《 Yukon Brewing ユーコン地ビール工場 》ローカルにも人気の地ビールは要チェック!

d0112928_04143515.jpg
ヤムナスカガイド 本山 です。
今回は、地元の人にも大人気のホワイトホースの地ビールに関してブログアップです!

カナダに住んで感じることですが、地ビールは、その場所を訪れたときの大きな楽しみの一つです。
これは、カナダに住んでいる私自身も他のエリアに行ったときに非常に楽しみにしています。

勝手な理論ですが、、、地ビール工場がある街は、雰囲気のいい街と言えると思います。
カナダでは産業都市と言われるタイプの街がありますが、このような街は数年住んだらどこかに行ってしまう人が多く、あまりローカル独自のカルチャーが育ちにくいと勝手に思っています。
そして私が住むホワイトホースにはなんと!3つも地ビール会社があるのです!

d0112928_04204929.jpg
場所は、ちょっと街の中心街から離れています。
歩くと冬はちょっとつらいかもしれませんね・・・・40分弱程度・・・・
ヤムナスカでは特にここを訪れるツアーはありませんが、ご要望でオプショナルツアーなどであいた少しの時間で立ち寄ることが実はよくあります。
特にこちらの人気トップ3のツアーでは、我々が車を運転してツアーを行うので、比較的フレキシブルに対応できます。
まぁー、ビールは飲まない人には興味があまりないことなので、その都度、ご対応させていただいております。

d0112928_04244296.jpg
日本でも少しずつブームになりつつある『地ビール』ですが、ここもかなり種類があります。
多くの量が生産されてどこでも飲めるようなものが8-10種類程度、その他には、常に新しいビールが続々と登場してきます。
日本では一般的にラガー製法のビールが主流ですが、こちらは地ビールがかなり浸透していて、人それぞれ好みが分かれるところです。
映画や音楽と一緒で、どれがいいかは、まったく趣向がわかれてくるところですね。
私は、IPA(India Pale Ale) が好きなので、カナダ国内でいろいろ旅行したときも各地のIPAを楽しみます。

d0112928_04143698.jpg
そしてうれしいのは、『試飲ができる!』ことです。
こんな感じで小さなショットグラスのようなもので、これが試してみたいなどとお試し可能です。
もちろん!無料です。

d0112928_04143994.jpg
こ~んな感じに中に入ると大きな黒板に、現在試飲可能なビールの説明があります。
中に何が入っているか。
どのタイプのビールか。
アルコール度数。
などなどの記載があり、好みかな?と思うようなビールを試飲できます。

d0112928_04143847.jpg
ふむふむ・・・これは中々おいしいね、好みだね、などと吟味することが可能です。
結構度数の高いものもあるので、ほろ酔い気分になることも・・・

d0112928_04344589.jpg
ほとんどこの試飲できるタイプは、まだ生産ラインでたくさん作るものではなく、人気が出てきたら、まずは中瓶程度の大きさのボトルで販売されます。

d0112928_04370053.jpg
これがその一例。
ボトルのデザインもなかなか面白く、お土産にもいいかもしれませんよ。
ここのいいところは、ボトル1本からも購入できるところ!
なんだよ、当たり前じゃんと日本の方は思うかもしれませんが、北米ではビールは基本6本よりの販売になります。
いろいろな種類のビールをちょっと1本ずつ買いたい場合は、ここを訪れるといいかもしれませんね。

d0112928_04392320.jpg
こちらも人気の新しいビール、そろそろ350mlの缶で販売になるかもしれませんね。
デザインもなかなか生かします。

d0112928_04403456.jpg
そしてビール好きでない人にも、うれしいのは、なかなかクールなTシャツです。
実は私も持っているのですが、着てみようかな?いいね、これというデザインのものがあります。
結構、買っていくお客様が多いですよ。
d0112928_04422376.jpg
ツアーによっては、ビールを大量に買い込みたいツアーもありますね。
ヤムナスカのツアーでクルアニ国立公園に宿泊するツアーなどは、夜は大宴会ですから、事前購入必須です。
その他、小さなショットグラスや、ビールグラス、いろいろな小物も売っていますので、お土産にも自分に買うにも中々いいですよ。

d0112928_04144170.jpg
ここは、工場内を見学ツアーもあり、なかなか面白いです。ご希望の方は事前にご希望を上げていただければ参加可能な場合もあります。

