2018年 09月 13日 ( 1 )

絶景が見れるキャンパー憧れのデンプスタ―ハイウェイ


d0112928_00592629.jpg

皆さんこんにちは!
ヤムナスカ・ガイドの水野です。

あっという間に夏も終わり、紅葉の季節となって参りました。

突然ですが、デンプスターハイウェイ<Dempster Highway>という道路をご存知でしょうか?


下記、地図をご参照下さい。




知らないのは本当に勿体ないと思えるほど、そして冒険心をくすぐられる素晴らしいルートでした。

未知の世界が広がっており、日本にいたら味わえない絶景がそこには広がっていました。
多くのキャンパーやバイカーがここを3-5日ほど掛け、走り抜けます。
そして、アラスカや北極海へと向かうようです。

d0112928_01122741.jpg
幸運なことに、この「デンプスターハイウェイ」を仕事で運転する機会がありましたので、皆さんと共有したいと思います。

まず、(飛行機で)私が降り立ったのは、極北に位置する「イヌビック」という町です。
人口3,485人の小さな町で、
ファーストネイション(先住民)の方が多く住んでいる歴史的背景を色濃く残した町と言えます。
実は150㎞ほど北に進めば、もうそこは北極海へも訪れることができるのです。

では、方角を南に向けて出発していきましょう!
d0112928_01231124.jpg
まず最初の関門は、フェリーです!
マッケンジーリバー、ピールリバーをフェリーで、通過します。
スケジュールはないので、来るのをただ待つのみ。カナダらしいですね。

水位が上がると運航できないので、ハラハラを楽しみながら行きましょう。

d0112928_01232224.jpg
このハイウェイはイヌビックへ物資を運ぶ重要なパイプラインとなっており、
大型トラックが多く行き来していました。

すれ違う時に多くのドライバーが手で挨拶してくれます。

d0112928_02582120.jpg
ここからは、カナダの雄大な大自然を満喫しながらの移動です。
カナダは世界で2番目に大きな国土を持つということにも納得がいきます。
先が見えません。
d0112928_03184269.jpg
d0112928_03200072.jpg
d0112928_03191152.jpg
ロッキーでは見れない植物もここではたくさん見れます。
ツンドラ(永久凍土)ならではの生態系が広がっています。

d0112928_23041606.jpg
もちろん峠もあります。
標高を上げると雪、霧も少しずつ濃くなり、数十メートル前が見えなくなるくらいです。

d0112928_23075800.jpg
そして、30分ほど走ると晴れ間が急に出てきました。
様々な表情を見せてくれるデンプスターハイウェイを楽しみましょう!
d0112928_23154816.jpg

ここは、北極圏の境界線(北極線)です。
冬至になると、太陽は昇らず、夏至になると、太陽が沈まないエリアになります。

d0112928_23104847.jpg

トゥームストーン州立公園に入ってきました。
トレールも徐々に整備され、多くのキャンパー、ハイカーがハイキングを楽しめるようになりました。

この場所ならではの景色が広がっており、違う星にいるのではないかと思うほど、
不思議で、魅力的な景色です。
d0112928_23110032.jpg
運転していると、虹が出てきました。
絶景と虹の組み合わせは最高です。

d0112928_23112435.jpg
スケールの大きさを感じさせてくれるエリアでした。
ロッキーとは違う魅力がたくさん詰まっていて、ずっといて飽きない景色がそこにはありました。

いかがだったでしょうか。約737kmを走破し、各所特徴的な景色でした。
ホワイトホースから「デンプスターハイウェイ」北上するツアーもあり、紅葉のシーズンは大満足できるルートになっています。

先日、弊社のガイド植木が、まさにこのルートをご案内させていただきました。
「カナダ大陸縦断の旅!!車で行けるカナダ最北の街、Tuktoyaktuk(タクトヤクタック)を目指して10日間の旅」
こちらも宜しければご覧ください。

このような未知の世界を楽しむ、アドベンチャーツアーも旅の醍醐味ですね!

ヤムナスカ・ガイド 水野達也(ミズノタツヤ)
プロフィールはこちらから


by ymtours | 2018-09-13 02:27 | カナダの山旅 | Comments(0)