カテゴリ:出会いの山旅( 47 )

巨大カールの麓に佇む幻想的な氷河湖!レイクオエサハイキング

d0112928_04202759.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、柴田様ご夫妻、佐藤様ご夫妻をレイクオハラエリアのレイクオエサへとご案内させていただきました。
レイクオエサは、レイクオハラ湖畔から谷あいを歩いたところにある巨大なカールに抱かれた美しい氷河湖です。
つまり、上の写真で皆さんが指差しているあたりにレイクオエサがあります!
「あそこに向かうぞー!」と皆さん気合十分!

d0112928_04223074.jpg
道の途中で、ライケンと呼ばれる地衣類を発見。
感触は柔らかく、もじゃもじゃとしています。
このライケンを唇の上に乗せると付け髭のように見えるので、ガイドの鉄板ネタとしてよく使われます。

d0112928_04232798.jpg
付け髭...付け鼻毛?!ライケンの新しい遊び方を佐藤様が発見しました!笑

d0112928_04374524.jpg
ビクトリアフォールと呼ばれる滝です。この脇を登っていくため、滝を間近で見ることができます。
迫力満点ですね〜!
d0112928_04255347.jpg
レイクオエサに到着!
レイクオエサのオエサとは、先住民の言葉で「氷」という意味です。
その名の通り、透き通った真っ青な色は、まさに冷たい氷の様。幻想的ですね。
d0112928_04264269.jpg
レイクオエサ到着時、雨が強くなってきたので、タープを張り、ガスストーブで暖をとりながらのランチタイムです。
みんなで寄り添ってのランチ。まるで小学校の遠足みたいとみなさんと盛り上がりました!
d0112928_04310300.jpg
帰りに岩場でマーモットの親子と遭遇!親マーモットと並んだ
子供マーモットが小さくてとても可愛らしいですね!

d0112928_04303767.jpg
柴田様ご夫妻、佐藤様ご夫妻今回はありがとうございました!
雨の中でも皆さん元気でとても楽しかったですね!
今回の山旅が皆様の楽しい思い出になっていただければ幸いです。
またカナディアンロッキーにお越しください!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-08-13 04:43 | 出会いの山旅 | Comments(0)

開放的なメドウでのんびりランチ!ラーチバレーハイキング

d0112928_13305483.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、川戸様ご夫妻、田中様、T.S様、E.H様、J.H様、K.S様をラーチバレーへとご案内させていただきました。
朝早くからのスタート。元気よく行きましょう!

d0112928_13301152.jpg
登り始めのスイッチバッグで、グレイジェイがじーっとこちらを見ていました。
グレイジェイは、その名の通り、胸からお尻の辺りまで明るめの灰色の体毛を持つ高山帯に生息する鳥です。
体毛がふかふかした感じで、実際よりも体が大きく見えます。

d0112928_13301236.jpg
休憩を挟みながら高度をどんどんあげていきます。
ラーチバレーには幾つかの箇所にベンチがあり、休憩できるポイントがあります。
d0112928_13332488.jpg
本日のゴール地点、ミネスティマレイクに到着しました!
ここで、湖と絶景を見ながら贅沢なランチタイムです。

d0112928_13301291.jpg
d0112928_13301395.jpg
T.S様から味噌汁をご馳走になりました!なんと味噌はお手製!
まさかカナディアンロッキーの絶景を見ながら味噌汁を飲めるとは!
とても美味しかったです。
d0112928_13301370.jpg
ランチ後は、自由時間を設けて皆さん思い思いの時間を過ごしました。
こういう場所での昼寝は気持ちいいですね〜。

d0112928_13343891.jpg
川戸様ご夫妻、田中様、T.S様、E.H様、J.H様、K.S様今回はありがとうございました!
開放的なメドウでのランチは如何でしたでしょうか?
カナディアンロッキーにはラーチバレーの他にもまだまだ素敵な場所がたくさんあります。
またご一緒できることをお待ちしております!!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-08-12 13:39 | 出会いの山旅 | Comments(0)

青空と鮮やかなコバルトブルーのレイクマッカーサー

d0112928_12145106.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、田中様、Y様、A様をレイクオハラのレイクマッカーサーへとご案内させていただきました。
レイクマッカーサーはレイクオハラエリアの中でも最も大きく、水深85mと最も深い氷河湖です。
そんな美しい湖を見るために多くの人が訪れる非常に人気のあるトレイルです。

d0112928_12160030.jpg
レイクオハラの駐車場からシャトルバスに乗りかえてレイクオハラエリアに入ります。
バスに乗って、30分ほどでレイクオハラの湖畔に着きます。
天気は雲ひとつない快晴で、まさにハイキング日和!

