Shadow Lake ハイキング道下見。

こんにちは カナディアンロッキーガイドの深田忠です。

 6月7日にShadow Lake 地区を歩いてきましたので報告します。主な目的は雪の残り具合、花の開花状況を見るためです。登山口は標高1400m、すぐに松林の中に入る。ヒメホテイランがちょうど見ごろで暗い林床をところどころ独特の紫で飾っていた。1700mごろからトレイル上でも雪が出てき始めた。おそらく冬に厚く吹きだまったところだろう。標高1840mの湖の下流側にはあちこちにホワイトグローブ(キンポウゲ科キンバイソウ属)が。湖の先まで行くとだんだん雪の量が増え始め、ひざまでつかることも。ただ日当たりの良い雪がなくなったばかりのところにはカタクリ(黄色)が咲き始めており、おそらくはこの日唯一のハイカーだった我々の眼を十分楽しませてくれた。

 以下に今回の写真を添付します。
d0112928_10312447.jpg

ヒメホテイラン

d0112928_10325433.jpg

湖の奥からMt. Ball(3312m)を望む

d0112928_10344065.jpg

雪解け後すぐに咲くカタクリ

                   2009年6月8日 ガイド 深田 忠
by ymtours | 2009-06-09 10:47 | その他 | Comments(2)
Commented by yamakasa-toku at 2009-06-09 22:42
お元気ですか、ご無沙汰してます福岡のT.Iです。
雪も解けて登山シーズン始まりですね。

5月のGWに春スキーに新潟・群馬に行きました、
例年より雪は少なく、一番多かったスキー場は人口雪のスキー場でした。
Commented by ymtours at 2009-06-16 07:04
いや~久しぶりです。TIさん スキーはクラブで行かれたのでしょうか?私は先シーズンは3度山スキーに行っただけで少し欲求不満気味のシーズン終了でした。またいつかこちらに遊びに来てください。
では  深田忠


<< 初夏、グラッシーレイクス フォトギャラリー完成!! >>