地元ならでは、その場所を訪れたら、北米では立ち寄りたいスポットですね。
私も自分が住む街に3つもビール工場があって、誇らしいと同時に、生活していても色々なビールが楽しめるので非常にうれしいです。

皆さんも是非足を運んでみてください。

ヤムナスカガイド 本山
ヤムナスカのオーロラツアーはこちらより
オーロラナビ



# by ymtours | 2018-02-21 04:48 | ホワイトホース情報 食べる | Comments(0)

雪の楽園・冬のアシニボインロッジに滞在!2018年2月11日



d0112928_07075961.jpg
アシニボインロッジって、予約が取りにくいと聞いたんですけど、、?
皆さん、ヤムナスカガイド、ヒロです!その通り、アシニボインロッジはカナディアンロッキーにあるロッジで最も人気のあるロッジで、さらに予約をするのが最も困難なロッジの一つとして知られています。旅行計画は最低でも一年前にはじめる必要がありますがしかーーし!
冬は週末を除けば、夏に比べると比較的に予約が取りやすいという「裏技」があるのです、、、。
そして、「山は冬山が一番美しい」とお考えの皆さん、冬のアシニボインロッジでの滞在で、人生観が変わることをお約束します。

d0112928_07305506.jpg
ヘリコプターで入山後、早速出発!



初日のスノーシューの様子


d0112928_07322031.jpg
サマートレイルの標識の頭の部分がぎりぎり出ていてます

d0112928_07472835.jpg
I Phone 5s(古い!?)でちょこっと編集で撮ってみました。携帯でも十分に美しい景色が撮影できます!

絶景なり。
d0112928_07493295.jpg
もう少しでロッジ!温かいドリンクと、日替わりで変わる午後の紅茶の時間が待っています。

d0112928_07512500.jpg
夕食の前、食べすぎ注意!といつも自分に言い聞かせながら、摘んでいきます(笑)

d0112928_07551977.jpg
ラウンジでは絶景を眺めながら、スナック、、。贅沢すぎます、、。

d0112928_07553976.jpg
1928年に始まった歴史のあるスキーロッジ、アシニボインロッジ。滞在者の殆どがリピーターの方々。

d0112928_07575931.jpg
部屋はそれぞれ高山植物の名前がついています。このお部屋は神原さんのお部屋
Mountain Avens=チョウノスケソウ

d0112928_07561735.jpg
ディナーも日替わりです。今回は1日目がサーモン、2日目がチキン、3日目がラム肉。もちろんベジタリアンの方にも対応可能!

d0112928_08071646.jpg
ド快晴の朝を迎えます、、、、。

d0112928_08081226.jpg
日陰はマイナス28度と、真冬の気温です。

d0112928_08100413.jpg
クロカンスキー、バックカントリースキー、スノーシュー、それぞれの体力や趣向に合わせてグループに分かれます。われわれは勿論、プライベートでスノーシューへ。

d0112928_08133790.jpg
ワンダーパス(峠)への道は往復貸切!雪質が最高で、とても軽いパウダーはラッセルも全く疲れません(笑)

d0112928_08260342.jpg


ワンダーパス到着!絶景なり。

d0112928_08290551.jpg
サンバーストレイクへの途中

d0112928_08300742.jpg
この日は強風で、体が冷える前にロッジへ帰ることを決断。無理をせずとも、ロッジでのゆったりとした時間を楽しめるのも、長期滞在の醍醐味です。

d0112928_08313090.jpg
1日の締めくくりは専属のシェフが腕を振るった料理とワインで乾杯。同じテーブルに着いた各国のゲストと共に過ごす夜は、忘れられない思い出です。

d0112928_08323042.jpg
最終日の夜はロッジ専属のガイドのMarcと。オーストリア出身の彼はとても気さくで、ホスピタリティーにあふれています。

d0112928_08335842.jpg
ロッジオーナーのアンドレ(中央)とほかの滞在者の方々と。

d0112928_08354256.jpg
ミネソタ州から来たMarkさん(2人とも同じ名前)が、日本のモンベルを愛用。神原さんも愛用のモンベルジャケットで記念撮影!

