大阪ファミリー様 エスプラナーデ縦走。【14.07.06】

d0112928_1352472.jpg

ヤムナスカガイド谷です。

世界で最も美しい尾根歩き、エスプラナーデトラックを
大阪ファミリー山岳会の方々と歩いてきました。

このグループはカナダ4回目、毎回ヤムナスカを選んでいただきありがとうございます。

本当に仲のいいグループで、歩いているときも、小屋のなかでも笑いが絶えない、
素敵な時間をご一緒させていただき、本当にありがとうございました。
僕も将来こんな友達と山を歩いてみたいなと思いました。
d0112928_135512.jpg

ヘリにて入山します。ベル407 この山域では山岳救助にも使われる主力ヘリです。

d0112928_1361117.jpg

雪解けの場所からアネモネが綺麗に咲いていました。毎日素晴らしい展望でした。

d0112928_1393353.jpg

エスプラナーデ最高峰、カポーラマウンテン(2632m)に全員登頂!!
やはり登頂できるのがこのエスプラナーデの魅力でもあります。
夢かなって僕も本当にうれしかったです。
ただ皆さん、カポーラですよ。カルボナーラちゃいまっせ!!
d0112928_140196.jpg

グレイシャーリリーもちょうどいい時期でした。残雪に高山植物、最高でしたね。
d0112928_1403496.jpg

毎日本当にいい天気が続きました。皆さん晴れ男、晴れ女認定ですね。
d0112928_140496.jpg

ガイドのテリーさんとの朝ヨガの一コマ。こういう出会いが海外旅行の魅力の一つでもあります。
山のエネルギーをもらって、しっかり登れましたね。


このエスプラナーデはプライベート感がたまりません。
ヘリコプターで入山し三軒ある山小屋を縦走していくのですが、
食事、山小屋、いや山そのもの、すべてが貸切なのです。
歩いているときはもちろんのこと、山小屋に帰ってのティータイム、
食事や歓談の時間がすべてプライベート、まさにグループにもってこいですね。

大阪ファミリーのみなさん、
是非またカナダにいらしてくださいね。日本の梅雨時期はカナダで決まりです!!
ほな、また会いましょう!!

ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから





エスプラナーデから下山し谷からバトンを受け取ったガイドの堀口です。
ハイキング最終日はモレーンレイク湖畔から出発しエッフェルレイクを目指します。


d0112928_02178.jpg

歩き出して途中まではロッキーの定番コース、ラーチバレーの名物スイッチバックで高度を上げます。


d0112928_023449.jpg

休憩はもちろんこれ、「あめちゃん」でしょ!


d0112928_0261625.jpg

ラーチバレーとの分岐を過ぎると視界が開けてテンピークスの全貌が明らかになります。


d0112928_0281377.jpg

チョウノスケソウ(Whitedryad)手前とフェイ氷河


d0112928_0305767.jpg

コバルトブルーに輝くエッフェルレイク、荒々しいテンピークスの山々。ここでランチ休憩。


d0112928_0321274.jpg

休憩中にサッと書き上げた水彩絵葉書は秀逸!!


d0112928_0341845.jpg

帰るのがためらわれるほど美しい景色に大満足!


大阪ファミリーの皆さん、我々ヤムナスカガイドはいつでもカナダでお待ちしていますよ!
この度は本当にありがとうございました!


ヤムナスカ・ガイド堀口 慎太郎(ほりぐち しんたろう)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2014-07-06 19:54 | グループの山旅 | Comments(4)
Commented by 角原 覚 at 2014-07-17 05:18 x
シエアさせてもらいました。いい山行でした。考えさせられましたこんな山行またやりたいものです。ありがとうございました。
Commented by 麻野 京子 at 2014-07-23 17:49 x
楽しい時をありがとうございました。お花、残雪、ロッキーの眺め、素晴らしい&美味しい山旅でした。
Commented by ymtours at 2014-07-25 05:28
たった1日だけでしたが私もガイドさせていただき本当に楽しかったです。またお会いできるのを楽しみにしていています。堀口慎太郎
Commented by ymtours at 2014-08-02 06:18 x
コメントありがとうございます。大阪ファミリーの皆さんと歩いていると、皆さんが本当に山が好きなんだということがひしひしと伝わりこちらまで幸せな気持ちになりました。カナダは近くはありませんが、遠くもないです。またカナダでお逢い出来ること、楽しみにしております。 谷


<< ラーチバレーハイキング 【14... 絆 >>