<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

水野 達也(ミズノタツヤ)/ ガイド紹介 2018

d0112928_14053264.jpg
オーストラリア 世界遺産のブルーマウンテン

初めまして。今年からヤムナスカマウンテンツアーズでガイドとして働くことになりました 水野 達也 (ミズノタツヤ)です。

群馬県前橋市に生まれ、窓を開ければ上毛三山(赤城、榛名、妙義山)が見え、山は私にとって身近な存在でした。

父が山好きで、3歳のころには、山へ連れていかれ、赤城、榛名、尾瀬・至仏山、谷川岳、四阿山等、群馬の山を小学生の内に県内の山は登りつくしたほど、登山に明け暮れていました。


中学生までは、頂上まで登ることが目的でしたが、価値観を大きく変えた出来事がありました。それは、父と黒斑山へ行った際、浅間山を眺めていると、辺り一面、キラキラと光を帯びた、ダイアモンドダストが舞っているのを目にしました。その時のことは今でも忘れられないくらい感動した出来事でした。今まで湧いてこなかった感情が生まれ、山や自然に対する考えが変わった瞬間でした。

それ以降は、ピークハント以外の楽しみを見つけ、さらに山登りが好きになりました。
d0112928_15125440.jpg
百名山の四阿山 山頂(群馬県)
d0112928_15134398.jpg
北横岳 山頂
d0112928_15145761.jpg
d0112928_15161484.jpg
奥穂高岳山頂+紅葉の涸沢

とにかく学生時代は体を動かすことが好きで、小学生の時に野球、中高はバレーボール部、大学では自転車競技部に入り、青春時代を過ごしてきました。
大学時代は、自転車と向き合い、年1回行われる大学選手権インカレにも出場し、仲間と最高の思い出を作ることができました。

海外への憧れは、大学生の時から抱き始ました。
私にとって大きな挑戦を大学生活の締めくくりにと思い、英語もまともに話せない状態でしたが、1か月間のアメリカバックパッカー一人旅を決行しました。
そこで出会った様々な国の仲間はとても経験豊富な人が多く、世界を旅する人、旅ブロガー、ミュージシャンなどがいました。
日本では出会うことがなかった人種の人と出会ったことで、日本では知りえないようなことを見たり、聞いたりすることが出来ました。

そして、アメリカの国立公園はスケールが違いました。
ヨセミテ国立公園、グランドキャニオン国立公園へいったのですが、日本では絶対に見ることが出来ない規模の景色、独自の歴史、文化があり、自然が改めて2000年以上の長い年月をかけて出来た形なんだと当時はとても驚きました。
d0112928_15514197.jpg
グランドキャニオン国立公園(アメリカ)

大学卒業後は、都内にある食品の商社へ就職し、5年間営業マンとして、働いていました。特に加工品(イタリア食品、フルーツ・野菜缶詰)などを販売し、毎日外回りの日々でした。

4年目の半ばで、このまま一生を終えることは自分の人生にとって、良い選択なのか自問自答する日々が続き、興味のあった世界へ出て、もっと見聞を広め、やりたい仕事を見つけようという決断をしました。

そこで選択したのは、オーストラリアへワーキングホリデー制度を利用し、海外で働くことでした。そこで、農場の仕事や、現地の水産会社で働き、約2年間海外生活をし、気づいたことは、自然が好きということでした。
d0112928_16291983.jpg
オーストラリア Palm beach 州立公園
d0112928_15472692.jpg
インドネシア バリ島のバタール山 山頂

人生の中で欠かすことのできないものになり、この興味、好奇心をそのまま仕事にできないかと思い、「ガイド」という仕事が選択肢に出てきました。

そして、本題のカナダに来た理由ですが、知り合いが送ってくれた1枚の写真がきっかけでした。
カナディアンロッキー特有の切り立った岩山とエメラルドグリーンのこの世のものとは思えないほど、鮮やかな湖が写った写真でした。
たかが、写真でしたが、完全に一目ぼれでした。


