カテゴリ:ふたりの山旅( 43 )

秋のレイク オハラハイキング!マッカーサーレイク 津田様


d0112928_12034992.jpg
もう秋だぁー!
ヤムナスカ ガイド 本山 です。
本日は、津田様ご夫妻を ロッキーの聖地 レイクオハラへご案内させていただきました。

d0112928_12051276.jpg
レイクオハラといえば、バス入山で、人数制限があることで有名。
近年、賑わいを見せるカナディアンロッキーでも静かに歩ける聖地です。

d0112928_12062295.jpg
まずは、レイクオハラで記念撮影。

本日はレイクマッカーサーへご案内させていただきました。

d0112928_12071336.jpg
登山道はところどころこんな感じ・・・
しかししかし、9月のカナディアンロッキーは、時により本当に寒くなりますよ!

日本からお越しになると、なかなか寒いことなんで想像がしにくいと思いますが、、、、
この日の気温
朝:-1度
日中:5度程度
ということで、

標高2000mに位置するレイクオハラは、寒くなるんです・・・・
ヤムナスカでは、お越しになられる前に必ず「装備表」をお送りいたしますが、皆様、しっかりご準備くださいね!
d0112928_12343379.jpg
9月だから、そんなに寒くないでしょうー?いやいや、やはり準備は必要です。
秋のカナディアンロッキーの服装、装備
これは私のものですが、
・ゴアテックスジャケット(または雨具)
非常に冷たいみぞれ雪などでもしのげるものが理想的です。冷たい風をブロックしてくれる役目もあります。
・ダウンジャケット
信じられないかもしれませんが、9月でも普通にこれが必要なんです。
・厚手のフリース
さらに寒くなったときなどに中間着として必要です。
・ニット帽子
冬しか必要じゃないなんてことはなく、こちらも必須です。
・ゲイター、またはスパッツ
ぬかるみや、新雪があった場合、靴や、ズボンをドライに保っておく重要アイテムです。
・手袋
薄手のものだけではなく厚手のものもあってもいいですよ。
・ネックウォーマー
こちらもあると重宝しますよー

津田様、ご夫妻は準備ばっちりでした!

d0112928_12150907.jpg
ウェスタン アネモネが、綿毛になり、秋のらしい長い影を作って、なかなか美しかったです。

d0112928_12161264.jpg
標高を上げていくと、カラマツの黄葉がちょうどいいタイミングで、美しく黄色に輝いていました。

d0112928_12170031.jpg
これは撮影したくなりますよねぇー。
d0112928_12181473.jpg
登りの岩がある場所もお二人はまったく問題なし!余裕です。
d0112928_12190313.jpg
登りでも雪が一面のトレイルもありましたが、ヤムナスカガイドが安全にご案内いたします!
d0112928_12194564.jpg
レイクマッカーサーに到着!朝の気温からは想像できなかった、陽だまり系の暖かさ・・・・早速ランチです。
d0112928_12205274.jpg
この日は、いつものおにぎりに追加でさらに、お稲荷さんがついてきましたよー、うまし!
d0112928_12224998.jpg

雪が多く、まるで冬のようですが、岩肌に雪が付き、山は一層存在感を増していました。
d0112928_12235257.jpg

お腹が満たされたら下山開始、カラマツの黄葉が楽しみです。
d0112928_12254320.jpg

おっと、その前にもう一回記念撮影!
d0112928_12262206.jpg

雪のハイキングならではの面白さ、、、、動物の足跡が、むむむ、、、これはなんの足跡でしょう。
辺りをよ~く見渡すと、、、、いました!
d0112928_12273449.jpg

雷鳥君・・・・うまく隠れているつもりなのかなぁー、近くによっても逃げません。
まぁー、確かに見つけるのは結構大変でした。

d0112928_12284550.jpg
下山時も雪に覆われる箇所が多く、慎重に下山します。お二人は転ぶこともなく、無事に難所を突破!
d0112928_12295548.jpg
本当に美しいカラマツ林のハイキングと雪化粧した山々
d0112928_12304770.jpg
うっとりの風景
d0112928_12313230.jpg
体力のあるお二人でしたので、ちょっと高台まで足を延ばして、、、
d0112928_12321259.jpg
黄金色の中を歩きます。慎重~!

d0112928_12325611.jpg
本当に黄葉のタイミングはばっちりでした。
ヤムナスカのツアーのご参加いただきまして、本当にありがとうございました。
楽しい一日を私も過ごさせていただきました。

またロッキーに遊びに来てください!


ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2018-09-25 12:40 | ふたりの山旅 | Comments(0)

ホワイトホース 秋の風物詩 フィッシュレイクハイキング

d0112928_03182445.jpg
ヤムナスカ ガイド本山です。
極北の秋は、いつも駆け抜けるように過ぎ去っていきます。

d0112928_03221637.jpg
本日は、これはもう絶対!
秋のホワイトホースの定番ハイキングと言えるフィッシュレイクのハイキングにメキシコからお越しの佐藤様ご夫妻を案内さえていただきました。

このハイキングは決して難しくありません。
写真の右上の尾根にあがり、後は、爽快で、広大な風景の中を尾根歩きで楽しめます。


d0112928_03204295.jpg
この短い秋に最高のタイミングで佐藤様をハイキングにご案内できました。
森林限界は、すでに真っ赤!
d0112928_03240617.jpg

写真がお好きな佐藤様、もうきれいすぎて、撮影に没頭します。
私も撮影好きなので、よ~くお気持ちがわかります。

d0112928_03252379.jpg
もうすぐ尾根です。
この日は、快晴で青空と紅葉のコントラストが本当に素晴らしかったです。
d0112928_03262985.jpg

「北極カバ」
赤のいろどりは、これらの植物によって鮮やかに飾られます。
d0112928_03273770.jpg

「ヤナギラン」
ユーコン準州の州花です。
d0112928_03284447.jpg
こちらは「アルパインブルーベリー」
ちょっとわかりにくいかもしませんが、

d0112928_03293335.jpg
ちょっと積むだけで、こんなに!今年は大量豊作!

d0112928_03304598.jpg
尾根に出ると、これぞ!ユーコンという風景が広がります。


d0112928_03315737.jpg
足取りも軽い佐藤様は、近くの小ピークまで足を延ばしました。

本当に素晴らしい天気と紅葉でしたね。
なかなか狙っても当らない紅葉ですが、お見事ベストタイミングと晴天の中、ご案内させていただきました。

またロッキーやユーコンに遊びに来てください。
この度は誠に有難うございました。

ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2018-09-10 07:26 | ふたりの山旅 | Comments(0)

必ずリベンジしたくなる山歩き ラーチバレー

d0112928_05590018.jpg
毎回読んで下さってる方、初めて読もうとしてくださる方こんにちは!
今回もヤムナスカガイドの西牟田がこのブログでカナディアンロッキーの最新情報をシェアしていきたいと思います。
皆様にはブログを読んで思う事や、もっと知りたい事などございましたらお気軽にコメントをお送りください!
d0112928_05525261.jpg
本日は仲良しY様ご夫妻をお連れしてラーチバレー/センチネルパスに登りました。

山火事の煙の影響でテンピークスの絶景はお預けとなりましたが、初めて歩くカナディアンロッキーは新鮮ですね!
d0112928_05525433.jpg
ある程度上に登ってから山々が全貌を出してくれていた事には嬉しさが倍増しましたね。
d0112928_05525410.jpg
やっと来られた海外のハイキング、嬉しさのあまり食欲全開!
センチネルパスまでの最後の登りの前に早弁してしまいました~
エネルギーをつけて最後まで行っちゃいましょう!!
d0112928_05525523.jpg
これから、写真中央に見える峠を目指します!
d0112928_05553784.jpg
先ほどのおにぎりのエネルギーはここで発揮します🍙
d0112928_05553890.jpg
もう少しです!
さっき私達のいた湖ももうあんな下に見えてます。
d0112928_05581523.jpg
到着しました。残しておいたおにぎりです。笑
d0112928_05581506.jpg
両方の谷を見下ろしながらのランチです。
こういう時はイマジネーションでどんな景色が広がっているか想像してみましょう!
d0112928_05581680.jpg
少しブルースカイが広がってますね。
このような日でもバッチリいい写真が撮れます!
d0112928_05553681.jpg
この黄色の小さなテルテル君。めっちゃ可愛い〜
てるてる坊主がニコッとしてるんです。

北海道へ行ったら必ず買います!!

