2017-18年冬のオーロラシーズンを振り返りましょう。今冬もたくさんの"FUN"がありました!

d0112928_05581849.jpg
皆さんこんにちは!
ヤムナスカ・ユーコンの堀口です。

しかし今シーズンの冬は寒かったなぁ~という印象です。
-40℃レベルの寒さが何度かあり、ユーコンの冬の厳しさを感じました。

4月半ばになり一日の日照時間が非常に長くなり、グッと暖かくなってきました。
日本でも新学期が始まり、心機一転で春を迎えている方も多いのではないでしょうか。
ホワイトホースでもすっかり雪が解け始め、春の訪れを感じます。
そろそろ外でバーベキューなんてことも考えている人も多いのでは。

ヤムナスカ・ユーコン支店は、今シーズンも無事にオーロラシーズンを終えることが出来ました。
今年も沢山の皆様にオーロラの神秘と、極北の大自然を味わっていただきました。
お越し下さった皆様、誠にありがとうございました。厚く御礼申し上げます!

今年は太陽の活動が穏やかで、オーロラ低迷期!?なんて言われていましたけど、誰がそんなことを言ったんでしょう?そんな噂を覆すほど、活発にオーロラは発生しホワイトホース市内からでも、街の明かりに負けないオーロラをたくさん見ることが出来ました。

d0112928_02492941.jpg
d0112928_02492333.jpg
これは自宅前から撮影したものですが、このレベルのオーロラが発生すれば町中からでもはっきりと肉眼でオーロラが見れるのです!


さて、今シーズンもおかげさまで沢山のオーロラツアーを行うことが出来ました。
まずはホワイトホース郊外に宿泊してオーロラを自由に満喫する、豪華ロッジ、イン・オンザレイク

d0112928_05585913.jpg
ヘッドシェフのトロイさんの料理は非常に定評があり、ホワイトホース市内からわざわざディナーだけ食べにくるお客さんも多いほど。今年も多くのお客様に自慢の料理を提供してくれました。

d0112928_05590661.jpg
d0112928_05592182.jpg
d0112928_05591377.jpg
元気な方は日中もオプショナルツアーで満喫。
人気の「ミート・ザ・ワイルド」、「ネイチャー・ウォーク」で極北に住む動物たちに出会ったり、ユーコンの雄大な大自然を満喫してもらいました!



1月にお越しいただいた、相川さん、田村さんのお二人からはロッジ宿泊時にGoProで撮影された、オーロラの映像をいただきました。
ジャクジールームというロッジで唯一北側にベランダがあるお部屋で、この映像はそこで撮影されています。
これはタイムラプスという撮影方法で複数の写真をつなぎ合わせ、動画を作成されたものです。
しかしGoProでこんなにバッチリオーロラが撮影できるとは驚きでした。
ちなみに私はこの後GoProを購入しちゃいました。

お二人のオプショナルツアーの様子はこちら から。


d0112928_05592784.jpg
シーズン終了後にはロッジオーナーのカーソンさんとミーティングの場を持ち、意見交換を行いました。
お客様にとってより快適に、満足いただけるにはどうすればよいか。お互い違う立場でどのようなことができるのかをじっくりと話し合いました。このようにロッジと密接にコミュニケーションを取ることが、我々の強みだと思っています。


年末年始には青島様ご夫婦が参加されたのは、森の隠れ家 カークロスロッジ
d0112928_04213216.jpg
d0112928_05595052.jpg
私堀口が、ガイドとしてご一緒させていただきゆったりロッジで4連泊。ガイド付きなのでオーロラ鑑賞やカメラの操作などは安心です。
アットホームなロッジは洗練された雰囲気も併せ持ち、とても心地良く過ごすことが出来ます。

それにしてもこのときはシーズン一番の寒さだったかもしれません。
最低気温が-38°とすべてが凍てつく世界で、まさに極北体験といったツアーでした。
d0112928_06000564.jpg
ちょうどこのツアーで2017年の年越しを迎え、ロッジオーナー夫婦がワインを振る舞ってくれました。
新年とオーロラの出現を祈り、かんぱーい!!

d0112928_04295746.jpg
新年一発目の日中のアクティビティーは何とツンドラでのスノーシューハイキング。
アラスカとのボーダー、ホワイトパス峠の雪深いエリアを歩きました。
お二人ともスノーシューは初めてだったのですが、深々と積もる雪の上をしっかりと歩いていただきました。