こんな綺麗な景色が身近にあったらどれだけ幸せだろうかと思い立ち、すぐにガイド募集していないか検索したところ、ご縁があって、当社のホームぺージへとたどり着き、現在に至ります。

d0112928_16461130.jpg

カナダ Ya Ha Tinda (ヤハティンダ) Albata Canada

カナディアンロッキーの景色は、多くの人を感動させる魅力がたくさんあります。私もその一人です。
そういった感動を皆さんとシェアし、一生の思い出を作っていけるよう、楽しくガイディングしていきたいと思っております。

ぜひ、カナディアンロッキーへ!
そして、私、水野を宜しくお願い致します。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

ヤムナスカガイド
水野 達也

by ymtours | 2018-06-26 03:00 | お知らせ | Comments(0)

初夏のお花いっぱい エメラルドベイスンの旅【18.06.18】

d0112928_13121876.jpg
ヤムナスカガイドの山田です。2018年のハイキングシーズンがいよいよ始まりました。今回はロッキーリピーターである中山様、上田様のお二人をエメラルドレイクの源流地であるエメラルドベイスンへご案内致しました。
d0112928_13142610.jpg
初夏のお花を愛でながらハイキングを楽しみます。
d0112928_13135822.jpg
一緒に花図鑑をチェック。
d0112928_13151492.jpg
ベイスンへ向かう途中にはまだまだ雪が残っていました。
ということは?
d0112928_13154790.jpg
はい。ありました!!
ロッキー初夏のお花人気ナンバーワン黄色のカタクリです。
雪解けとともに花を咲かせます。
d0112928_13145306.jpg
カタクリの群生地を抜けると大きなプレジデント山が姿を現しました。
d0112928_13203731.jpg
太陽によって山の氷河が大きく崩れる音は圧巻でした。
自然の雄大さが伝わります。
d0112928_13211393.jpg
ベイスンに到着。とても暑い日でしたが、氷河から吹く涼しい風が気持ちいい。
d0112928_13222864.jpg
こんな晴れた日には川の渡渉も楽しいです。
d0112928_13165981.jpg
名残惜しいですが、駐車場へ戻りましょう。
初夏のお花。雄大な氷河。美しい湖。
全てを満喫できた旅でしたね。

また、お二人とロッキーでお会いできることをヤムナスカ一同お待ちしております。
この度はありがとうございました。


ヤムナスカ・ガイド山田 利行 (やまだ としゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2018-06-18 14:06 | ふたりの山旅 | Comments(0)

夏の面白イベント 見どころたくさん ≪ ホワイトホース ファーマーズ マーケット ≫

d0112928_03035051.jpg


ヤムナスカ ガイド 本山 です。
今日は、夏のユーコン ホワイトホースの風物詩 『ファーマーズ・マーケット』をご紹介します。
この夏の時期になると毎週木曜日に開催されるこのイベントは、地元のアーティストや珍しい料理が出店されて、なかなか面白いイベントです。

