりのロッキーを楽しんでいただけましたでしょうか。今回の旅が、重川さんにとって新しいロッキーの思い出の一ページなっていただけたのなら嬉しく思います。この度はヤムナスカをご利用いただきまして、ありがとうございました。再びお会いする日を楽しみにしています。


ヤムナスカ・ガイド石塚 体一(いしづか たいち)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2018-07-07 05:53 | 家族の山旅 | Comments(0)

初夏のお花いっぱい エメラルドベイスンの旅【18.06.18】

d0112928_13121876.jpg
ヤムナスカガイドの山田です。2018年のハイキングシーズンがいよいよ始まりました。今回はロッキーリピーターである中山様、上田様のお二人をエメラルドレイクの源流地であるエメラルドベイスンへご案内致しました。
d0112928_13142610.jpg
初夏のお花を愛でながらハイキングを楽しみます。
d0112928_13135822.jpg
一緒に花図鑑をチェック。
d0112928_13151492.jpg
ベイスンへ向かう途中にはまだまだ雪が残っていました。
ということは?
d0112928_13154790.jpg
はい。ありました!!
ロッキー初夏のお花人気ナンバーワン黄色のカタクリです。
雪解けとともに花を咲かせます。
d0112928_13145306.jpg
カタクリの群生地を抜けると大きなプレジデント山が姿を現しました。
d0112928_13203731.jpg
太陽によって山の氷河が大きく崩れる音は圧巻でした。
自然の雄大さが伝わります。
d0112928_13211393.jpg
ベイスンに到着。とても暑い日でしたが、氷河から吹く涼しい風が気持ちいい。
d0112928_13222864.jpg
こんな晴れた日には川の渡渉も楽しいです。
d0112928_13165981.jpg
名残惜しいですが、駐車場へ戻りましょう。
初夏のお花。雄大な氷河。美しい湖。
全てを満喫できた旅でしたね。

また、お二人とロッキーでお会いできることをヤムナスカ一同お待ちしております。
この度はありがとうございました。


ヤムナスカ・ガイド山田 利行 (やまだ としゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2018-06-18 14:06 | ふたりの山旅 | Comments(0)

天高く馬肥ゆる秋、黄金の森を歩くオパビンレイクハイキング

d0112928_13383525.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。
この度は、 河﨑様、神村様をレイクオハラエリアのオパビンレイクハイキングにご案内させていただきました。

オパビンレイクはレイクオハラの中でもカラマツが多く群生しているエリアで、秋になると森が黄葉に包まれる非常に美しい場所です。
天気は雲ひとつない秋晴れの好天気!

d0112928_13383480.jpg
スタート地点のデイシェルターで名物キャロットケーキを頬張り、エネルギーを補充してから出発です。

d0112928_13383693.jpg
太陽光に照らされたカラマツの森はまるで黄金の森!
ため息の出るような美しいトレイルを歩んでいきます。

d0112928_13383643.jpg
どこを撮っても絵になる景色。写真を撮るのに大忙し!
d0112928_13383760.jpg
湖の青とカラマツの黄の組み合わせは最高ですね〜

d0112928_13383793.jpg
本日の目的地、オパビンレイクに到着です。
ここで、湖と巨大なカールを眺めながらランチタイムです。

d0112928_13383737.jpg
ランチタイムを終えて、下り始めます。こんな素敵な景色を眺めながらの下山、なんて贅沢なんでしょう!

d0112928_13415225.jpg
時間に余裕があるので、オパビンプロスペクトと呼ばれる展望地に寄りました。
ここはレイクオハラを見下ろせる絶好のビューポイント!綺麗ですね〜!

d0112928_13424634.jpg
最後は、レイクオハラを一周ぐるっと回ってきました。

河崎様、神村様をこの度はありがとうございました!
好天の下、最高の黄葉ハイキングでしたね!
またカナディアンロッキーに遊びにきてください!
お待ちしております!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-09-29 13:53 | カナダの山旅 | Comments(0)

巨岩と6つの氷河を巡る内容盛りだくさんのプライベートハイキング

d0112928_13331185.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、文倉様ご夫妻をレイクアグネス&ビッグビーハイブ&プレイン・オブ・ザ・シックス・グレーシャーズへとご案内させていただきました。
レイクアグネスはレイクルイーズ周辺のハイキングコースの中でも非常に人気のあるコースの一つで、ちょうど黄葉の時期のためか、たくさんの人で賑わっていました
d0112928_13331272.jpg
巨大なビッグビーハイブ。存在感がありますね〜。このテッペンまで行きます!

d0112928_13331217.jpg
まずは第一チェックポイント、レイクアグネスに到着。レイクルイーズとは異なる色合いを持つ美しい湖です。
このあと、湖畔をぐるっと回ってビッグビーハイブを目指します!

