栃木 山の会 エスプラナーデとカナディアンロッキー 9日間 山小屋縦走 エスプラナーデ編

d0112928_05592048.jpg
ヤムナスカガイド 本山です。
全編の カナディアンロッキー編に続き!
世界一美しい尾根歩き 《エスプラナーデ 山小屋縦走編》をこちらの後半ではお送りいたします!
d0112928_06020624.jpg
どこまでも続く山脈、小川の流れを聞きながら歩く、誰もいない静けさ、自分達だけの山小屋、
私達ヤムナスカガイドが、多くの日本の方に伝えたい ウィルダネス!原生の自然!が、ここエスプラナーデにはあります。

すっかり、カナディアンロッキーの見どころを満喫した皆様と、ヘリコプターで、ウィルダネスの世界に行ってきました。
次の山小屋まで行かないといけない!というチャレンジ!
登頂!
時にはハイキング中にお昼寝
とても贅沢な時間を過ごせました。

d0112928_06052252.jpg
ヘリ入山で一気にテンションがあがります!
d0112928_06073585.jpg
エスプラナーデの山小屋は3つの山小屋の縦走になり、こんな感じで湖の真横にそれぞれの山小屋が位置します。
貸切なんです!
d0112928_06084879.jpg
ヘリでまずはVista 小屋へ!10分程度のフライトであっという間です。
縦走と言っても、荷物は、ヘリコプターで核小屋に運んでくれますので、基本的にデイパックで歩けるのが、このエスプラナーデのうれしいところ!
暗しくは、ヤムナスカのエスプラナーデサイトを是非、一度ご確認ください。

d0112928_06115314.jpg

山小屋は、12名程度が宿泊できる小さなものですが、この貸切感が、たまりません。
朝日や、夕焼けの時間も静かに楽しむことができます。

d0112928_06142202.jpg
今回は、天気も素晴らしく、毎日朝日を楽しむことができました。
d0112928_06164306.jpg
毎日次の小屋に向けて縦走に出ます。
小屋は、カールのような地内の下に位置し、毎日、山小屋のメドーを通り抜け、尾根に出て、また次の小屋まで歩くようになります。
d0112928_06181911.jpg
お花畑も時期により、様々な高山植物を楽しむことができます。

d0112928_06195910.jpg
足元で何か音がするなと思ったら、雷鳥が目の前にいました。
d0112928_06222221.jpg
尾根を歩き、次の山小屋に向う途中、翌日に登頂する予定のカポーラ山が見えてきました。
翌日の好天を祈り!明日は登るぞー。
d0112928_06245349.jpg
このツアーでは、私(ヤムナスカガイド)の他に、もう一人のガイド、そして歩けるシェフも縦走に同行してながら進んでいきます。
写真がボケボケですみません(汗)、、、もう一人のガイドのタイラーと、元気なシェフのケリーさん。
ケリーさんは、私達より先に次の小屋に入り、到着した私達にスナックや、サウナの準備をしていてくれます。快適快適!

d0112928_06213311.jpg
次の山小屋に到着すると、男女分かれて、順番にサウナに入り、予めヘリコプターで送っておいたビールなど楽しみます。
このゆったり時間もエスプラナーデの楽しいところ!
各山小屋には、ギターがあり!ギタリストの私には非常にうれしいものです!
この日は、私のギターとお酒で大いに盛り上がりました。
d0112928_06280205.jpg
完全貸切、リラックスモード!他の人を気にせず、自分達だけの山小屋です。

d0112928_06284523.jpg
ゆっくり寝転んだり、仲間と今日の一日を振り返ったり、楽しいひと時が流れます。
d0112928_06300223.jpg
料理は山小屋とは思えない、野菜多めのもので、日替わりでいろいろと出てきます!
この日はポーク・テンダーロイン、やわらかくて最高でした。
d0112928_06310896.jpg
お酒も会話も弾み、仲間での楽しい時間が流れます。

d0112928_06334055.jpg
しかしおいしかったポーク、、、、
d0112928_06365526.jpg
絶えない笑い、最高のひと時です。
d0112928_06341644.jpg

