カテゴリ:出会いの山旅( 53 )

ゆっくりと、秋の足音が聞こえてきたラーチバレーハイキング

d0112928_12512161.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。
この度は、赤木様ご家族、久野様をラーチバレーへとご案内させていただきました。

d0112928_12512195.jpg
夏の暑さもひと段落して、朝夕が冷え込んできた今日この頃。
ラーチバレーのカラマツの葉が徐々に黄色に変わりつつあります。
秋の足音が近づいてきていることを感じます。
先日の雨の影響かテンピークスが雪化粧をまとっていました。
雪の白、木々の緑、黄葉の黄、空の青のコントラストが非常に美しいですね!

d0112928_12512193.jpg
登るにつれて、空を覆っていた雲がどんどん晴れていきました!

d0112928_12512273.jpg
ミネスティマレイクに到着!皆さんまだまだ元気!ということで、センチネルパスまで足を伸ばします!

d0112928_12512296.jpg
ガレ場を一歩一歩づつ慎重に進んでいきます。
すれ違う人々が急登を歩く4歳児の
智祐くんの姿を見て「Wow! Strong boy!!!」と驚いていました笑

d0112928_12512217.jpg
センチネルパスに到着しました!
智祐くんは登り切った後も余裕の表情です!頑張ったね!

d0112928_12512369.jpg
ピナクルマウンテンをバックに記念写真!迫力抜群!

d0112928_12512308.jpg
センチネルパスを下って、ミネスティマレイクのほとりでランチタイムです。

d0112928_12512400.jpg
ランチを終えて、下山開始です。絶景を眺めながらゆっくりと下っていきます。

d0112928_12551297.jpg
下まで降りてきたら最後はモレーンレイクの展望台で記念写真!
太陽に照らされたモレーンレイクはいつ見ても美しいです。

d0112928_12512331.jpg
赤木様ご家族、久野様、本日はありがとうございました!
今回の山旅はいかがでしたでしょうか?楽しんでいただけたら幸いです!
またカナディアンロッキーにお越しになった際は、ご一緒できることを楽しみにしております。

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-09-11 12:58 | 出会いの山旅 | Comments(0)

トゥームストーン - 最後の秘境でのキャンプ 3泊4日 / Tombstone Backpacking Trip

d0112928_01335042.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの植木です。
今回は、カナダでも秘境の地とされるTombstone Territorial Parkに新婚旅行でお越しのI様ご夫婦と2人のカナディアンのジュリーさん、マットさんをご案内させていただきました。
それどこ??と思うでしょうね(笑)聞いたことがない方もいるかもしれません。

なんせ、誰もが気軽に入り込める地ではないんです。ゆえに”ラストフロンティア”といわれている場所です。
ってことで、場所は、オーロラや秋のツンドラの紅葉で有名なユーコンの州都、ホワイトホースから車で1日半、約580㎞北にある原生の姿をそのまま残っているトゥームストーン準州立公園のグリズリーレイクトレイルになります。
バックカントリーキャンピングですので当然食料もテントも寝袋や食器もすべて担いでキャンプ地に向かいました。

Hello, I'm "Masa".
This time, I was come to visit Tombstone Territorial Park, which is considered to be the unexplored area in Canada, for two Japanese Asumi and Atushi, also two Canadian Julie and Matt.

There may be people who have never heard of it. It is not a place where anyone can feel free to enter. That's why it is said to be the "last frontier". The location is about 580 kilometers north from capital city Whitehorse Yukon, famous for the Northern Light and Autumn leaves. The trail is called "Grizzly Lake Trail" in the park. We have carried all the equipment we need to explorer the area for 4 days, such as food, tent, sleeping bags and dishes like the people back in the Gold Rush.

d0112928_01593994.jpg
この日はあいにくの雨と曇りで雄大な山並みをご覧いただくことができませんでしたが、その分ツンドラ地帯の紅葉がちょうど見ごろを迎えており、山全体が赤と黄色、低地では針葉樹の緑も混ざり、本当に美しい風景を見ながら歩くことができました。

