ハイカークラブ・こぐまグループ御一行様 ミスタヤロッジ&アイスフィールドの旅 

d0112928_2140546.jpg

 ガイドの石塚です。今回はハイカークラブ・こぐまグループの9名様と、(自称)ロッキー最後のオアシスと呼ぶミスタヤ・エリアで、大自然独占の山行を楽しんできました。こぐまグループ様はなんと創立1958年、40名を超えるメンバーで構成される伝統あるハイカークラブであり、旅の間には会のメンバーでの山行歴など、楽しい話をたくさん伺うことができました!
 今回はミスタヤ・ロッジ4泊に加え、アイスフィールド・パークウェイをコロンビア大氷原まで往復するボリューム感のある旅でした。ミスタヤ・エリア最大の特徴は、ロッキーらしい大自然に包まれる広大なエリアを、ロッジの定員14名で独占することにあります。どこへ歩いてもまったく人に会わないという贅沢。日本では決して味わうことのできない山旅と言えますね。
 毎日、変化に富んだコースを楽しめるのもミスタヤ・エリアの特徴の一つ。初日は全員で3つの湖をコースを歩き、オフトレイルの魅力も体験していただきました。中日の1日はグループを二つに分け、健脚組6名+カナダ人4人でウエスト・ペイトーピーク登頂を目指しましたが、なんと鞍部まで上がったところで夏には珍しいほどの吹雪にあい、7月とは思えないような厳しい天候を体験しました。ロッキーは一日に四季があるといいますが、この時の体感温度はマイナス10度を下回っていたでしょう。このまま稜線に留まれば低体温症の危険があるため、残念ながら登頂を断念しました。 しかし、最終日はこれ以上ないほどの天気に恵まれ、ダイナミックな氷河を巡るコースを満喫。文句なしの1日で締めくくれたのは最高の展開でしたね。
 ミスタヤ・ロッジでは、私たち10名に加え、カナダ人4名と、ロッジスタッフ3名のインターナショナルなロッジライフを満喫。彼らは5日間、食事も山行も共にした仲間であり、最終日の別れの時は本当に寂しいものがありました。良く『実際に体験しないとわからない』『行ってみないとわからない』と言いますが、このミスタヤ・エリアほど、この言葉がぴったりくる場所はないのではないでしょうか。ブログだけで伝えなくてはいけないのがもどかしいです。
 こぐまグループの皆様、今回はヤムナスカをご利用いただきましたありがとうございました。今回、ロッキーでの山小屋の旅の魅力を知っていただけたのではと感じていますが、ロッキーにはアシニボイン・エリアやエスプラナーデ縦走コースなど、グループ向けのエリアはたくさんあります。再びカナダでお会いできる日を楽しみにしております!


d0112928_21402844.jpg
広大なエリアを自由に歩く、オフトレイル・ハイキングも魅力の一つ。

d0112928_21373795.jpg
花の撮影はやはりローアングルが一番ですね!

d0112928_21373093.jpg
逆さロッキー体験中。雄大なロッキーは逆さに見ても大迫力ということです(笑

d0112928_21374723.jpg
カナダ人グループと夜な夜なカードゲームで盛り上がる29歳メンバーのTさん。物怖じしない性格で、積極的にコミュニケーションをとり、みるみる英語力が上達していました! 

d0112928_21394789.jpg
インディアンペイントブラシや、リバービューティーなど、成果の花々が見事でした。

d0112928_21393096.jpg
ロッキーには数々のお花スポットがありますが、一箇所にこれだけのカラーバリエーションのペイントブラシが集まる場所はここしか知りません。まるで花束のようで、本当に見事です!

d0112928_21383942.jpg
心ゆくまでお花畑を堪能。旅のクライマックスの一つでした。

d0112928_21375574.jpg
吹雪のウエスト・ペイトーピーク鞍部から生還した日本、カナダ合同隊メンバー。この写真からはあの極寒の尾根が想像できません...

d0112928_2138827.jpg
無事にロッジに戻り、皆でビールで乾杯。登頂できないのは残念でしたが、下山後にこうやって笑顔でいられること、これが一番大切なことですね。

d0112928_21381980.jpg
最終日は全員で氷河を巡るグレーシャービュー・サーキットへ。

d0112928_21401437.jpg
今まで歩いたすべてのコースを見渡せる尾根に登り、ミスタヤエリアを締めくくりました。

d0112928_21504816.jpg
最後はコロンビア大氷原を目指し、ボウレイク、ペイトーレイクなどの湖巡りの旅も楽しみました。

d0112928_2251435.jpg
最後に歩いたパーカーリッジのコース。人気のコースですが、朝一でスタートしたため、誰もいない展望地を独占できました。

d0112928_21505665.jpg
こぐまグループの皆様、ありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしています!


