車両規制により、今やロッキーで最もプレミア感の高い日帰りハイキングコースとなったラーチバレー。

d0112928_02592143.jpg

 皆さんこんにちは。ヤムナスカの石塚です。この写真の景色を見てください! これは決して画像を加工して色味を増しているわけではありません。ここはロッキーで最も美しい湖の一つと言われるモレーンレイク。独特の色彩で輝くこの湖は、個人的にロッキー3大氷河湖の一つだと思っています。

d0112928_05183147.jpg

 モレーンレイクはレイクルイーズと並ぶ観光地であり、車で湖畔近くまでアクセスできることから、多くの観光客が訪れる場所です。しかし、この場所が今やロッキーの中でも個人で行くにはとても困難になっていることをご存知でしょうか? その理由は、駐車場へと続く唯一のアクセス道路であるモレーンレイクロードに車両規制が敷かれ、駐車場が満車になるとこの道路に入ることができなくなるためです。観光バスや商用車、専用のシャトルバスには特別な許可証が発行されるため、規制後でも入ることができますが、許可証のない個人の車両やレンタカー利用者は道路に入ることができません。

d0112928_05183112.jpg

 モレーンレイクは超一級の観光名所であるにも関わらず、実は駐車場が非常に小さいのですが、これは湖が谷あいを上り詰めた先の山奥ににあるためです。よくよく考えると、この場所にしっかりとした駐車場が整備されているだけでも凄いことなんですね。

d0112928_05185011.jpg

 もともとこの駐車場はそれほど大きくないためにすぐに満車となり、規制が敷かれる以前はモレーンレイクロードにずらっと路上駐車をされることが日常茶飯事でした。これら駐車場から溢れた縦列駐車の列は2km以上先まで延びることもあったんですね。この道路は山間部に伸びる一本道であるため、ここで事故や渋滞が発生すると大きな問題になり兼ねません。そこで国立公園局は、昨年より道路の入り口で入場規制を始めたのです。

d0112928_05185179.jpg


 車両規制の場所は、レイクルイーズへと続く道「レイクルイーズドライブ(Lake Louise Drive)」と「モレーンレイクロード(Morain lake Road)」の分岐点となります。モレーンレイクロードはこの分岐点から湖畔の駐車場まで約12kmも続く一本道であるため、途中で規制をかける場所がありません。そのため、この道の入り口で制限をするようにしているのですね。


d0112928_05185623.jpg


 こちらは車両規制のなかった時代の分岐点です。Googleストリートビューから画像を拝借しました。現在はこの場所に国立公園局の職員が立ち、簡易バリケードを建てることで車両をコントロールしています。


d0112928_05183133.jpg


 車両規制は早朝6:00から敷かれ、以後は駐車場が満車になるとすべての一般車両は通行禁止となります。駐車場が大きくないため、7:00前には満車となってしまうことも珍しくはありません。

d0112928_05184274.jpg

 この規制により駐車場や道路の混雑はなくなりましたが、基本的にいつも満車状態であることが多く、よっぽどタイミングが良くないと規制を通過することができないように感じます。先日、私も家族とプライベートで訪れたのですが、やはり満車状態であったため、モレーンレイクへ行くことができませんでした(泣) 観光バスや商用車、専用のシャトルバスには特別な許可証が発行されるため、規制後でも入ることができるのですが、今の状況を考えるとこれら専用車を利用するのが一番現実的な方法と言えるでしょうか。 私たち地元の人間にとっても、個人で行くには非常に面倒な場所になってしまったというが正直な気持ちですね。


d0112928_05184209.jpg


 レイクルイーズビレッジからモレーンレイク駐車場までのシャトルバスは数社により運行され、ご覧のような中古のスクールバスが利用されています。値段と運行スケジュールは会社により違いますが、片道$15~$25が目安となるようです。
 

d0112928_05185188.jpg


 何かと不便なこの道路規制ですが、良いこともあります。それはモレーンレイク湖畔から始まる人気のハイキングコース、ラーチバレーの混雑が劇的に減ったことです。規制が敷かれる3年前までは、週末ともなると数珠つなぎに人が連なるほどの混雑も珍しくはありませんでした。しかし、今年の夏はトレイルを歩く人も少なくなり、まさにカナダらしい、ゆったりとしたハイキングを楽しめるようになりました。
 

