カテゴリ:出会いの山旅( 52 )

手軽に森林限界越え!カナナスキスカントリー・ターミガンサーク

d0112928_12550943.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。
この度は、井上様、阿久津様、内田様、東海林様、田中様をカナナスキスカントリーのターミガンサークへとご案内させていただきました。

サークとは、氷河の浸食作用により、山肌がすり鉢状に削られた地形のことを指します。
日本ではカール地形と呼ばれています。
このカール地形にターミガン(ライチョウ)が生息していることから、ターミガンサークと名付けられました。
ここは、スタート地点で既に標高2200mあるので、わずか200mほど高度を上げるだけで、手軽に森林限界を超えることができます。
d0112928_12550717.jpg
登り始めてたった40分ほどで、こんな絶景が見れます!

d0112928_12550760.jpg
巨大なカール地形、迫力満点です!
d0112928_12550871.jpg
トレイルの途中で、ビッグホーンシープの群れが草を食んでいるのを見ることができました。
d0112928_12590954.jpg
さらにホーリーマーモットも岩場から顔を出してくれました!

d0112928_13002075.jpg
ビッグホーンシープとマーモットの貴重な2ショット (笑)!
d0112928_12551068.jpg
雄大な景色を眺めながらのランチは美味しいですね!

d0112928_13055548.jpg
早めに登り終えたので、ハイキング後、カナナスキスレイクへ行きました。
ここからの眺めも綺麗です。
d0112928_13023616.jpg
井上様、阿久津様、内田様、東海林様、田中様、本日はありがとうございました!
今回は、大迫力なカールと色々な動物、巨大な湖など内容盛りだくさんのツアーでしたね!
カナナスキスカントリーにはまだまだいくつものハイキングエリアが存在します。
またハイキングしにお越しください!お待ちしております!!!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-08-10 07:36 | 出会いの山旅 | Comments(0)

レイクルーズ満喫周遊 中嶋様ご夫妻、N様、A様 グループの山旅

d0112928_14282748.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの植木です。

今日は、ハイキング3日目となる新婚旅行でお越しの中嶋様ご夫妻と、毎年カナダにお越しいただいておりますお二人のN様、A様の計4名様を、カナディアンロッキーの中でもっとも有名なスポット、レイクルイーズと、ここからスタートする人気のハイキングコースのレイクアグネス、ビックビーハイブの周遊コースをご案内いたしました。絶好のハイキング日和の中、皆様ご満足いただけるような絶景をご覧いただくことができたのでしょうか。

こうご期待!!では、ハイキングスタートです!!

d0112928_14372361.jpg
ここは、最初に現れるミラーレイクです。
この目の前にそびえたっている岸壁は、そう、目的地のビックビーハイブです。
垂直に切り立つ絶壁を、首が痛くなるような角度で見上げて、「こんなとこ登るの~~!!」と。
「大丈夫です、なんとなく楽しみながら登らせるのもガイドです。」といった言葉のなんと説得力のないことか(笑)
まあ、行ってみましょう。

d0112928_14441876.jpg
d0112928_14432220.jpg
中継地点のレイクアグネスとティーハウス。
この神秘的な湖に、ほんの1時間30分ほどで到着です。
近くにこんな素敵な山上湖が至る所に存在するのがカナディアンロッキーの魅力でもあります。
そして、湖畔沿いを歩くとお花畑も点在していました。
お花好きな皆様、写真撮影が忙しくて、全く進みません(笑)

d0112928_14494367.jpg
レイクアグネスからビーハイブに登っている途中、眼下に先ほどまでいたレイクアグネスを見ることができます。
「急だな~と思ってたけど、来れるもんだね!!」、はい、ガイドにとってはそう言っていただけることが一番の喜びです。
皆さんなら、難なく来れると思ってました。

d0112928_14500122.jpg
ビックビーハイブの頂上から見るレイクルイーズとシャトーレイクルイーズの全貌です。
3時間前は、あのホテルからスタートしたんですよ。来てますね~~!!
それにしてもここから見るレイクルーズは本当に美しかったですね。この絶景はここまで歩いた人しか楽しむことができません。

