<   2019年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

女子4名と行くスノーシューハイク カナディアンロッキー



d0112928_08130740.jpg
ロッキーでスノーシューがしてみたい、、、

任せてください!その夢、かなえさせていただきます!

みなさんこんにちは!ヤムナスカガイドのヒロです。ここ数日温暖な気候と、好天が続いているロッキーに日本から家族の仲間が尋ねてきてくれました。鹿児島県出身の皆にはロッキーのさらさらの雪の中でのスノーシューを思い切り楽しんでもらえるよう、最高の場所へご案内。

d0112928_08181690.jpg
向かったのはボウレイク!ここは夏の観光でも有名な展望地。
ここからスノーシューをはき、さあ出発!

d0112928_08210718.jpg

スノーシューに必要な装備はキャンモアのレンタルショップにてレンタル。
値段もお手ごろなので日本からわざわざ重い装備を持ってこなくても大丈夫!

d0112928_08230723.jpg
そして我が娘も1歳にして初スノーハイキング!日差しが強いので日焼け対策はばっちり。

d0112928_08263591.jpg
急激な気温の上昇で雪崩の危険性が高まっていますが、雪崩の全く無いエリアでのスノーシューですので、安心安全、そして大絶景。
またスノーシューのいいところは、経験が無くても誰でも楽しめることです。今回の参加者ももちろん全員初体験!
d0112928_08271500.jpg
森を抜けるとそこは白銀の世界、、、。
無音の中雪の引き締まる音を楽しみながら進みます。しかし、このような綺麗な雪原をみてしまうと、、、

d0112928_08291446.jpg
これ、やりたいですよね(笑)やらなきゃだめです!
d0112928_08304456.jpg
スノーエンジェル、良く出来ました(笑)

d0112928_08314042.jpg
波一つ無い水面に移る景色。吸い込まれそうです。

d0112928_08321901.jpg
更に進み、マル秘絶景ポイントに向かいます。
d0112928_08340168.jpg
娘も快調でご機嫌です!

d0112928_08352463.jpg
絶景ポイント到着!
記念撮影は今日本ではやっているポーズ?にて。

d0112928_08365080.jpg
下りは滑ったり転んだり、笑い転げながらおりました。
雪がフカフカなので転んでも安心!

d0112928_08381717.jpg
昼食後は来た道を戻り、車へ向かいました。。

スノーシュー、皆さんも試してみませんか?
フィールドが広いカナディアンロッキーでは、選択肢が無限にあり、初心者でも楽しめるコースが数多くあります!
初めての方でも大歓迎です。

d0112928_08414312.jpg
帰りは観光名所に立ち寄りながらのドライブ。ここはボウレイク。冬にしか見ることが出来ない世界が待っています。

冬のロッキーの素晴らしさを是非共有したく、今回は記事を書かせていただきました。冬のロッキーでのアクティビティーをお探しの方、是非お声をお掛けください!素晴らしい山旅をご案内させていただきます。


ヤムナスカ・ガイド篠崎 洋昭(しのざき ひろあき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-03-21 09:01 | 家族の山旅 | Comments(0)

デイツアー 【ミート・ザ・ワイルド】最高の晴天の中で!


d0112928_08574366.jpg
ヤムナスカガイド 本山です。
本日は、ご家族、お仲間でご旅行された江口様をユーコン自然動物保護地区へご案内してまいりました。
現地では、Yukon Wildlife Preserve と呼ばれています。
「Preserve」は、日本語では「保護する、守る、保存する」などの意味になりますが、元々、傷ついた動物の保護からスタートした場所になります。
素晴らしい晴天で、春の気配を感じる一日でした。(それでもマイナス8度程度ですが・・・・)


d0112928_09000238.jpg

よくお越しになるお客様に、「動物園ですか?」、「サファリパーク」ですか?
などとツアーお申込み前にご質問をいただきますが、動物園のように教育目的もありますし、現在でも傷ついた動物を「保護」もしています。
一応、すべての動物は柵の中にいますので、私はいつも「とてつもなく大きい動物園のような場所」と説明しています。こちらはバイソン!
近くで見ると、かなり迫力があり、大きいです!


d0112928_09043062.jpg
それぞれの動物は、十分に広いスペースの中で飼育されています。
そして、ここではその動物の特性に合った地形に各動物が放たれています。
こちらはバイソンですが、平原など好むので、このように野球場一個分程度のとてつもなく大きなフィールドに放たれています。
見ていても、「ここなら動物もストレスが少なそう」と感じることができます。


d0112928_09170758.jpg
私達は、ヤムナスカガイドが運転する弊社の車両で、周回5 km程度の園内を回り、10種類程度いるそれぞれの動物の前で、ご説明など致します。


d0112928_09191093.jpg
この日は、非常に暖かく、3月の春の陽気でした。
多くの地元の方も、遊びに来ていました。
子供ずれのお母さんが、5 kmコースを子供と歩きながら回っていました。

d0112928_09201772.jpg
それでは、続けて動物のご紹介!
マスコックス!日本語では、じゃこう牛になります。
こいつの防寒対策はすごいので、そんなことをお話しさせていただきました。


d0112928_09213964.jpg
大人しいムース、ヘラジカ君
この日はかなり近くまで来てくれて、そのユニークな顔立ちや、体を近くで見ることができました。
すべての生き物は、意味があって、いろいろな形をしていますが、そんなことを観察してると楽しいですね。


d0112928_09225568.jpg
マウンテンゴート
この動物は、山岳エリアや崖を好むので、そういった地形に放たれています。
見事なウィンターコート!これなら寒くないんでしょう!


d0112928_09234142.jpg
リンクスは、大ヤマネコ!
この日は、なんと餌の時間にちょうど当たり!
お食事中を観察できました。
うさぎの内臓が与えれていました。
なんでも、肉の部分だけだとよくないらしく、本来このように内臓なども食べるようにできているので、できるだけ自然に近い状態のエサを与えているようです。


d0112928_09260958.jpg
カリブー!
極北を代表する動物です。
ファーストネーションの方々の生活とも非常に密接な生き物!


d0112928_09271442.jpg
北極きつねもいますよー。
見事な白い毛です。
あまり望遠レンズを持ってこなかったので、小さくしか撮影できませんでした(汗)
どこにいるかわかりますかー?
日向ぼっこしていますね。


d0112928_09275941.jpg
最後は皆さんで、どのツノがどの動物の物か?クイズをしてみました。
皆様、全員正解!

素晴らしい晴天に恵まれました。
ここに生活する動物をここの生態系や、風土を感じながら、観察すると、「自然界はよくできているなぁー」といつも感心させらてます。
少しでも自然の素晴らしさを共有できたのであれば、ガイドとしてうれしく思います。

ご参加いただきまして、ありがとうございました。


ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから

<関連ページ>

by ymtours | 2019-03-07 09:13 | デイツアー | Comments(0)