登山、ハイキング、トレッキングは違うもの? 〜 英語でHIKINGの意味するところは、日本のそれと少し違います。

d0112928_03030463.jpg
 皆さん元気ですか! ヤムナスカ ガイドの石塚です。

 先日、我が社の山旅専門サイト『ヤムカナ』のツアーカタログページが一新され、生まれ変わったのはご存知ですか? いろいろと試行錯誤をした結果、カテゴリーごとに分類した方がより希望のツアーを見つけやすいのでは? ということで、今回は新しいカテゴライズにしてみました。皆さんの反応がいまから楽しみです。 さて、話しは本題に入りますが、実はこの仕事の製作会議の席にて新人スタッフの一人がこんなことを言いました。

 「皆さん、先ほどから”日帰りハイキング”と言っていますが、そもそもハイキングって日帰りですよね? しかも 比較的に簡単な山歩きってことじゃないですか??」

 なるほど。たしかに日本で言うところのハイキングのイメージはこんな感じかもしれません。しかし、北米(カナダ、アメリカ)でいうところの HIKING はちょっと違います。


そもそもHIKINGは日帰りなのか?

d0112928_08562586.jpg

 私の意見としては、英語でもただ HIKING と言った場合、やはり1日の山歩きをイメージするように思います。しかし、数日にわたって歩く場合に使う言葉でもあるのもたしかです。ちなみにウィキペディアではこのように表現されています。


Hiking is the preferred term, in Canada and the United States, for a long, vigorous walk, usually on trails (footpaths), in the countryside, (省略)......A day hike refers to a hike that can be completed in a single day.


 簡単にポイントのみを訳しますと、カナダやアメリカ(北米)では、Hikingという言葉は主にトレイルを使うロングウォークを意味しており、山に限らず田舎道などを歩くこととあります。実はこの言葉自体には1日や日帰りという意味は含まれていないのです。なので、英語では1日のハイキングや数日のハイキングを区別して、1日ハイキングを『Day Hikng』と言い、複数日で行うハイキングを『Multi-Day Hiking(マルチデイ ハイキング)』なんて使い分けるのが一般的なんですね。

d0112928_08215645.jpg

バックパッキングとは?

 複数日で行う山歩きに使う他の言葉としては、『バックパッキング(Backpacking)』がありますが、これはハイキングとは別の一つの独立したアクティビティーを指しているものです。バックパッキングとは、バックパックにテントや食料などの数日の旅で必要なものを全て詰め込み、定めらたロングトレイルを歩く遊びであり、基本的にはキャンプをしながら山歩きを楽しむことです。一方、マルチデイ ハイキングは、例えば山小屋を使いながら数日にわたって山歩きをする時などに使われることが多いですね。

d0112928_08390204.jpg
バック一つで山奥に入る。バックパッキングは実に北米らしい山の楽しみ方の一つと言えます。


トレッキングとは?

 では、トレッキングとは何でしょうか? 日本では簡単な散策がハイキングで、トレッキングのほうがより長く本格的な山歩きというイメージがあるような気がします。ちなみにウィキペディアを見てみますと、以下のように記述があります。


Trekking is the preferred word used to describe multi-day hiking in the mountainous regions of India, Pakistan, Nepal, North America, South America, Iran and in the highlands of East Africa. Hiking a long-distance trail from end-to-end is also referred to as trekking and as thru-hiking in some places. In North America, multi-day hikes, usually with camping, are referred to as backpacking.


 こちらも簡単に訳しますと、トレッキングとは、主にインドやパキスタン、ネパール、北米、南米などの山野を歩くマルチ デイハイキングのこととあります。また、北米ではトレッキングの代わりにバックパッキングを使うことが一般的であり、スルーハイキングという言葉も同様の意味で使われるとあります。

 だいたい分かっていただけましたでしょうか? 最後にヤムナスカの広報を担当しているカナダ人、シルビアにもこれらの言葉の違いを聞いてみました。
d0112928_08035134.jpg
 「ただ単にハイキングといったら、やはり1日の山歩きというニュアンスがあるかもしれないわ。ただし、数日にわたって歩く山歩きでもハイキングという言葉は使うわ。一方、トレッキングといったら先にマルチデイの山歩きをイメージするわね。トレッキングとバックパッキングは同じような意味で使うことが一般的よ。」by シルビア


 ふむふむ。ウィキペディアと同じですね。まとめると、ただ単にハイキングと言った場合は、日本でもカナダでも一日の山歩きの意味として使われることが一般的となります。ただし、それは必ずしも一日だけのものを意味しているわけではないので、英語の Day Hiking を意味する言葉として『日帰りハイキング』という日本語は適切ということになりますね。
d0112928_08204911.jpg
「ラーチバレー」は、ロッキーを代表する日帰りハイキングコースの一つ。


では、次の問題に行きましょう。


果たしてHIKINGは簡単な山歩きなのか?

d0112928_08414096.jpg

 ハイキングは1日の山歩きだとしたら、日本語と英語の意味するところはほぼ同じと言うことになります。しかし、ここからが違うのです!