d0112928_13331436.jpg
ビッグビーハイブから見下ろすレイクルイーズ。
素敵な展望地でランチをした後、プレイン・オブ・ザ・シックス・グレーシャーズへ目指します。

d0112928_13331535.jpg
マウントビクトリアに向かってのびる長〜いトレイルを進みます。

d0112928_13331558.jpg
展望地に到着です!眼前に広がる大迫力の氷河!綺麗ですね〜!

d0112928_13331696.jpg
展望地に戻ってきた後は、ティーハウスで午後のティータイムを楽しみました。

d0112928_13331648.jpg
マウントビクトリア側のレイクルイーズにはビーチのような地形でした。
このようなレイクルイーズの姿を見れるのもこのトレイルの特徴です。

文倉様ご夫妻ありがとうございました!
レイクアグネス&ビッグビーハイブ&プレイン・オブ・ザ・シックス・グレーシャーと内容盛りだくさんの1日でした!
またカナディアンロッキーに遊びにきてください!
お待ちしております!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-09-24 13:41 | カナダの山旅 | Comments(0)

極北の秋 ツンドラ紅葉 フィッシュ レイク ハイキング


d0112928_08074089.jpg
ヤムナスカ ガイド 本山 です。
9月と言えば!ユーコンの紅葉、黄葉が美しい時期で、我々ヤムナスカガイドもユーコンで忙しくさせていただいております。

この日は、H松様とU嶋様を ホワイトホース近郊のツンドラ紅葉が楽しめる 『フィッシュ レイク』ハイキングにご案内させていただきました。
森林限界が低いユーコンでは、比較的手軽に森林限界にあがることができます。
ホワイトホースでは、この森林限界線を超えたところに、高山ツンドラ帯があり、見事な赤いカーペットを我々に見えてくれます。

本当に手頃なこのハイキングは、オーロラツアーのオプショナルツアーでもよく利用します。
というのも、オーロラツアーは夜遅くまで起きていることが多く、オプショナルツアーはほとんど午後からスタートなのですが、ここは午後から来ても問題ない距離と標高差です。

皆さん、体力があるのであっという間に森林限界へ
d0112928_08110922.jpg
紅葉は素晴らしく、ばっちりのタイミングでした。

展望台で記念撮影!
ユーコンらしい広大な風景が広がります。
d0112928_08130390.jpg
H松様もパシャリ!
d0112928_08134980.jpg
360度の風景は本当に見事なものです。
d0112928_08143624.jpg
尾根歩きをしながら風景を楽しみます。
d0112928_08153351.jpg
下山時にはアルペンの黄葉も楽しめました。
d0112928_08173073.jpg
黄色にうっとり

オーロラもいいですが、実はそれに負けないくらいの楽しいハイキングがこの時期は楽しめます。


ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-09-20 08:18 | 出会いの山旅 | Comments(0)

秋のホワイトホース 黄葉を満喫

d0112928_02163906.jpg

ヤムナスカ ガイド 本山 です。
ホワイトホース周辺は、9月の半ば頃になるとアスペンの素晴らしい黄葉が楽しめます。
黄葉のする木々の種類は多くはありませんが、『大迫力』がユーコン準州のキャッチコピーにもなっている『Larger Than Life』にぴったりな感じです。

今回は、インオンザレイクにご宿泊され、夜はオーロラを満喫されたお客様U様2名様をヤムナスカならではの旅で演出させていただきました。

今回のU様は、写真の装備もばっちり!オーロラ撮影から日中の撮影まで楽しまれていました。
私も写真が好きなため、黄葉の時期に、ユーコンらしい『広角』ばえする場所を選択してご案内させていただきました。

まずは、ユーコン自然動物保護地区へ
一般的なツアーでは、5kmある地区内を車で回り、1時間程度で終わってしまうもの・・・・
ヤムナスカでは『歩きます!』
理由は、あまりにも黄葉が綺麗な場所で車で動物見学だけして通りすぎてしまうにももったいな場所だからです。
d0112928_02202268.jpg
これは、歩いた方がいいですよね。
保護地区内は黄葉まっさかりでした。