シェフのケリーさんは、いかにもカナダ西部の明るい女性という感じ、彼らとのふれあいも旅の楽しさの一つです。
私もテンションは高いですが、彼女も相当でした!
d0112928_06372454.jpg
翌日は縦走最終日!メドーを抜けて、尾根を目指します。
d0112928_06381580.jpg
アネモノの見事な群生にうっとり・・・
d0112928_06391983.jpg
尾根に取り付いて、皆で記念撮影
この日も、快晴で素晴らしい尾根からの景観を楽しむことができました。
d0112928_06401982.jpg
天気もよかったので、エスプラナーデ最高峰のカポーラを目指すことにしました。
ここは、ガラ場もあるので、グループを2つにわけて、順番に、慎重に登頂します。

d0112928_06412640.jpg
360度の大絶景、
奥にはカナディアンロッキーの山々をしっかりと見ることができました。
やったー!

d0112928_06415760.jpg
ここからは、最後の尾根歩きを満喫します。
d0112928_06425740.jpg
山好きには最高のひと時です。氷河を抱く山々が綺麗に見ることができました。

d0112928_06440530.jpg
同時にこれも最後なのかという寂しさも少し感じながら、最後のロッジに向います。

ガイドのタイラーと相談して、「日本では味わえない山での時間」を皆さんに感じてもらえればということで!
d0112928_06452213.jpg
湖で泳ぎまーす!なかなか冷たい!私も泳いで、お客様も泳がれている方がいらっしゃりました。
d0112928_06462100.jpg

昼寝もよし!こんなのんびりな山の時間は最高ですね!
d0112928_06471360.jpg
泳がなくても、ブーツと靴下を脱いで、冷たい湖に足をつけると最高です!

本当に大人の遊びという感じ。

d0112928_06484719.jpg
最後の夜は、撒き割り体験をして、、、、
d0112928_06493297.jpg
タイラーが、キャンプファイヤーゲームをしてくれて、特別な夜となりました。
d0112928_06502336.jpg
翌朝は、フルーツ多めの朝食をいただき、山小屋をでます。
楽しかったひと時もこれで終わり、、、名残惜しさを感じずいにはいられません。
d0112928_06511765.jpg
ヘリコプターで、下山です。

多いに笑い、静けさを楽しみました。
皆様にも、きっとカナダのウィルダネスがどんなものなのか、感じていただけたでしょう。
なかなか味わえない、手つかずの自然と静けさ、そんな楽しみがエスプラナーデにはあります。

d0112928_06521375.jpg
また皆様に、カナダでお会いできることを楽しみにしておりまーす。

ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから
# by ymtours | 2019-08-15 08:57 | グループの山旅 | Comments(0)

栃木 山の会 エスプラナーデとカナディアンロッキー 9日間 カナディアンロッキー編 (7/28/2019)


d0112928_03173817.jpg
ヤムナスカガイド 本山 です。
今回は、「栃木の山の会」の皆様を 《カナディアンロッキー》と《エスプラナーデ》でご案内させていただきました。
まずは、カナディアンロッキー編とこちらではお届けします。
エスプラナーデ編はこちらより

前半は、ホテルに宿泊しながら、カナディアンロッキーの名所へ、後半は世界一美しい尾根歩きと言われるエスプラナーデの山小屋縦走へ、私がすべてご案内させていただきました。大いに盛り上がりましたよ!

Jasper まで、列車の旅をされた皆様と、Jasperでお会いし、一気にバンフまで南下。
d0112928_03215380.jpg
まずは、Jasper の名所、ウィスラー山へゴンドラで上がり、ロッキーの山々を楽しみました。

d0112928_03234936.jpg
ゴンドラからは、ロッキーの谷がよく見渡せます。

d0112928_03242504.jpg
ゴンドラ終着地は、簡単な散策が楽しめます。

d0112928_03252462.jpg
ロッキーの名所を回りながら、バンフへ南下します。
是非、立ち寄りたいPeyto Lake 素晴らしい晴天の下、鮮やかな色の湖です。

d0112928_03271117.jpg
翌日は、ここは歩いておきたい!ラーチバレーへ、
まずは、登山口のモレインレイクへ立ち寄ります。さすがの絶景!
d0112928_03344856.jpg
目まぐるしく変わる天気でしたが、要所要所では、青空が顔を出してくれました。

d0112928_03355222.jpg

道中も盛夏のお花が楽しめます。アーニカが咲き乱れていました。


d0112928_03371642.jpg
小雨が降ってきましたが、皆様装備もばっちり!ミネスティマレイクで折り返しました。
この後、山小屋縦走なので、どんな装備が必要か、気温はどの程度かなど、
ロッキーの山事情がわかるので、お客様もわかるので安心ですね。

