カテゴリ:グループの山旅( 25 )

京都洛中勤労者山岳会10名様 カナディアンロッキー山行編 1/4

d0112928_712398.jpg


 ガイドの石塚です。今回は京都からお越しの「京都洛中勤労者山岳会」メンバー10名様をご案内させて頂きました。京都洛中勤労者山岳会は会員数70名を越え、あと3年で50周年を迎えるほどの大変に歴史のある山岳会です。今回ご案内させていただいた10名様の旅程は、カナディアンロッキーだけでなく、なんとユーコン準州まで足を伸ばす、完全オーダーメイドツアーの9日間なのです!
 ユーコン編はガイドの堀口が担当しましたので、後日別途アップされる予定ですので、私の方は前半戦のロッキー編をご紹介させて頂きます。ロッキー編の行程は、ロッキーで今、最も注目されている山小屋の一つである「ミスタヤ・ロッジ」に3泊し、その後に日帰りハイキングを一日行う山三昧の毎日! 連日好天に恵まれた素晴らしいツアーでしたので、全4回に分けてたくさんの写真をアップしました。
 まずはミスタヤ・ロッジでの魅力的なロッジ・ライフをご紹介します!


d0112928_784231.jpg
ロッジはヘリで入山! ロッジへは歩いて入ることができないため、ロッジだけでなく周辺の山域全体が、ロッジ滞在者だけの完全プライベート・エリアとなります。

d0112928_7105825.jpg
ロッジは最大で14名ほどしか宿泊できないのですが、今回は私も入れて11名であり、ラッキーにも完全貸し切り状態でした。

d0112928_711550.jpg
ロッジの魅力の一つはやはり食事! ハイキング後は毎日変わる手作り軽食と、ティータイムが待っています。

d0112928_7105035.jpg
この日の朝食手作りのスコーン。

d0112928_7122960.jpg
こちらはチーズ入り卵焼き。

d0112928_7121532.jpg
今晩のメニューは何だろう? 毎日の楽しみですね。

d0112928_7122222.jpg
夜はローストビーフなどのクラシックなカナディアン料理から、インド風チキンカレー、サーモン料理などバラエティーゆたか。

d0112928_71276.jpg
もちろん毎日サラダもあります。カナダの山小屋では、生野菜がたくさん出るのがいいですね。

d0112928_711277.jpg
ロッジ裏にある野菜栽培用の小屋。

d0112928_7113267.jpg
ロッジ・オーナーのデイブ自らその日に使う野菜を収穫します。ファミリービジネスならではですね。

d0112928_7114134.jpg
レタス、人参、ほうれん草などを作っていますが、個人的にはレタスが絶品ですね。

d0112928_7111573.jpg
ロッジ周辺はまさに絶景! 巨大な氷河を抱いたマウント・ベイカーなどの名峰に囲まれた、最高のロケーションです。

d0112928_7115720.jpg
窓から見える景色を描くのが流行っていました! 皆さん絵が上手なんですよね。

d0112928_7115093.jpg
大自然に抱かれた最高のロケーション、ファミリー経営ならではの温かみのあるサービス。本当に素晴らしいロッジです。


では、次は山行編のその2をご覧下さい。
http://ymtours.exblog.jp/19618553/


by ymtours | 2013-08-29 07:31 | グループの山旅 | Comments(0)

千山会 様 カナディアンロッキー縦断 いいとこどりハイキング9日間

 ヤムナスカ ガイドの 本山 です。
カナディアンロッキーは、6月の洪水から回復し、いくつかの登山道を除き、ほとんど正常になっております。

本日は、千葉の山岳会様 『千山会』様をヤムナスカガイドがご案内させていただきましたので、ご報告です。

総勢18名様をヤムナスカガイド2名でご案内させていただきました。

その名も 『カナディアンロッキー大縦断いいとこどりハイキング 9日間』

ずっと長い間 オーガナイザーの方には、当社オフィススタッフと山岳会会員の多くの皆様に喜んでいただける行程をメールでやり取りさせていただきました。
本当にありがとうございました。

