タグ:オーロラ ( 38 ) タグの人気記事

2018年 初夏から秋のハイキングシーズンを振り返る。今年もたくさんの素敵な場面がありました。

d0112928_06460157.jpg
 皆さん元気ですか! ヤムナスカの石塚です。いきなり変な写真ですみません。これは今年の7月に清水様ご夫妻といったアシニボイン・キャンプツアーの一コマ。私も自分に花が似合わないことは分かっているのですが、あまりにもお花畑が凄まじいので写真を撮っていただいたのです。うーん、やはり決まってないですね。(笑)

 先日の10月末、日本の信越トレイルで行なったカナダ人と行く『SHINETSU TAIL』を最後に、今シーズンの初夏から秋にかけてのハイキングツアーが終了となりました。ツアーの様子はブログでもお届けしていますが、花、湖、紅葉、極地体験、山火事!、そして大雪!!! などなど、本当にたくさんの場面がありました。振り返るとどれも素敵な出来事に思えます。そこで、今シーズンのハイキングツアーを、写真とともに振り返ってたいと思います。ダイジェストでお届けしましょう!

d0112928_07214134.jpg
まずは6月1日に行われたスタッフトレーニングから。
通常、ガイド全員が集合するこの日から、私たちのハイキングシーズンはスタートします。

d0112928_07214256.jpg
初夏を代表する花『カラフトアツモリソウ』の大群落は今年も綺麗でしたね。
日本では本当に希少なこの花も、ロッキーではこれでもか!というぐらいにたくさん見ることができます。
この花を目当てにカナダに来る方もいるくらいですよ。

d0112928_06465756.jpg
6月末から7月頭は黄色のカタクリ『グレーシャーリリー』が見ごろを迎えます。
ここはカタクリの大群生地としても有名なヒーリーメドウ。
花の開花具合は年により変わるものですが、昨年も今年も当たり年でしたね。


d0112928_07214149.jpg
今年は有名な観光地でもあるモレーンレイクの車両規制が強化された年でもありました。
この規制によりマイカーで訪れることは難しくなった代わりに、ラーチバレーの混雑が減ったのは嬉しいことですね。

d0112928_07213507.jpg
盛夏になるとヘリコプターで入山するバックカントリーロッジも賑わい始めます。
カナダはヘリをシャトルバス感覚で利用するのが面白いですね。
ロッキーでのヘリは、皆さんが思っているよりも遥かに手軽な乗り物なのです。

d0112928_06464584.jpg
ヘリ入山で訪れる名峰アシニボイン(3618m)山域。
ここはロッジ、キャンプと二つのスタイルで楽しめるエリアとして人気です。
花の時期だけでなく、紅葉の時期も素晴らしいのです。
2年越しでアシニボインへ訪れたN様、A様の旅は印象的でしたね。

d0112928_06464703.jpg
アシニボインロッジのスタッフたち。
温かいホスピタリーと笑顔には、いつも癒されます。
本当に全員が素敵なメンバーですよ!

d0112928_06465830.jpg
ヘリ入山でもう一つの人気ツアーは『エスプラナーデトラック』
カナダでは珍しい小屋縦走スタイルが最大の魅力。
国際色豊かなメンバーで数日間を過ごす旅は、カナダらしい山行と言えますね。

d0112928_01432456.jpg
日帰りハイキングやキャンプツアーで一番人気は、やはりレイクオハラ。
今年もたくさんのお客様をご案内させていただきました。
特に昨年から始まった一泊二日のキャンプツアーは今年も大好評でした!

d0112928_06463508.jpg
ロッキーで最も美しい氷河湖の一つ『レイクマッカーサー』は、やはり今年も綺麗でした。

d0112928_01481729.jpg
今年の夏は山火事の影響で山が霞む日もありましたが、それでも大自然はやはり素晴らしい!
そんな事を感じさせる旅が多くありましたね。
西牟田がご案内したこの写真のツアーは私のお気に入りです。

d0112928_06465709.jpg
私たちはハイキングだけでなく、ロッククライミング、登山ツアーもご案内しています。
アルパインガイドの谷や、ロックガイドの山田だけでなく、個性的なカナダ人のガイドもたくさん在籍しています!
皆さんもロッキーでロッククライミングへ挑戦してみませんか?

d0112928_06463450.jpg
カナダの大リピーターである森様。
バックパッキングや氷河ウォークなど、毎年新しい旅に挑戦される素敵な方です。
今年はなんとあの有名なテンピークスまで登っちゃいました。ほんと凄いです!

d0112928_02023965.jpg
女性三人組のロッキー縦走ツアーも楽しい旅でした。
バンフのヒーリーパスを越え、エジプトレイクを経由してシャドーレイクへ。
バンフのクラシックルートですね。


d0112928_06464617.jpg
そろそろ秋に入りましょう。
北の大地ユーコンの秋は、ロッキーよりも数週間早くに訪れます。
ホワイトホース近郊には、ツンドラ紅葉の日帰りハイキングが手軽に楽しめるエリアがありますよ!

d0112928_06463465.jpg
こちらもカナダ、ユーコンの大リピーターであるグループ。
ユーコンのあちらこちらを旅してきましたが、今年はついにイヌビックを越えて北極海まで行っちゃいました!
カナダ大陸縦断の旅!!車で行けるカナダ最北の街、Tuktoyaktukの旅は、アドベンチャー旅行好き必見です。

d0112928_06460046.jpg
もちろんオーロラも忘れてはいけません。
秋のユーコンは紅葉ハイクだけでなく、オーロラチャンスもあるのが魅力。
湖に映り込むオーロラの撮影は、秋ならではの楽しみの一つですね。

d0112928_07213646.jpg
ユーコンの紅葉シーズンが終わると、9月中旬から10月がロッキーの紅葉シーズンになります。
カラマツ、ポプラの黄色と雪山、そして青空のコントラストは、まさにロッキーの秋色ですね。

d0112928_07213554.jpg
まるで冬景色のようですが、これは9月末のレイクオハラです。
今年の秋は雪が降りましたねぇ。自然は私たちの想像を軽く越えてきます。
しかし、これはこれで本当に美しい世界でした。

d0112928_06460013.jpg
つい先日に旅を終えた日本の信越トレイルツアー。
今年は天気と紅葉に恵まれ、10名のカナダ人も大満足していただけました。

いかがでしたでしょうか?
本当はもっとたくさん紹介したい写真もありますが、残念ながらスペースが足りません。
しかし、本当に素敵なシーンが多いですね。
ご参加いただきました皆様には、改めましてお礼を申し上げます。

12月からはオーロラとスノーシューのシーズンが始まります。今年はどんな素晴らしいオーロラに出会えることでしょうか。

是非、冬のブログ記事も楽しみにしてください!


by ymtours | 2018-10-31 02:03 | お知らせ | Comments(2)

デイツアーで秋のユーコンの魅力を大満喫

d0112928_03065535.jpg
こんにちはガイドの堀口です。

ユーコンの秋も深まる中、日本から新婚のご夫婦、原田様ご夫妻がハネムーンにてインオンザレイクにご宿泊。
オーロラツアーにご参加されました。

ロッジでは見事に素晴らしいオーロラをご覧いただくことができ、最高のタイミングでの新婚旅行となりました。

今回はユーコンの秋をご満喫していただきたく、
ディスカバー・ホワイトホース
ネイチャー・ウォーク
ミート・ザ・ワイルド
の3つのデイツアーにご参加いただきましたので、その様子をご紹介いたします。

いやぁ~とにかく黄葉が綺麗で素晴らしかったです!