d0112928_12145203.jpg
d0112928_12145281.jpg
登り始めて、1時間ほどでシェイファーレイクに着きました。
開けた場所で気持ちいのいい場所です。ここで小休止して、湖を見ながらまったりとしました。
d0112928_12145207.jpg
d0112928_12145218.jpg
さらに登ると、左手に岩場が出てきました。
その岩場からマーモットが出てきました。草を食む姿は非常に可愛らしいですね!

d0112928_12145388.jpg
「気持ちいい〜!」本日は非常に暑かったので、時たま吹く風の冷たさがとても気持ちいいですね!

d0112928_12145347.jpg
不安定な石の階段を一歩一歩慎重に歩いて登っていきます!
d0112928_12145316.jpg
ようやくレイクマッカーサーに到着!
青空とコバルトブルーのレイクマッカーサーの色合いが非常に美しいですね!
ここで、Y様持参のイカした手ぬぐいをみなさんで持って記念撮影!
本日8月11日は日本の祝日「山の日」でしたね!

d0112928_12145446.jpg
ランチを食べた後は、湖に手を入れて氷河湖の冷たさを感じてみました。

田中様、Y様、A様、今回はありがとうございました!
レイクマッカーサーハイキングは楽しんでいただけましたでしょうか?
カナディアンロッキーには青々としたレイクマッカーサーの他にも美しい氷河湖は
まだまだたくさんあります。またカナディアンロッキーにお越しになった際は、ご一緒できることを
楽しみにしております!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-08-11 12:34 | 出会いの山旅 | Comments(0)

自分達だけしかいない山の世界 《エスプラナーデ・縦走》


d0112928_13461378.jpg
ヤムナスカ ガイド 本山 です。
今回は、若い人から、人生の大先輩、登山を始めて数年の方からベテランまで!
様々な人が一緒になったツアーで、エスプラナーデ 縦走 山小屋から山小屋への旅をご案内させていただきました。

やはり、山旅で出会う仲間には当たり前ですが、『自然』が好きだという共有できる価値観があるので、改めて素晴らしいと感じました。

山小屋から山小屋へ、着替えなどの荷物はヘリコプターで運んでもらえるために、デイパックで縦走できるこのツアーは非常にお勧めです。
くわしくはこちらより

まずはヘリコプターで最初の山小屋に入山します。
d0112928_13511993.jpg
入山すると、ランチを小屋で取った後は、軽い散策に出かけます。
d0112928_13522149.jpg
ロッジからすぐ出ると小川や湖、お花畑が広がる素晴らしいエリアを軽いザック、または軽い荷物で歩くことができます。

d0112928_13540523.jpg
登山道がない、われわれがカナダで呼ぶ『オフ・トレイル』を歩くことができるのが、このエスプラナーデの魅力の一つでしょう。

そして、山小屋とは思えない料理が楽しめるのも、このツアーの大きな魅力!

焼きたてクロワッサン!
d0112928_13553925.jpg
エッグ・ベネディクト!
うまし!
d0112928_13574945.jpg
お皿に盛りつけると・・・・
d0112928_13592118.jpg
おいしい食事は本当に人を幸せにしてくれます。

d0112928_14001458.jpg
翌日は、縦走開始!
尾根歩きを楽しみます。
d0112928_14010275.jpg
ところどころ真夏と言え、雪渓が出てきますが、これも楽しい体験の一つ
d0112928_14020275.jpg

尾根で記念撮影!ばんざーい!
一番左のカナダ人はマーティン君!私と同行するガイドさんです。
このツアーは、ガイド2名体制なのもうれしい特典!
d0112928_14024769.jpg
見事なお花畑も楽しみの一つ、その時期時期で季節のお花が楽しめます。
こりゃー、写真撮りたくなりますね。
d0112928_14042571.jpg
お花畑に入り込んで撮影も可能です!
女性なら誰でもこんな中で写真を撮りたくなりますね。
d0112928_14051453.jpg
ディナーも最高!


d0112928_14060256.jpg
この夜はサーモンでした。
カナダらしいメニューでおもてなしです。
d0112928_14064785.jpg
デザートもいつも付きますよ!
しかも、シェフはカナダ人なのに甘さ控えめにしてくれました。
焼きたてブラウニー
d0112928_14220669.jpg