この絶景を楽しみながら、ランチタイムを取りました。

d0112928_14513301.jpg

下山途中、レイクルイーズの源、ビクトリア氷河から流れる川辺に立ち寄りました。
これがあの神秘的な湖を作っている川ですよと説明したところ、「えっ、こんな泥水が??」って率直な感想。そうですよね、自然て本当に不思議です。
こうして氷河湖に流れ込む川を触れるところってそんなに多くないんです。
直接触り、体験していただくことはどんな説明よりわかりやすかったのではないですか?
これもハイキングの楽しみ方の一つですね。

d0112928_14531403.jpg
d0112928_14522714.jpg
そして、再びレイクルイーズに戻ってきました。
今度は流れ込みを見学です。
どことなく、南国のビーチにいるような景色でしたね。

d0112928_14540436.jpg
最後にレイクルイーズの流れ込みにちょっとだけ足を延ばし、さっきの泥水??が神秘的な湖の色を作り出す現場をご覧いただきました。

いかがでしたでしょうか。レイクルイーズを駐車場付近から見るだけではなく、山に登り、上から見下ろしたレイクルイーズ、そして、その湖を作り出す源流、その川が湖に流れ込む現場を直に触り、歩き、見ることのできるこの周遊コースを楽しんでいただけたでしょうか。

新婚旅行でお越しの中嶋様ご夫妻はこの後トロントの方に観光に行きご帰国となりますが、またぜひ来てくださいね。

そして、N様とA様は、これからカナディアンロッキー最高峰のMtロブソンとバックカントリーロッジのスコーキーロッジを引き続きご案内させていただきます。


カナディアンロッキーはまだまだ神秘的な場所がたくさんあります。
ぜひまたロッキーでお会いしましょう!!


ヤムナスカ・ガイド植木 正幸 (うえき まさゆき)
ガイドプロフィールはこちらから



by ymtours | 2017-08-07 15:25 | 出会いの山旅 | Comments(0)

H様 特選日帰りハイキングへ 1日目と2日目

1日目

d0112928_0244751.jpg



こんにちは、ヤムナスカガイドの難波です。

16年以上のお客様となるHさんをご案内しました。
せっかくお越しいただいたのに、ちょうど特選日帰りツアーが催行されない日と当たってしまいました。なかなかお客様おひとりではツアーを出せないのですが、これだけ長い間、弊社をご贔屓にして下さるお客様のご依頼を断るわけにはいきません。そんな時は、夏休み中の息子に親父の仕事を見せるためというか、実際は家族ハイキングに参加して頂きました。。。Hさん、こんな家族サービスの延長のような日に一緒に山へ行くことを承諾くださり有難うございます。

d0112928_11394017.jpg


ほんの少し山火事の煙で霞んでいますが、ほとんど気にならずハイキングが出来ました。山火事というのは自然再生の源です。これ無くして、食物多様性を維持できないわけですから、少しぐらいは我慢です。

d0112928_11394596.jpg


このエリアはウエスタンアネモネが多いことで知られています。花の終わった後の綿毛(タネ)が一面にあります。実は私、綿毛のフェチでして、特にアネモネの綿毛を逆光で撮るのが大好きです。もしレフ板を使う余裕があれば、、、つまりお客様を待たせることができるなら、、、、突如と「休憩!!」と号令をかけて、撮影に入ります。綿毛って人間みたいなんですよ。最初は坊主頭の赤ちゃん。少しづつ毛が伸びて来ると可愛い小学生。そのあとは親の言うことを聞かないロン毛の高校生から大学生になります。それからは、悲しいかな毛が風で飛んでいきます。最後は? もうご想像がつきますね。ツルツル頭。。いや、そのスキンヘッドがカッコいいのです。

ウエスタンアネモネは初夏から夏の終わりまで楽しめる花なのですよー。

d0112928_11393683.jpg


今日はガイドとして、少し楽をした日になってしまいました。。妻とHさんは女性同士ということで、歩き出しから終わりまで世間話に花を咲かせてくれましたし。。10歳の息子は、ドラえもんのポケットから出て来て欲しい未来のハイキングスティックに想像を膨らまして、元気に歩いてくれるし。。私がやったことと言えば、湖畔でコーヒーを沸かしたぐらいです。。これも自分が飲みたかったからと言われましたが。

d0112928_12275493.jpg


Hさん、こんな普通のなんでもない私の山遊びに付き合ってくださり有難うございました。これに懲りずまたお越しくださいね。

1日目おしまい。

2日目
d0112928_14220890.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。
2日目は、私がH様をレイクアグネス&ビッグビーハイブ&プレイン・オブ・ザ・シックス・グレーシャーズへとご案内させていただきました。