Y様
カナディアンロッキーの1日目の旅をご一緒させていただきありがとうございました。
ここはまたリベンジしたいですねー!

これから気温はどんどん下がっていきます、8/22のハイキングまでに煙が無くなる事を願いましょう。
テルテル君、頑張って煙に打ち勝って!!

ではまた次のハイキングで!


ヤムナスカ・ガイド西牟田 春陽 (にしむた はるひ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2018-08-21 19:27 | ふたりの山旅 | Comments(0)

山岳救助の一部始終を見た ラーチバレー

d0112928_03120630.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの西牟田です。
本日は人気のあるラーチバレーハイキングに大木様ご夫婦をお連れしました。
山火事の影響で霞がかった景色が広っていますが、
山ではなかなか見る事のできない山岳救助の一部始終を見る事ができたツアーになりました。
写真を混じれつつ何が起こったかをお見せします。
d0112928_03093228.jpg
ある程度登った場所にテンピークスが見渡せるスポットがあり、シルエットを見ることができました!
d0112928_03093356.jpg
d0112928_03120630.jpg
煙の中でモノクロの世界かと思いきや、カラフルなお花畑が出迎えてくれました!
フラワーウォーキングを楽しむ事ができました!
d0112928_03153666.jpg
目的地のミネスティマレイクスに到着すると…
d0112928_03153714.jpg
d0112928_03153768.jpg
なんと、ラーチバレーにそびえ立つマウントテンプルで滑落事故があり、救助隊がヘリコプターでやってきました。
マウントテンプルに登頂途中の男性が滑落し、足を骨折。自力で下山できないためヘリ救助を呼んだそうです。
d0112928_03180718.jpg
この絶壁と絶壁との間の溝の部分でヘリ救助を待つ男性…
d0112928_03180608.jpg
ヘリはこの急斜面には降り立つ事ができない為、一旦救助隊をヘリコプターが男性の近くまで降ろし、
再び平らな所に戻ってワイヤーで男性を吊り下げる作業となりました。

d0112928_03135074.jpg
d0112928_03153862.jpg
d0112928_03180898.jpg
私達はこの一部始終を休憩をしながらじっくりと見る事ができました。

事故が起きた時、最初に駆けつけたハイカーが救護処置が出来る方で、その場で処置をしたそうです。

その方とも下山時に話す事が出来ました。
怪我人はしっかりとした山のギアの準備が無く、トレイルから外れた所を登っていたそうだです。

安全の為にも、事前に山の情報を調べて、知識、技術を大切さを改めて知る事が出来ました。

山は楽しくも常に危険との隣り合わせです。
このような事故を目の当たりにして再び身を引き締めて行こうと思った瞬間になりました。
d0112928_03180819.jpg
最後に私達もテンピークスと同様シルエットで旅の思い出を飾りました!

大木様
本日は山旅3日目ご一緒できて素晴らしい経験となりましたね。
翌日の最終日が旅のフィナーレです。
最後まで安全かつ楽しんで行きましょう!


ヤムナスカ・ガイド西牟田 春陽 (にしむた はるひ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2018-08-15 03:53 | ふたりの山旅 | Comments(0)

気軽に行ける絶景ハイキング ターミガンサーク

d0112928_11115687.jpg
皆さん、こんにちは。
ヤムナスカ・ガイドの水野です。

本日は、岡田様親子2名をご案内させて頂きました。
山火事の影響による霞もなく、快晴で、私も驚きの青空でした。

お二人の晴れ女ぶりが見れましたね!
ありがとうございます。


このターミガンサークの見どころは、気軽に高山植物や小動物が見れるところです。
駐車場出てすぐですが、もうすでに標高2100m!

