カテゴリ:出会いの山旅( 78 )

神秘のユーコン旅 歴史、カルチャー、自然を学ぶツアー

神秘のユーコン旅 歴史、カルチャー、自然を学ぶツアー_d0112928_07340416.jpg
みなさんこんにちは、ヤムナスカガイドの西牟田(にしむた)です。
今回のメンバーをご紹介いたします。私の右側には辻様ご夫婦、左側には樋口様ご夫婦です。

このメンバーをインオンザレイク滞在中の内2日間を日中のデイツアーにご案内いたしました
2カップルの旅の記録を以下にシェアさせていただきます。

デイツアー1
ネイチャーウォーク
神秘のユーコン旅 歴史、カルチャー、自然を学ぶツアー_d0112928_07342451.jpg
ヒドゥンレイクスをぐるりと一周しました。
神秘のユーコン旅 歴史、カルチャー、自然を学ぶツアー_d0112928_07403643.jpg
11月、12月は気温が不安定な時があり、トレイルが滑りやすい事があります。
それでも大丈夫です、皆さんしっかりと軽アイゼンを装着してもらいました。
軽アイゼン未経験者でも歩き方をしっかりとご案内しますので、初心者でも楽しんでいただけます。
神秘のユーコン旅 歴史、カルチャー、自然を学ぶツアー_d0112928_07341361.jpg
12月上旬になると湖が凍り始めます。
凍った湖の上を歩けるのは極寒の地ユーコンならではの体験ですね。
ウキウキするものですよ。
神秘のユーコン旅 歴史、カルチャー、自然を学ぶツアー_d0112928_07350195.jpg
そして、ユーコン川とユーコン川を繋ぐシュワツカレイクを一望できる高台に行ってきました。
波打ったまま湖が凍っていました。圧巻です!!

凍った湖を下から、上からと角度を変えると、変化に富んだ景色を楽しんでいただけます。

デイツアー2
ディスカバーホワイトホース
神秘のユーコン旅 歴史、カルチャー、自然を学ぶツアー_d0112928_07391307.jpg
ホワイトホース市内を巡りながら、ユーコンの歴史を歩きながら体感していただきました。

ユーコンの歴史に大きく貢献しているのがクロンダイク・ゴールドラッシュ
その面影を残す街をユーコン川の川沿いを歩いて体感していただきました。
神秘のユーコン旅 歴史、カルチャー、自然を学ぶツアー_d0112928_07390369.jpg
街のど真ん中にあるトーテンポール(先住民の家紋)
上にはワタリガラスが乗っています。
カナダではカラスは愛されているのです!
神秘のユーコン旅 歴史、カルチャー、自然を学ぶツアー_d0112928_07395117.jpg
そして旅の極め付きは地ビール大国であるビール工場巡りです。
ユーコンブリューイングではクリスマス限定のボトルが売られています。
カナダの地ビール工場のほとんどのお店では、グラスボトルに独自のロゴが入っており、お店の生ビールを入れてくれるのです。
空になったボトルをお店に持っていくと、また入れてくれるこのシステム、エコですよね〜。
しかもいつでも生ビールを飲めるこのシステムは住んでいる地元民には最高ですよ。
神秘のユーコン旅 歴史、カルチャー、自然を学ぶツアー_d0112928_07401302.jpg
幸せ溢れる表情の樋口様。この時間を待っていましたと言わんばかりです。笑
神秘のユーコン旅 歴史、カルチャー、自然を学ぶツアー_d0112928_07401862.jpg
センスの良いお土産も手に入ります。ビールを飲まない方でも、ここでしか手に入らないものが手に入ります。
最近日本でも流行っているトレーナー、コレクターにもお気に入りの品が見つかるはずです!
神秘のユーコン旅 歴史、カルチャー、自然を学ぶツアー_d0112928_07400632.jpg
みなさまご満足いただける買い物ができたようです!

樋口様、辻様5泊6日の「豪華イン・オンザレイク」にご参加いただき誠にありがとうございます。
今回の滞在で良い思い出ができていれば嬉しいです。

また秋の紅葉の時期に違った景色を見せてくれるユーコンにいらしてください。
オーロラ鑑賞も再チャレンジしてみてください。
その時お会いできることを心待ちにしております。
それまでお元気にお過ごしください!

今回ご案内させていただいたツアー
ネイチャーウォーク」のツアーページはこちら
ディスカバーホワイトホース」のツアーページはこちら


ヤムナスカ・ガイド西牟田 春陽 (にしむた はるひ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-12-07 08:23 | 出会いの山旅 | Comments(0)

雪景色も素晴らしいレイクオハラ、神秘的な風景を求めて!!



雪景色も素晴らしいレイクオハラ、神秘的な風景を求めて!!_d0112928_13065657.jpg
雪をまとった森と山、ここレイクオハラではこの時期雪が降るのも珍しくありません。
まるで冬の景色になっていますが、まだ9月下旬のこの日、朝から降り続く雪がとても幻想的な景色を見せてくれます。

