2018年 08月 12日 ( 3 )

ロッキーでロッククライミング

ロッキーでロッククライミング_d0112928_13301483.jpg

こんにちは。ヤムナスカガイドの山田です。
先日のレイクオハラに続きまして
佐藤さまのロッククライミング編を担当しました。

カナディアンロッキーは読むがごとくカナダにある岩山のこと。
至る所に皆様が「おおっ」と見上げる険しい山々が存在します。
ハイキングに来られた方も、実際に岩と戯れて、より高みから景色を楽しむことのできる
ロッククライミングにも挑戦して欲しいと思っています。

今回、ベテランクライマーの佐藤さまと目指した岩壁は写真中央の壁
イーストエンドオブランドル(通称EEOR)の「True grid 10a , 160m」です。

水野が担当したレイクオハラのブログへのリンクです。

ハイキングとロッククライミングのコンビネーションは
ロッキーを100%満喫できること間違いなし。

ロッキーでロッククライミング_d0112928_13300195.jpg

でもこの日は生憎の小雨。
少し登った所で佐藤さまと相談した結果下りることに。
生粋の山屋であるお客様は自然との向き合い方も紳士でした。

ロッキーでロッククライミング_d0112928_13455161.jpg

さてここからが、私の腕の見せ所になります。
現地人ならではの経験で次の目的地へとご案内しました。

雨量が少なく乾燥しているロッキーは
全く登れないことは滅多にありません。

ローカルに人気の「クーガークリーク」へ移動。
高さ20m程の岩壁を沢山登って頂きました。

ロッキーでロッククライミング_d0112928_13304044.jpg
登ります。

ロッキーでロッククライミング_d0112928_13443175.jpg

クライミングには笑顔が付き物。
身体一つで高みを目指します。

佐藤さまの満面の笑顔を見ると楽しさが伝わってきますね。

ロッキーでロッククライミング_d0112928_13310977.jpg
壁のてっぺんからクーガークリークを一望できました。
高度感が素晴らしい。
小さくハイカーも見えますね。

ロッキーでロッククライミング_d0112928_13453938.jpg

対面には別のクライマーが登っていました。

ロッキーでロッククライミング_d0112928_13313451.jpg

ロッキーの山々が隆起したことを物語る地層がありました。
太古の堆積物を肌で感じるという経験も素晴らしい。
これも手掛かりとして登ります。

ロッキーでロッククライミング_d0112928_13302909.jpg

ロッキーのクライマーやハイカーは犬連れが多いです。
パックの中身が気になるのかな??

ロッキーでロッククライミング_d0112928_13294765.jpg

一日の最後に岩峰の頂上で記念撮影しました。
今回、一緒にロープをシェアできたこと嬉しく思います。

佐藤さま、来年も夏のロッキーに戻って来て下さい。
ヤムナスカ一同お待ちしております。


ヤムナスカ・ガイド山田 利行 (やまだ としゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2018-08-12 15:07 | 登頂 / クライミング | Comments(0)

ロープトレーニングとともに <Mt.ヤムナスカ登頂>



ロープトレーニングとともに <Mt.ヤムナスカ登頂> _d0112928_03493897.jpg

ヤムナスカガイド谷です。
さて今年も帰ってきてくれましたロッキー11年目、ロッキー大好き森さんの今年の目標はあのテンピークス登頂とバンフの象徴カスケードマウンテンです。

カスケードマウンテンはロッククライミングのテクニックはいらないので体力さえあればいいのですが、テンピークスはクライミングができないと登れないので、初日はロープワークを兼ねてMtヤムナスカに行ってきました。

まずはヤムナスカブラフと呼ばれる、駐車場から20分ほどのハイキングでいける岩場で、確保、懸垂下降、クレバスレスキューを学びます。

森さんはここまでバックパッキングから始まり、スクランブルと呼ばれるロープを使わない登頂、そして氷河縦走と着実にステップアップしてきました。

そして今回はいよいよアルパインクライミング。
そう、アルパインクライミングとは日本語にするとアルプスで行われている登山。
つまりロープを使って岩場を登り、氷河を渡り、時にはアイゼン、ピッケルをつけ岩稜を越えピークに立つ。

しかも泊まる用意持って、はっきり言って全てをできる人にしかできない登山をするわけですね。
ただこう書くと森さんしかできないってなりそうなので補足すると森さんはカナダでしかクライミングしませんので一年に一回この時期しっかり練習して思い出す必要があるんですね。
森さんの過去の山行の一部はこちら→




ちなみにヤムナスカ山って社名になるくらい有名な山なんです。
なぜならここがカナダのアルパインクライミングを育てた発祥の山といっても過言ではないからです。
そう日本でいうと谷川岳みたいな感じですね。でも谷川もそうですか、クライミングしなくても普通に登山で
登頂できるのでハイカー、クライマーともに非常に人気のある山なのです。

森さんの今年の登頂記をご覧いただきましょう!


