タグ:デイハイキング ( 136 ) タグの人気記事

愛と幸せ一杯のスノーハイク 

d0112928_01162786.jpg
ヤムナスカガイドの山田です。ハッピーハネムーン中の辻本ご夫婦を初冬のスノーハイクへとご案内致しました。えっ?11月にカナディアンロッキーでハイキング可能なんですか?というご意見をよく頂きますが、冬山用のウェアと行きたい気持ちがあればファーストステップはクリアーです。そこから先は、当日の天候、現地のコンディション、雪崩の危険のないトレイルを事前に調べることが重要です。その部分は私たちヤムナスカガイドにお任せ下さい!!

今回は健脚のご夫婦、雪も少ない、大展望が望めるトレイルという条件のもとヤムナスカショルダーをチョイスさせて頂きました。カナダ到着二日目にも関わらず、お二人のテンションはマックスです。
d0112928_01161710.jpg
ヤムナスカは先住民の言葉で一枚岩。地元のクライマーに人気のクライミングエリアでもあります。
インタープリティブを交えながらハイキングを進めていきます。
d0112928_01234780.jpg
日当たりが良いトレイル、人が良く歩いているトレイルは雪が溶け、
それが固まることによってとても滑りやすくなるので要注意!!
今回は軽アイゼンを装着し、安全にハイキングを楽しんで頂きました。
d0112928_01151318.jpg
お二人が熱心に撮影している動物。
働き者の赤リスです。彼らは冬眠をせず、冬もせっせと食糧を集めています。
d0112928_01145826.jpg
青空に映えるヤムナスカ山。
あの岩壁の基部に向かっていきます。
日本とは違うロッキーの山容を堪能して頂きます。
d0112928_01152851.jpg
トレイルの終盤はカルガリー方面の大平原の景色を眺めながら歩いて行きます。
滑りやすいトレイルにも大分慣れてきた様子。木々に光が差し込み、最高に気持ちの良いハイクでしたね。
d0112928_01232212.jpg
ショルダーに到着し、ヤムナスカの裏側が見えてきました。
見渡す限りロッキー山脈が続いています。
ご主人が指差すはヤムナスカ山頂へ続くトレイル。
ここから先はスクランブルと呼ばれる、ロッククライミングの領域になります。
d0112928_01164278.jpg
本日の目的地であるヤムナスカショルダーに到着です。
絶景を楽しみながらランチタイムとしました。
d0112928_01154140.jpg
夏の時期はサンドイッチやおにぎりが多いですが、冬は定番のカップラーメン?
私はローカル人間なのでマフィンで簡単に済ませましたが、香りだけ美味しく頂きました。あざっす!!笑
d0112928_01144220.jpg
名残惜しくも下山の時間。アスペンの木々は葉がなくとも美しい。
このトレイルは春には新緑、秋には黄葉が四季に合わせて楽しめるトレイルなのでお勧めです。
奥様の笑顔もあざっす!!
d0112928_01160230.jpg
テンションが上がって「ひょっこりはん」も登場しました。
でも実はお二人の後ろにカナディアンの二人もひょっこりはんしてました。
見つけられるかな?


おまけのグラッシーレイク
d0112928_01170372.jpg
二人が健脚すぎたので、キャンモアにあるグラッシーレイクにもご案内しました。
段々と湖も凍り始める時期ですが、ここはまだ美しいエメラルドグリーンの色を見せてくれました。
d0112928_01171748.jpg

まだまだ元気一杯のお二人。
旅の最後はブーツスケーティングを楽しんでフィニッシュ!!