 実は英語では、たとえ簡単であっても、とんでもなく難しくても、
トレイルのみを使って歩く山歩きは全部ハイキングと言うのです。


 日本には簡単でも難しくても、手を使って鎖場を歩こうと、ロープ(ザイル)で結び合おうと、山に登ることを「登山」と一括りで使える便利な言葉があります。しかし、英語ではこの辺りの言葉が明確に別れています。『Hiking』といった場合は、トレイルを使って足のみで歩く山歩きのことであり、一方、『Climbing(クライミング)』というと基本的にロープを使う登山のこととなります。では、ロープを使うほどではないけど、手を使わないと行けないような山歩きは何と言うのでしょうか? これを英語では『Scrambling(スクランブリング)』と言います。

d0112928_08423705.jpg
ヤムナスカガイド1のクライマー 谷剛史。もちろんこれはクライミングですね。

d0112928_08445205.jpg
マウント ヤムナスカ登頂コースにある鎖場。こちらはスクランブリングということになります。

d0112928_08455948.jpg
レイクルイーズエリアの最高峰「マウント テンプル」もスクランブリングで登頂が可能。
眼下にはモレーンレイクやテンピークスを含む大絶景が広がります。


 話しをハイキングに戻しましょう。手を使わずにトレイルを使って歩く山歩きはすべてハイキングですので、たとえガレ場が長く続こうと、片道10時間以上も歩かないと山頂にたどり着かない山であろうと、そこにトレイルがあり、手を使わないで歩く山歩きは全部ハイキングなのです。

 カナディアンロッキーの山々は総じて鋭く聳えているため、山頂まで行こうとするとクライミングやスクランブリングでなくては辿り着けないような山がほとんどです。しかし、数は多くないものの、中には山頂までトレイルが続き、ハイキングとして登頂ができる山もあります。レイクルイーズエリアにはる『Fairview Mountain(フェアビューマウンテン)2744m』がその一つですね。

d0112928_08485218.jpg
フェアビューマウンテンの山頂

 フェアビューマウンテンのコースデータは、往復10km。標高差は約1000mと中級レベルのコースとなりますが、トレイルがしっかりしているので、コンディションが良ければ往復6時間ほどで歩くことが可能です。山頂からの景色は本当に素晴らしく、目の前には3400mを超える名峰マウント ビクトリアやレフロイなどの氷河を抱いた山々が聳え立ち、360度の大パノラマを楽しめます。


d0112928_08522353.jpg
ウエスト ペイトーピーク


 他にもオススメの登頂コースはありますが、なかでも個人的に最も素晴らしいコースの一つと思えるのは『ウエスト ペイトーピーク』です。道路からアクセスはできない山域にあるため、通常は日帰りで行ける山ではありませんが、実はミスタヤロッジに宿泊すると日帰りハイキングが可能となるのです。コース難易度は高く、標高差850メートルの登りは、ほとんどがガレ場、急登も多く、健脚向きのコースですが、山頂からはワプタ大氷原を見下ろす景色が広がり、本格的なアルパインクライミングでしか見れないような壮大なロッキー山脈の景色を楽しむことができます。



オフトレイル ハイキング

 最後に一つ、北米ではトレイルを外れて道無き道を歩くハイキングも楽しめますが、これは『Off-Trail Hiking(オフトレイル ハイキング)』と言います。国立公園では自然保護の規制が厳しく設定されているために登山道から外れて歩くことはできませんが、年間に訪れる人の数も少ない一部の州立公園や自然公園では、登山道を外れて歩くことが許されています。これらのエリアでは、たとえ人が植物を踏みつけたとしても、自然が自らの力で十分に再生できると考えられているためです。一面のお花畑や草原を歩くハイキングは、まさに北米ならではの贅沢なハイキングと言えますね。

d0112928_08534169.jpg
ミスタヤロッジのエリアはオフトレイル ハイキングの宝庫


d0112928_08182454.jpg

いかがでしたか? ハイキングとトレッキングの違いや、日本と北米でのハイキングの使われ方の違いなどが分かっていただけましたでしょうか? ハイキングは、この広大なカナダの大自然を最も手軽に体感できる手段の一つ。カナダにお越しの時はぜったいにハイキングを楽しみましょう。新しくなったヤムナスカのツアーカタログでは、カテゴリー、分野ごとに様々なコースを紹介しています。よろしかったら是非ご覧ください!
 


