ACMG アルパインガイド1次試験通過

ACMG アルパインガイド1次試験通過_d0112928_14521139.jpg


ヤムナスカガイド谷です。

今回1月頭に受けたガイドトレーニングアイスというコースの結果が
カナダ山岳ガイド協会から正式に届いたので、報告させていただきます。

無事合格、
ということで次は7月頭の次のトレーニングコースを受験する資格を得ました。(苦笑)

これも一重に応援してくれているヤムナスカの仲間、関係者の方々、
そしてこのブログを読んでいただいている皆さんのおかげです。

このコース自体は本番さながらのシチュエーションでアイスクライミングや冬季のガイドは
何を一番気を付けなければいけないか?等、各項目で点数を付けられて、次のコースを受けるにふさわしい能力を備えているかを判断されます。
当たり前ですが試験もすべて厳冬期のカナディアンロッキーの中で行われるので、技術が足りない、知識が足りないと
即怪我、事故に繋がります。なので当たり前ですが試験官も真剣ですよね。

日本のガイド技術は、登る技術やザイルワークに関しては世界クラスの精度を持っていると僕は確信しています。
ただ僕が日本で受けた山岳ガイド試験と何が大きく違うかというと、
カナダは雪崩研究の先進国です。例えばヘリスキーだけでいうとカナダは世界の約80%
のシェアを占めるほどです。なのでスキーガイドの技術は世界一といわれています。

そしてカナダのアルパインガイドも勿論、雪崩の知識が必須で雪崩に精通していなければならないのが、僕にはかなり難しく感じました。
地形、雪質、そしてそれに対応する技術すべてを高いレベルで求められるので
登る技術はもちろん、クライアントを守る技術の高さは世界トップクラスだと感じました。
今回、学べたことを夏のガイディングにも生かしていけると考えています。

さて、また一からトレーニングを始め、7月のコースに備えたいと思います。
ちなみに本試験は8月後半にあるようです。
まだまだ道のりは長いですが、頑張ります。

次回はトレーニング中に会ったニュージーランドのユースアルパインチームについて書いてみたいと思います。 


ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから

ACMG アルパインガイド1次試験通過_d0112928_15174653.jpg


冒頭の写真はトレーニングで行ったバンフのすぐそば、Mtランドルにあるアイスルートです。
背景にカスケードマウンテンが見えてます。
終わりの写真は試験中のもので、普段陽気なカナディアンも全員、真剣そのものです。

by ymtours | 2015-01-28 02:01 | 「マウンテンガイド」への道


<< ニュージーランドアルパインチーム カークロスロッジにてオーロラ映像 >>