d0112928_1281265.jpg


18名様ということで、カナダの国立公園の規制、安全性、などをふまえ、ヤムナスカガイドは2名体制でのぞませていただきました。

まずは、レイクルイーズ周辺のラーチバレーへ!
モレインレイクで集合写真
d0112928_1302341.jpg


樹林帯へ、皆様体調もいいようです。
d0112928_131316.jpg


おなじみのヤムナスカ おにぎり弁当も大変好評でした。
d0112928_1313467.jpg


非常にまとまりのあるグループ様で、皆さん仲良し!
常に笑いが絶えません。
d0112928_13229100.jpg


下山はテンピークスを眺めながらのハイキング
d0112928_1331547.jpg


翌日は、プレイン オブ シックス グレイシャーへ
d0112928_1342567.jpg

観光ポイントから見える Mt ヴィクトリアと氷河が目の前にどんどん迫ってきます。

カナディアンロッキーの名峰 Mt ヴィクトリアを眺めながら最高のライチタイムでした。
d0112928_1362940.jpg


縦断ですので、ジャスパーまで北上しました!
ジャスパーでののんびりの3泊、これも特別ツアーならではの行程

移動中は、カナディアンロッキーの名所を訪れながらジャスパーへ、ちょうどいい休養にもなりました。
d0112928_1384011.jpg

ボウレイクでも、集合写真!

朝早く、午後には観光客が多いここも、静かで、湖面は美しい鏡のようでした。
d0112928_1394635.jpg


カナダの風景を満喫、この日の移動は、山、湖、そして氷河・氷原、
私もいろいろと自然に関してのお話をさせていただきました。
d0112928_140496.jpg


マウントロブソン州立公園では、今までと違った植生を堪能、、、、
d0112928_1412059.jpg


大きな木々に囲まれた森です。
d0112928_142831.jpg


ジャスパーのオパールヒルのハイキングでは一面のお花畑!
見事でした。私も初めて見るほどの素晴らしい花々でした。
d0112928_145318.jpg


思わずこぼれ出す笑顔を奇声!大盛り上がりになりました。
d0112928_1454566.jpg


もちろん、ホテル、食事などもヤムナスカですべて取りまとめて準備させていただきました。
おいしい食事と快適な滞在も旅の大きな要素の一つです。
d0112928_155290.jpg


食事も毎回、盛り上がりました!
私共ヤムナスカガイドも食事に同席させていただき、ご旅行中ほとんどずっと時間を共有させていただきます。ディナータイプはビールも会話も弾みます。
d0112928_1561168.jpg


ジャスパーでゆったりと3泊した後は、再びバンフへ南下!
移動中に 最後のハイキングウィルコックスパスへ
d0112928_1491879.jpg


最後に女性陣でジャンプ写真を撮りましたが、、、、、
タイミングがいまいちな様子・・・・・・
d0112928_150493.jpg

あれっ・・・・・・・

人数を多すぎましたかね?
今度は2名でジャンプ!
大成功!
d0112928_1505421.jpg


最後のディナーも もちろん 持ち上がりました。
d0112928_1512837.jpg

男性陣、、、、

女性陣
d0112928_152098.jpg


大盛り上がりのツアーになりました!
団結力のある 千葉の千山会の皆様、是非、カナディアンロッキーをご満喫いただきました。

次回は是非、山小屋ツアーなどご参加ください。

ヤムナスカガイド 本山
by ymtours | 2013-06-28 01:57 | グループの山旅 | Comments(0)

おいらく山岳会 木村様グループ 極北のユーコンとカナディアンロッキーハイキング10日間(ユーコン編)

d0112928_14382931.jpg


こんにちは。ヤムナスカガイドの川嶋です。

この度は「おいらく山岳会」木村様グループを極北のユーコンにご案内させて頂きました。
おいらく山岳会の皆様は前回2006年にもカナディアンロッキーでヤムナスカツアーに参加して頂いており、今回はユーコンにもお越し頂きました。

皆様にとって初めてのユーコン。この未開の地が広がる土地で、日中はツンドラの紅葉ハイキング、夜にはオーロラ観賞と盛りだくさんのツアーをご案内させて頂きました。
日本よりも一足早い秋の装いの中、ユーコンの風を感じて頂けましたでしょうか?
それでは写真と共に今回のツアーをご覧ください!

d0112928_14391059.jpg

△日中はホワイトホース郊外にあるフィッシュレイク・ハイキングへ
 
d0112928_14394933.jpg

△鞍部にて記念撮影

d0112928_14403755.jpg


d0112928_14401827.jpg

△ピークはもうすぐ!

d0112928_14523643.jpg

△頂上!

d0112928_14411082.jpg

△次の日はYukon Wildlife Preserve(自然保護地区)へ、野生動物を見に行きました。上の写真ではMuskox(ジャコウウシ)を観察中。

d0112928_14415783.jpg

△夜には大空に広がるオーロラを見ることができました。
 夜遅くまで粘った甲斐がありましたね! 

