東北の魅力にせまる壮大な旅、MICHINOKU HIKE

東北の魅力にせまる壮大な旅、MICHINOKU HIKE_d0112928_03005536.jpg
ヤムナスカでは、2015年に【GREAT HIKES JAPAN】という新しいブランドを立ち上げ、北米の登山者やハイキング愛好家に向けて、日本の「山旅」をガイドツアーとして紹介しています。
https://greathikesjapan.com/michinoku-hike/index.html

私たちの紹介する日本の山旅では単に素晴らしいトレイルを歩く事をだけを目的とするのではありません。
トレイル歩きを通して地域の歴史、風土や食文化に触れることができ、そして何より大切なのは地元の人たちと北米からのゲストを繋げる「Connect」することに重きを置いています。

【GREAT HIKES JAPAN】を立ち上げてからこれまでに多くの北米からのハイカーに信越トレイル、熊野古道の2つのツアーを紹介させていただきました。

そして、今年は【GREAT HIKES JAPAN】発足から7年目の年。熊野古道、信越トレイルに次ぐツアーの目的地として、「東北」を選択しまさいた。
以前から東北地方は最も紹介したかった場所の一つであり、長年の調査と下見を重ねてついに「MICHINOKU HIKE」とし北米での紹介が始まりました。2020年10月7日にツアースタート予定です!

温かく人情味あふれる東北の人々、日本でもトップクラスの紅葉の景観、温泉、そして東北大震災・津波の被害を乗り越えてきた地域・人々と自然の関わり、福島での民宿体験などなど、世界に伝えたい東北の魅力を言葉にしたらきりがありません、、。

私たちの紹介するツアーが形になるまで、本当に多くの方々のサポートと協力をいただきました。関係者の方々、宿泊施設、地元観光局、そしてみちのく潮風トレイルのスタッフの方々、酒屋の大将から居酒屋の女将さんまで本当にお世話になっています。
東北の魅力にせまる壮大な旅、MICHINOKU HIKE_d0112928_05441827.jpg
この仕事をさせてもらっていると、日本の地元の方からこのような質問を多くいただきます。
「ここのどこがそんなに良いんですか?」、「あんまり胸を張って紹介できる場所じゃない気がするんですけど、、」・

実際に海外に住む期間が長くなると、今までに感じることや見ることがなかった本来の日本の姿、クールな日本が見えてくることがあります。特に、観光地化のされていない日本の田舎、里山こそ昔からの生活感が残り、自然と人とが共存しながら普通の生活をしていること、ありふれた光景が「あー、いいなー」と感じるのです。

これまで多くの北米からのハイカーを日本でガイドさせてもらいましたが、私が感じる日本への思いとゲストが感じる感激は似ているんだなと強く思うのと同時に、素晴らしい日本を「日本代表」と思いながら紹介できることに幸せを感じています。

昔からそこにある、変わらない「もの」が、海外からのゲストにとってみると全くの新しい体験で、大変貴重な観光資源になる、というのが今注目される「Sustainable Tourism」と呼ばれる持続可能な観光資源なのです。

東北の魅力にせまる壮大な旅、MICHINOKU HIKE_d0112928_05523980.jpg
観光地化するために新しいインフラを作るのではなく、昔からある「もの」に価値を見出して観光資源として発信していく。もの=インフラや視覚的に見えるものだけではなく、例えば地元の風習だったり、しきたりだったり、昔から続ける生活のスタイルや人々のおもてなしの気質だったり、食事の食べ方や料理方法、目には見えないけれど実際にそこに行って初めて感じられる「もの」が多く含まれると思います。

本当に新しい形のツーリズムですし、今の時代だからこそ多くの人が求めているスタイルの旅なのかもしれません。インターネットにより便利な世の中になりました。バーチャルな世界での人とのつながりが多くなる今日、人は人と心の繋がり「Connection」を求めている、人との繋がりが人生を豊かにしてくれると再確認しているのではないでしょうか。

東北の魅力にせまる壮大な旅、MICHINOKU HIKE_d0112928_05545040.jpg
日本から、また海外からの観光者を受け入れる体制つくりは、少なからず必要になります。インターネットで予約が簡単にできるようになった今日、新しい観光産業が次々と生まれていきます。
まだまだ英語対応や予約システムになれない地域もありますが、私はそれはそれで個性があっていい事だと思っています。また環境が整っても、言語の壁はそう簡単には乗り越えられないというのも理解しています。

