雪崩コンデションの情報

雪崩コンデションの情報_d0112928_06452062.png
皆さん、こんにちは!ヒロです。

先日、バックカントリーへ行ってきましたのでそのレポートをさせていただきます。

今日は、カナディアンロッキー、またブリティッシュコロンビア州でのバックカントリーでのアクティビティーをする際に、山岳プロのガイドも含め一般のライダーたちも必ず事前チェックをしているのがこのサイトです。

各エリアごとに最新の情報が1日1度(午後5時)にアップデートされ、翌日のコンデションの事前勉強の材料として利用することができます。

各エリアをクリックすると、そのエリアの雪の状態がアルパイン、森林限界線、森林限界線以下の3区画に分けられており、それぞれの雪崩の危険度を色で分かりやすく示しています。

危険度のレートは1から5まで。上の図ではレベル4(High)と赤色で危険度の高さを表しています。ちなみにその上のレベル5は(Extream)となります。

ここで気を付けなければいけない、一番重要なことがあります。

実は多くの人がこのサイトで入手している情報は、この「危険度のレベルのみ」をチェックして満足しているという事です。
「あー、明日はレベル4だから行くのやめよう」、「森林限界線以下はレベル2だから大丈夫だね」と、危険度の数字と色だけを頭に入れて、プランニングに入ってしまっている場合が本当に多いのです。もちろん、このレベルと色で「危険信号」として直感的に人を注意深くさせるという要素はあります。

しかし、この情報から安全な山旅を確保するのにもっと必要な要素を見落としてしまっているのです。

もっと重要なのは「何が、どのように危険なのか?どのような要素が危険度を高めているのか?」と、実は問題の一番本質となる要素を見落としてしまっていて、実際にフィールドに出ても何に注意しながら、意識しながら行動しているのか分かっていない場合が多いです。


このページの下にスクロールしていくと、ハザードや問題になりえる要素がしっかりと書いてあります。
問題の要素として、「Wind Slabs」、「Dry loose」、「Cornice」など、状況によって何を注意するべきなのかが詳しく書いてあるのです。また、丁寧にも山での歩き方や地形の選択のアドバイスまであるのですよ。

また、同じページで「Forecast Details」というタブがあります。

ここでは翌日の天気予報と雪の層、雪崩の様子の詳細の情報も入手できます。

これらの情報を集約し、プランニングに活用します。

行くエリアは?選択するべきテレイン(地形)や斜面の方角は?この状況下での目的と目標はどこに置くのか?

朝出発の際にはグループ全体のマインドセットが近づいていることで安全係数が高まりますね。

実はこのサイトからは、細かい天気の情報(過去の積雪量、風の方角、速度、気温)も知ることができたりしますが、今日はここまでにしておきます。

このサイトを上手に利用すれば、さらに安全係数を高めることができますので是非ご活用を。

ここまで言っといてそれはないよー、と言われるかもしれませんが、このサイトもあくまでも自分の山旅のプランニングにおいては、判断材料の一つでしかないと覚えておいて下さね。

ですので、私はあえてこのような雪崩の状況下でもできる限り山へ出かけるようにしています。実際に自分の体で感じて現場を見てみると、もっともっと多くの情報があるのです。

雪崩コンデションの情報_d0112928_07215874.jpg

この日は昨日からの雪が降り続けており、風の影響を受けていない斜面で新雪50cm+はありました。ラッセルが少々大変ですが、軽い雪なので思っている以上に板は進みます。


雪崩コンデションの情報_d0112928_07243014.jpg

うっひょー、深いです(^^)野沢温泉にある湯澤神社のお守りステッカー付です。日本人なので験担ぎもわすれずに。


雪崩コンデションの情報_d0112928_07275775.jpg

板を脱ぐと腰まで埋まります!さー滑りますよー!!

雪崩コンデションの情報_d0112928_07290025.jpg
いいスプレーあがりました(^^)




「行かない」という選択肢は、もちろん山旅のプランニングにおいては必ず必要です。行かなければリスクはゼロになります。しかし、自分のスキルをアップするためにも様々の状況下でプランニングを入念に行い出かけてみると、多くの体験と経験値を得ることができますね。

皆さんも、安全な山旅を続けてください!