もうホワイトホースは暗い夜が訪れない時期になりました。
例年、寒くなる前までこのイベントは開催されています。
詳しくはイベントサイトまで

d0112928_03085308.jpg
この日もすごい人でした。
私が到着した夕方は、駐車場を見つけるのもやっとでした。

もともとその名の通り、ファーマーズ!農業やっている人が集って自分の作った野菜やフルーツなど売っていますが、現在ではいろいろなものが出展されています。
場所は、ダウンタウン内のユーコン川の真横、中心街から歩いて10-15分程度のShipyard Park というところで開催されています。
d0112928_03123077.jpg
こちらはインド人が出展するカレー屋さん、行列でした。
ホワイトホースではよくあることですが、意外にこういったマーケットの方が、本格的なものを楽しめることがよくあります。タイミングがあった人は是非足を運ばれるといいと思います。
d0112928_03141101.jpg
結構な数の出店数でして、その内容も様々です。
ちょっとブラブラとユーコン川のほとりを散歩しながらでも十分楽しめます。
老人から、子供までウェルカムな雰囲気が漂います。
d0112928_03151138.jpg
芝生でヨガのようなことを行っている若者達
なんといっても暖かい太陽の下でのこのイベントは朗らかな雰囲気に包まれています。
d0112928_03162326.jpg
出展している人との会話も楽しいもので、アーティストや、こじんまりと家庭菜園を楽しんでいる人などとの交流も魅力です。
d0112928_03173850.jpg
こちらは環境保護団体のブース。
このようにNPO法人や、市のリクリエーション部のブースなどもあり、住民との交流ははかっています。
d0112928_03190706.jpg
極北では、その短い夏が来ると、満喫しようとする人が非常に多いです。
家庭菜園や庭いじりもその一つです。
こんな苗木なども売られています。
実は私も家に一個、花を購入しました。

d0112928_03204775.jpg
実は実は、私の妻も食べ物を出店していました。
なんと『おにぎらず』の販売、私が到着したときはすでに完売していました!

これが非常にいい例だと思いますが、こんな極北の小さな街で『おにぎらず』などの日本食を販売している店はなく、このようなマーケットでしか堪能できないものですね。
d0112928_03224993.jpg
移動式のおいしいコーヒーを題しているお店、
こちらはエスプレッソベースのコーヒーが人気があるので、この手のイベントでは必ず見かけます。

その他にもたくさん出展されていました。
この土地に住む人が、自分の得意なもので出店するこのイベントは、ご旅行中の方でも非常に楽しめるものだと思います。

この時期にホワイトホースを訪れた方には是非お勧めです。

決して遅くはない冬のツアーのご計画!
ヤムナスカのオーロラサイト

8月・9月の秋のツアーも是非チェックしてください。
ヤムナスカのハイキングサイト

ヤムナスカガイド 本山

by ymtours | 2018-06-09 03:28 | ホワイトホース情報 住む | Comments(0)

2018年 春のスタッフトレーニング

d0112928_04150634.jpg
※左から:本山、行田、水野、山田、栗原、堀口、植木、川嶋、西牟田、谷、岩田、篠崎、石塚、難波

皆さんこんにちは!
ガイドの堀口です。

6月に入りカナディアンロッキーでは雪解けが進み、随分夏らしくなって参りました!
日本の皆様も、そろそろ夏の山行を思案されていらっしゃるのではないでしょうか。

毎年ヤムナスカではこの時期夏のハイキングシーズンに向け、ガイドがキャンモアに一堂に会しスタッフトレーニングを行います。

今年の参加メンバーは、
キャンモア在住:難波、岩田、石塚、篠崎、栗原、行田、西牟田、水野
バンフから  :
カルガリーから:山田、植木
BC州ペンバートンから:川嶋
ユーコン準州ホワイトホースから:本山、堀口
そして、エクショウからの特別ゲスト、レジェンドガイドの岡部氏を迎えた総勢15名で行われましたので、その様子をご紹介いたします。

今年のトレーニングのテーマは「安全/Safety」とうことで、業務にかかわるすべての安全に重点を置いてトレーニングを行いました。

2日間で行われるトレーニングは、
1日目
オフィスのミーティングルームで、ヤムナスカのガイドとしてあるべき姿、オペレーション業務、ガイディングや車両使用に関しての確認、新システムや新情報のアップデート。
2日目
フィールでのハイキングのガイディングを想定した実践トレーニング。
という内容で行われます。

d0112928_05365263.jpg
初日のミーティングルームでは、各スタッフが割り当てられたカテゴリをスライドを使用してトレーニングします。
お客様や、現場の意見を取り入れ毎年少しずつ改善し、お客様の満足度はもちろん全てのスタッフが働きやすい環境を目指します。

d0112928_05364794.jpg
私たちは山のガイドですが、実際はお客様を車両に乗せてのドライビングも多いため、車両の点検、メンテナンス、清掃は安全を確保する上でも非常に重要な仕事です。直接触れて自分が使用する車両の特性を理解することで、安全に運転することや、トラブルにスムーズに対応できように努めます。


