<   2018年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

オーロラシーズンスタート! 冬季スタッフトレーニング 2018-2019

d0112928_06561335.jpg

こんにちは! ヤムナスカガイドの堀口です。

皆さんは今年のクリスマスはどう過ごしましたか?
あと数日で2018年もわずかとなりましたが、ヤムナスカ・ユーコンオフィスではここからオーロラツアーのピークシーズンを迎えます。それに先立ち、冬シーズンのスタッフトレーニングを行いました。

今回はキャンモア・オフィスから石塚がユーコンを訪れ、本山、私堀口の3人でのトレーニングとなりました。2日間で行われたトレーニングでは主に以下の項目をカバーしました。

1:クラアントケア、セーフティー。
2:緊急時の対応。ガイドとオフィスの連携。
3:オフィスやアコモデーションの利用方法。
4:ツアー・オペレーションについて。
5:冬季ならではの注意点と対応。
6:運転業務「Driving Safety」
7:オフィス業務の効率化と環境構築。

本ブログでは特に運転業務「Driving Safety」の部分にフォーカスしました。冬季の業務では、夏以上に安全運転と車両整備に注意が必要となるのです。少し今年から新しく導入した車両の装備をご紹介しましょう。

d0112928_07145431.jpg
フロントグリスカバー
これは今までもずっと使用しています。通常は冷却が必要な車のエンジンですが、寒い日のユーコンではエンジンが冷えすぎて負荷がかかります。そのため、エンジンへ与える負担を軽減するためにフロントグリルにカバーをします

d0112928_07162182.jpg
脱出器具
今までも標準装備していました。深い雪にハマってしまった場合に脱出するための器具ですが、万が一のために備えて再度適切な使用方法を再確認しました。

d0112928_07131628.jpg
d0112928_07134894.jpg
牽引用ロープ
上記の脱出器具で抜けられない場合は、牽引ロープの出番となります。これも持っているだけでは意味がありません。正しい場所に取り付けて牽引しなければロープが切れたり、車のパーツが破損することに繋がることもあるため全員で使い方のシェアしています。

d0112928_07125374.jpg
d0112928_07140538.jpg
輪止め
これは今シーズンから導入しました。カナダでヤムナスカが使用する車両には輪止めの使用義務はありませんが、凍った地面で大型車両を駐車をすることの安全とリスクを考慮し、今後は使用することにしました。平らな駐車場でも常に使用することで、よりトラブルを回避することが出来るようになります。

d0112928_07151118.jpg
d0112928_07151930.jpg
エアコンプレッサー
実はタイヤの空気圧は気温によって上下する事があります。また、凍結した路面で高い空気圧が入っているとグリップが悪くなります。エアコンプレッサーを導入したことで、いつでもオフィスで空気圧を調整することが出来るようになり、安全を確保しやすくなりました。

d0112928_07155306.jpg
安全ベスト
万が一路上で作業することになる場合は、遠くから自分の存在を知らせることが安全につながります。ユーコンでは駐車場が除雪されておらず、トラブルがあった際に路上での作業が必要になる場合もある為導入しています。

※上記以外の装備は昨年のトレーニングの様子からも確認できます。


ここまでとなりますが、これで我々も年越しの繁忙期を迎える準備が万端となりました。

d0112928_08354005.jpg
こちらは昨年のイヌビックツアーで私が撮影したお気に入りの一枚。この時は本当に興奮しました! 今年も沢山の素晴らしいオーロラを皆さんと一緒に楽しみたいと思います!

これからユーコンへご旅行の皆さん、お会いできるのをスタッフ一同お待ちしています!!

ヤムナスカ・ガイド


by ymtours | 2018-12-28 10:00 | お知らせ | Comments(0)

チェスターレイク 癒しの森林 スノーシューハイキング


d0112928_06311311.jpg
皆様、明けましておめでとうございます。
ヤムナスカガイドの山田です。

今回は、年末にご案内させて頂いたスノーシューハイキングの模様をお伝えします。
お客様はロッキー歴10年以上、最近はヤムナスカの先輩である谷と共に
カナダの名峰を次々と制覇されている森様をご案内させて頂きました。
お決まりのトレイルヘッドで記念撮影してから出発です!

d0112928_06325856.jpg
スノーシューを装着した図です。
日本のワカンよりも浮力があり、ロッキーのサラサラ雪に威力を発揮します。

15ドル程度でレンタルすることもできるので、
日本からわざわざ持ってくる手間もかかりませんよ。

d0112928_06322607.jpg
今回私が森さんの為に選んだ場所はカナナスキスにあるチェスターレイク。
冬にプライベートで何度も来たことのある私の一押しです。

高山植物が綺麗な夏のトレイルとしても人気がありますが、
スノーシューやクロスカントリースキーなど冬も人気があるトレイルです。
人気の理由は沢山あると思いますが、いくつか挙げると。。。