あっという間の4日間、、、、。素晴らしい体験でした、、。

d0112928_08375122.jpg
神原様、今回でお二人とご一緒させていただいたのは3回目。一度目はスタンレーミッチェルハット縦走、2度目はシャドーレイクロッジ、そして今回は憧れのアシニボインロッジ、、、。いつもいつも本当に楽しい時間をありがとうございます!お二人とまたお会いできることを、心より楽しみにしております!

ヤムナスカ・ガイド篠崎 洋昭(しのざき ひろあき)
ガイドプロフィールはこちらから



# by ymtours | 2018-02-16 08:58 | ふたりの山旅 | Comments(0)

オーロラ撮影は難しいと思っているあなた。今年はオーロラ撮影に挑戦しましょう!

d0112928_03012302.jpg

 皆さんこんにちは!ガイドの植木マサです。ただいまオーロラツアーのガイドを担当するため、ユーコン準州ホワイトホースの事務所にやってきました。

 突然ですが、皆さんはオーロラ!と聞くと、どのようなイメージを頭に浮かべますか? きっと多くの方は、良く広告や雑誌でみるようなカーテン状にたなびく下のような写真をイメージするのではないかと思います。

d0112928_03382039.jpg
 うーん。素晴らしいオーロラですね!


 誰でもこんな素敵なオーロラ写真を撮ってみたいと思いますよね? もちろんオーロラ撮影は簡単ではありませんが、実は未経験者の方が思っているほどに難しいものでもありません。今日は、そんな未経験者の方に少しでも参考になればと思い、僭越ながらオーロラ撮影のブログを書かせていただきました。

 もちろん私はプロの写真家ではありません。また、決して凄腕のテクニックを持っているわけでもありません。しかし、いままでにそれなりのオーロラ写真を撮影してきた経験はあります。過去にはたくさん失敗もしましたが、その度に学ぶことも多くありました。やはり、それなりにクオリティーの高いオーロラ写真を撮影するためには、使用する機材と道具が命。

 逆に言えば道具がしっかりしていればラッキーショットもありえますし、ちょっとしたTIPSを覚えるだけで、けっこう簡単にすごい写真が撮れてしまうこともあるんですよ。

d0112928_03381991.jpg

 道具と言えば、まずはカメラ本体。

 撮影するにはカメラが必要です。『当然だろう!!』という声が聞こえます!! そう、当然なのですが、カメラなら何でも良いというわけではありません。まず値段やメーカーはさておき、カメラの機能が大切です。
 
 オーロラ撮影に最低限必要な機能としては、シャッタースピードが手動で変えられて、最低10~20秒ほどのスピードに設定できるものとなります。

d0112928_03382095.jpg

 次は、ISO感度です。ISO感度とは、デジタルカメラが光を捉える能力の値と言うことができますね。ISO感度の数値が高ければ、より敏感に光を写しとり、より速いシャッタースピードを切ることができます。ISO感度が手動で変えられるもので、ISO1200かそれ以上の高感度設定ができると良いですね。

d0112928_03382038.jpg

 ISO感度は高い数値を設定するほどに、画像にノイズが乗りやすくなっていきます。よって、理想的なカメラとは、たとえばISO1600以上の高感度でもノイズのほとんど乗らないカメラとなるのですが、やはりこのクラスのカメラとなると、値段もけっこうお高くなってきます。

d0112928_03381989.jpg

 あとバッテリーの持ちの良いカメラであることも大切ですね。最高のオーロラが出現しているのに、バッテリー切れなんてのは本当に良くある話です。やはり予備バッテリーも必要ですね。フル充電したから大丈夫なんて考えていると、悔しい思いをします。

