カテゴリ:出会いの山旅( 47 )

レイクオハラ日帰りハイキング

d0112928_7382435.jpg
皆様こんにちは、ヤムナスカガイドの植木です。
本日はカナディアンロッキーの秘境、レイクオハラに本日からご参加の内田様ご夫妻と、昨日もご一緒させていただきました浅田様グループをご案内いたしました。
さて、この日は楽しんでいただけましたでしょうか。絶景をお楽しみください。
d0112928_7482430.jpg
この日は最も標高の高いところにある湖のオパビンレイクにご案内いたしました。
急登を過ぎたところに突然現れる箱庭のような風景、ここはEast Opabin Trailという登山道を上っているところです。
こうした素敵な景色の中にでもここレイクオハラエリアには人影が全くありません。まさに秘境というにふさわしいところです。
d0112928_7522343.jpg
オパビン湖の手前に現れるハンガビーレイク、鏡のような湖面に周囲の山や森が映し出されています。

曇った日には神秘的な景色を楽しませてくれるこの湖とこの景色を私たちだけで楽しんでいいのでしょうか。
しばし絶句でしたね。
d0112928_7575218.jpg
ハンガビーレイクを後にし、さらに奥地に向かいます。
向かう先には折り返し地点のオパビンレイクが待っています、さあ、頑張っていきましょう!!
d0112928_853322.jpg
レイクオハラのエリアで最も標高の高いところに位置するオパビンレイク、小さな湖ですが、神秘的な湖でしたね。
ここでお昼ごはん、絶景をしばし楽しんでいただきました。
d0112928_810282.jpg
帰りはWest Opabin Trailを帰ります。
高台から見たハンガビー湖もまた素敵でしたね。皆さんで感動の記念撮影。
d0112928_814544.jpg
Opabin Prospectから見るレイクオハラは本当に素敵な色を見せてくれました。
こんな素敵な景色を私たちだけで楽しめるのがここレイクオハラ、本当に秘境中の秘境と感じざるを得ませんでしたね。


こうした曇りの日にも感動を与えてくれるレイクオハラは楽しんでいただけましたでしょうか。
またいつかここに来れることを願っています。

このたびは楽しいハイキングをご一緒させていただきありがとうございました。
またいつか帰ってきましょうね。

ヤムナスカガイドは皆様のお帰りをお待ち申し上げております。

ヤムナスカ・ガイド植木 正幸 (うえき まさゆき)
ガイドプロフィールはこちらから

↓上記の山旅記録は以下のツアーで参加いただきました↓
d0112928_09312841.jpg


by ymtours | 2016-08-03 01:06 | 出会いの山旅 | Comments(0)

特選日帰りハイキング - Lake Agnes & Little Beehive

d0112928_652699.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの植木です。本日は新婚旅行でお越しの江口様、カナディアンロッキーのリピーターとしてお越しいただいております浅田様グループ、そして昨日もご一緒させていただきました野中様ご夫妻をレイクルイーズを高台から望むことのできるリトルビーハイブとアグネス湖にご案内しました。
いつ来ても素敵な景色のリトルビーハイブとアグネス湖、この日も絶景を楽しませていただきました。
d0112928_725856.jpg
先頭は浅田様グループの安藤様、豊富な経験値で皆様をリードします。

d0112928_791791.jpg
展望地でランチタイム、本当に素敵なお昼ご飯場所でしたね。

d0112928_714063.jpg
お昼休憩後、アグネス湖まで降りてきましたが連休ということもありちょっと混雑、そこで湖の反対側にご案内しのんびりしていただきました。
新婚旅行の江口さん、思い出の場所になりましたか?
d0112928_7165360.jpg

野中さん、迫力のある景色はお楽しみいただけましたか?
d0112928_7251543.jpg

浅田さん、大関さん、安藤さん、初日のハイキングはいかがでしたか。
これから始まるカナダ山旅の初日、良い天気と素敵な景色でよかったですね。
d0112928_729038.jpg
絶景のアグネス湖、たくさん感動に浸ってください。

カナディアンロッキーにはまだまだ素敵なところがたくさんあります。
みなさん、ぜひまた違う景色を楽しみに行きましょう!!