ディスカバー・ホワイトホースでは、ユーコンの観光局のビジターセンターに立ち寄り、ユーコンの歴史や地理、自然についてしっかりと教養を深め、実際に町や周辺を散策し、見どころをご案内しました。

d0112928_03184196.jpg

上の写真はダウンタウンから歩いていくこともできる、「ミレニアムトレイル」を散策し、ビーバーの痕跡を発見!
ユーコン川に棲息するビーバー達の作業現場を拝見してきました。

d0112928_03181645.jpg
お二人は大のお酒好き!?あれ。。?嗜む程度でしたっけww
ということでホワイトホースの地元のビール工場「ユーコン・ブリューイング」にてテイスティング。
季節限定のものも多くあり、お土産にも最適のものがありました。

d0112928_03063843.jpg
翌日はネイチャーウォークでフィッシュレイクへハイキング!

秋の風が涼しく、季節を思いっきり感じる山歩きとなりました。
空は快晴で遠くの景色も良く見ることが出来ました。

d0112928_03064649.jpg
稜線に出てからはツンドラの景色を独り占め!

紅葉も美しく、高い山には冠雪する姿が見られ、季節の移り変わりを感じます。

d0112928_03061879.jpg
d0112928_03055312.jpg
デイツアー最終日は「ミート・ザ・ワイルド」。
極北に棲む動物たちの素顔に迫ります。

この時期はシカ科の動物はオスが発情期で、特にエルクがメス達に興味津々でした。

それにしてもムース(ヘラジカ)の角は立派です!
森の王者の風格たっぷりです。

d0112928_03060019.jpg
d0112928_03054709.jpg
この時期は施設内を歩いて回ります。
約5キロほどですべて歩くことが出来るのですが、アスペンの黄葉が最高潮でした。
ちょっとしたハイキングとしても、最高の時期です。

d0112928_03054008.jpg
最後はこんなに素晴らしい景色を見ることが出来ました。
山の冠雪、アスペンの黄葉、どこまでも広がる景色。

このデイツアーでホワイトホースの秋をゆっくりと実感していただけたのではないでしょうか。

原田様ご夫婦、どうぞ末永くお幸せに!
また、カナダにお越しの際はどうぞお気軽にご相談ください!

この度はヤムナスカをご利用いただき、誠にありがとうございました。


ヤムナスカ・ガイド堀口 慎太郎 (ほりぐち しんたろう)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2018-09-23 07:06 | オーロラの旅 | Comments(0)

ホワイトホース 秋の風物詩 フィッシュレイクハイキング

d0112928_03182445.jpg
ヤムナスカ ガイド本山です。
極北の秋は、いつも駆け抜けるように過ぎ去っていきます。

d0112928_03221637.jpg
本日は、これはもう絶対!
秋のホワイトホースの定番ハイキングと言えるフィッシュレイクのハイキングにメキシコからお越しの佐藤様ご夫妻を案内さえていただきました。

このハイキングは決して難しくありません。
写真の右上の尾根にあがり、後は、爽快で、広大な風景の中を尾根歩きで楽しめます。


d0112928_03204295.jpg
この短い秋に最高のタイミングで佐藤様をハイキングにご案内できました。
森林限界は、すでに真っ赤!
d0112928_03240617.jpg

写真がお好きな佐藤様、もうきれいすぎて、撮影に没頭します。
私も撮影好きなので、よ~くお気持ちがわかります。

d0112928_03252379.jpg
もうすぐ尾根です。
この日は、快晴で青空と紅葉のコントラストが本当に素晴らしかったです。
d0112928_03262985.jpg

「北極カバ」
赤のいろどりは、これらの植物によって鮮やかに飾られます。
d0112928_03273770.jpg

「ヤナギラン」
ユーコン準州の州花です。
d0112928_03284447.jpg
こちらは「アルパインブルーベリー」
ちょっとわかりにくいかもしませんが、

d0112928_03293335.jpg
ちょっと積むだけで、こんなに!今年は大量豊作!

d0112928_03304598.jpg
尾根に出ると、これぞ!ユーコンという風景が広がります。


d0112928_03315737.jpg
足取りも軽い佐藤様は、近くの小ピークまで足を延ばしました。

本当に素晴らしい天気と紅葉でしたね。
なかなか狙っても当らない紅葉ですが、お見事ベストタイミングと晴天の中、ご案内させていただきました。

またロッキーやユーコンに遊びに来てください。
この度は誠に有難うございました。

ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2018-09-10 07:26 | ふたりの山旅 | Comments(0)

夏の面白イベント 見どころたくさん ≪ ホワイトホース ファーマーズ マーケット ≫

d0112928_03035051.jpg


ヤムナスカ ガイド 本山 です。
今日は、夏のユーコン ホワイトホースの風物詩 『ファーマーズ・マーケット』をご紹介します。
この夏の時期になると毎週木曜日に開催されるこのイベントは、地元のアーティストや珍しい料理が出店されて、なかなか面白いイベントです。

もうホワイトホースは暗い夜が訪れない時期になりました。
例年、寒くなる前までこのイベントは開催されています。
詳しくはイベントサイトまで

d0112928_03085308.jpg
この日もすごい人でした。
私が到着した夕方は、駐車場を見つけるのもやっとでした。

もともとその名の通り、ファーマーズ!農業やっている人が集って自分の作った野菜やフルーツなど売っていますが、現在ではいろいろなものが出展されています。
場所は、ダウンタウン内のユーコン川の真横、中心街から歩いて10-15分程度のShipyard Park というところで開催されています。
d0112928_03123077.jpg
こちらはインド人が出展するカレー屋さん、行列でした。
ホワイトホースではよくあることですが、意外にこういったマーケットの方が、本格的なものを楽しめることがよくあります。タイミングがあった人は是非足を運ばれるといいと思います。
d0112928_03141101.jpg
結構な数の出店数でして、その内容も様々です。
ちょっとブラブラとユーコン川のほとりを散歩しながらでも十分楽しめます。
老人から、子供までウェルカムな雰囲気が漂います。
d0112928_03151138.jpg
芝生でヨガのようなことを行っている若者達
なんといっても暖かい太陽の下でのこのイベントは朗らかな雰囲気に包まれています。
d0112928_03162326.jpg
出展している人との会話も楽しいもので、アーティストや、こじんまりと家庭菜園を楽しんでいる人などとの交流も魅力です。
d0112928_03173850.jpg
こちらは環境保護団体のブース。
このようにNPO法人や、市のリクリエーション部のブースなどもあり、住民との交流ははかっています。
d0112928_03190706.jpg
極北では、その短い夏が来ると、満喫しようとする人が非常に多いです。
家庭菜園や庭いじりもその一つです。
こんな苗木なども売られています。
実は私も家に一個、花を購入しました。

d0112928_03204775.jpg
実は実は、私の妻も食べ物を出店していました。
なんと『おにぎらず』の販売、私が到着したときはすでに完売していました!

