雪の楽園・冬のアシニボインロッジに滞在!2018年2月11日



d0112928_07075961.jpg
アシニボインロッジって、予約が取りにくいと聞いたんですけど、、?
皆さん、ヤムナスカガイド、ヒロです!その通り、アシニボインロッジはカナディアンロッキーにあるロッジで最も人気のあるロッジで、さらに予約をするのが最も困難なロッジの一つとして知られています。旅行計画は最低でも一年前にはじめる必要がありますがしかーーし!
冬は週末を除けば、夏に比べると比較的に予約が取りやすいという「裏技」があるのです、、、。
そして、「山は冬山が一番美しい」とお考えの皆さん、冬のアシニボインロッジでの滞在で、人生観が変わることをお約束します。

d0112928_07305506.jpg
ヘリコプターで入山後、早速出発!



初日のスノーシューの様子


d0112928_07322031.jpg
サマートレイルの標識の頭の部分がぎりぎり出ていてます

d0112928_07472835.jpg
I Phone 5s(古い!?)でちょこっと編集で撮ってみました。携帯でも十分に美しい景色が撮影できます!

絶景なり。
d0112928_07493295.jpg
もう少しでロッジ!温かいドリンクと、日替わりで変わる午後の紅茶の時間が待っています。

d0112928_07512500.jpg
夕食の前、食べすぎ注意!といつも自分に言い聞かせながら、摘んでいきます(笑)

d0112928_07551977.jpg
ラウンジでは絶景を眺めながら、スナック、、。贅沢すぎます、、。

d0112928_07553976.jpg
1928年に始まった歴史のあるスキーロッジ、アシニボインロッジ。滞在者の殆どがリピーターの方々。

d0112928_07575931.jpg
部屋はそれぞれ高山植物の名前がついています。このお部屋は神原さんのお部屋
Mountain Avens=チョウノスケソウ

d0112928_07561735.jpg
ディナーも日替わりです。今回は1日目がサーモン、2日目がチキン、3日目がラム肉。もちろんベジタリアンの方にも対応可能!

d0112928_08071646.jpg
ド快晴の朝を迎えます、、、、。

d0112928_08081226.jpg
日陰はマイナス28度と、真冬の気温です。

d0112928_08100413.jpg
クロカンスキー、バックカントリースキー、スノーシュー、それぞれの体力や趣向に合わせてグループに分かれます。われわれは勿論、プライベートでスノーシューへ。

d0112928_08133790.jpg
ワンダーパス(峠)への道は往復貸切!雪質が最高で、とても軽いパウダーはラッセルも全く疲れません(笑)

d0112928_08260342.jpg


ワンダーパス到着!絶景なり。

d0112928_08290551.jpg
サンバーストレイクへの途中

d0112928_08300742.jpg
この日は強風で、体が冷える前にロッジへ帰ることを決断。無理をせずとも、ロッジでのゆったりとした時間を楽しめるのも、長期滞在の醍醐味です。

d0112928_08313090.jpg
1日の締めくくりは専属のシェフが腕を振るった料理とワインで乾杯。同じテーブルに着いた各国のゲストと共に過ごす夜は、忘れられない思い出です。

d0112928_08323042.jpg
最終日の夜はロッジ専属のガイドのMarcと。オーストリア出身の彼はとても気さくで、ホスピタリティーにあふれています。

d0112928_08335842.jpg
ロッジオーナーのアンドレ(中央)とほかの滞在者の方々と。

d0112928_08354256.jpg
ミネソタ州から来たMarkさん(2人とも同じ名前)が、日本のモンベルを愛用。神原さんも愛用のモンベルジャケットで記念撮影!

あっという間の4日間、、、、。素晴らしい体験でした、、。

d0112928_08375122.jpg
神原様、今回でお二人とご一緒させていただいたのは3回目。一度目はスタンレーミッチェルハット縦走、2度目はシャドーレイクロッジ、そして今回は憧れのアシニボインロッジ、、、。いつもいつも本当に楽しい時間をありがとうございます!お二人とまたお会いできることを、心より楽しみにしております!

ヤムナスカ・ガイド篠崎 洋昭(しのざき ひろあき)
ガイドプロフィールはこちらから



by ymtours | 2018-02-16 08:58 | ふたりの山旅 | Comments(0)


<< 《 Yukon Brewing... オーロラ撮影は難しいと思ってい... >>