お二人の大切なお時間にご一緒させて頂くことができ、とても光栄でした。
残りのカナダ滞在も素晴らしいものとなりますように。
末永いお二人の幸せとまたロッキーでお会いできることをヤムナスカ一同心より願っています。
この度はヤムナスカを選んで頂き誠にありがとうございました。


ヤムナスカ・ガイド山田 利行 (やまだ としゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-11-17 02:47 | ふたりの山旅 | Comments(0)

雪景色も素晴らしいレイクオハラ、神秘的な風景を求めて!!



d0112928_13065657.jpg
雪をまとった森と山、ここレイクオハラではこの時期雪が降るのも珍しくありません。
まるで冬の景色になっていますが、まだ9月下旬のこの日、朝から降り続く雪がとても幻想的な景色を見せてくれます。

こんにちは、ヤムナスカガイドの植木です。
今回はカラマツの黄葉と雪景色を楽しみに5名の方々をレイクオハラにご案内しました。
d0112928_14090443.jpg
気温マイナス2度、無風、小雪という天候がこの幻想的な光景を生み出しています。
ハイキングシーズンも終盤を迎えているこの時期、人影もまばらな湖畔で私たちだけが
この素晴らしい景色を楽しむチャンスを得ることができました。
d0112928_14112951.jpg
少し太陽の光が差し込んだ瞬間、Mt Odarayが光を反射して周囲を明るく照らしてくれています。
巨大な岩山、地層に雪が積もるとまるでミルフィーユのような感じですね。
d0112928_14132084.jpg
今回はオパビンハイラインとオパビンレイクにご案内しました。
湖に近づくとルートも見えないくらいに雪が積もっています。
奥にはカラマツの黄葉も姿を現します。
d0112928_14152303.jpg
d0112928_14153792.jpg
ライチョウが出迎えてくれました。凍った池をよちよち歩いて来て、足元まで来たら微動だにしない、きっとばれていないと思っているんでしょう。でも、完全にばれてます(笑)
d0112928_14185722.jpg
秋も深まるこの時期、黄金に輝くカラマツの葉が見事でした。
d0112928_14231907.jpg
d0112928_14230861.jpg
カラマツの細い枝に降り積もった雪が情緒ありますね。
しきりに写真撮影。


d0112928_14302427.jpg
この幻想的な景色がレイクオハラの魅力です。
何度来ても、何度見ても同じ景色は存在しません。
雪の白、カラマツの金色、岩肌の黒、そして透き通った清流の流れる音色、このコントラストは自然界の芸術と言えるでしょう。

d0112928_14341574.jpg
日本からお越しの東野様、元吉様、バンフ在住の鈴木様、小畑様、野島様、雪の中でのハイキングも楽しんでいただけましたか?
冬がすぐそこに来ているここレイクオハラの素晴らしい景色に感動し、自然の素晴らしさを再度実感できた一日になったことと思います。

また時期を変えてカナディアンロッキーのハイキングに行きましょう。
ヤムナスカガイドはいつでもどんな状況でもその時々の最高の楽しみ方を知っています。

いつか再会できることを願っています。


ヤムナスカ・ガイド植木 正幸 (うえき まさゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-09-27 02:18 | 出会いの山旅 | Comments(0)

黄葉のラーチバレーに舞い降りたライケンガール

d0112928_14121605.jpg
センチネルパスに降り立つライケンガール
d0112928_14121684.jpg
皆さま、こんにちは!
ライケンヨシ(ヤムナスカガイドの板倉)です。
今回は2人のライケンガールと黄葉真っ盛りのラーチバレーに行ってきました!
ライケンガールこと、サバちゃん、チヅちゃんと素敵な山旅をしてきましたので、どうぞ暖かく見守り下さい。
d0112928_14121628.jpg
丸の内OLとモントリオールOLの2人。
もうこの旅の楽しが伝わってきますね!

少しのどが渇いたサバちゃん。水分補充をしているのをよーく見ていると
d0112928_14121779.jpg
日本の麦茶!しかも2リットル!
どうやって持ってきたんですかねー。笑

どうもザックが大きいと思ったら、こういうことだったんですね。

芸人ですか!っと突っ込みたくなる場面が今回はたくさんありました。
d0112928_14121797.jpg
本当に仲の良い2人と話をしていたら、あっという間にラーチの森へ。

黄葉真っ盛りのカラマツとライケンガールは本当に絵になりますね。
d0112928_14121703.jpg
モデルになりきる2人。笑
後ろに広がるテンピークスと黄葉がさらに気分を高揚させてくれます!