気軽に絶景が楽しめるハイキングルートが、まさにターミガンサークです。
目的地の展望地まで、距離が短いので、誰でも楽しく景色を楽しみにながら歩けますね。

では、出発しましょう!

d0112928_11144776.jpg

駐車場から早1分。
ピーピーと鳴き声が聞こえます。

何でしょうか??
d0112928_11323086.jpg
地リスでした!
辺りを見渡せば、リスが頭をひょっこりだして、ピーピー鳴いています。
ここは、地リスの楽園でした。

岡田さん親子は地リスが大好きで、いきなりの歓迎ぶりにとても感動しておりました。
d0112928_11152525.jpg
今の時期はヤナギランが咲き乱れています。
ぜひ、この絶景を見に来てください。

d0112928_11154565.jpg
ここは、ウエスタンアネモネの大規模群生地です。
今は綿毛になっていますが、この景色もロッキーらしい景色ですね。
d0112928_11160212.jpg
青空とのコントラストは絶妙です!
ヤナギランと白い石灰岩の山、そして、快晴。

この時期になかなか見れない組み合わせにとても大満足されていました。

d0112928_11170743.jpg
小さな滝が流れていました。
この水はどこから来るのでしょうか。

辺りには、氷河もないし、雨も降っていないです。
とにかく、
ロッキーは水が至る所から、水が湧きだして、水には困らないですね。
d0112928_11175220.jpg
第2関門の急な砂利道。
あともう少しです。頑張りましょう!

ここを過ぎれば、ランチタイムです。

d0112928_11113251.jpg
無事、ポイントに到着です!
ほんとに仲いいですね。
うらやましいです。

絶景と共に美人親子の2ショットです。
d0112928_11174024.jpg
おいしいヤムナスカ特別手配のおにぎりを食べていると・・・・・

地リスがぴょっこり!
おにぎりはあげられません!
d0112928_11191623.jpg
名残惜しいですが、降りていきます。
またしても何か発見ですか?
d0112928_11210391.jpg
「ピカ」発見!
かわいい鳴き声が特徴で、一度見たら虜になること間違いなしのかわいい小動物です。


今回は、かわいい小動物特集になりました。
岡田親子も気軽なハイキングで、かわいい動物も見れたので、本当に楽しかった!
とコメントをいただきました。

これだから、ロッキーはすごいですね。
今回は、ヤムナスカデイハイクツアーにご参加頂き、大変ありがとうございました。

日本では見れない絶景が、目の前に広がり、大変満足されたのではないでしょうか。

私もお二人の笑顔にとても癒されました。
この度はツアーご参加ありがとうございました。

ヤムナスカ・ガイドの水野達也(ミズノタツヤ)
プロフィールはこちら

by ymtours | 2018-08-14 13:50 | ふたりの山旅 | Comments(2)

大絶景のレイクオハラ!キャンプで丸ごと楽しもう!

d0112928_03305740.jpg
えー!ここもレイクオハラなんですか?
そうなんです。ここもレイクオハラのトレイルの一つです!

ガイド、ヒロです。今回は神奈川県からお越しの大西様ご夫妻と一緒に、レイクオハラのキャンプへ行ってきました!テント、寝袋、マット、もちろん食料も全てツアーに含まれていますので、気軽にキャンプ体験が出来る、なんとも贅沢なツアーです!今回は健脚のお二人でしたので、普段は行かないコースへご案内、、、。
d0112928_03370929.jpg
青空が、、、。山火事の影響も無く、とても美しい姿を見せてくれました。
d0112928_05050386.jpg
今日は、一日4グループのみの入山規制がかかる、オダレーハイラインへ向かいました。
d0112928_03390220.jpg
とても気持ちの良い斜度を上がり、展望が広がります。
d0112928_03393370.jpg
マーモットは定番ですね!
d0112928_03400314.jpg
レイクオハラを見下ろしながら更に登っていきます。今日は約500mの標高をあげます。
d0112928_03404839.jpg
南の方角の山々も、すっきりと見れました!
d0112928_03411725.jpg
到着ー!2535mの標高は、レイクオハラのトレイル上で最も高いところですね。展望はそれはもう、言葉では表せません、、、。
d0112928_03424808.jpg
やったー!

d0112928_03430427.jpg
思い切り、自然を体で感じます!
d0112928_03432805.jpg
キャンプ場では定番のヤムナスカチラシ丼です!
d0112928_03440422.jpg
食後は、夕焼けを見に、湖畔まで散策、、、、。言葉を失う美しさ。

d0112928_03444654.jpg
翌日は健脚のお二人でしたので、急登で知られる、Wiwaxy Gapへ向かいます!
d0112928_03454427.jpg
登りからはレイクオハラをいつもと違う角度から見下ろします!