レイクアグネスはレイクルイーズ周辺のハイキングコースの中でも非常に人気のあるコースの一つで、レイクルイーズとはまた別の雰囲気を持つ美しい氷河湖です。平日にもかかわらずたくさんの人で賑わっていました。

d0112928_14220923.jpg
湖畔をぐるっと回ってからビッグビーハイブを目指します!

d0112928_14220995.jpg

ビッグビーハイブから見下ろしたレイクルイーズ。
上から眺めるレイクルイーズはいつもと雰囲気が違って見えますね。
ここでランチをとり、その後、プレイン・オブ・ザ・シックス・グレーシャーズへ目指します。

d0112928_14501077.jpg
d0112928_14221017.jpg
森林帯を抜けると、マウントビクトリアの方角に向かってのびるトレイルに出ました。
途中で、ヤナギランの大群生を発見。ラベンダー畑ではなくヤナギラン畑?

d0112928_14221020.jpg
d0112928_14221115.jpg
最終目的地のティーハウスに到着しました!
ティーハウスの前は広場になっていて、眼前には大迫力の氷河を眺めることができます。

d0112928_14221082.jpg
「冷た〜い!」氷河から流れ出る川に手を突っ込んで、二人して涼んでいました。
暑い日差しの下、この冷たさは格別ですね!
d0112928_14330366.jpg
今まで自分たちが歩いてきた道のりを振り返ると、達成感が湧いてきます!
いや〜今日は歩きました!

景色が次々と変化していく見所盛りだくさんの1日でした!
H様、今回はありがとうございました。
秋のカナディアンロッキーにも訪れてみたいとのこと、ぜひいらしてください!
秋の黄葉も綺麗ですよ!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-07-26 12:17 | 出会いの山旅 | Comments(3)

雄大な景色の連続!ラーチバレーハイキング

d0112928_11295153.jpg
ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、M.J様、新井様をラーチバレーハイキングにご案内させていただきました。
天気は快晴で風もなく、モレーン・レイクの水面に背後の山が写っていて、とても綺麗です。

d0112928_11295269.jpg
d0112928_11295117.jpg
森林帯を抜けると気持ちの良い開けた場所に出ました。テンピークスと呼ばれる3000m級の山々の迫力に圧倒されます。

d0112928_11432296.jpg
美しい景色の連続。カメラのシャッターを切るのに大忙しです!

d0112928_11295234.jpg
この雄大な景色!天気は快晴!まさにハイキング日和ですね!

d0112928_11295383.jpg
この度はご参加いただきありがとうございました!
最高のコンディションで美しい景色を眺めながらのハイキングは如何でしたでしょうか?
またカナディアンロッキーに遊びにきてください!お待ちしております!


ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-07-18 12:01 | 出会いの山旅 | Comments(0)

快晴!レイクマッカーサーハイキング - レイクオハラ日帰りハイキング

d0112928_00230809.jpg

ヤムナスカガイドの永谷です。
この度は、阿戸様ご夫妻、麻美様、M.J様をレイクオハラエリアのレイクマッカーサーハイキングにご案内させていただきました。

本日は快晴!まずはレイクオハラの前で記念撮影。
その後、カナディアンロッキーの中でも最も美しい湖の一つと呼ばれているレイクマッカーサーを目指しました。
d0112928_10140315.jpg
高度を上げるにつれて、雄大な景色がどんどん広がっていきます。

d0112928_10140205.jpg
ついにレイクマッカーサーに到着!湖が見えた瞬間、みなさん感嘆の声をあげていました。
快晴の下、レイクマッカーサーは青く光り輝いているように見えました。

d0112928_10140498.jpg
昼食後の自由時間。美しい湖畔でみなさん思い思いの時間を過ごしました。
d0112928_11162626.jpg
トレイルの途中、岩場が出てきました。岩場にはピカやマーモットが住んでいます。
休憩がてら、みなさんと一緒に探しました。
ピカやマーモットに会いたい!という願いが天に届いたのか、岩場からひょっこり顔を出してくれました!

d0112928_11201293.jpg
レイクオハラはまだまだいくつものハイキングエリアが存在します。
また機会がございましたら、ぜひカナディアンロッキーの山旅にお越しください!


ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-07-17 11:24 | 出会いの山旅 | Comments(0)

大自然の中で静かに佇むレイクマッカーサー - レイクオハラハイキング日帰りハイキング

d0112928_08533892.jpg
ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、三根様をレイクオハラエリアへご案内させていただきました。
レイクオハラの中でも最も人気のあるトレイルの一つ、レイクマッカーサーへ向かいました。
レイクオハラは、植生保護のため1日の入山者数を制限しているので、静かなハイキングを堪能することができます。

d0112928_08533808.jpg
レイクオハラの色合いも遠くから見るのと近くで見るのとは、少し違って見えますね。

d0112928_08533950.jpg
山沿いの道を歩いていきます。振り返ると絶景が広がっていました!

d0112928_08533919.jpg
目的地、レイクマッカーサーに到着です!
出発時は、雲が多かったですが、目的地に近づくにつれて、晴れ間が少しづつ見えてきました。

d0112928_08534018.jpg
レイクマッカーサーの特徴であるこの独特な青!カナディアンロッキーの中でも最も美しい湖の一つと呼ばれているだけあって、素晴らしい色です。
この日は風も少なく人もまばらで鳥の声もない、まさに静寂の世界でした。

d0112928_09181448.jpg
帰り際にホーリーマーモットが岩場から顔を出してくれました。ホーリーとは「白っぽい、灰色がかった」という意味です。
草を食んでいる様子がとても可愛らしかったです。

d0112928_08533930.jpg
三根様、今回はありがとうございました!
大好きなカナダの大自然を感じていただけたようで、本当に嬉しく思います。
またカナディアンロッキーでご一緒できることを楽しみにしております!



ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-07-15 09:42 | 出会いの山旅 | Comments(0)

秋?冬?のレイクオハラ日帰りハイキング

皆さんこんにちは、ヤムナスカの堀口です。

この度は前日にも参加していただいた藤田様ご夫妻に、現在世界一周中の田嶋様が加わり、3名様をレイクオハラエリアをご案内いたしました。

d0112928_330184.jpg
▲レイクオハラエリアへは専用バスに乗り込み、パークススタッフ(国立公園スタッフ)による注意点や、
トレイルのコンディションなどの説明を受けます。


d0112928_3314269.jpg
▲今回はレイクオハラエリアの中でも最美しい場所の一つ、レイクマッカーサー方面へ。
数日前に降った雪もトレイル上はだいぶ解けていて、歩きやすい場所が多くありました。
それにしてもカラマツの黄葉は見事!

d0112928_3315897.jpg
▲さすが!若さあふれるこのパーティーにはハイレベルサーキットの難所もこの余裕ぶり。

d0112928_335194.jpg
▲やっと太陽が顔を出してくれました。光合成をしてここからマッカーサーまで最後の歩きです。

d0112928_3353041.jpg
▲ついにレイクマッカーサーが見えてきました。なんと美しいことでしょう!

d0112928_33639100.jpg
▲コバルトブルーのレイクマッカーサー。この色の氷河湖はロッキー広しと言えどここにしかありません。
つまり選ばれた者のみがこの色に出会うことが出来るのです。

d0112928_3371671.jpg
▲日本大好き、世界一周中の田嶋さん、碧き湖を見ながらおにぎりを頬張り、何を思う?

d0112928_337249.jpg
▲健脚三人組!最後はアルパインルートの一部、オールソウルプロスペクトまで余裕でたどり着き、
展望からレイクオハラを眺めました。
周りの山々もすっかり雪化粧し、厳しくも美しい山の景色も見事ですね。


藤田さんご夫婦、2日間のご参加ありがとうございました。今度は秋のユーコンでしょうか!?
田嶋さん、これからは南米ですね?大好きなジャマイカを思いっきり楽しんじゃってください。

是非またカナダへ遊びにいらしてください!次はどんな場所へご案内できるか楽しみです。

この度はヤムナスカをご利用いただきまして、誠に有難うございました!