こんにちは、ヤムナスカガイドの植木です。
今回はカラマツの黄葉と雪景色を楽しみに5名の方々をレイクオハラにご案内しました。
雪景色も素晴らしいレイクオハラ、神秘的な風景を求めて!!_d0112928_14090443.jpg
気温マイナス2度、無風、小雪という天候がこの幻想的な光景を生み出しています。
ハイキングシーズンも終盤を迎えているこの時期、人影もまばらな湖畔で私たちだけが
この素晴らしい景色を楽しむチャンスを得ることができました。
雪景色も素晴らしいレイクオハラ、神秘的な風景を求めて!!_d0112928_14112951.jpg
少し太陽の光が差し込んだ瞬間、Mt Odarayが光を反射して周囲を明るく照らしてくれています。
巨大な岩山、地層に雪が積もるとまるでミルフィーユのような感じですね。
雪景色も素晴らしいレイクオハラ、神秘的な風景を求めて!!_d0112928_14132084.jpg
今回はオパビンハイラインとオパビンレイクにご案内しました。
湖に近づくとルートも見えないくらいに雪が積もっています。
奥にはカラマツの黄葉も姿を現します。
雪景色も素晴らしいレイクオハラ、神秘的な風景を求めて!!_d0112928_14152303.jpg
雪景色も素晴らしいレイクオハラ、神秘的な風景を求めて!!_d0112928_14153792.jpg
ライチョウが出迎えてくれました。凍った池をよちよち歩いて来て、足元まで来たら微動だにしない、きっとばれていないと思っているんでしょう。でも、完全にばれてます(笑)
雪景色も素晴らしいレイクオハラ、神秘的な風景を求めて!!_d0112928_14185722.jpg
秋も深まるこの時期、黄金に輝くカラマツの葉が見事でした。
雪景色も素晴らしいレイクオハラ、神秘的な風景を求めて!!_d0112928_14231907.jpg
雪景色も素晴らしいレイクオハラ、神秘的な風景を求めて!!_d0112928_14230861.jpg
カラマツの細い枝に降り積もった雪が情緒ありますね。
しきりに写真撮影。


雪景色も素晴らしいレイクオハラ、神秘的な風景を求めて!!_d0112928_14302427.jpg
この幻想的な景色がレイクオハラの魅力です。
何度来ても、何度見ても同じ景色は存在しません。
雪の白、カラマツの金色、岩肌の黒、そして透き通った清流の流れる音色、このコントラストは自然界の芸術と言えるでしょう。

雪景色も素晴らしいレイクオハラ、神秘的な風景を求めて!!_d0112928_14341574.jpg
日本からお越しの東野様、元吉様、バンフ在住の鈴木様、小畑様、野島様、雪の中でのハイキングも楽しんでいただけましたか?
冬がすぐそこに来ているここレイクオハラの素晴らしい景色に感動し、自然の素晴らしさを再度実感できた一日になったことと思います。

また時期を変えてカナディアンロッキーのハイキングに行きましょう。
ヤムナスカガイドはいつでもどんな状況でもその時々の最高の楽しみ方を知っています。

いつか再会できることを願っています。


ヤムナスカ・ガイド植木 正幸 (うえき まさゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-09-27 02:18 | 出会いの山旅 | Comments(0)

黄葉のラーチバレーに舞い降りたライケンガール

黄葉のラーチバレーに舞い降りたライケンガール_d0112928_14121605.jpg
センチネルパスに降り立つライケンガール
黄葉のラーチバレーに舞い降りたライケンガール_d0112928_14121684.jpg
皆さま、こんにちは!
ライケンヨシ(ヤムナスカガイドの板倉)です。
今回は2人のライケンガールと黄葉真っ盛りのラーチバレーに行ってきました!
ライケンガールこと、サバちゃん、チヅちゃんと素敵な山旅をしてきましたので、どうぞ暖かく見守り下さい。
黄葉のラーチバレーに舞い降りたライケンガール_d0112928_14121628.jpg
丸の内OLとモントリオールOLの2人。
もうこの旅の楽しが伝わってきますね!

少しのどが渇いたサバちゃん。水分補充をしているのをよーく見ていると
黄葉のラーチバレーに舞い降りたライケンガール_d0112928_14121779.jpg
日本の麦茶!しかも2リットル!
どうやって持ってきたんですかねー。笑

どうもザックが大きいと思ったら、こういうことだったんですね。

芸人ですか!っと突っ込みたくなる場面が今回はたくさんありました。
黄葉のラーチバレーに舞い降りたライケンガール_d0112928_14121797.jpg
本当に仲の良い2人と話をしていたら、あっという間にラーチの森へ。

黄葉真っ盛りのカラマツとライケンガールは本当に絵になりますね。
黄葉のラーチバレーに舞い降りたライケンガール_d0112928_14121703.jpg
モデルになりきる2人。笑
後ろに広がるテンピークスと黄葉がさらに気分を高揚させてくれます!


ここ、つっこむところです!笑
黄葉のラーチバレーに舞い降りたライケンガール_d0112928_14123158.jpg
3,000m級の山々と黄葉を目の前に、日本のおにぎり弁当が食べれるなんて、
もー、顔から笑みがこぼれちゃいますね。

ヤムナスカのハイキングに参加した際は、この 【おにぎり弁当】 を頼まずにはいられません!
とっても大好評ですよー!
黄葉のラーチバレーに舞い降りたライケンガール_d0112928_14123184.jpg
おにぎり弁当を食べた2人は、その後も絶好調!!
今回の目的地に向かって順調に進んでいきます。


歩くこと数時間。


2人のライケンガールはついに

この場所に
黄葉のラーチバレーに舞い降りたライケンガール_d0112928_14123163.jpg
到着しましたーーーー!!!
Congratulations!!!