d0112928_05382209.jpg
2日目はフィールドトレーニング。
ハイキングを想定した山でのガイディングをブラッシュアップします。
ヤムナスカガイドが最も得意とする山でのガイディングだからこそ、ここでは準備にじっくりと時間をかけて臨み、プロのガイド同士の意見を交換し合います。

d0112928_06544412.jpg
今年のトレーニングはキャンモアから東に約20分ほどの場所、カナナスキスンカントリーのDoor Jamb Mtn.で行われました。
各ガイドはトレーニング前に各自でこの山に関する情報を入手し、この山行での見どころ、ルートの作成、現在の山のコンディションや天候の考慮、考えられる危険などをあらかじめ準備して臨みます。現場でのガイディングはこの準備こそがとても重要となってきます。

d0112928_05361668.jpg
上の写真右上部の山が今回のトレーニングの場となるDoor Jamb Mtn.です。
リードガイド(先頭)が出発前に駐車場で最終確認を行います。

d0112928_05360331.jpg
ガイドはリードを交代で行います。
最初は西牟田がリード。
この山のトレイルは非常に不明瞭で踏み跡がいたるところにある為、ルートファインディンが肝となりました。

d0112928_05355870.jpg
d0112928_05355254.jpg
リードは栗原にチェンジ。
徐々に高度があがります。
地形も下の方とは異なり、ガレ場や崖などが多くなりさらに安全係数を高めてガイドする必要があります。

d0112928_05354028.jpg
d0112928_05352721.jpg
アルパインガイドでもある谷を中心に、ハイキングガイドのガイドラインを確認します。
北米では各ガイドのカテゴリによって、案内可能な地形が明確にされています。
今回我々が歩いた山はオフトレイル(トレイルが不明瞭、または不明である山)のハイキングの為、ガイドが安全に案内できるルートを選択し歩きます。このようにガイド全員でそのガイドラインをシェアすることは、山を専門分野としている我々にとって、とても貴重であり意義のあることです。

d0112928_05354640.jpg
危険個所にてゲストを支える、スポットによってリスクマネージメントすることもガイディングのテクニックです。

d0112928_04155881.jpg
山行中、行動不能となった場合、ビバークすることもあるかもしれません。その際はターピングのテクニックがものを言います。
非常に奥が深いターピング。必ずしも貼りやすい地形があるとは限りません。どんな場所でも張れる為には、経験値です。
快適なタープは写真のように大人が15人暖かく、待機することができます。

d0112928_07282057.jpg
d0112928_05352149.jpg
川嶋からはベアセーフティー(熊との遭遇時の対処方法)のレクチャー。
カナディアンロッキーでは熊との遭遇という危険が潜んでおり、その対処方法は道具や情報により年々変化するもので、ガイドとしてその知識をアップデートしなければいけません。
実際に本物のベアスプレー(熊撃退スプレー)を使用しその効果を検証しました。

d0112928_04153371.jpg
帰り道にはもうなんとアツモリソウが咲いていました。

2日間の非常に中身の濃いトレーニングはこれで終了となります。
毎年この時期に全員が集まり、意見を共有することはとても有意義な時間でした。
しかし、山のガイドは様々なコンディションで状況が変化するため、2度と同じ環境が訪れることがありません。
この2日間ではカバーできない、たくさんの状況に対応し、お客様を安全に、最高の体験をしていただくために、私たちヤムナスカのガイドはその努力を惜しむことはありません。


d0112928_05364144.jpg
トレーニング終了後にはいつものピザとビールで打ち上げ!

さあ!これで今シーズンも皆様を受け入れる準備が整いました。

私たちが愛するカナダの山旅を、皆様の人生最高の思い出の一つにしていただけるように、スタッフ一人一人が全力投球で2018年の夏シーズンをスタートします。

今年も沢山のお客様をお待ちいたしております。


ヤムナスカ・ガイド

by ymtours | 2018-06-05 07:49 | お知らせ | Comments(0)