ヤムナスカ・ガイド堀口 慎太郎 (ほりぐち しんたろう)
ガイドプロフィールはこちらから

↓上記の山旅記録は以下のツアーで参加いただきました↓
d0112928_09312841.jpg


by ymtours | 2016-09-25 07:52 | 出会いの山旅 | Comments(0)

秋の "Mt.ヤムナスカ" 日帰りハイキング

d0112928_9412113.jpg

こんにちは、ヤムナスカガイドの植木です。
本日は皆さん偶然にも福岡出身のお二組、もう7回ほどカナディアンロッキーにお越しいただいております北橋様と、今回のご旅行が新婚旅行のとってもお似合いの藤田様ご夫妻を名峰、"Mt.ヤムナスカ"にご案内いたしました。
北橋様はこの6月にもお越しいただいており、夏のヤムナスカ山と今回の秋のヤムナスカ山を一年のうちに来ていただけるほどカナディアンロッキーをこよなく愛しておられます。
前日までの雪と雨が山の風景を一変させたようで、すっかり晩秋の雰囲気が感じられるハイキングとなりました。
d0112928_951010.jpg
最初に到着した展望地から下界を見ると、黄葉の葉がとってもきれいです。
ボウバレーの広大な景色を堪能できたでしょうか?

d0112928_954952.jpg

カナディアンロッキーの色付きは、黄色がほとんどですが、黄色でもいろんな色があるんですね。
松の緑とのコントラストがとても素敵でした。

d0112928_9563650.jpg
小雨が降る中、目的地の森林限界に到着しました。
さすが若くて普段から山登りをされている皆さん、良いスピードでここまで余裕で到着しました。

d0112928_1025716.jpg

d0112928_1014893.jpg
ここから先はまた今度ですね。

d0112928_103269.jpg
途中で、リスが松の実を一生懸命食べているかわいい姿を見ることができましたね。
癒される瞬間でした。

d0112928_105995.jpg
最後に駐車場でヤムナスカ山を入れて記念撮影。
ご主人様申し訳ありません、山ガールのみとさせていただきました。笑


秋の"Mt.ヤムナスカ"はいかがでしたか。
もうすぐ雪景色となるカナディアンロッキーの最後の色付きをご堪能されたことと思います。
まったく人がいない静かな登山を楽しめるこのカナディアンロッキーにまたぜひお越しください。
いつでも私たちガイドはお待ちしております。

この度は本当にありがとうございました。

ヤムナスカ・ガイド植木 正幸 (うえき まさゆき)
ガイドプロフィールはこちらから

↓上記の山旅記録は以下のツアーで参加いただきました↓
d0112928_07090672.jpg

by ymtours | 2016-09-22 02:37 | 出会いの山旅 | Comments(0)

神秘の湖 レイクオハラ日帰りハイキング

d0112928_595549.jpg

こんにちは、ヤムナスカガイドの植木です。

本日は夏休みを利用してお越しいただきました朝倉様と、定年を迎えられましたお父さんのためにカナダ旅行を企画していただきました加賀様ご家族を聖地レイクオハラにご案内いたしました。
朝倉様は2回目のカナディアンロッキーで、前回もオハラに来られておりますが、今回も大好きなオハラにご参加です。また、加賀様は初めてのカナディアンロッキーという事で、このご旅行では最後のカナディアンロッキーとなる日をレイクオハラにご参加いただきました。
出発はスクールバスに乗り換えて、レイクオハラへ向かいます。さて、今回はレイクオエサまでご案内することにいたしました。
全ての湖の色が違うように見えるのがこのレイクオエサの素晴らしいところです。

d0112928_5121476.jpg
途中の緩やかな登りが終わった後、急にこうしたガレ場が現れます。
歩きなれた皆さん軽快に通過していきましたね。
加賀さん、この日の為にしっかりそろえてこられて大正解でした!!