We were unable to see the beautiful mountain ranges due to rain and cloudiness on this day, but the autumn leaves in the tundra area are just about the right time, the mountains as a whole are red and yellow, and short pine trees are also visible down the valley. We were able to walk through this beautiful and colorful carpet while we were approaching our base camp.
d0112928_02070098.jpg
途中、こんなお花畑の中を通過していきます。8月も終わりになると、そろそろこの地では冬支度が始まります。
そんな時期にもかかわらず、ユーコンのヤナギランはしっかりときれいな花を咲かせていました。
普通紅葉の時期にお花畑ってないですよね?それも魅力のトゥームストーンです。

On the way, We have gone through such a beautiful flower garden.
When the end of August is over, winter preparation begins in this area soon. The pink flower "Fireweed" were still in full bloom even with this cooler condition.
Normally you may not see those flower garden at the time of autumn seasons. However it seems like every things come all at once in this area.
It may be one of the reasons why Tombstone Park attracts many people.

d0112928_02120407.jpg
眼下に今日の目的地、グリズリーレイクと、よ~~~~く見ると湖畔沿いに白いテントが見えてきました。そこがキャンプサイトです。
後ろの険しい山の裾野に今日から3泊します。
この地の山は、マグマ活動の隆起によってできた山のため、ロッキーとは違い荒々しく岩肌が黒く見えます。ん~~、何とも秘境に来た感じがします!!

Today's our objection is coming to the end. The "Grizzly Lake camp ground", I saw a white tent along the lake shore!
We will stay 3 nights and explore the area.
d0112928_02194621.jpg
キャンプ地を拠点に2日目はGlissade Passご案内しました。
"PASS"とは峠の意味で、キャンプ場から峠を登り、一気に下ると谷が現れてきます。この谷には小さな湖や小川が点在して、そこに紅葉の色が加わって何とも幻想的で異次元に来たかのような光景が楽しめます。
足場は良くないのですが、この絶景を見るとそんなこと問題ではありませんね。

Based on the campground, the next day we headed to "Glissade Pass".
There are small lakes and streams scattered in this valley, and the color of autumn leaves is added, so we can enjoy the scenery as if you came to a different dimension in anything fantastic.
This magnificent view makes us easier to walk through this uneven rocky trail.


d0112928_02364361.jpg
3日目はGrizzly Passにご案内しました。
ここも峠を登りますが、前日行ったところとは違い、峠からさらに頂上を目指すことにしました。
晴れていると峠から広い谷を見下ろす大絶景、さらに奥には荒々しい山々と、2000mを超える垂直の岩山が姿を現してくれます。
これぞトゥームストーンという光景が望めるポイントです。

On the 3rd day we headed to "the Grizzly Pass".
This trail was unlike where we explored went the day before, I decided to aim for a further peak from the pass.
When it is sunny, you will see a beautiful view overlooking the wide valley from the Grizzly pass, plus vertical rock mountain over 2,000m.
This is the point that you can see the sight of iconic Mountain "Tombstone".

d0112928_02410152.jpg
しかし、もう少しというところで、雲が濃くなり、雨が雪に変わってきたため、安全を考慮して登頂は断念しました。
ちなみに後ろに見える山頂は目指すところではありません(笑)
でも、山頂付近はこうした岩山を慎重に歩きます。けっして無理をしないのが山登りの鉄則です。

However, as the cloud became darker and the rain changed to snow, we gave up to go any further for safety reason.
We walked down carefully these rock section. The one of the golden rule in the wilderness is that you act or make decision what you are able to do.

d0112928_02452960.jpg
毎日朝と夕食、そしてハイキングが終わったらスナックタイムをこのシェルターでいただきました。風をしのげるシェルターがあるだけで本当に暖かかったです。
そしてこの絶景の中で食べる食事が絶品です!!史上最高のレストランといっても過言ではありません。

All the meals (and party) were happened at this nice and cozy pre-set shelter.
And the food you eat in this superb view is exquisite! ! It is no exaggeration to say that it is the best restaurant ever.

d0112928_02481698.jpg
キャンプ場は一張ごとに区画されてテントパッド(テント張台)があるので、テントが直接地面に触れることはありません。自然を守り、テント内への雨の侵入を防げる工夫もされています。この山に囲まれながら毎日朝を迎える、そんな夢のような世界でした。

As the campgrounds are compartmentalized and there is a tent pad the tent does not touch the ground directly. This way it helps protect the nature and prevent rain from entering the tent. It was such a dreamy world that you are in this wilderness every morning.

d0112928_02544905.jpg
帰りは来た道を下りますが、3日前とは明らかに紅葉は進んでいました。
紅葉を2度楽しめた、そんなグリズリーレイクトレイルでしたね。

Returning the same trail we have realized the autumn leaves color were much vivid than three days ago.
Felt like we have enjoyed autumn leaves twice.

