夢をかなえるプライベートハイキング。清水夫妻と行くレイクオハラの旅 8/1/2019


d0112928_12014680.jpg
Dream Came True !!!!!!!!!!
d0112928_12014675.jpg
皆さんこんちには、こんばんわ、はたまた、おはようございます。
本日のブログ担当は、ハッピー野郎(ヤムナスカガイドの板倉)がお送りします。
d0112928_12010880.jpg
本日は2年連続でヤムナスカのハイキングに参加していただいた、
リピーターでもある、清水夫妻と
「夢をかなえるプライベートハイキング」に行ってまいりました!
d0112928_12010918.jpg
今回、私たちが向かったのは、
レ・イ・ク・オ・ハ・ラ!
一般では、まずバスのチケットを入手することができません!
その激レアチケット争奪戦を勝ち抜き、
さ・ら・に・【プライベート】でのハイキングという
まさにレイクオハラを自分の好きなように歩ける夢のようなハイキングを行いました!

清水夫妻は1年前からこの日をモチベーションにお仕事に励み、夢と希望をもち、
絶好のハイキング日和で当日を迎えました。


出発前にミーティングを行い、希望の場所、目的地、通過点等を話しながら、
限られた時間の中で出来る限り遂行できるよう、調整し、

いよいよ夢と希望に満ち溢れるハイキングに出発です!!!!

d0112928_12014788.jpg
出発して数分でエリザベスパーカーハットに到着。
後ろに見えるオダレイ山が圧巻の光景で私たちを迎え入れてくれます。
d0112928_12011065.jpg
今回、提案して頂いたルートを全て回るため、スタスタと軽快なテンポで登っていきます!
 岩々していますが、トレイルがしっかりしているため、安心安全です!
d0112928_12011000.jpg
歩き始めてあっという間、1時間弱で最初の目的地、レイクマッカーサーが顔をのぞかせてくれます。
d0112928_12011088.jpg
どやーーーーーー!!!

マッカーサーブルーが濃い!
本当に素晴らしすぎる!!

ついにレイクマッカーサーに到着です!
d0112928_12013290.jpg
ここは何度きても飽きることが無い、神秘的な空間です。
その日の気温や天候、光の照射具合によって、毎回表情が違い、同じ光景を見ることは二度と出来ません!
一瞬の間、1秒1秒にドラマがあり、カメラ好きには聖地のようなところです。
d0112928_12013221.jpg
清水様の「レイクマッカーサーは何時間でも見ていたい」
という希望もあったのですが、心を鬼にして、早めに切り上げました。

ここは何度振り返った事でしょうか。
マッカーサーが後ろ髪を引くように何度も振り向かせてきます。
名残惜しいですが、次に向かいましょう。
d0112928_12013235.jpg
今回の旅のハイライトである場所は、
時間的にも、プライベートだからこそできるものだと僕は思います。
d0112928_12013382.jpg
その場所がここ、「ALL Soul's Alpine Route」です。
d0112928_12013364.jpg
ここは急な登りや、崩れている個所、落石などの恐れもあるため
限られた人しか入ることが出来ません。
危険があれば折り返すことを念頭に登りはじめ、



ついに、、、



夢であった場所に、、、



d0112928_12014524.jpg
到着しましたーーーーーーーー!!!!


ここからの景色は言葉では表せません。
本当に素晴らしい場所は言葉はいらず、自然と涙が流れます。
本当に夢のような場所、
来た人にしかわからない感動がここにはあります。



時間も限られているため、長居することはできず、すぐに下山。

ご褒美のキャロットケーキを目指し、安全に下山を開始しました。

d0112928_12014628.jpg
清水夫妻は本当に強運の持ち主。
最近天気の悪かったロッキーを晴れさせ、
キャロットケーキも残り1つだけ!

今回の旅のドラマは一生の思い出になったのではないでしょうか。

d0112928_12014690.jpg
じゃんけーーーーん ポイッ!!!

1個のキャロットケーキを三等分にし、誰が一番おいしいところを食べるか
勝負したところ、、、


ちゃっかりやるときはやる
ハッピー野郎でした。



清水夫妻

今年もヤムナスカのハイキングに参加していただき、誠にありがとうございました。
最高のプライベートハイキングになったのではないでしょうか。
清水夫妻の一生の思い出に携われたこと、夢を叶えるサポートが少しでも出来たことが、
私にとって何よりも価値のあるものでした。
是非、またいつかロッキーで再会しましょう!!!

【人生の思い出として、わずかな一瞬ですが、一緒にハイキングをしていただき ありがとうございました!】



ヤムナスカ・ガイド板倉 由浩 (いたくら よしひろ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-08-06 09:07 | ふたりの山旅 | Comments(0)


<< 「アイスライン・トレイル」足慣... コタロウ君、お母さんと行く。夏... >>