これが非常にいい例だと思いますが、こんな極北の小さな街で『おにぎらず』などの日本食を販売している店はなく、このようなマーケットでしか堪能できないものですね。
d0112928_03224993.jpg
移動式のおいしいコーヒーを題しているお店、
こちらはエスプレッソベースのコーヒーが人気があるので、この手のイベントでは必ず見かけます。

その他にもたくさん出展されていました。
この土地に住む人が、自分の得意なもので出店するこのイベントは、ご旅行中の方でも非常に楽しめるものだと思います。

この時期にホワイトホースを訪れた方には是非お勧めです。

決して遅くはない冬のツアーのご計画!
ヤムナスカのオーロラサイト

8月・9月の秋のツアーも是非チェックしてください。
ヤムナスカのハイキングサイト

ヤムナスカガイド 本山

by ymtours | 2018-06-09 03:28 | ホワイトホース情報 住む | Comments(0)

2017-18年冬のオーロラシーズンを振り返りましょう。今冬もたくさんの"FUN"がありました!

d0112928_05581849.jpg
皆さんこんにちは!
ヤムナスカ・ユーコンの堀口です。

しかし今シーズンの冬は寒かったなぁ~という印象です。
-40℃レベルの寒さが何度かあり、ユーコンの冬の厳しさを感じました。

4月半ばになり一日の日照時間が非常に長くなり、グッと暖かくなってきました。
日本でも新学期が始まり、心機一転で春を迎えている方も多いのではないでしょうか。
ホワイトホースでもすっかり雪が解け始め、春の訪れを感じます。
そろそろ外でバーベキューなんてことも考えている人も多いのでは。

ヤムナスカ・ユーコン支店は、今シーズンも無事にオーロラシーズンを終えることが出来ました。
今年も沢山の皆様にオーロラの神秘と、極北の大自然を味わっていただきました。
お越し下さった皆様、誠にありがとうございました。厚く御礼申し上げます!

今年は太陽の活動が穏やかで、オーロラ低迷期!?なんて言われていましたけど、誰がそんなことを言ったんでしょう?そんな噂を覆すほど、活発にオーロラは発生しホワイトホース市内からでも、街の明かりに負けないオーロラをたくさん見ることが出来ました。

d0112928_02492941.jpg
d0112928_02492333.jpg
これは自宅前から撮影したものですが、このレベルのオーロラが発生すれば町中からでもはっきりと肉眼でオーロラが見れるのです!


さて、今シーズンもおかげさまで沢山のオーロラツアーを行うことが出来ました。
まずはホワイトホース郊外に宿泊してオーロラを自由に満喫する、豪華ロッジ、イン・オンザレイク

d0112928_05585913.jpg
ヘッドシェフのトロイさんの料理は非常に定評があり、ホワイトホース市内からわざわざディナーだけ食べにくるお客さんも多いほど。今年も多くのお客様に自慢の料理を提供してくれました。

d0112928_05590661.jpg
d0112928_05592182.jpg
d0112928_05591377.jpg
元気な方は日中もオプショナルツアーで満喫。
人気の「ミート・ザ・ワイルド」、「ネイチャー・ウォーク」で極北に住む動物たちに出会ったり、ユーコンの雄大な大自然を満喫してもらいました!



1月にお越しいただいた、相川さん、田村さんのお二人からはロッジ宿泊時にGoProで撮影された、オーロラの映像をいただきました。
ジャクジールームというロッジで唯一北側にベランダがあるお部屋で、この映像はそこで撮影されています。
これはタイムラプスという撮影方法で複数の写真をつなぎ合わせ、動画を作成されたものです。
しかしGoProでこんなにバッチリオーロラが撮影できるとは驚きでした。
ちなみに私はこの後GoProを購入しちゃいました。

お二人のオプショナルツアーの様子はこちら から。


d0112928_05592784.jpg
シーズン終了後にはロッジオーナーのカーソンさんとミーティングの場を持ち、意見交換を行いました。
お客様にとってより快適に、満足いただけるにはどうすればよいか。お互い違う立場でどのようなことができるのかをじっくりと話し合いました。このようにロッジと密接にコミュニケーションを取ることが、我々の強みだと思っています。


年末年始には青島様ご夫婦が参加されたのは、森の隠れ家 カークロスロッジ
d0112928_04213216.jpg
d0112928_05595052.jpg
私堀口が、ガイドとしてご一緒させていただきゆったりロッジで4連泊。ガイド付きなのでオーロラ鑑賞やカメラの操作などは安心です。
アットホームなロッジは洗練された雰囲気も併せ持ち、とても心地良く過ごすことが出来ます。

それにしてもこのときはシーズン一番の寒さだったかもしれません。
最低気温が-38°とすべてが凍てつく世界で、まさに極北体験といったツアーでした。
d0112928_06000564.jpg
ちょうどこのツアーで2017年の年越しを迎え、ロッジオーナー夫婦がワインを振る舞ってくれました。
新年とオーロラの出現を祈り、かんぱーい!!

d0112928_04295746.jpg
新年一発目の日中のアクティビティーは何とツンドラでのスノーシューハイキング。
アラスカとのボーダー、ホワイトパス峠の雪深いエリアを歩きました。
お二人ともスノーシューは初めてだったのですが、深々と積もる雪の上をしっかりと歩いていただきました。



そして、何度もユーコンに来ていただいている、写真家のむらいさちさんとのオーロラハンティングツアーでは、ガイドの本山が現地ガイドならではの天候、オーロラの活動状態を判断しホワイトホース郊外を駆けずり回り、見事素晴らしいオーロラを観察することが出来ました!

d0112928_06003458.jpg

写真撮影が大好きな皆さん。
どこへ行っても色々な被写体があり、飽きることはありません。
d0112928_06004168.jpg

この写真はドローンで上空から撮影されたもの。
人が住むところが少ないユーコンでは、あらゆるエリアで許可なしでドローンを飛ばすことが出来るので、ある意味ドローン天国かも!?
もちろん、野生動物などが現れた時はむやみに近づいて、脅かしてはいけません。

d0112928_06004771.jpg
d0112928_06005369.jpg
夜は見事にオーロラゲット! ホワイトホースの天気は狭いエリアで天気が異なるので、車で30分ほど移動するだけで晴天なんてこともあるので、決してあきらめてはいけません!

