カテゴリ:出会いの山旅( 78 )

みんなで仲良くオハラポーズ!レイクオハラハイキング

みんなで仲良くオハラポーズ!レイクオハラハイキング_d0112928_07010507.jpg
「オエサ軍団現る」
みんなで仲良くオハラポーズ!レイクオハラハイキング_d0112928_07010672.jpg
どうもー!
ヤムナスカガイドの板倉です!
今回は前回のブログに引き続き、前川夫妻、木村様、
前々回に登場した北山様の4名でレイクオハラハイキングに行ってきました!

今日、私たちが目指すのはオーエッサッ!
知る人ぞ知る場所へオエサ音頭を歌いながら行ってきました。
早速行きまっしょい!!

みんなで仲良くオハラポーズ!レイクオハラハイキング_d0112928_07010694.jpg
オエサに向かって歩いていくと、約30分でオエサを一望できる展望地へ。
前川さんの旦那さんは写真家です。
今回のカナダ旅では、なっなんと3,000枚以上も写真を撮られたようです!
恐るべしカナダの光景。
何枚とっても飽きることがありませんね~。

みんなで仲良くオハラポーズ!レイクオハラハイキング_d0112928_07010680.jpg
クマよけのためにみんなで即興オエサソングを歌っていきます。
作詞作曲:前川組長
「♬オーエッサーオエサー、オオエッサオエサ、オ・エ・サ!オ・エ・サ!!」
東洋人が不気味な歌を歌っているため、クマも人間も寄せ付けませんでした。笑
みんなで仲良くオハラポーズ!レイクオハラハイキング_d0112928_07010658.jpg
しばらく不気味な歌を歌っていくと、滝が出てきました!
ここはマイナスイオンがたくさん出ていて、お肌もツヤツヤに!と話していると、、。
みんなで仲良くオハラポーズ!レイクオハラハイキング_d0112928_07010751.jpg
ここら中のマイナスイオンをすべて持っていこうとする組長がいました。笑
みんなで仲良くオハラポーズ!レイクオハラハイキング_d0112928_07022636.jpg
お肌もツヤツヤ、心もウキウキになったところで、
あっという間に
レイクオエサに到着でーーーーーす!

若干1名意味深なポーズ。
北山さんもナイスガッツ!
ほんとに皆さん良い笑顔!!
雨にも降られず、時より射す光が、オエサをさらに神秘的に仕上げてくれました。

みんなで仲良くオハラポーズ!レイクオハラハイキング_d0112928_07022433.jpg
神秘的なオエサを見ながらランチタイム。
ずっとここにいたいですねー。
みんなで仲良くオハラポーズ!レイクオハラハイキング_d0112928_07022592.jpg
お腹もいっぱいになったところで記念撮影!
今日はたくさんのマーモットにも出会え、木村さんも大満足!
みんなで仲良くオハラポーズ!レイクオハラハイキング_d0112928_07022594.jpg
帰りはアルパインルートと呼ばれるルートを通って異なる高台へ。
途中に見えるレフロイレイクは神秘の湖です。

ここでなにやら後ろで金の斧を思い浮かべたようなお話が。
「あなたが落としたのは、この汚いキャロットケーキですか、それとも金のキャロットケーキですか」
「黄金のキャロットケーキです」
「グッキィッィ!!!」
皆さん、ここはアルパインルートなので気を抜かずに歩いてくださいね。
みんなで仲良くオハラポーズ!レイクオハラハイキング_d0112928_07022572.jpg
絶景を見るには少しの辛抱も必要です。
それを乗り越えた皆さんには、絶景のプレゼントが届けられました!
みんなでオーエッサポーズ!!!
最高の仲間たちと出会えるのも、この出会いの醍醐味ですね。
みんなで仲良くオハラポーズ!レイクオハラハイキング_d0112928_07022639.jpg
楽しい時間はあっという間!
同じ時間を過ごした仲間と
最後は仲良くハイチーズ!

レイクオハラは素敵な思い出を皆さんに残し、今回の山旅は幕を閉じました。



前川夫妻

今回はエスプラナーデからデイハイク、レイクオハラと
ロッキーを満喫して頂けたと思います!
終始笑顔に絶えないハイキングでとても楽しかったです。
ロッキーは、まだまだ他にも良いところがあるので、
是非、またいつか戻ってきてくださいね!
その時は4,000枚写真をとる場所へご案内させていただきます。
お仕事頑張ってくださいね!

北山様

ラーチバレー、レイクオハラと2日間、
楽しいハイキングをありがとうございました!
肉体的にも体力もかなりあるようですので、次は是非、
登頂系のツアーに参加してくださいね!
スタッフ一同お待ちしています!

木村様

デイハイク、レイクオハラとあっという間に過ぎて行ってしまいましたね。
次はサンシャインを楽しみましょー!!


【人生の思い出として、わずかな一瞬ですが、一緒にハイキングをしていただき ありがとうございました!】


ヤムナスカ・ガイド板倉 由浩 (いたくら よしひろ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-08-15 01:22 | 出会いの山旅 | Comments(0)

前川組長、木村様と行く。おまかせノリノリハイキング

前川組長、木村様と行く。おまかせノリノリハイキング_d0112928_11280266.jpg
前川組参上!!!
前川組長、木村様と行く。おまかせノリノリハイキング_d0112928_11280221.jpg
皆さんお久しぶりです!
ライケンヨシ(ヤムナスカガイドの板倉)が帰ってまいりました!
本日は前川組総長、旦那様、木村様を引き連れ、ヘレンレイク、フェアビューマウンテンに行って参りました!
早速行きましょう!!!