またいつか日を改めてユーコンにお越しください。その時はまた違った絶景をお楽しみいただけることと思います。
今度はどこに行きましょうかね!!

Thank you very much for sharing this wonderful time with me and I'm sure you all have experienced special time in Yukon wilderness.
The great journey will not have an end!

ガイド:植木 正幸
ヤムナスカ・マウンテン・ツアーズ

Guide: Masayuki Ueki
Yamnuska Mountain Tours


by ymtours | 2017-08-24 05:45 | 出会いの山旅 | Comments(0)

5つの氷河湖とダイナミックな滝を巡る人気トレイル!レイクオエサハイキング

d0112928_14083661.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、渡邉様ご夫妻、中川様ご夫妻、永田様をレイクオハラエリアのレイクオエサへご案内させていただきました。
レイクオエサはレイクマッカーサーと並ぶ二大人気トレイルの一つで、巨大カールの麓に佇む美しい氷河湖です。
このトレイルの魅力は、レイクオハラ、ヤクネスレイク、ビクトリアレイク、レフロイレイク、レイクオエサの計5つの氷河湖を見ることができ、ビクトリアフォールと呼ばれる滝の脇を登るダイナミックなハイキングを楽しむことができます。

d0112928_14083717.jpg
標高を上げるたびに景色が刻々と変わっていきます!
d0112928_14083748.jpg
1時間ほどでビクトリアフォールに到着。近くまで寄れるので、水しぶきが顔にあたります!
d0112928_14083753.jpg
滝の脇を登っていきます!

d0112928_14083917.jpg
レフロイレイクです。レイクオエサやレイクオハラとはまた違った色合いで綺麗ですね!

d0112928_14083836.jpg
そしてついにレイクオエサに到着!レイクオエサの青さと巨大カールの迫力が素晴らしいですね!

d0112928_14083906.jpg
美しい湖を見ながらのランチは最高ですね!

d0112928_14104063.jpg
帰り際、マーモットが岩場で日向ぼっこしていました。
べた〜っと岩にもたれている姿は可愛らしいですね!

d0112928_14083933.jpg
渡邉様ご夫妻、中川様ご夫妻、永田様、本日はありがとうございました!
快晴の下、美しいレイクオハラエリアを満喫していただけたでしょうか?
またご一緒できることを心よりお待ちしております!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-08-18 14:12 | 出会いの山旅 | Comments(0)

圧倒的な存在感の大岩石!ヤムナスカショルダーハイキング

d0112928_12204546.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、渡邉様ご夫妻、山口様ご家族をカナナスキスカントリーのヤムナスカショルダーへご案内させていただきました。
ヤムナスカとは、先住民の言葉で「平らな面を持つ山」という意味です。
今回は、皆さんが指差すヤムナスカのショルダー(山の肩)部分まで登ります!
d0112928_12204505.jpg
1時間ほどで、第1展望台に到着。平野部とカナナスキス方面の山々を見ることができます。
d0112928_12204613.jpg
道の途中で、ジュニパーベリーを見つけました。このベリーは蒸留酒のジンの香り付けに使われており、
ベリーを潰すと独特なスパイシーな香りがします。この匂いを嗅ぐとジンを飲みたくなってきます笑

d0112928_12204679.jpg
「くさ〜い!」瀬名くん、ジュニパーベリーの匂いを嗅いで一言(笑)。瀬名くんにはまだ早かったかな?

d0112928_12204690.jpg
第2展望台に到着。ここは開けた場所で、眼下にポプラの森が広がる広大な景色を楽しめます。
d0112928_12273834.jpg
ここで、少し休憩。お菓子を食べてエネルギーチャージ!

d0112928_12204723.jpg
d0112928_12204854.jpg
第2展望台から40分ほどでヤムナスカショルダーに到着!近くで見ると、とても迫力があります。
足場が安定している場所を探して、記念写真をパシャり!皆さんやりましたね!

