国際色豊かな10名のチーム! エスプラナーデ縦走の4日間

d0112928_06264186.jpg
 皆さん元気ですか! ヤムナスカの石塚です。どうですかこの写真!これはエスプラナーデ山脈のサンライズ小屋近くのお花畑で8月13日に撮影したものです。8月も中旬になり、高山植物のシーズンは既にお終わったと思われがちですが、標高の高い場所や残雪の多い場所では、ご覧のようにまだまだお花を楽しむことができるのです。

 今回はヤムナスカの人気ツアーで、カナダでも数少ない山小屋縦走が楽しめるコース『エスプラナーデトラック縦走ツアー』を担当しました。お客様はとても国際色豊かで、日本人3名、カナダ人2名、アメリカ人2名の7名。そこに私とカナダ人ガイドのディラン、クックのジェシカを加えた10名で縦走の旅を楽しんできました。

 参加者は知らないもの同士であり、英語でのコミュニケーションということもあるため、初めはお互いに距離感がありましたが、ハイキングや山小屋での時間を通して日に日に仲良くなり、最後の別れは全員がハグをし合いながらの感動的なものとなりました。やはり出会いの旅はいいですね。それでは旅の写真をご覧ください。

d0112928_06262217.jpg
入山はヘリで行います。今回の参加者全員がヘリ初体験でしたが、思ったよりも安全な乗り物だと感じたのではないでしょうか?
私も仕事柄ヘリは頻繁に乗りますが、カナダの山小屋ツアーではヘリをシャトルバス感覚で使うのです。

d0112928_06262254.jpg
初めの小屋であるビスタ小屋到着後、2時間ほどの周辺の散策へ出かけます。

d0112928_06262248.jpg
BC州で多発している山火事の影響があり、この日の山は霞んでいました。
それでもお花畑もあり、初日から気持ちの良い散策ができましたね。

d0112928_06262910.jpg
縦走はビスタ小屋から始まり、メドウ小屋、サンライズ小屋の3つの小屋に宿泊します。
1日の行程は約7km、標高差は300mほどなので、数字だけを見ると決して難しくはありません。
しかし、岩場など、天気が悪いときは歩きにくくなる区間もありますので、中級クラスのハイキングとしてご案内をしています。

d0112928_06262340.jpg
この山域では雪渓がピンク色に染まるウォーターメロンスノウを良く見かけます。
このピンクの正体はバクテリアで、匂いを嗅ぐとウォーターメロン(スイカ)の匂いがするのです。
日本では見かけない珍しいものの一つですね。

d0112928_06262312.jpg
ここはメドウ小屋への下山途中にあったお花畑。
メドウ小屋の周辺は日当たりの良い湿地が広がり、全行程の中でも最もお花が多いエリアの一つです。

d0112928_06263057.jpg
こちらはパーナサス(ウメバチソウ属)の花。高山植物の中でも最も遅く咲く種類の一つです。
日本のウメバチソウとは少し違いますが、葉っぱに特徴がありますね。

d0112928_06262905.jpg
メドウ小屋からサンライズ小屋へ行く縦走最終日の朝はガス雲が立ち込め、何とも幻想的でした。
尾根に上がると徐々に天気が回復し、小屋に着く頃はとても清々しい空を見せてくれました。

d0112928_06263026.jpg
サンライズ小屋到着前にグループを分け、希望者の方とアバランチピークへ登頂。
実際、この時もガス雲が多かったので、山頂で何が見えるかは運任せでしたが、
エスプラナーデ最高峰のカポーラやロッキーも少しの時間ですが顔を出してくれました。

d0112928_06262903.jpg
尾根からみたコメディー氷河。ガス雲の切れ間から見えた時は皆から歓声が上がりましたね。

d0112928_06264252.jpg
小屋縦走ツアーの楽しみの一つはやはり食事!
クックのジェシカ(左上)は本当に多彩で食事はどれも最高でした。
個人的には最終日のポークテンダーロインが一番好みでしたね。
ちなみに一番奥にいるのがカナダ人ガイドのディラン。彼の祖母は日本人なのです。