前川組長、木村様と行く。おまかせノリノリハイキング_d0112928_11280271.jpg

1日目はヘレンレイク。
組長ポールを掴んでポールダンス!笑
今日初めて会った人たちでも問題なし!!
前川組長、木村様と行く。おまかせノリノリハイキング_d0112928_11280232.jpg
このトレイルはボウレイクの向かいにあり、
クロウフット氷河を目の前で見ることが出来ます。
大迫力の氷河とボウリバーのコントラストがたまりませんね!
皆さん今回は何枚の写真を撮るのでしょう。
前川組長、木村様と行く。おまかせノリノリハイキング_d0112928_11280343.jpg
少し進むと16年前に起きた山火事のあとを歩くことが出来ます。
ここでロッキーと山火事のお話を。
ストーリー性にあふれたトレイルは飽きることがありません。
前川組長、木村様と行く。おまかせノリノリハイキング_d0112928_11280302.jpg
ヘレンレイクはお花がきれいでも有名です!
花好きの皆さまの気分は最高潮!
「もう天国!!」
と組長から頂きました!
前川組長、木村様と行く。おまかせノリノリハイキング_d0112928_11282125.jpg
ワッシャーーーーい!!!
ノリノリの皆さんはもう止めることが出来ません!
コースタイムよりかなり早く目的地のリッジサミットに到着しました!
前川組長、木村様と行く。おまかせノリノリハイキング_d0112928_11282138.jpg
ここで記念のハイチー!
もう、この笑顔が楽しさを物語っていますね。
前川組長、木村様と行く。おまかせノリノリハイキング_d0112928_11282176.jpg
リッジサミット付近からヘレンレイクを眺めます。
遺跡に来たような雰囲気と、お花、湖。

ブログを見ている皆さん!
もう来るしかないでしょう!!
前川組長、木村様と行く。おまかせノリノリハイキング_d0112928_11290664.jpg
1日目の最後はドロミテピークを眺めながらのんびーーーり帰っていきました。


前川組長、木村様と行く。おまかせノリノリハイキング_d0112928_11282235.jpg
2日目はフェアビューマウンテン。
みんなでテッペン指さし、気合い十分!
旦那さんの顔からもミナギルパワーが!

テッペン取ったるぞー!!!
前川組長、木村様と行く。おまかせノリノリハイキング_d0112928_11282224.jpg
さっそく登り始めたが、組長は年齢的にお暑いよう。笑
皆さんは快適快適~。
前川組長、木村様と行く。おまかせノリノリハイキング_d0112928_11284057.jpg
途中、少し雨が降ってきましたが、
お花に雨のしずくが付いて神秘的な光景に!
前川組長、木村様と行く。おまかせノリノリハイキング_d0112928_11284000.jpg
テンポよく進んでいき、最後の登りの前でランチタイム。
山頂まで約1時間強!
また雨が降る前に一気に行きますよーーー!!
前川組長、木村様と行く。おまかせノリノリハイキング_d0112928_11284096.jpg
途中、組長の動きがおかしくなり、スーパーエナジードリンクを投入!
少し休憩すると回復したのか、スッタスタスッタスタと。
前川組長、木村様と行く。おまかせノリノリハイキング_d0112928_11284145.jpg
登り始めて3時間半。

フェアビュー、トッタドーーーー!!!!
天気も晴れ、最高の景色が私たちを祝福してくれました。
前川組長、木村様と行く。おまかせノリノリハイキング_d0112928_11290694.jpg
ここからのレイクルイーズや周辺の景色は最高以外の何物でもありません!!
前川組長、木村様と行く。おまかせノリノリハイキング_d0112928_11284142.jpg
ビクトリアをバックにハイチーー!!!
前川組長、木村様と行く。おまかせノリノリハイキング_d0112928_11284129.jpg
超ご機嫌の組長と愉快な仲間たちは、
2日間のデイハイクで最高の仲間と、最高の思い出を作り幕を閉じました。

明日は皆さんお待ちかねのレイクオハラです!
最高の思い出を更新していきましょうーーー!!!!!

【人生の思い出として、わすかな一瞬ですが、一緒にハイキングをしていただき ありがとうございました!】


ヤムナスカ・ガイド板倉 由浩 (いたくら よしひろ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-08-13 01:38 | 出会いの山旅 | Comments(0)

天候はいかに。山崎様、北山様と行くラーチバレーハイキング

天候はいかに。山崎様、北山様と行くラーチバレーハイキング_d0112928_13124411.jpg
テンピークス見れるかなー!?

皆さんこんにちわ。
ヤムナスカガイドの板倉です。
本日は山崎夫妻、北山様とラーチバレーハイキングに行ってまいりました。

一枚目の写真を見るとテンピークスが、
映ってないですね、、、。
この日の天気は右肩下がり。
さあ、どうなるでしょう。
さっそく出発です!!
天候はいかに。山崎様、北山様と行くラーチバレーハイキング_d0112928_13124452.jpg
ラーチバレーに向けて登っていくと、
美しいブルーのモレーンレイクを木の隙間から見ることが出来ます。
角度によって違う色を見れるのは氷河湖の特徴ですね。
天候はいかに。山崎様、北山様と行くラーチバレーハイキング_d0112928_13124439.jpg
ある場所を過ぎると一気にラーチ(カラマツ)が出てきます。
ここに訪れた際は是非、ラーチを触ってみて下さい!
針葉樹ですが、、、、
来た人のお楽しみ!!
天候はいかに。山崎様、北山様と行くラーチバレーハイキング_d0112928_13124514.jpg
ラーチとアーニカのコラボレーション!
黄色いお花畑を進みます!
天候はいかに。山崎様、北山様と行くラーチバレーハイキング_d0112928_13124558.jpg
テンピークスが見える桟橋を渡るとーーー、
地リスポーズ!!
はい、北山さんもやってくださいね。
後ろにはちらほらとピークが見えてきましたね!!
天候はいかに。山崎様、北山様と行くラーチバレーハイキング_d0112928_13124560.jpg
展望地に登っていくとー、
念願のテンピークスが!!!
皆さんの笑顔がすべてを物語っています!
天候はいかに。山崎様、北山様と行くラーチバレーハイキング_d0112928_13125500.jpg
今日はここでランチを取りました!
テンピークスを見ながらのランチ。
何とも贅沢ですね~。
天候はいかに。山崎様、北山様と行くラーチバレーハイキング_d0112928_13125565.jpg
帰り道ではひょっこり、
マーモット君が姿を見せてくれました。
天候はいかに。山崎様、北山様と行くラーチバレーハイキング_d0112928_13125529.jpg
天候も味方をしてくれ、皆さん念願のテンピークスを見ることが出来ました!
約10キロの道のり、大変お疲れ様でしたー!!



山崎夫妻

お身体の具合はいかがでしょうか。
念願のテンピークスを山崎夫妻と一緒に見ることが出来、
とてもうれしかったです!
次こそはレイクオハラに行けると良いですね。
あの感動を体験しに、またカナダに戻ってきてください!
心よりお待ちしています!