本日はありがとうございました。
またご一緒できる日を楽しみにしております。


ヤムナスカ・ガイド植木 正幸 (うえき まさゆき)
ガイドプロフィールはこちらから

↓上記の山旅記録は以下のツアーで参加いただきました↓
d0112928_07090672.jpg


by ymtours | 2016-08-02 01:02 | 出会いの山旅 | Comments(0)

H様、N様& 野中様 ご夫婦 / ラーチバレーの旅

d0112928_1317774.jpg

こんにちは。山田トシです。昨日から引き続きのH様・N様と本日は野中様ご夫婦と一緒にラーチバレーへと向かいました。ロッキーで最も有名なハイキングトレイルの一つであるラーチバレーは熊の生息区域にあるため、この時期は4人以上のグループで歩くことが国立公園のルール―で定められます。写真は本日の目的地であるミネスティマレイクです。
d0112928_13161573.jpg
野中様ご夫妻のバックにはテンピークスの峰々です。天気も最高でした。

d0112928_13152547.jpg
森の中では何やらごそごそ音が聞こえ目を凝らすと赤リスがせっせと食事をしていました。

d0112928_13143554.jpg
その名の通りラーチが美しいトレイルを歩くと見出し写真のミネスティマレイクへ到着です。

d0112928_1313187.jpg

最後の一枚はトレイルヘッドにある観光地モレーンレイクとテンピークス。いつ見てもこの美しさにはため息が出ますね。
H様・N様また来年も是非ロッキーへ遊びに来てくださいね。ヤムナスカ一同お待ちしております。野中夫妻は植木ガイドと一緒に引き続きハイキングを楽しんで下さいね。

ヤムナスカ・ガイド山田 利行 (やまだ としゆき)
ガイドプロフィールはこちらから

↓上記の山旅記録は以下のツアーで参加いただきました↓
d0112928_08284243.jpg

by ymtours | 2016-07-31 13:37 | 出会いの山旅 | Comments(0)

H様、N様 レイクオハラハイキング

d0112928_12493545.jpg
こんにちは。山田トシです。ロッキーではようやく天候も安定してきて夏らしいハイキングが楽しめるようになりました。今回はロッキーのベテランH様と初ロッキーのN様をレイクオハラへとご案内しました。H様とは昨年に引き続きガイドさせてもらうことができ嬉しい再会となりました。
d0112928_12481816.jpg
のんびりとレイクオハラの景色を楽しんでいます。
d0112928_125115.jpg
レイクオエサに向かう途中には黄色のオダマキが綺麗に咲いていました。
d0112928_1301212.jpg
この山々の反対側は観光地として有名なレイクルイーズなのです。
d0112928_1319243.jpg
頑張って歩いて美しいレイクオエサに到着です。ハイキング二日目の明日はお二人をラーチバーレーへとご案内させていただく予定です。どんな景色が待っているのかお楽しみに!!

ヤムナスカ・ガイド山田 利行 (やまだ としゆき)
ガイドプロフィールはこちらから

↓上記の山旅記録は以下のツアーで参加いただきました↓
d0112928_09312841.jpg

by ymtours | 2016-07-30 13:26 | 出会いの山旅 | Comments(2)

O様ご一家、堀田様、中島様、レイクオハラ ハイキング

d0112928_03481912.jpg
こんにちは、ガイドの尾崎です。
いつどんなときに行っても感動を与えてくれる、カナディアンロッキーの聖地、レイクオハラ。
今回もそんな期待を裏切らず、私たちを暖かく迎え入れてくれました。

今回のお客様は全員初レイクオハラ。
レイクオハラには湖を巡る大きく3つのハイキングコースがありますが、それならまずはと、私が一番大好きなレイクマッカーサーへとご案内することにしました。

歩き始めはポツポツと雨、湖が近づくにつれて強まる風、なんだか心配になってきたぞ…そんな不安を胸に岩山を超えると、

d0112928_03481946.jpg
「うわーすごい!きれい!」

d0112928_03481977.jpg
雨もいつの間にか止み、遠くに見渡せるレイクマッカーサーに大興奮の皆さん。早く行ってもっと近づいて見ましょうよ!という私の思いをよそに、写真を撮りまくりでなかなか足が進みません。

d0112928_03481941.jpg
この深く澄んだ青!紺碧とも言えるようなこの色は、カナディアンロッキーに数ある氷河湖の中でもここだけでしか見られません。氷河湖の色って本当に不思議です。

d0112928_03481913.jpg
湖を背に一枚パチリ。幼少からのご友人であるというお二人。思い出の一ページとして、今回の貴重な体験は深~く記憶に刻み込まれることでしょう。

レイクマッカーサーでは心配していた雨に降られることもなく、ランチを食べながら充分に湖を堪能していただくことができました。
レイクオハラに来られるということだけでも幸運です。きっとその幸運が皆様に味方してくれたのでしょう!