d0112928_09061549.jpg
食事はすべて手作りのバッフェスタイル。
個人で食べたい量を好きなように調整できるのが良いですね。

d0112928_06264167.jpg
食後の団欒も小屋泊ツアーの大切な時間。本当にいろいろな話をしましたね。

d0112928_06263584.jpg
いよいよツアー最終日。残念ながら縦走日はあまり天気に恵まれなかったのですが、
最終日は最高の天気を楽しませてくれました。

d0112928_06263595.jpg
最終日はヘリの下山前に2時間ほどのショートハイクを楽しみます。
景色、花、どれも本当に素晴らしかったですね。

d0112928_06264155.jpg
サンライズ小屋の近くにあるシークレットトレイルを使い、お花が咲き誇るメドウへ。
ロッキーエリアではあまり見ることのない珍しい花の一つ、ピンクモンキーフラワーが大群生でピークシーズンを迎えていました!

d0112928_06264135.jpg

ロッキーを代表する花の一つ、インディアン・ペイントブラシの群生地。
この花はカラーバリエーションがとても豊富ですが、
それぞれ別々の色が1箇所で群生する場所というのはあまり多くはないのです。
本当に素晴らしいお花畑でした。

それでは最後に今回の参加者の方をご紹介しましょう!


d0112928_06263591.jpg
中村さまご夫妻。トロントにお住まいで、なんと40年以上もカナダで生活をされています。
カナダ移民としては私の大先輩ですね。
オンタリオにある有名なロングトレイルの一つブルーストレイル(BRUCE TRAIL)のメンバーでもあり、
全長約890kmを4年間かけて踏破しているのです。
本当に仲の良い、素敵なご夫婦でした。

d0112928_06263503.jpg
日本からお一人で参加の平野さん。
もとエンジニアでボストンやシアトルへも出張され、国際経験も豊富な方でした。
スマホのGPSアプリで今回の行程をすべて記録し、ツアー後に全員へ送ってくれました。
次はオーロラ旅行を計画されているとか。是非ユーコンへお越しください!

d0112928_06263524.jpg
カルガリーにお住まいのマリアンとアイリーン。
お二人とも元教員で、なんと30年以上も付き合いのあるベストフレンド!
カナダ人らしいノリの良さとユーモアに溢れ、今回の旅ではまさにムードメーカーでしたね。
本当に愉快なお二人でした。

d0112928_09061558.jpg
最後はアメリカ人のクラークとエイミー。
オレゴンのポートランド近郊に住んでいる、これまた本当に仲の良いご夫婦。
ソフトウェアの会社を経営しており、まだまだ現役なので一年に一回の休暇旅行としてカナダへ来ました。
カナダで小屋縦走の旅が出来る場所をインターネットで探し、唯一見つけたのがエスプラナーデのツアーでした。
カナダでも小屋縦走ツアーができる場所って実は少ないのです。

さて、いかがでしたか?
本当に楽しいメンバーで、最後の別れは少し寂しかったですね。

全員でEメールを交換したので、これから写真交換などで盛り上がりそうです。
再会を楽しみにしています!