さちさん、またのお越しをお待ちしています!
このツアーの詳細はこちらから。


こちらは何度来ても飽きない、大自然に包まれる宿 クルアニ・ロッジ

今年もキャンモアから植木が助っ人として、ツアーの重要なポジションのシェフを務めてもらいました。

d0112928_06011835.jpg
d0112928_06010515.jpg
こんなロケーションで日中はスノーシューで山岳景色の絶景を楽しみ。

d0112928_06011001.jpg
夜はゆったりと自分の時間が許す限りのオーロラ鑑賞。

貸切ロッジで、専属シェフ、ロッジからのオーロラ鑑賞と、日中は最高の景色でスノーシュー。
考えただけでも贅沢すぎる、このツアー。
これは正に「大人の遊び」です。


最後は昨年の大好評につき、イヌビックツアーを3本催行することが出来ました。
このツアーはオーロラ写真家の中垣哲也さんと日本のアルパインツアーとのタッグで実現した、究極のオーロラツアーと言ってもいいでしょう。

d0112928_06012792.jpg
果てしなく続くツンドラの大地に真ん中にあるイヌビック。

オーロラのロケーションとして申し分なく、連日我々に素晴らしいオーロラショーを見せてくれました。

d0112928_06013279.jpg
d0112928_06014068.jpg
このツアーのブログはこちらからどうぞ↓↓
3月3日発
3月17日発


また、ツアーの合間を縫って今年はゴールドラッシュの面影が残る町、ドーソンシティーへ本山と私で調査へ行ってきました。

d0112928_02491091.jpg
西部劇の舞台にタイムスリップしたかのような町並みは、ぶらぶら歩きながら撮影しているだけであっという間に時間が過ぎていきます。

d0112928_02491996.jpg
秋は真っ赤なツンドラの紅葉でおなじみのトゥーム・ストーン準州立公園ですが、私個人的には冬山の荘厳な景色に魅力を感じます。

d0112928_02491490.jpg
たった1泊の調査で出かけたのですが、我々やはり持ってます。一発でこんなオーロラを引き当てるのですから(笑)
というかドーソンにポテンシャルがあるのだと思います。

自分たちが楽しんでできるツアーを創り上げるを信条に、これからも新しい発見を探しつつ新企画をどんどん出していきたいと思いますので、是非ご期待ください!



最後は私堀口がイヌビックでオーロラをタイムラプスで撮影したものを、動画にまとめましたのでご覧下さい。








シーズンを振り返ってみると今年も多くのお客様にお越しいただき、沢山のツアーを行うことが出来ました。
我々は常々自分たちが感じている、素晴らしい極北、オーロラの体験を多くの皆様と共感することが最大の喜びと感じています。
ユーコンは来て初めて感じるものが多い土地なので、言葉や写真ではなかなか伝わりにくい部分があります。
これからも多くの方にお越しいただき、雄大な自然の偉大さを肌で感じていただきたいという気持ちは変わりません。
皆様からの「ありがとう」の一言に毎回勇気付けられます。

今シーズン、ヤムナスカのオーロラツアーにご参加いただきました皆様。心より感謝いたします。
またどうぞ、いつでもお越しください。

さあ、これから春がやってくるのですが、もうすぐそこに夏が来ているような感じもしています。
少しの間、充電、準備期間を経ますが、また熱いロッキーの夏がやってきます!
それまで皆様も充電期間としてくださいね。(笑)

ヤムナスカ・マウンテン・ツアーズ
堀口慎太郎

by ymtours | 2018-04-20 02:09 | お知らせ | Comments(0)

大自然の中でゆったりオーロラ クルアニ国立公園オーロラツアー

d0112928_08305272.jpg
ヤムナスカガイド 本山 です。
3月に私達とずっと一緒にカナダの自然をご紹介してきたアルパインツアー様のツアーで、クルアニ国立公園に行ってきました。

オーロラはもちろんのこと!このツアーは本当に大人の遊び方ができるツアーでして、大自然の中に自分達だけという贅沢な環境を満喫してきましだ。
d0112928_08332386.jpg
初日にホワイトホースのホテルに宿泊してからクルアニ国立公園に向うのですが、なんと初夜からいきなりオーロラが出現!

私も一緒にホテルに宿泊させていただいていましたので、すぐさま!皆さんのお部屋に電話連絡!
『オーロラが出ていますよぉー、すぐに防寒して外にでてくださーい』

d0112928_08350016.jpg
なかなかさい先のいいスタート、太陽活動もよかったので、今後に期待です。

翌日はグループでいよいよクルアニ国立公園の真横のロッジへ移動です。
アラスカハイウェイは北西へ、250㎞程度移動します。
この先をずっと行くと、アラスカ フェアバンクス!旅心をくすぐられますね。
d0112928_08355246.jpg
このロッジは、冬季は通常営業していないのですが、我々のために特別に開けてもらっています。
そして周囲には、なーーーーんにもないので、食材から、シェフまで一緒に連れて行きます!
専属シェフ付きなんです!

d0112928_08371957.jpg
このトレイラーに食材や、食器、とにかくなんでも持っていきます!

d0112928_08392198.jpg
ここが我々が4連泊するロッジ!
右が母屋になり、お客様は左のコテージに宿泊します。
山小屋風ですが、水道や、電気ももちろんあります。(ユーコンでは、電気も水道もない宿泊先がたくさんあるんです。)

目の前は、凍結した湖!
早速、散策に繰り出します。

ぱっとみると、雪原に見えるのですが、実は凍結した湖の上なんです!
ちょっと雪を払うと、氷が見えます!
d0112928_08411863.jpg
確かに!氷だ!厚さは数十センチにもなっていそうでした。
これだけ厚いと乗っても安全です。
d0112928_08423645.jpg
透き通る氷はとても美しく、この大きな湖がすべて凍っているとはなかなか信じがたいですが、、、、凍っています。
d0112928_08433154.jpg
とにかくどでかい!湖!大きなユーコンを体感します。

d0112928_08452977.jpg
専属シェフが、せっせと料理を作ってくれます。
ヤムナスカガイドでもある植木が料理を今回は担当!なんと元料理人である彼は、手前味噌ですが、なかなかの腕前なんです!
今回のお客様は特にラッキーですね!

d0112928_08465664.jpg
見てください!
カナダはアルバータ州のアルバータ・ビーフ!
カナダ西部は歴史が浅いだけに、郷土料理的なものは残念ながら多くはありませんが、これはおいしいですよ!
本人も自信満々です。

d0112928_08485472.jpg
オーロラはロッジを出てすぐのところで鑑賞可能です。
この夜は、少しオーロラが顔を出してくれました。
ですから、
仮眠している人
お酒など飲んで楽しんでいる人
撮影に専念している人
などなど、それぞれに楽しんでいただけます。

やっぱり大人の遊びはこうでないとですね!