カナディアンロッキーの魅力はまだまだこれだけにとどまりません。
是非とももう一度、皆様がカナディアンロッキーを訪ねられることを心よりお待ちしております。そのときはまた、一緒に楽しみましょう!

今回はカナダでの貴重なお時間をガイドさせていただき、誠にありがとうございました。

ヤムナスカ・ガイド尾崎 健太郎 (おざき けんたろう)
ガイドプロフィールはこちらから

↓上記の山旅記録は以下のツアーで参加いただきました↓
d0112928_09312841.jpg


by ymtours | 2016-07-19 04:46 | 出会いの山旅 | Comments(0)

松本様、河合様、黒田様 レイクオエサ〜ヤクネスレッジストレイル〜オパビンレイク

d0112928_356455.jpg

こんにちは!またまた今のシーズンを大いに楽しむハイキングガイドのハルヒです!
今回は若々しさたっぷりな3名様をレイクオハラのハイキングにお連れしました。

悪かった天気予報も皆さんのエネルギーで吹っ飛ばしてくれました!

d0112928_403711.jpg

ひとまず向かうはレイクオエサ。レイクオハラからの主な3つのハイキングコースの中の一つです。
こんなガレ場でもトレイルは歩きやすく整備されていて、ありがたいです。

d0112928_4416.jpg

レイクオエサに到着。今日は無風で山がきれいに写ってました。美しい〜
d0112928_443167.jpg

『お昼にホッと一息、赤だしです』とお椀を取り出してきました。爆笑!

d0112928_493873.jpg

ここからはアルパインルートが始まります!

d0112928_4122250.jpg

幼い頃のジャングルジムを思い出しますねー!歩いていて楽しめるスポット盛りだくさんです!!

d0112928_4131830.jpg

アルパインルートならではの景色です。レイクオハラが一望できます。上から見るとまた色が違って見えます!

d0112928_418470.jpg

2つ目の目的地オパビンにも来れました!達成感のある1日となりました!

みなさん今回は天気にも恵まれて、いろんなトレイルも体験できて楽しかったですね。
次回はテントを担いでいくロングトレイルもおススメです!
またカナディアンロッキーで会える日を楽しみにしています!この度は誠に有難うございました。

ヤムナスカ・ガイド西牟田 春陽 (にしむた はるひ)
ガイドプロフィールはこちらから

↓上記の山旅記録は以下のツアーで参加いただきました↓
d0112928_09312841.jpg

by ymtours | 2016-07-10 04:24 | 出会いの山旅 | Comments(0)

Tご夫妻、M様 ラーチバレー・センチネルパス 


d0112928_12130725.jpg

皆様、大変ご無沙汰しております!ヤムナスカガイド、篠崎ヒロです。本日は、最高のハイキングを、Tご夫妻と、M様と一緒に共有することが出来ました!天気予報を完全に裏切ってくれた本日のお天道様、本当にありがとう!といった一日でしたね。皆さんペースも快調! 昨日カナダに到着されたばかりですが、とてもいいペースでラーチバレー・センチネルパスまで。お目当てのテンピークス、咲き乱れる高山植物、そして青空!私にとってもとても楽しい一日となり、ガイド中とは分かっていながらも「おー!」の連続、、。我慢できませんでした、美しすぎて、。
d0112928_12161502.jpg
朝は曇りですが、なんといってもモレーン湖の美しさは朝一でないと伝わりませんね。

d0112928_12163039.jpg
九十九折5番目で出会った雷鳥

d0112928_12173115.jpg
まだ山のてっぺんは雲で隠れたまま、、、

d0112928_12173896.jpg
おっ、雲が切れてきた

d0112928_12175048.jpg
Blue Sky!

d0112928_12180526.jpg
天候が悪化する前に、峠より下山

d0112928_12181302.jpg
あー、この景色最高です、、。

d0112928_12182862.jpg
今日は5百枚ほど撮影されたようです、、、

この度はヤムナスカ特選ハイキングへご参加いただきまして誠にありがとうございました!明日よりTご夫妻とシャドウレイクへ行ってきます!乞うご期待!
M様、またのお越しをお待ちいたしております!次はエスプラナーデで一緒に歩きましょう!