d0112928_14422058.jpg


d0112928_14424292.jpg

おいらく山岳会の皆様、この度はヤムナスカツアーにご参加頂きまして、どうもありがとうございました。
カナダにはまだまだ魅力的なハイキングトレイルがありますので、またご案内できる日を楽しみにしております!
                           川嶋 亮
by ymtours | 2011-09-09 15:18 | グループの山旅 | Comments(0)

ウエンズの会 カナディアンロッキー大縦走 山行記録

ウエンズの皆様の記録を紹介します。
初めにこの場を借りて、会との連絡を行って頂いたY様に深くお礼申し上げます。

本来はアミスキーロッジに滞在する予定でした。
6月の長雨が原因で、アミスキー川が氾濫し、川筋が変わり入山できなくなってしまったのです。

ツアーのハイライト部分を大幅に変更し、兼ねてからご案内したかったコースっ!
バンフハイラインコースを縦走してきました。

変更はありましたが、当社のツアーは緻密な計画のものとで練られております。
日本から来られてすぐに、長い距離は歩かず、徐々に体を慣らしていきます。

初日のターミガンサークでは雷雨から逃れて、ぎりぎりセーフ。
黒い積乱雲を見て、急に下山を決意して急がしてしまいましたね。
Day2はラーチバレーにあるミネスティマレイクへ。
d0112928_12135328.jpg


Day3はタカカウ滝からアイスラインとヨーホーレイク経由にてエメラルドレイクまで。
d0112928_12163010.jpg


体調の整ったDay4からはバンフ国立公園の核心部縦走です。
サンシャインスキー場の駐車場から歩き始めます。
最初の3時間は快適な樹林帯を歩きます。
メドウに出るとお花畑が我々を待ってました。
花を見ながら特製チャイティを飲む。元気が出ましたね。
d0112928_12231297.jpg


絶景のヒーリーパスを通り抜け、エジプトレイクへ。
ここには完全予約制の無人シェルターがあります。
今夜はここで一泊。
食料を運んでくれた、横堀ガイドがおいしいスナックを用意してくれました。
d0112928_1226196.jpg


KさんとTさんがザックに忍ばせていた焼酎、スコッチ、ニッカ角瓶
(なんとガラス瓶!)を取り出した。
重いのにここまで持ってこられるとは...
もちろんご馳走になりました。
d0112928_12522419.jpg


今年晴れてカナダのガイド試験に合格した横堀勇です。
いろんな経験をしながら、ロッキーへたどり着きました。
自称、料理人(自信があるそうです。)
夕食はヤムナスカ特性チラシ寿司を作ってくれました。
d0112928_1255033.jpg


出来上がりはこんな感じ。
このあとに白玉団子とあんみつのデザート!
(かぶりついたので写真は無し、企業秘密です。)
d0112928_12553633.jpg


朝食はリンゴの入ったホットケーキ。
もちろんメープルシロップで食べます。
d0112928_1257762.jpg


翌日はシャドウレイクへ。
このあたりではもっとも人気のあるウイスリングパス登ります。
みなさん、前日の疲れは取れましたか?
寝袋とキャンプマットは横堀が持って帰るので、今日からは軽身です。
小さなザックでロッキーの懐深いバックカントリーを大縦走します。
d0112928_1304130.jpg


ウイスリングパス近くは8月と言えど、残雪がありました。
後ろを見ると、昨日歩いてきたヒーリー方面が見えます。
果たして、いさむ君は寝袋6個とマット6枚、調理器具から食器まで
無事にザックに入ったであろうか?
実は誰も心配はしてません!
それよりこの大絶景を楽しみましょう。
d0112928_1351296.jpg


d0112928_1321956.jpg


ヤムナスカの縦走ツアーでは、お昼も力の出る米です。
今回は特製の海苔弁当を作りました。
d0112928_1318944.jpg


着きました!
7時間の行程を無事にこなし、シャドウレイクロッジへ。
d0112928_1322268.jpg


昨晩の寝袋から、今夜は羽毛布団です。
ベッドも大きい!この部屋なら4人は寝れるけど、
贅沢に二人一部屋で使います。
d0112928_13241966.jpg


3時から始まるティタイム。
手作りクッキーやケーキが賑わいます。
d0112928_1325415.jpg


翌日は洗面用具や着替えをロッジに置いて、
ギボンパス経由でシャドウピークへ。
d0112928_1327774.jpg


尾根の途中に珍しいアルパインポピーがまだ最後の一輪を咲かしてました。
d0112928_1328227.jpg


頂上までは力を振り絞ったけど、
それに見合う素晴らしい眺めが待ってました。
d0112928_13295761.jpg


今夜はロッジで打ち上げです。
ワインやビールで盛り上がりました。
d0112928_13311767.jpg


ロッジのオーナーアリソンが料理したサーモンは絶品です。
このロッジを96年から利用していますが、
アリソンはその頃から変わらないおもてなしをします。
ひそかに感謝です。
d0112928_13342760.jpg