 普段生活していると分かりませんが、オーロラを見る季節は大体が秋の終わりから冬。緯度は60度~70度の寒い場所です。そこはマイナス10℃以下、時にはマイナス30度以下になることも珍しくはありません。そこにカメラを持っていくと、フル充電していたバッテリーは、な~~んにもしていなくてもあっという間に充電がなくなります。気温がマイナス20度を下回ると、物凄い勢いでバッテリーは減っていくんですよ。常にフル充電した予備が最低でも1つは必要です。

d0112928_03435695.jpg

 最後に三脚のことを少しお話ししましょう。

d0112928_03382009.jpg

 『え~~、地面に置けばいいじゃない??』とか、『何かに立てかけるからいらない!!』とか聞こえてきそうですね。はい、もちろんそれでも可能です。しかし、良い写真を撮るとなると話は違ってきます。
 
 試しに三脚なしで、地面や何かしらの台の上に置いて撮影したらどうなるか? 良くある例とはこんな感じですね。

d0112928_03250238.jpg

 広い夜空のどこに出るかわからない上空のオーロラに、適切な角度で確実にカメラを固定できる都合のいい地面なんて、この世に存在しないことが分ることでしょう。しかも雪の上で。
  
 仮にうまく地面に置いたとして、ファインダーを覗いてみてください。大抵は覗くことすらできないはずです。

『液晶で確認するから大丈夫!!』と思っているあなた、地面に置いたカメラの液晶を確認してみてください。ガンバって地面に這いつくばっても見えるものは何もないでしょう。

 そんな困難を簡単に克服できるアイテムが三脚です。なにも高価なものを用意する必要はありません。三脚選びで最も大切なことは、カメラ本体(レンズを含む)の重量とのバランスです。

d0112928_03323288.jpg


 いかがでしたか? オーロラ撮影にちょっと興味が出てきた方は、ヤムナスカの誇る『オーロラ完全ガイド』をご覧ください。私の説明よりもさら〜に詳しく、順序立てて撮影テクニックや機材の説明が掲載されています。実は私もこのサイトで勉強した一人です。(笑 
 
 せっかくのオーロラ旅行です。欲張って最高のオーロラ写真も撮影しちゃいましょう!

 




# by ymtours | 2018-02-10 02:39 | 山旅の豆知識や魅力 | Comments(0)

カナダの入国に必要な『eTA』の申請をしてみましょう。

d0112928_01544757.jpg

 みなさんカナダ旅行を計画されていますか? こんにちは! ヤムナスカ ガイドの植木マサです。これからカナダに渡航を予定されている方は、日本出発前に必ず行わなければいけない手続きがあるのをご存知だと思います。そう、それが電子渡航認証システム(Electronic Travel Authorizations)、略して『eTA』です。このeTAの申請にはちょっと一手間が必要なんですが、今日はこの申請方法について少しお話ししたいと思います。


皆さんはこんなカナダの景色を見たいですよね?


d0112928_02311653.jpg


はたまた、こんな動物との出会いを期待していますか?



d0112928_02310626.jpg


 そう、カナダは自然豊かで雄大な景色をこれでもかと堪能できる、本当に素晴らしい国です。しかし!!これらの景色を見にカナダへ来るためには『eTA』の申請が必要なんですね。

 まず、電子渡航認証(eTA)を申請する必要がある方、対象者についてご説明しましょう。

 カナダ、米国以外の国籍で、かつカナダ入国にビザが必要のない国籍の方は、空路でカナダに向かう前にeTAを取得しなければなりません。陸路または海路でカナダに入国する場合は、eTAは不要です。

 日本人はカナダ入国にビザが要ありませんので、この申請の対象になるわけです。ちなみにeTAはビザではありませんのでお間違えの無いように。

 このeTAのオンライン申請には、パスポートとメールアドレス、申請費用として7カナダドルを支払うためのクレジットカードが必要です。一度申請すれば5年間は何回でも入国が可能ですが、申請時にパスポートの有効期限が5年未満の場合、eTAの有効期限もパスポートの期限までに短縮されます。

