山岳救助の一部始終を見た ラーチバレー

d0112928_03120630.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの西牟田です。
本日は人気のあるラーチバレーハイキングに大木様ご夫婦をお連れしました。
山火事の影響で霞がかった景色が広っていますが、
山ではなかなか見る事のできない山岳救助の一部始終を見る事ができたツアーになりました。
写真を混じれつつ何が起こったかをお見せします。
d0112928_03093228.jpg
ある程度登った場所にテンピークスが見渡せるスポットがあり、シルエットを見ることができました!
d0112928_03093356.jpg
d0112928_03120630.jpg
煙の中でモノクロの世界かと思いきや、カラフルなお花畑が出迎えてくれました!
フラワーウォーキングを楽しむ事ができました!
d0112928_03153666.jpg
目的地のミネスティマレイクスに到着すると…
d0112928_03153714.jpg
d0112928_03153768.jpg
なんと、ラーチバレーにそびえ立つマウントテンプルで滑落事故があり、救助隊がヘリコプターでやってきました。
マウントテンプルに登頂途中の男性が滑落し、足を骨折。自力で下山できないためヘリ救助を呼んだそうです。
d0112928_03180718.jpg
この絶壁と絶壁との間の溝の部分でヘリ救助を待つ男性…
d0112928_03180608.jpg
ヘリはこの急斜面には降り立つ事ができない為、一旦救助隊をヘリコプターが男性の近くまで降ろし、
再び平らな所に戻ってワイヤーで男性を吊り下げる作業となりました。

d0112928_03135074.jpg
d0112928_03153862.jpg
d0112928_03180898.jpg
私達はこの一部始終を休憩をしながらじっくりと見る事ができました。

事故が起きた時、最初に駆けつけたハイカーが救護処置が出来る方で、その場で処置をしたそうです。

その方とも下山時に話す事が出来ました。
怪我人はしっかりとした山のギアの準備が無く、トレイルから外れた所を登っていたそうだです。

安全の為にも、事前に山の情報を調べて、知識、技術を大切さを改めて知る事が出来ました。

山は楽しくも常に危険との隣り合わせです。
このような事故を目の当たりにして再び身を引き締めて行こうと思った瞬間になりました。
d0112928_03180819.jpg
最後に私達もテンピークスと同様シルエットで旅の思い出を飾りました!

大木様
本日は山旅3日目ご一緒できて素晴らしい経験となりましたね。
翌日の最終日が旅のフィナーレです。
最後まで安全かつ楽しんで行きましょう!


ヤムナスカ・ガイド西牟田 春陽 (にしむた はるひ)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2018-08-15 03:53 | ふたりの山旅 | Comments(0)


<< 国際色豊かな10名のチーム! ... 気軽に行ける絶景ハイキング タ... >>