この日はポカポカで動物たちも日向ぼっこ
d0112928_02230363.jpg
柵内の動物だけではなく、小さな野生のリスも楽しめました。
どこまで近くに寄れるか!
d0112928_02250581.jpg
すがすがしい天気の中、風景写真撮影を楽しみながら、歩きます。
d0112928_02255504.jpg
特にこのアルペンの黄葉は、どの黄葉もそうなのでしょうが、光が入ると『美しく輝きます』
d0112928_02265259.jpg
翌日は、登山道のないハイキングコースへ、
私が自分で撮影をしていたときに、ここから広角で大展望のアスペンの黄葉が撮りたい!と思っていた場所です。
とは、言いつつ、、、利用したのはI-phone パノラマ機能。
d0112928_02320601.jpg
なかなかこの迫力は写真ではお伝えするのが難しいのです。
d0112928_02423501.jpg
高台に上るとやはり違います。ちょっと眺めのいい場所で休憩。
d0112928_02434092.jpg
下山時も黄葉を楽しみました。
時にはちょっと赤っぽい黄葉もあり、撮影者を楽しませてくれます。
d0112928_02443346.jpg
北米に来たら撮影したい!まっすぐにどこまでも伸びるハイウェイ!
私もこれにあこがれたものです。
d0112928_02451861.jpg
その後は、実際に上から眺めていた、アスペンの林の中へ道なき林のアスペンの林の中を散策します。
d0112928_02461649.jpg

見事な黄葉!
青空と黄葉、そして白い幹のコントラストは、いつみても見事です。
d0112928_02472291.jpg
今回のブログは、黄色一色ですが、本当にホワイトホース周辺はこの時期、迫力の黄色に包まれます。

オーロラも鑑賞することのできたU様達、
私も一緒に撮影を楽しませていただきました。
また遊びに来てください。

ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-09-20 02:30 | オーロラの旅 | Comments(0)

続・ゆっくりと秋の足音が聞こえてきた レイクオハラの旅編

d0112928_21594780.jpg
こんにちは。ヤムナスカガイドの山田トシです。今回は私のかわいい後輩である永谷に引き続き、
赤木ファミリーと生粋の山ガールである久野様を、ロッキーの聖地であるレイクオハラへとご案内致しました。
トモちゃんはなんとまだ4歳です。
この年齢のお子様をガイドするのは初めてで、とても新鮮で経験深いガイディングとなりました。
平坦な道ならば大人顔負けで歩くその姿に、驚かされました。
足場が高い所、崖などの難所は私が手を握って一緒に歩いたり、お父さんに力を借りたりして頑張って歩きました。

d0112928_21584748.jpg
皆様のご希望でレイクマッカサーを今回の目的地に定めました。
まず見えて来たのはシェイファーレイクとマウントフーバーの大絶景でしたね。
d0112928_21590093.jpg
ラーチの紅葉は標高の高い所で50%くらい。秋の足音が聞こえてくるハイキングでした。
緑と黄色の色合いがこれまた美しい。
バックにはオダレイマウンテン。
d0112928_21591134.jpg
ほぼコースタイム通りにレイクマッカーサーに到着しました。
トモちゃんは本当に健脚で将来有望です。
雲行きが心配な天候でしたが、青く美しい湖をお見せできて良かったです。
d0112928_21592582.jpg
頑張って歩いた後は大好きなおにぎりとチョコレート?
お母さんと一緒に食べるお昼ご飯は最高だね。
d0112928_21593646.jpg
最後は、ちょっと疲れちゃったね。厳しく見守るお父さんと、優しく見守るお母さんと久野さん
素晴らしいチームワークで歩き切ることができました。皆様グッジョブでした。

d0112928_21595791.jpg
よく頑張ったトモちゃんとお父さんが、デイシェルターでくつろいでいる間に、
まだまだ元気いっぱいなチームレディースを、レイクオハラの展望台までご案内しました。
時間や体力に応じて、プランを臨機応変に調整できるのも、レイクオハラの魅力です。
ガイドの腕の見せ所でもあります。
d0112928_22000760.jpg
少しだけ登るだけでもこの景色。
さすがハイキングの聖地レイクオハラですね。
赤木ファミリー。これからも仲良くハイキングを続けて下さいね。
久野さん。ロッキーではたくさん素晴らしい景色や体験が待ってます。
自分の目で見て、感じて、素晴らしい年にして下さい。

この度は、ヤムナスカをご利用頂き誠にありがとうございました。



ヤムナスカ・ガイド山田 利行 (やまだ としゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-09-12 22:36 | 出会いの山旅 | Comments(0)

ゆっくりと、秋の足音が聞こえてきたラーチバレーハイキング

d0112928_12512161.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。
この度は、赤木様ご家族、久野様をラーチバレーへとご案内させていただきました。

d0112928_12512195.jpg
夏の暑さもひと段落して、朝夕が冷え込んできた今日この頃。
ラーチバレーのカラマツの葉が徐々に黄色に変わりつつあります。
秋の足音が近づいてきていることを感じます。
先日の雨の影響かテンピークスが雪化粧をまとっていました。
雪の白、木々の緑、黄葉の黄、空の青のコントラストが非常に美しいですね!

d0112928_12512193.jpg
登るにつれて、空を覆っていた雲がどんどん晴れていきました!

