Mount Temple

d0112928_1420474.jpg
写真によるロッキーの山々の紹介 第二回目はMount Tenmpleです。
 バンフからトランスカナダハイウェイを北上してゆきCastle Mountainを過ぎた辺りから前方左に一際高い山が見えてきます。さらに近づいて行くとその大きな山容が次第に明らかになり、山頂からハイウェイへ向かってエレガントに落ちて行く東尾根がよく見えるでしょう。さらに北上し東壁を回り込むところまでドライブすると山頂直下に広がる氷河、そしてその下に広がるのが数々のハードアルパインルートをようする標高差1500mの北壁が見えてきます。
 ロッキーでは1100feet(約3400m)以上の山を1100ersと称してちょっと一味違う高い山としてまとめたりするのですが、このMount Templeは最初に登られたロッキーの11000erといわれています。
初登は1894年。2年間の偵察ののち、Larch Valley奥のSentinel Passからのルートが発見されSamuel Allen, L.F. Frissel, Walter Wilcoxによって成し遂げられました。今ではそのルートもTourist Routeと呼ばれ多くの人々に登られています(簡単なスクランブリングですがちゃんと装備はもちましょう)。1931年にはハイウェイからも良く見える東尾根が登られました。当時では、北米でも屈指のハードルートとして紹介されています。今でもその長さ、岩、雪、天候などを考慮すれば十分に野心あるアルパインクライマーのテストピースとなるルートでしょう。

Morain LakeからLarch Valley, Sentinel Pass, Paradais Valleyとぐるりと歩いてみると、いかに山容が大きく、それぞれの壁がどれだけ違った表情を見せるかがよく分かります。まるで違う山のふもとを歩いたかのような錯覚すら覚えますよ。

写真はPradaise Valleyを挟んだSaddle Mountainから北壁を眺めたもの。ちなみに北壁は1966年に初登されました。当時はロッキーのアイガーと言われたそうです。

(写真・文 栗原治郎)

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
# by ymtours | 2007-07-22 14:27 | その他 | Comments(2)

モレーンレイクの別の顔

d0112928_94363.jpg

通常はテンピークスをバックでのモレーンレイクが一般的ですが、
角度を変えるとまた、違った顔を見せてくれます。

どっから見てもすばらしい、これがロッキー!

秋山 裕司

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
# by ymtours | 2007-07-07 09:42 | その他 | Comments(0)

車椅子でのサンシャインメドウハイキング!