# by ymtours | 2018-02-01 03:00 | 山旅の豆知識や魅力 | Comments(0)

超極北体験!森の隠れ家 カークロス・ロッジ ツアー (2017~2018 / 年越し)

d0112928_04213216.jpg
こんにちはヤムナスカガイドの堀口です。

今回は毎年恒例の年末年始のカークロスロッジのツアーの様子をご紹介!
期間は12月29日から1月2日までの4泊5日の日程でツアーを行い、青島様ご夫婦が参加されました。

一番上の写真ではオーロラ出現を待つ間、たき火で暖をとっています。

d0112928_04223621.jpg
今回はとにかく寒かったのというのが非常に印象として強かったツアーです。

滞在中の最低気温がマイナス38°と極寒気温でした。

この日は日中の市内観光でこのときマイナス35°でした。

地元の人はこんな日はなるべく、家の中にいるのですが日本では体験できない気温を楽しんでおりました。

d0112928_04231747.jpg
ロッジでの楽しみの一つ、みんなでワイワイディナー!

他の宿泊客とも仲良くお話ししたりできるのが、こんなロッジの魅力でもあります。

ロッジ専属のシェフこだわりの料理が毎日日替わりで、しかも野菜がたっぷり!

海外旅行の食事では不足しがちな栄養素もしっかり補えます。

さらにここでは、オーガニックの食材を使用し、味も本当に美味しいので大満足です。

私も4年連続でこのツアーでご案内させていただき、ロッジの食事をいただいていますが、年々内容がグレードアップし、進化していることを実感します。

この日の深夜、3時ころ薄らとアーチ状の緑の光を見ることができたと朝お二人から報告があり、オーロラを観ることができたようです。

残念ながら写真には収まっておりません。

d0112928_04245303.jpg
この日は青島様のご希望で犬ぞりツアーへ。
(通常のツアーには含まれておりません。)

犬ぞり発祥の地、本場ユーコンで本格的な体験をしていただきました。

この日もマイナス26°と冷え込んでいたのですが、マッシャーさながらの超極厚ジャケット、ミトンをレンタルして、無事に戻ってこられました。

極北の大自然を犬に引かれて疾走する感覚に、お二人とも大興奮でした。

d0112928_04242446.jpg
この日は12月31日大晦日。

ため息が出るほど美しい景色を見ながら、2017年を締めくくります。

ずーっと見ていても飽きない景色ですが、つま先からジンジンと冷たくなってきたので部屋へ戻りました。

d0112928_04292204.jpg
今年もやりました。

私、堀口が腕を振るい年越しそば!
(もちろんこの日のディナーはこれだけでなく、ちゃんとフルコースで出ています。)

実はカナダはそば粉の大産出国。地元ホワイトホースのスーパーでもお蕎麦は手に入るのです。

他の国からのお客さんも多かったので、日本の年越しの文化を味わっていただきました。

d0112928_04285290.jpg
新年の瞬間!

Happy New Year!!

オーナー夫婦からシャンパンが振る舞われ、2018年を一緒に祝いました。

d0112928_04295746.jpg
新年一発目の日中のアクティビティはユーコン、アラスカのボーダー付近の峠、ホワイトパスへスノーシューで散策。

峠というだけありたっぷり雪が積もっていたため、スノーシューでの歩きがいがありました。

ツンドラの景色が本当に美しく、ゆっくりと景色を見ながら歩きました。

この日は気温がマイナス15°と少し暖かくなり、過ごしやすかったです。

普通の感覚から言ったらそれでも寒いのですが。。

一度マイナス35°を経験しているとこれでも「暖かい」となってしまうのです。


アッという間の5日間でしたが、初めてのオーロラツアーで極北体験をしていただきました。

実は毎年、年末にはグアムに行かれるそうで、今回は奥様達ての希望でユーコンへいらっしゃいました。

来年はまた暖かい場所へ行かれるそうですが、また極北にも足を運んでいただきたいです。

この度はヤムナスカのツアーをご利用いただき誠にありがとうございました。

堀口慎太郎
ヤムナスカ・スタッフ



今回のカークロスロッジはこちら↓↓


# by ymtours | 2018-01-12 06:33 | オーロラの旅 | Comments(0)

検証! GoProでオーロラは撮影できるのか!?