ディナーの後は、なんと!お客様の中で『ボディー・トーク 大脳皮質』のインストラクターの方がいらっしゃったので、レクチャーをしてもらいました。
体のケアも登山の後は大切ですね!川澄先生!ありがとうございました!
d0112928_14094625.jpg
翌日も縦走、
あいにくの雨のスタート、
そうです。縦走ですので、雨でも先に進まないといけません。この辺はデイハイクと大きな違いですね。
しかし、それでこそ体感する自然の摂理があると私は思います。
それでも、氷河の景観が私達を迎えてくれました。
d0112928_14103542.jpg
旅で出会った『山の仲間』と様々な体験を共有していきます。
遠くに見えるロッキー山脈
d0112928_14124570.jpg
少し冷えたので、一気に最後の山小屋サンライズ小屋まで、暖かいスープでシェフが迎え入れてくれました。
d0112928_14134480.jpg
午後に天気が回復してきたので、さらに散策に出かけました。
ガイド・マーティンが『秘密の花園』に連れて行ってくれました。
d0112928_14155502.jpg
とてつもない数のお花!
見事なお花畑!
花の子ルンルンになりたくなりますねぇー
d0112928_14165393.jpg
こちらもお花の中でにっこり、
自然と顔もほころんできます。
以前にレイク・オハラツアーにご参加いただいた猪俣様もにっこり!
d0112928_14174210.jpg
すでに3日間一緒に過ごした日本人の心がわかるにくいガイドマーティンとも記念撮影
d0112928_14184025.jpg
すごい数のお花、、、、
手前の赤いお花!これだけは覚えて帰りたい!『インディアン・ペイントブラシ』
d0112928_14192535.jpg
水辺には、レッド・モンキーフラワーが咲き乱れていました。
見事!
d0112928_14201190.jpg
最後の朝食もおいしかったぁー!
写真撮りたくなりますね、これは!
d0112928_14231524.jpg
この頃には、皆さんすっかり打ち解けて、『山の仲間』になっていました。
後2泊くらいしてもいいような感じ、
d0112928_14272409.jpg
ヘリコプターで出る前に最後のハイキングに出かけました。
目指すはロッジ近くの山に登頂!
ばんざーい!全員で登頂できました。
左下には小さく山小屋が見えるのがわかるでしょうか?

d0112928_14291665.jpg
自分達しかいない山域、
私はいつも思うのですが、風景などを見ているときに人は見ている風景だけではなく、その他の情報も消化しながら、その風景を味わっていると思います。
人がいない静けさの中で自然を味わえることは、近年稀になってきていることではあります。
d0112928_14353023.jpg
そんな喜びを感じられるのが『エスプラナーデ 縦走』
今回は、12名様、リピーター様も多くご参加いただきました。
様々な年齢、バックグランドの人がご参加いただいた今回のツアー
最後には、皆さん本当に『山の仲間』になっていました。
d0112928_14371045.jpg
ご参加いただきまして、本当にありがとうございました。
私もその『山の仲間』にご参加させていただいて、楽しい思い出になりました。
『自然が好きだ』という価値観を共有できる山旅の素晴らしさを感じる今回のツアーでした。

また皆さん!山で会いましょう!


ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-08-10 14:40 | 出会いの山旅 | Comments(0)

手軽に森林限界越え!カナナスキスカントリー・ターミガンサーク

d0112928_12550943.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。
この度は、井上様、阿久津様、内田様、東海林様、田中様をカナナスキスカントリーのターミガンサークへとご案内させていただきました。

サークとは、氷河の浸食作用により、山肌がすり鉢状に削られた地形のことを指します。
日本ではカール地形と呼ばれています。
このカール地形にターミガン(ライチョウ)が生息していることから、ターミガンサークと名付けられました。
ここは、スタート地点で既に標高2200mあるので、わずか200mほど高度を上げるだけで、手軽に森林限界を超えることができます。
d0112928_12550717.jpg
登り始めてたった40分ほどで、こんな絶景が見れます!

d0112928_12550760.jpg
巨大なカール地形、迫力満点です!
d0112928_12550871.jpg
トレイルの途中で、ビッグホーンシープの群れが草を食んでいるのを見ることができました。
d0112928_12590954.jpg
さらにホーリーマーモットも岩場から顔を出してくれました!

d0112928_13002075.jpg
ビッグホーンシープとマーモットの貴重な2ショット (笑)!
d0112928_12551068.jpg
雄大な景色を眺めながらのランチは美味しいですね!