d0112928_13344896.jpg

d0112928_13351363.jpg


シャドウレイクロッジの朝は、
目の前にあるMTボールの朝焼けから始まります。
6時から写真好きのKさん、Tさん、Yさんと日の入りを待つ。
d0112928_13375456.jpg


名残惜しいロッジとのお別れ日。
アリソン、娘のモーガンたちと記念撮影。
d0112928_13392010.jpg


Yさんは2回目のシャドウレイクロッジ滞在でした。
いかがでしたか?
ちょっぴり疲労感のある大縦走でしたが、
これからじわじわと感動の高まる、素晴らしい山行記録だと思います。

ヤムナスカでしかできないエジプトからシャドウの縦走ツアー!
楽しんで頂けたと思います。
まだまだ良い場所がありますヨ。
またのお越しをお待ちしております。
by ymtours | 2010-07-28 13:05 | グループの山旅 | Comments(7)

かがりび山の会15周年記念カナディアンロッキーツアー8日間

 ヤムナスカガイドの石塚です。今回は千葉県柏市からお越しの「かがりび山の会」のご一行様を、カナディアンロッキーの魅力満載のルートへご案内させて頂きました。かがりび山の会様はなんと設立15周年なのです!
 ロッキーで大人気のバックカントリーロッジである「シャドウレイクロッジ」滞在、その後はコロンビア大氷原とその周辺の氷河展望ハイキング。そしてクライマックスは標高差1000mのFairview Mountain登頂! 
 全体的に天気にも恵まれ、たくさんの高山植物との出会いもありました。そして何よりもも素晴らしかったのは「かがりび山の会」のメンバーの方々。本当に楽しいメンバーで、ガイドとしてもとても充実した最高の8日間でした!
 かがりび山の会の皆様,改めまして今回はヤムナスカのツアーご参加頂きまして、誠に有難うございました。今回のグループ・リーダーであった木村さん、副リーダーの山本さん(そして、なにより山本尚徳会長の存在が、大きいと感じました!)、本当にありがとうございました。また、とても仲の良い花村ご夫妻、お花に詳しい関口さん、実は隠れたムードメーカー高野さん、山経験の抱負な佐藤さん。楽しいツアーを有難うございました。
 また、ロッキーの山をご案内できる日を楽しみにしております。(実は次はユーコン??)
 少しですが写真をアップロードしましたので、ご覧ください!
d0112928_12595988.jpg
人気のシャドウレイク・ロッジを満喫!
d0112928_1301347.jpg
Gibbon Passルートではカタクリ(Glacier Liliy)が満開でした。
d0112928_130261.jpg
雨上がり。花弁の中に雨露を蓄えるウエスタン・アネモネ。
d0112928_1304428.jpg
Gibbon Peakへ登頂!最高の展望でした。
d0112928_1305975.jpg
早朝のシャドウレイクで撮影。Mt.Bowlもくっきり!
d0112928_1311365.jpg
Parker Ridgeへの登山道。
d0112928_1313371.jpg
サスカチュワン氷河の大展望!
d0112928_1314623.jpg
パーカリジ・トレイル沿いにはモスキャンピオンが満開!
d0112928_1322865.jpg
ラーチバレーハイキングへ出発。この日のモレーンレイクは最高でした。
d0112928_1324156.jpg
ラーチバレーでおにぎり弁当の昼食!大パノラマの中の最高のランチライム。
d0112928_1325365.jpg
食後はセンチネルパスをバックにヨガ〜〜
d0112928_133351.jpg
最終日はFairview Mountain登頂を目指しました!
d0112928_1331584.jpg
全員でFairview登頂!かがりび山の会の会旗も素晴らしい!
d0112928_1332765.jpg
山頂では会長の山本さんが抹茶をたて、全員で堪能させていただきました!
d0112928_1334164.jpg
この抹茶は本当に美味しい!Fairview山頂での抹茶はガイド人生で初めてのことですよ!
by ymtours | 2010-07-03 18:13 | グループの山旅 | Comments(4)