ロックガイドおまかせ 特選マルチピッチクライミング 4日間 (8/02/2019)

d0112928_12585566.jpg
こんにちは。久々の登場になります。
ヤムナスカガイドの山田利行です。

今回は谷が数日前にアシニボインへご案内していた大山様を
4日間のプライベートロッククライミングツアーへとご案内させて頂きました。
アシニボインの疲れが残っていないか心配していましたが、
全日程ばっちりクライミングを楽しんで頂くことができました。

※冒頭の写真はタカカウ滝頂上での記念撮影
d0112928_12545191.jpg
1日目のクライミングはバンフ「ガイドロック」にある
アフテンロウ 5.7、250m
写真の岩山をほぼ頂上直下まで登ります。
d0112928_12571590.jpg
2日目は大山さんが指さす
タカカウ滝ルート 5.7、350m
滝のすぐ左側を登り、
名物のケイビングをして滝の上に登ることができる
ロッキー1のユニークなルートです。
d0112928_13064368.jpg
3日目はバンフの象徴ランドル山(写真左奥)の隣にある、
バンフの里山トンネルマウンテン東壁(ランドル右の里山)。
グースベリー 5.8、250m
山は小ぶりでもクライミングは今回の中で一番難しい。
大山さんも満足してくれました。
d0112928_13030429.jpg
最終日はこれまたバンフを象徴するカスケード山の麓にある
バッファロークラッグ(写真の岩山)。
ウィートキングス 5.7、200m
まだ新しくできたルートなので静かなクライミングが
楽しむことができました。

岩の紹介はこれくらいにして、
大山さんのチャレンジを見ていきましょう。
d0112928_12532950.jpg
アフテンロウを登る大山さん。
ロッククライミングの醍醐味
圧倒的な高度感を背にしながら上を目指します。
後方のボウ川の色、たまらないですね!
d0112928_13003609.jpg
下りは懸垂下降で。
慣れれば実際歩くより楽です。
上を見上げればこの青空。
にしてもこの空、たまらないですね!!
d0112928_12552105.jpg
タカカウ滝目指してトラバース(横移動)。
d0112928_13033682.jpg
はい。タカカウ滝の真横に到着です。
カナダ第二の落差を誇る滝の水しぶきを浴びながらの
涼やかなクライミング。
d0112928_13013726.jpg
大山さん。洞窟を発見しました!!
太古の昔の水の流れがロッキーの石灰岩を削って造った天然の洞窟。
自然の神秘を感じます。
d0112928_12554623.jpg
はっきり言って楽しいんです。
大人になっても泥だらけで遊んでいたい。
もうこれはロッククライミング以上ではないでしょうか?
d0112928_12560511.jpg
滝壺の上に這い出てこんな笑顔頂けました。
ザックの汚れなんて気にしない気にしない。
d0112928_12583609.jpg
タカカウ滝の上でお昼。
とっても気持ち良さそう。
d0112928_12580729.jpg
後続のカナディアンと和気あいあいと談笑を楽しむ大山さん。
クライマーコミュニティーっていいですね。
d0112928_12562947.jpg
滝の上から見る有名なアイスライントレイルとプレジデント山
d0112928_12593927.jpg
3日目のグースベリーでのクライミングはハードでしたが、
大山さんナイスファイトで無事に完登。
人生初の5.8お疲れ様でした。
クライミングは時に厳しいがそれが楽しい。
d0112928_12574049.jpg
最終日はウィートキングを快適に登って頂きました。
d0112928_13544192.jpg
大山さん。
4日間の素晴らしいクライミングをありがとうございました。
いつも前向きに上を目指していく姿に感動させられっぱなしでした。
私もまだまだ未熟ですが、
少しずつ上へ進んで行けるように精進して行こうと思います。
どうかまた元気な姿を見せにロッキーへ戻ってきて下さい。
一緒にロープを結べる日を楽しみにしています。

本当に長い期間ヤムナスカを利用して頂きありがとうございました。
ヤムナスカ一同心より御礼申し上げます。


ヤムナスカ・ガイド山田 利行 (やまだ としゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-08-13 08:59 | 登頂 / クライミング | Comments(2)
Commented by 大山公子 at 2019-08-20 23:47 x
山田様
クライミングを楽しんだ4日間は、Mt.アシニボインの疲れと高齢の為の疲れと重なりましたが、
山やルートの選択でカバーをして頂き、あっという間に過ぎました。
心より感謝いたします。そして多大なご迷惑をお詫びいたします。
クライミングでグレード5.7(RCCⅡⅤ)を、数少ない経験しかない私が登れました。
チョークによるホールドへのマーキング、グレード5.8のA0の為のスリング、的確な指示が
あったからこそ登れた理由です。
苦手なガレ場の下りをグレード5.10以上と思う私を、いろいろ工夫をして下ろして頂きました。
苦手を克服するトレーニング方法を教えて頂いたり、歩く時の何かに触ろうとする癖を
指摘して頂きました。癖を治したり、トレーニングを頑張ります。
トンネルMt.グースベリーを、是非スリングなしでリベンジをしたいものです。
長男だけでなく三男も来年と言っていますが、ガレ場の下りにご迷惑をかけないように、
大腿四頭筋を鍛えてから訪ねたいと思います。
是非またロープを結んでください。
クライミングに自信を持っても、、、の言葉に、生涯現役クライマー(?)を目指します。
Commented by 山田利行 at 2019-08-22 01:31 x
大山さん。コメントありがとうございます。
日本に帰国して旅の疲れは癒えましたか?
4日間本当に楽しいクライミングありがとうございました。あまり無理せずに自分のペースでトレーニングして下さいね。
私も大山さんを目標に日々ガイドとしてのキャリアを積み、お待ちしています。
またお会いできることを楽しみにしています。
山田利行


<< 天候はいかに。山崎様、北山様と... 出会いの山旅!坂井夫妻と行く5... >>