d0112928_13055548.jpg
早めに登り終えたので、ハイキング後、カナナスキスレイクへ行きました。
ここからの眺めも綺麗です。
d0112928_13023616.jpg
井上様、阿久津様、内田様、東海林様、田中様、本日はありがとうございました!
今回は、大迫力なカールと色々な動物、巨大な湖など内容盛りだくさんのツアーでしたね!
カナナスキスカントリーにはまだまだいくつものハイキングエリアが存在します。
またハイキングしにお越しください!お待ちしております!!!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-08-10 07:36 | 出会いの山旅 | Comments(0)

レイクルーズ満喫周遊 中嶋様ご夫妻、N様、A様 グループの山旅

d0112928_14282748.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの植木です。

今日は、ハイキング3日目となる新婚旅行でお越しの中嶋様ご夫妻と、毎年カナダにお越しいただいておりますお二人のN様、A様の計4名様を、カナディアンロッキーの中でもっとも有名なスポット、レイクルイーズと、ここからスタートする人気のハイキングコースのレイクアグネス、ビックビーハイブの周遊コースをご案内いたしました。絶好のハイキング日和の中、皆様ご満足いただけるような絶景をご覧いただくことができたのでしょうか。

こうご期待!!では、ハイキングスタートです!!

d0112928_14372361.jpg
ここは、最初に現れるミラーレイクです。
この目の前にそびえたっている岸壁は、そう、目的地のビックビーハイブです。
垂直に切り立つ絶壁を、首が痛くなるような角度で見上げて、「こんなとこ登るの~~!!」と。
「大丈夫です、なんとなく楽しみながら登らせるのもガイドです。」といった言葉のなんと説得力のないことか(笑)
まあ、行ってみましょう。

d0112928_14441876.jpg
d0112928_14432220.jpg
中継地点のレイクアグネスとティーハウス。
この神秘的な湖に、ほんの1時間30分ほどで到着です。
近くにこんな素敵な山上湖が至る所に存在するのがカナディアンロッキーの魅力でもあります。
そして、湖畔沿いを歩くとお花畑も点在していました。
お花好きな皆様、写真撮影が忙しくて、全く進みません(笑)

d0112928_14494367.jpg
レイクアグネスからビーハイブに登っている途中、眼下に先ほどまでいたレイクアグネスを見ることができます。
「急だな~と思ってたけど、来れるもんだね!!」、はい、ガイドにとってはそう言っていただけることが一番の喜びです。
皆さんなら、難なく来れると思ってました。

d0112928_14500122.jpg
ビックビーハイブの頂上から見るレイクルイーズとシャトーレイクルイーズの全貌です。
3時間前は、あのホテルからスタートしたんですよ。来てますね~~!!
それにしてもここから見るレイクルーズは本当に美しかったですね。この絶景はここまで歩いた人しか楽しむことができません。

この絶景を楽しみながら、ランチタイムを取りました。

d0112928_14513301.jpg

下山途中、レイクルイーズの源、ビクトリア氷河から流れる川辺に立ち寄りました。
これがあの神秘的な湖を作っている川ですよと説明したところ、「えっ、こんな泥水が??」って率直な感想。そうですよね、自然て本当に不思議です。
こうして氷河湖に流れ込む川を触れるところってそんなに多くないんです。
直接触り、体験していただくことはどんな説明よりわかりやすかったのではないですか?
これもハイキングの楽しみ方の一つですね。

d0112928_14531403.jpg
d0112928_14522714.jpg
そして、再びレイクルイーズに戻ってきました。
今度は流れ込みを見学です。
どことなく、南国のビーチにいるような景色でしたね。

d0112928_14540436.jpg
最後にレイクルイーズの流れ込みにちょっとだけ足を延ばし、さっきの泥水??が神秘的な湖の色を作り出す現場をご覧いただきました。

いかがでしたでしょうか。レイクルイーズを駐車場付近から見るだけではなく、山に登り、上から見下ろしたレイクルイーズ、そして、その湖を作り出す源流、その川が湖に流れ込む現場を直に触り、歩き、見ることのできるこの周遊コースを楽しんでいただけたでしょうか。

新婚旅行でお越しの中嶋様ご夫妻はこの後トロントの方に観光に行きご帰国となりますが、またぜひ来てくださいね。

そして、N様とA様は、これからカナディアンロッキー最高峰のMtロブソンとバックカントリーロッジのスコーキーロッジを引き続きご案内させていただきます。


カナディアンロッキーはまだまだ神秘的な場所がたくさんあります。
ぜひまたロッキーでお会いしましょう!!