ヤムナスカ・ガイド石塚 体一(いしづか たいち)
ガイドプロフィールはこちらから


# by ymtours | 2018-08-16 02:56 | 出会いの山旅 | Comments(0)

山岳救助の一部始終を見た ラーチバレー

d0112928_03120630.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの西牟田です。
本日は人気のあるラーチバレーハイキングに大木様ご夫婦をお連れしました。
山火事の影響で霞がかった景色が広っていますが、
山ではなかなか見る事のできない山岳救助の一部始終を見る事ができたツアーになりました。
写真を混じれつつ何が起こったかをお見せします。
d0112928_03093228.jpg
ある程度登った場所にテンピークスが見渡せるスポットがあり、シルエットを見ることができました!
d0112928_03093356.jpg
d0112928_03120630.jpg
煙の中でモノクロの世界かと思いきや、カラフルなお花畑が出迎えてくれました!
フラワーウォーキングを楽しむ事ができました!
d0112928_03153666.jpg
目的地のミネスティマレイクスに到着すると…
d0112928_03153714.jpg
d0112928_03153768.jpg
なんと、ラーチバレーにそびえ立つマウントテンプルで滑落事故があり、救助隊がヘリコプターでやってきました。
マウントテンプルに登頂途中の男性が滑落し、足を骨折。自力で下山できないためヘリ救助を呼んだそうです。
d0112928_03180718.jpg
この絶壁と絶壁との間の溝の部分でヘリ救助を待つ男性…
d0112928_03180608.jpg
ヘリはこの急斜面には降り立つ事ができない為、一旦救助隊をヘリコプターが男性の近くまで降ろし、
再び平らな所に戻ってワイヤーで男性を吊り下げる作業となりました。

d0112928_03135074.jpg
d0112928_03153862.jpg
d0112928_03180898.jpg
私達はこの一部始終を休憩をしながらじっくりと見る事ができました。

事故が起きた時、最初に駆けつけたハイカーが救護処置が出来る方で、その場で処置をしたそうです。

その方とも下山時に話す事が出来ました。
怪我人はしっかりとした山のギアの準備が無く、トレイルから外れた所を登っていたそうだです。

安全の為にも、事前に山の情報を調べて、知識、技術を大切さを改めて知る事が出来ました。

山は楽しくも常に危険との隣り合わせです。
このような事故を目の当たりにして再び身を引き締めて行こうと思った瞬間になりました。
d0112928_03180819.jpg
最後に私達もテンピークスと同様シルエットで旅の思い出を飾りました!

大木様
本日は山旅3日目ご一緒できて素晴らしい経験となりましたね。
翌日の最終日が旅のフィナーレです。
最後まで安全かつ楽しんで行きましょう!


ヤムナスカ・ガイド西牟田 春陽 (にしむた はるひ)
ガイドプロフィールはこちらから


# by ymtours | 2018-08-15 03:53 | ふたりの山旅 | Comments(0)

気軽に行ける絶景ハイキング ターミガンサーク

d0112928_11115687.jpg
皆さん、こんにちは。
ヤムナスカ・ガイドの水野です。

本日は、岡田様親子2名をご案内させて頂きました。
山火事の影響による霞もなく、快晴で、私も驚きの青空でした。

お二人の晴れ女ぶりが見れましたね!
ありがとうございます。


このターミガンサークの見どころは、気軽に高山植物や小動物が見れるところです。
駐車場出てすぐですが、もうすでに標高2100m!

気軽に絶景が楽しめるハイキングルートが、まさにターミガンサークです。
目的地の展望地まで、距離が短いので、誰でも楽しく景色を楽しみにながら歩けますね。

では、出発しましょう!

d0112928_11144776.jpg

駐車場から早1分。
ピーピーと鳴き声が聞こえます。

何でしょうか??
d0112928_11323086.jpg
地リスでした!
辺りを見渡せば、リスが頭をひょっこりだして、ピーピー鳴いています。
ここは、地リスの楽園でした。

岡田さん親子は地リスが大好きで、いきなりの歓迎ぶりにとても感動しておりました。
d0112928_11152525.jpg
今の時期はヤナギランが咲き乱れています。
ぜひ、この絶景を見に来てください。

d0112928_11154565.jpg
ここは、ウエスタンアネモネの大規模群生地です。
今は綿毛になっていますが、この景色もロッキーらしい景色ですね。
d0112928_11160212.jpg
青空とのコントラストは絶妙です!
ヤナギランと白い石灰岩の山、そして、快晴。

この時期になかなか見れない組み合わせにとても大満足されていました。

d0112928_11170743.jpg
小さな滝が流れていました。
この水はどこから来るのでしょうか。

辺りには、氷河もないし、雨も降っていないです。
とにかく、
ロッキーは水が至る所から、水が湧きだして、水には困らないですね。
d0112928_11175220.jpg
第2関門の急な砂利道。
あともう少しです。頑張りましょう!