翌日は、ゆっくりと10:30頃朝食にして、午後からスノーシューへ、
これも特に移動なく、宿泊先のロッジから歩き出せます。
贅沢!
d0112928_08503621.jpg
日中も、『私は夜に備えて、仮眠しておきます。』、『ロッジで読書しておきます。』、『ロッジ周辺を散策してます。』など、ご自由に楽しんでいただくことも可能です。なんせ、一歩飛び出せば、そこは大自然のプレイグランドですからね。
d0112928_08524746.jpg
山猫のリンクスの足跡がいっぱいありました。
残念ながら姿は見せてくれませんでしたが、気配がプンプンします!
d0112928_08541071.jpg
休憩した後、素晴らしい景観を見ながらの下りは本当に素晴らしかったです。
すごい環境に自分がいるんだな、と感じる瞬間です。

d0112928_08552853.jpg
またまた夜は、おいしい食事を堪能します。
あまりのおいしさに、質問がいっぱい出てきます。あればどうやって作ったのか、何を入れたのか?

d0112928_08570307.jpg
北米でツアーをしていると、どうしても肉が多くなったり、味がこってりしていたり、油ものが多くなったりします。
我々も普段からかなり注意してメニューを選択していますが、植木シェフだと安心です。
なんとカボチャのにっころがし!が出てきました。
やっぱり日本的な料理も合間に入ると安心で『ほっと』します。

d0112928_08590435.jpg
この夜のオーロラは、『雲がなければ見れているのにぃー』という感じ。
歯がゆい思いでした。

d0112928_08595205.jpg
翌日もスノーシューへ!
この日も大絶景の中を歩きます。
とても静かでまさに 『静寂』
d0112928_09005488.jpg
雪の中に埋もれって、サラサラの雪ですから、心配入れません。
童心に帰るひと時・・・
d0112928_09014120.jpg
今夜も皆でワイン、地ビールなどなどで乾杯!
最後のオーロラチャンスにかけます!
d0112928_09022504.jpg
おっと、デザートの紹介も忘れてはいけませんね。
植木シェフの手作りデザート
甘さも控えめ、日本人的であり、地元の食材も使い(クランベリー)絶品でした。
d0112928_09034812.jpg
最後にオーロラは出現してくれました。
大爆発とはいきませんでしたが、皆でもっと大きくなることを祈りました。

4連泊したロッジとお別れ、皆で記念撮影です。
d0112928_09043330.jpg
この風景はいつ見ても最高ですし、旅立ちが寂しくもあります。


d0112928_09054865.jpg
最後にロッジのオーナーさんも挨拶に来てくれました。
旅での出会いは特別ですね。
d0112928_09074335.jpg
大自然の中で私達だけのゆっくりと流れる時間を楽しみました。

このツアーは、日本のアルパインツアーのみが行うツアーで、毎年恒例になっていますので、こんな大人の旅がしたい方は是非お問い合わせください。

毎年10月か11月にはツアーの説明会なども各地で行われますので、イベントも要チェックです。

本山 直人

by ymtours | 2018-04-18 09:09 | オーロラの旅 | Comments(0)

アルパインツアーで行く。北極圏の街、イヌビックにオーロラを求めて!!

d0112928_13535496.jpg
皆さんこんにちは。

ガイドの植木です。
突然ですが、お見苦しい姿を披露してすみません(笑)
私は山のガイドです、でも、海も大好きです。

今回はヤムナスカと提携がある日本の旅行会社、アルパインツアーさんの企画、
「中垣哲也さんと行く極北のカナダ 北極圏イヌビック滞在とオーロラの旅 8日間」のツアーで私がツアーリーダーとして皆さんをご案内させていただきました。

ここは地の果て北極海、気温マイナス30度の”海”にやってきました!!
どうしても海といえば海水浴のイメージで、海に来るとどうしても脱ぎたくなるのが性分、ってことでやっちゃいました。

今回はオーロラ鑑賞地として知る人ぞ知るイヌビックと、北極海に面している最果ての街、タクトヤクタックにやってきました。
もちろん仕事です。

d0112928_14073712.jpg
私たちのユーコンの拠点、ホワイトホースから飛行機で約4時間で北極圏の街イヌビックに到着します。
ここがオーロラ鑑賞の拠点に選んだ理由、それは北緯68度付近はオーロラの鑑賞にとても都合が良い点、そして、この町はこういったスーパーがあり食料や生活用品をそろえるのに困らない点がポイントです。
d0112928_14120496.jpg
生鮮食料から衣類、雑貨、そしてこのスーパーにはこんなものまで売っていました!!
               
d0112928_14133679.jpg
すごいでしょ!!
スノーモービルです。普通スーパーで売る??
ちなみに売り場は食肉コーナーの近くです。

イヌビックまで来ると、冬の生活の足は車よりスノーモービルが役に立ちます。
雪や寒さに強いスノーモービルは、どんなに雪が積もっているところでも平気で走ることができます。

d0112928_14211359.jpg
イヌビックの街から北極海に面している街、タクトヤクタックまでは車で約3時間、砂利道ですが冬は完全に凍っているため舗装道路並みに走りやすいです。真っ白な雪原はツンドラの大地、永久凍土のため木が全くありません。夏はこの雪も解け、一瞬だけ大地が顔を出しますが、そのほとんどが沼、湖、川といった大湿原地帯になり、人間が容易に入り込めないこの地は動物たちにとってはまさに地上の楽園になります。
d0112928_14371583.jpg
途中で車を降りて写真撮影を楽しみました。
しかし、ここは北極圏。北極海から吹き付ける強烈な冷たい風が大地だけではなく空気も凍り付かせます。
もちろん人間は防寒具なしでは1分と立つことはできません。

d0112928_14401702.jpg
タクトヤクタックに到着、こんな北の果ての街にもしっかりと教会がありました。しかも4つも。
写真の教会は、1869年に建てられたこの町で最も古い教会です。
ちなみにいまだに現役です。

d0112928_14430846.jpg
自分は今北極海の海の上に立っています。
見つめる先は北極点、冒険家の血が騒ぎます!!(誰が冒険家やねん!!)
d0112928_14450763.jpg
この町には墓地もあります。
先住民族イヌイットがこの地で生まれ、この地で亡くなり、死後も北極海を望めるこの場所で大切に弔われていました。
北極海はこの町の人々にとっては食料を得るための無くてはならない海なのです。

d0112928_14522946.jpg
別の日に私たちはイヌビックから車で少し走ってアイスロードに行きました。
アイスロードとは、その名の通り「氷の道」です。
イヌビックはカナダ最長の河、マッケンジー川の河口付近にあります。
この川は、冬になると厚い氷におおわれて船は航行できませんがその代わり車が走ることができ、このまま北極海に通じています。
私たちが立っていいる場所は、まさに川の真上です。
その証拠に岸際には船がいますが、岸より離れたところに車がいます。なんか不思議な光景ですね。
d0112928_15001223.jpg
おそるおそる透明な氷の上を歩いていますが、完全に透明な氷の上は絶叫マシーンより恐怖を感じます。
腰が抜けちゃいましたかね?でも大型トラックも通る道、そう簡単には割れませんよ。
d0112928_15030752.jpg
氷はこんな状態、沢山ヒビが入っています。
このヒビこそ氷を強くするんです。
ちなみに氷の厚さは平均約100㎝だそうです。45トンの車も通れるんですって。
d0112928_15071605.jpg
犬ぞりも体験しました。
犬ぞりに乗ってただ引っ張ってもらうのを想像している方、違います!! 
ここでは自分たちがマッシャー(イヌぞり師)です。
d0112928_15121328.jpg

自分の相棒になる犬たちと出発前にコミュニケーションを取ることは非常に大切です。

このように極北の街ならではのアクティビティーは沢山あるんですよ。
日中はこうしていろいろな遊びを満喫して、夜のオーロラに備えます。

d0112928_15153307.jpg
暗くなると当然のようにオーロラが出現します。
多くのオーロラ鑑賞地は地理的な理由で北の空に出現しますが、ここイヌビックは緯度が高い為、南か真上に出現します。
そのため弱いオーロラでも非常にはっきりと見ることができます。
綺麗に揺らめくオーロラと、テントを入れて撮影してみました。
何度見ても、何時間見ていても飽きない宇宙からの贈り物に感謝です。
d0112928_15222242.jpg
泊っているキャビンのドアを開けたら上空にオーロラが見れます。
こうして時間に関係なく、見たいときに見たいだけオーロラを楽しむことができるのがこのツアーの魅力です。

ぜひオーロラを見たい方、知る人ぞ知るオーロラ鑑賞の聖地、イヌビックに私たちと行きましょう!!

