N澤様、A野様カナディアンロッキーの旅(スタンレーミッチェル小屋宿泊、アイスライン編)

d0112928_1238887.jpg

こんにちは。ヤムナスカガイドの山田です。今回は堀口、浅川との山旅を堪能されて、N澤様&A野様を歴史あるスタンレーミッチェルハットとアイスライントレイル1泊2日の旅へとご案内致しました。お二人がロッキーでハット(豪華なロッジとは違い、素朴な無人小屋のこと)に滞在するのは今回が初めて。バックカントリーハイキングを存分に味わって頂きました。写真はアイスライントレイルからのタカカウフォール。
d0112928_12384332.jpg

いつもよりちょっと大きめのバックパックと一緒に出発します。中身は期待とおいしい食べ物(笑)。
d0112928_12393298.jpg

トレイルヘッドにて今日の行程の確認。さあ行きますよ。
d0112928_1239512.jpg

ヨーホーリバーに沿って歩きます。どのくらい冷たいかやっぱり気になりますよね?
d0112928_12401245.jpg

滝を越え、樹林帯を登ると視界が開けてきました。もうすぐ小屋の合図です。頑張りましょう!
d0112928_12403048.jpg

ハットでの楽しい夕食の時間。シェフのいないハットでは料理も自分達で作ります。三人で協力してサーモンちらし寿司とを作りました。おいしい食事とハットの雰囲気で会話も弾みましたね。
d0112928_12404743.jpg

食事の後は薪ストーブでぽかぽか。スローな時間が疲れを癒してくれます。
d0112928_1241577.jpg

2日目も天気は最高。ハイライトのアイスライントレイルに向かいます。
d0112928_12412991.jpg

おお。突如現れた氷河に思わず立ち止まってしまいましたね。お二人のテンションもグーンとアップ。写真の後ろにはマウントプレジデントとバイスプレジデントが望めます。
d0112928_12414638.jpg

歩いてきたトレイルを振り返るお二人。氷河の動きで形成されたモレーン地形と氷河の溶け水でできた氷河湖。自然の雄大さに驚かされます。
d0112928_1242529.jpg

氷河の小川をいくつも越えていきます。
d0112928_12423042.jpg

トレイル上にはケルン(道しるべ)がありました。記念に一段だけ高くしておきました。
d0112928_12424952.jpg

お二人の旅のフィナーレはロッキー最大の落差を誇るタカカウフォール。水飛沫でサングラスが見えなくなるほど盛大にフィナーレを飾ってくれました。
N澤さん、A野さん5日間の山旅本当にお疲れ様でした。お二人と一緒に素晴らしい山旅ができたこと大変嬉しく思っています。来年もお会いできることをヤムナスカ一同楽しみにお待ちしております。


ヤムナスカ・ガイド山田 利行 (やまだ としゆき)
ガイドプロフィールはこちらから

↓上記の山旅記録は以下のツアーで参加いただきました↓
d0112928_06402906.jpg


by ymtours | 2015-08-10 13:55 | ふたりの山旅 | Comments(2)
Commented by KN at 2015-12-23 15:05 x
山田さん、今更ながらですが、ガイドをありがとうございました。帰国してブログを拝見してコメントを入れたのですが、うまく送信できず、そのままになってしまいました。今改めて写真を見て、楽しかったアイスライントレイルの山行が思い出されました!氷河を見ながら歩けたのは、もちろんですが、滝や湖、足元の花など、見どころいっぱいで、歴史ある小屋でのおいしい食事もとても心に残っています。とっても中身の濃い2日間でした!山田さんもこれからもガイドのお仕事&山への挑戦、がんばってください。
Commented by ymtours at 2015-12-24 04:06
N澤 様
コメントありがとうございます。N澤様のコメントを拝見して楽しかったアイスラインの山旅を思い出しました。夏の忙しいガイドシーズンが終わったと思ったらもう年の瀬で月日が経つのは本当に早いものですね。私はこれからもこのロッキーでガイドとしての成長と自身の山への挑戦を続けていきたいと思っています。また来シーズンもN澤様、A野様と一緒にロッキーの大自然を歩けることをヤムナスカ一同心よりお待ちしております。Merry Christmas & Happy New Year!!


<< 鈴木様 レイクオハラハイキング N澤様、A野様カナディアンロッ... >>