ここを過ぎれば、ランチタイムです。

d0112928_11113251.jpg
無事、ポイントに到着です!
ほんとに仲いいですね。
うらやましいです。

絶景と共に美人親子の2ショットです。
d0112928_11174024.jpg
おいしいヤムナスカ特別手配のおにぎりを食べていると・・・・・

地リスがぴょっこり!
おにぎりはあげられません!
d0112928_11191623.jpg
名残惜しいですが、降りていきます。
またしても何か発見ですか?
d0112928_11210391.jpg
「ピカ」発見!
かわいい鳴き声が特徴で、一度見たら虜になること間違いなしのかわいい小動物です。


今回は、かわいい小動物特集になりました。
岡田親子も気軽なハイキングで、かわいい動物も見れたので、本当に楽しかった!
とコメントをいただきました。

これだから、ロッキーはすごいですね。
今回は、ヤムナスカデイハイクツアーにご参加頂き、大変ありがとうございました。

日本では見れない絶景が、目の前に広がり、大変満足されたのではないでしょうか。

私もお二人の笑顔にとても癒されました。
この度はツアーご参加ありがとうございました。

ヤムナスカ・ガイドの水野達也(ミズノタツヤ)
プロフィールはこちら

# by ymtours | 2018-08-14 13:50 | ふたりの山旅 | Comments(2)

大絶景のレイクオハラ!キャンプで丸ごと楽しもう!

d0112928_03305740.jpg
えー!ここもレイクオハラなんですか?
そうなんです。ここもレイクオハラのトレイルの一つです!

ガイド、ヒロです。今回は神奈川県からお越しの大西様ご夫妻と一緒に、レイクオハラのキャンプへ行ってきました!テント、寝袋、マット、もちろん食料も全てツアーに含まれていますので、気軽にキャンプ体験が出来る、なんとも贅沢なツアーです!今回は健脚のお二人でしたので、普段は行かないコースへご案内、、、。
d0112928_03370929.jpg
青空が、、、。山火事の影響も無く、とても美しい姿を見せてくれました。
今日は、一日4グループのみの入山規制がかかる、オダレーハイラインへ向かいました。
d0112928_03390220.jpg
とても気持ちの良い斜度を上がり、展望が広がります。
d0112928_03393370.jpg
マーモットは定番ですね!
d0112928_03400314.jpg
レイクオハラを見下ろしながら更に登っていきます。今日は約500mの標高をあげます。
d0112928_03404839.jpg
南の方角の山々も、すっきりと見れました!
d0112928_03411725.jpg
到着ー!2535mの標高は、レイクオハラのトレイル上で最も高いところですね。展望はそれはもう、言葉では表せません、、、。
d0112928_03424808.jpg
やったー!

d0112928_03430427.jpg
思い切り、自然を体で感じます!
d0112928_03432805.jpg
キャンプ場では定番のヤムナスカチラシ丼です!
d0112928_03440422.jpg
食後は、夕焼けを見に、湖畔まで散策、、、、。言葉を失う美しさ。

d0112928_03444654.jpg
翌日は健脚のお二人でしたので、急登で知られる、Wiwaxy Gapへ向かいます!
d0112928_03454427.jpg
登りからはレイクオハラをいつもと違う角度から見下ろします!

d0112928_03464349.jpg
光が神がかっていました、、、。
d0112928_03471440.jpg
これまで見上げてみていたフーバー山が目前まで迫ります!
d0112928_03475259.jpg
奥にはレイクオエサと、その他の湖が一望できます!
d0112928_03482535.jpg
約2時間であっという間に峠に到着!さすが健脚のお二人は、笑顔が絶えません!

d0112928_03492077.jpg
一息ついた後は、アルパインルートを通って、レイクオエサを目指します!このルート、絶景の連続です、、。
d0112928_03495733.jpg
アルパインルート、と言ったものの、トレイルはしっかり整備され、健脚であれば問題なく歩けますよ。
d0112928_03505798.jpg
迫力満点!
d0112928_03511342.jpg
レイクオエサを見下ろしながらランチタイム。この優越感ったらないですね、、。
d0112928_03520227.jpg
下りはユッタリと湖を巡りながらキャンプ場へ戻りました!最後まで笑顔で、楽しい旅になりました!

