Sunshine Meadow

始めまして、ヤムナスカガイドの横堀です。

アメリカの独立記念日である7月4日に、アメリカはテキサスよりお越しのKimura様を初夏のカナディアンロッキーの目玉、Sunshine Meadowへご案内させて頂きました。

熱気に溢れたCanada Dayも終わり、ここバンフの町では動物の気配も戻り大自然の吐息を肌で感じられます。静寂に包まれたバンフにてKimura様夫妻と合流後、標高2300mに広がる巨大な草原、Sunshine Meadowへ向かいました。
バンフより程よい距離にあり、オープンの期間も長く地元で大人気のスキー場、Sunshine。
冬のスキーヤー達を名残惜しむように最後の雪が静かに姿を消し、訪れた春をたたえ、我こそはと花たちが一気に姿を見せ始めます。
春の息吹が感じられる中、いよいよハイキングのスタートです。

今日のルートは草原に豊かな水面をたたえる3つの湖を回ります。
歩き始める事20分、森林限界の上に到達。一面に草原が広がり、遥か彼方にはカナディアンロッキーの山々が。
草原に所々露出する岩は石灰岩。何処となく秋吉台の風景を彷彿させます。
わずかに残った雪渓を押し上げるように、満ち溢れるエネルギーと共に小さなつぼみが頭を出します。
生命の力強さを感じていると、1つ目の湖;Rock Isle Lakeに到着。
d0112928_14412778.jpg


Rock Isleより流れ出る小川をたどると、2つ目の湖;Grizzly Lakeが現れます。
d0112928_1441593.jpg


ここで少し、五感を使って自然を感じるエクササイズ。目を閉じ体で風を感じます。自らが風見鶏になり、風の吹く方向へ体を向けます。目には見えない風、しかし体で感じ取ると微妙な空気の流れさえも分かるようになります。今度は、耳を澄ませて自然の音の種類を数えます。神経を集中させると今まで聞こえてこなかった春の音までも聞こえてきました。
カナディアンロッキーの春。心のアンテナを自然に向ければ、そこにはメッッセージがいっぱい。自然からのメセージを拾いながら3つ目の湖;Larix Lakeへ向け出発。
トレイルはいったん草原地帯の淵に出ました。緩やかに続く渓谷を深く見下ろすと、改めてこの草原が2300mの標高にある事を実感します。

Larix Lakeに到着。
d0112928_14423670.jpg



その後、雪渓の下を緩やかに流れる雪解け水を見ながら湿原地帯を進み、ハイキングが終了しました。大自然の中から戻り、聞き慣れたはずの文明社会の音を聞くと何故か違和感が。これは心も体も自然にどっぷりと浸かった証。人の足でwildernessに入り、体で感じとる大自然。これがロッキーの醍醐味。
Kimura様、本日はまことに有難う御座いました。
これからも、ロッキーの大自然を感じるための架け橋として魅力ある山旅を提案させていただきますので、ご期待ください。


(Yamnuska Guide:横堀 勇)

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
# by ymtours | 2008-07-14 14:55 | カナダの山旅 | Comments(0)

Plain of the Six Glacier

ヤムナスカガイドの小泉です。
今回は6月29日にテキサスからお越しのKimura様ご夫妻をカナディアンロッキーでも指折りの人気ハイキングコース「プレイン・シックス・オブ・グレーシャーとレイク・アグネス」をご案内させていただきました。

ここ1週間ほどロッキーも真夏のような暑さが続き、青空が空いっぱいに広がるよいお天気に恵まれていました。
そして7月1日のカナダの建国記念日「カナダディ」を控え、長期休暇を取りロッキーに遊びに来る地元の人もたくさん見られ、この人気コースは多くのハイカーで賑わいを見せています。

d0112928_13475120.jpg

出発前、レイクルイーズで。湖の奥にはビクトリア山(3464m)が聳え、お天気もよくサイコーです。

まずは、平坦な湖畔をウォーミングアップ代わりにのんびりと歩きます。
観光客の方も多く、朝の散歩を楽しんでいるようでした。

湖対岸まで行き着くと、ハイキングコースは徐々に標高を上げ、先ほどまで遠くに聳えていたビクトリア山や「おにぎり型」のルフロイ山が間近に迫ってくる。
眩し過ぎるくらいの氷河と真っ青な空。
所々、冬の雪崩の残骸「デブリ」が行く手を阻むが、しっかりとした道がつけられていて安心して通り過ぎることができました。


