この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング

d0112928_06183144.jpg
こんにちは、タイトルにあるように日々感動のハイキングをシェアしている
ヤムナスカガイドの西牟田です!

私が楽しくガイディングしているように、このブログを読んで一緒に行ってるかのように楽しんで頂けると嬉しいです。
d0112928_06300951.jpg
d0112928_06293998.jpg
さて、今回は2日連続で岡田様親子、大木様ご夫婦の4名を素敵なハイキングコース
「レイクオエサ」(レイクオハラ)と「プレイン・オブ・シックス・グレイシアーズ」(レイクルイーズ)へご案内しました。

1日目「レイクオエサ」(レイクオハラ)
d0112928_06194984.jpg
入場制限があり、なかなか入れないエリアのレイクオハラに運良く入ることができました。
ここからは一般車両もツアーバスも入れなく、専用バスのみのアクセスです。
d0112928_06241209.jpg
岡田さんは去年にもラッキーな事に入る事ができ、その感動が忘れられなくて今年も再チャレンジ!
前回とは別の世界へとご案内いたしました〜
d0112928_06260239.jpg
d0112928_06263927.jpg
レイクオエサは5つの湖を見渡し歩けるパラダイスです。
全く疲れを感じさせないトレイル、かなりオススメです!!
d0112928_06262362.jpg
本日は曇りでしたが、その中でも素晴らしい色を輝かせていました。
d0112928_06440358.jpg
貸切状態のこの絶景に囲まれてのお昼でした。
皆さんのカラフルウェアがこのキャンバスに綺麗に色付けしてくれました!!
d0112928_06444956.jpg
本日の動物
滅多に会えない動物マウンテンゴートが姿を表しました。
どこにいるかと言うと、
緑が広がる左上の大きな岩の上でリラックスしています。

2日目「プレイン・オブ・シックス・グレイシアーズ」(レイクルイーズ)
d0112928_06171727.jpg
ここをゴールとして目指しました!
d0112928_06523536.jpg
とは裏腹に、このような景色からのスタートでした…笑

あのかの有名な観光では絶対に立ち寄る人気スポット、レイクルイーズからの出発でした。
この霧まみれの景色には負けてはいられないですよ〜
テンションマックスからのスタートです!!
d0112928_06530999.jpg
d0112928_06531073.jpg
霧はどんどんと引いて行き、太陽が顔を見せてくれました!
待ってましたー
d0112928_06531022.jpg
あんなに近かった湖もかなり遠くなって来ましたね。
d0112928_06563817.jpg
氷河を目の前に感じ歩く
d0112928_06563875.jpg
氷河を後ろに感じ歩く
d0112928_06563900.jpg
見てください、この氷河尽くしのこの光景。
ここにしか無いこのダイナミックさを体で感じれます
d0112928_06584644.jpg
こんな山奥にティーハウスがあるのです。
可愛い石造りの小さな小屋はメルヘンですね〜
d0112928_06583020.jpg
本日の動物
ナキウサギの「ピカ」です!
この子は撮影に凄く協力的でじっとしてくれました。
ありがとう。
d0112928_06583164.jpg
そしてお宅訪問までさせていただきました。
ピカはカナディアンロッキーでも珍しく冬眠しないのです。
この短い夏の期間にせっせと冬支度で草を玄関に干しておき、干し草を冬の間食べます。

その仕事っぷりをじっくりと観察することができました。
またまた、ありがとう。
d0112928_07064965.jpg
そして最後に、朝には真っ白だったレイクルイーズ
観光では行けない反対側からみる湖。最高ですなー

みなさんかっこいいショットですねー

自然の景色は二度と同じ表情を見せてくれません。
1分1秒、その瞬間を一緒に見に行きましょう!

岡田様
今回は2日間の山行を共にでき光栄です。
またお盆休みにカナディアンロッキーに遊びに来てくださいね。
その時はまた素敵な笑顔に会えることを楽しみにしています。

大木樣
ご主人のカメラを撮る姿は何か可愛らしさを感じています。
引き続き最後の2日間一緒に山歩き楽しみましょう。
d0112928_07120337.jpg
d0112928_07113336.jpg

ヤムナスカ・ガイド西牟田 春陽 (にしむた はるひ)
ガイドプロフィールはこちらから


# by ymtours | 2018-08-12 07:20 | 出会いの山旅 | Comments(2)

3000m級の山々が目の前に見える絶景ハイキング

d0112928_11565104.jpg

皆さんこんにちは。
ヤムナスカ・ガイドの水野です。

今回は、大西様ご夫婦を「ラーチバレー&センチネルパス」へ
ご案内させて頂きました。
d0112928_12022007.jpg
まずは、スイッチバックしながら、樹林帯を抜けていきます。
何か発見でしょうか?