d0112928_03385397.jpg
下山は、テンピークスを眺めながら、ロッキーでも最高の下山道の一つです。
d0112928_03400292.jpg
唐松の間から見える、テンピークスの名峰 Mtフェイ!
翌日は、カナディアンロッキーでは、なかなかない!ハイキングで登頂できる山 「フェアビュー山へ」

d0112928_03415254.jpg
登頂するので、ガツガツ歩くかと思いきや!お花も楽しませてくれます。

d0112928_03432472.jpg
これは皆さん、撮影したくなりますね。
d0112928_03440005.jpg
森林限界を抜けると、素晴らしい展望の中、高度を稼いでいきます。
なかなかの登りですが、振り替えるとレイクルーズエリアの名峰!Mtテンプルが見えてきます。
すごい迫力!

d0112928_03453766.jpg
全員見事に登頂!ここからの360度のパノラマは、最高の一言です。
尚、グループは13名様でしたので、国立公園の決まりにより、
ヤムナスカガイドも2名体制で、グループを2つに分けての登山になりました。

d0112928_03464942.jpg
さらに翌日は、【山火事後の林がどうなるのか】観察できる、スタンレーグレイシャーへ!
元々は違う場所に行く予定でしたが、グループの皆様の趣向、ツアーの流れを考えて、私が提案させていただきました。
d0112928_03483627.jpg
毎日のハイキングでは、私が登山口で、地図を広げ、本日のテーマ!
距離・標高差、どんなハザードがあるか、など説明させていただいてからのスターです。
そう!ここは熊も多く出没するエリアですよ!
d0112928_03500427.jpg
ここは数十年前に山火事があった場所!私もガイド歴が10年以上ですので、
その移り変わりを見てきましたが、山火事がもたらす生態系の役割を感じることができます。
d0112928_03513815.jpg
かつては、焼け残った木々がたくさん立っていましたが、それも倒れて、次の世代が育ち始めています。
あたかも、誰かが植林したような見えますが、皆、自然の状態です。
ヤムナスカガイドが、わかりやすく、林にある物語をお伝えしていき、歩きながら、それを体感していきます。
d0112928_03534290.jpg
しかし、景観も見事なんですよ!
標高をあげると絶壁が見えてきます。圧倒される迫力!
d0112928_03543893.jpg
素晴らしい景観の中で、ランチを取ります。
d0112928_03553721.jpg
決して難しいハイキングではありませんが、素晴らしい景観が楽しめる登山道です。
氷河から流れてくる「滝」もすごい迫力!
d0112928_03565056.jpg
ホテル滞在しながらのハイキングは、カナダ人ハイカーとの振れあいも楽しみの一つ!私はすぐに話しかけてしまいますが、子ずれのファミリーと交流し、なんと赤ちゃんまで抱っこさせてもらいました。いかにアウトドアがカナダ人にとって身近なものか、感じる瞬間ですね!

まずは、ホテルに滞在しながら、足慣らし、カナディアンロッキーの名所めぐりをして、この後、いよいよヘリで入山!世界一美しい尾根歩き「エスプラナーデ」に旅は続きます!

後半のエスプラナーデ編はこちらより

ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから


# by ymtours | 2019-08-15 08:51 | グループの山旅 | Comments(0)

カナディアンロッキーからコバルトブルーをお届け (8/7/2019)

d0112928_11173149.jpg
本日は皆様にコバルトブルーをお届けしております。
ヤムナスカマウンテンツアーズの西牟田です。

上の写真の湖を見るとどの湖かわかる方もいらっしゃるかと思います…
そうです、本日はレイクオハラエリアにある、レイクマッカーサーに坂井様ご夫婦、山田様、川本様、安達様をご案内いたしました。

レイクオハラはその名が年々広まっているカナディアンロッキーの秘境の地です。
人気の場所ですが、専用バスのみのアクセスとなり、席を取るのが大変困難な場所となります。
そのような現状から、プレミアのつく大変レア感のある山旅になること間違いないです!
d0112928_11183826.jpg
本日は晴れ間が続き、氷河湖を見るのに最適な1日となりました。
皆様も軽快な足取りとなりました。
d0112928_11205491.jpg
美しい湖を見るには、道中、この様な場面も出てきます。
頑張った者のみご褒美が待っています。
d0112928_11182687.jpg
皆様真剣にカメラを持ち出しました。ここはレイクマッカーサーが最初に見えるポイントです。
大興奮する事、間違いありません!
d0112928_11191776.jpg
ここではやはり笑顔がこぼれちゃいます!
鮮やかなブルーが皆様の心を豊かにしてくれました。
d0112928_11204012.jpg
レイクオハラの締めくくりはやはりキャロットケーキです。
本日もラッキーな事に残りわずか6つの中から勝ち取ることができました!