天気も良く、頑張った2人には最高のご褒美が待っていましたね。
黄葉のラーチバレーに舞い降りたライケンガール_d0112928_14123229.jpg
ここに来た人しかわからない感情。風景。ドラマ。
今回の山旅は思い出に残る、最高の一日になったのではないでしょうか。
黄葉のラーチバレーに舞い降りたライケンガール_d0112928_14123187.jpg
テンションが上がりピカになりきる2人。
日本では味わえない ワクワク感 や 大人になって忘れてしまった気持ちをロッキーは思い出させてくれます。
黄葉のラーチバレーに舞い降りたライケンガール_d0112928_14123261.jpg
写真ですべては伝わらない。
自分の目で見るロッキーが、きっと人生の財産になるでしょう。
黄葉のラーチバレーに舞い降りたライケンガール_d0112928_14124462.jpg
やりきった。笑
黄葉のラーチバレーに舞い降りたライケンガール_d0112928_14124485.jpg
最後は、最高の感動を与えてくれたロッキーに感謝して。


サバちゃん、チヅちゃん

初ロッキーはいかがだったでしょうか。
自然の力や、地球の広さ。
すべては、ここに来た人にしかわからないものです。
ロッキーは他にもたくさん素晴らしいところがあるので、
また是非、この地に戻って来てくださいね!!
その時をこころよりお待ちしています。
また柿の種、よろしくです!!

【人生の思い出として、わずかな一瞬ですが、一緒にハイキングをしていただき ありがとうございました!】


ヤムナスカ・ガイド板倉 由浩 (いたくら よしひろ)
ガイドプロフィールはこちらから



by ymtours | 2019-09-22 00:31 | 出会いの山旅 | Comments(0)

秘境レイクオハラ、カラマツの黄葉は今が見ごろ!!

秘境レイクオハラ、カラマツの黄葉は今が見ごろ!!_d0112928_10524653.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの植木です。
今回は、北海道からお越しの金川様、竹原様、東京からお越しの伊藤様、宗像様をご案内しました。
レイクオハラの中でも、特にカラマツ林が非常に素晴らしいオパビンレイクまでのルートと、オパビンプロスペクトのコースをご案内させていただきました。

秘境レイクオハラ、カラマツの黄葉は今が見ごろ!!_d0112928_10582889.jpg
初夏の花、アネモネもすでにヒッピーヘアー(通称)へと姿を変えているこの時期、
カラマツは素晴らしい黄葉を楽しませてくれます。
秘境レイクオハラ、カラマツの黄葉は今が見ごろ!!_d0112928_10595818.jpg
ハンガビーレイクに到着すると、無風の湖面が鏡のように周囲の風景を映し出していました。

秘境レイクオハラ、カラマツの黄葉は今が見ごろ!!_d0112928_11032197.jpg

ここでちょうどお昼休憩。
周囲は3400m前後の山々が囲んでいます。
目の前にそびえたつ岩峰、直下にたたずむ森と湖、
そして誰もいないこの場所は本当に秘境と言わざるを得ません。

秘境レイクオハラ、カラマツの黄葉は今が見ごろ!!_d0112928_11064978.jpg
前日に降った雪が山にかぶり一際迫力が増していました。
ここがオパビンレイク、周囲には3200~3500m前後の山々がそそり立っています。

秘境レイクオハラ、カラマツの黄葉は今が見ごろ!!_d0112928_11105827.jpg
先ほどランチをとったハンガビーレイクを高台から眺める場所に行くと、
カラマツ林が一望できました。
これからはこのカラマツ林の中を通っていきます。

秘境レイクオハラ、カラマツの黄葉は今が見ごろ!!_d0112928_11131298.jpg
オパビンハイライントレイルは、まさに今が見ごろの黄金に輝く森になっていました。
私がこの時期一番お勧めのコースです。

秘境レイクオハラ、カラマツの黄葉は今が見ごろ!!_d0112928_11151886.jpg
フィナーレはオパビンプロスペクトからの大展望、眼下にはレイクオハラとマリーレイクを望むことのできる素晴らしい展望地です。

秘境レイクオハラ、カラマツの黄葉は今が見ごろ!!_d0112928_11183920.jpg
最後にはまたレイクオハラに戻り、湖畔からの展望を楽しんで終了しました。
今回は山には新雪が積もり、森は黄葉と常緑樹のコントラスト、それらが湖映る光景を楽しみながらのハイキングを楽しむことができました。

それでは、ぜひまた違う景色を楽しみにカナディアンロッキーへお越しください。
私たちはその時にベストな場所へご案内させていただきます。

次回もお待ちしています!!


ヤムナスカ・ガイド植木 正幸 (うえき まさゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-09-20 00:45 | 出会いの山旅 | Comments(0)

黄葉MAX!!黄金の楽園、ラーチバレーハイキング

黄葉MAX!!黄金の楽園、ラーチバレーハイキング_d0112928_15154209.jpg
テンピークスと黄金の楽園
黄葉MAX!!黄金の楽園、ラーチバレーハイキング_d0112928_15154266.jpg
オォォーーーーゴンのパワーがみなぎっています!!!
ラーチニストのヨシです(ヤムナスカガイドの板倉)

