家族で行くラーチバレー&ターミガンサークツアー

d0112928_05052887.jpg

皆さんこんにちは。ヤムナスカ・ガイドの水野です。
もうあっという間に8月が来てしまいました。
ロッキーの夏はというと、20度前後と日本のように40度になることはございません。
こちらでは、気温が25度超えれば猛暑日となります。笑

さて!

今回のツアーは、高木様ご家族と金指様5名を2日間ご案内させて頂きました。
ご家族でのプライベートツアーとなっており、家族仲睦まじい様子にとても癒されました。


まず最初に行ったのは、大人気ハイキングコース「ラーチバレー」です。
途中、鼓太郎君がたくさん写真を撮っています。
d0112928_05061929.jpg
まずは、キノコ!

d0112928_05063235.jpg
次は・・キノコ!
d0112928_12421706.jpg
お待たせしました。ようやく地リスの登場です。
この辺は、ピーッピーッと鳴き声があちこちから聞こえます。
d0112928_12464375.jpg
地リスもいいですが、テンピークスも写真お願いします!
3000m級の山がずらっと並んでいて、圧巻の景色です。
気づけば、テンピークスが後ろに現れてきます。

d0112928_12523472.jpg
皆さん、見えますか?ライチョウです。
ランチをミネスティマレイクの前で食べていたところ、
ライチョウの親子がゆっくりこちらへ歩いてきました。

高木様ファミリーの楽しい会話に混ざりたかったのでしょうか?

鼓太郎君は、今回、地リス、シマリス、ライチョウ、マーモットの素晴らしい写真を収めていました。
さすがです。


そして、2日目は、カナナスキス州立公園内にある「ターミガンサーク」です。
ここは、知る人ぞ知る地元民に人気のハイキングルートです。

歩き出しから、2000mを超え、気軽に高山植物が見れるのでオススメです。
今日は何が撮れるでしょうか?

d0112928_13134141.jpg
樹林帯を抜けると、一気に開けたメドウにでました。
またしても地リスの鳴き声が!

別の鳴き声が聞こえ、岩場に目をやると・・・
d0112928_13153961.jpg
新たな動物発見!
とても小さいのでわかりにくいですが、ピカです!

d0112928_13222803.jpg
無事ランチスポットへ到着!
みんなで記念撮影です。
d0112928_14100699.jpg
少し急ですが、みなさん小股でスムーズに下ってきました。

d0112928_14110965.jpg
なんと!ビックホーンシープが目の前に!
素晴らしい景色を背景に素晴らしいポーズをしてくれました。
ロッキーだからこそ、見れる風景ですね。

d0112928_14140182.jpg
最後は、ミネワンカ湖で記念撮影です。


高木様、金指様2日間ツアーにご参加頂き、誠にありがとうございます。
一昨年に続き、今年も日帰りツアーということで、様々な場所に行けたかと思います。

ロッキーには、まだまだおすすめのツアーもありますので、
また、皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

この度はありがとうございました。

ヤムナスカ・ガイド水野 達也(みずの たつや)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2018-08-03 22:39 | 家族の山旅 | Comments(2)
Commented by 高木かほり at 2018-08-09 22:20 x
水野様

ジメジメと蒸し暑い日本に帰ってきました。
この度は、2日間、ロッキーの山を案内していただきありがとうございました。
5人それぞれが楽しめるよう気を配っていただき、本当に楽しく、思い出に残る旅になりました。
ツアーのたびに、毎回違う景色が見られ、自然の偉大さを改めて感じました。
息子も、初めて見る動物たちに興奮し、来年もまたカナダに行く!と言っています。

帰国の飛行機から、ロッキーの山々をみることができました。素晴らしい景色でした。
私も、またカナダを旅したいと思いました。
その時はまたよろしくお願いいたします!!

Commented by 水野 at 2018-08-10 22:30 x
高木様

長旅お疲れ様でした。
2日間ガイドさせて頂き、ありがとうございました。
ありがたいコメントを頂き、大変嬉しく思います。

ピカ、ライチョウ、ビックホーンシープなど、あんな目の前で観れたので、びっくりしました。
鼓太郎君も満足して頂けたのなら、安心しました。
カナディアンロッキーはとにかく広いので、まだまだ驚くような景色があります。
是非、また遊びに来て下さい!

この度は大変ありがとうございました。


<< バカブー州立公園 - ハウンド... アシニボインとレイクオハラを巡... >>