d0112928_03464349.jpg
光が神がかっていました、、、。
d0112928_03471440.jpg
これまで見上げてみていたフーバー山が目前まで迫ります!
d0112928_03475259.jpg
奥にはレイクオエサと、その他の湖が一望できます!
d0112928_03482535.jpg
約2時間であっという間に峠に到着!さすが健脚のお二人は、笑顔が絶えません!

d0112928_03492077.jpg
一息ついた後は、アルパインルートを通って、レイクオエサを目指します!このルート、絶景の連続です、、。
d0112928_03495733.jpg
アルパインルート、と言ったものの、トレイルはしっかり整備され、健脚であれば問題なく歩けますよ。
d0112928_03505798.jpg
迫力満点!
d0112928_03511342.jpg
レイクオエサを見下ろしながらランチタイム。この優越感ったらないですね、、。
d0112928_03520227.jpg
下りはユッタリと湖を巡りながらキャンプ場へ戻りました!最後まで笑顔で、楽しい旅になりました!

念願のレイクオハラ、いかがでしたか?お二人にとって思い出深い旅になったでしょうか?まだまだ秘境が多く残るカナディアンロッキー、また是非お越しください!2日間、本当に楽しい時間でしたね、、、。あっという間に過ぎ去った貴重な時間、これは写真でも、言葉でも伝え切れません。
ここに来て初めて体で感じられるものがここにはありますね。

タカヒロさん、サクラコさん、また絶対に一緒に歩きましょう!そのときを心からお待ちいたしております!



ヤムナスカ・ガイド篠崎 洋昭(しのざき ひろあき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2018-08-13 04:01 | ふたりの山旅 | Comments(2)

3000m級の山々が目の前に見える絶景ハイキング

d0112928_11565104.jpg

皆さんこんにちは。
ヤムナスカ・ガイドの水野です。

今回は、大西様ご夫婦を「ラーチバレー&センチネルパス」へ
ご案内させて頂きました。
d0112928_12022007.jpg
まずは、スイッチバックしながら、樹林帯を抜けていきます。
何か発見でしょうか?

地リスが立って待っていました。
d0112928_11572789.jpg
標高2200mほど上げるとカラマツ(ラーチ)の林を歩いていきます。
秋は黄色に紅葉し、とてもきれいなので、ぜひまたお越しください!

d0112928_11582482.jpg
何か聞こえますね。
地リスの巣がたくさんあります。
みんなで、地リス探し大会です。
d0112928_11583985.jpg
目の前には、エイフェルピーク3,084m、ピナクル山3067mが
ドーンとそびえたっています。
大迫力の山に大西ご夫妻も驚いていました。
d0112928_11591096.jpg
ミネスティマレイクに到着です。
12時前に到着し、余裕のお二人。

いざ、センチネルパスへ向かいましょう!
d0112928_11595417.jpg
センチネルパスへ無事到着です!

岩の上から余裕のガッツポーズ!
仲睦まじいですね。
d0112928_11593534.jpg
我々はこんなところを歩いてきたのですね。
日帰りハイキングでもこれだけの絶景が見れるのがロッキーの良さです。

d0112928_12004571.jpg
無事、登山口に到着です。
お疲れ様でした。

この度は、デイハイクにご参加頂き、ありがとうございました。
お二人はとても仲が良く、とても楽しいハイキングになりました。

オハラキャンプも楽しんでください!
また、来年お会いできることを楽しみにしております。


ヤムナスカ・ガイド 水野達也(ミズノタツヤ)
プロフィールはこちら


by ymtours | 2018-08-10 12:16 | ふたりの山旅 | Comments(2)

レイクオハラ2連泊・アシニボインロッジ・史上最大のリベンジ続編・N様とA様との旅(後半)

d0112928_02150296.jpg
お待たせいたしました!前半戦のアシニボインロッジからの続編です!
今回は、レイクオハラにあるエリザベス・パーカーハットにて2泊の旅です!A様、N様にとって2度目のレイクオハラ。
メジャーなトレイルの完全制覇を狙って再訪問となました!
d0112928_02200203.jpg
かなりの高い確率で目撃できる、ナマケモノ、ではなくマーモットです(笑)
d0112928_02205944.jpg
髭ジイ(アネモネ)の中を歩きます。
d0112928_02212026.jpg
高山植物も、良い感じに咲き乱れていました。足元が明るいですね。
d0112928_02201092.jpg
レイクオエサに到着!前回の訪問時にはレイクマッカーサーでしたので、これで2大名所を制覇!
d0112928_02224259.jpg
ヤナギランも、最盛期を迎えています。
d0112928_02242156.jpg
どこまでも続くお花畑。テンション上がりますね(笑)