本日は笠井様、蓮見様、祓輪様の3名で黄葉、真っ盛りのラーチバレーに行って参りました!
黄葉MAX!!黄金の楽園、ラーチバレーハイキング_d0112928_13532012.jpg
熊警報が出ていましたが、ガイドがいれば安心です。
熊に合わないようにハイキングをするのはもちろんのこと、
有事の際はガイドが的確に対応致します。
黄葉MAX!!黄金の楽園、ラーチバレーハイキング_d0112928_13532069.jpg
ラーチバレーはモレーンレイクと言われる絶景の湖からスタートします。
ここに来ただけで気分は絶好調!
早速行きましょー!
黄葉MAX!!黄金の楽園、ラーチバレーハイキング_d0112928_13532170.jpg
10本のスイッチバックを登りながら、
疲れた~。まだですか~。なんていう人は一人もいなかったですねっ皆さん!笑
黄葉MAX!!黄金の楽園、ラーチバレーハイキング_d0112928_13532103.jpg
疲れてもその先には絶景のご褒美が待っています。
見て下さいこのカラマツ!!
疲れも一気に吹っ飛びます!
黄葉MAX!!黄金の楽園、ラーチバレーハイキング_d0112928_13540144.jpg
綺麗な黄葉にうっとりしてしまいますね~
ずっと眺めていても飽きないです。
黄葉MAX!!黄金の楽園、ラーチバレーハイキング_d0112928_13540219.jpg
そのまま歩くこと数十分。
少し霧がかかっていましたがテンピークスを見ることが出来ましたー!
写真では伝わりにくいですが、ロッキーは自分の目で見ることが何よりも価値があります!
人生が変わるような光景がたくさんありますよ。
黄葉MAX!!黄金の楽園、ラーチバレーハイキング_d0112928_13540065.jpg
今日はテンピークスを一望できる場所でランチタイム。
風も無く、黄葉とテンピークスが輝いていました。
何とも贅沢な光景です。
黄葉MAX!!黄金の楽園、ラーチバレーハイキング_d0112928_13540136.jpg
時間にも余裕があったため、そのまま少し高台まで足を延ばしました。
ミネスティマレイクが鏡のように反射しており、絶景を前につい言葉を失ってしまします。
皆さんの笑顔が楽しさを物語っていますね。
黄葉MAX!!黄金の楽園、ラーチバレーハイキング_d0112928_13540141.jpg
はいっ!今回の目的地に到着でーす!
記念にハイチーズ!
皆さん頑張った甲斐がありましたね!
ここでの光景は一生の思い出となったと思います。

ここに来た人にしかわからない感動がロッキーにはあります!
黄葉MAX!!黄金の楽園、ラーチバレーハイキング_d0112928_13540107.jpg
登り修行を終えた皆さんは、降りで元気を取り戻しました。笑
ここから再度、気を引き締めていきましょーーー!
黄葉MAX!!黄金の楽園、ラーチバレーハイキング_d0112928_13542549.jpg
ラーチバレーは同じ道を戻りますが、行きとは違ったドラマがあります。
ガイド登山だからこそ、楽しめるもの、感じるものがあると思います。
黄葉MAX!!黄金の楽園、ラーチバレーハイキング_d0112928_13542500.jpg
所どこと穴が開いている場所を見ると~
オコジョッ!!!
頑張った皆さんに会いに来てくれましたね!
黄葉MAX!!黄金の楽園、ラーチバレーハイキング_d0112928_13542636.jpg
ケガもなく、無事に駐車場に戻った皆さんで
グータッチ!!!
最高の山旅になりましたね!

出会いの山旅は、どんな人が来るか不安があると思いますが、ロッキーに来れば大丈夫!
広大な自然や光景が、自然と皆さんの壁を取り除いてくれますよ!!


笠井様、蓮見様、祓輪様

楽しい時間は本当にあっという間でしたね。
黄葉と絶景。
心に残るハイキングになったと思います。
ロッキーには、まだまだ素敵な場所がたくさんありますよ!
またロッキーやユーコンに戻って来てくださいね!
スタッフ一同心よりお待ちしています。

【人生の思い出として、ほんのわずかな一瞬ですが、一緒にハイキングをしていただき ありがとうございました!】


ヤムナスカ・ガイド板倉 由浩 (いたくら よしひろ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-09-20 00:09 | 出会いの山旅 | Comments(2)

ロッキーの黄葉も負けてません!!いくぜ黄葉ラーチバレー!

ロッキーの黄葉も負けてません!!いくぜ黄葉ラーチバレー!_d0112928_08483279.jpg
、、微妙な距離感!?笑
臭い?嫌われてる!?
ロッキーの黄葉も負けてません!!いくぜ黄葉ラーチバレー!_d0112928_09022085.jpg
はーい、こんにちは!
皆さまのもとにテンピークスをお届けに参りました。
元デリバリースタッフのヨシです(ヤムナスカガイドの板倉)
下の赤いおじちゃんも糸に繋いで持ってきました~笑

今回は私と絶妙な距離感を演出してくれた、
小野様、高瀬様と黄葉の始まったラーチバレーに行って参りました!
2人はとっても仲が良いのですが、出発までは見ず知らず。
でもロッキーに来ると自然に打ち解けてしまうのです!
これぞロッキーマジック!
さあ行きましょうー!
ロッキーの黄葉も負けてません!!いくぜ黄葉ラーチバレー!_d0112928_08483285.jpg
ラーチバレーは最初にスイッチバックと呼ばれる登りがありますが、
時より木の隙間からモレーンレークが顔をのぞかせてくれるため、
ただ修行のように山を登るのではなく、
景色を楽しみながら徐々に標高を上げることが出来ます。

見る角度によって色が変わったり、
風によって湖の表情が変わったりと、
生き物のような変動を楽しめます。

辛くなってきたら絶妙なタイミングで休憩を入れるので心配ご無用!
楽しくハイキングをすることが出来ますよ!
ロッキーの黄葉も負けてません!!いくぜ黄葉ラーチバレー!_d0112928_08483278.jpg
日本だったら、しめ縄とお賽銭。
そんな景色がたくさんあります!
ロッキーの黄葉も負けてません!!いくぜ黄葉ラーチバレー!_d0112928_08483344.jpg
とある地点を超えると、皆さんお待ちかねの
ラーチ(カラマツ)の黄葉タイムに突入です!
自然と笑みがこぼれちゃいますね!