ここ、つっこむところです!笑
d0112928_14123158.jpg
3,000m級の山々と黄葉を目の前に、日本のおにぎり弁当が食べれるなんて、
もー、顔から笑みがこぼれちゃいますね。

ヤムナスカのハイキングに参加した際は、この 【おにぎり弁当】 を頼まずにはいられません!
とっても大好評ですよー!
d0112928_14123184.jpg
おにぎり弁当を食べた2人は、その後も絶好調!!
今回の目的地に向かって順調に進んでいきます。


歩くこと数時間。


2人のライケンガールはついに

この場所に
d0112928_14123163.jpg
到着しましたーーーー!!!
Congratulations!!!

天気も良く、頑張った2人には最高のご褒美が待っていましたね。
d0112928_14123229.jpg
ここに来た人しかわからない感情。風景。ドラマ。
今回の山旅は思い出に残る、最高の一日になったのではないでしょうか。
d0112928_14123187.jpg
テンションが上がりピカになりきる2人。
日本では味わえない ワクワク感 や 大人になって忘れてしまった気持ちをロッキーは思い出させてくれます。
d0112928_14123261.jpg
写真ですべては伝わらない。
自分の目で見るロッキーが、きっと人生の財産になるでしょう。
d0112928_14124462.jpg
やりきった。笑
d0112928_14124485.jpg
最後は、最高の感動を与えてくれたロッキーに感謝して。


サバちゃん、チヅちゃん

初ロッキーはいかがだったでしょうか。
自然の力や、地球の広さ。
すべては、ここに来た人にしかわからないものです。
ロッキーは他にもたくさん素晴らしいところがあるので、
また是非、この地に戻って来てくださいね!!
その時をこころよりお待ちしています。
また柿の種、よろしくです!!

【人生の思い出として、わずかな一瞬ですが、一緒にハイキングをしていただき ありがとうございました!】


ヤムナスカ・ガイド板倉 由浩 (いたくら よしひろ)
ガイドプロフィールはこちらから



by ymtours | 2019-09-22 00:31 | 出会いの山旅 | Comments(0)

秘境レイクオハラ、カラマツの黄葉は今が見ごろ!!

d0112928_10524653.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの植木です。
今回は、北海道からお越しの金川様、竹原様、東京からお越しの伊藤様、宗像様をご案内しました。
レイクオハラの中でも、特にカラマツ林が非常に素晴らしいオパビンレイクまでのルートと、オパビンプロスペクトのコースをご案内させていただきました。

d0112928_10582889.jpg
初夏の花、アネモネもすでにヒッピーヘアー(通称)へと姿を変えているこの時期、
カラマツは素晴らしい黄葉を楽しませてくれます。
d0112928_10595818.jpg
ハンガビーレイクに到着すると、無風の湖面が鏡のように周囲の風景を映し出していました。

d0112928_11032197.jpg

ここでちょうどお昼休憩。
周囲は3400m前後の山々が囲んでいます。
目の前にそびえたつ岩峰、直下にたたずむ森と湖、
そして誰もいないこの場所は本当に秘境と言わざるを得ません。

d0112928_11064978.jpg
前日に降った雪が山にかぶり一際迫力が増していました。
ここがオパビンレイク、周囲には3200~3500m前後の山々がそそり立っています。

d0112928_11105827.jpg
先ほどランチをとったハンガビーレイクを高台から眺める場所に行くと、
カラマツ林が一望できました。
これからはこのカラマツ林の中を通っていきます。

d0112928_11131298.jpg
オパビンハイライントレイルは、まさに今が見ごろの黄金に輝く森になっていました。
私がこの時期一番お勧めのコースです。

d0112928_11151886.jpg
フィナーレはオパビンプロスペクトからの大展望、眼下にはレイクオハラとマリーレイクを望むことのできる素晴らしい展望地です。

d0112928_11183920.jpg
最後にはまたレイクオハラに戻り、湖畔からの展望を楽しんで終了しました。
今回は山には新雪が積もり、森は黄葉と常緑樹のコントラスト、それらが湖映る光景を楽しみながらのハイキングを楽しむことができました。

それでは、ぜひまた違う景色を楽しみにカナディアンロッキーへお越しください。
私たちはその時にベストな場所へご案内させていただきます。

次回もお待ちしています!!