ヤムナスカ・ガイド石塚 体一(いしづか たいち)
ガイドプロフィールはこちらから

↓上記の山旅記録は以下のツアーで参加いただきました↓
d0112928_06535776.jpg






by ymtours | 2015-07-26 21:36 | グループの山旅 | Comments(7)
Commented by 高橋均 at 2015-08-05 16:17 x
石塚様 
素晴しい山行を企画して頂き有り難うございました。
カルガリー空港の出迎えから山のガイド、そしてロッジとホテル・バンフでのレストランの手配までして頂きガイドの石塚さんがいなければ感激の山々には遭遇しなかったと思います。ガイドの仕事とは顧客満足そのものですね! 今回こぐまのメンバーは、年齢・山の経験・個々のハンデなどいろいろ違いはありましたが、こぐまのスローガンである、安全で楽しい山行が出来ました事に感謝します。
Commented by ymtours at 2015-08-06 13:09
高橋様
こちらこそ、ありがとうございました!
こぐまグループの皆様の団結力は本当に素晴らしいですね。安全で楽しい山旅は私たちにとっても最も大切なコンセプトの一つです。 この度はヤムナスカをご利用いただきまして、ありがとうございました。私にとっても心から楽しい旅でした。次は2年後ですね(笑 エスプラナーデへいきましょう!
石塚
Commented by 大関 at 2015-08-08 16:17 x
石塚様
東京に戻って5日、カナダの風が懐かしいです。前半のお天気が今ひとつ(笑)でしたが、おかげ様で8年ぶりのカナダを満喫できました。ずっと会いたいと思っていたピカにも会えたし大満足でした。石塚さんとご一緒できる山旅の3回目があるか分かりませんが…、次回は完璧な天候をお願いします。お世話になりました。
Commented by ymtours at 2015-08-09 08:58
大関さん
コメントありがとうございました。悪天候の呪いは今回で解けました(笑 次は絶対に大丈夫ですよ。 ...たぶん。 3回目は是非エスプラナーデをご一緒したいですね。 皆様にもよろしくお伝えください。 次はど快晴の山旅を満喫しましょう!
Commented by 平井 君夫・芳子 at 2015-08-09 11:17 x
石塚様
お世話になりました。帰国してからの猛暑にうんざりしています。WEST PEYTO PEAKのコルで見舞われたブリザードの冷たさが今は欲しいくらいです。
ピークに立つことが出来ませんでしたが、カナダ人と合同で登った印象深い山となりました。
できれば、エスプラナーデも行きたいな~と思っています(体力とマネーと時間が揃えば...)。
Commented by 浅田 at 2015-08-09 16:53 x
石塚さん、大変お世話になりました。ありがとうございました。
この本当に溶けてなくなりそうな日本の猛暑の中で思い出すのは、ミスタヤロッジ滞在中のあの人の気配のない雄大な自然とアイスフィールズパークウェイ付近の数々の湖の青い色、澄んだ空気、沢山の氷河、青空に伸びる飛行機雲、地リスの鳴き声とかわいい姿。”また、あの場所に戻りたぁ~い。”と切実に思います。
年をとるとともに、いろいろなことに対する感動が薄れてきていると感じる今日この頃ですが、30年前(正確には29年前でした)に感じた想いや強烈な感動が、今回の旅でもまたよみがえってきました。なお、29年前の写真と比べたところ、アサバスカの氷河はやはりかなり後退していました。というわけで、感動できるうちに、氷河がなくならない(?)うちに、体力があるうちに、またカナダの山歩きをしたいですね~。
Commented by ymtours at 2015-08-10 07:29
平井さん、浅田さん
コメントありがとうございます。 
今回の山旅が皆様にとって思い出深いものになったのであれば、本当に嬉しく思います。ウエストペイトー・ピークへ登れなかったのは残念ですが、人気のない原生自然にどっぷりと浸かり、カナダらしい自然の魅力を感じていただけたのではと思っております。 しかし、日本はまだまだ暑そうですね...  また、暑い日本を抜け出し、カナダの山へお越し下さい。お待ちしております!!
石塚


<< T様、H様 アイスライン・トラ... 金川ファミリー ロックウォール... >>