d0112928_13482814.jpg

無事に今日の目的地「ティーハウス」にお昼頃到着。
快晴の空の下、ランチタイムを楽しみました。

d0112928_13491145.jpg

今日は気温も高く、ルフロイ山からは雷鳴のような音とともに氷河が崩れ落ちる様子が何度も見られました。

帰りは違うコースでレイクルイーズまで戻ることに。
途中のレイク・アグネスは小さな山上湖ですが、透明感のある真っ青な色に一同言葉を忘れてしばし見入ってしまうほどでした。

d0112928_13494738.jpg

Kimura様、カナディアンロッキーのご旅行楽しんでいただけましたでしょうか?
ロッキーには、まだまだ星の数ほどある素晴らしいハイキングコースや景観が訪れる人を魅了し続けてくれています。
是非、またこの大自然の宝庫「カナディアンロッキー」にお越しください。

(Yamnuska Guide:小泉 優)

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
# by ymtours | 2008-07-14 14:07 | カナダの山旅 | Comments(2)

Eiffle Peak(3084m)

今週も山へ登ってきました!
d0112928_1383314.jpg
Eiffle Peak【エッフェル ピーク(3084m)】でモレーンレイクが登山口。
d0112928_1310066.jpg
最近の天気で山頂には雪が積もったようで、迫力満点の景色を味わいました。
d0112928_13524199.jpg
岩棚にはモスキャンピオン(マンテマ属)が咲き始め、花の移り変わりを感じました。
d0112928_13575556.jpg
珍しい野生動物とも遭遇!Northern hawk-owl 【オナガフクロウ】

Kaoru Iwata (Yamnuska Guide)

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
# by ymtours | 2008-07-13 14:13 | その他 | Comments(2)

カナディアンロッキー日帰りハイキングwith Katada Family 

三重県からお越しのKatadaファミリーの皆さん、ヤムナスカガイドのヒロ(篠崎 洋昭)です。7月6日はLake Louiseから車で約20分の位置にある目的地のモレーンレイクへ。この日はカナディアンロッキーの中でも最も人気の高い1日ハイキングコースの一つ、ラーチバレー(Larch Vally)を歩きました。 美しいターコイスブルー色をした湖モレーンレイクからトレイルは始まり、標高をあげればその湖を囲むようにそびえ立つ10ピークス(10の峰)が一望でき、さらに美しい高山植物、貴重な野生動物が温かく迎えてくれる人気のコース。
 この日は天候が安定せず、雨が降ったり止んだりの繰り返し。しかしながら私たちが森林限界を超えたとたん雲が切れ、雨が止み、そのままランチの時間がが終わるまでの約2時間、素晴らしい景色を楽しむことができました。
今回は短い1日ハイキングでしたが、皆さんと楽しいひと時を過ごせた事に感謝します!
d0112928_9112999.jpg
この日のスタート地点モレーンレイク。この美しさに時間を忘れてしまいそう。
d0112928_912948.jpg
     出発時は最高の天気でした!最初は薄着で準備万端ですが、、、。
d0112928_9144833.jpg
    突然の雨が。冷たい雨の中でも皆さんの笑顔がありましたね。雨の中を歩
   くのも楽しいものです。
d0112928_916420.jpg
     雲が切れ始めました!さあランチの場所までもう少し!!
d0112928_9174228.jpg
   10ピークスをバックにとった最高の一枚!ランチも久しぶりのおにぎりで
   大満足でした!