ヤムナスカ・ガイド植木 正幸 (うえき まさゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-09-20 00:45 | 出会いの山旅 | Comments(0)

黄葉MAX!!黄金の楽園、ラーチバレーハイキング

d0112928_15154209.jpg
テンピークスと黄金の楽園
d0112928_15154266.jpg
オォォーーーーゴンのパワーがみなぎっています!!!
ラーチニストのヨシです(ヤムナスカガイドの板倉)

本日は笠井様、蓮見様、祓輪様の3名で黄葉、真っ盛りのラーチバレーに行って参りました!
d0112928_13532012.jpg
熊警報が出ていましたが、ガイドがいれば安心です。
熊に合わないようにハイキングをするのはもちろんのこと、
有事の際はガイドが的確に対応致します。
d0112928_13532069.jpg
ラーチバレーはモレーンレイクと言われる絶景の湖からスタートします。
ここに来ただけで気分は絶好調!
早速行きましょー!
d0112928_13532170.jpg
10本のスイッチバックを登りながら、
疲れた~。まだですか~。なんていう人は一人もいなかったですねっ皆さん!笑
d0112928_13532103.jpg
疲れてもその先には絶景のご褒美が待っています。
見て下さいこのカラマツ!!
疲れも一気に吹っ飛びます!
d0112928_13540144.jpg
綺麗な黄葉にうっとりしてしまいますね~
ずっと眺めていても飽きないです。
d0112928_13540219.jpg
そのまま歩くこと数十分。
少し霧がかかっていましたがテンピークスを見ることが出来ましたー!
写真では伝わりにくいですが、ロッキーは自分の目で見ることが何よりも価値があります!
人生が変わるような光景がたくさんありますよ。
d0112928_13540065.jpg
今日はテンピークスを一望できる場所でランチタイム。
風も無く、黄葉とテンピークスが輝いていました。
何とも贅沢な光景です。
d0112928_13540136.jpg
時間にも余裕があったため、そのまま少し高台まで足を延ばしました。
ミネスティマレイクが鏡のように反射しており、絶景を前につい言葉を失ってしまします。
皆さんの笑顔が楽しさを物語っていますね。
d0112928_13540141.jpg
はいっ!今回の目的地に到着でーす!
記念にハイチーズ!
皆さん頑張った甲斐がありましたね!
ここでの光景は一生の思い出となったと思います。

ここに来た人にしかわからない感動がロッキーにはあります!
d0112928_13540107.jpg
登り修行を終えた皆さんは、降りで元気を取り戻しました。笑
ここから再度、気を引き締めていきましょーーー!
d0112928_13542549.jpg
ラーチバレーは同じ道を戻りますが、行きとは違ったドラマがあります。
ガイド登山だからこそ、楽しめるもの、感じるものがあると思います。
d0112928_13542500.jpg
所どこと穴が開いている場所を見ると~
オコジョッ!!!
頑張った皆さんに会いに来てくれましたね!
d0112928_13542636.jpg
ケガもなく、無事に駐車場に戻った皆さんで
グータッチ!!!
最高の山旅になりましたね!

出会いの山旅は、どんな人が来るか不安があると思いますが、ロッキーに来れば大丈夫!
広大な自然や光景が、自然と皆さんの壁を取り除いてくれますよ!!