d0112928_513481.jpg
小さな湖が点在するこのコースは、こうした素敵な自然美を存分に楽しませてくれます。

d0112928_5134324.jpg

到着したレイクオエサです。
なんと美しいブルーをしているのでしょう。こんな色の湖を間近に見れるなんて最高ですね。

d0112928_5142319.jpg

お昼休憩の後、レイクオハラを上から展望できるところにご案内しました。
ガレ場の途中からコースが分かりにくくなってきます、こういう時は私の腕の見せ所です、
皆さん安心して私に着いてきてください。

d0112928_515631.jpg
断崖絶壁のすぐ横を通過、こんなところもスリリングで楽しいですね。

d0112928_516386.jpg
突然目の前に見えたのがレイクオハラ、下から見る景色と全然違う、また別の顔をもつ素敵な湖でしたね。
ここがヤクネスリッジというところです。
全部は行けませんが、ここからの景色だけでも十分行った価値があります。

d0112928_5182938.jpg
帰りは朝来た道を戻ります。
でも天気がすっかり晴れて太陽が出るとまったく違う景色に大喜び!!それにしても水が冷たい。
表情が物語っています。

d0112928_5192772.jpg
さっき行ったヤクネスリッジをしたから再確認、
「あんな所に登ってたなんてすご~い!!」と感激させていました。

d0112928_5201422.jpg
レイクオハラに帰ってきたときには、ほとんど雲もなくレイクオハラの色も神秘の湖にふさわしい色でした。


いかがでしたか、一日のうちに何度も違う表情を見せてくれるレイクオハラ、楽しんでいただけましたか。

”また絶対に来る”と言っていただけて本当に良かったです。
いつでもカナディアンロッキーで待っています。
その時はぜひまたご案内させてください、お待ちしております。

この度は素敵な一日をご一緒させていただき、ありがとうございました、本当に楽しかったです。
またお逢いできる日を楽しみにしています。

ヤムナスカ・ガイド植木 正幸 (うえき まさゆき)
ガイドプロフィールはこちらから

↓上記の山旅記録は以下のツアーで参加いただきました↓
d0112928_09312841.jpg

by ymtours | 2016-08-18 00:42 | 出会いの山旅 | Comments(0)

ロッキーの感動をみんなで分かち合おう! アシニボインハイライントレイル 

d0112928_3431222.jpg
こんにちは、ヤムナスカハイキングガイドのハルヒです。
この暖かいロッキーの夏も終わりを迎えようとしてます。秋の到来が待ち遠しいですね。

さて、今回はハイカーの憧れ「アシニボイン」エリアをご紹介します。

4泊5日のキャンプで行くバックパッキングの旅で世界公募ツアーでしたので、国際的なメンバーとなりました。

みなさんこんなこと思っていないですか?
英語の会話でのツアーだと自信がなく、参加することをためらってしまう。
キャンプをした経験がなく、みんなについていける自信がない。

そういった理由でためらっている方は、今回のツアーを読んでいただいて文化の異なるメンバーとの山旅がどれだけ楽しいツアーかを感じて、参加いただきたいと思います。

ツアーが終わる頃には、みんなが打ち解けあって大きなファミリーになれる、そんなツアーを私たちは目指してます!

今回は7名のメンバー、その中には日本人2人、オーストラリア人、カナダ人と流暢な日本語を話すフィンランド人がいました!
そしてメインガイドのサラと私、セカンドガイドの私、9人での旅でした。

その中の日本人メンバーをご紹介します。

d0112928_4243782.jpg
幸絵(サチエ)さん。
カメラ大好き。アシニボインでは人生の転機を迎え、これからのご活躍を楽しみにしています!
d0112928_4282413.jpg
雪絵(ユキエ)さん。
感性豊かな彼女は影でみんなのムードメーカ!感動の時間をありがとうございました。

さてさて、ここからこの5日間の出来事をみなさんとシェアしていきたいと思います。そこで、この旅の毎日がすごい濃い内容だったので、1日1日にタイトルをつけていきます。そこでみなさんにも何か感じるものがあるといいなと思います。

1日目 カナディアンロッキーに憧れて


d0112928_357277.jpg
初日はヘリでの入山!
私たちは午後の最後のフライトだったので、ピクニックランチでのんびり。

d0112928_3575150.jpg
ヘリでの入山ではたったの10分ですが素晴らしい景色が楽しめます!ワクワクが止まりません!!

d0112928_423825.jpg
初めてのヘリコプターでみなさん大興奮でした!!

d0112928_465670.jpg
この素晴らしい地に降り立ち、カメラのシャッターが鳴り止まない中、メイゴッグキャンプ場に向かいます。
今回のグループはカメラ好きの集まりで、みなさんひたすら撮りまくってました。笑

d0112928_4124537.jpg
月明かりが明るいすっきりとした夜空の中、ナイトカメラツアーに出かけました。
明日天気になぁーれと、明日が待ち遠しいと期待でいっぱいでした!