d0112928_10230576.jpg

明けましておめでとうございます!
ヤムナスカの堀口です。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年一発目の投稿となりましたが、上の画像をご覧の通り今回は 「GoPro」 に関する記事です。
というのも、最近オーロラ鑑賞のお客様で GoPro を持っている方が多いので、GoProでどこまでオーロラが撮影できるのかをまとめてみました。

今回は昨年末に来ていてただいた、田村様、相川様にGoProで撮影した素材をすべて提供していただきました。
ご協力本当にありがとうございました。
お二人のディスカバー・ホワイトホースの記事はこちらから。
お二人が参加された豪華ロッジインオンザレイクのツアーはこちらからご確認いただけます。

さて、本題ですが果たしてGoProでオーロラは撮影できるのか?

答えは・・・

撮影できる!

こちらが実際に撮影していただいたものです↓↓
d0112928_09401528.jpg
ばっちり取れてますね。
この写真ブログ用に縮小していますが、オリジナルは4000 x 3000 pxl でノイズもほとんど気になりません。

私も実はここまでGoProではっきりオーロラ撮影ができると思っていなかったので、正直びっくりでした。

d0112928_09402137.jpg
これなんかちょっといいコンデジだったら凌駕するほどの出来ですね。

まさかここまで進化していたとは。

しかし、GoProなら何でも撮れるというわけではないようです。
そして撮影は動画ではなく静止画です。

今回お二人が使用したGoProのバージョンは GoPro Hero 5で、ナイトラプスという高感度で撮影できる設定で行っていただきました。

このナイトラプスは GoPro Hero 4 以降のモデルに搭載された機能で、主に夜間など暗い場所での撮影でその威力を発揮します。

設定方法
今回相川様が行った撮影は以下の設定です。

 1,ナイトラプスモードに設定
 2,シャッタースピードを30秒に設定
 3,撮影間隔は自動 or 60秒(60秒のほうが動きの早い映像になる)
 4,プロチューンON
 5,カラー:GoPro
 6,WB:ネイティブ
 7,ISO最小:400
 8,ISO最大:800 ※ISOの値が大きいほど明るい撮影ができるが、画質が落ちる
 9,EV修正:0
 10,シャープ:高

※スマホにGopro 専用アプリGoPro(formerly Capture) をインストールして
 利用するとさらに操作できるようです。

この設定で撮影すればあとは自動的に等間隔で撮影されるので、あとは放置しておけばバッテリーがなくなるか、Micro SDの容量がなくなるまで撮影し続けてくれます。

SD カードの容量が気になる方は自動撮影ではなく、オーロラの動き方をチェックしながら手動で撮影するほうがいいかもしれません。
(てか手動でも撮影できるんでしょうか。。)

あと、バッテリーは寒さに弱い為、気温が低いときはあっという間に充電がなくなります。
なのでモバイルバッテリーなど持っている場合は、充電しながらの撮影もいいかもしれません。
ただし、GoPro本体を専用ケースに入れている場合は、USB差込口が塞がれるので工夫が必要なようです。

ちなみに三脚は必須なので忘れずに利用しましょう!
(三脚について詳しくはオーロラナビでチェック!)

これでばっちりですね!

それでは最後にナイトラプスで連続撮影した写真を動画にしていただいたものをご覧ください。↓↓



こんな撮影がGoProでできる時代が来たとは・・・。

明日GoPro買ってきます!

相川さん、田村さんご協力ありがとうございました!


堀口慎太郎
ヤムナスカ・スタッフ

今回お二人が宿泊したインオンザレイクのツアーはこちら
インオンザレイクで唯一北側にバルコニーがあるお部屋で、オーロラ鑑賞に最適なお部屋はジャクジー・ルーム


関連サイト

# by ymtours | 2018-01-11 10:20 | ホワイトホース情報 遊ぶ | Comments(0)

村上様、佐藤様 ロッキーの秘境ゴーストエリア、アイスクライミング

d0112928_06531020.jpg
ヤムナスカガイド谷です。

皆さまあけましておめでとうございます。
今回のブログはカナダにアイスクライミングにこられた村上さん、佐藤さんの旅をご紹介。
お二人は過去3年間すでにアイスクライミングのガイドをヤムナスカに頼んでいただいており、ご自身でこられるのはもう5年連続でいらっしゃっているカナダのアイスクライミングが大好きなお二方。