笠井様、蓮見様、祓輪様

楽しい時間は本当にあっという間でしたね。
黄葉と絶景。
心に残るハイキングになったと思います。
ロッキーには、まだまだ素敵な場所がたくさんありますよ!
またロッキーやユーコンに戻って来てくださいね!
スタッフ一同心よりお待ちしています。

【人生の思い出として、ほんのわずかな一瞬ですが、一緒にハイキングをしていただき ありがとうございました!】


ヤムナスカ・ガイド板倉 由浩 (いたくら よしひろ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-09-20 00:09 | 出会いの山旅 | Comments(2)

ロッキーの黄葉も負けてません!!いくぜ黄葉ラーチバレー!

d0112928_08483279.jpg
、、微妙な距離感!?笑
臭い?嫌われてる!?
d0112928_09022085.jpg
はーい、こんにちは!
皆さまのもとにテンピークスをお届けに参りました。
元デリバリースタッフのヨシです(ヤムナスカガイドの板倉)
下の赤いおじちゃんも糸に繋いで持ってきました~笑

今回は私と絶妙な距離感を演出してくれた、
小野様、高瀬様と黄葉の始まったラーチバレーに行って参りました!
2人はとっても仲が良いのですが、出発までは見ず知らず。
でもロッキーに来ると自然に打ち解けてしまうのです!
これぞロッキーマジック!
さあ行きましょうー!
d0112928_08483285.jpg
ラーチバレーは最初にスイッチバックと呼ばれる登りがありますが、
時より木の隙間からモレーンレークが顔をのぞかせてくれるため、
ただ修行のように山を登るのではなく、
景色を楽しみながら徐々に標高を上げることが出来ます。

見る角度によって色が変わったり、
風によって湖の表情が変わったりと、
生き物のような変動を楽しめます。

辛くなってきたら絶妙なタイミングで休憩を入れるので心配ご無用!
楽しくハイキングをすることが出来ますよ!
d0112928_08483278.jpg
日本だったら、しめ縄とお賽銭。
そんな景色がたくさんあります!
d0112928_08483344.jpg
とある地点を超えると、皆さんお待ちかねの
ラーチ(カラマツ)の黄葉タイムに突入です!
自然と笑みがこぼれちゃいますね!

ここからゴールデンタイム!確変確定です!
d0112928_08483327.jpg
カラマツを触ってみると、、、
これも来た人のお楽しみっ!!
d0112928_08490700.jpg
良い感じに黄葉が始まっていますよー!!
d0112928_08490754.jpg
カラマツの森を抜けると、テンピークスが顔をのぞかせてくれましたー!
はいっ!おにぎりポーズ!?笑
d0112928_08490755.jpg
そのままテンポよく登っていき、テンピークスの一望できる場所に到着!!
雨予報でしたが、何とか持ちこたえ、絶景の山々を見ることが出来ました。
持ってますねー!

気分は最高潮!!!
少し距離も縮まって、みんなで
はいっロッキー!!
d0112928_08490719.jpg
帰りはテンピークスを数えながら、下山します!
目の前に3,000m級の山々と氷河を見ながらなんて、なんと贅沢なことでしょう。
d0112928_08490842.jpg
下山後には絶景のモレーンレイクとテンピークスがスペシャルサービスをしてくれました!


小野様、高瀬様

本当にあっという間の一日でしたね。
テンピークスの絶景を見ることが出来、良いハイキングになったと思います!
山についても色々と学ぶことが出来たのではないでしょうか。
是非、日本に戻ってからも山行し、
またロッキーに戻ってきてくださいね!
その時はもうカッパなんて買いませんからね!笑
今後のお守りとして心に刻んでおいてください。

【人生の思い出として、わずかな一瞬ですが、一緒にハイキングをしていただき ありがとうございました!】


ヤムナスカ・ガイド板倉 由浩 (いたくら よしひろ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-09-14 03:44 | 出会いの山旅 | Comments(0)

終日の雨予報が見事に外れる!ラーチバレー&ビッグビーハイブ 二日間の日帰りハイキング。

d0112928_02571964.jpg

 皆さん元気ですか! ヤムナスカ・ガイドの石塚です。今回は福岡さん、吉田さんのとっても素敵なご夫婦二組に囲まれながら、二日間のデイハイキングを楽しんできました。

 天気予報は一週間前から変わらず二日間ともに雨予報.... しかも、なかなかの降水量は予想されていました... が! なんとなんと、当日は予報を見事に覆して雨にも降られず、美しい氷河湖の色彩も楽しむことができました。まさにロッキーマジック!
 