念願のレイクオハラ、いかがでしたか?お二人にとって思い出深い旅になったでしょうか?まだまだ秘境が多く残るカナディアンロッキー、また是非お越しください!2日間、本当に楽しい時間でしたね、、、。あっという間に過ぎ去った貴重な時間、これは写真でも、言葉でも伝え切れません。
ここに来て初めて体で感じられるものがここにはありますね。

タカヒロさん、サクラコさん、また絶対に一緒に歩きましょう!そのときを心からお待ちいたしております!



ヤムナスカ・ガイド篠崎 洋昭(しのざき ひろあき)
ガイドプロフィールはこちらから


# by ymtours | 2018-08-13 04:01 | ふたりの山旅 | Comments(2)

ロッキーでロッククライミング

d0112928_13301483.jpg

こんにちは。ヤムナスカガイドの山田です。
先日のレイクオハラに続きまして
佐藤さまのロッククライミング編を担当しました。

カナディアンロッキーは読むがごとくカナダにある岩山のこと。
至る所に皆様が「おおっ」と見上げる険しい山々が存在します。
ハイキングに来られた方も、実際に岩と戯れて、より高みから景色を楽しむことのできる
ロッククライミングにも挑戦して欲しいと思っています。

今回、ベテランクライマーの佐藤さまと目指した岩壁は写真中央の壁
イーストエンドオブランドル(通称EEOR)の「True grid 10a , 160m」です。

水野が担当したレイクオハラのブログへのリンクです。

ハイキングとロッククライミングのコンビネーションは
ロッキーを100%満喫できること間違いなし。

d0112928_13300195.jpg

でもこの日は生憎の小雨。
少し登った所で佐藤さまと相談した結果下りることに。
生粋の山屋であるお客様は自然との向き合い方も紳士でした。

d0112928_13455161.jpg

さてここからが、私の腕の見せ所になります。
現地人ならではの経験で次の目的地へとご案内しました。

雨量が少なく乾燥しているロッキーは
全く登れないことは滅多にありません。

ローカルに人気の「クーガークリーク」へ移動。
高さ20m程の岩壁を沢山登って頂きました。

d0112928_13304044.jpg
登ります。

d0112928_13443175.jpg

クライミングには笑顔が付き物。
身体一つで高みを目指します。

佐藤さまの満面の笑顔を見ると楽しさが伝わってきますね。

d0112928_13310977.jpg
壁のてっぺんからクーガークリークを一望できました。
高度感が素晴らしい。
小さくハイカーも見えますね。

d0112928_13453938.jpg

対面には別のクライマーが登っていました。

d0112928_13313451.jpg

ロッキーの山々が隆起したことを物語る地層がありました。
太古の堆積物を肌で感じるという経験も素晴らしい。
これも手掛かりとして登ります。

d0112928_13302909.jpg

ロッキーのクライマーやハイカーは犬連れが多いです。
パックの中身が気になるのかな??

d0112928_13294765.jpg

一日の最後に岩峰の頂上で記念撮影しました。
今回、一緒にロープをシェアできたこと嬉しく思います。

佐藤さま、来年も夏のロッキーに戻って来て下さい。
ヤムナスカ一同お待ちしております。


ヤムナスカ・ガイド山田 利行 (やまだ としゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


# by ymtours | 2018-08-12 15:07 | 登頂 / クライミング | Comments(0)