d0112928_12204878.jpg
少し下って、平らな場所でランチタイム!山の上で食べるおにぎりは美味しいかな?
d0112928_12232417.jpg
渡邉様ご夫妻、山口様ご家族、本日はありがとうございました!
天気も良く、気持ちのいいハイキングでしたね!
またカナディアンロッキーに遊びにきてください!
お待ちしております!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-08-17 12:29 | 出会いの山旅 | Comments(0)

レイクオハラエリア最大の氷河湖を満喫!レイクマッカーサーハイキング

d0112928_12322339.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、松井様ご夫妻、山田様ご夫妻をレイクオハラエリアのレイクマッカーサーへとご案内させていただきました。
レイクマッカーサーはレイクオエサトレイルと並ぶ二大人気トレイルの一つです。
エネルギッシュなポーズで気合は十分!いざレイクマッカーサーへ!
d0112928_12322291.jpg
スタート地点はこのデイシェルターと呼ばれるインフォメーションセンターです。
ここは軽食も販売しており、一押しはキャロットケーキです。
d0112928_12322394.jpg
柔らかいスポンジの上にチーズクリームがのっており、甘すぎず、少量の酸味がアクセントになっていて、
とても美味しいと評判です。

d0112928_12322316.jpg
登る前にエネルギーチャージ!皆さん美味しそうにケーキを頬張っています。

d0112928_12322387.jpg
ダンディーなヒゲを持つ山男三人衆参上!笑
このような遊びをしながらワイワイと楽しく登っていきます!

d0112928_12322415.jpg
中間地点のシェイファーレイクに到着。
湖を眺めながらまったりとお菓子を食べたりして、少し休憩です。

d0112928_12322465.jpg
豪快な足さばき!ごつごつとした岩場を抜けて...

d0112928_12322569.jpg
レイクマッカーサーに到着です!

d0112928_12322592.jpg
見てください!このスケールの大きさ!
レイクマッカーサーはレイクオハラエリアでも最大の氷河湖として有名です。
ここで長めのランチタイムを取り、皆さんこの絶景を満喫しました。

d0112928_12364131.jpg
帰りのバスの時間が迫ってきているので、名残惜しいですが、ここでレイクマッカーサーとはお別れ。
下山開始です!

d0112928_12364259.jpg


松井様ご夫妻、山田様ご夫妻、本日はありがとうございました!
今回の山旅はいかがでしたでしょうか?楽しんでいただけたら幸いです!
またご一緒できることを心よりお待ちしております!


ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-08-16 12:41 | 出会いの山旅 | Comments(0)

神秘的な青色のレイクマッカーサー

d0112928_13595760.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、東様ご家族、大毛様ご夫妻をレイクオハラエリアのレイクマッカーサーへとご案内させていただきました。
天気は晴れ。レイクオハラで写真撮影をしてから、レイクマッカーサーへと向かいます。皆さん笑顔満点!!!

d0112928_13595822.jpg
登り始めて1時間ほどで、シェイファーレイクに到着。ここが中間地点、まだまだ体力は十分!
d0112928_13595887.jpg
巨大岩を必死に支える里奈ちゃん!(笑)
登山道には遥か昔に氷河によって運ばれたこのような巨大な岩がゴロゴロとあります。
d0112928_13595896.jpg
足場が狭い岩場を登る本日の核心部。しかし皆さん、物ともせず余裕の笑顔です!
d0112928_14044825.jpg
レイクマッカーサーの近くでホワイトテイルドターミガン数匹を見つけました。
ターミガンはライチョウのことを指します。
ターミガンの仲間の中でも唯一白い尾羽を持つことからホワイトテイルドという名付けられてます。
ずんぐりとした体と短めの翼が可愛らしいですね。
d0112928_13595941.jpg
着きました!レイクマッカーサー!レイクオハラエリアの中でも最大の氷河湖。美しく迫力もあります!
d0112928_13595947.jpg
展望のよい所で、レイクマッカーサーを見下ろしながらのランチタイム。
いや〜絶景ですね!
d0112928_14000060.jpg
東様ご家族、大毛様ご夫妻今回はありがとうございました!
レイクマッカーサーの青々しい美しさを堪能できたでしょうか?
またご一緒できることを心よりお待ちしております!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-08-15 14:08 | 出会いの山旅 | Comments(0)