 今回は私の写真だけでなく、福岡さんが持参したGopro7にてグループ写真もたくさん撮影をしていただきました。Airdropで簡単に皆でシェアできるのは本当に便利。皆で一緒に写ると楽しさがぐっと伝わってきますね!

 それでは、旅の様子をご覧ください。

(DAY1) 9月8日 ラーチバレー

 まず初日はラーチバレーへ。言わずと知れたロッキーを代表する超人気コースですが、朝の9:00から始まる車両規制のルールができたことで、ハイカーの数が本当に少なくなりましたね。非常に贅沢なコースになったような気がします。 
d0112928_02531655.jpg
目指すミネスティマ・レイクまでは標高差550m、片道4.5km。
さあ、気合を入れていきましょう!

d0112928_02531666.jpg
ロッキーはベリーシーズン真っ盛り。
グラウスベリーはライチョウの大好物ですが、人間が食べても非常に美味しいベリーの一つ。

d0112928_02532412.jpg
ラーチバレーはラーチ(カラマツ)の黄葉が有名ですね。
黄色はちょうど色づき始めたところで、緑から黄色へのグラデーションを楽しませてくれました。
このペースでいくと見頃は9月20日過ぎでしょう。

d0112928_02532593.jpg
テンピークス山頂はなかなかすっきりと顔を出してくれません。
それでも、岩肌と広大な山脈の景色は十分に迫力がありますね。

d0112928_02532567.jpg
d0112928_02532576.jpg
景色を楽しみながら思い思いにランチタイムを満喫。
気温は10度ほどでしたが、しっかりと防寒対策をしていれば心配はいりません。


d0112928_02533074.jpg
これぞモレーンレイクの青!

ラーチバレーでは雲に隠れていたテンピークスの山並みですが、
下山時はついに全容が現れ、周囲も明るくなったことで、湖も素晴らしい色彩を楽しませてくれました!

d0112928_02571921.jpg
Goproはやはり良いですね。
超広角レンズは広大なロッキーでの撮影にベストなカメラの一つと言えるでしょう。


(DAY2) 9月9日 ビッグビーハイブ

二日目も終日雨の予報だったのにも関わらず、なんと全く雨なし!
d0112928_02533089.jpg
この日のレイクルイーズのエリアは熊警報(Bear Warnings)が出ていました。
全員で熊ポーズを決めて出発!

d0112928_02533022.jpg
ミラーレイクより目指すべきビッグビーハイブ山頂を望む。
山頂到達の期待が膨らみます。

d0112928_02533092.jpg
秋色が映り込むレイクアグネスの湖面。
まるで印象派の絵画のようですね。
黄葉はラーチバレーよりも少し進んでいる感じでした。

d0112928_02533103.jpg
レイクアグネス対岸の岩場では、たくさんのピカ(ナキウサギ)が迎えてくれました。
ピカたちは冬眠に備えて草を集め、チョコマカと動き回る姿を楽しませてくれましたが、
動きが速すぎて写真に撮ることはできず..... 残念!

d0112928_02531639.jpg
ビッグビーハイブまでの最後のスイッチバックを登ります。
標高の高いところから湖面を見ると、さらに青が濃く見えるのです。
良い写真ですねー。

さあ、いよいよビッグビーハイブ山頂到着!

が、なんと周囲はガスがかかり、ホワイトアウト状態でした。

ランチを取りながらガスが晴れるのを待ちます。


d0112928_02533685.jpg
出た!
やりました!

20分ほど待ったでしょうか。
一気にガスが上がり出し、待望のレイクルイーズ湖面を遥か高みから望むことができました。
達成感を感じる瞬間です。

d0112928_02531627.jpg

最後に全員でクライマックスの瞬間を記念撮影!
この時は盛り上がりましたね。

悪天候の予報を見事に覆した、素晴らしい二日間でした。
福岡さんご夫妻、吉田さんご夫妻。

持ってますね!

この度はヤムナスカのツアーにご参加いただきまして、ありがとうざいました。
残りのカナダ旅行も素晴らしい旅になることを祈っています。
再びカナダに来られる時は、ぜひお声をおかけください。お待ちしています!


