ロッキーの象徴、テンピークス登頂

ロッキーの象徴、テンピークス登頂_d0112928_09454221.jpg
ヤムナスカガイド谷です。

今回はここ三年連続で登頂と氷河のプログラムに申し込んでいただいているアダチさんが
帰ってきてくれました。
今回はカナダの旧$20札にもなったテンピークスに挑戦します。
テンピークスはラーチバレーやモレーンレイク行ったことある方は必ずみたことのある
まさにカナディアンロッキーを象徴する山です。
簡単ではないですが、トレーニングしてきた今のアダチさんならきっと大丈夫。
きっと頑張った人にしか見れない素晴らしい景色が待っているはず。




ロッキーの象徴、テンピークス登頂_d0112928_09412125.jpg
始まりはモレーンレイク。今見えているのはテンピークスNo3のMtボウレン。
まずカナダ最高所にある山小屋Neil Colgenハットを目指します。
二泊三日の行程ですので荷物も重いですが頑張りましょう。
え?どこ登るんですかって、見えている岩壁を登るんですよ。

ロッキーの象徴、テンピークス登頂_d0112928_09413950.jpg
レイクサイドのハイキングトレイルの終わりには渡渉が待っています。
濡れないように慎重に。
ロッキーの象徴、テンピークス登頂_d0112928_09415561.jpg
みてください。このモレーンレイクの色。そしてMtテンプルの美しさ。
登ってる最中も振り返るとこの景色。
登った人にしか見れない、まさに登山の醍醐味。
ロッキーの象徴、テンピークス登頂_d0112928_09420433.jpg
岩場を慎重に超えていきます。
さすが落ち着いてますね。
ロッキーの象徴、テンピークス登頂_d0112928_09423117.jpg
フェイ氷河に出ました。
テンピークスの登頂は体力、クライミング、そして氷河登高の技術が必要になります。
ロッキーの象徴、テンピークス登頂_d0112928_09453314.jpg
山小屋に着きました。
素晴らしいロケーション。
ロッキーの象徴、テンピークス登頂_d0112928_09424624.jpg
小屋の窓からの景色。
まるで絵画です。現実離れした景色がそこに。

ロッキーの象徴、テンピークス登頂_d0112928_09430331.jpg
翌日はMtボウレンの登頂へ。
ロッキーの象徴、テンピークス登頂_d0112928_09431458.jpg
最高の景色のもと無事登頂。
ロッキーの象徴、テンピークス登頂_d0112928_09454989.jpg
最終日の三日目は初日に登った、ペレンルートを懸垂下降を交え降りていきます。
バックには昨日登ったMtボウレンが見える。

ロッキーの象徴、テンピークス登頂_d0112928_23355386.jpg
ちなみにどれがテンピークスで、どれが今回アダチさんが登った山かというと
白い氷河を抱いている左側の山が No1 のMtフェイ
ロッキーの象徴、テンピークス登頂_d0112928_23355848.jpg
その右にあるのが今回登ったMtボウレン。

すごいとこにありますね。お札にデザインされるのも納得です。
ロッキーの象徴、テンピークス登頂_d0112928_09460543.jpg

午前中にモレーンレイクに降りてきたので、バンフに戻ってクライミングを楽しみました。
こういうことがクイックでできるのがロッキーのいいところです。
バックにはバンフスプリングスホテル、綺麗ですね。
アダチさんお疲れ様でした、そしておめでとうございます!!
来年はどこにしましょうね。安心してください登る山は無限にあります。

いかがでしたか?アダチさんの大冒険。
テンピークスの登頂は簡単ではありません、ですがしっかりと準備すれば
あの夢の頂に立つことができるのです。
ぜひあなたも挑戦してみてください。
全力でサポートさせていただきます。


ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-08-04 01:05 | 登頂 / クライミング


<< 「アイスライン・トレイル」足慣... コタロウ君、お母さんと行く。夏... >>