そして、何度もユーコンに来ていただいている、写真家のむらいさちさんとのオーロラハンティングツアーでは、ガイドの本山が現地ガイドならではの天候、オーロラの活動状態を判断しホワイトホース郊外を駆けずり回り、見事素晴らしいオーロラを観察することが出来ました!

d0112928_06003458.jpg

写真撮影が大好きな皆さん。
どこへ行っても色々な被写体があり、飽きることはありません。
d0112928_06004168.jpg

この写真はドローンで上空から撮影されたもの。
人が住むところが少ないユーコンでは、あらゆるエリアで許可なしでドローンを飛ばすことが出来るので、ある意味ドローン天国かも!?
もちろん、野生動物などが現れた時はむやみに近づいて、脅かしてはいけません。

d0112928_06004771.jpg
d0112928_06005369.jpg
夜は見事にオーロラゲット! ホワイトホースの天気は狭いエリアで天気が異なるので、車で30分ほど移動するだけで晴天なんてこともあるので、決してあきらめてはいけません!

さちさん、またのお越しをお待ちしています!
このツアーの詳細はこちらから。


こちらは何度来ても飽きない、大自然に包まれる宿 クルアニ・ロッジ

今年もキャンモアから植木が助っ人として、ツアーの重要なポジションのシェフを務めてもらいました。

d0112928_06011835.jpg
d0112928_06010515.jpg
こんなロケーションで日中はスノーシューで山岳景色の絶景を楽しみ。

d0112928_06011001.jpg
夜はゆったりと自分の時間が許す限りのオーロラ鑑賞。

貸切ロッジで、専属シェフ、ロッジからのオーロラ鑑賞と、日中は最高の景色でスノーシュー。
考えただけでも贅沢すぎる、このツアー。
これは正に「大人の遊び」です。


最後は昨年の大好評につき、イヌビックツアーを3本催行することが出来ました。
このツアーはオーロラ写真家の中垣哲也さんと日本のアルパインツアーとのタッグで実現した、究極のオーロラツアーと言ってもいいでしょう。

d0112928_06012792.jpg
果てしなく続くツンドラの大地に真ん中にあるイヌビック。

オーロラのロケーションとして申し分なく、連日我々に素晴らしいオーロラショーを見せてくれました。

d0112928_06013279.jpg
d0112928_06014068.jpg
このツアーのブログはこちらからどうぞ↓↓
3月3日発
3月17日発


また、ツアーの合間を縫って今年はゴールドラッシュの面影が残る町、ドーソンシティーへ本山と私で調査へ行ってきました。

d0112928_02491091.jpg
西部劇の舞台にタイムスリップしたかのような町並みは、ぶらぶら歩きながら撮影しているだけであっという間に時間が過ぎていきます。

d0112928_02491996.jpg
秋は真っ赤なツンドラの紅葉でおなじみのトゥーム・ストーン準州立公園ですが、私個人的には冬山の荘厳な景色に魅力を感じます。

d0112928_02491490.jpg
たった1泊の調査で出かけたのですが、我々やはり持ってます。一発でこんなオーロラを引き当てるのですから(笑)
というかドーソンにポテンシャルがあるのだと思います。

自分たちが楽しんでできるツアーを創り上げるを信条に、これからも新しい発見を探しつつ新企画をどんどん出していきたいと思いますので、是非ご期待ください!



最後は私堀口がイヌビックでオーロラをタイムラプスで撮影したものを、動画にまとめましたのでご覧下さい。








シーズンを振り返ってみると今年も多くのお客様にお越しいただき、沢山のツアーを行うことが出来ました。
我々は常々自分たちが感じている、素晴らしい極北、オーロラの体験を多くの皆様と共感することが最大の喜びと感じています。
ユーコンは来て初めて感じるものが多い土地なので、言葉や写真ではなかなか伝わりにくい部分があります。
これからも多くの方にお越しいただき、雄大な自然の偉大さを肌で感じていただきたいという気持ちは変わりません。
皆様からの「ありがとう」の一言に毎回勇気付けられます。

今シーズン、ヤムナスカのオーロラツアーにご参加いただきました皆様。心より感謝いたします。
またどうぞ、いつでもお越しください。

さあ、これから春がやってくるのですが、もうすぐそこに夏が来ているような感じもしています。
少しの間、充電、準備期間を経ますが、また熱いロッキーの夏がやってきます!
それまで皆様も充電期間としてくださいね。(笑)

ヤムナスカ・マウンテン・ツアーズ
堀口慎太郎

by ymtours | 2018-04-20 02:09 | お知らせ | Comments(0)


<< 2018年。ヤムナスカ恒例のス... 大自然の中でゆったりオーロラ ... >>