ヤムナスカ・ガイド石塚 体一(いしづか たいち)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-09-08 07:09 | 出会いの山旅 | Comments(0)

ラーチバレー!行ってきました!



d0112928_07263084.jpg
快晴のカナディアンロッキー!
本日は、個人で行きたくても行くことが出来ない「ラーチバレー」へ、千葉県からお越しの村中様をご案内させていただきました。
d0112928_07283231.jpg
モレーンレイク、ここはカナディアンロッキーでもっとも人気がある景勝地。
駐車場は非常に小さく、朝6時にはすでにいっぱいで、一般車両は入場が不可能となります。
これは、自然・野生動物を保護する為には非常に重要です。
ロッキーの自然を知り尽くした現地ガイドが運転する商用車には、特別入場許可がおりていますので、いつでも自由に入場することが出来ます。
d0112928_07321070.jpg
何時来ても、本当に美しい湖です。ここからハイキング開始なんて、本当に贅沢ですね。
d0112928_07330005.jpg
と、写真撮影を楽しんでいますと、遠くの谷にグリズリーベアがいました!なんと貴重な体験でしょうか!
d0112928_07330865.jpg
展望地にて
d0112928_07335975.jpg
秋晴れ、最高ですね
d0112928_07340850.jpg
コケモモが多くの実をつけています
d0112928_07341328.jpg
赤リスが冬支度に忙しいです
d0112928_07342066.jpg
気持ちの良い尾根を歩いていきます
d0112928_07342994.jpg
この透き通るような青空!
d0112928_07345479.jpg
奥にはセンチネル峠が見えています
d0112928_07370731.jpg
唐松が色付きはじめました
d0112928_07343711.jpg
もう少し!

d0112928_07381858.jpg
テンピークスもばっちり見えます!
d0112928_07382652.jpg
到着ー!笑顔が素晴らしい!
d0112928_07344690.jpg
この絶景を、私たちだけで独占でしたね、、、。

村中様、この度は弊社サービスをご利用いただき、本当にありがとうございました!ロッキーにはまだまだ沢山のコースがございますので、是非とも次回も弊社におまかせください!またお二人とカナダの山で出会えることを、スタッフ一同お待ちいたしております!次は、ロッジツアーでもいかがですか?

ヤムナスカ・ガイド 篠崎洋昭
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-09-05 09:19 | ふたりの山旅 | Comments(2)

オーロラ、アニマル、ネイチャーウォーク!ユーコンを満喫しよう!!


d0112928_13042680.jpg
ユーコンの絶景!いただきました!!

ブログを見ている皆さん
こーんにちは!
現在、ロッキーから遠く離れたユーコンという町に来ております。
ヤムナスカガイドの板倉です。
d0112928_13334408.jpg
オーロラが見れる!
ハイキングもできる!
空気も世界一きれいな町!

こんな夢のような場所が他にはありますか!?
私は毎日最高の気分です!

本日は高野様ご夫妻と
ユーコン満喫の旅に行ってきました!


初日は、ユーコン野生動物保護区。
d0112928_13044334.jpg
ドドーン!
d0112928_13044391.jpg
ムゥーーーーーース!

今日はヘラジカ君が私たちに会いに来てくれました!
(私たちが会いに行きました)
目の前で体重200キロは軽く超える
ド迫力の動物に圧巻の模様!
奥にはオスのヘラジカもいて大満足。
d0112928_13044204.jpg
オスのヘラジカにはアンテナのようなツノが生えています。
この仕組みは、、、

ユーコンでお会いした時にお話ししましょう。
d0112928_13111458.jpg
奥のほうに見える黒点はなんでしょうか。
この黒点はオーロラにはとっても重要なんです、、、
おっと、黒点違いでした!!
d0112928_13111461.jpg
これはマスコックスという氷河期をマンモスと共に生き抜いてきた動物です。
生きた化石に近いようなものです。

カナダでしか見ることのできない動物がここにはたくさんいるので、
是非、カナダに来た際は訪れてみて下さいね!