カナディアンロッキーというと、ハイキングや氷河観光のイメージが強いですが、実はヨーロッパから一番お客が来るのがこの冬のアイスクライミングなんですよ。
バンフは夏より冬の方がヨーロピアンが多い。
理由はここカナダは世界一のアイスクライミング天国だからです。
ヨーロッパにはこのレベルのアイスがあるのですがアクセスがとにかく悪いか、昨今の暖冬で登れないのです。

実は今回お二人は昨年トライしたソーサラーというアイスクライミングのルートをリベンジでいらっしゃったのですが、コンディションが悪く登れない状態だったので GBUというアイスルートへ予定を変更しました。
d0112928_06525886.jpg

ソーサラーの一枚。
チリ雪崩がすごい。一ピッチ目氷がない。ここに来る前の週がとても寒かったのでいい状態を当てることができなかったです。
ですが、ここまで2時間のラッセル、朝3時起き。しかもこのルート2回目…。
二人とも「これは登れないから景色を楽しもう」とあの笑顔。山というものを知っている感じがしました。感服です。

さてそうと決まれば、次のアイスクライミングルートへ。
このカナダは一つダメでもいくらでも選択肢があるのです!!
車を横付けですぐに登れるルートを案内させていただきました。
冒頭の写真がそうです。
d0112928_06533795.jpg
GBUを登るお二人。さすがに早い。
そして後ろにはトラックが。え、でも道も駐車場もないじゃんと思った方。
このゴーストエリアはこれが醍醐味なんですよ〜。北米でオフロードバギーを乗るのもいいですが、このゴーストに来ればアイスクライミングと両方楽しめる。すごい。
もちろん写真通り川には橋はないのでトラックで渡って来ました!!
ワイルドでしょー。
d0112928_06522841.jpg
僕の登りも撮っていただきました。
佐藤さんのヘルメットにいつのまにかヤムステッカーが!!




ムービーです。よかったらどうぞ。臨場感たっぷり。

d0112928_06563700.jpg
そして夜は日本人のアイスクライマーの皆さんと夕食会。
この年末年始、この写真に写っていない沢山の方がアイスクライミングしにカナダへ来てました。
全行程の1日でもぜひヤムナスカに頼んでいただければ、自分たちでは不安な場所も安心安全にガイドさせていただきます。
特に5級6級のハードルートは僕にお任せあれです。
満足すること間違いなし。


ではまた冬のカナダにいらしてください。お待ちしています。

ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから



# by ymtours | 2018-01-11 09:39 | 登頂 / アルパインクライミング | Comments(0)

地元の旨いもの巡り!?ちょっと変わった「ディスカバー・ホワイトホース」


d0112928_02572692.jpg
こんにちはガイドの堀口です。
12月前半は、例年になく暖かい日が続いてユーコンの冬らしくない日々が続いていましたが、中旬ころに-10°台に入りやっと落ち着いてきました。

バンクーバーに留学中の田村さんと東京からの相川さんのお二人が、インオンザレイクのオーロラツアーに参加されました。最終日に見事念願のオーロラを観ることができました。

滞在中にご参加していただいた、ヤムナスカのオプショナルツアー「ディスカバー・ホワイトホース」の様子をブログでお伝えします。

d0112928_02573941.jpg
美味しいもの大好きのお二人、ダウンタウンにやってきて早速ランチタイム。

ホワイトホースの人気カフェ、ベイクドカフェでたっぷりと腹ごしらえです。

特にお二人は特製キッシュがお気に入りだったようです。

d0112928_02574422.jpg
同じモール内のチーズ専門店を発見した田村さん。

どうやらチーズには目がないようで、いろいろ試食させてもらいお気に入りの一品を購入されました。

d0112928_02574834.jpg

d0112928_02575705.jpg

お二人はビールも大好き。

ユーコンのビール醸造所、ユーコン・ブリューイングにてビールに囲まれて大興奮!

ほぼすべての種類をテイスティングし、数ある種類の中からお気に入りのものを購入されました。
d0112928_02580271.jpg
d0112928_02580748.jpg
最後は恐らくローカルしか行かないであろう地元の肉やへ。
二人が購入されたのは、バイソンとエルクのジャーキー。
日本へは持ち込みが不可なので、ロッジで地ビールと一緒に一杯やったとか。

地元の店のチーズ、ビールと、ジャーキーなんて最高の組み合わせですね。
もうこの二人はYukoneer (ユーコン人)と言ってもいいでしょう!

美味しいものが大好きなお二人の、ちょっと普段とは変わったテイストのディスカバー・ホワイトホースでした。

堀口慎太郎
ヤムナスカ・スタッフ

関連サイト

# by ymtours | 2018-01-06 08:03 | オーロラの旅 | Comments(0)