地リスが立って待っていました。
d0112928_11572789.jpg
標高2200mほど上げるとカラマツ(ラーチ)の林を歩いていきます。
秋は黄色に紅葉し、とてもきれいなので、ぜひまたお越しください!

d0112928_11582482.jpg
何か聞こえますね。
地リスの巣がたくさんあります。
みんなで、地リス探し大会です。
d0112928_11583985.jpg
目の前には、エイフェルピーク3,084m、ピナクル山3067mが
ドーンとそびえたっています。
大迫力の山に大西ご夫妻も驚いていました。
d0112928_11591096.jpg
ミネスティマレイクに到着です。
12時前に到着し、余裕のお二人。

いざ、センチネルパスへ向かいましょう!
d0112928_11595417.jpg
センチネルパスへ無事到着です!

岩の上から余裕のガッツポーズ!
仲睦まじいですね。
d0112928_11593534.jpg
我々はこんなところを歩いてきたのですね。
日帰りハイキングでもこれだけの絶景が見れるのがロッキーの良さです。

d0112928_12004571.jpg
無事、登山口に到着です。
お疲れ様でした。

この度は、デイハイクにご参加頂き、ありがとうございました。
お二人はとても仲が良く、とても楽しいハイキングになりました。

オハラキャンプも楽しんでください!
また、来年お会いできることを楽しみにしております。


ヤムナスカ・ガイド 水野達也(ミズノタツヤ)
プロフィールはこちら


# by ymtours | 2018-08-10 12:16 | ふたりの山旅 | Comments(2)

車両規制により、今やロッキーで最もプレミア感の高い日帰りハイキングコースとなったラーチバレー。

d0112928_02592143.jpg

 皆さんこんにちは。ヤムナスカの石塚です。この写真の景色を見てください! これは決して画像を加工して色味を増しているわけではありません。ここはロッキーで最も美しい湖の一つと言われるモレーンレイク。独特の色彩で輝くこの湖は、個人的にロッキー3大氷河湖の一つだと思っています。

d0112928_05183147.jpg

 モレーンレイクはレイクルイーズと並ぶ観光地であり、車で湖畔近くまでアクセスできることから、多くの観光客が訪れる場所です。しかし、この場所が今やロッキーの中でも個人で行くにはとても困難になっていることをご存知でしょうか? その理由は、駐車場へと続く唯一のアクセス道路であるモレーンレイクロードに車両規制が敷かれ、駐車場が満車になるとこの道路に入ることができなくなるためです。観光バスや商用車、専用のシャトルバスには特別な許可証が発行されるため、規制後でも入ることができますが、許可証のない個人の車両やレンタカー利用者は道路に入ることができません。

d0112928_05183112.jpg

 モレーンレイクは超一級の観光名所であるにも関わらず、実は駐車場が非常に小さいのですが、これは湖が谷あいを上り詰めた先の山奥ににあるためです。よくよく考えると、この場所にしっかりとした駐車場が整備されているだけでも凄いことなんですね。

d0112928_05185011.jpg

 もともとこの駐車場はそれほど大きくないためにすぐに満車となり、規制が敷かれる以前はモレーンレイクロードにずらっと路上駐車をされることが日常茶飯事でした。これら駐車場から溢れた縦列駐車の列は2km以上先まで延びることもあったんですね。この道路は山間部に伸びる一本道であるため、ここで事故や渋滞が発生すると大きな問題になり兼ねません。そこで国立公園局は、昨年より道路の入り口で入場規制を始めたのです。

d0112928_05185179.jpg


 車両規制の場所は、レイクルイーズへと続く道「レイクルイーズドライブ(Lake Louise Drive)」と「モレーンレイクロード(Morain lake Road)」の分岐点となります。モレーンレイクロードはこの分岐点から湖畔の駐車場まで約12kmも続く一本道であるため、途中で規制をかける場所がありません。そのため、この道の入り口で制限をするようにしているのですね。


d0112928_05185623.jpg


 こちらは車両規制のなかった時代の分岐点です。Googleストリートビューから画像を拝借しました。現在はこの場所に国立公園局の職員が立ち、簡易バリケードを建てることで車両をコントロールしています。


d0112928_05183133.jpg


 車両規制は早朝6:00から敷かれ、以後は駐車場が満車になるとすべての一般車両は通行禁止となります。駐車場が大きくないため、7:00前には満車となってしまうことも珍しくはありません。