ロープトレーニングとともに <Mt.ヤムナスカ登頂> _d0112928_03491041.jpg
クレバスレスキューの練習中。結び方を写真で撮ってと…練習熱心です。

ロープトレーニングとともに <Mt.ヤムナスカ登頂> _d0112928_04364444.jpg
もちろん必須である懸垂下降の練習もしますよ。
ロープトレーニングとともに <Mt.ヤムナスカ登頂> _d0112928_03492061.jpg
ついでに登っちゃいますよ。クライミングはトップロープで安全に楽しくですね。
そしてトレーニングはほどほどに、登頂もしちゃいましょう。
ロープトレーニングとともに <Mt.ヤムナスカ登頂> _d0112928_04583976.jpg
ハイキングでショルダーまで歩けば、簡単な岩場が待ってます。
ぐいぐい登りましょう。笑顔が溢れる。
ロープトレーニングとともに <Mt.ヤムナスカ登頂> _d0112928_04584757.jpg
鎖場も難なく通過です。ヤムナスカといえばこの鎖場の通貨も醍醐味。


ロープトレーニングとともに <Mt.ヤムナスカ登頂> _d0112928_03484832.jpg
そして山頂到着。薄曇りの天気でしたが、比較的眺めも良く登山も満喫。
とにかくこの山は高度感が素晴らしい。最高でしたね。


皆さんもロープワークは置いといてぜひこのヤムナスカ山からロッキーの登頂をしてはいかがですか?
山の経験のないカルガリーの人たちが登れる山なのですが、非常に高度感があって楽しめる山なのでおすすめです。
さて森さんはヤムナスカの登頂も無事果たせ、ロープワークもできたところで、次はバンフの象徴でもある山、カスケードマウンテンへ向かいます。
第2弾の模様はこちらからご覧ください。

ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2018-08-12 08:54 | 登頂 / クライミング | Comments(0)

この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング

この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06183144.jpg
こんにちは、タイトルにあるように日々感動のハイキングをシェアしている
ヤムナスカガイドの西牟田です!

私が楽しくガイディングしているように、このブログを読んで一緒に行ってるかのように楽しんで頂けると嬉しいです。
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06300951.jpg
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06293998.jpg
さて、今回は2日連続で岡田様親子、大木様ご夫婦の4名を素敵なハイキングコース
「レイクオエサ」(レイクオハラ)と「プレイン・オブ・シックス・グレイシアーズ」(レイクルイーズ)へご案内しました。

1日目「レイクオエサ」(レイクオハラ)
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06194984.jpg
入場制限があり、なかなか入れないエリアのレイクオハラに運良く入ることができました。
ここからは一般車両もツアーバスも入れなく、専用バスのみのアクセスです。
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06241209.jpg
岡田さんは去年にもラッキーな事に入る事ができ、その感動が忘れられなくて今年も再チャレンジ!
前回とは別の世界へとご案内いたしました〜
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06260239.jpg
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06263927.jpg
レイクオエサは5つの湖を見渡し歩けるパラダイスです。
全く疲れを感じさせないトレイル、かなりオススメです!!
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06262362.jpg
本日は曇りでしたが、その中でも素晴らしい色を輝かせていました。
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06440358.jpg
貸切状態のこの絶景に囲まれてのお昼でした。
皆さんのカラフルウェアがこのキャンバスに綺麗に色付けしてくれました!!
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06444956.jpg
本日の動物
滅多に会えない動物マウンテンゴートが姿を表しました。
どこにいるかと言うと、
緑が広がる左上の大きな岩の上でリラックスしています。

2日目「プレイン・オブ・シックス・グレイシアーズ」(レイクルイーズ)
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06171727.jpg
ここをゴールとして目指しました!
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06523536.jpg
とは裏腹に、このような景色からのスタートでした…笑

あのかの有名な観光では絶対に立ち寄る人気スポット、レイクルイーズからの出発でした。
この霧まみれの景色には負けてはいられないですよ〜
テンションマックスからのスタートです!!
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06530999.jpg
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06531073.jpg
霧はどんどんと引いて行き、太陽が顔を見せてくれました!
待ってましたー
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06531022.jpg
あんなに近かった湖もかなり遠くなって来ましたね。
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06563817.jpg
氷河を目の前に感じ歩く
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06563875.jpg
氷河を後ろに感じ歩く
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06563900.jpg
見てください、この氷河尽くしのこの光景。
ここにしか無いこのダイナミックさを体で感じれます
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06584644.jpg
こんな山奥にティーハウスがあるのです。
可愛い石造りの小さな小屋はメルヘンですね〜
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06583020.jpg
本日の動物
ナキウサギの「ピカ」です!
この子は撮影に凄く協力的でじっとしてくれました。
ありがとう。
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_06583164.jpg
そしてお宅訪問までさせていただきました。
ピカはカナディアンロッキーでも珍しく冬眠しないのです。
この短い夏の期間にせっせと冬支度で草を玄関に干しておき、干し草を冬の間食べます。

その仕事っぷりをじっくりと観察することができました。
またまた、ありがとう。
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_07064965.jpg
そして最後に、朝には真っ白だったレイクルイーズ
観光では行けない反対側からみる湖。最高ですなー

みなさんかっこいいショットですねー

自然の景色は二度と同じ表情を見せてくれません。
1分1秒、その瞬間を一緒に見に行きましょう!

岡田様
今回は2日間の山行を共にでき光栄です。
またお盆休みにカナディアンロッキーに遊びに来てくださいね。
その時はまた素敵な笑顔に会えることを楽しみにしています。

大木樣
ご主人のカメラを撮る姿は何か可愛らしさを感じています。
引き続き最後の2日間一緒に山歩き楽しみましょう。
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_07120337.jpg
この感動は忘れられない、また来たくなる絶景ハイキング_d0112928_07113336.jpg

ヤムナスカ・ガイド西牟田 春陽 (にしむた はるひ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2018-08-12 07:20 | 出会いの山旅 | Comments(2)