1・往復10㎞、標高差300mと丁度良い行程
2・目的地のチェスターレイクまで雪崩の危険がない
3・雪を纏った森が美しい森林ハイクとロッキーの山々を同時に楽しむことができる

d0112928_06355196.jpg
年末ということもあり、私たちが着いた頃には
沢山の車が停まっていました。
d0112928_06331083.jpg
さあ。ハイキングに出掛けましょう。
最初は結構な急登を登って行きます。
雪を纏ったモミとトウヒの森に癒されますね。
d0112928_06312830.jpg
少し開けたメドウに出るとまだ黄色の葉を付けたラーチがありました。

d0112928_06324326.jpg
更にその奥にはマウントチェスターがドーンと見えます。
山の地層に雪が積もるとこれまた綺麗ですね。
d0112928_06332263.jpg
2時間半のハイキングで目的地であるチェスターレイクに到着。
冬の湖は凍りその上に雪が積もっているので、大雪原へと様変わりしています。
スキーを履いた一行は湖の上を大胆に横断していました。
d0112928_06315016.jpg
バックカントリースキー、クロスカントリースキー、スノーシュー
全ての人達が楽しめる素晴らしいトレイルです。

d0112928_06313883.jpg
新雪が結構積もっていてスノーシューにはもってこいの一日でした。

d0112928_06334062.jpg
森さんも終始笑顔でスノーシューを楽しんで頂きました。
片足を上げての写真撮影は以外に大変。
腹筋をかなり使います。

森さんは10年来のヤムナスカリピーターなので、ロッキーの大先輩です。
ロッキーへの愛情と自身の山に対するモチベーションや挑戦心にガイドとしても元気をもらいました!
d0112928_06320576.jpg
カナナスキスはあまり来たことがないとおっしゃっていた森さん。
でもテルモスにはしっかりとカナナスキスのステッカーが!!
流石、ロッキーラバー。
d0112928_06321542.jpg
最後はチェスターレイクの上で腹筋トレーニング。
冬のロッキー最高!!

森さん、年始からジャスパーでのバックカントリースキー&アイスクライミングツアーも
引き続き思いっきり楽しんで来て下さいね。

今年度もヤムナスカ一同宜しくお願い致します。


ヤムナスカ・ガイド山田 利行 (やまだ としゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2018-12-28 07:51 | カナダの山旅 | Comments(1)

ウィンターハイキング in カナディアンロッキー



d0112928_02334504.jpg
12月でもハイキング可能ですか?

もちろんです!トレイルのコンディション、気候、天気、積雪の状況などの情報を分析し、安全第一で行程をご提案!
ヤムナスカガイドならその日のベストな場所へご案内させていだきます!

今回は大阪(現在カルガリー在住)からお越しの高越美知子さんとご友人の大槻愛さんのお二人をご案内させていただきました!日本の冬山講習会で出会ったお二人は、その後も山友として日本では長野の山へよく出かけていたそうです。
憧れのカナディアンロッキーでのハイキング、12月の冬ということで不安がいっぱいでしたが、ヤムナスカにお任せあれ。

d0112928_02413168.jpg
快晴、気温3度、無風の午前中は夏のトレイルでも人気のヤムナスカへ。トレイルには雪もなく楽しく冬の大自然を満喫!

d0112928_02431424.jpg
第一展望台からの景色を眺めながら、ロッキーの成り立ち、歴史を学んでいただきました。

d0112928_02432840.jpg
撮影会もばっちり決めます!
d0112928_02445732.jpg
アカリスの台所訪問。松ぼっくりの食べたあと(通称: エビフライ)がたくさん落ちています。

d0112928_02453896.jpg
目的地の第二展望台でのランチ、、。暖かい、、。

d0112928_02472737.jpg
そして午後は雰囲気を変え、キャニオンウォークへ、ここはただのキャニオンウォークではないのです、、。

d0112928_02500139.jpg
そうなんです!ここではアイスウォークが楽しめちゃうんです!穴場中の穴場ですね。靴には簡単に装着可能なチェーンをつければサクサクととっても歩きやすい!

d0112928_02512520.jpg
キャニオンの入り口で軽アイゼン装着。
d0112928_02521125.jpg
こんな感じで、ゴム式なので超簡単に装着できちゃいます。

d0112928_02530954.jpg
ワクワクドキドキしながら谷を詰めていきます。また違った角度からロッキーを楽しんでいただけます。

d0112928_02552516.jpg
奥には何があるんだろうと、期待だけが膨らみます!

d0112928_02565550.jpg
なんと!そこには先住民の残した壁画があるのです!
約1300年ほど昔に書かれただろうと言われる壁画。人の形や、カヌーの絵などかなりはっきり見ることができます。

d0112928_02572047.jpg
実は壁画好きだったという美知子さんにとってはサプライズとなったようです!

d0112928_03040343.jpg
岩の隙間から流れ出す水が凍りつき、幻想的な氷の造形物を作り出します。
d0112928_03050767.jpg
つるつるの氷に興奮するお二人(笑)ロッキーでこんな体験ができるなんて、思ってなかったですー!と嬉しいお言葉。
そうです、ヤムナスカガイドはサプライズが好きなんですね。

d0112928_03065105.jpg
さあここが目的地!ここにはなんと、、

d0112928_03072745.jpg
ででーん!大きな氷瀑があります!ここはアイスクライミングのゲレンデとしても有名な場所なんですね。
d0112928_03081933.jpg
天然滑り台!


動画もお楽しみください!

d0112928_03110562.jpg
帰りもサクサクと氷を踏みしめながら帰ります。

d0112928_03121711.jpg
展望の良いベンチに座り、ロッキーに浸ります。あー、帰りたくない、、、。

d0112928_03131619.jpg
帰りはご希望のバンフのサインで記念撮影!

美知子さん、愛さん、今回の山旅はいかがでしたか?お二人にとって思い出深い、ロッキーでの冬体験となりましたでしょうか。
冬でも楽しめるカナディアンロッキー。スノーシュー、アイスクライミング、山スキーと無限に広がるロッキーではたくさんの野外活動が楽しめますが、もちろんハイキングでも、最高の冬山の山旅を演出させていただきます。

この度はヤムナスカをご利用いただき、ありがとうございました!次回は山縦走ですね。約束ですよ?またロッキーにどっぷりつかりましょう!

ヤムナスカ・ガイド篠崎 洋昭(しのざき ひろあき)
ガイドプロフィールはこちらから



by ymtours | 2018-12-16 03:23 | ふたりの山旅 | Comments(0)