植木 正幸(うえき まさゆき)

関連サイト

今回ご案内したツアーの詳細はこちらから↓↓


by ymtours | 2018-03-25 15:35 | オーロラの旅 | Comments(0)

アルパインツアー「中垣哲也さんと行く極北のカナダ 北極圏イヌビック滞在とオーロラの旅 8日間」

d0112928_07193949.jpg
皆さんこんにちは!

ガイドの堀口です。
もう上の写真で私がどこにいるかわかったでしょうか!?

わかった方はもう極北マニアですね(笑)

そうです!またまた北極圏に行って参りました!

今回はヤムナスカと提携がある日本の旅行会社、アルパインツアーさんの企画、
「中垣哲也さんと行く極北のカナダ 北極圏イヌビック滞在とオーロラの旅 8日間」のツアーで私がツアーリーダーとして皆さんをご案内させていただきました。

中垣さんは天体写真を専門に撮影されている写真家さんで、現在ではオーロラ写真に関しては日本を代表する写真家といっても過言ではありません。撮影以外の活動でも、日本全国でプラネタリウムやスクリーンにご自身の作品を投影し、正に「癒し」とも言える世界観で、オーロラや自然の美しさをたくさんの人々に伝えています。
中垣哲也さんのホームページはこちら から。

中垣さんと我々ヤムナスカは以前から交流があったのですが、数年前からアルパインツアーさんとの協力体制により、このようなツアーが実現しました。

今回はその一部をご紹介!

d0112928_07195086.jpg
イヌビック着陸間際の上空からの写真。
このあたりは世界第5位の大きさを誇るマッケンジーデルタの流域で、あちこちに支流、湖が入り組んでおり、冬季はそのすべてが凍結してこのような景色になってります。

d0112928_07203779.jpg
イヌビックはユーコン準州の東側のノースウエスト準州に属する人口わずか3,100人程の小さな集落です。
上の写真はノースウエスト準州の車のナンバープレートです。何と北極グマの形をしたプレートなんです!
何という遊び心!こんなの見たことありますか?

d0112928_07204484.jpg
このエリアでは元々、イヌイット族とインディアン系の先住民族が生活していたのですが、1870年代まで文字を持っておらず、上の写真の黄色いボードの下段の文字はこの周辺の先住民族の文字なのです。

d0112928_07205725.jpg
上の写真は水のデリバリーの様子です。

水のデリバリー??

そうですよね。ピンとこないと思いますが、ここイヌビックは北緯68度の極北で、ツンドラ地帯なのです。
ツンドラ・・・。小学校の時に社会で習ったと思いますが、遠い記憶を呼び起こしてください。

ツンドラ=永久凍土

ということは地面の下は凍っているため、地下に水道などパイプを通すことができないため、このようにトラックが週に2回生活用の水を届けに来てくれるのです。これはもちろん、飲み水、やシャワーなどで使用する水が含まれます。
どれほど過酷な環境なのでしょう。驚きですね。

d0112928_07220708.jpg
そして極めつけがこの道路。
アイスロードと呼ばれ、そのまま「氷の道」なのですが、路面が凍結しているのではございません!
これ、凍った川がそのまま道路となっているのです!!
しかもこれ、ちゃんとした公道なんです!!!

冗談かと思うかもしれませんが、この周辺は、デルタ(三角州)、ツンドラという地形の為、道路整備が現実的に極めて難しいのです。さらに集落も百数十人から十数人と点々とした村落が点在しているため、それらを結ぶ為に道路を敷くというのは、合理的ではないのです。

したがって、冬このように公道が整備され、村同士が結ばれることはこの地域で生活する人々にとって、非常に重要なものなのです。

d0112928_07211672.jpg
さて、ツアーの様子ですが、日中はイヌビックからさらに北を目指し、北極海沿岸のタクトヤクタックという町まで足を延ばします。
ここは何と北緯69度!!

d0112928_07213068.jpg
2017年11月に開通したばかりに陸路、Dempster Highwayをドライブ、途中はこのような白銀の美しい世界が広がっています。

d0112928_07212464.jpg
ここまでくるとコンパスもかなり誤差が発生します。
誤差というと誤解があるかもしれません。

ご存知の方も多いと思いますが、コンパスが示す北と、地図上の真北は違うところにあり、高緯度の場所のくるとその誤差も大きくなってきます。
詳しくはこちらから。

d0112928_07215107.jpg
これはアクティビティーのスノーモービル!?
ではなく、Taktoyaktuk の住民の生活の足なんです。
「ちょっとそこまで」という移動は一番便利で、スクーターのような感覚ですね。

しかも公道以外は免許が必要ないので、子供でも乗れちゃいます。
ちなみにこの写真の運転している人も子供でした。

d0112928_07220230.jpg
d0112928_07215757.jpg
やっぱりビーチでは寝そべりたいですよね~。
完全に凍結してますけど・・・。

荒波を想像していた方、すみません。
冬の北極海は真っ白です。

しかしこんな海が他にあるでしょうか!?
見渡す限り真っ白の世界、白い水平線!

本当に何っにもありませんが、「何もない」というのがこの場所の素晴らしいところなのです。
何だか楽しくなって、はしゃいでしまい、しばらくここでこんな風に遊んでいました。

d0112928_07221310.jpg
さてさて、夜のお楽しみはディナーでしょう!
我々が宿泊したロッジにはレストランがありませんので、すべてケータリングしてもらったのですが、本当にどれも美味しかったです。
中でも私の一番のお気に入りはこの写真。
なんとウサギの肉です。
初めての体験でした。
よく、「鶏肉に似ている」と聞いていましたが、鶏肉よりジューシーで柔らかく、風味も少し違います。
個人的にはウサギ肉の方が好きかもしれません。

それ以外には、バイソン肉、トナカイ肉、北極イワナ、サーモンなどとても趣向を凝らしたメニューで我々を楽しませてくれました。

d0112928_05485327.jpg

夕食後は中垣さんがこれまで撮影したものなどを披露してくれたり、これまで撮影したものをチェックしてみたり。
みんなでワイワイとても楽しませてくれました。

さぁ、ここからが本当のこのツアーのお楽しみ。

何と言ってもオーロラですよね!