d0112928_4365314.jpg

 8月初旬、神戸からお越しの實平(じつひら)様ご一家3名様をサンシャインメドウハイキングへご案内しました。なんと、實平様のご主人は車椅子での参加であり、僕自身、車椅子の方のガイドは未経験であったため、始めは正直どこまで行けるものだろうかと不安な部分もあったのですが、奥様、お嬢様のモモカちゃんも含めた全員の協力プレーにより、サンシャインメドウの素晴らしい景色を楽しむことができました。
 サンシャインスキー場のパーキングからサンシャインメドウまでは専用のシャトルバスで上がりますが、このバスは車椅子に対応した乗降のシステムを完備していないため、車椅子からは一度下りて、自力で席まで行かなくてはなりません。バスの運転手と話し乗降口からもっとも近い席を空けてもらうと、ご主人はバスの乗り口の前に車椅子をつけ、補助の手すりを使いながらご自身の腕の力のみで「エイエイ!」といとも簡単に席につかれました。すごい腕の力です!
 シャトルバスで30分ほど未舗装の道路を上がると、サンシャインメドウのビレッジに到着。さてさて、車椅子でハイキングをする上で最も気になるもの、それは、なんと言ってもトレイルの作りであります。バスを下りるとすかさず全員でトレイルをチェック。サンシャインメドウのトレイルは道幅も広く、車椅子での移動も十分可能なのですが、トレイルを見るご主人の顔色がやや優れない... 実は車椅子での移動で最も困難なものの一つが「砂利道」の移動であり、砂利道での上り道となるとかなり厳しい部類に入るらしいのです。サンシャインメドウのトレイルは浅い砂利道ではあるのですが、今回の目的地のロックアイルレイク(Rock Isle Lake)までは100m以上の上り道です。
 「う〜ん...どうしようか... やはり僕だけここ(ビレッジ)で待っていようか....」とご主人も遠慮がちになり、奥様も「うーん、どうしようか...」と少し空気がしんみりしてしまったのですが、僕としてはなんとしてもサンシャインメドウの景色を楽しんで頂きたく、「とにかく行ける所までいきましょう! 上りは僕が押しますし、やればなんとなりますよ!」と説得して当初の予定通り全員で歩くことになったのであります。
 ビレッジを出発するといきなりの上り斜面。実はこの始まりの上りが一番傾斜のきつい箇所。さあ押すぞー!と気合いを入れたのですが、「始めは私が押します!」という奥様の一言により、僕はガイドに徹しながらのスタートとなりました。
 ご主人が腕の力でタイヤを押し、後ろから奥様が椅子を押す。モモカちゃんは元気にトレイルを走り回っている。一面に広がるアネモネの綿毛、気持ちの良い風。のんびりと会話をしながら歩き出したのですが、5分程で奥様が無言に... ここサンシャインメドウは標高が2200m以上もあるのです。さすがに見かねて僕が交代を志願しました。
 さあ、ここからは僕の出番です! ご主人の腕の力による移動力もあり、思っていたよりも力は使わないものだなぁと、快適に動き出したのですが、力のかける場所に注意しないと車椅子の前輪が浮いてしまうため、うまく進まないことに気づきました。思えば僕にとって車椅子を押すこと自体初めての経験だったのです。
 順調に坂を登りながら、これはいける! と確信を持ち始めた数分後、早くも息が切れ初めてくる... (おかしい...俺はもっとできるはずだ... 山で鍛えたこの体。どうしてしまったというのだ、え!おい!)と自問自答を繰り返すものの、体は正直です。これは油断ならないと気合いを入れ直し、以後はあまりペースを上げずにゆっくりと移動することを心がけると、体の使い方もすぐにうまくなり、車椅子を押しながら会話することにも直に慣れました。大事なのはペースコントロールなんですね。
 この日のサンシャインメドウは決して快晴ではないものの、時々雲の間から顔を出す太陽の光が周囲の山々を照らし、トレイルの周りに咲くヤナギランや、ひょこひょこと地面の中から顔を出す地リスがハイキングを楽しいものにしてくれます。
 トレイルはたまに下り道になるのですが、ご主人の下りのコントロールテクニックは素晴らしく、お一人だけでもの凄いスピードで滑走するのですが、ブレーキと重心移動を巧みに駆使しながらの操縦技術には本当に驚かされました。
 30分も歩くと車椅子のコントロールもすっかりものにし、上り道を押す役目も奥様とちょこちょこ交代しながら、1時間半ほどでロックアイルレイクに無事に到着!

d0112928_4371342.jpg

 ロックアイルレイクのビューポイントからは「これぞカナディアンロッキー!」と言う景色が広がり、全員で到着を喜びました。ご主人も「本当に来れてよかった。こんな素晴らしい景色を見れるとは思っていなかった。」と喜んで頂いたことが何よりも嬉しかったです。何事もやればできる! 今回のことでしみじみ実感しました。
 實平様、是非カナディアンロッキーにまたお越し下さい。次はどこへご案内できるのか楽しみです。 ありがとうございました!

写真・文/石塚体一

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
# by ymtours | 2007-07-06 06:37 | 家族の山旅 | Comments(4)

レイク・オハラエリア日帰りハイキング

今回はタイトル通り、カナディアンロッキーはヨーホー国立公園にあり、人気のあるエリア、レイク・オハラエリアの日帰りハイキングのご報告です。

ガイドの私、本山と、日本は千葉からご参加の大谷様の2人でのハイキングでした。

【コース概要】
レイク・オハラ地域は、バンフ国立公園のお隣のヨーホー国立公園、そしてブリティッシュ・コロンビア州に位置します。なんと言っても、湖の多さが特徴的で、さまざまな色の湖と切り立った雄大な山々の景観も印象的です。
 この地域は、自然保護のため、人数制限の制度を取っていて、ほとんどの人が、バスでメインのレイクオハラ地域まで、入っていきます。
 日程にゆとりがあれば、カナダ山岳協会が運営する大人気のエリザベス・パーカー山小屋にも泊まってみたいですね!
実際にコースはさまざはあり、代表的なものは
●レイク・オハラ周辺
●レイク・オパビン周辺
●レイク・オエサ周辺
●レイク・マッカーサー周辺
と、やはりレイク(湖)へのハイキングが多くなっております。
d0112928_13393277.jpg
今回は
●レイク・オエサ周辺
●レイク・オパビン手前の展望台
●レイク・オハラ周辺
●エリザベス・パーカー山小屋近辺
と私と大谷様で、体力と時間と相談しながら、行程を組み立てました。
★標高差合計:約600m 距離:13km