d0112928_05184390.jpg


 この写真は規制初年度の2017年(昨年)9月のものです。ラーチバレーが一年で最も混雑するのが秋の黄葉シーズンなため、他のロッキーのコースと比較したら人は多い方なのですが、それでも規制前に比べたら本当に人の数は少なくなったと感じます。

d0112928_05185042.jpg


 一面が黄色やオレンジに染まるラーチ(カラマツ)の世界。ここはロッキーの中でも本当に特別な場所だと思います。


d0112928_05185027.jpg


 人が少ないのは素晴らしいことですが、そうなると不安なのはやはりクマ問題ですね。このラーチバレーコースはもともとグリズリーベアーの生息地であるため、ロッキーでも珍しく人数規制が敷かれる場所でもありました。このコースは、クマの活動状況により4人以上のグループで歩くことが義務付けられることがあります。この夏は今のところ規制は敷かれていませんが、トレイルの入り口に看板があるのでチェックが必要です。2年前はこの規制を無視して歩いていたハイカーが高額の罰金を課せられたという話もありますので、必ずチェックをしましょう。


d0112928_06322296.jpg


 車両規制により人が少なくなったことで、クマにとってはより住みやすい場所になりつつあるのではないでしょうか。車両規制前の人の混雑を知っているだけに、自然保護という点で考えても今回の車両規制は必要なことだと感じます。


d0112928_05183170.jpg


 3000m級の山々が10座連なるテンピークスと、広々としたU字谷の景観。氷河、湖、岩山、高山植物など、このコースにはカナディアンロッキーのハイキングの魅力がすべて詰まっていますね。季節により初夏から秋まで様々な様相を楽しませてくれるのです。

 
d0112928_06370819.jpg

 いかがですか。今やラーチバレーはロッキーの中でも最もプレミア感の高い日帰りコースと呼べるのではないでしょうか? ヤムナスカのガイドハイキングなら、車両規制の心配もありません。個人ではなかなか行くことが難しくなりつつあるラーチバレーのハイキングを、是非一緒に楽しみましょう! 最後にきっちりとセールストークを交え、この記事を終わりたいと思います。(笑)

ラーチバレーのハイキングツアーはヤムカナのページをご覧ください。

# by ymtours | 2018-08-10 06:23 | 山旅の豆知識や魅力 | Comments(0)

花と湖を周る絶景ハイキング - ヘレンレイク

d0112928_11450238.jpg

皆さん、こんにちは。
ヤムナスカ・ガイドの水野です。

今回、昨日に続き、リピーターの柴田様ご夫婦、そして、リピーターの浅野様、中澤様の4名様を
ヘレンレイク(Helen Lake)へ案内させて頂きました。

d0112928_05414970.jpg
クロウフット氷河とボウレイクです。
氷河がこんな身近に見れるなんてカナダはすごいです。
d0112928_05422302.jpg
山火事跡を発見。
その焼けた木々の中にきれいなランの花畑がありました。

この火事も生態系の中で重要な役割をもたらしていますね。

d0112928_05423935.jpg
いざ、ドロミテ山を見ながら、ヘレンレイクへ向かいます。
山火事で、少し煙っぽいですが、ロッキーらしいごつごつした山がそそり立っています。

d0112928_05452085.jpg
赤、黄、紫など色とりどりの花畑。
インディアンペイントブラシ、アーニカ、アネモネの咲き終わった綿毛など
自然にこういった花が群生していることに驚きです。
d0112928_11322311.jpg
360度絶景が広がっています。
川を渡れば、もうすぐヘレンレイクです。
d0112928_05303989.jpg
無事ヘレンレイク到着です。
お疲れ様でした。
正面に見える山もいつかは登りたいですね。

d0112928_11331551.jpg
帰路へ向かいます。
名残惜しいですが、ヘレンレイクを後にし、メドウを抜けていきましょう。
d0112928_05454472.jpg
ベストショットはどこからでしょうか?
ドロミテ山をバックに花の撮影会です。