 では、いよいよ申請方法についてご説明していきましょう。実は申請フォームは完全に英語かフランス語のみしかなく、これが日本人にとっては敷居を高くしている要素の一つだと思います。しかし、日本語の解説がきちんと準備されていますのでご安心を。日本語の【申請フォーム記入ガイド】を画面に表示しながら、もしくはプリントアウトして手元に置いて見ながら申請していくと、それほど難しくないですよ。


d0112928_02310542.jpg


 ちなみに私はこうして画面を2つ並べて、日本語ガイドを見ながら申請書類を作成しました。



 下に2つのリンクがあります。


 【eTA関連サイト】


 eTA日本語説明ページ
 http://www.cic.gc.ca/english/visit/eta-facts-ja.asp


 申請フォーム記入ガイド(日本語)
 http://www.cic.gc.ca/english/pdf/eta/japanese.pdf


 申請フォーム記入ガイド(日本語)は、PDFファイルですのでダウンロードしておくと便利です。


 上のリンクから、【eTA日本語説明ページ】に進みましょう。まず、はじめのページでは、申請するにあたっての準備や注意事項が書いてあります。よく読んで徐々に画面をスクロールしていくと、画面の一番下あたりはこんな画面になります。

d0112928_02310715.png


 『eTAを申請する』を押して進みます。


 【電子渡航認証(eTA)を申請する】という画面が出てきましたね。この画面にも支払いに関してや、注意事項が書いてありますのでよく読んでスクロールしていってください。日本語のPDFをダウンロードできる画面がありますが、上の【申請フォーム記入ガイド】と同じですのですでにダウンロードしている方は必要ありません。

 画面の一番下まで来ると、またまた同じボタンが出てきます。もう一度この『eTAを申請する』クリックするといよいよ申請画面です。




 しかし! この先には一つ罠が仕掛けてありました。


d0112928_02311680.jpg
なんと、完全に英語の画面が表示され、この画面は日本語ガイドに載っていません!! パニック!!!


でもご安心を。こんなことが書いてあるだけです。






 Do you have a passport issued by France?

 (フランスで発行されたパスポートを所持していますか?)



 日本人ならば、パスポートは日本語ですので、張り切って【NO】を選択してやりましょう!! 『Continue』を押して進むと、パスポート番号、発行された国の情報がパスポートのどの位置にあるか説明されています。



 そのままずーっと画面をスクロールすると、画面の一番下に

d0112928_02311742.png

 のボタンが出てくるので押してください。   
 その後は日本語ガイドに説明がのっているので安心ですが、私たちのウェブサイト『ヤムカナ』の旅の準備と情報のページには、さらに詳しく申請方法を解説していますので、こちらも合わせてご参考にしてください。


 最後に一つポイントがあります。カナダ行きが決まったら、すぐにeTAの申請を始めてください。というのも、許可が下りるまでに時間がかかる場合があるためです。決してぎりぎりに行わないように!!

 いかがでしたでしょうか? eTAの申請はそれほど難しくなさそうだと思っていただけたら嬉しいです。
では、カナダにお気をつけてお越しください。お待ちしてます!!


# by ymtours | 2018-02-06 01:53 | 山旅の豆知識や魅力 | Comments(0)

カナダの大自然の中で、1泊の家族キャンプ体験をしてみませんか? 人生観が変わること間違いなしです。

d0112928_03180576.jpg
 みなさん。家族キャンプを楽しんでいますか?
こんにちは、ヤムナスカ キャンプ推薦委員顧問(自称)の植木マサです!!

 私は山に夢中だったら学生時代からキャンプが大好きでして、暇さえあればテントや食料を担いで山にこもっていました。大自然の中で食事をしたり、寝袋の中で寝たりするって、それだけで価値があると思いませんか?