  今回は皆様と1日という短い間のウォーキングでしたが、貴重な時間を皆様と   過ごすことができたことを感謝します!また皆さんとカナダディアンロッキーを歩くことができるのを楽しみにしています。

                                 文/写真 篠崎 洋昭
にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
# by ymtours | 2008-07-10 09:31 | カナダの山旅 | Comments(0)

シャドーレイク縦走ハイキングとロッキー縦断の旅

Mt.Ball & Shadow Lake
d0112928_1417306.jpg

ヤムナスカガイドの川嶋亮です。 
今回は関東近辺からお越しのS様グループ5名様をカナディアンロッキーにご案内させて頂きました。皆様、学生時代からのお友達ということで、気心の知れたお仲間同士で始終笑顔と楽しい会話の絶えない旅行となりました。

2008/7/5 Banff→Jasper
1日目はバンフから北へ300km程行ったジャスパーへ専用車で移動。カナディアンロッキーを縦断するこのコースで途中様々な観光スポットを巡ったり、景色の良いところを散策などしました。お天気にも恵まれ、皆様ロッキーの雄大な景色に感動されているご様子でした。
d0112928_144122100.jpg

7/6 Jasper→Banff
2日目は午前中はジャスパーで湖めぐりをしたり、ウィスラーズ山のゴンドラに乗り、景色の良い展望台に行ったりしました。展望台からは更に片道40分程のハイキングでウィスラーズ山の山頂を目指しました。午後はバンフへ帰る途中、昨日寄れなかったコロンビア大氷原の雪上車に乗り、アサバスカ氷河の上に降り立ち、氷河と山並の世界を堪能することができました。

7/7 Banff→Redearth Creek Trailhead⇒Shadow Lake Lodge
今日から2泊3日でシャドーレイク縦走ツアーがスタート。縦走ツアー初日はレッドアース・クリークのトレイルヘッドからシャドーレイクロッジまでのハイキング。歩行距離は13km、高低差440mの良く舗装された森林の中のハイキング道を歩いていきます。皆様の足どりも軽く、素敵な歌声も森の中にこだましていました。(Hさんの歌声も素敵でしたよ!)ロッジからはMt.Ballが良く見え、ここではありのままの自然を体験することができます。 今回は森の中にひっそりたたずむシャドーレイクロッジで宿泊。 設備も良く整い、ログキャビンのお部屋はとても綺麗で快適。 専属シェフによる料理もうわさ通りとてもおいしかったです。
d0112928_21364714.jpg

d0112928_2137551.jpg

7/8 Shadow Lake Lodge⇒Mt.Ball Unfitheatre⇒Shadow Lake Lodge
縦走ツアー2日目の今日はロッジからシャドーレイクの湖畔を歩き、湖を過ぎたあたりから旧ハイキング道に入りMt.Ballの岩壁のすぐ近くまで行くというコースです。 このコースは途中、小川を渡るために木の丸太の上を渡ったり、ハイキング道に大きな倒木が倒れていて林の中を迂回して進んで行くなど、なかなかのアドベンチャーコースでした。シャドーレイクの湖畔歩きも素敵でしたが、Mt.Ballの岩壁がだんだん近づき、山の上のほうに張り付いている懸垂氷河もよく見ることができ、とても迫力がありました。ランチは皆さんで川の横で食べ、周りにはまったく人のいない場所で大自然を満喫することができました。その後ロッジまで来た道を帰り、夕食の時間までそれぞれのんびりゆっくりした時間を過ごしました。
d0112928_22261383.jpg

7/9 Shadow Lake Lodge⇒Gibbon Pass⇒Twin Lakes Trail⇒Parking
縦走ツアー最終日の今日はロッジからギボンパス(標高2300mの峠)を抜け、ツインレイクスを経由して下山するというコースです。歩行距離14km、登り460m、下り850mのロングデイハイキングです。 ギボンパスまでは林の中の緩やかな登りが続きます。途中ウェスタン・アネモネやグレイシャー・リリーなどのお花畑を通過し、峠に近づくにつれ視界が広がり、周りには雄大なロッキーの山並みが姿を見せ始めます。 峠を過ぎてからは下りが始まり、ツインレイクスの畔で昼食。その後は川沿いのツインレイクス・トレイルを駐車場まで歩き、無事に下山しました。 
d0112928_2311828.jpg

d0112928_2314279.jpg

S様、そして皆様、今回はヤムナスカマウンテンツアーズにご参加して頂き、本当にありがとうございました!また皆様とお会いできる日を楽しみにしております。

<文/写真 川嶋 亮>

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
# by ymtours | 2008-07-09 17:56 | カナダの山旅 | Comments(7)