d0112928_12512273.jpg
ミネスティマレイクに到着!皆さんまだまだ元気!ということで、センチネルパスまで足を伸ばします!

d0112928_12512296.jpg
ガレ場を一歩一歩づつ慎重に進んでいきます。
すれ違う人々が急登を歩く4歳児の
智祐くんの姿を見て「Wow! Strong boy!!!」と驚いていました笑

d0112928_12512217.jpg
センチネルパスに到着しました!
智祐くんは登り切った後も余裕の表情です!頑張ったね!

d0112928_12512369.jpg
ピナクルマウンテンをバックに記念写真!迫力抜群!

d0112928_12512308.jpg
センチネルパスを下って、ミネスティマレイクのほとりでランチタイムです。

d0112928_12512400.jpg
ランチを終えて、下山開始です。絶景を眺めながらゆっくりと下っていきます。

d0112928_12551297.jpg
下まで降りてきたら最後はモレーンレイクの展望台で記念写真!
太陽に照らされたモレーンレイクはいつ見ても美しいです。

d0112928_12512331.jpg
赤木様ご家族、久野様、本日はありがとうございました!
今回の山旅はいかがでしたでしょうか?楽しんでいただけたら幸いです!
またカナディアンロッキーにお越しになった際は、ご一緒できることを楽しみにしております。

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-09-11 12:58 | 出会いの山旅 | Comments(0)

太陽に照らされた光り輝く美しき湖面!レイクマッカーサーハイキング

d0112928_12100048.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、若宮様ご家族をレイクオハラエリアのレイクマッカーサーへとご案内させていただきました。
天気は晴れ。美しいレイクオハラの湖畔を眺めてからレイクマッカーサーへいざ出発です!

d0112928_12100059.jpg
ビッグラーチトレイルと呼ばれる岩場から眺めるレイクオハラです。
どんどん高度を上げていきます!

d0112928_12100175.jpg
d0112928_12100198.jpg
登り始めて1時間ほどで、シェイファーレイクに到着。
美しい湖を眺めながら小休止です。

d0112928_12100249.jpg
ファイトイッパーツ
崩れかかる巨大な岩を必死に支えているイメージです
登山道の脇に遥か昔に氷河によって運ばれた巨大な岩がたくさんあります。

d0112928_12100297.jpg
さらに岩場を越えて…

d0112928_12100366.jpg
遂にレイクマッカーサーに到着!
湖面が太陽に照らされて、光り輝いているように見えます!

d0112928_12115601.jpg
いかがでしょうか!この独特な美しい青!
ここでまったりとランチタイム。優雅な時間を過ごしました。

d0112928_12123913.jpg
若宮様、レイクマッカーサーハイキングは楽しんでいただけましたでしょうか?
またカナディアンロッキーにお越しになった際は、ご一緒できることを楽しみにしております!
今回はありがとうございました!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-09-02 12:15 | カナダの山旅 | Comments(0)

センチネルパスからの絶景!ラーチバレーハイキング

d0112928_11464824.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。
この度は、I様ご夫妻をラーチバレーへとご案内させていただきました。
今日は視界がクリアで、テンピークスをバッチリ拝むことができました!

d0112928_11464625.jpg
長〜いスイッチバッグを越えたあたりで小休止しているとミュールディアが出てきました。
ミュールとはラバ(雄ロバと雌馬の子)という意味です。
ラバのような長い耳が特長で、他の鹿と見分ける時に役立ちます。

d0112928_11464616.jpg
標高2000mを越えたあたりでは、草黄葉が始まってました。もう少しで黄葉シーズンが始まりますね。

d0112928_11464785.jpg
絶景を眺めながらどんどん高度を上げていき…

d0112928_11464736.jpg
ミネスティマレイクに到着!
お二人ともまだまだ体力に余裕があるご様子。
予定より早く到着し、時間に余裕ができたので写真右上のセンチネルパスまで足を延ばすことにしました!

d0112928_11464712.jpg
ミネスティマレイクまでの道とは異なり、ここからは急な坂道と岩場が登場します。
一歩一歩着実に進んでいきます。

d0112928_11464787.jpg
無事到着!二人でガッツポーズ!やりましたね!

d0112928_11464857.jpg
到着後にちょうど雲の切れ目から太陽光が射していました。
ミネスティマレイクにちょうど光が当たって、神々しい雰囲気です。
d0112928_11505364.jpg
最後は、モレーンレイクで記念写真!
I様ご夫妻、本日はありがとうございました!
今回の山旅はいかがでしたでしょうか?楽しんでいただけたら幸いです!
またご一緒できることを心よりお待ちしております!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-09-01 12:01 | カナダの山旅 | Comments(0)