東様ファミリー ロッキー縦横無尽にハイキング


d0112928_23311495.jpg

ヤムナスカガイドの加藤です。今回はとても素敵なご家族、「東ファミリー」をご案内しました。
3日間の模様をダイジェストでご紹介します。写真や動画はたくさんのことを語らなくても楽しさが伝わってきますね!

初日の今日は、ジャスパー国立公園へ足を延しました。

国際色豊かなハイカーが集まるウイルコックス峠にハイキング。コロンビア氷原から
溢れ出したアサバスカ氷河とドーム氷河を見下ろす絶景のコースです。

d0112928_23334068.jpg
氷河おろしの強い風もなんのその。元気一杯の里奈ちゃんがママとパパをリードます。

d0112928_23335516.jpg
ここはビックホーンシープの生息地。少し離れた草原に16頭の雄の群れを見ることができましたね。
d0112928_23382725.jpg
近いようで遠く。。。草を頬張りながら動き続ける動物を撮るのは結構難しいもの。
パパの的確なアドバイスでカメラのシャッターを押します。
d0112928_23390630.jpg
「わーぁ。ママこれなーに?」ウイルコックス峠近くで面白いものを見つけました。
d0112928_23395044.jpg
沢山の貝の化石が岩にビッシリ。
カナディアンロッキーは海の底の地層が隆起してできたという証拠がココにありました。
d0112928_23405772.jpg
お花モードで化石を接写。
d0112928_23414005.jpg
ウイルコックス山を背景に。圧観の氷河、自然動物&化石。。。ここまで登ってきた甲斐がありました。
d0112928_23422597.jpg
開放感に満ちた高山地帯を足取り軽く下山します。
d0112928_23431502.jpg
二日目はヨーホー国立公園のアイスラインへハイキング。ウイスキージャック登山口から出発です。
d0112928_23434877.jpg
松の樹林帯を抜けて高山帯へ。足元も土の道から岩盤の道へと変化していきます。
d0112928_23443834.jpg
やっと開けた風景の対岸には落差 380mの岩壁を豪快に流れ落ちるタカカウの滝を見下ろすことができました。
d0112928_23452554.jpg
d0112928_23460464.jpg
活発な里奈ちゃんは、滝の真下の大きな岩をよじ登ってみました。耳をつんざくような轟音の滝の音もへっちゃらです。
d0112928_23463062.jpg
マイナスイオンでリフレッシュ。でも結構水しぶきを浴びてしまいましたね。



エメラルド湖で初めてのカナディアンカヌーに挑戦。1時間で立派なパドラーになりました。

d0112928_23470905.jpg
最終日の今日はカナナスキス州立公園のロッククライミングでも人気のあるヤムナスカ山へハイキング。
アスペンとポプラの林を歩き始めました。
d0112928_23475851.jpg
少し疲れてきたころに、ハート形の湖が眼下に見えてきました。心が安らぎます。
d0112928_23484033.jpg
岩場まであと一踏ん張り。道の斜度もだいぶ急になってきました。
d0112928_23490393.jpg
ヤムナスカショルダーに到着。足元にはゴールデンマントルのリス達が遊びまわっています。

ヤムナスカショルダーからは岩を掴んで登るスクランブルで北斜面に巻き込むと。。。違った世界が待っていました。
d0112928_23493874.jpg
ロッククライミングのコースを真上から見下ろしてみた。クライマーいないかなぁ?
d0112928_23504691.jpg
カルガリーの大平原から突如カナディアンロッキーの前衛山
d0112928_23511742.jpg
「ポールの先を見て!あそこまで登って来たんだ~ぁ。」ちょっと自慢気な里奈ちゃんです。


3日間のハイキングはいかがだったですか?次回(こそ!?)は更に山奥へ足を踏み入れてハイキングをご案内させてください。
この度はヤムナスカのツアーにご参加いただき誠に有難うございます。
また再会できる日を楽しみにしております。

加藤
ヤムナスカ・マウンテン・ツアーズ


by ymtours | 2017-08-16 00:04 | 家族の山旅 | Comments(0)


<< レイクオハラエリア最大の氷河湖... 思い出の人生初バックパッキング... >>