d0112928_02255364.jpg
夕食は景色の良い外のベンチで。いやー、絶景ですね、
d0112928_02240030.jpg
カナダ人ハイカーと、音楽で盛り上がります!
とってもいい雰囲気で、滞在者が集まり、歌を歌います、、。最高ですね。
d0112928_02350459.jpg
翌日は、1日4グループしか入れない超レアなトレイルを選びました。オダレー・ハイラインです。
d0112928_02365491.jpg
自己申請制度を導入しており、入山時にグループの詳細を記入。
これが4グループとなるとそれ以上はその日には入れませんので、貸しきり感満載です。

そよ風が気持ちいーーー。
d0112928_02345816.jpg
ここも途中からアルパインルートとなるので、健脚の方にお勧めのルートです。
d0112928_02150296.jpg
最高地点では絶好の眺望でしたね!
d0112928_02260458.jpg
今晩は雨模様なので、小屋の中で盛り上がりました!

d0112928_02241052.jpg
さて、最終日は3大トレイルのオパビンレイクを目指します!
d0112928_02261082.jpg
天候も持ちそうです!
d0112928_02261753.jpg
冷たい風が入ってきましたが、装備がしっかりしていれば何も問題ありません!
d0112928_02314199.jpg
やりました!
レイクオハラ3大トレイル、マッカーサーレイク、レイクオエサ、そしてオパビンレイクを完全制覇!
おめでとうございます!
d0112928_02262710.jpg
最後のひと時を楽しみます。
d0112928_02402914.jpg
もう終わりと思いきや、大展望地へこっそりご案内(笑)
d0112928_02263311.jpg

名残惜しいですが、これで一まずお別れです。

N様、A様、再度お越しいただき、またヤムナスカのガイドサービスをご利用いただき、ありがとうございました!
カナディアンロッキーファンのお二人にとって、これまでとはまた違った山旅となったでしょうか?
また是非ともお二人の思いで作りのお手伝いをさせていただければ幸いです。
弊社スタッフ一同、お二人のお越しをお待ちいたしております!



ヤムナスカ・ガイド篠崎 洋昭(しのざき ひろあき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2018-08-10 02:47 | ふたりの山旅 | Comments(1)

レイクルイーズを上から見れる絶景ハイキング

d0112928_12461610.jpg
皆さん、こんにちは。ヤムナスカ・ガイドの水野です。
今回は、柴田様ご夫婦をリトルビーハイブ&レイクアグネスへご案内させて頂きました。

レイクルイーズを上から見るにはこのポイントが絶好の撮影場所です。
距離にして、4.3㎞くらいなので、比較的行きやすいハイキングルートです。
d0112928_12465847.jpg
登山入り口付近では、乗馬している人がいました。
柴田様も以前やられたそうで、2-3時間程楽しめるそうです。

d0112928_12544771.jpg
樹林帯を2kmほど歩き、突如出てくる湖<ミラーレイク>です。
カップケーキのような形の山で、とても印象的です。
あの上には小屋もあり、ビックビーハイブのルートになっており、歩いて行けます。

d0112928_12561817.jpg
氷河のお目見えです。

d0112928_12565151.jpg
無事、リトルビーハイブ到着です!
シャトウレイクルイーズとレイクルイス全体を撮影するには、ここがおすすめです!
今日は晴れていたので、湖もエメラルドグリーンに輝いていました。
d0112928_13013783.jpg
ご飯を食べていると、地リスが目の前に歩いてきました。
ご飯を欲しそうに待っていますが、心を鬼にしなければなりません。

d0112928_13054224.jpg
レイクアグネスに到着です。
こんなところにきれいな湖と絶壁があり、驚かれていました。
大自然の力は偉大ですね。
d0112928_13055792.jpg
帰りに滝を眺め、写真を撮ります。
強い日差しも和らぎます。
d0112928_13062074.jpg
無事到着!お疲れ様でした!

