カナダにおける新型コロナウィルスの現状 COVID-19 Part3 / 3月14日14時

昨日、大きな混乱がありました。

私の知る情報では、カナダ・バンクーバーの日本領事館がBC州へ入ってくる全ての旅行者に14日間の『SELF ISOLATION』を義務化したと発表し、その情報を元にした外務省の発表があり、大きな混乱を招きました。現在のバンクーバー日本領事館サイトは以下のように修正をしています。今後も文章を手直しする可能性がありますので、その一部(青字)を貼り付けます。現在、外務省のページではカナダの渡航情報は削除されています。(https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html)おそらく情報の収集を行っているものと思われます。

バンクーバー日本領事館の発表を抜粋(修正後):
ブリティッシュ・コロンビア(BC)州政府は,新型コロナウイルス感染拡大防止策の一環として,米国を含め不要不急の海外渡航の中止やカナダ国外からカナダに入ってきた全ての人に対する14日間の自己隔離の自主的な実施を12日付で要請しました。

上の混乱は3月12日18時58分(バンクーバー時間)にBC保健省のトップのエイドリアン・ディクスと、保健省のオフィサーであるDr ボニー・ヘンリーの共同会見で発表された内容の誤訳によって起きました。以下に青字で会見の一部を貼り付けます。
“We are recommending against all non-essential travel outside of Canada, including to the United States. Effective today, anyone who chooses to travel outside of Canada will be asked to stay away from work or school for 14 days upon their return. We know that this is a voluntary measure, but it is our expectation that people will follow this direction as part of their civic duty.

直訳しますと、「私たちはカナダ国外(アメリカを含む)への全ての必須では無い旅行を行わないことを推奨します。本日を持って、カナダ国外への旅行をすると決めた方には、帰国後14日間は学校と職場へ復帰しないことをお願いします。しかし、私たちはこれが自主的措置であることを分かっています。皆さんが市民の責任として従ってくれることを、私たちは期待をしています。」

以上のBC保健省の会見の翌日、3月13日(金)にトルドー首相の会見がありました。
その会見ではこれまでの方針からさらに踏み込んだ内容となってます。
国境の閉鎖について言及はありませんでした。(一部で間違った報道があったようです。)

その内容をCBCの報道から引用(青字)します。
1:International flights will only be permitted to land at a smaller number of airports. Those locations have not yet been announced.
2:Boats and cruise ships carrying more than 500 people will be banned from docking at Canadian ports until July.
3:All travellers arriving in Canada from international points are being asked to consider self-isolating for 14 days as a precaution. People arriving from Hubei province in China, Iran and Italy already have been asked to self-isolate.
Enhanced screening measures at airports as well as marine, land and rail points of entry.

リンク先のページにある上の箇条書きの部分の下には、項目1で説明している国際線が到着できる空港数をどのように制限するかについて今後議論をすると書いてあります。また項目3ではBC州とAB州の発表に続いて、カナダに到着する全ての旅行者に、用心として14日間の「SELF-ISOLATION」を考慮して下さいとお願いしています。項目3の入国審査(Screening measures)を強化するとありますが、これについてバンクーバー空港のあるBC州の保健省は以下のサイトで情報を更新しています。

ページの最下部にて武漢、イラン、イタリアに訪れた旅行者を対象として入国審査を強化しているとあります。
日本からの旅行者は対象外であると考えます。

以上のメディア発表があった翌日、3月14日(土)朝にカナダ政府のサイトが更新されました。
カナダへ戻たっときに「SELF-ISOLATION」をお願いするという文面が追加されてます。

ここ数日間にカナダへ旅行を検討されている方へ

私どもが調べた以上の情報からは、現在は日本からの旅行者が隔離を義務付けられるとか、入国審査が強化されるされることはないと考えています。特に来週ユーコンへ訪れる弊社のお客様は郊外のロッジに滞在してオーロラを鑑賞することになります。私どものロッジ滞在ツアーは大人数でまとまってオーロラ鑑賞をするものではありません。ご自分の部屋やキャビンに滞在しながら、オーロラが出た時にご自身で外に出て鑑賞します。大きな湖の上では、他の人の接点はなく、安心して鑑賞しながら滞在できることをお約束します。これは「SELF-ISOLATION」に近いと言えるのでないでしょうか。

ロッジのオーナーも、日本ではコントロール不能な感染拡大が起きていないことよく理解しています。もちろん日本から来たお客様がロッジ滞在中に不愉快な思いをされることは決してありません。

以上

追伸1:
先ほどバンクーバー空港へ到着して入国審査を行ったお客様から連絡がありました。入国は混乱もなく、熱や咳がある方は申告するようにという内容の注意書類を渡されたと教えて頂きました。お客様は無事に国内線ゲートにて、ホワートホースへ向かう便の搭乗を待っているところです。ちなみに成田空港はガラガラとおっさyってました。

追伸2:
お客様はホワイトホース行きの飛行機に無事に搭乗されました。
世界各国で減便がおこなわれているためか、出発到着のディレイ(遅延)は全く起きてないですね。普段はいかに過密なスケジュールで旅客機を運行しているが想像できます。

難波寛
代表取締役
ヤムナスカ・マウンテン・ツアーズ

by ymtours | 2020-03-15 05:13 | お知らせ | Comments(0)


<< カナダ渡航に関する朝日新聞デジ... 初めてのアイスクライミングはロ... >>