安心してください!
今回もばっちり発生してくれました!

d0112928_07225743.jpg
d0112928_07230911.jpg
さすがイヌビック、やっぱり頭上にばっちりと発生してくれます。
一番激しかったときは、レンズに収まらないほど空一面に大きく揺れており、ただ茫然の眺めていました。
上の写真は少し落ち着いた時のものですが、それでもゆらゆらとカーテンが揺れているような、もっともオーロラらしいものでした。

しかし、オーロラというものは何度見てもいいものです。
同じ姿は2度とみることが出来ませんが、そのたびに違う表情を見せてくれます。

イヌビック滞在は4泊5日でしたが、日中は極北の暮らしや自然を、夜はどっぷりとオーロラを満喫し、あっと言う間に過ぎていきました。
なんだかずーっと遊びっぱなしでとてもお腹いっぱいになったツアーでした。

ヤムナスカ・ガイド堀口 慎太郎 (ほりぐち しんたろう)
ガイドプロフィールはこちらから



今回ご案内したツアーの詳細はこちらから↓↓


by ymtours | 2018-03-15 03:11 | オーロラの旅 | Comments(0)

2018年 むらいさちさんと行く ホワイトホース オーロラ追いかけツアー


d0112928_04432372.jpg
ヤムナスカ ガイド 本山 です。
もう8回もユーコンに訪れていただいている むらいさちさん とツアーを行ってきました。
冒頭の写真もさちさんよりいただいた写真です。

水陸両用カメラマンですが、『海』が得意なさちさん と 『山』が専門のヤムナスカ 共通テーマは自然ですね。
真逆のもののように感じますが、自然の美しさという意味では共通項が多いと本当に感じます。

そして今回は、予定は私にすべてお任せ!天気やオーロラの状況を見ながら行程を決めていきます。
ガイドとしては非常に『腕の見せ所!』が随所にあったツアーとなりました。

全部でオーロラチャンスは4回ありましたが、天気が曇りの日が多く、非常に天候の読みが難しかったのですが、ホワイトホース特有の天気でもあったので、10年住んで、普段から外で遊んでいる経験が非常に役立ちました。

食事も基本的に私が地元のレストランにご案内します。
d0112928_04575633.jpg

初日の夜は、60%の降雪確率・・・・
毎晩オーロラは22時30分か23時頃に出動!
車で移動して、晴れ間やいいロケーションで撮影します。
さーて、今夜はどうするか?少し晴れ間がありそうな場所が西にあったので、そちらに車で移動してみました。
d0112928_04514630.jpg
予想通り!晴れ間があり、弱めのオーロラですが、観測することができました。
写真の右半分は雲があるのが、おわかりいただけるでしょうか?星が見えていませんね。
もう少し晴れてくれと祈るばかり・・・
d0112928_04532522.jpg
オーロラ撮影が初めての人にはこの初夜の『撮影練習』が非常に大きな経験になります。
自分のカメラでのISO設定や、ピントの合わせ方、三脚の使い方暗い中での撮影のポイントなどむらいさちさんに教わりながら、撮影を行います。
これをやっておかないと、いいオーロラが出てた時に、アタフタするのは非常によく拝見する風景です(汗)
初日は、皆さん移動や時差ボケの疲れもありそうでしたので、早めに切り上げましたが、この辺の時間配分も私の経験と判断で行っていきました。


d0112928_04590981.jpg
翌日はオーロラもあったので、遅めのスタート、この日はインフォメーションセンターに行ったり、スーパーで買い物したり、街を散策したりして楽しみました。
街には面白い被写体が結構ありますので、カメラ女子の多いこのツアーでは、なかなか前に進みません・・・

d0112928_05005703.jpg
この夜も晴れ間を求めて移動したのですが、薄っすらとオーロラがカメラで撮るとなんとか確認できる程度、車内で待機しますが、この日はそんなに寒くありませんでした。
女子が多いだけに、お菓子がたくさん出てきて、車内では歌謡曲をかけて皆で合唱してもりあがりました。
d0112928_05034229.jpg
d0112928_05021408.jpg
曇っている間も、カメラを使っていろいろと遊びます。なんども撮影してやっとできた Yukon の文字・・・
皆さんGOOD JOB でした。

d0112928_05045219.jpg
3日目は、ホワイトホース近郊の湖へスノーシュー体験へ、
雪が結構降っていたのですが、皆さん元気です。スノーシュー初体験の方もフカフカの雪を楽しんでいただけたようです。

d0112928_05073921.jpg
皆さん、なんでも楽しむし、なんでも被写体にするカメラ女子

d0112928_05084867.jpg
その姿勢には私も感服します。
d0112928_05095922.jpg
結構な下りや登りが実はあるのですが、皆さんうまくスノーシューを使って登り下りもなんのその!
d0112928_05113320.jpg
雪の降り方によるのですが、この日は大粒の雪が降っていて、マクロ撮影すると『雪印』がはっきりわかりました。
私のジャケットの上に乗った雪の結晶。
毎回、思うのですが、同じものが一つもないというのは、本当に信じられません。
d0112928_05131891.jpg
湖に出ると広大な風景が広がります。
d0112928_05140946.jpg
誰も歩いていない、フカフカの新雪の中を駆け抜けます。雪が非常に軽いのは低温が多いユーコンならではです。
d0112928_05160011.jpg
結構歩きましたが、皆さんまだまだ元気です。
しかしよく雪降るな・・・・がーん・・・この夜のオーロラがちょっと心配なのは、私だけだったでしょうか?
こんな曇っていて、果たして晴れるのか!?
d0112928_06191217.jpg
元気のある皆さんは、恒例ともなった『そり遊び』で盛り上がります。
結構、大人でも楽しめるんですよ。
d0112928_06204244.jpg
むらいさちさんも体張ります!
帽子が吹っ飛びそうな勢い!
d0112928_06220979.jpg
夜は、ホワイトホース市内は曇りというか雪!
こんなのではオーロラ見えるわけありません・・・・
天気図を読みデータを駆使し、そして最後に頼りになるのは経験でした。
車を走らせると見事晴天を見つかられました。移動の車内でも『おおぉー、星が見える!』、という驚きの声。撮影にいい場所も探すことができて、見事オーロラを観ることができました。
d0112928_06245419.jpg
万歳!

