【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!

こんにちは!ヤムナスカ・ガイドの安食です。

今回は、石川県金沢市を拠点として活動している「いちげ山の会」の皆さんをご案内させて頂きました!

その日数は5日間。日帰りだけでなく、テント泊で人里離れた山の中をハイキングをし、時にはハプニング?もあり、カナディアンロッキーを堪能した日々となったのではないでしょうか。

同じ山の会の皆さんということもあって仲良しで、自分も「アジ」と呼んで頂いてその輪に加わることができて、とても楽しくガイドをさせて頂きました!どうもありがとうございました。

今回はボリュームもあるので、ブログは前編と後編に分けてお届けします!

【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15154323.jpg

まず皆さんと向かったのは、カナダのマッターホルンとも呼ばれる「アシニボイン・標高3618m」という山のあるエリア。尖った美しい山がアシニボインです。ただわざわざ比べるまでもなく、素晴らしい山です。

実はここ、車では近くに入ることができず、歩いてこのエリアに入ろうとすると30km近く歩かなければ辿り着くことができない秘境です。


【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15170156.jpg

そこで我々がとった手段はヘリコプター!

【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15175930.jpg

乗っている時間はわずか10分ほど。

歩いたら果てしないのに、ヘリコプターではあっという間です。

カナダでは歩いて入山するのは困難なエリアが多数あり、ヘリコプターは日本よりはわりと一般的なのです。

【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15184156.jpg

ヘリコプターを降りるとすぐにあるのが、アシニボイン・ロッジ。

3食+午後のおやつ付きの贅沢なロッジです。

ただ我々はテント泊なので立ち寄らず…。


【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15194696.jpg

ロッジの目の前からはアシニボインが見渡せるのですが、この時は残念ながらその姿を見せてくれませんでした。

【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15204860.jpg

まず我々は宿泊先となるテント場へと移動し、設営。

なんと中にはテント泊が初めての方もいました。

初めてのテントがアシニボインでのハイキングとは、素晴らしいですね!

【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15213054.jpg

テントの設営も終わったところで、早速ハイキングへと出発。

沢沿いを登って行くと、色とりどりのお花が咲いていました。


【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15221240.jpg
ファイヤーウィード


【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15224764.jpg
インディアン・ペイントブラシ


【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15232554.jpg
トールパープルフリーベン


【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15241061.jpg
しばらく歩くと大草原にでます。

ここはトレイルがないところを歩く、いわゆる「オフトレイル」のハイキング。

植物への影響が少ないよう、一列にはならず散らばって歩きます。

【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15244547.jpg
最高の景色の前で、「いちげ山の会」のマークを掲げての一枚。


【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15252716.jpg

翌日は丸一日時間があるので、ちょっと長めのハイキングへと出発。

この日は画像の奥に見えるピークのひとつ、ナブレットへと向かいます。


【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15260519.jpg

出発直後に我々の前方でモサモサと動くものが…。

なんとグリズリーです。

その距離は50~60mほど。

ドキッとしてベアスプレーを構えましたが、グリズリーはこちらを気にかける様子もなく、横切って歩いていきました。

いやはやワイルドですね、これがカナディアン・ロッキーです。


【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_02214875.jpg
アシニボインを横目に、この日もオフトレイルで山を登っていきます。

【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15313288.jpg

たどり着いたナブレットは大展望が待ち受けるピークです。

風もなく、心地よかったので、ランチをとりながらのんびりとその景色を満喫できました。

【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15315597.jpg
眼下には美しい湖が広がっています。


【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15323322.jpg
ちなみにその帰りに私は湖で泳ぎました。

水は冷たかったですが、最高に気持ちいいです。


【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15330889.jpg
ロッジに戻ると人だかりが…。


【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15332830.jpg
お酒やお土産の販売タイムで、我々も早速乾杯!

暑かったのでビールが最高でした。


【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15335964.jpg
その後、テント場に戻って夕飯の準備。

テント泊では、こうした食事を作りながらワイワイと楽しめるのも魅力の一つですね。


【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15342423.jpg
翌日は名残惜しみながらも、街へと戻るためテントを撤収。


【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15345252.jpg
再びヘリに乗って帰るのですが、時間が少しあったため、アシニボインの目の前に広がるレイク・メイゴッグへと散策に。


【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15351189.jpg
アシニボインをつまんでみました。


【前編】アシニボインでテント泊 いちげ山の会の皆さんをご案内!_d0112928_15353819.jpg
2泊3日のテント泊でアシニボイン周辺でのハイキング。

天気にも恵まれ、贅沢な時間となったのではないでしょうか。


ブログの前編はここまで。

後編では、レイクオハラやヤムナスカに登った様子をお伝えします!


by ymtours | 2023-08-06 03:28 | グループの山旅


<< 【後編】レイクオハラ、ヤムナス... 暑さ吹き飛ぶ碧さ 絶景のレイク... >>