ご参加者様
本日はレイクオハラにご参加いただき誠にありがとうございます。
レイクオハラ地域は最低でも3度来ないと見切れません。
毎回新たな景色との出会いがある場所なので、次回もまたプレミアチケットを勝ち取りましょう!
明日のおまかせハイキングに参加される方も乞うご期待です。


ヤムナスカ・ガイド西牟田 春陽 (にしむた はるひ)
ガイドプロフィールはこちらから


# by ymtours | 2019-08-14 08:58 | 出会いの山旅 | Comments(0)

おまかせハイキングはベストハイキング!

d0112928_06183436.jpg
おまかせハイキング?
実際のところ、どんなところに連れて行ってくれるの?と、不安を抱く方もいるかと思います。ヤムナスカの一番人気となる「おまかせハイキング」は、当日の天候やトレイルのコンディション、またお客様の体力、目的、などなど色々とお伺いしながら、当日ガイドがベストなトレイルへご案内するものです。
今回はヤムナスカの常連様、橋本様ご夫妻にお越しいただきました!

とは言うものの、当日のカナディアンロッキーでは全体で雨、、、、。高度の精度を持つ天気図や天気予報を駆使して、当日最高の場所を選びました、、。結果は、もちろん当たり!太陽も出て、ぽかぽか陽気でしたが、バンフ周辺では一日中雨だったようですね、。
d0112928_06232226.jpg
モナルダ(シソ科)が満開で、森の中がミントの香りで満ちていました、、。


d0112928_06232858.jpg
太陽も出てきてくれる、幸せなひと時。
d0112928_06233406.jpg
第二展望台からさらに上を目指し、ヤムナスカの岩峰を目指します!
d0112928_06234437.jpg
道の途中には、リスが落とした松ぼっくりと枝が沢山落ちていました。
d0112928_06240432.jpg
誰が並べたわけではなく、リスの仕業です、、。、こんなに綺麗にリスの食事の後が揃っていると、まるで「リスの食事の風景をガイドらしく語りなさい」と木の上から言われているような感じがします(笑)
d0112928_06241961.jpg
そして、イーグルの羽が落ちていました、、。なんて幸せなのでしょうか。

d0112928_06244249.jpg
さて、岩峰がでてきました!
d0112928_06243446.jpg
到着!4億年以上昔に作り上げられた岩にタッチ。
d0112928_06250253.jpg
ここまで登ればヤムナスカの後ろの山々も見えます!
d0112928_06250926.jpg
ランチを取って、下山もユックリ安全に。
d0112928_06251783.jpg
本当に緑が美しいです。
d0112928_06253220.jpg
ここは初夏から盛夏に掛けて、色々な高山植物が観察できます。今は紫、黄色のお花が多いですね。
d0112928_06255155.jpg
雨が降った後の森は空気が新鮮で、森の息吹を感じました。
d0112928_06255921.jpg
今日歩いたルートをもう一度下山後に確認しましたね。本当に楽しいハイキングとなりました。

橋本様、この度は弊社のツアーにご参加いただきまして、誠にありがとうございました!何度もカナダにお越しいただいていたお二人に、やっとお会いできて本当に光栄でした!ご自身で旅行が問題なく出来るお二人ですが、いつも弊社のガイドサービスをご利用いただき、本当に嬉しい限りです。
また、今年の冬もお越しいただくことが決まっておりますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