ここからゴールデンタイム!確変確定です!
ロッキーの黄葉も負けてません!!いくぜ黄葉ラーチバレー!_d0112928_08483327.jpg
カラマツを触ってみると、、、
これも来た人のお楽しみっ!!
ロッキーの黄葉も負けてません!!いくぜ黄葉ラーチバレー!_d0112928_08490700.jpg
良い感じに黄葉が始まっていますよー!!
ロッキーの黄葉も負けてません!!いくぜ黄葉ラーチバレー!_d0112928_08490754.jpg
カラマツの森を抜けると、テンピークスが顔をのぞかせてくれましたー!
はいっ!おにぎりポーズ!?笑
ロッキーの黄葉も負けてません!!いくぜ黄葉ラーチバレー!_d0112928_08490755.jpg
そのままテンポよく登っていき、テンピークスの一望できる場所に到着!!
雨予報でしたが、何とか持ちこたえ、絶景の山々を見ることが出来ました。
持ってますねー!

気分は最高潮!!!
少し距離も縮まって、みんなで
はいっロッキー!!
ロッキーの黄葉も負けてません!!いくぜ黄葉ラーチバレー!_d0112928_08490719.jpg
帰りはテンピークスを数えながら、下山します!
目の前に3,000m級の山々と氷河を見ながらなんて、なんと贅沢なことでしょう。
ロッキーの黄葉も負けてません!!いくぜ黄葉ラーチバレー!_d0112928_08490842.jpg
下山後には絶景のモレーンレイクとテンピークスがスペシャルサービスをしてくれました!


小野様、高瀬様

本当にあっという間の一日でしたね。
テンピークスの絶景を見ることが出来、良いハイキングになったと思います!
山についても色々と学ぶことが出来たのではないでしょうか。
是非、日本に戻ってからも山行し、
またロッキーに戻ってきてくださいね!
その時はもうカッパなんて買いませんからね!笑
今後のお守りとして心に刻んでおいてください。

【人生の思い出として、わずかな一瞬ですが、一緒にハイキングをしていただき ありがとうございました!】


ヤムナスカ・ガイド板倉 由浩 (いたくら よしひろ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-09-14 03:44 | 出会いの山旅 | Comments(0)

終日の雨予報が見事に外れる!ラーチバレー&ビッグビーハイブ 二日間の日帰りハイキング。

終日の雨予報が見事に外れる!ラーチバレー&ビッグビーハイブ 二日間の日帰りハイキング。_d0112928_02571964.jpg

 皆さん元気ですか! ヤムナスカ・ガイドの石塚です。今回は福岡さん、吉田さんのとっても素敵なご夫婦二組に囲まれながら、二日間のデイハイキングを楽しんできました。

 天気予報は一週間前から変わらず二日間ともに雨予報.... しかも、なかなかの降水量は予想されていました... が! なんとなんと、当日は予報を見事に覆して雨にも降られず、美しい氷河湖の色彩も楽しむことができました。まさにロッキーマジック!
 
 今回は私の写真だけでなく、福岡さんが持参したGopro7にてグループ写真もたくさん撮影をしていただきました。Airdropで簡単に皆でシェアできるのは本当に便利。皆で一緒に写ると楽しさがぐっと伝わってきますね!

 それでは、旅の様子をご覧ください。

(DAY1) 9月8日 ラーチバレー

 まず初日はラーチバレーへ。言わずと知れたロッキーを代表する超人気コースですが、朝の9:00から始まる車両規制のルールができたことで、ハイカーの数が本当に少なくなりましたね。非常に贅沢なコースになったような気がします。 
終日の雨予報が見事に外れる!ラーチバレー&ビッグビーハイブ 二日間の日帰りハイキング。_d0112928_02531655.jpg
目指すミネスティマ・レイクまでは標高差550m、片道4.5km。
さあ、気合を入れていきましょう!

終日の雨予報が見事に外れる!ラーチバレー&ビッグビーハイブ 二日間の日帰りハイキング。_d0112928_02531666.jpg
ロッキーはベリーシーズン真っ盛り。
グラウスベリーはライチョウの大好物ですが、人間が食べても非常に美味しいベリーの一つ。

終日の雨予報が見事に外れる!ラーチバレー&ビッグビーハイブ 二日間の日帰りハイキング。_d0112928_02532412.jpg
ラーチバレーはラーチ(カラマツ)の黄葉が有名ですね。
黄色はちょうど色づき始めたところで、緑から黄色へのグラデーションを楽しませてくれました。
このペースでいくと見頃は9月20日過ぎでしょう。

終日の雨予報が見事に外れる!ラーチバレー&ビッグビーハイブ 二日間の日帰りハイキング。_d0112928_02532593.jpg
テンピークス山頂はなかなかすっきりと顔を出してくれません。
それでも、岩肌と広大な山脈の景色は十分に迫力がありますね。

終日の雨予報が見事に外れる!ラーチバレー&ビッグビーハイブ 二日間の日帰りハイキング。_d0112928_02532567.jpg
終日の雨予報が見事に外れる!ラーチバレー&ビッグビーハイブ 二日間の日帰りハイキング。_d0112928_02532576.jpg
景色を楽しみながら思い思いにランチタイムを満喫。
気温は10度ほどでしたが、しっかりと防寒対策をしていれば心配はいりません。


終日の雨予報が見事に外れる!ラーチバレー&ビッグビーハイブ 二日間の日帰りハイキング。_d0112928_02533074.jpg
これぞモレーンレイクの青!

ラーチバレーでは雲に隠れていたテンピークスの山並みですが、
下山時はついに全容が現れ、周囲も明るくなったことで、湖も素晴らしい色彩を楽しませてくれました!