ヤムナスカ・ガイド篠崎 洋昭(しのざき ひろあき)
ガイドプロフィールはこちらから

↓上記の山旅記録は以下のツアーで参加いただきました↓
d0112928_07313981.jpg


by ymtours | 2016-07-09 11:51 | 出会いの山旅 | Comments(1)

山田様ご夫妻、増子様、杉本様 レイク・オハラ/ラーチ・バレー 

d0112928_135113.jpg
▲レイク・マッカーサーの独特の青色にみんなが歓声を上げました。

こんにちは。
ヤムナスカ・ガイドの小泉です。
今回は、横浜からお越しの山田様ご夫妻、増子様、杉本様を2日間の日帰りハイキングへとご案内いたしました。
偶然にもお住まいの場所が非常に近く、朝集合した時からローカルトークで盛り上がっていました。
増子様と杉本様はご姉妹で、とても仲の良いお二人でした。

1日目は、誰もが一度は行ってみたいロッキーの宝石と呼ばれるレイク・オハラへ。
厳しい入山制限のおかげで人も少なく、ロッキーの魅力がギュッと凝縮されたような特別なエリアです。
様々なコースがある中で、今回選んだのは「レイク・マッカーサー」。
独特な青色で有名な湖までのコースです。
曇り空に小雨が降る天気でしたが、時折陽が射し、周囲の山々も綺麗に顔を出してくれました。

d0112928_1441747.jpg
▲カナダのアルパイン・クラブ所有のエリザベス・パーカー・ハットの前でパチリ。夏休み中のため家族での滞在が多く見られました。

d0112928_1524919.jpg
▲シェーファーレイクの周辺を快適にハイキング。

d0112928_1545637.jpg
▲ラーチ(カラマツ)の森からシェーファーレイクが見れました。緑が美しい!

d0112928_1574714.jpg
▲すぐ近くにマーモットも顔を出してくれました。

d0112928_22465.jpg
▲最後の岩場を抜けて目指すレイク・マッカーサーはすぐそこです!

d0112928_255936.jpg
▲あこがれのレイク・マッカーサーに到着!人工的に作り出したかのようななんとも言えない青色には大感動でした。

2日目は、ラーチ(カラマツ)の森で有名なラーチ・バレーへ。
朝からバンフは雨が降るあいにくのお天気でしたが、車内は昨日の話で盛りがっていました。
昔からの知り合いのようでしたね。
そんなハイテンションにお天気も答えてくれました。
徐々に雲が切れ、青空が広がる陽気になり、日差しを浴びながらのハイキングとなりました。
トレイルはロッキーを代表する湖、モレーン湖から始まります。
朝9時で既に湖周辺は観光客でいっぱい。
しかし、ハイキングコースに入るととても静かで、快適にラーチの森を目指します。

d0112928_2141625.jpg

▲ラーチの森に咲いたインディアン・ペイント・ブラシ。

d0112928_215347.jpg
▲朝の雨が嘘のよう。テン・ピークスの山々もしっかり見ることが出来て、益々盛り上がる4人!

d0112928_217944.jpg
▲ラーチの森は美しい。

d0112928_2175410.jpg
▲森林限界付近からのテン・ピークスの山々。大絶景が広がります。

d0112928_218441.jpg
▲目的地・ミネスティマ・レイクに到着。今の気持ちを表現してもらいました。。。

d0112928_2195993.jpg
▲ラーチ・バレーは、カラマツの森を歩き、テン・ピークスの絶景を楽しめる変化あるコース。

山田様、増子様、杉本様、この度はカナディアン・ロッキーへお越しくださいまして、誠にありがとうございました。
同じ横浜ということで、初対面10秒で意気投合したのがとても印象に残っています。
これからもそれぞれで山旅を楽しんで、またロッキーにも遊びにいらしてください。
また、ハイキング中に色々とお話させていただきましたが、ユーコンのオーロラの旅にも是非お越しくださいね。

ヤムナスカ・ガイド小泉 優(こいずみ ゆう)
ガイドプロフィールはこちらから

↓上記の山旅記録は以下のツアーで参加いただきました↓
d0112928_09312841.jpg
d0112928_07313981.jpg


by ymtours | 2016-07-05 02:28 | 出会いの山旅 | Comments(0)

山口様・鈴木様 レイクオハラの旅

d0112928_13483314.jpg
こんにちは。山田トシです。山口様・鈴木様をお二人の旅の最後を飾る聖地レイクオハラへとご案内しました。
d0112928_13485840.jpg
最高の天気の中、レイクオエサへ向けて出発です。オハラを眺めながらのハイキングを楽しみます。

d0112928_13494843.jpg
空には変わった虹が見れてラッキーでしたね。

d0112928_1350470.jpg
ロッキーの自然に関するインタープリティブを交えながらハイキングを楽しんでもらいました。モミ?トウヒ?どちらでしょうか?