北山様

次は4日後、レイクオハラですね。
みんなで一緒に楽しみましょー!


【人生の思い出として、わずかな一瞬ですが、一緒にハイキングをしていただき ありがとうございました!】



ヤムナスカ・ガイド板倉 由浩 (いたくら よしひろ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-08-11 07:48 | 出会いの山旅 | Comments(0)

テンピークスの絶景を求め。大山様、坂井夫妻と行く、ラーチバレーハイキング

テンピークスの絶景を求め。大山様、坂井夫妻と行く、ラーチバレーハイキング_d0112928_11081777.jpg
テンピークス取ったどー!!!
テンピークスの絶景を求め。大山様、坂井夫妻と行く、ラーチバレーハイキング_d0112928_11081735.jpg
毎度おおきに!
テンピークスハンターよしです。(ヤムナスカガイドの板倉)

今回はアシニボインに挑戦したレジェンド大山様と、
ロッキー3回目の常連、坂井夫妻と
テンピークスの絶景を楽しみにラーチバレーに行ってまいりました!
テンピークスの絶景を求め。大山様、坂井夫妻と行く、ラーチバレーハイキング_d0112928_11081814.jpg
最近ロッキーは「蚊」が多くなったので虫よけスプレーを。
ちょっちょっと!!
坂井さん!!
その方は蚊じゃないですよ!!!笑
テンピークスの絶景を求め。大山様、坂井夫妻と行く、ラーチバレーハイキング_d0112928_11081824.jpg
大山さんに虫よけスプレーをまいて、皆さん仲良く出発です!
今日初めて会った人たちとは思えない雰囲気。
これもヤムカナハイキングの特徴です!
ロッキーの地にいれば、きっと誰でも仲良くなれますよ!
テンピークスの絶景を求め。大山様、坂井夫妻と行く、ラーチバレーハイキング_d0112928_11081892.jpg
おやつを食べながら過去の山旅や、今回の思い出などを実に真剣に話しています。
皆さん本当に山が好きな方々。
山好きには悪い人はいませんね。
テンピークスの絶景を求め。大山様、坂井夫妻と行く、ラーチバレーハイキング_d0112928_11081851.jpg
今日はミネスティマレイクにつく前にお腹が減ったのでランチにしました!
皆さん仲良くハイチーーー!!!
テンピークスの絶景を求め。大山様、坂井夫妻と行く、ラーチバレーハイキング_d0112928_11083415.jpg
腹ごしらえも終わったとことで、さらに先へ。
皆さんバンフ国立公園最高峰「マウントテンプル」を指さしてます!
果たして何人挑戦しに戻ってくるでしょう!?
テンピークスの絶景を求め。大山様、坂井夫妻と行く、ラーチバレーハイキング_d0112928_11083522.jpg
今回の目標であったミネスティマレイクにも着き、テンピークスの絶景を満喫しました!!
この光景と笑顔。
是非ここに足を訪れてみて下さい!!
テンピークスの絶景を求め。大山様、坂井夫妻と行く、ラーチバレーハイキング_d0112928_11083554.jpg
存分に絶景を楽しんだ後はゆっくり下山します。
帰り道でもテンピークスを見ながら降りれるのがラーチバレーの良いところ!
何とも贅沢な場所でしょう。
テンピークスの絶景を求め。大山様、坂井夫妻と行く、ラーチバレーハイキング_d0112928_11083590.jpg
楽しくお話をしていたらあっという間にもう出発地に戻ってきましたー!
皆さんケガもなく、無事にゴールです!
ナイス笑顔!!!
最高の山旅になりましたね!
テンピークスの絶景を求め。大山様、坂井夫妻と行く、ラーチバレーハイキング_d0112928_11083628.jpg
最後は坂井さんの奥さん一番のお気に入り
モレーンレイクを展望できる場所へ。
テンピークスの絶景を求め。大山様、坂井夫妻と行く、ラーチバレーハイキング_d0112928_11083687.jpg
もう何も言葉はいりませんね。
テンピークスの絶景を求め。大山様、坂井夫妻と行く、ラーチバレーハイキング_d0112928_11083675.jpg
大山さんは今日で20日間のカナダ旅、最終日のため記念撮影!
最高のカナダ旅でしたね。
また必ずロッキーに戻ってきてくださいね!

坂井夫妻は明日で最終日です!
最終日のロッキーも楽しみましょう。


大山様

アシニボイン挑戦から、ロッククライミング、ハイキングなど
パワフルすぎる行動で、私も元気を頂きました!
一緒にハイキングをすることが出来て光栄です。
また地元に帰った時は山登りでも、クライミングでも
一緒に行きましょう!!
手ぬぐい大切に使わせていただきます。
お身体に気を付けて、生涯現役で頑張ってください!


坂井様

初日に引き続き、天候の良いロッキーを満喫することができ、
最高の思い出になったと思います!
また明日はおまかせハイキング。
最高の場所を紹介いたしますね!
是非、楽しみにしていてください!!


【人生の思い出として、わずかな一瞬ですが、一緒にハイキングをしていただき ありがとうございました!】


ヤムナスカ・ガイド板倉 由浩 (いたくら よしひろ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-08-09 02:06 | 出会いの山旅 | Comments(2)

地球を感じる山旅「ターミガンサーク」

地球を感じる山旅「ターミガンサーク」_d0112928_10075993.jpg
大勢での登場です!
見てくださいこのサンサン太陽!!そして太陽に負けてはいない皆様の笑顔!
本日は総勢10名でのターミガンサークハイキングでした。