終日の雨予報が見事に外れる!ラーチバレー&ビッグビーハイブ 二日間の日帰りハイキング。_d0112928_02571921.jpg
Goproはやはり良いですね。
超広角レンズは広大なロッキーでの撮影にベストなカメラの一つと言えるでしょう。


(DAY2) 9月9日 ビッグビーハイブ

二日目も終日雨の予報だったのにも関わらず、なんと全く雨なし!
終日の雨予報が見事に外れる!ラーチバレー&ビッグビーハイブ 二日間の日帰りハイキング。_d0112928_02533089.jpg
この日のレイクルイーズのエリアは熊警報(Bear Warnings)が出ていました。
全員で熊ポーズを決めて出発!

終日の雨予報が見事に外れる!ラーチバレー&ビッグビーハイブ 二日間の日帰りハイキング。_d0112928_02533022.jpg
ミラーレイクより目指すべきビッグビーハイブ山頂を望む。
山頂到達の期待が膨らみます。

終日の雨予報が見事に外れる!ラーチバレー&ビッグビーハイブ 二日間の日帰りハイキング。_d0112928_02533092.jpg
秋色が映り込むレイクアグネスの湖面。
まるで印象派の絵画のようですね。
黄葉はラーチバレーよりも少し進んでいる感じでした。

終日の雨予報が見事に外れる!ラーチバレー&ビッグビーハイブ 二日間の日帰りハイキング。_d0112928_02533103.jpg
レイクアグネス対岸の岩場では、たくさんのピカ(ナキウサギ)が迎えてくれました。
ピカたちは冬眠に備えて草を集め、チョコマカと動き回る姿を楽しませてくれましたが、
動きが速すぎて写真に撮ることはできず..... 残念!

終日の雨予報が見事に外れる!ラーチバレー&ビッグビーハイブ 二日間の日帰りハイキング。_d0112928_02531639.jpg
ビッグビーハイブまでの最後のスイッチバックを登ります。
標高の高いところから湖面を見ると、さらに青が濃く見えるのです。
良い写真ですねー。

さあ、いよいよビッグビーハイブ山頂到着!

が、なんと周囲はガスがかかり、ホワイトアウト状態でした。

ランチを取りながらガスが晴れるのを待ちます。


終日の雨予報が見事に外れる!ラーチバレー&ビッグビーハイブ 二日間の日帰りハイキング。_d0112928_02533685.jpg
出た!
やりました!

20分ほど待ったでしょうか。
一気にガスが上がり出し、待望のレイクルイーズ湖面を遥か高みから望むことができました。
達成感を感じる瞬間です。

終日の雨予報が見事に外れる!ラーチバレー&ビッグビーハイブ 二日間の日帰りハイキング。_d0112928_02531627.jpg

最後に全員でクライマックスの瞬間を記念撮影!
この時は盛り上がりましたね。

悪天候の予報を見事に覆した、素晴らしい二日間でした。
福岡さんご夫妻、吉田さんご夫妻。

持ってますね!

この度はヤムナスカのツアーにご参加いただきまして、ありがとうざいました。
残りのカナダ旅行も素晴らしい旅になることを祈っています。
再びカナダに来られる時は、ぜひお声をおかけください。お待ちしています!


ヤムナスカ・ガイド石塚 体一(いしづか たいち)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-09-08 07:09 | 出会いの山旅 | Comments(0)

世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル

世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_14480343.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの川嶋です。今回は日本人のお客様7名、カナダ人のお客様2名、イギリス人(中国出身)のお客様1名をエスプラナーデのツアーにご案内させて頂きました。
エスプラナーデ山脈はカナディアンロッキーの西隣のコロンビア山群に位置しています。今回はこの山脈にある3つの山小屋を北から南まで3泊4日で縦走するというツアーです。
ツアー前の天気予報では初日以外は雨の予報でしたが、無事に縦走する事ができたのでしょうか? それでは早速写真と共にツアーを見て行きましょう!
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_14510543.jpg
初日は天気予報通り快晴!ゴールデンの町の先にあるヘリパッドからエスプラナーデ山脈のビスタ小屋へ。ヘリで約10分で到着です。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_14515230.jpg
山小屋滞在中、今日が一番天気が良いと言う予報が出ていたのでビスタ小屋(2150m)に着くなり早速ベアリングポイント(2530m)のピークを目指しました。天気の良い中無事に登頂!ここからの景色は素晴らしく東にはカナディアンロッキー、西にはコメディー氷河やアイコノクラスト山を眺める事ができました。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_14521931.jpg
早速の尾根歩き
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_14552832.jpg
奥にはビスタピークも見えます。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_14555773.jpg
ビスタ小屋と手前のティールレイク。湖の色がとても綺麗です。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_14562467.jpg
帰りはオフトレイルで道無き道を自由に歩きます。本当に貴重で贅沢な体験ですね。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_14564490.jpg
この広大な山脈に私たちだけしかいないって素晴らしい!
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_14570560.jpg
おっとこれは珍しい!ヨコヤマ・リンドウ君です。
この絶妙な燻んだ青色をした高山植物は中々他では見る事ができません。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_14572429.jpg
ビスタレイクのサンセット。とてもグラデーションが綺麗でした。夜9時頃撮影。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_14575298.jpg
ワタスゲも咲いています。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_14591551.jpg
2日目は天気予報が変わり雨から曇りへ。
これは本当にラッキーでした!この日はビスタ小屋からメドウ小屋までの縦走です。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_14593471.jpg
途中、エレクトリックブルーレイクで休憩中。とてもエキセントリックな名前の湖ですね。
バンクーバーからお越しのカナダ人ご夫妻はとても仲が良く、この湖をとても気に入っていました。
奥様はなんとこの湖に水着でダイブイン!さすがカナディアンですね!
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_15005666.jpg
もう一人のガイド、タイラーが湖畔をご案内。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_15011820.jpg
インディアンペイントブラシも最盛期でした。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_15055323.jpg
こんなお花畑を見るとつい笑顔になってしまいますね:)