二日目はネイチャーウォーク!
往復3時間で手軽に紅葉、絶景を楽しめる場所へ案内しました。
d0112928_13042689.jpg
オーロラで寝不足気味ですが、眠気をぶっ飛ばしに行きましょう!!
d0112928_13042624.jpg
ポプラ並木を楽しみながら気持ちよーく登っていきます。
d0112928_13042604.jpg
ある地点を境に一面真っ赤に!
ここからもう少し登ると~
d0112928_13042758.jpg
脱!!眠気!!?
d0112928_13042729.jpg
眠くても、眠くなくてもカメラは止まりません!!

オーロラより多く撮っているかもしれません。
なぜなら、、、
d0112928_13044496.jpg
ビューティフォーーーーー!!!

このような光景が目の前には広がっているからです!

そして夜には、、、
d0112928_13253457.jpg
Beautiful !!!

運が良ければ、きれいなオーロラカーテンが見ることが出来ます!


どうでしたか皆さん!
もうカナダに来る準備はできましたか!?

一度きりしかない人生楽しんだもの勝ちです。

今回参加して下さった高野様には想像をはるかに超えた経験をしていただいたと思います!
今日の夜にも素晴らしいオーロラが見れるといいですね!

カナダに来られた際は、個性豊かなスタッフが
皆さんの旅を人生最高の思い出になるよう全力でサポートいたします!!


【人生の思い出として、わずかな一瞬ですが、一緒にハイキングをしていただき ありがとうございました!】


ヤムナスカ・ガイド板倉 由浩 (いたくら よしひろ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-09-03 23:18 | オーロラの旅 | Comments(0)

ホワイトホース屈指のツンドラ紅葉フィッシュレイクで女子二人旅

d0112928_14582467.jpg
こんにちはガイドの堀口です。
今回はオーロラ女子旅ということでユーコンに遊びに来ていただいた、高野澤さん、西田さんのお二人をネイチャー・ウォークのデイツアーにご案内させていただきましたのでその様子をどうぞ!!

d0112928_14583551.jpg
今回はホワイトホースから車で約20分のフィッシュレイク・トレイルへ。
ここはツンドラの景色が楽しめるハイキングコースとなっています。
そして何と言っても一番上の写真もそうですが、この日は紅葉がMAX!!一年のうちのピークがこの日に当たったと言っても過言ではなく、ため息が出るほどの美しさでした!

d0112928_14591429.jpg
真っ赤に染まるアークティック・バーチ(北極カバ)

d0112928_14590927.jpg
そりゃ当然こうなりますよねw
カメラ女子の二人は紅葉の虜に。。
「お二人さーん、そろそろ上に行きますよーw」

d0112928_14590285.jpg
と言っていたら数分後にはやっぱり撮影・・・。
ですよね。と言いつつも私もバシャバシャ撮影していたのですけどね。

d0112928_14584209.jpg
まー撮り飽きることがありません。
この日は気温も暖かく、本当に気持ち良いハイキングとなりました。

それにしても仲の良いお二人は学生時代からのご友人。
本当にお互いのことはなんでも分かっている、という感じが伝わってきました。

d0112928_14582977.jpg
頂上付近では私も入り3人でパチリ。

お二人のお仕事のお話などもたっぷり聞かせていただき、ありがとうございました。

実は高野澤さんは途中でサングラスを落としてしまっていたのですが・・・。

d0112928_14581129.jpg
なんと登山口に戻ると心優しいハイカーが拾ってくれて、こんなわかりやすく置いておいてくれたのです。

最後の最後に心温まる瞬間でした!

ホワイトホースのオーロラツアーは日中のアクティビティが充実しており、旅全体を通して楽しむことが出来ることが大きな魅力です。

高野澤さん、西田さん、また是非カナダに、ユーコンに遊びにいらして下さいね。
次はまた別のトレイル、違うアクティビティでご一緒しましょう!
この度はヤムナスカのデイツアー、ネイチャー・ウォークをご利用いただき誠にありがとうございました。


ムナスカ・ガイド堀口 慎太郎 (ほりぐち しんたろう)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-08-31 05:35 | オーロラの旅 | Comments(0)