 そんな私ですが、カナダで家族ができてからは、昔以上にキャンプやバックパッキングが大好きになりました。もちろんカナダの大自然は、日帰りハイキングでも十二分に楽しむことができますが、キャンプも本当に素晴らしいんですよ。特にお子さんのいる方でしたら、是非とも一泊でも良いのでカナダのキャンプを体験して欲しいと思っています。そんな訳で、今回はこの家族で楽しむキャンプ体験の魅力をお話ししたいと思います。


キャンプのスタイルには大きく分けて2種類。


 一つは、車でキャンプサイトまで行くタイプ。荷物は車に積めるだけのもの、食事も遊び道具も気にすることなく、快適なキャンプ生活を体験できる。そう、これが「オートキャンプ」ですね。

d0112928_01481937.jpg
 
 もう一つは、バックパッキング&キャンプ。荷物は自分たちで担ぎ、テント、食料もすべて持ってキャンプ場まで運び、必要最低限の荷物で大自然の中でのキャンプ生活を体験する。オートキャンプとは異なるキャンプの楽しみ方です。

d0112928_02152365.jpg

 どちらも家から出て自然を体験するキャンプには違いありませんが、自然本来の野生的な魅力を肌で感じるには、断然にバックパッキング&キャンプがお勧めです。


大自然の中でキャンプなんで、なんか難しそうで、怖くないのかな?

子供には敷居が高いのでは??


 こんな声が聞こてきそうですが、確かにそう思う方が多いのも分かります。しかし、車では行けないような場所でのキャンプ体験は、オートキャンプとはまったく異なる魅力があるのです。

d0112928_08585958.jpg

 大自然の中でのキャンプの魅力は、なんといっても自然が本来持つ世界観、空気を肌で感じ、子供たちが町の生活では絶対に知ることのできないような、”新しい世界”を経験できることですね。ハイキング、テント張、炊事、片付け、それらを自分たちで行い、自然の中で過ごす時間は、子供だけではなく、大人にとっても本当に素晴らしい時間です。

 でも、「キャンプ道具は持っていない。」「重い荷物を持つのに抵抗がある。」「何を持って行ったらいいかわからない。」といったことがネックになるんですよね。ご心配なく。私たちのガイドとともにキャンプに行くと、それらの不安は一瞬でなくなります。過去に私たちと一緒にご家族でキャンプツアーに参加していただいた方を少し紹介しましょう。


d0112928_01573199.jpg


 ここは「カナディアンロッキーの聖地」として非常に有名な「レイクオハラ」のキャンプ場です。山深いロッキーの山奥、まさに大自然の魅力がすべて詰まったようなエリアですが、専用のバスを使うことでアクセスできるため、比較的簡単に大自然でのキャンプ体験ができる貴重な場所の一つです。設備が充実しているこの場所は、人数が限定されているので込み合う心配はなく、しっかりと炊事場もありきれいなトイレも完備されている場所なんですね。

d0112928_08585952.jpg

 テント場もご覧の通り、しっかりと区画された平らな場所が用意されて、雨が降っても水たまりができにくいように整備されています。ここで家族そろってテントを張り、炊事をして日中は素敵な湖や山を見に行くハイキングに出かけます。

d0112928_02001262.jpg

 いかがですかこの写真!まるでCMのようですが、これ、絶景に見とれている瞬間を撮影しただけです。ヤラセじゃないんですよ(笑)

d0112928_02005478.jpg

 山の食事はフリーズドライかレトルトと思っていませんか? もちろんキャンプですので、何でもかんでも持っていくわけにはいきませんが、ツアーではちょっとした工夫で大満足のアイデア料理をご提供したいと考えています。皆で一緒に料理を作り、山で食べるご飯って美味しいですよね。

d0112928_08590091.jpg

 子供さんは夏休みの宿題もあるでしょう。のんびりとした雰囲気の中で、ちょっと思いついた課題に取り掛かることも子供にとって新鮮に感じるのではないでしょうか? その時に感じた感想、思いついた事を書くことができることも本当に素敵な体験だと思います。

d0112928_08590016.jpg

 朝のコーヒーは大人向けの時間ですね。大自然での朝はのんびりと楽しみましょう。

d0112928_08590090.jpg
 私もそうですが、自然の中で感じ、体験したことは不思議と忘れないものです。もし、ご家族でカナダ旅行を計画されている方は、思い切ってキャンプ体験をしてみませんか? 最高に素敵な思い出と経験を、この夏休みに味わってみましょう!!




# by ymtours | 2018-02-03 07:44 | 山旅の豆知識や魅力 | Comments(0)