世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_15043011.jpg
中国出身のイギリス人Hongさんはとても明るいチャーミングな方でした。
お一人参加でしたが、すぐに皆様とも打ち解けツアー中笑顔が絶えませんでした:)
ツアー中どんどん日本語が上手になりみんなびっくり!
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_15074954.jpg
男性陣も女性陣に勧められお花の前でハイポーズ。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_15100275.jpg
マーモッちゃん発見!
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_15102233.jpg
メドウ小屋までのオフトレイル。奥には次の日に登頂予定のカポーラ山が見えます。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_15261454.jpg
水汲み隊長(私)頑張ります!
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_15105440.jpg
3日目も雨の予報が少しずれ込んで、まずまずの天気。
これならばカポーラ山も登れるかもと期待が膨らみます。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_15111541.jpg
カポーラ山の稜線を歩く。次第に霧が濃くなって来ました。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_15113384.jpg
ガレ場も慎重に歩く。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_15114732.jpg
無事にカポーラ山(2632m)登頂!おめでとうございます!
登頂後少ししたら雨が降って来たので、本当に良いタイミングで登る事ができました。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_15122305.jpg
最後の小屋サンライズ小屋へ。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_15125292.jpg
小屋でのくつろぎの時間。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_15133150.jpg
シェフのメルは料理が本当に上手で皆様にもとても好評でした。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_15135199.jpg
小屋での最後の晩餐。山小屋縦走&カポーラ山登頂に乾杯!!
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_15141720.jpg
浜田さんのサプライズバースデイケーキ。お誕生日おめでとうございます!
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_15143683.jpg
カナダ流にお誕生日の人が皆にケーキを切り分けてくれました。
世界一美しい尾根歩き エスプラナーデ・トラック縦走の旅 インターナショナル_d0112928_15150136.jpg
ツアー前は天候が心配でしたが、実際は雨に降られたのは少しだけで無事に皆様と一緒に3つの山小屋を縦走する事ができました。本当に国際色豊かなメンバーで山を通じて文化交流ができたのはとても貴重な体験になりました。皆様にとっても楽しい思い出になって頂けたら幸いです。是非またカナダの山行にお越しください!この度はありがとうございました。


ヤムナスカ・ガイド川嶋 亮(かわしま りょう)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-08-18 01:30 | 出会いの山旅 | Comments(0)

レイクルイーズを一望。フェアビューマウンテン登頂ハイキング!

レイクルイーズを一望。フェアビューマウンテン登頂ハイキング!_d0112928_10081384.jpg
行くぜ、フェアビュー。
レイクルイーズを一望。フェアビューマウンテン登頂ハイキング!_d0112928_10081100.jpg
毎度おおきに!
今回の担当は、皆さんおなじみ、
テンピークスハンター改め、フェアビューハンターよし(ヤムナスカガイド板倉)です。

最近、日本はずいぶんとお暑いようで、、。
このシーズンは消防の出動件数も一番多くなる時期なのです。

そんな時は、もう蒸し暑い日本から飛び出て、
涼しく!湿気もない!ロッキーに遊びに来ちゃいましょー!!!

ヤムナスカでハイキングツアーを経験したお客さんからは、
「ロッキーは歩いていても疲れないね」
「汗がべたべたしない」
「ガイドさんが最高だからかしら!」
などと言われます。

ずばりその通りです!笑

ロッキーは乾燥しているため、汗はべたつかず、
とても涼しい環境のため、ハイキングをするには最適な場所です!
ガイドも色々な過去を持つ、個性豊かな人が在籍しているので楽しいこと間違いなし!

さあ、少しでも興味を持った皆さん。
まずはヤムナスカに相談です!
ベテランのスタッフがお客様一人一人に合わせ、最高のハイキングを提供します!



さて、本題に入ります。

今回は、以前カナダに住んでいた川澄様と
フェアビューマウンテンへプライベートハイキングに行って参りました!

久しぶりのロッキー。
道中、車内から見る山々も雪がかぶり圧巻!
高速道路わきで食事中のグリズリーにも遭遇。
幸先良いスタートです!

今回は、どんなドラマが待っているのでしょうか。
レイクルイーズを一望。フェアビューマウンテン登頂ハイキング!_d0112928_10081205.jpg
標高が高いため、登り始めるとすぐにたくさんの高山植物が出てきます!
ロッキーは景観も素晴らしいですが、足元にも素敵な世界が広がっているんです!
レイクルイーズを一望。フェアビューマウンテン登頂ハイキング!_d0112928_10081285.jpg
ザ・健脚。
今回はプライベートのため歩き方もアレンジできます。
登っている感を味わう川澄さん。
コースタイムより1時間も早く進んでいきます。
さて、後半体力は持つのでしょうか、、。
レイクルイーズを一望。フェアビューマウンテン登頂ハイキング!_d0112928_10144078.jpg
、、、。
ついに様子がおかしくなってきたため、
スーパーエナジードリンクを投入!
レイクルイーズを一望。フェアビューマウンテン登頂ハイキング!_d0112928_10144127.jpg
シャキッーーーーン!!!