d0112928_13502813.jpg
レイクオエサとご対面。今日も綺麗な青色を見せてくれました。

d0112928_13504667.jpg
ゆっくりランチタイムを取りました。特製のライスクラッカーサンドイッチです。

d0112928_1351119.jpg
ランチの後はお昼寝ですね。ロッキーの大自然の中での至福のひとときを過ごして頂きました。


山口様・鈴木様、この度はレイクオハラの日帰りハイキングツアーにご参加いただきありがとうございました。
ロッキーの大自然にいつでも帰ってきて下さいね。ヤムナスカ一同お待ちしております!

ヤムナスカ・ガイド山田 利行 (やまだ としゆき)
ガイドプロフィールはこちらから

↓上記の山旅記録は以下のツアーで参加いただきました↓
d0112928_09312841.jpg


by ymtours | 2016-07-01 14:11 | 出会いの山旅 | Comments(0)

レイクオハラ、オパビンレイク

d0112928_1402569.gif

こんにちは、ヤムナスカガイドの植木です。
本日はとっても仲良しの池谷様ご夫婦と、いつもハイキングに行かれているお友達同士のA様、O様を紅葉の美しいレイクオパビンにご案内させていただきました
朝から快晴無風のすばらしいお天気の中をハイキングできるチャンス、さあ、存分に秘境レイクオハラをお楽しみください。
それでは出発です。
d0112928_1465434.gif

オハラではおなじみのスクールバスで出発です。
みなさん、驚かれました?
d0112928_149775.gif

バスを降りてすぐ、目の前に絶景が!!
出発してすぐに見えたのがレイクオハラ。こんな景色見られませんね、しばし絶景を楽しんでください。
d0112928_14262770.gif

レイクオハラに鏡の様に映る3189mのCathedral Mt, 目の前に見える山々はほとんどが3000m級の峰なんですよ。
美しすぎて声が出ませんでしたね。
d0112928_1432218.gif

いつかはコテージに泊まって、お二人でこのボートに乗ってください。近いうちにかないそうですね。
d0112928_1436297.gif

一旦レイクオハラとはお別れし、一路オパビンレイクへ向けて山林を進むと、そこにはとんでもない光景が!!
突然飛び込んできたカラ松の紅葉の色と白い峰、そして青い空の絶妙のコントラストが足を止めます。
どうぞいっぱい楽しんでください。
d0112928_14421481.gif

カラ松の紅葉の中の石畳を歩けるなんて、本当に庭園みたい!!と声が上がったのもうなずけます。
d0112928_14471255.gif

ご主人のことをいつも笑顔で見ていた奥様、仲が良くって本当に素敵でした。
d0112928_14494887.gif

薄氷のはっている池の横をトレッキング、景色に見とれて落ちないように。
d0112928_1455277.gif

オパビンレイクの少し手前、Hungabee Lakeに到着です。
紅葉の色が更に黄金色に輝いて湖面に映し出されていましたね、しばしガイドの仕事を忘れてました、すいません。
d0112928_150675.gif

お二人で記念撮影、良い思いでになりましたね!
d0112928_1545272.gif

オパビンレイクに到着!!湖畔でランチをとり、みんなで記念撮影。
それにしてもここはぐる~っと270度、山に囲まれて大迫力でした。
3000mを越す山々が目の前にあると、迫力がありすぎて見とれるばかりです。
d0112928_1592888.gif

昼食後、帰りはWest Opabin Trailで。Hungabee Lakeを見下ろす高台でみんなで遠くの峰を指差してました。次回はあそこですか?
d0112928_15245866.gif

振り返るとこんな景色が広がっていました。
d0112928_15344053.gif

最後に眼下にMary LakeとLake O'Haraを見下ろす展望地にて撮影会をして本日のハイキングを終了します。
皆さん、こんな素敵な日をご一緒させていただいたことに感謝いたします。
またカナディアンロッキーに来てくださいね。
今度はお花の時期かな?

このたびは、ヤムナスカマウンテンツアーズにお申し込みいただきありがとうございました。
またご利用くださいますことをスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

ヤムナスカ・ガイド植木 正幸 (うえき まさゆき)
ガイドプロフィールはこちらから

↓上記の山旅記録は以下のツアーで参加いただきました↓
d0112928_09312841.jpg


by ymtours | 2015-09-22 09:02 | 出会いの山旅 | Comments(2)