d0112928_05184274.jpg

 この規制により駐車場や道路の混雑はなくなりましたが、基本的にいつも満車状態であることが多く、よっぽどタイミングが良くないと規制を通過することができないように感じます。先日、私も家族とプライベートで訪れたのですが、やはり満車状態であったため、モレーンレイクへ行くことができませんでした(泣) 観光バスや商用車、専用のシャトルバスには特別な許可証が発行されるため、規制後でも入ることができるのですが、今の状況を考えるとこれら専用車を利用するのが一番現実的な方法と言えるでしょうか。 私たち地元の人間にとっても、個人で行くには非常に面倒な場所になってしまったというが正直な気持ちですね。


d0112928_05184209.jpg


 レイクルイーズビレッジからモレーンレイク駐車場までのシャトルバスは数社により運行され、ご覧のような中古のスクールバスが利用されています。値段と運行スケジュールは会社により違いますが、片道$15~$25が目安となるようです。
 

d0112928_05185188.jpg


 何かと不便なこの道路規制ですが、良いこともあります。それはモレーンレイク湖畔から始まる人気のハイキングコース、ラーチバレーの混雑が劇的に減ったことです。規制が敷かれる3年前までは、週末ともなると数珠つなぎに人が連なるほどの混雑も珍しくはありませんでした。しかし、今年の夏はトレイルを歩く人も少なくなり、まさにカナダらしい、ゆったりとしたハイキングを楽しめるようになりました。
 

d0112928_05184390.jpg


 この写真は規制初年度の2017年(昨年)9月のものです。ラーチバレーが一年で最も混雑するのが秋の黄葉シーズンなため、他のロッキーのコースと比較したら人は多い方なのですが、それでも規制前に比べたら本当に人の数は少なくなったと感じます。

d0112928_05185042.jpg


 一面が黄色やオレンジに染まるラーチ(カラマツ)の世界。ここはロッキーの中でも本当に特別な場所だと思います。


d0112928_05185027.jpg


 人が少ないのは素晴らしいことですが、そうなると不安なのはやはりクマ問題ですね。このラーチバレーコースはもともとグリズリーベアーの生息地であるため、ロッキーでも珍しく人数規制が敷かれる場所でもありました。このコースは、クマの活動状況により4人以上のグループで歩くことが義務付けられることがあります。この夏は今のところ規制は敷かれていませんが、トレイルの入り口に看板があるのでチェックが必要です。2年前はこの規制を無視して歩いていたハイカーが高額の罰金を課せられたという話もありますので、必ずチェックをしましょう。


d0112928_06322296.jpg


 車両規制により人が少なくなったことで、クマにとってはより住みやすい場所になりつつあるのではないでしょうか。車両規制前の人の混雑を知っているだけに、自然保護という点で考えても今回の車両規制は必要なことだと感じます。


d0112928_05183170.jpg


 3000m級の山々が10座連なるテンピークスと、広々としたU字谷の景観。氷河、湖、岩山、高山植物など、このコースにはカナディアンロッキーのハイキングの魅力がすべて詰まっていますね。季節により初夏から秋まで様々な様相を楽しませてくれるのです。

 
d0112928_06370819.jpg

 いかがですか。今やラーチバレーはロッキーの中でも最もプレミア感の高い日帰りコースと呼べるのではないでしょうか? ヤムナスカのガイドハイキングなら、車両規制の心配もありません。個人ではなかなか行くことが難しくなりつつあるラーチバレーのハイキングを、是非一緒に楽しみましょう! 最後にきっちりとセールストークを交え、この記事を終わりたいと思います。(笑)

ラーチバレーのハイキングツアーはヤムカナのページをご覧ください。

# by ymtours | 2018-08-10 06:23 | 山旅の豆知識や魅力 | Comments(0)

レイクオハラ2連泊・アシニボインロッジ・史上最大のリベンジ続編・N様とA様との旅(後半)

d0112928_02150296.jpg
お待たせいたしました!前半戦のアシニボインロッジからの続編です!
今回は、レイクオハラにあるエリザベス・パーカーハットにて2泊の旅です!A様、N様にとって2度目のレイクオハラ。
メジャーなトレイルの完全制覇を狙って再訪問となました!
d0112928_02200203.jpg
かなりの高い確率で目撃できる、ナマケモノ、ではなくマーモットです(笑)
d0112928_02205944.jpg
髭ジイ(アネモネ)の中を歩きます。
d0112928_02212026.jpg
高山植物も、良い感じに咲き乱れていました。足元が明るいですね。
d0112928_02201092.jpg
レイクオエサに到着!前回の訪問時にはレイクマッカーサーでしたので、これで2大名所を制覇!
d0112928_02224259.jpg
ヤナギランも、最盛期を迎えています。
d0112928_02242156.jpg
どこまでも続くお花畑。テンション上がりますね(笑)

d0112928_02255364.jpg
夕食は景色の良い外のベンチで。いやー、絶景ですね、
d0112928_02240030.jpg
カナダ人ハイカーと、音楽で盛り上がります!
とってもいい雰囲気で、滞在者が集まり、歌を歌います、、。最高ですね。
d0112928_02350459.jpg
翌日は、1日4グループしか入れない超レアなトレイルを選びました。オダレー・ハイラインです。
d0112928_02365491.jpg
自己申請制度を導入しており、入山時にグループの詳細を記入。
これが4グループとなるとそれ以上はその日には入れませんので、貸しきり感満載です。