素晴らしい景色が広がっていました。
d0112928_05460477.jpg
岩の上にマーモット発見!
サプライズは後半にとっておくものですね。


ツアーの始めにマーモットが見たいというご要望があったので、
当初の予定通り、撮影タイムです。笑
マーモットさん、2分ほど、岩の上で止まって頂きました。


4名全員何度もカナダへ、また、ヤムナスカのツアーにご参加頂いているお客様で
カナダの様々な地名、花などご存知の方々ばかりで、
私自身、色々と勉強させて頂きました。

また、来年お会いできることを楽しみにしております。
ツアーにご参加ありがとうございました。

ヤムナスカ・ガイド 水野達也(ミズノタツヤ)
プロフィールはこちら



# by ymtours | 2018-08-09 11:50 | 出会いの山旅 | Comments(0)

レイクルイーズを上から見れる絶景ハイキング

d0112928_12461610.jpg
皆さん、こんにちは。ヤムナスカ・ガイドの水野です。
今回は、柴田様ご夫婦をリトルビーハイブ&レイクアグネスへご案内させて頂きました。

レイクルイーズを上から見るにはこのポイントが絶好の撮影場所です。
距離にして、4.3㎞くらいなので、比較的行きやすいハイキングルートです。
d0112928_12465847.jpg
登山入り口付近では、乗馬している人がいました。
柴田様も以前やられたそうで、2-3時間程楽しめるそうです。

d0112928_12544771.jpg
樹林帯を2kmほど歩き、突如出てくる湖<ミラーレイク>です。
カップケーキのような形の山で、とても印象的です。
あの上には小屋もあり、ビックビーハイブのルートになっており、歩いて行けます。

d0112928_12561817.jpg
氷河のお目見えです。

d0112928_12565151.jpg
無事、リトルビーハイブ到着です!
シャトウレイクルイーズとレイクルイス全体を撮影するには、ここがおすすめです!
今日は晴れていたので、湖もエメラルドグリーンに輝いていました。
d0112928_13013783.jpg
ご飯を食べていると、地リスが目の前に歩いてきました。
ご飯を欲しそうに待っていますが、心を鬼にしなければなりません。

d0112928_13054224.jpg
レイクアグネスに到着です。
こんなところにきれいな湖と絶壁があり、驚かれていました。
大自然の力は偉大ですね。
d0112928_13055792.jpg
帰りに滝を眺め、写真を撮ります。
強い日差しも和らぎます。
d0112928_13062074.jpg
無事到着!お疲れ様でした!

振り返って驚きです!
思っている以上に高い所まで登っていたのです。
とてもスムーズにハイキング出来、安心しました。
d0112928_13063111.jpg
帰りにバーミリオンレイクまで、ドライブです。
ランドル山、サルファー山、トンネルマウンテンなども一望できるこの場所は、
おすすめの展望スポットです。

柴田様、この度はツアーにご参加頂き、ありがとうございました。
夏、冬のカナダを知り尽くしたリピーターのご夫婦なので、
知ってることばかりだったかもしれませんが、
優しくご対応頂き感謝です。

次は、12月にユーコンですね。
また、お会いできることを楽しみにしております。

ヤムナスカ・ガイドの水野達也(ミズノタツヤ)
プロフィールはこちら


# by ymtours | 2018-08-08 05:24 | ふたりの山旅 | Comments(0)

貸し切りの絶景が楽しめるレイクオハラツアー

d0112928_10264981.jpg


こんにちは。ヤムナスカ・ガイドの水野です!
今回はレイクオハラのマッカーサーレイクへ佐藤様ご夫婦をご案内させて頂きました。

レイクオハラは、「秘境」という名が相応しい、プレミアムな場所です。

オハラのパーキングから、レイクオハラまでは、11kmありますが、
この道のりは、バスで行くか、歩きで行くかの2択しかありません。

日帰りとしてハイキングを楽しむ場合、1日にオハラまでのバスは、2便のみ。
この数少ない席数を勝ち取る為には、3か月前からバスの予約をしなければなりません。

しかも、この時期は激戦となっており、スタッフ一丸となり、
複数台の電話を駆使して、やっと繋がるかどうかという、大変価値のあるバスです。

d0112928_10235853.jpg
無事、受付を終え、バスに乗り込みます。
砂利道を20分かけて向かいますが、途中、動物も見れるチャンスがあります。
d0112928_12133393.jpg
バスの中では、パークスカナダの人が、国立公園内でのルールを説明してくれました。
1 トレール上を歩くこと
2 草花を摘まないこと
3 ごみは持ち帰ること
4 動物にエサをあげないこと