大谷さんとレイク・オハラのバスの乗り場の駐車場まで行き、そこから事前に予約しておいたバスで、レイク・オハラエリアへ、このバスも賑やかで、北米っぽいスクールバスタイプです。
d0112928_13425861.jpg


天候は、晴れ時々曇りという感じ。まずは、レイク・オエサに向けてハイキング、人気のある地域だけに、登山道の管理もばっちり!とても歩きやすい石をうまくひいた登山道をオエサに向けて標高約300mを登りました。途中では、何段も池があり、滝もあり、昨日の雨で、滝の水の勢いはすごかったです。
d0112928_13472612.jpg
目的のオエサについてびっくり、湖は半分まだ凍った状態、ここは登山口でも標高2000m、そして湖の周りにはするどい岩山が湖を取り囲むようにそびえたっているので、日もあたりにくかったのでしょう。雪がついた岩山は力強く存在感満点でした。

しばらくレイク・オハラの湖畔を歩いた後、オパビンの展望台に向けて、再び登り、展望台近辺には、新緑の唐松がやっと春が来たといわんばかりに、新芽を伸ばしておりました。秋の黄色い唐松も素敵ですが、新緑もやはりいいですね!
d0112928_13553987.jpg



展望台からはレイク・オハラがばっちり見えて、開けて場所なだけに爽快感たっぷりでした。
d0112928_1358146.jpg


帰りのバスまでの時間もまだゆとりがあったので、ちょっとバス停まで、ちょっと寄り道をして、エリザベス・パーカ山小屋まで行くことにしました。道中にはバター・カップ、ウェスタン・アネモネが水辺にたくさん咲いて、レイク・オハラ地域の遅い春の到来を告げておりました。
 
ちょうどカナダは長い連休の週末で、大人気のエリザベス・パーカー山小屋は、もちろん、満員。ちょうどご飯のしたくをしている宿泊者の方々もいらっしゃいました。木造の山小屋はカナダっぽく、確かに一度は泊まってみたいと思わせる。場所、景観、作りになってますね。
d0112928_142249.jpg


のんびり小屋の周辺でしてからバス停へ。たっぷり歩いたレイク・オハラ地域のハイキングは、湖、景観、山小屋見物、春のお花など、盛りだくさんでした。

大谷さん、歩きもとても早く、お強いと感じました。貴重な休みを取ってこられたカナディアンロッキーでのハイキングの一日、素敵な思い出作りに貢献できましたかねー?次回は是非、お花中心でまた一緒に歩きたいですねー、
 この回は、ヤムナスカの一日ハイキングにご参加いただき、本当にありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
# by ymtours | 2007-07-02 14:12 | カナダの山旅 | Comments(0)

The Three Sisters

d0112928_132129.jpg


私、新人ガイド栗原治郎による不定期連載・写真によるロッキーの山々の紹介です。
第一回目はキャンモアからもっともよく目につく山The Three Sisters。左からLittle Sister, Middle Sister, Big Sisterと呼ばれています。3つのピークが連なりもっとも高いBig Sisterの標高は2936m。Little Sister以外はスクランブリング(ルートファインディングを要するハイキング)で登ることができ、末っ子のLittle Sisterだけはロープを必要とするアルパインクライミングになります。個人的にはLittle Sisterが一番気になり、天気の良い夕方などに町から見上げると妙に登攀意欲をかきたてられます。
写真は5月中旬のある早朝。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
↑アウトドアブログのランキングに参加しました。
サイト上位を目指しております。一票(クリック)のご協力をお願いします!
# by ymtours | 2007-06-25 13:06 | その他 | Comments(0)