冬ロッキーの魅力全てをあなたに。登りに滑りに盛りだくさんツアー。【1/1/2019】

d0112928_02530201.jpg

ヤムナスカガイド谷です。
ロッキー大好き森さんと渡辺さんを今回は冬ロッキーにご案内しました。

冬のロッキーって何するのって疑問に思っている方、スノシュー、アイスクライミング、バックカントリースキー
アイスバブル鑑賞など、観光以外にも実はできることは沢山あるんですよ。


さて話は逸れましたが、森さんと渡辺さんはカナディアンロッキーの大のリピーター。二人の過去の山行はこちら↓


お二人が今回選んだのがスキー、そしてアイスクライミングです。
なんか難しいとお思いの方、森さんはロッククライミング初級者で、そして渡辺さんは懸垂下降などのロープ技術系は初めてです。
さてどうなったのでしょうか?ツアーの模様をご紹介していきます!


d0112928_01271232.jpg
初日は冬バンフの観光の定番、ジョンストンキャニオンでのアイスウォークから。

d0112928_01512020.jpg
アイスウォークを楽しんで展望台に着けば、アイスクライマーたちがいますね。
見てるだけじゃもったいないので、僕たちやって見ましょうか?

d0112928_01485547.jpg
ほとんどの人がこの凍った滝を見て帰ります。美しい渓谷ですね〜。

d0112928_01275951.jpg
初めてのアイスクライミングです。渡辺さん頑張ってますね。
ガイドと行けば、初心者でも安心安全です。
アイスウォークにアイスクライミング両方楽しんじゃいましょう。

d0112928_01523154.jpg
夜はレイクルイーズの隠れ家「ベーカークリーク・ロッジ」で一泊。

d0112928_01263515.jpg
翌朝、ボウ川のほとりをバックカントリースキーです。

d0112928_01262531.jpg
線路の側も歩いて、まるでスタンドバイミー。 
雪がふかふかで楽しかったですね。

d0112928_01541985.jpg
さてその日は半日でスキーを切り上げジャスパーを目指します。
アイスフィールドパークウェイの途中寄り道でアブラハムレイクへ。

d0112928_01530350.jpg
二人とも凍った湖に寝そべって何見てるんですか?
寒くないですか?んー二人の目線の先をよーく見てみると

d0112928_01533896.jpg
ロッキーの宝石、アイスバブルですね。
気泡が凍って固まったものなのですが、一つとして同じものがないので見ていても飽きることはありません。

d0112928_01531738.jpg
青空とともにアイスバブル。ロッキー女子は寄り道大好きですね。

d0112928_01544159.jpg
さてジャスパーに着いた翌日は観光地のマリーンキャニオンへ。上から見るとこんな渓谷。
ほとんどの人が上だけ歩いて帰りますが、僕たちは違います。
d0112928_01552362.jpg
なんか真剣に教えてますが、そうガイドを雇うメリットはここです。
自分だけではアクセスできない場所にアクセスする。懸垂下降でキャニオンの底に降りていきましょう!!

d0112928_01553882.jpg
人生初の懸垂下降はジャスパーで!!渡辺さん決まってます。

d0112928_01562196.jpg
下りればそこには見たことのない自然の造形美が。
ため息が出ますね〜。

d0112928_02002538.jpg
まずは降りた渓谷の底を探検しましょう。つい見上げたくなる景色がそこに。

d0112928_01565584.jpg
安全にキャニオンを進んでいきます。

d0112928_01592845.jpg
見つけた氷の洞窟で記念撮影。

d0112928_01555701.jpg
さて探検が終われば、アイスクライミングを楽しみましょう。
森さんも、渡辺さんも本当に上達しましたね。

d0112928_02010658.jpg
冒険の後はジャスパーの街へ、ここでの博物館巡りは日本人にとって特別なものです。

d0112928_02012709.jpg
そう、ここには槇有恒さんたちが初登頂したロッキー最難の山、Mtアルバータの銀のピッケル物語の史実が展示されています。
博物館の方に許可をもらって撮影さしていただきました。
ここに来るたび、誇らしい気持ちになりますね。日本人でよかった。

僕自身、アルバータの登頂していまして、日本人では第5登目です。その僕が説明するアルバータ初登頂の話は悪くないはですよ。


d0112928_02013991.jpg

さてこれで今回の旅はおしまいです。
いかがだったでしょうか?初アイスクライミング、初懸垂下降、初アイスバブル。
年明け早々、初物づくしで縁起がいいですね。
また仲間を誘ってぜひいらしてくださいね。
僕はいつでも待ってます。

森さん、渡辺さんの2019年はカナディアンロッキーから素晴らしいスタートをきれたんじゃないでしょうか?
この夏も戻ってきてくれる二人がロッキーでどこに行くか、楽しみですね。
では8ヶ月後また!!


ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2019-01-08 06:12 | 登頂 / クライミング | Comments(2)
Commented by モリアキコ at 2019-01-09 05:25 x
初ものづくしの縁起のいい冬ロッキー。
アイスクライミング、バックカントリースキー、アイスバブル、ミュージアム…
欲張りすぎたかとも思いましたが、
ロッキーに関しては欲張りがいいですね!
積み重ねてきたロッキーでの思い出を
さらにうわ回る素晴らしい体験ばかり。
特にアイスクライミングは、私の中でまた何かが変わった、変えたいと思った素晴らしい時間でした。
余韻がおさまることはしばらくなさそうですが、
この余韻とともにまた次のロッキーを考え始めます。

素晴らしい年明け、ありがとうございました!!!
冬ロッキーも恒例になりそうです(*´∇`*)
Commented by ymtours at 2019-01-26 08:56
森さん、アイスクライミング、今度はマルチに行きませんか?
多分カスケードフォールとか登れると思います。
純粋に楽しいので、ぜひ次回検討して見てください。


<< ユーコン ホワイトホースの手つ... アマデウス。ミックスクライミン... >>