最近よく登場しております、ヤムナスカは西牟田がお送りいたします。

翌日から「エスプラナーデトラック」(山小屋縦走)を控えており、足慣らしが目的でご参加いただいた方や、
色々な日帰りハイキングスポットを歩いてみたいという目的だったりと、目的は様々ですが誰もが最高のカナダの山旅経験になった一日でした〜!
地球を感じる山旅「ターミガンサーク」_d0112928_10095104.jpg
地球を感じる山旅「ターミガンサーク」_d0112928_10100324.jpg
ターミガンサークの登山口はすでに海抜2200メートルを超えており、樹林帯を少し歩くとすぐにメドウ(平原)に出ることができます。
暖かい太陽の光の中、気持ちの良い風を感じながらとジブリの世界に浸っちゃいました。
ここだと「風立ちぬ」ですね。
地球を感じる山旅「ターミガンサーク」_d0112928_10112150.jpg
メドウを過ぎると、ロッキーらしい岩肌が目の前に現れます。
ここではスナックタイムと滝で水遊びです!
夏日は水場が嬉しいです!!
地球を感じる山旅「ターミガンサーク」_d0112928_10105399.jpg
最後の急登を登り終えると、そこはかつて氷河があった地形(すり鉢状)が目の前に出てきました。
皆様が今座っているところも、昔は氷河の底だったんですね。

ここで優雅にランチタイムをとりました。
地球を感じる山旅「ターミガンサーク」_d0112928_10110223.jpg
お寿司のお弁当、美味しそうですね!
地球を感じる山旅「ターミガンサーク」_d0112928_10103819.jpg
帰りは、まだ通っていないループの反対側を通ります。
小さな小川を渡ったり、小さな滝を横目にメルヘンなトレイルを楽しみました。

ご参加いただいた皆様
本日は弊社のおまかせハイキングにご参加いただき誠にありがとうございました。
褶曲している地層には地球の力強さを感じましたね。
最盛期を迎えているお花畑で全く疲れを感じなかった山歩きになりましたね。

カナディアンロッキーが見せたい地球上での究極を思う存分堪能できる場所でした!!

是非またカナディアンロッキーにお越しください!それでは、また会う日まで!


ヤムナスカ・ガイド西牟田 春陽 (にしむた はるひ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-08-08 01:42 | 出会いの山旅 | Comments(0)

カナディアンロッキーからコバルトブルーをお届け

カナディアンロッキーからコバルトブルーをお届け_d0112928_11173149.jpg
本日は皆様にコバルトブルーをお届けしております。
ヤムナスカマウンテンツアーズの西牟田です。

上の写真の湖を見るとどの湖かわかる方もいらっしゃるかと思います…
そうです、本日はレイクオハラエリアにある、レイクマッカーサーに坂井様ご夫婦、山田様、川本様、安達様をご案内いたしました。

レイクオハラはその名が年々広まっているカナディアンロッキーの秘境の地です。
人気の場所ですが、専用バスのみのアクセスとなり、席を取るのが大変困難な場所となります。
そのような現状から、プレミアのつく大変レア感のある山旅になること間違いないです!
カナディアンロッキーからコバルトブルーをお届け_d0112928_11183826.jpg
本日は晴れ間が続き、氷河湖を見るのに最適な1日となりました。
皆様も軽快な足取りとなりました。
カナディアンロッキーからコバルトブルーをお届け_d0112928_11205491.jpg
美しい湖を見るには、道中、この様な場面も出てきます。
頑張った者のみご褒美が待っています。
カナディアンロッキーからコバルトブルーをお届け_d0112928_11182687.jpg
皆様真剣にカメラを持ち出しました。ここはレイクマッカーサーが最初に見えるポイントです。
大興奮する事、間違いありません!
カナディアンロッキーからコバルトブルーをお届け_d0112928_11191776.jpg
ここではやはり笑顔がこぼれちゃいます!
鮮やかなブルーが皆様の心を豊かにしてくれました。
カナディアンロッキーからコバルトブルーをお届け_d0112928_11204012.jpg
レイクオハラの締めくくりはやはりキャロットケーキです。
本日もラッキーな事に残りわずか6つの中から勝ち取ることができました!

ご参加者様
本日はレイクオハラにご参加いただき誠にありがとうございます。
レイクオハラ地域は最低でも3度来ないと見切れません。
毎回新たな景色との出会いがある場所なので、次回もまたプレミアチケットを勝ち取りましょう!
明日のおまかせハイキングに参加される方も乞うご期待です。


ヤムナスカ・ガイド西牟田 春陽 (にしむた はるひ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-08-07 08:58 | 出会いの山旅 | Comments(0)

坂井夫妻、安達様と行く。レイクオハラの秘境を求めて

坂井夫妻、安達様と行く。レイクオハラの秘境を求めて_d0112928_05380252.jpg
こ・れ・ぞ・秘境!!!
坂井夫妻、安達様と行く。レイクオハラの秘境を求めて_d0112928_05380251.jpg
皆さんナマステ~!!
今回のブログ担当は、元ファイヤーファイター
現ヤムナスカガイドの板倉がお届けします!

本日は、昨年からレイクオハラに行くことが念願だった坂井夫妻と
現役ファイヤーファイター安達様と、秘境を求め、
レイクオエサに行ってまいりました!

さっそく出動です!!!
坂井夫妻、安達様と行く。レイクオハラの秘境を求めて_d0112928_05380320.jpg
しっかし構えて放水はじめ!!!
おふざけはこの辺までにしましょう。

坂井さんの旦那さん!
良い笑顔!!!

レイクオハラは絶景ばかりなのでシャッターを押す機会がかなり増えます。
充電は必須なので忘れないように!

娘さんのカメラ、シャッター押しすぎて壊さないようにしてくださいね~。笑

坂井夫妻、安達様と行く。レイクオハラの秘境を求めて_d0112928_05380392.jpg
岩々していますが、トレイルは明瞭。
ゆっくり焦らず進みます。
坂井夫妻、安達様と行く。レイクオハラの秘境を求めて_d0112928_05380363.jpg
少し歩くと滝の音。
ビクトリアフォールが目の前に現れます!
ここの迫力もすごいです!
マイナスイオンをたくさん浴びて秘境に向かいます。
坂井夫妻、安達様と行く。レイクオハラの秘境を求めて_d0112928_05380568.jpg
トレイル脇にひっそりたたずむレフロイレイク。
なんともいえないこの表情。
是非オエサに足を運んでみて下さい!
坂井夫妻、安達様と行く。レイクオハラの秘境を求めて_d0112928_05380424.jpg
景色を見てたら、あっという間!
2時間かからずにレイクオハラの秘境、レイクオエサに到着です!!!
坂井夫妻、安達様と行く。レイクオハラの秘境を求めて_d0112928_05380354.jpg
秘境を見つめながらランチタイム。