しかし逆を言えば、だからこそ私たちのようなガイド会社が地元の方々と海外からのゲストの間に入るコネクションとなり、地域の素晴らしさを発信できるような役割を果たせるんだと信じています。

東北の魅力にせまる壮大な旅、MICHINOKU HIKE_d0112928_06004285.jpg
「こんなとこ歩いて、何してんだー?」と、明るい表情で話しかけてきてくれたおばあちゃん。みちのく潮風トレイルの八戸ー種差海岸区間での、心温まるひと時をくれたこのおばあちゃんに感謝です。

MICHINOKU HIKEは3つの大きなテーマから成り立ちます。
ひとつはみちのく潮風トレイル、そして東北の紅葉登山、最後に福島での民宿体験。

東北の魅力にせまる壮大な旅、MICHINOKU HIKE_d0112928_06024276.jpg
いつも温かく、笑顔で迎えてくれるみちのく潮風トレイルビジターセンターの皆さん。プロフェッショナルな姿勢を私も多く学ばせていただいています。

東北の魅力にせまる壮大な旅、MICHINOKU HIKE_d0112928_06025340.jpg
地域の歴史や自然景観、トレイルコンディションはここでチェックすれば最新の情報を入手できます。トイレや電話などもあり、ハイカーのオアシス。気軽に立ち寄れる場所・環境を提供してくれるスタッフの皆様には、本当に感謝です。

東北の魅力にせまる壮大な旅、MICHINOKU HIKE_d0112928_06394500.jpg
みちのく潮風トレイルでは、気仙沼での滞在を含めまています。ここでは津波による被害や当時の状況を語り部さんに語ってもらうと同時に、津波のもたらした自然へのポジティブな影響、自然と人が密接に関わりながら再生をとげているユニークなエコシステムに注目して、北米のゲストに紹介するのが目的です。

東北の魅力にせまる壮大な旅、MICHINOKU HIKE_d0112928_06123609.jpg
紅葉登山では、秋田駒ケ岳、八幡平、そして秋田焼山を歩きます。東北の紅葉と火山でのハイキングは北米のハイカーにとって特異なスタイルのハイキングであり、是非紹介したいですね。
東北の魅力にせまる壮大な旅、MICHINOKU HIKE_d0112928_06144318.jpg
私が小学生のときに両親と登った岩手山が遠くに見えます。時がたち、今この場から見ている岩手山は昔と変わってないんだな、と少しノスタルジックに浸ってしまいました(笑)その場所を、これからは北米のゲストへ紹介することができる、本当に喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。
東北の魅力にせまる壮大な旅、MICHINOKU HIKE_d0112928_06205112.jpg
ツアーのクライマックスとなる福島では、田んぼの真ん中の民宿でアットホームな民宿ステイの体験。民宿の目の前は里山と田んぼと畑が広がり、正直言って普通のツアーでは絶対に体験できない貴重な時間を過ごすことになります。民宿の女将さんとは昨年のカナダの旅での出会いがあり、そのご縁でこのように繋がる事ができました。素晴らしい出会いに感謝です。福島の皆さん、本当に温かいんですよ。実家に帰ったような歓迎を受け、私の人生にとっても大切な出会いとなりました。
東北の魅力にせまる壮大な旅、MICHINOKU HIKE_d0112928_06270866.jpg
ツアーの最後は安達太良山登山で締めくくり。東北の名峰を、北米のハイカーに紹介したいです。

東北の魅力にせまる壮大な旅、MICHINOKU HIKE_d0112928_06311830.jpg
現在ツアーは催行人数に達しており、準備は万端です。
今世界では海外旅行が規制され、今年の10月までに北米から日本への旅行が現実的になるのかどうか、こればかりは私たちの知り得る事ではありません。しかし、可能性がある限り私たちは諦めません。ゲストに東北の素晴らしさを伝えたいのと同時に、地元でお待ちいただいている皆様との約束を果たすためにも、希望は持ち続けていきます。

ヤムナスカ・ガイド 篠崎洋昭
ガイドプロフィールはこちらから



by ymtours | 2020-08-06 07:00 | 出会いの山旅


<< 現地のオーロラ・プロが教える!... 山行の準備を整えよう!ギアのメ... >>