これは、最低限のルールですね。
ロッキーでは、どこでもこのルールは順守しましょう!
d0112928_10254404.jpg
さて、出発です。
レイクオハラを後にし、2キロほど登っていくと、開けた場所が出てきました。
d0112928_10252395.jpg
さっそく花畑発見!
インディアンペイトブラシやウメバチソウ、アルパインアーニカなど
高山植物もたくさん見れます!
d0112928_10250958.jpg
今がベストシーズンです!
インディアンペイントブラシが豪快に咲き乱れていました。
d0112928_12182381.jpg
黄色、赤、白、紫など色とりどりの花が咲いていて、圧巻です。
d0112928_10260695.jpg
丘を上がって行くとレイクマッカーサーが見えてきました!
d0112928_10262334.jpg
これがレイクマッカーサーです!
絵になりますね。
目の前に見えるビドルマウンテンと氷河。そして、青い湖。

写真では伝えられないくらい見事な景色に佐藤ご夫婦も感動されておりました。
ここで、40分ほどランチタイムです。
d0112928_10271851.jpg
ライチョウです。
鳴き声を頼りに探したところ、発見!
d0112928_10280370.jpg
行きに写真は撮りましたが、帰りももう一度撮影タイムです。
何度見ても飽きない綺麗な花畑がレイクオハラにはありました。
d0112928_10284142.jpg
名残おしいですが、花畑を後にし、メドウを抜けていきます。

d0112928_10293506.jpg
無事到着!
そして、幸運にもオハラの名物キャロットケーキが!

ここに来たらぜひお試しください!
キャロットがスポンジに練りこまれており、
その上には、クリームチーズ。
甘さと酸味のバランスが相まって、幸せな気分にさせてくれます。
(佐藤様、大変ごちそうさまでした!)

この度は、ツアーにご参加いただき、ありがとうございました。
クライミング編も楽しんでください。

また、お会いできることを楽しみにしております。

ヤムナスカ・ガイド 水野達也(ミズノタツヤ)
プロフィールはこちら

# by ymtours | 2018-08-07 12:44 | ふたりの山旅 | Comments(0)

アシニボインロッジ・史上最大のリベンジ編・N様とA様との旅(前半)

d0112928_12222163.jpg
アシニボインロッジへ再チャレンジ!!
皆さん、ヤムナスカガイド・ヒロです!
今回はヤムナスカ超常連様のN様とA様と、アシニボインロッジ滞在型ハイキングへと、ご一緒させていただきました。
実はお二人、昨年のちょうどこの時期にカナディアンロッキーへお越しいただき、その目的はアシニボインロッジ、、、、。しかし、覚えておられる方もいると思いますが、昨年はアシニボイン州立公園周辺での山火事の影響で、公園への入山が禁止されてしまい、行き先を急遽変更しなければならないということに。それでも本当に前向きなお二人は、やむを得ず変更となった行程を楽しんでいただけました。いつもいつも、お客様の皆様に助けられ、つくづくこの仕事は最高だ、、、と思わせてくれます。

実は私は、お二人と2度目の旅となります!一度目はエスプラナーデの旅でした。あれから早いもので4年が経ちましたが、お二人の輝くような心と笑顔は今でも変わっていません!
さあ!昨年のリベンジは、はたしてどうなったのでしょうか!?