元気に回復した川澄さん。
天候も味方し、ここからテッペン目指し、最後のひと踏ん張り!
レイクルイーズを一望。フェアビューマウンテン登頂ハイキング!_d0112928_10144147.jpg
やったーーーーーー!!!
ついに山頂に到着です!
目の前にはビクトリア、レフロイ氷河がお出迎え。
レイクルイーズを一望。フェアビューマウンテン登頂ハイキング!_d0112928_10144182.jpg
記念にイェーイ!!
今日が誕生日であった川澄さん!
サプライズは、、、
秘密です!
これも来た人のお楽しみ。
レイクルイーズを一望。フェアビューマウンテン登頂ハイキング!_d0112928_10081268.jpg
この景色とレイクルイーズ。
光の差し加減が絶妙に良い!
レイクルイーズを一望。フェアビューマウンテン登頂ハイキング!_d0112928_10081166.jpg
下山も軽快に。
プライベートならではの、最高のハイキングが出来たと思います!
ロッキーへのこだわりや、ひとりで山行をしたい方には
プライベートハイキングをおすすめします!
レイクルイーズを一望。フェアビューマウンテン登頂ハイキング!_d0112928_10185735.jpg
二人そろって終了報告。
インドのお姉さんに写真を撮ってもらい、素敵なハイキングは最高の思い出を作り、幕を閉じました。


川澄様

終始楽しいお話をありがとうございました!
誕生日にロッキーが最高の景色プレゼントしてくれましたね。
川澄さんの最高の笑顔がみることができてうれしかったです!
グリズリーやマーモットなどもお祝いしてくれたと思います。
また近いうちに秋のロッキーを堪能しに戻ってきてくださいね!
プレゼントもありがとうございました!

【人生の思い出として、わずかな一瞬ですが、一緒にハイキングをしていただき ありがとうございました!】


ヤムナスカ・ガイド板倉 由浩 (いたくら よしひろ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-08-18 01:07 | 出会いの山旅 | Comments(0)

見れるかアシニボイン!ゴンドラで行くサンシャインハイキング

見れるかアシニボイン!ゴンドラで行くサンシャインハイキング_d0112928_13341680.jpg
待ってろアシニボイン!!!


皆さんこんにちわ!
ヤムナスカガイドの板倉です。

本日は仲濱様、木村様、河野様とサンシャインメドウハイキングに行ってきました!
早速行きましょう!
見れるかアシニボイン!ゴンドラで行くサンシャインハイキング_d0112928_12054600.jpg
今日は登山口までゴンドラで向かいます!
出発前にハイチーズ!
見れるかアシニボイン!ゴンドラで行くサンシャインハイキング_d0112928_12054616.jpg
約20分ゴンドラに揺られ、着いた先には白銀の世界が待っていました。
見れるかアシニボイン!ゴンドラで行くサンシャインハイキング_d0112928_12054606.jpg
スタンディッシュ展望台でおにぎりタイム。
アシニボインが見えるまで粘ります!!
見れるかアシニボイン!ゴンドラで行くサンシャインハイキング_d0112928_12054680.jpg
厚い雲がかかっていたため、一時離脱。ラリックスレイクへ。
ここで湖をみながらまったりタイム。
のんびーり過ごすハイキングもいいですね~。
見れるかアシニボイン!ゴンドラで行くサンシャインハイキング_d0112928_12054569.jpg
もう一度アシニボインの展望を目指して、スタンディッシュ展望台へ。
見れるかアシニボイン!ゴンドラで行くサンシャインハイキング_d0112928_12054591.jpg
雪だるまとアネモネのコントラストは、いかにもロッキーらしいですね。
見れるかアシニボイン!ゴンドラで行くサンシャインハイキング_d0112928_12054544.jpg
再度、展望台に戻ってきました。
ロッキーの雪山をバックに、仲濱家の自家製コーヒー!
このコーヒーは最っ高においしかったです!
絶景を見ながらのコーヒーは贅沢の極みです。
本当にごちそうさまです!!
見れるかアシニボイン!ゴンドラで行くサンシャインハイキング_d0112928_12060797.jpg
アシニボインが見れるまで、時間が許す限り、最後まで粘ります。
見れるかアシニボイン!ゴンドラで行くサンシャインハイキング_d0112928_12054502.jpg
ロッキーの天候は難しいですね。
今回はアシニボインが70%しか見れなかったため、
120%完成形イタニボインを差し上げました!
いらねーーーー!笑

またいつかアシニボインの全貌を見に戻ってきましょう!

見れるかアシニボイン!ゴンドラで行くサンシャインハイキング_d0112928_12060708.jpg
最後は雪山を見ながらリフトに揺られ、帰路につきました。


仲濱様

今回はアシニボインの全貌こそは見れなかったですが、
雪化粧のロッキーを見ることが出来、良い山行になったかと思います。
ロッキーには、まだまだ良いところがあるので、次は国際免許をもって、
ロッキーに戻ってきてくださいね!
カンタくんがロッキーのガイドになることを心からお待ちしています。

木村様、河野様

木村様は4日間、河野様は1日間ですが楽しい時間をありがとうございました。
色々と専門的なお話を聞くことが出来、とても勉強になりました。
お二人はまだカナダ国内にいるので、是非ロッキーに戻ってきてくださいね!
ヤムナスカスタッフ一同、心よりお待ちしております!


【人生の思い出として、わずかな一瞬ですが、一緒にハイキングをしていただき ありがとうございました!】


ヤムナスカ・ガイド板倉 由浩 (いたくら よしひろ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-08-17 14:35 | 出会いの山旅 | Comments(0)