<   2019年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ゴールデンウィークのカナディアンロッキー、ハイキングシーズン始まりです!!


d0112928_03280958.jpg
早朝のレイクミネワンカにて。

こんにちは、ヤムナスカガイドの植木です。

ゴールデンウィークの連休を利用して日本からお越しの藤様と、現在バンクーバーにお住いの山崎様お二人を日帰りハイキングへとご案内しました。
お二人は学生時代からのご友人同士で、高校の修学旅行に訪れたことのあるバンフにもう一度遊びに来られたそうです。
まだ雪が残るカナディアンロッキーですが、春の芽吹きも楽しめるこの時期のカナディアンロッキーには、魅力満載のシーズンです。


d0112928_03441174.jpg
バンフの街からも見えるこの山は、Mtカスケードです。
このアングルは特別迫力があり、私のお気に入りの撮影スポットでもあります。
自分たちだけしかいない素晴らしいこの場所は、実は観光で訪れる人はあまりいません。
巨大な岩山、そこに積もる雪、そして真っ青な空のコントラストが本当に素敵でした。

d0112928_03593665.jpg
前夜に少し降り積もった雪の反射がまぶしい朝、バンフから少し離れた場所のカナナスキスカントリーにあるMtヤムナスカにお二人をご案内しました。
ここはカナディアンロッキーの玄関口で、春先から晩秋までシーズンを通して地元ハイカーにも人気スポットです。

それではさっそく出発しましょう!!

d0112928_04085195.jpg
まず最初の展望地、高台から望むBOW谷の景色です。
今はまだ若草が芽吹く前ですが、あと一ヶ月もしないでこの辺一帯は柔らかい、優しい緑で覆われます。
山崎さん、この森の木々の名前は??・・・・・・「アルペンポパイ!!」じゃありませんよ(笑)

d0112928_04263852.jpg
標高を上げるとさすがにまだ雪景色。
「春先に雪山体験できて楽しい!!」と喜んでいただけて良かったです。
慎重に進めば全く問題なしです。

d0112928_04330470.jpg
目的地までもう少し。
最後の登りを一気に行っちゃいましょう!!

d0112928_04371134.jpg
折り返し地点で休憩をしていると、こんな大型の鳥が姿を現しました。
Blue Grouse という鳥です。
威嚇すると体を大きく膨らませて、毛の中から赤い斑点を見せて逃げていきます。

d0112928_04544618.jpg
そうこうしていると雪がちらつき始めたので、木陰で雪宿りをしつつランチタイムです。
こんな時はやはり暖かい飲み物が欲しいですよね。ってことでさっそくお湯を沸かしました。

d0112928_04584706.jpg
暖かい飲み物は最高でしたね!!
日本から持参したスープでほっと一息。
d0112928_05012175.jpg
フリーズドライの卵スープ、私もついついごちそうになっちゃいました。
本当においしかった!!ごちそうさまでした。

d0112928_05041607.jpg
出発した時とは一転、すっかり雪景色になりました。
これはこれできれいな景色でしたね。
春は寒くもなく、それでいて雪景色も楽しめ春の芽吹きも見ることができる素敵な時期です。
そして、なんといっても人が少ない!!これ最高です。

d0112928_05074630.jpg
下山後、バンフの街に入るところで記念撮影。

いかがでしたでしょうか。
後半は少し雪が降ってきましたが、雪山も楽しんでいただけたようでよかったです。
藤さんは日本でも一人でバックパッキングをするとのこと、ぜひ夏のカナディアンロッキーにもバックパッキングにお越しください。
山崎さんもこれを機にバックパッキング体験しませんか!!

またカナディアンロッキーでお会いしましょう!!
その時はやはり縦走ですかね。

ヤムナスカ・ガイド植木 正幸 (うえき まさゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-04-30 05:29 | ふたりの山旅 | Comments(0)

ハイキングシーズン到来!!春のカナディアンロッキーに出発です!!


d0112928_06580676.jpg
朝の気温は-5℃、少し暖かくなるのを待つために、ハイキング前にバンフのLake Minnewankaにて。
暖かい陽気と雄大な自然の風景に男5人が遠くを見つめながら物思いに耽っているひと時の写真です。

こんにちは、ヤムナスカガイドの植木です。
ようやくカナディアンロッキーにも春が訪れ、ハイキングシーズンが始まりました。
10連休のゴールデンウィークを利用し日本からお越しいただきました5名のお客様を日帰りハイキングにご案内しました。
まず、3名グループの藤本様、吉崎様、渡辺様、お一人参加の辻様と岡様は全員偶然にも関西方面からのお越しです。

d0112928_07113278.jpg
Lake Minnewankaのすぐ近く、Two Jack Lakeにも立ち寄ってみました。
この日の天気予報は曇りや雪だったのですが、なんとご覧の天気です。
山の天気は本当にわかりませんね。
湖の氷も解け始め、Mtランドルが湖面に映り込むのもあと少しです。
絶景ポイントで記念撮影。

d0112928_07244796.jpg
さて、今回はMtヤムナスカにご案内させていただきました。
巨大な扇型をしたこの岩山は、カナディアンロッキーの玄関口にあたるカナナスキスカントリーに位置しており、
日本から飛行機で来られる方のほとんどはこの山を右手に見てバンフに入ります。
この特徴ある山のふもとからハイキングスタートです。

d0112928_07393411.jpg
雪解けとともに顔を出し、春の訪れを教えてくれるプレーリークロッカスが私たちを出迎えてくれました。
薄い紫の比較的大きな花は雪の大地によく映えます。

d0112928_07430870.jpg
実はこの前々日に結構な雪が降りました。
そのため歩くところにも雪が残っていましたが、まったく問題ありません。
雪道には慣れていない方でもサクサクと軽快に歩き進んでいます。
日の光が暖かく、ぽかぽか陽気の雪山ハイキングとなりました。


d0112928_07503061.jpg
見晴らしのよい展望地に到着です。
Mtヤムナスカを横に見ながら雄大なBOW谷を眼下にランチタイムです。
バンフ方面は曇っているようですが、私たちの上空は実は快晴です!!

d0112928_07523836.jpg
こんなに天気に恵まれて、最高においしいランチタイムでした。

d0112928_07543047.jpg
お昼休憩後、さらに上の尾根付近まで登ってみました。
氷河期のころはここにも巨大が氷河が流れていた痕跡をこの高台から確認することができます。

d0112928_07570708.jpg
下山途中、別の展望地からも雄大なBOW谷を眺めることができます。
刻々と変わる天候でしたが、なぜか我々の上空だけは常に青空が広がっていました。
本当に皆さん、もってましたね。

d0112928_08075126.jpg
最後の展望地にて。
本当に気持ちの良い天気の中のハイキングでした。
冬は白銀の世界、夏は優しい緑の森、そして秋は黄金の輝きを見せるこの場所は、私たちガイドのお気に入りの場所でもあります。
っとのんびりしていると、後ろから怪しい雲が・・・・。

d0112928_08202408.jpg
三脚を持参していいただきました岡様が私も入れて全員で記念撮影。

本当に天候に恵まれたこの日のハイキング、いかがでしたでしょうか。
一日だけのおつきあいでしたが前から知り合いのような雰囲気で和気あいあいと楽しいハイキングをさせていただきました。

また今度カナディアンロッキーで一緒にハイキングしましょう!!
ご連絡お待ちしております。

P.S この後下山し15分後に駐車場に着いたとたん、猛吹雪に見舞われました。本当にラッキーでした!!

ヤムナスカ・ガイド植木 正幸 (うえき まさゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-04-29 03:01 | 出会いの山旅 | Comments(0)