歩いておきたい ロッキー定番ハイキング 『ラーチバレー』


d0112928_05480396.jpg
ヤムナスカ ガイド 本山 です。
ロッキーの定番ハイキング、人気のラーチバレーハイキングに行ってきました。

なんと言っても、このハイキングは、カナディアンロッキーの核心部の高い山が多いエリアになり、以下の2点で有名です。
◆テンピークスの景観を楽しみながらのハイキング
◆季節ごとに色づきを変えてくれるカラマツの美しさを楽しむ

d0112928_06442258.jpg
森林限界まで出ると目的地が見えてきます。

ここで折り返し地点。
昼食を取り、景観を楽しみます。

d0112928_07225699.jpg

今回の最年少!I上様
日本でも登山を是非楽しんでください。

d0112928_06481592.jpg
エスプラナーデを一緒に歩いた皆様
本日もご一緒させていただきました。
後ろにはテンピークスがそびえています。

d0112928_06495199.jpg
こちらもエスプラナーデを一緒に歩いた U田様

d0112928_06520107.jpg
K池様は、振り返りテンピークスの写真を撮られていました。

d0112928_06534512.jpg
S田様は、なんとユーコンのオーロラツアーのリピーター様
まさか一緒にロッキーの山を歩くことになるとは!
今回は装備も新調されて、ハイキングに挑戦!

d0112928_06555501.jpg
カラマツが多いこのトレイル
このトレイルはラーチバレーと言いますが、英語でカラマツは ラーチなんです!
落葉するこのカラマツはそれぞれの季節で美しい色合いを見せてくれます。
ライトグリーンの非常に細い葉は、多くの光を通して、トレイルは樹林帯でも明るく感じます。

d0112928_06584150.jpg
この日は、真夏日というよりも少し秋の気配を感じさせる日でした。
地リスはたくさんいるエリアですが、なんとなく冬眠の準備をしているように感じました。

d0112928_07245552.jpg
カラマツの林から見えるテンピークの名峰 マウント・フェイ、氷河を抱くこの山が下山時に見え隠れします。


d0112928_07035966.jpeg
途中にあるテンピークスの山々、下山時に最後の景観を楽しみます。

d0112928_07064550.jpg
登りの時とは違った風景が見えてきます。
モレインレイクのなんとも表現できないこの青色とマウント・フェイの景観を楽しみながら下山します。

今回は、総勢9名様
エスプラナーデを一緒に歩いた方
ユーコンでオーロラツアーに何度もご参加いただいた方
初めての方

山火事の影響も心配されましたが、素晴らしい一日になりました。

やっぱりここは定番と言われるだけの迫力と美しさがあります。



ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-08-15 07:09 | 出会いの山旅 | Comments(0)

巨大カールの麓に佇む幻想的な氷河湖!レイクオエサハイキング

d0112928_04202759.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、柴田様ご夫妻、佐藤様ご夫妻をレイクオハラエリアのレイクオエサへとご案内させていただきました。
レイクオエサは、レイクオハラ湖畔から谷あいを歩いたところにある巨大なカールに抱かれた美しい氷河湖です。
つまり、上の写真で皆さんが指差しているあたりにレイクオエサがあります!
「あそこに向かうぞー!」と皆さん気合十分!

d0112928_04223074.jpg
道の途中で、ライケンと呼ばれる地衣類を発見。
感触は柔らかく、もじゃもじゃとしています。
このライケンを唇の上に乗せると付け髭のように見えるので、ガイドの鉄板ネタとしてよく使われます。

d0112928_04232798.jpg
付け髭...付け鼻毛?!ライケンの新しい遊び方を佐藤様が発見しました!笑

d0112928_04374524.jpg
ビクトリアフォールと呼ばれる滝です。この脇を登っていくため、滝を間近で見ることができます。
迫力満点ですね〜!
d0112928_04255347.jpg
レイクオエサに到着!
レイクオエサのオエサとは、先住民の言葉で「氷」という意味です。
その名の通り、透き通った真っ青な色は、まさに冷たい氷の様。幻想的ですね。
d0112928_04264269.jpg
レイクオエサ到着時、雨が強くなってきたので、タープを張り、ガスストーブで暖をとりながらのランチタイムです。
みんなで寄り添ってのランチ。まるで小学校の遠足みたいとみなさんと盛り上がりました!
d0112928_04310300.jpg
帰りに岩場でマーモットの親子と遭遇!親マーモットと並んだ
子供マーモットが小さくてとても可愛らしいですね!

