森様 氷河登山と登頂 in バカブー

d0112928_9594716.jpg

ヤムナスカガイド谷です。

カナダ大好きの森さんが今年も帰ってきてくれました!
去年、ロッキーの五大パックパッキングトレイルを踏破しさらにMtランドルを登頂した森さん。
実は今回でカナダ10年連続の記念すべき年なのです。
そのような10周年の記念すべき年に選んだのは…
バカブーです!!

バンフから車で約3時間、
ジャスパーより近く、未だに日本人には知られていない世界最高の山域の一つバカブー。
ですが、氷河登山やクライミングだけでなくハイキングやスクランブル(ザイルやアイゼンを使わない登山)も行うことができ、素泊まりの山小屋もある素晴らしい山域です。特にアップルビーというキャンプサイトは泊まるだけで幸せにさせてくれます。登山者の志向、世代を問わず、すべての人が皆楽しむことが出来る場所。
さて森さんと共に行ってみましょう。スタイル問わず、誰もが楽しむことができ、そして感動できる山へ!!

d0112928_1014995.jpg
まずは駐車場から山嵐にタイヤなどのゴム製品をかじられない為に網でしっかり養生します。
これはこれで楽しいんですよ。

d0112928_1023623.jpg
歩き始めて1時間ヤナギランが咲き誇る花畑とバカブー氷河!!
皆さん、バカブーは高山植物の宝庫でもあるんです。
クライミングなんてしなくても楽しめる。それがこの山域の懐の大きさです。

d0112928_1025894.jpg
はしご場も笑顔で通過です。
こういう難所があるからこそ、その後の景色にさらに感動が待っています。

d0112928_1071429.jpg
ここが天空のキャンプサイト、アップル・ビーです。
世界で一番美しいキャンプサイトとして北米の登山誌にも取り上げられるほど。
説明不要、まるで空中に浮いているかのような、氷河と岩塔群、そしてテントのコントラストが美しいです。
ここで泊まるのは、テント好きにはたまらないですよね。森さん。

ちなみに素泊まりの山小屋もあるので、テントじゃなくてもこの山域には来れるんですよ。
なので荷物を気にする方も大丈夫。

d0112928_1063827.jpg
さて明日はあのピークに登ります。イーストポストという山。
なんか切り立っていて難しそうですが…。

d0112928_1065328.jpg
いきなり頂上です。ガイドはロープを使うのでクライミング中の写真がないんですよね。
でもこの景色、そして登頂する達成感は格別です。

d0112928_1073313.jpg
そしてテントに戻れば、ホテルバカブーへようこそ。
世界に一つしかない、テントからの眺めです。

d0112928_1075022.jpg
さて二日目は氷河登山です。
アイゼンをはいて、ピッケルをもって氷河歩いてみましょう。
そこには今まで感じたことない世界が広がるはず。

d0112928_10823.jpg
クレセント氷河とクレセントレイク。そして昨日登ったイーストポスト。
生まれて初めての12本爪アイゼンはどうでしたか?
新しい道具は、新しい扉を開いてくれます。

d0112928_1083365.jpg
スノーパッチスパイア!!
訪れたハイカー、クライマーだけの特別の景色が待っています。

d0112928_1082095.jpg
氷河を歩いていけばそこには…。

d0112928_1084546.jpg
さて名もない氷河湖の畔でお茶しましょうか?
こんな場所に一人だけ…最高の贅沢ってきっとこういう瞬間かもしれませんね。

書いていていつも思うんですが、文字で伝えるのはいつも困難ですね。
来ていただければ、そして登ってもらえばわかる。
そんな世界がここに確かにあるのです。

さて森さん、次は北米のアイガーと称される、Mtテンプルの登頂です。
レイクルイーズに行ったことがある方は必ず見たことがあるこの山。
さて張り切って登りましょう!!

つづきはこちらからどうぞ!

ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから

+++++++++++++参加いただいた森さんから熱いメッセージをいただきました!+++++++++++++

このバガブーこそ、行かないといけない、絶対行くべき場所だと本当に思いました。
昨年までにロッキーでの5大バックパッキングを終え、10年目の節目にこのバガブーへ行けたこと、
本当に幸せでした。今までいろいろ歩いてきたからこそ、またロッキーとは全く違うこの山容に感動し、
全身で感じることができたと思います。

1日目、途中かなりの急登ではありましたが、キャンプ場までのトレイルも氷河を見ながら進む
とても素晴らしいトレイル。そんな中、やっと辿りついたアップルビーキャンプ場。あのシチュエーションは、
はっきり言って反則です。今まで体験したことのない、想像もできなかったそんな場所。
このキャンプ場を訪れるだけでも充分価値のある場所でした。まさに天空のという言葉がぴったりで、
本当に素晴らしかった。初日のキャンプ場ですでに満足していましたが、ここからの2日間ももう想像以上。
すでにひと月以上たった今思い出しても、なんというか、あの時感じた高揚感にまた包まれるようなそんな2日間でした。
1日目はほぼクライミングじゃないですか!?という登頂の1日。今回スクランブルできたらいいなぁとは
思っていましたが、イーストポストに登頂できると聞いた時、かなりうれしかったです。
クライミング経験がない私が、あんなにも楽しめたのは、もう谷さんの技術以外のなにものでもないんでしょうね。
途中、「この人、マジで言ってるのか!?」と何回か思ったことは秘密ですが(笑)、気付けばあっという間に
頂できていました。あの頂きから見た360度の眺め。ロッキーももちろん見えてましたし、
なによりスノーパッチスパイアの向こう側の氷河が見れたこと、いまでもなんか胸が熱くなるような、そんなひとときでした。
やっぱり登頂できるって楽しいです。

2日目は、1日目とはまた違った楽しみ氷河登山。12本爪のアイゼンも初。ピッケル持つのも初。
そんな私が、またまたすごい経験をしてしまった気がします。確実に氷をとらえるアイゼンを通して感じる長い長い「時」の流れ。
初のクレセント氷河でもうすでに感動しっぱなしでした。カナダだからこそできる氷河登山。本当に贅沢な経験ですね。
あのキャンプ場から眺めていたスノーパッチスパイアにピッケルでさわれる距離まで近づけたり、、、
その中でもあのバガブー氷河に登れた時にはもう感情がいっぱいいっぱい過ぎて、必死で呼吸していたと思います。
目の前でパックリ口をあけたクレバスはやはり緊張しましたが、最後のこのバガブー氷河の上にいる自分に感動し、
最高の時間でした。憧れだったバガブー。今度はもう少し頑張って技術を持ってから、ぜひピジョンスパイアに登ってみたい。
もう一度必ず行ってみたいと思っています。最高の4日間でした!!

by ymtours | 2016-08-12 08:54 | 登頂 / アルパインクライミング | Comments(0)


<< 登頂ハイキング フェアビューMt ラーチバレー日帰りハイキング >>