『ノース・エンド・ギャラリー』でユーコンを探しに行こう!

『ノース・エンド・ギャラリー』でユーコンを探しに行こう!_d0112928_257456.jpg




どうもこんにちは堀口です。

今回は『ノース・エンド・ギャラリー』というお土産屋さんを紹介したいと思います。


お土産屋さんと言ってもどこにでもあるような一般的なお店ではなく、ここの商品は全てユーコン在住のアーティストによる作品で、絵画、写真、彫刻、ジュエリー、陶芸そして民芸などここでしか手に入らないユーコンオリジナルの物を多く取り揃えており、同時にギャラリーも兼ねています。

実はホワイトホースはアーティストが多く住む街としても知られており、街をフラッと歩いていてもオブジェのようなアーティスト作品を目にすることが多く、しかも「ゴールドラッシュ」、「オーロラ」、「自然」、「ファースト・ネイション」など「ユーコン」が作品にしっかりと織り交ぜられているのです。

芸術センスのかけらもない私ですが、それらの要素一つ一つが彼らの創作意欲を掻き立てるモノとなりこの土地を愛するようになるのにも納得できます。


『ノース・エンド・ギャラリー』でユーコンを探しに行こう!_d0112928_2572346.jpg


場所はダウンタウンのメインストリートの1本北側の通りと、ユーコン川沿いの通りの交差点の角。
『ベイクド・カフェ』と同じ建物内にあります。
カフェでゆっくりしたついでにちょっと買い物っていうのもいいですね。

『ノース・エンド・ギャラリー』でユーコンを探しに行こう!_d0112928_2573740.jpg


絵画は所狭しと壁に飾られています。
様々なアーティストの作品がありますが、よく見るとやはりユーコンに関係しているものが多いです。
例えばこの写真にはカラスが描かれているものがありますが、ワタリガラスという種類のカラスはユーコンの州鳥で先住民の民話にも登場します。
カナダでよく見かけるトーテムポールの一番上はカラスがモチーフになっていることが多いのです。
日本だと邪魔者扱いなんですけどね。
こちらでは神が宿る動物に一つです。
何だかカラスがカッコよく見えてきました。。
是非作品の中の「ユーコン」を探してみてはどうでしょう。


『ノース・エンド・ギャラリー』でユーコンを探しに行こう!_d0112928_258310.jpg


これは松の木の「こぶ」をくり抜いて作られたです。
もちろんこれは手彫りなので2つとして同じものはありません。
圧倒的に針葉樹が森の多くを占めているユーコンの植生ですが、ハイキングなどしているとたま~に不思議な形に変形したコブがある木をを見つけることがあります。木自身が修復した跡であるなどの説はありますが詳細は未だ解明されていないようです。日本でもブナや杉の木などに見ることがあります。


『ノース・エンド・ギャラリー』でユーコンを探しに行こう!_d0112928_2584411.jpg


こんな絵が家に飾ってあるとカッコいいかも!
写真中央あたりに飾られている独特のタッチの絵は、Nathalie Parenteau(ナタリー・パレントゥー)さんというユーコンのお酒好きは絶対に知っている有名なアーティストです。というのもホワイトホースに工場がある地ビール、ユーコン・レッドのラベルに彼女の作品が使われているのです。



『ノース・エンド・ギャラリー』でユーコンを探しに行こう!_d0112928_8184933.jpg

ローカルにも大人気!ホワイトホースの地ビール、ユーコンレッド。



『ノース・エンド・ギャラリー』でユーコンを探しに行こう!_d0112928_2582010.jpg


このような和風の陶芸作品もあるんです。
イメージがないかもしれませんが、カナダ人お箸の使い方はみんな上手なんです。
それだけ日本食がポピュラーとも言えますが、基本カナダの食事は多国籍なんです。
なんせ2017年で建国150年なんですから、そもそも伝統的なカナダ料理って少ないんです。
だからいろんな食文化がすんなり受け入れられてしまうのです。


『ノース・エンド・ギャラリー』でユーコンを探しに行こう!_d0112928_2592058.jpg


写真家も多く在住してます。
やはりそれだけの被写体があるのです。
私も個人的にオーロラはもちろん写真を撮るのは好きですが、ハイキングやバックパッキングに行くときにいつも重い一眼レフを持っていくかどうか悩むのですが、最終的には必ず持っていきます。持っていかないと必ず後悔してると思います。
雄大な自然、野生動物、オーロラ、その他日本から著名な写真家の方々も多くこの地で作品を残しています。


『ノース・エンド・ギャラリー』でユーコンを探しに行こう!_d0112928_259271.jpg



ホワイトホースは日曜日休みのお店が多いですが『ノース・エンド・ギャラリー』は営業してます!
詳しくはお店のホームページをご覧ください。

ギフトにもご自分にもきっといいものが見つかると思います。
是非あなただけの小さな「ユーコン」を持って帰りましょう。

堀口慎太郎

関連サイト



by ymtours | 2016-08-27 06:37 | ホワイトホース情報 買う | Comments(0)


<< ファミリーの山旅 レイクオハラ... 迫力満点!ラーチバレーハイキング  >>