振り返って驚きです!
思っている以上に高い所まで登っていたのです。
とてもスムーズにハイキング出来、安心しました。
d0112928_13063111.jpg
帰りにバーミリオンレイクまで、ドライブです。
ランドル山、サルファー山、トンネルマウンテンなども一望できるこの場所は、
おすすめの展望スポットです。

柴田様、この度はツアーにご参加頂き、ありがとうございました。
夏、冬のカナダを知り尽くしたリピーターのご夫婦なので、
知ってることばかりだったかもしれませんが、
優しくご対応頂き感謝です。

次は、12月にユーコンですね。
また、お会いできることを楽しみにしております。

ヤムナスカ・ガイドの水野達也(ミズノタツヤ)
プロフィールはこちら


by ymtours | 2018-08-08 05:24 | ふたりの山旅 | Comments(0)

貸し切りの絶景が楽しめるレイクオハラツアー

d0112928_10264981.jpg


こんにちは。ヤムナスカ・ガイドの水野です!
今回はレイクオハラのマッカーサーレイクへ佐藤様ご夫婦をご案内させて頂きました。

レイクオハラは、「秘境」という名が相応しい、プレミアムな場所です。

オハラのパーキングから、レイクオハラまでは、11kmありますが、
この道のりは、バスで行くか、歩きで行くかの2択しかありません。

日帰りとしてハイキングを楽しむ場合、1日にオハラまでのバスは、2便のみ。
この数少ない席数を勝ち取る為には、3か月前からバスの予約をしなければなりません。

しかも、この時期は激戦となっており、スタッフ一丸となり、
複数台の電話を駆使して、やっと繋がるかどうかという、大変価値のあるバスです。

d0112928_10235853.jpg
無事、受付を終え、バスに乗り込みます。
砂利道を20分かけて向かいますが、途中、動物も見れるチャンスがあります。
d0112928_12133393.jpg
バスの中では、パークスカナダの人が、国立公園内でのルールを説明してくれました。
1 トレール上を歩くこと
2 草花を摘まないこと
3 ごみは持ち帰ること
4 動物にエサをあげないこと

これは、最低限のルールですね。
ロッキーでは、どこでもこのルールは順守しましょう!
d0112928_10254404.jpg
さて、出発です。
レイクオハラを後にし、2キロほど登っていくと、開けた場所が出てきました。
d0112928_10252395.jpg
さっそく花畑発見!
インディアンペイトブラシやウメバチソウ、アルパインアーニカなど
高山植物もたくさん見れます!
d0112928_10250958.jpg
今がベストシーズンです!
インディアンペイントブラシが豪快に咲き乱れていました。
d0112928_12182381.jpg
黄色、赤、白、紫など色とりどりの花が咲いていて、圧巻です。
d0112928_10260695.jpg
丘を上がって行くとレイクマッカーサーが見えてきました!
d0112928_10262334.jpg
これがレイクマッカーサーです!
絵になりますね。
目の前に見えるビドルマウンテンと氷河。そして、青い湖。

写真では伝えられないくらい見事な景色に佐藤ご夫婦も感動されておりました。
ここで、40分ほどランチタイムです。
d0112928_10271851.jpg
ライチョウです。
鳴き声を頼りに探したところ、発見!
d0112928_10280370.jpg
行きに写真は撮りましたが、帰りももう一度撮影タイムです。
何度見ても飽きない綺麗な花畑がレイクオハラにはありました。
d0112928_10284142.jpg
名残おしいですが、花畑を後にし、メドウを抜けていきます。

d0112928_10293506.jpg
無事到着!
そして、幸運にもオハラの名物キャロットケーキが!

ここに来たらぜひお試しください!
キャロットがスポンジに練りこまれており、
その上には、クリームチーズ。
甘さと酸味のバランスが相まって、幸せな気分にさせてくれます。
(佐藤様、大変ごちそうさまでした!)

この度は、ツアーにご参加いただき、ありがとうございました。
クライミング編も楽しんでください。

また、お会いできることを楽しみにしております。

ヤムナスカ・ガイド 水野達也(ミズノタツヤ)
プロフィールはこちら

by ymtours | 2018-08-07 12:44 | ふたりの山旅 | Comments(0)