ヤムナスカ・ガイド 篠崎洋昭
ガイドプロフィールはこちらから







# by ymtours | 2019-08-14 08:23 | ふたりの山旅 | Comments(2)

三浦ファミリーと行く、レイクオハラキャンプの旅! (8/8/2019)

d0112928_04025752.jpg
皆様、こんにちは!ヤムナスカガイドのヒロです!またまた、やってまいりましたレイクオハラキャンプ!今回は東京都からお越しの三浦ファミリーの皆様をご案内させていただきました!ご両親とお子様のご年齢は3歳のタッ君と8歳のヨシ君
家族でカナダでの山旅を考えるも、どうしても不安だったけれど、昨年のブログを見て、子供連れでも安心して参加できる事を知り、今回の参加を決断してくれたそうです!因みにそのときのブログも私が作成しました。
子供連れでも安心して参加できるキャンプツアーです!

d0112928_04032277.jpg
キャンプ場到着後は、手分けしてテントの設営!ヨシ君はマットを膨らましてもらいました!
d0112928_04092935.jpg
タックン!テント設営完了!
d0112928_04093361.jpg
出発前にランチをしっかり食べてハイキングへ!
d0112928_04093893.jpg
ハイキング装備にテンション上がりっぱなしの二人!
d0112928_04103339.jpg
ウォー!綺麗過ぎるーー!
d0112928_04104097.jpg
写真:三浦様提供
展望台ではしっかりと休憩時間を。水分補給がとても重要です!
d0112928_04105937.jpg
滝の大はしゃぎの二人!

d0112928_04105144.jpg
タックンは写真の腕もプロ並み(笑)!
d0112928_04110753.jpg
レイクオエサまでしっかりと歩きました!素晴らしい!
d0112928_04113023.jpg
良いですねー、家族団らんのひと時。
d0112928_04114364.jpg
イェーイ!
d0112928_04115958.jpg
絶景の連続、、。
d0112928_04121124.jpg
写真:三浦様提供
タックンは良く頑張りました!まだまだ時差ぼけで少し眠くなってきたので、私の背中をレンタルです!ヤムナスカガイドはこんな状況でも色々とテクニックを知っていますよ!バックパックがチャイルドキャリアーに大変身です。
d0112928_04122527.jpg
キャンプ場に戻ったら、全員で手分けして夕食の準備。準備をしていると、おつまみも出来ちゃうのが、キッチン担当の特典ですね(笑)
d0112928_04123416.jpg
お父さんも料理の手伝いをしていただきました!
d0112928_04124396.jpg
盛り付けも自分で。自分でやるから楽しいし、食事全般に対する責任感も生まれます。
d0112928_04124702.jpg
そしてサプライズのケーキ!完全にネタばれしましたけど(爆笑!)!内緒と言ったら、言いたくなっちゃうよねー。
この日はご両親にとって特別な日。結婚記念日なのでした。ケーキを用意し、ヨシ君におめでとうと書いてもらいましたーー。
d0112928_04125681.jpg
イェーイ!おめでとうございます!
d0112928_04130147.jpg
ミノムシターイム!
d0112928_04131129.jpg
初めてのキャンプ。楽しくて仕方ありません!
d0112928_04132140.jpg
翌日はマッカーサーへ!兄弟助けあいながらむかいます!
d0112928_04133087.jpg
お花畑ー。
d0112928_04134919.jpg
絶景ですねー。
d0112928_04140037.jpg
岩場もユックリ歩けば問題ありません!
d0112928_04163070.jpg
写真:三浦様提供
3歳のタックン!ここまで自力で歩きました!すごい!

d0112928_04141362.jpg
自作のお弁当は、元気100倍にしてくれます!
d0112928_04142437.jpg
ヨシ君の海苔弁、うまそう!
d0112928_04143669.jpg
ボーイズで記念撮影!
d0112928_04144803.jpg
なんと、レイクマッカーサーの往復、タックンも歩ききりました!本当におめでとう!良く頑張ったと、ご両親も驚きと喜びで胸が一杯でしたね!
d0112928_04150508.jpg
最後はお父さんの大好きなロックンロールでイェーイ!
d0112928_04151964.jpg
帰りはぐっすりのふたり。良く頑張りました!

三浦様、この旅は弊社のキャンプツアーにご参加いただき、本当にありがとうございました!子供との思い出が多く出来たのではないでしょうか?
私も、皆様の貴重な山旅をご案内ができて光栄です、、。
また是非カナダへお越しくださいね。スタッフ一同、また再会できますことを心より願っております。

ヤムナスカ・ガイド 篠崎洋昭
ガイドプロフィールはこちらから





# by ymtours | 2019-08-14 08:12 | 家族の山旅 | Comments(2)