険しい山々に囲まれ、ふと出てきた湖。
ここでの感動は来た人にしかわかりません。

こんな素晴らしい場所にはずーーっといたいと誰もが思うはずです。
坂井夫妻、安達様と行く。レイクオハラの秘境を求めて_d0112928_05380463.jpg
名残惜しいですが、最後にしっかり目に焼き付けて引き返すことにしましょう。
坂井夫妻、安達様と行く。レイクオハラの秘境を求めて_d0112928_05380474.jpg
少し寂しい気持ちになったので、みんなで石でも転がしますか!!
坂井さんの奥様は石に吸い込まれて行ってしまいました。笑
坂井夫妻、安達様と行く。レイクオハラの秘境を求めて_d0112928_05391778.jpg
帰りは帰りで違った光景を見ることが出来ます。
レイクオハラが一望できるポイントで記念撮影!
皆さん良い表情ですね!
安達さんのキラースマイル、素敵です!
坂井夫妻、安達様と行く。レイクオハラの秘境を求めて_d0112928_05391722.jpg
天候や光、風、見る角度によって一瞬一瞬、
光景が違うので、飽きることはありません。
人も少ないため、無音の時間を長く感じられます。
こんな素晴らしいトレイルは世界でもトップクラスだと私は思います。
坂井夫妻、安達様と行く。レイクオハラの秘境を求めて_d0112928_05391730.jpg
最後は奥さんに内緒でオハラ名物「キャロットケーキ」をいただいて、
レイクオハラは素敵な思い出を私たちに届けてくれました。


坂井夫婦

念願であったレイクオハラはどうでしたか。
期待をはるかに超える絶景が見られたと思います!
天候も良く、素晴らしいハイキングになりましたね。
まだツアーは続くので、いろんなロッキーを楽しんでください!


安達様

はじめてのロッキーはいかがでしたか。
実際にロッキーを肌で感じ、何か得るものがあったと思います。
人生は一度きりなので、後悔することなく、チャレンジしてください!
元同業種として、心から応援しています!


【人生の思い出として、わずかな一瞬ですが、一緒にハイキングをしていただき ありがとうございました!】


ヤムナスカ・ガイド板倉 由浩 (いたくら よしひろ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-08-06 06:48 | 出会いの山旅 | Comments(0)

神秘を求め何度でも!出会いの山旅。清水夫妻、高木ファミリーと行くレイクオハラハイキング


神秘を求め何度でも!出会いの山旅。清水夫妻、高木ファミリーと行くレイクオハラハイキング_d0112928_12385014.jpg
出会いの山旅!!

皆さまボンジュール!
本日のブログ担当はヤムナスカガイドの板倉がお送りします。

今回は清水様、高木様の2組で、
神秘の湖を求め、レイクオハラハイキングに行ってまいりました!
絶好ハイキング日和であったため、写真好きの皆様のボルテージは出発前から全開です!

さあ、さっそくレイクオハラの旅に出発しましょう!!
神秘を求め何度でも!出会いの山旅。清水夫妻、高木ファミリーと行くレイクオハラハイキング_d0112928_12385055.jpg
出発地であるデイシェルターを背景に記念撮影!
楽しい山旅のはじまりはじまり~。
神秘を求め何度でも!出会いの山旅。清水夫妻、高木ファミリーと行くレイクオハラハイキング_d0112928_13324733.jpg
レイクオハラは到着から1分でこのような
スッバラシイ湖が出てきます!!
リピーターの方でもこの湖は何回見てもいいと口をそろえて言います。
神秘を求め何度でも!出会いの山旅。清水夫妻、高木ファミリーと行くレイクオハラハイキング_d0112928_13324815.jpg
少し登っただけでもこの背景。
ここのハイキングは他の場所とは一味も二味も違います!
神秘を求め何度でも!出会いの山旅。清水夫妻、高木ファミリーと行くレイクオハラハイキング_d0112928_12385111.jpg
最初の目的地に向かい、ラーチ(カラマツ)の中をあるいていくと~
神秘を求め何度でも!出会いの山旅。清水夫妻、高木ファミリーと行くレイクオハラハイキング_d0112928_13324868.jpg
ハワァーーーーーーイ!!!
写真でこの景色!!

これを実際に目で見ると、、、

今すぐヤムナスカに申し込み!
神秘を求め何度でも!出会いの山旅。清水夫妻、高木ファミリーと行くレイクオハラハイキング_d0112928_12385130.jpg
この絶景を前にしてランチタイム。
至福の時とは、まさにこのこと!
神秘を求め何度でも!出会いの山旅。清水夫妻、高木ファミリーと行くレイクオハラハイキング_d0112928_12391064.jpg
「本当に素晴らしい」
の一言に尽きます。
ここには他の言葉なんていりません。
神秘を求め何度でも!出会いの山旅。清水夫妻、高木ファミリーと行くレイクオハラハイキング_d0112928_12390936.jpg
数多くある湖は毎回違う表情をだし、
神秘を求め何度でも!出会いの山旅。清水夫妻、高木ファミリーと行くレイクオハラハイキング_d0112928_12390904.jpg
人生最高の思い出になるでしょう。
神秘を求め何度でも!出会いの山旅。清水夫妻、高木ファミリーと行くレイクオハラハイキング_d0112928_12390998.jpg
この少年も、レイクオハラは別格だったと、
こっそり私に話してくれました。
神秘を求め何度でも!出会いの山旅。清水夫妻、高木ファミリーと行くレイクオハラハイキング_d0112928_12391036.jpg
歩いていても疲れない。
そんなトレイルがここにはあります。

ついに神秘の湖、レイクオパビンに到着です!
神秘を求め何度でも!出会いの山旅。清水夫妻、高木ファミリーと行くレイクオハラハイキング_d0112928_12393631.jpg
みんなでハイッチーーーーーーズ!!!!

