バカブー州立公園 - ハウンド・トゥース登頂

d0112928_03082059.jpg

ヤムナスカガイド谷です。
今年も戻ってきてくれました安達さん、昨年に続き世界最高のクライミングエリア、バカブーです。
さて今年は去年の氷河トレッキングの時に見えたHound tooth(冒頭の写真)というピークに登りたいとのリクエストをいただきました。

昨年のブログはこちら↓


もちろんお答えしますよ。見えてる山は全て登れる山なんです。登頂でしたら私にお任せください!

さて初日はいきなりバカブーには入らず、観光で有名なコロンビア大氷原で氷河トレーニング。
でもトレーニングといっても素晴らしいロケーションで学べばより習得も早いし楽しですよね。
ちなみに安達さんアイゼン人生2回目です。
雪上車もいいですが、ガイドと一緒に安全に氷河の上を歩くってのもオススメです。
d0112928_02570795.jpg
基本的なアイゼンワークや氷河上のロープワークを教えさせていただきました。
d0112928_02562343.jpg
大きなクレバスももう怖くないですね。どちらかというと美しい。
d0112928_03292080.jpg
クレバスの中に懸垂下降で入ってグレーシャーブルーを堪能しました。
アドベンチャー!!
d0112928_02574900.jpg

練習もバッチリ。さて車はバカブーに向けて出発です。
今晩のお宿は川沿いのキャンプサイト。
d0112928_03072717.jpg
ガイド、お客さんの合作。地ビールと共においし〜くいただきました。

さてバカブーへの入山です。
d0112928_03081013.jpg
安達さんが指差しているあの山がハウンド・トゥース、直訳で犬歯ですねー。なんか可愛い。
あんな尖った山に登れるの?というか山というより岩塔?
登れます。みなさん登ることができるんですよ。

ちなみに今回は登頂なので、アプローチなどは情報は冒頭の過去のブログを参照してください。
d0112928_03425396.jpg

翌日に備えてボルダーキャンプ場でゆっくり。明日に備えます。

さて登頂日。

d0112928_03461222.jpg
朝暗いうちに起きて、歩き始めると明るくなってきた。
d0112928_03084829.jpg
去年のハイポイントで余裕の昼寝?
これも贅沢ですね。

その時の動画。
d0112928_03092757.jpg
登頂成功!!
d0112928_03095439.jpg
バカブー氷河がでかい!!
d0112928_03094404.jpg
サミットショット。今回は僕も写らせていただきました。
d0112928_03083033.jpg
懸垂下降とハウンドトゥースと大氷河。絵になります。

無事キャンプに帰ると、夕ご飯〜。
d0112928_03085818.jpg
ロコモコ丼うまかった。
d0112928_03090689.jpg
そしてお休みなさい。

さて翌日はコンディションも良く、2日目に目標の山を登れたのでもう少しハードな
Pigeon Feather ピジョンフェザーの登頂にしました。
d0112928_03101485.jpg
難所である、バカブー・スノーパッチコルを登る。眼下には去年登ったイーストポストが見える。
コルを越えれば
d0112928_03102504.jpg
この景色。下の動画もどうぞ!!




まさに最高のエリアですね。ぜひもっと沢山の人に来て欲しい。
d0112928_04055344.jpg
ピジョンのコルに到着。他のクライマーも続々と登って来てました。

d0112928_03104388.jpg
僕たちはこの真ん中の氷河を抱いた白いピークに登りますよ。
d0112928_03111165.jpg

急なアイスクライミングをこなせば、




最後のサミットプッシュの動画です。

頂上からは最高の景色。おめでとうございます!!
来年の目標も決まったようですね。
d0112928_03103486.jpg

そこに行けば、また新たな目標が見えてくる。山とはそういうものかもしれないですね。
安達さん、今回も素晴らしい経験ができましたね。また一緒に次に進みましょう。


さていかがでしたか?「こんな場所、私には難しすぎて」「これは敷居が高い」なんて思った人もいらっしゃると思います。
でも、もしあなたが行きたい場所がその山なら、ぜひその扉を叩いてください。
日本で頂上に立ってるのにカナダで立てないわけはないわけですから。
一緒に一歩を踏み出しましょう!

ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2018-08-05 04:25 | 登頂 / クライミング | Comments(2)
Commented by 安達 美保 at 2018-08-19 20:43 x
「最高」という言葉では足りないくらいの場所だと思ったバガブー。
今年も素晴らしい体験の数々でした。

昨年はバカブー・スノーパッチコルへと登って行くクライマー達を憧れの気持ちで眺めていたのを覚えています。
その先の大氷原を見てみたいけれど、クライミングもできないし、アイゼンをつけて氷河を登る技術も体力も身に着けていなかったから。
今年は、その憧れの場所にこの足で立ち、その素晴らしい景色を見ることができました。
登りたいけれど、私には無理だ・・と思っていたのですが、谷さんの「大丈夫、登れますよ~」の言葉を信じて、必死に後をついて行きました。Pigeon Featherの最後の登りは本当に必死でした・・(笑)

ガイドをお願いした5日間の山行中は、山での技術や知識をたくさん教えていただきながら、長い道のりを歩きました。日本での1年より、谷さんと一緒の1日の方が成長した気がします。
谷さんの山への熱い思いに触れて、もう少し山の経験を積んでみたくなりました。

Hound toothに登れたこと、大氷原を8時間歩けたこと、クレバス体験ができたこと、名もないキャンプサイトで美味しいBEERとお肉を食べたこと・・

忘れられないカナダ旅となりました。ありがとうございました。
Commented by ymtours at 2018-09-09 10:35
安達さん。写真で見直すと天気もいいしいい5日間でしたね。山火事を避けれてすべて上手く行ったって感じです。本当に僕も楽しませてもらいました。さて来年に向けて動き出しますか!! 谷


<< 絶対一度は訪れたい ラーチバレー 家族で行くラーチバレー&ターミ... >>