そよ風が気持ちいーーー。
d0112928_02345816.jpg
ここも途中からアルパインルートとなるので、健脚の方にお勧めのルートです。
d0112928_02150296.jpg
最高地点では絶好の眺望でしたね!
d0112928_02260458.jpg
今晩は雨模様なので、小屋の中で盛り上がりました!

d0112928_02241052.jpg
さて、最終日は3大トレイルのオパビンレイクを目指します!
d0112928_02261082.jpg
天候も持ちそうです!
d0112928_02261753.jpg
冷たい風が入ってきましたが、装備がしっかりしていれば何も問題ありません!
d0112928_02314199.jpg
やりました!
レイクオハラ3大トレイル、マッカーサーレイク、レイクオエサ、そしてオパビンレイクを完全制覇!
おめでとうございます!
d0112928_02262710.jpg
最後のひと時を楽しみます。
d0112928_02402914.jpg
もう終わりと思いきや、大展望地へこっそりご案内(笑)
d0112928_02263311.jpg

名残惜しいですが、これで一まずお別れです。

N様、A様、再度お越しいただき、またヤムナスカのガイドサービスをご利用いただき、ありがとうございました!
カナディアンロッキーファンのお二人にとって、これまでとはまた違った山旅となったでしょうか?
また是非ともお二人の思いで作りのお手伝いをさせていただければ幸いです。
弊社スタッフ一同、お二人のお越しをお待ちいたしております!



ヤムナスカ・ガイド篠崎 洋昭(しのざき ひろあき)
ガイドプロフィールはこちらから


# by ymtours | 2018-08-10 02:47 | ふたりの山旅 | Comments(1)

花と湖を周る絶景ハイキング - ヘレンレイク

d0112928_11450238.jpg

皆さん、こんにちは。
ヤムナスカ・ガイドの水野です。

今回、昨日に続き、リピーターの柴田様ご夫婦、そして、リピーターのN様、A様の4名様を
ヘレンレイク(Helen Lake)へ案内させて頂きました。

d0112928_05414970.jpg
クロウフット氷河とボウレイクです。
氷河がこんな身近に見れるなんてカナダはすごいです。
d0112928_05422302.jpg
山火事跡を発見。
その焼けた木々の中にきれいなランの花畑がありました。

この火事も生態系の中で重要な役割をもたらしていますね。

d0112928_05423935.jpg
いざ、ドロミテ山を見ながら、ヘレンレイクへ向かいます。
山火事で、少し煙っぽいですが、ロッキーらしいごつごつした山がそそり立っています。

d0112928_05452085.jpg
赤、黄、紫など色とりどりの花畑。
インディアンペイントブラシ、アーニカ、アネモネの咲き終わった綿毛など
自然にこういった花が群生していることに驚きです。
d0112928_11322311.jpg
360度絶景が広がっています。
川を渡れば、もうすぐヘレンレイクです。
d0112928_05303989.jpg
無事ヘレンレイク到着です。
お疲れ様でした。
正面に見える山もいつかは登りたいですね。

d0112928_11331551.jpg
帰路へ向かいます。
名残惜しいですが、ヘレンレイクを後にし、メドウを抜けていきましょう。
d0112928_05454472.jpg
ベストショットはどこからでしょうか?
ドロミテ山をバックに花の撮影会です。

素晴らしい景色が広がっていました。
d0112928_05460477.jpg
岩の上にマーモット発見!
サプライズは後半にとっておくものですね。


ツアーの始めにマーモットが見たいというご要望があったので、
当初の予定通り、撮影タイムです。笑
マーモットさん、2分ほど、岩の上で止まって頂きました。


4名全員何度もカナダへ、また、ヤムナスカのツアーにご参加頂いているお客様で
カナダの様々な地名、花などご存知の方々ばかりで、
私自身、色々と勉強させて頂きました。

また、来年お会いできることを楽しみにしております。
ツアーにご参加ありがとうございました。

ヤムナスカ・ガイド 水野達也(ミズノタツヤ)
プロフィールはこちら


# by ymtours | 2018-08-09 11:50 | 出会いの山旅 | Comments(2)