自然と最高の笑顔が生まれます。
神秘を求め何度でも!出会いの山旅。清水夫妻、高木ファミリーと行くレイクオハラハイキング_d0112928_13324710.jpg
初めてあった人でも関係なし。
大自然が自然に心の壁を取り払ってくれます。
はじめは緊張しますが、大丈夫。
ここでの感動を体験しに訪れてみて下さい。
神秘を求め何度でも!出会いの山旅。清水夫妻、高木ファミリーと行くレイクオハラハイキング_d0112928_12393775.jpg
ずっといたい。
誰もがそう思うでしょう。

しかし、時間は有限です。
人生は一度きり。
楽しんだもん勝ちでしょう!
神秘を求め何度でも!出会いの山旅。清水夫妻、高木ファミリーと行くレイクオハラハイキング_d0112928_12393751.jpg
大人から子供まで。
レイクオハラは全員に最高の思い出をお届けできる場所です!
神秘を求め何度でも!出会いの山旅。清水夫妻、高木ファミリーと行くレイクオハラハイキング_d0112928_12393763.jpg
楽しい山旅は、ほんっとうにあっという間。

最後にレイクオハラ名物
「キャロットケーキ」を頂き、
素敵な出会いの山旅は、素敵な思い出を心に残し、幕を閉じました。



清水夫妻

プライベートハイキングと合わせて2日間、
本当に楽しい時間を共にして頂き、心から感謝いたします。
清水夫妻の仲の良さや、素敵な笑顔に毎回癒されました。
念願のレイクオハラ三大湖制覇おめでとうございます!
素敵な写真はたくさん撮れたでしょうか。
ブログの投稿、楽しみにしていますね!
またカナダで再会しましょう!
その時を楽しみにしています!

高木様

プライベートハイキングと合わせて3日間、
ロッキーハイキングはいかがだったでしょうか。
たくさんの動物と素敵な景色。
きっとお母さんにもコタロウ君にも感動を届けられたと思います。
家族の幸せな雰囲気を感じることが出来、私も幸せでした!
彼が大きくなって、カナダのガイドとして戻ってくることを心よりお待ちしています。
来年も是非、カナダに戻ってきてください!
スタッフ一同心よりお待ちしています。

【人生の思い出として、わずかな一瞬ですが、一緒にハイキングをしていただき ありがとうございました!】


ヤムナスカ・ガイド板倉 由浩 (いたくら よしひろ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-08-05 23:30 | 出会いの山旅 | Comments(0)

カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!


カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08242275.jpg
ほらほらっ!あそこです!!!

どうもー!
ヤムナスカのブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。
本日のブログ担当はスーパーサイヤ人もどき(ヤムナスカガイドの板倉)がお送りします。
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08242318.jpg
本日はカナダ歴20年以上、ロッキー通算10回以上お越しの、
超リピーターH様と2日間ハイキングいたしました!

1日目は【ロッキーの宝石】レイクルイーズからリトルビーハイブ、プレインオブシックスグレイシャー。
2日目は常連のH様でもまだ訪れたことがない、スタンレーグレイシャーに行ってまいりました。

さあ、さっそくカナダの旅に出かけましょう!
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08242326.jpg
今回はH様が何度、訪れても良いとおっしゃっていた、レイクルイーズから出発です!
気合い入れていきましょー!
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08242342.jpg
少し登っただけでも湖が違った表情を見せてくれます。
ペースも素晴らしく、軽快に登っていきます!
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_04182767.jpg
この時期は、ロッキーを代表する花、
インディアンペイントブラシをはじめ、
たくさんの高山植物がみることができます!

奥のほうに少し映っているのはレイクルイーズですよー!
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08242334.jpg
ここも素晴らしい景色ですねー!
リトルビーハイブの少し手前の絶景ポイント。
レイクルイーズ周辺の山々や、3つの湖が見られる、写真好きにはもってこいのポイントです。
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_04182606.jpg
途中、お馬さんたちがやってきました。
ここのトレイルはお馬さんも歩くので、間近で見ることができるんです!

もう少しで最初の目的地!
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08242406.jpg
はい!ここがリトルビーハイブでっ、、、
と思ったら、
あっという間に通過してしまい、次の目的地、レイクアグネスにスキップ!

あまりの軽快さに、リトルビーハイブでのシャッターチャンスをつい逃してしましました。
さすが強心臓!

この湖もとてもきれいで、ゆっくりランチ休憩を、、と思いきや、
レイクアグネスで昼食をサクッと食べ、
次の目的地、プレインオブシックスグレイシャーまで突っ走ります!
行動がはやい!
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08242489.jpg
見て下さい、この圧巻の光景。
自然が生み出すドラマと迫力に圧倒されます!
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08242420.jpg
あらっ。
もう目的地のティーハウスについてしまいました!

写真を数枚とって、すぐに引き返します。
このメリハリが今回はとてもすごかったです!
何度も訪れているだけあって、絶景ポイントでは思い出のシャッターと記憶のシャッターを取り、
短時間で済ませ、次の目的地へ。

このメリハリがあるからこそ、今回の行程をクリアできたと思います。
長い道のりですが、初めて訪れる方は分割して楽しむことをおすすめします。
この地のストーリーを時間をかけて感じてほしいからです。

今回は常連だからなせる業だと、僕は思います。
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08242436.jpg
プレインオブシックスグレイシャーからの帰り道、レイクルイーズが顔をのぞかせてくれます。
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08242580.jpg
ここはH様イチオシのポイント。
ビクトリア氷河から流れてくる水がレイクルイーズに注がれる場所。
写真では伝わりにくいですが、この光景や感動は、来た人のみ味わうことが出来る。
特別な空間です。
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08265659.jpg
18キロと長い行程でしたが、軽快に進み、あっという間に出発地点に戻りました。
最後にレイクルイーズをもう一度眺め、記憶のシャッターに思い出を留め、無事に1日目を終えました。
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08265632.jpg
パシャパシャパシャ!