ヤムナスカ・ガイド植木 正幸 (うえき まさゆき)
ガイドプロフィールはこちらから



by ymtours | 2017-08-07 15:25 | 出会いの山旅 | Comments(0)

H様 特選日帰りハイキングへ 1日目と2日目

1日目

d0112928_0244751.jpg



こんにちは、ヤムナスカガイドの難波です。

16年以上のお客様となるHさんをご案内しました。
せっかくお越しいただいたのに、ちょうど特選日帰りツアーが催行されない日と当たってしまいました。なかなかお客様おひとりではツアーを出せないのですが、これだけ長い間、弊社をご贔屓にして下さるお客様のご依頼を断るわけにはいきません。そんな時は、夏休み中の息子に親父の仕事を見せるためというか、実際は家族ハイキングに参加して頂きました。。。Hさん、こんな家族サービスの延長のような日に一緒に山へ行くことを承諾くださり有難うございます。

d0112928_11394017.jpg


ほんの少し山火事の煙で霞んでいますが、ほとんど気にならずハイキングが出来ました。山火事というのは自然再生の源です。これ無くして、食物多様性を維持できないわけですから、少しぐらいは我慢です。

d0112928_11394596.jpg


このエリアはウエスタンアネモネが多いことで知られています。花の終わった後の綿毛(タネ)が一面にあります。実は私、綿毛のフェチでして、特にアネモネの綿毛を逆光で撮るのが大好きです。もしレフ板を使う余裕があれば、、、つまりお客様を待たせることができるなら、、、、突如と「休憩!!」と号令をかけて、撮影に入ります。綿毛って人間みたいなんですよ。最初は坊主頭の赤ちゃん。少しづつ毛が伸びて来ると可愛い小学生。そのあとは親の言うことを聞かないロン毛の高校生から大学生になります。それからは、悲しいかな毛が風で飛んでいきます。最後は? もうご想像がつきますね。ツルツル頭。。いや、そのスキンヘッドがカッコいいのです。

ウエスタンアネモネは初夏から夏の終わりまで楽しめる花なのですよー。

d0112928_11393683.jpg


今日はガイドとして、少し楽をした日になってしまいました。。妻とHさんは女性同士ということで、歩き出しから終わりまで世間話に花を咲かせてくれましたし。。10歳の息子は、ドラえもんのポケットから出て来て欲しい未来のハイキングスティックに想像を膨らまして、元気に歩いてくれるし。。私がやったことと言えば、湖畔でコーヒーを沸かしたぐらいです。。これも自分が飲みたかったからと言われましたが。

d0112928_12275493.jpg


Hさん、こんな普通のなんでもない私の山遊びに付き合ってくださり有難うございました。これに懲りずまたお越しくださいね。

1日目おしまい。

2日目
d0112928_14220890.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。
2日目は、私がH様をレイクアグネス&ビッグビーハイブ&プレイン・オブ・ザ・シックス・グレーシャーズへとご案内させていただきました。

レイクアグネスはレイクルイーズ周辺のハイキングコースの中でも非常に人気のあるコースの一つで、レイクルイーズとはまた別の雰囲気を持つ美しい氷河湖です。平日にもかかわらずたくさんの人で賑わっていました。

d0112928_14220923.jpg
湖畔をぐるっと回ってからビッグビーハイブを目指します!

d0112928_14220995.jpg

ビッグビーハイブから見下ろしたレイクルイーズ。
上から眺めるレイクルイーズはいつもと雰囲気が違って見えますね。
ここでランチをとり、その後、プレイン・オブ・ザ・シックス・グレーシャーズへ目指します。

d0112928_14501077.jpg
d0112928_14221017.jpg
森林帯を抜けると、マウントビクトリアの方角に向かってのびるトレイルに出ました。
途中で、ヤナギランの大群生を発見。ラベンダー畑ではなくヤナギラン畑?

d0112928_14221020.jpg
d0112928_14221115.jpg
最終目的地のティーハウスに到着しました!
ティーハウスの前は広場になっていて、眼前には大迫力の氷河を眺めることができます。

d0112928_14221082.jpg
「冷た〜い!」氷河から流れ出る川に手を突っ込んで、二人して涼んでいました。
暑い日差しの下、この冷たさは格別ですね!
d0112928_14330366.jpg
今まで自分たちが歩いてきた道のりを振り返ると、達成感が湧いてきます!
いや〜今日は歩きました!