d0112928_12203175.jpg
今回はキャンモアの町にあるヘリコプター基地から、直接飛んじゃいました。いいーーんです!お時間の限られるお二人の旅行は、出来るだけ効率よく行きましょ!
d0112928_12215201.jpg
あっという間のフライトでしたが、素晴らしい景観が、、、、。「♪写真ーには写らない♪」美しさがそこにはありました、、、。
d0112928_12454239.jpg
到着するとそこは夢のような世界が、、、、。本当に現実?夢を見ているのではないかな?と、お二人からは感動をとおりこして、強烈過ぎる自然美を見せ付けられて圧倒、、、。それだけの美しさがここにはあります。
d0112928_12415436.jpg
ロッジに早々に到着したわれわれは、早速準備をしてハイキングへ出発!
d0112928_12420141.jpg
一瞬たりとも無駄に出来ませんね(笑)でも、まったりとお花と対面する時間はしっかりあるのです。
d0112928_12435991.jpg
快調に、心地の良いペースであっという間にワンダーパスへ到着!
d0112928_12441021.jpg
珍しいマンテマの仲間が出迎えてくれました。
d0112928_12480254.jpg
ここからが本番です。もうトレイルは歩きません。これこそがアシニボインでの醍醐味!われわれしか知らない、別世界がまっています!
d0112928_12485683.jpg
もう、お花だらけ、、、。テンション上がりっぱなしのお二人(笑)
d0112928_12481030.jpg
カラフル。
d0112928_12493798.jpg
ワタスゲ、こんなに群生してるの、あまり見たことありません。
d0112928_12500208.jpg
うーん、周り、誰もいません、、、。なんて贅沢。
d0112928_12515198.jpg
かっこいい!
d0112928_12515755.jpg
もういっちょ!
d0112928_12550538.jpg
ハイキングを終えた後はシャワーでさっぱり!とっても清掃が行き届いた綺麗なシャワーで汗を流します、、。あー最高。
d0112928_12525049.jpg
翌日はナブピークを目指します。この池はガイド達の王道。

d0112928_12564334.jpg
もりもりの高山植物!半端無いですー!
d0112928_12594624.jpg
写真を撮りながらゆっくりと歩けば、あっという間にナブレットに到着。さあ、もう一息でピークです!
d0112928_12595633.jpg
細尾根ではゆっくりと焦らず一歩一歩。とても上手にわたれました!
d0112928_13005126.jpg
はしゃぎすぎて、頂上での写真忘れました(笑)早速下ります。あれNさん?
あ、写真取ってるんですね(笑)
d0112928_13005741.jpg
ゆっくりゆっくり。とても上手です。今日も地図には載っていない秘密のトレイルです(笑)
d0112928_13031522.jpg
なんと、雪崩の雪が残っていた為、アネモネが群生していました!アネモネ・スリーシスターズ。
d0112928_13042011.jpg
洗練されたダイニングルーム。アシニボインロッジは、料理が最高に美味いです!
d0112928_13042775.jpg
キッチンスタッフは女性が多く、たくましい限りです!
d0112928_13065403.jpg
日替わりでメニューは変わります!
d0112928_13052427.jpg
当日にアシニボインの(3618m)登頂を果たしたロッジスタッフの2人が、登山の様子を語ってくれました。とても有意義な時間でしたね。
d0112928_13060453.jpg
さて、この日は下山日ですが、朝もまた驚きです、、、。感動の連発。
d0112928_13070222.jpg
静寂。
d0112928_13071457.jpg
貸切。
d0112928_13041592.jpg
アシニボインロッジの滞在はいかがでしたか?想像を超えた世界がまっていたのではないでしょうか、、、。
滞在中に、3人でよく語り合いましたね。「この目で見てみないと、この感動は伝わらない、。」言葉の限界を超える自然の美しさが、そこにはありました。体全体で自然を感じるとは、こういうことなのかと、改めて教えてくれました。

さて、明日はヘレンレイクでのハイキング、そしてその後はいよいよレイクオハラへ入山です!後半戦はカナダ山岳協会の運営する、歴史の深い山小屋「エリザベス・パーカー小屋」でのハイキングです!乞うご期待!

ヤムナスカ・ガイド 篠崎洋昭
ガイドプロフィールはこちらから





# by ymtours | 2018-08-06 13:20 | ふたりの山旅 | Comments(0)