カナダ歴20年の常連さんでも来たことのない場所は、まだまだたくさんありますよー!
2日目はバンフを一望できるポイントからスタートです!
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08265630.jpg
2日目は、ロッキーの生態系や重要な自然のプロセスである、
【山火事】を間近で経験できる珍しいトレイル
スタンレーグレイシャーに訪れました。

この写真にあるピンクのお花は、山火事のあとに最初に咲く花。
ヤナギランという植物です。
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08272849.jpg
多様な植物、ロッキーの自然のプロセス。

きれいな湖に目が行きがちですが、リアルなロッキーを感じるならこの場所はおすすめです。
僕はよく常連さんにここを紹介するのですが、H様もここはまだ来たことがなく、
いつもとは違ったロッキーを楽しんで頂きました!
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_05061141.jpg
ここは川の音や、氷河から吹く風。
小鳥のさえずりを聞きながら数億年前の地層を感じることができる
特別な場所です。
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08265739.jpg
行程も昨日の半分程度で、短時間で多くのポイントに行く1日目と違い、
ゆっくり時間をかけてロッキーの歴史やハイキングを楽しんでいただきました。
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08265776.jpg
かめはめー波ーーーー!!!
つい、この光景に「かめはめ派」を打たずしてはいられませんでした。

なぜだか気になる方はぜひここ、スタンレーグレイシャーを訪れてみて下さい。
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08265712.jpg
今日は、雄大な光景を前にして1時間ランチタイムを取りました。
なんとも優雅な景色。

おいしいごはんと紅茶を飲みながら、大自然を満喫中のH様。
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08265777.jpg
スタンレーと言えば、わかる人にはわかる。
化石発掘タイム!

H様も少女時代にタイムスリップ。
化石探しに夢中です!!
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08265898.jpg
おっしゃーーーーーー!!!!
あったドーーーー!!!

とは言ってないですね。
言ってるのは僕かよ〇この浜口だけですね。

H様からは上品な「やったー!」
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08272713.jpg
ついに化石発見です!!
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08272701.jpg
化石の次はなんでしょう。
何かにカメラを向けていますね!
これも来た人だけのお楽しみ!
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08272887.jpg
 かーめーはーめーはーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
ついにH様からもウインパー山に向けて放たれました!

山々が【Uの字】に吹っ飛んでいきました!

このウインパー山の手前がなぜ、Uの字に削られているかは、、、
是非、来た時にお話ししましょう!!

カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08272859.jpg
帰り途中、熱中症対策に手を川で冷やします。

これは「手のひら冷却法」と言って、よくアスリートの方が取り入れているのですが、
一般の人にも有効です!
暑い日はこまめに水分を取り、川はあれば少し手を冷やして、熱中症対策しましょう!
カナダ歴20年以上、H様と行く、常連だからこそできるハイキング!_d0112928_08272882.jpg
最後にもう一度、H様の大好きな川の音を聞いて、2日間のロッキーハイキングを無事に終えることが出来ました。



H様

今年もロッキーに戻ってきてくださり、本当に感謝いたします。
今回のハイキングでは今まで見たことのある場所、無い場所を含め、新たなロッキーを楽しんでいただけたと思います!
私も一緒に楽しいハイキングをすることができ、本当に楽しかったです!
終始、楽しいお話をしていただき、ありがとうございました!
また来年、是非ロッキーでお会いしましょう!
スタッフ一同お待ちしております!

【人生の思い出として、わずかな一瞬ですが、一緒にハイキングをしていただき ありがとうございました!】


ヤムナスカ・ガイド板倉 由浩 (いたくら よしひろ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-07-28 15:18 | 出会いの山旅 | Comments(2)

レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!

レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_12323599.jpg
Victoria Fallsから望む名峰, Mt Lefroy (3423m)

約5億年前の地層が隆起して形成された3000m 級の山々、氷河からの水をたたえる神秘的な色の無数の湖、そこに住む数多くの動物たち、短い夏を懸命に生きる植物たち、そのどれもが人間の想像を超える場所、地球の息吹を直に体験できるスポット、レイクオハラとはそういう場所です。

こんにちは、ヤムナスカガイドの植木です。

今回はキャンプだからこそ体験できる場所に、”自分たちだけの特別な新婚旅行をしたい”との希望でご参加いただきました小口様と、カナダを一人で20日間かけて旅行し、旅のフィナーレにこのオハラを選んだK様を夢の世界へとご案内しました。
レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_13131485.png
今回は一泊二日のキャンプで、Lake O'Haraを中心に、垂直に聳え立つ3000m を超える山々に囲まれた谷にひっそりとある3つの湖(Lake Oesa, Opabin Lake, Lake McArtheur)やその周辺の数多くの湖を巡る場所を楽しんでいただきました。

オハラの前に、この3名様は別のハイキングも行かれています。
その時のガイド、板倉がブログをアップしておりますのでぜひそちらもご覧ください。


レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_13282302.jpg
さて、ここオハラには素晴らしいキャンプサイトがあります。
炊事場、キャンプファイヤー、薪ストーブ、トイレ、そして区画整備されたフラットなテント場、そのどれもが一級品です!!
レイクオハラはまず、専用バスの予約がプレミアムチケット並み困難ですが、このキャンプ場を予約することはもっともっと大変です。そんなキャンプ場でのテント生活は快適そのもの。ここを拠点にハイキングスタート!!

レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_14520991.jpg
到着日はLake McArtheurにご案内しました。
少し曇り空で時おり小雨も降る天候でしたが、湖の色はまさに神秘的。
氷河から流れる水をたたえるこの湖は、レイクオハラエリアで最も大きな湖です。
そしてこの独特な素晴らしい青い色を「マッカーサーブルー」と称賛する声もあります。
レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_14591591.jpg
鏡のように湖面に移る山々、吸い込まれそうな景色は本当に幻想的な世界でした。
「なんだこれ!!」、小口様が言う最上級の感動の言葉が何度も聞けて嬉しかったです。

レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_15063635.jpg
遠くにはマウンテンゴート??(山ヤギ)かなと思われる動物たちを発見しました。
遠くてはっきりと確認できませんが、子連れの親子が11頭でエサを食べているのを発見、湖と動物を交互に見る一幕も。
写真の中心の草原に白い点が見えますか??


レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_15130725.jpg
レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_15155234.jpg
この日は沢山のマーモットを発見しました。
あまりの至近距離に自分たちがどうしてよいのか分からず、ただ動かずマーモットたちを見ていました。
正直言ってこんなに近くに見たことがない私も、思わず撮影を楽しませてもらっていた瞬間です。

ちなみにこの日の朝から小口様のご主人様が、移動途中の道路際でクマを発見、続いてシカを発見、
オハラに着いたらナキウサギ、マウンテンゴート、マーモット、これらの動物の第一発見者はすべてご主人様です。
視野が広すぎません??それともハンター??(笑)

レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_15244622.jpg
モスキャンピオンがようやく咲き始めました。
今年は冷夏のせいか開花が遅い感じがしますが、この時は丁度満開に近い状態で咲いていました。
ここオハラ周辺では2200m付近でたくさん見ることができます。
10㎝角までに成長するのに約50年かかると言われているこの植物、大切に保護していきたいです。

レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_15343619.jpg
数億年前に堆積した地層がいま目の前にあります。
非常に薄い層で形成されたこの巨岩がカナディアンロッキーを作り出しています。
人間の想像を超える現実がまじかに見れるこの場所は、地球が生きている証拠を確認できる貴重な場所です。

レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_15380716.jpg
約5億年前の地層から鼓動を感じ取ることができたのでしょうか?
岩にそっと耳を寄せ、”地球”を感じた時の表情が素敵です。

レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_14362677.jpg
さて、キャンプ場に戻りました。
この日は沢山のキャンパーが宿泊していました。
でも、入山に人数制限があるこの場所は、決してテーブルを取り合うなんて事態にはなりません。
ゆったりと4人でテーブルを囲みご飯にしました。

レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_14385449.jpg
YAMNUSKA名物のスモークサーモン丼、山で寿司なんて、さすが日本人でしょ?
日本人魂はここレイクオハラでも忘れません。

レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_14414590.jpg
まるでリスのようにホッペタ一杯にほおばってます。
美味しそうにたくさん食べてくれて、見ている方も嬉しかったです!!

レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_14432139.jpg
食前のティータイム、前菜からデザートまで、フルコースを堪能していただきました。

レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_14450030.jpg
夜11時、まだ真っ暗にならない時間に月が輝き始めました。
空は快晴、この後、深夜0時頃から満天の星空を眺めて就寝しました。
翌日のハイキングが楽しみです。


レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_01123718.jpg

翌朝、やはりドピーカン!!
雲一つない澄みきった空気の気持ちの良い朝を迎えました。
暖かく見えるでしょ??でも、この日の朝は放射冷却現象で、なんと気温-5℃、まじかよっ!!ってくらい寒かったです。
でもこんなのはレイクオハラでは当たり前、皆さんは事前準備をしっかりしていたので全く問題ありません!!(でもちょっと寒かったかな??)

レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_15552678.jpg
2日目は風一つないレイクオハラに映るOdaray Mt、湖畔にひっそりと建つレイクオハラロッジのキャビン、
雲一つない青空を背に満々と雪を湛える3000m級の山々、こんな景色を見ながらのハイキングスタートです。


レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_22493110.jpg
まだ歩き始めて10分、もう、動けません、、、、、、この先どうしましょう!!
でも、この感動的な景色は余興です。
想像を超える感動がこの先いくつも待ってますよ!!


レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_22520835.jpg
少し歩くともうそこは森林限界線、いきなり目の前に巨大な岩山Mt Huber(3368m)が、
そしてその奥にはMt Victoria(3464m)も姿を現します。
標高差1200m以上の岩壁が目の前に垂直に聳え立ち、その裾野に立つことのできるこのルートは、
山歩きを愛する者にとっては鳥肌がたつほど興奮する場所でもあります。

レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_16062705.jpg
目前にそそり立つMt Huber(3368m)、この素晴らしい景色をいまこの瞬間に見ているのは私たちのグループだけです。
限られた人しか入山できないこの場所に来ることができて本当に良かった!!

レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_23073061.jpg
豪快に流れ落ちるVictoria Fallsの真横を通過しふと顔を上げると、そこは切り立った岩壁で囲まれる場所に到達します。
巨大な岩山に見下ろされている気がしました。
レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_23303178.jpg
到着した湖は、紺碧の水をたたえるLake Oesa(2270m)、
目の前にはMt Victoria(3464m), Mt Lefroy(3423m), Glacier Peak(3283m)などがすぐそこに。
鳥肌が立つほど美しい!!

っとここで、
レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_23344347.jpg
ランチ!!
すいません、つい食べかけちゃいました(笑)
世界最高のレストランといっても過言じゃないでしょう!!
これ以上の贅沢はない、、、、、そう言っていただけたお昼ご飯タイムでした。

レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_23430563.jpg
さて、ランチの後はアルパインルートを歩きます。
ここから先は気象条件、体力レベル、歩行技術、コース状況など、いくつもの条件がそろわないと行けない、
ごくごく限られた人だけが通過を許される場所です。
今回のメンバーはもちろん大丈夫、でも慎重に気を抜かず絶景を楽しみましょう!!

レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_23504308.jpg
この日の最大の見どころ、Lake O'HaraとMary Lakeを一望できるポイントにご案内しました。
これだけの景色を見れる場所に我々だけしかいないんです。
レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_00135757.jpg
信じられないくらい、本当に鳥肌が立つくらい大絶景です!!
朝から歩いてきたルートがすべて確認できるこの場所は、ほんの一握りの人しか到達することができません。
天気に感謝、メンバーに感謝。

レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_00201501.jpg
このあとOpabin Lake, Hungabee Lake を経由して

レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_00215909.jpg
まるで庭園の中を歩いているかのようなフラットなルートも経由して、
最後に
レイクオハラキャンプ、秘境の景色を求めて!!_d0112928_00233438.jpg
Opabin ProspectからのLake O'Hara大展望を楽しんでいただき一泊二日のキャンプツアーを終了しました。

毎回こんなに素晴らしい景色を見れるとは限りません。
毎回このコースをご案内できるとも限りません。
しかし、できることなら、可能な限りこの素晴らしい絶景を多くの方にご覧いただきたい、いつもそう願っています。

小口さん、新婚旅行にこの場所を選んでいただき本当にありがとうございました。
「なんだこれ!!」、最高に感動した時のこのフレーズ、大好きです!!

Kさん、カナダ旅行のフィナーレを飾る場所に選んでいただき、本当にありがとうございました。
「天国にいるみたい!!」その言葉が本当に嬉しかったです。

いつかまた、カナディアンロッキーでお会いすることができ、素敵な山旅をご一緒できることを楽しみにしています。

私たちヤムナスカのメンバー一同、いつでもお待ちしてます!!


ヤムナスカ・ガイド植木 正幸 (うえき まさゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-07-20 03:29 | 出会いの山旅 | Comments(0)