景色が次々と変化していく見所盛りだくさんの1日でした!
H様、今回はありがとうございました。
秋のカナディアンロッキーにも訪れてみたいとのこと、ぜひいらしてください!
秋の黄葉も綺麗ですよ!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-07-26 12:17 | 出会いの山旅 | Comments(3)

雄大な景色の連続!ラーチバレーハイキング

d0112928_11295153.jpg
ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、M.J様、新井様をラーチバレーハイキングにご案内させていただきました。
天気は快晴で風もなく、モレーン・レイクの水面に背後の山が写っていて、とても綺麗です。

d0112928_11295269.jpg
d0112928_11295117.jpg
森林帯を抜けると気持ちの良い開けた場所に出ました。テンピークスと呼ばれる3000m級の山々の迫力に圧倒されます。

d0112928_11432296.jpg
美しい景色の連続。カメラのシャッターを切るのに大忙しです!

d0112928_11295234.jpg
この雄大な景色!天気は快晴!まさにハイキング日和ですね!

d0112928_11295383.jpg
この度はご参加いただきありがとうございました!
最高のコンディションで美しい景色を眺めながらのハイキングは如何でしたでしょうか?
またカナディアンロッキーに遊びにきてください!お待ちしております!


ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-07-18 12:01 | 出会いの山旅 | Comments(0)

快晴!レイクマッカーサーハイキング - レイクオハラ日帰りハイキング

d0112928_00230809.jpg

ヤムナスカガイドの永谷です。
この度は、阿戸様ご夫妻、麻美様、M.J様をレイクオハラエリアのレイクマッカーサーハイキングにご案内させていただきました。

本日は快晴!まずはレイクオハラの前で記念撮影。
その後、カナディアンロッキーの中でも最も美しい湖の一つと呼ばれているレイクマッカーサーを目指しました。
d0112928_10140315.jpg
高度を上げるにつれて、雄大な景色がどんどん広がっていきます。

d0112928_10140205.jpg
ついにレイクマッカーサーに到着!湖が見えた瞬間、みなさん感嘆の声をあげていました。
快晴の下、レイクマッカーサーは青く光り輝いているように見えました。

d0112928_10140498.jpg
昼食後の自由時間。美しい湖畔でみなさん思い思いの時間を過ごしました。
d0112928_11162626.jpg
トレイルの途中、岩場が出てきました。岩場にはピカやマーモットが住んでいます。
休憩がてら、みなさんと一緒に探しました。
ピカやマーモットに会いたい!という願いが天に届いたのか、岩場からひょっこり顔を出してくれました!

d0112928_11201293.jpg
レイクオハラはまだまだいくつものハイキングエリアが存在します。
また機会がございましたら、ぜひカナディアンロッキーの山旅にお越しください!


ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-07-17 11:24 | 出会いの山旅 | Comments(0)

大自然の中で静かに佇むレイクマッカーサー - レイクオハラハイキング日帰りハイキング

d0112928_08533892.jpg
ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、三根様をレイクオハラエリアへご案内させていただきました。
レイクオハラの中でも最も人気のあるトレイルの一つ、レイクマッカーサーへ向かいました。
レイクオハラは、植生保護のため1日の入山者数を制限しているので、静かなハイキングを堪能することができます。

d0112928_08533808.jpg
レイクオハラの色合いも遠くから見るのと近くで見るのとは、少し違って見えますね。

d0112928_08533950.jpg
山沿いの道を歩いていきます。振り返ると絶景が広がっていました!

d0112928_08533919.jpg
目的地、レイクマッカーサーに到着です!
出発時は、雲が多かったですが、目的地に近づくにつれて、晴れ間が少しづつ見えてきました。

d0112928_08534018.jpg
レイクマッカーサーの特徴であるこの独特な青!カナディアンロッキーの中でも最も美しい湖の一つと呼ばれているだけあって、素晴らしい色です。
この日は風も少なく人もまばらで鳥の声もない、まさに静寂の世界でした。

d0112928_09181448.jpg
帰り際にホーリーマーモットが岩場から顔を出してくれました。ホーリーとは「白っぽい、灰色がかった」という意味です。
草を食んでいる様子がとても可愛らしかったです。

d0112928_08533930.jpg
三根様、今回はありがとうございました!
大好きなカナダの大自然を感じていただけたようで、本当に嬉しく思います。
またカナディアンロッキーでご一緒できることを楽しみにしております!



ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-07-15 09:42 | 出会いの山旅 | Comments(0)