翌日は、かねてからやってみたいとむらいさちさんが言っていたドローン撮影をしに、カークロスという小さな集落へ
d0112928_06255433.jpg
ユーコンはドローンを飛ばしてはいけない場所も少ないし、広くてドローン映えしますね!
d0112928_06272411.jpg
みんなで寝転んで人文字をやってみました。
人数にも限りがあり、なにがいいかと話合い、やはり【YUKON】にしました。
Yukon のキャッチフレーズは 『Larger Than Life』ですから、やはりどかーんと広い感じがいいですね。

d0112928_06292483.jpg

本当に大きなユーコン!
奥には氷河を抱いた山々が見えます。目の前の雪原は凍結した湖です。

今夜は最終夜、日中は雲が多めの天気で、どこに行こうか、いろいろと思案して前日と同じ場所へ
この日もホワイトホース市内はあまりいい天気ではありませんでした。自分でも晴れてくれぇーと祈りながら車を運転しました。
d0112928_06312379.jpg
到着するとすでにオーロラが出ていました。
おっと!最終夜にオーロラが観える見事な展開になるか!
d0112928_06322690.jpg
もうこの時点で、静かな湖の上では『うわぁー、』『なにこれぇー』『すごいすごい動いている』などと奇声があがっていました。
オーロラはみるみる強くなり!
d0112928_06342753.jpg
どかーん!
動きもかなり激しく!
d0112928_06370483.jpg
最後は全天を覆ってカーテンのようになりました!
d0112928_06384429.jpg
もう魚眼レンズでも収まらない大きさになり、最後は寝てオーロラを浴びることしかできませんでした。
d0112928_06404540.jpg
やっと落ち着いたところで皆で記念撮影。
サザエさんエンディング風で

この後、オーロラが出ている中、後ろ髪惹かれる感じで、ホテルに戻り、急いでパッキングを終えて早朝に空港へお送りしました。
d0112928_06444296.jpg
しかし、しかし、嘘のようなドラマティックな展開、ホワイトホース市内にいたのでは観れなかったオーロラも今回はあったと思います。
天候や、オーロラの調子、皆さんの体力など総合的にいろいろと判断し、ベストな行程を私の方で考えてご提供させていただきました。
オーロラのガイディングはその場にいると特に私が『何か』できることは多くないのですが、今回のように走り回るツアーは、非常に『ガイドしがい』があるものでした。

しかし、さちさん!皆さん持ってます!
本当に絵に描いたようなツアーの展開になりました。

やはり自然はいとも簡単に私達の想像を超えてきます!

諦めたらそこでゲームオーバーよ!

皆さん、ご参加いただきまして、ありがとうございました。

さちさん!また来てください!
一緒に自然に素晴らしさを皆さんに今後もお伝えして行ければと思っております。

ヤムナスカガイド 本山

ヤムナスカのオーロラサイト
天空の神秘オーロラ


by ymtours | 2018-02-27 06:48 | オーロラの旅 | Comments(0)

驚きと感動!イヌビックの究極のオーロラ体験と、極北の人々の暮らし

d0112928_09374851.jpg
氷結する北極海にて
こんにちは!堀口です。
先日は極北イヌビックにガイドで行ってきました。

北緯68度の極北の地では素晴らしいオーロラに出会うことができ、またこの地で生活する人々の暮らしや、文化などを覗くことができました。


d0112928_09373272.jpg
北極点を中心とした世界地図。
このような高緯度の場所では下記の地図のほうが周辺との距離感が正確です。
たまには違った角度から、

d0112928_02510975.jpg
こう見ると世界はまるで違って見えますけど、このあたりではこの方が正しく、普通の世界地図のほうが歪なのかもしれませんね。
そもそも、球体の地球を平面の地図で表すのが無理があるのでしょう。
地球儀を持っている方は北極から地球を見てみましょう。

d0112928_09390438.jpg
さて、イヌビック周辺の地形は大きなデルタ地帯(三角州)となっております。
特にこの辺り周辺はマッケンジー川流域のマッケンジーデルタで、デルタとしては世界で2番目の大きさとなります。

このような地形の為、隣の町まで道路を建設することが難しく、冬に凍った川の支流を「アイスロード」と呼び、これが公道となります。
d0112928_02584185.jpg
隣り町Aklavikまで(約120km)のアイスロード。

このあたりの緯度でも夏は気温は20°近くまで上がる為、雪も氷もすべて解け、当然このアイスロードは利用できなくなってしまいます。
そのため基本的に移動は飛行機か、ボートでする必要があります。

ボートで支流を移動する場合は、目印も少なく周辺はずっと同じような景色なので、毎年遭難する人も多いとか。

d0112928_09383724.jpg
d0112928_09373838.jpg
陸地ではツンドラ(永久凍土)が広がる景色となっています。

冬はこのような一面の銀世界。

永久凍土と言っても1年中凍結しているのは地下の凍土のみで、夏場は表面には低木、草花、苔、地衣類などが生えることができます。
ただし大きな樹木が根を張ることができないため、このような草原のような風景となります。

今回はイヌビックからさらに北へ約145km、最果ての地、北極海に面するタクトヤクタックまで足を延ばしてみました。
上の写真の道路は昨年11月に開通したばかりのイヌビック、タクトヤクタック間にできたDempster Highwayからの景色です。

d0112928_03202551.png
ゴールドラッシュで有名なドーソン・シティーから少し南東から北極圏を突き抜け、さらに北極海まで到達するこの道路は、タクトヤクタックまで到達したことで総距離が875kmとなり、なんとこの道路全面未舗装のハイウェイというのだから、何ともワイルドですよね。

秋のデンプスターハイウェイ周辺の様子はこちらのブログからご確認ください。
この道路周辺のほとんどが永久凍土で夏になり気温が上がると、凍土の一部が解けて道路の修復が困難になるのが未舗装である理由でもあります。

夏になると世界中のアドベンチャー好きの旅人が多くなりますが、パンクも多く、ガソリンスタンドもほとんどない為、それなりの準備が必要となってきます。

d0112928_09380553.jpg
d0112928_09375926.jpg
d0112928_09381418.jpg

北極海沿岸の町タクトヤクタックは60年代後半に石油の開発で、栄えましたが約20年ほどでその開発は終了し、現在は行政の一部とイヌイット、インディアン系の先住民族が静かに暮らすのみとなっております。

今回は氷点下37℃という超極寒の気温でこの町を訪れましたが、産業もなく、長く厳しい冬の環境で生活している人々が多くいることに驚いたと同時に、この土地の文化を後生に残す強い意志があるのでは、と感じました。

何よりも数時間ここにいただけでは、そんなことわかるはずもないかもしれませんね。
ここで生活している人々にとっては、この土地の風土や、景観、暮らしなどがかけがえのないものとなっているのでしょう。

現在私が住んでいるホワイトホースも、寒さが厳しい極北の地と言えると思いますが、たまにお客様に「こんな場所に住んでいて、すごいですね!」と言われることがありますが、ここで生活しているとこの土地の暮らしが好きなり、それが徐々に自分に馴染んできます。一年を通じて生活すると、その土地のかけがえのないものが見えてくる。それがその土地で生活する理由なのかもしれません。

さあ、イヌビックに戻りお待ちかねの夜のオーロラです。

d0112928_09371771.jpg
d0112928_09372587.jpg
ご覧の通り!
期待通りの大爆発

宿泊していたロッジの上空に見事に舞うオーロラの姿をバッチリと捉えることができました。

それにしてもやはりオーロラ鑑賞は宿から見れるものに限ります!
この日は一晩中強くなったり、弱くなったりを繰り返し、気温も低かったため、部屋で暖まりゆったりと撮影することができました。

それでは最後に今回撮影したオーロラを動画(タイムラプス)でもどうぞ!


極北での暮らしと、究極のオーロラ体験をイヌビックまでくる価値があると改めて実感しました。

イヌビックのオーロラツアーの詳細はこちらから。

堀口慎太郎
ヤムナスカ・スタッフ




by ymtours | 2018-02-22 03:59 | オーロラの旅 | Comments(0)