d0112928_04303767.jpg
柴田様ご夫妻、佐藤様ご夫妻今回はありがとうございました!
雨の中でも皆さん元気でとても楽しかったですね!
今回の山旅が皆様の楽しい思い出になっていただければ幸いです。
またカナディアンロッキーにお越しください!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-08-13 04:43 | 出会いの山旅 | Comments(0)

開放的なメドウでのんびりランチ!ラーチバレーハイキング

d0112928_13305483.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、川戸様ご夫妻、田中様、T.S様、E.H様、J.H様、K.S様をラーチバレーへとご案内させていただきました。
朝早くからのスタート。元気よく行きましょう!

d0112928_13301152.jpg
登り始めのスイッチバッグで、グレイジェイがじーっとこちらを見ていました。
グレイジェイは、その名の通り、胸からお尻の辺りまで明るめの灰色の体毛を持つ高山帯に生息する鳥です。
体毛がふかふかした感じで、実際よりも体が大きく見えます。

d0112928_13301236.jpg
休憩を挟みながら高度をどんどんあげていきます。
ラーチバレーには幾つかの箇所にベンチがあり、休憩できるポイントがあります。
d0112928_13332488.jpg
本日のゴール地点、ミネスティマレイクに到着しました!
ここで、湖と絶景を見ながら贅沢なランチタイムです。

d0112928_13301291.jpg
d0112928_13301395.jpg
T.S様から味噌汁をご馳走になりました!なんと味噌はお手製!
まさかカナディアンロッキーの絶景を見ながら味噌汁を飲めるとは!
とても美味しかったです。
d0112928_13301370.jpg
ランチ後は、自由時間を設けて皆さん思い思いの時間を過ごしました。
こういう場所での昼寝は気持ちいいですね〜。

d0112928_13343891.jpg
川戸様ご夫妻、田中様、T.S様、E.H様、J.H様、K.S様今回はありがとうございました!
開放的なメドウでのランチは如何でしたでしょうか?
カナディアンロッキーにはラーチバレーの他にもまだまだ素敵な場所がたくさんあります。
またご一緒できることをお待ちしております!!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-08-12 13:39 | 出会いの山旅 | Comments(0)

青空と鮮やかなコバルトブルーのレイクマッカーサー

d0112928_12145106.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、田中様、Y様、A様をレイクオハラのレイクマッカーサーへとご案内させていただきました。
レイクマッカーサーはレイクオハラエリアの中でも最も大きく、水深85mと最も深い氷河湖です。
そんな美しい湖を見るために多くの人が訪れる非常に人気のあるトレイルです。

d0112928_12160030.jpg
レイクオハラの駐車場からシャトルバスに乗りかえてレイクオハラエリアに入ります。
バスに乗って、30分ほどでレイクオハラの湖畔に着きます。
天気は雲ひとつない快晴で、まさにハイキング日和!

d0112928_12145203.jpg
d0112928_12145281.jpg
登り始めて、1時間ほどでシェイファーレイクに着きました。
開けた場所で気持ちいのいい場所です。ここで小休止して、湖を見ながらまったりとしました。
d0112928_12145207.jpg
d0112928_12145218.jpg
さらに登ると、左手に岩場が出てきました。
その岩場からマーモットが出てきました。草を食む姿は非常に可愛らしいですね!

d0112928_12145388.jpg
「気持ちいい〜!」本日は非常に暑かったので、時たま吹く風の冷たさがとても気持ちいいですね!

d0112928_12145347.jpg
不安定な石の階段を一歩一歩慎重に歩いて登っていきます!
d0112928_12145316.jpg
ようやくレイクマッカーサーに到着!
青空とコバルトブルーのレイクマッカーサーの色合いが非常に美しいですね!
ここで、Y様持参のイカした手ぬぐいをみなさんで持って記念撮影!
本日8月11日は日本の祝日「山の日」でしたね!

d0112928_12145446.jpg
ランチを食べた後は、湖に手を入れて氷河湖の冷たさを感じてみました。

田中様、Y様、A様、今回はありがとうございました!
レイクマッカーサーハイキングは楽しんでいただけましたでしょうか?
カナディアンロッキーには青々としたレイクマッカーサーの他にも美しい氷河湖は
まだまだたくさんあります。またカナディアンロッキーにお越しになった際は、ご一緒できることを
楽しみにしております!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-08-11 12:34 | 出会いの山旅 | Comments(0)