2日目 ラーチに囲まれて

d0112928_6303350.jpg
この日は高度差と足慣らしで軽いハイキングのワンダーパスに出かけました。
アシニボイン周辺では素敵なデイハイクが出来るところが数多くあり、重たい荷物を持つことなく、
気軽にのんびり過ごすことができます。

d0112928_4431483.jpg
カナディアンロッキーを代表する花インディアンペイントブラシ、
こんな真っ白なのは珍しいです!超興奮しました!!

d0112928_4463997.jpg
遠くにグリズリーベア!!
この日はラッキーなことに2頭のクマちゃんを見ることができました。
どちらも良い距離で見ることができ、安心して写真を撮れました。
9人の大きなグループサイズだと安心ですね。

d0112928_4521128.jpg
マップを広げて、アシニボインエリアを解説しています。さて、明日はどこえ行くのでしょう?

d0112928_4532850.jpg
やはり暑い日には水辺へGOですよね〜。ゆったりとした時間が流れます。

d0112928_4582442.jpg
1日の終わりには湖での水浴びが待ってます。これ、かなり冷たいです。笑

d0112928_4584686.jpg
私たちは足をつける程度で十分です!笑

3日目 ついにやってきた、この時が!

d0112928_51213.jpg
朝はしっかりストレッチして気持ち良く歩きたいですね。この10分大事です。

d0112928_5153968.jpg
さあ今日も快調にスタートしました!

d0112928_5205252.jpg
この日は待ちに待った憧れの景色が眼下に広がる、ナブレットに登ります。

d0112928_5213689.jpg
言葉が出ません。これは来ないとわからないです。至福の感情が溢れ出ることでしょう!

d0112928_5245023.jpg
ディナーのひと時も旅の楽しい行事の一つです。
笑顔のたえないメンバーで、この時までにはチームビルディングが最高潮を迎えてました。
もうみんなファミリーです!!

4日目 涙だって出るよ

d0112928_5332792.jpg
4日はバックパッキングの初日!
ここから2日間かけて30キロ歩いてサンシャインビレッジスキー場の方へ向かっていきます。
もうアシニボインが遠くなってきました。さようならー、また会う日まで。

d0112928_5355479.jpg
途中でのランチタイムでは今までとは少し雰囲気の違う岩場で、また新鮮です。

d0112928_5375744.jpg
みなさんがんばりました!ポーキュパインキャンプ場到着!
焚き火をしながらのディナー、ラストナイトの宴です!!

d0112928_538502.jpg
一人一人この旅の感想をシェアしている中、ゆきえさんの感動スピーチ。
なんと、みんなももらい泣き…
さちえさん、ゆきえさん、ここはお二人にとっての "アナザースカイ" になりましたね。
みんなお2人が大好きです!!


最終日 またこの地で会おう!


d0112928_5484424.jpg
この日の核心部、+700メートルという、上り坂が続きます。
登り終えると開けたメドウが疲れを癒やしてくれます。

d0112928_5492767.jpg
シタデルパスまでやってきました!あと残すところも9キロです!

d0112928_5495671.jpg
サンシャインビレッジスキー場に到着!おやおや、ミュールディアがお出迎え!?
今回は動物いっぱい見れました!!


バックパッキングが初めての方たちが多かったけど、皆さんよくがんばりました!
この旅の5日間の一瞬一瞬をみんなで過ごすことで、一人一人を助け合い、友情が生まれました。

さちえさん、ゆきえさん、
初めは不安な面持ちでしたが、お二人が日に日に自信が出てきて、みんなと上手に接していましたね。
勇気と自信!辛い時は、今回の楽しかった山旅を思い出して乗り切ってくださいね!

この度は本当に素晴らしい時間を皆さんと共有することができて私も感謝の気持ちでいっぱいです。

またこの地で会おう!そう約束して旅は終わりました。既にその日が待ち遠しいです・・・
いつも素敵な笑顔を絶やさないでください。

ヤムナスカ・ガイド西牟田 春陽 (にしむた はるひ)
ガイドプロフィールはこちらから

↓上記の山旅記録は以下のツアーで参加いただきました↓
d0112928_01362849.jpg



by ymtours | 2016-08-14 08:08 | 出会いの山旅 | Comments(0)