ヤムナスカ・ガイド篠崎 洋昭(しのざき ひろあき)
ガイドプロフィールはこちらから



# by ymtours | 2021-02-18 02:01 | 山旅の豆知識や魅力 | Comments(0)

カナディアンロッキーでスキー登山

カナディアンロッキーでスキー登山_d0112928_02254509.jpg
皆さん、大変ご無沙汰いたしております。ヤムナスカガイドの篠崎ヒロです!今回は、先日行ってきた山行の様子を皆さんとシェアしたいと思います。
スキー登山、北米ではSki Mountaineeringとよばれまして、冬山のアクティビティーの一つとして大変人気です。
夏の登山も同じですが様々な外的要素からのハザード、つまり自分では変えることのできない、またはコントロールできない危険性の認識が必要です。わかりやすいのが天気ですね。その他、雪の状態や雪庇、雪崩のコンディション、風の方角や速度、気温、積雪量などなど、様々な外的要因が複雑に絡み合います。

それらのハザードから、スキー登山でのリスクとそのリスクによって起こりえる事故の結末の状況の分析力は、経験と正しい知識と知見が必要です。これらは特に雪崩の起こりえる斜面への侵入の際の、行く、行かない、回避する、の判断材料となります。

と、このように話してしまうととても難しく、なかなか足を踏み入れられないと思ってしまいそうです。しかし、上記の外的要因のハザード以外に、もっともっと身近にあり、ある程度コントロールできるハザードがあります。

それが人的要因、つまりHuman Factorとよばれるものです。そして、人的要因をうまくマネージメントすることで、スキー登山だけでなく、夏山のハイキング、登山においても安全係数を大きく上げることが可能なのです。

一つ一つ話していくととても長くなってしまいそうなので、今回は一点、私がスキー登山に行く際に特に気を付けている事項について話したいと思います。

人的要因の大きな要素に、「グループマネージメント」というカテゴリーがあります。
グループマネージメントにおいて、パートナー、メンバー選びは非常に重要な課題です。自分の行きたい山、ルート、目的は、(毎週のように同じメンバーで行くならば少し話は変わってきますが)、必ずしも他のメンバーが同じレベルの物を求めているとは限りません。

ルートプランニングにおいて、どのルートに行くかももちろん大事なのですが、パートナーと十分に話し合えたのか?プランA,Bについて互いの理解を得られたか?それぞれのプランの目的は明確にできたか?どのような判断、決断がルート上のどこで必要かを話し合えたか?
プランニングが非常に大事なのです。いままで、自分が行きたいルートを独断で決め、無理にパートナーを連れて行っていませでしたか?またその逆で、相手に任せきりで、何もせずに着いていっていませんでしたか?


個人個人で技術や体力レベルは異なります。だからこそ事前のプランニングの段階からグループ内でお互いが納得いくコンセンサスを取ることが本当に大事なのです。自分とパートナーとの間に体力差があり、予定していた目的を達成できない場合などに、パートナーを必要以上にプッシュしてしまい事故やけがにつながるケースがあります。

しかし、上の例は事前のプランニングの段階で解決できるはず課題(タスク)なのです。お互いのレベルを知る、もし途中で体力のなさが要因で疲労した場合ルート上のA地点で引き返すかどうか判断する、またはプランBへ予定変更する、とコンセンサスがあれば防げるリスクなのです。

カナディアンロッキーでスキー登山_d0112928_02435788.jpg
もう一点追加します。
しっかりと自分の意見を発言する。
もちろん、スキー登山を始めるきっかけとして先輩や経験者の方についていくことはとても大事で、いろいろと学んで自分のスキルをアップしていくステップは必須です。
一緒に行くメンバーにより、自分の意見が言いにくい、ちょっと不安で体力がついていけないかもしれないが我慢する、登りながら「ここを滑るのは怖い」と思いながら登り続けてしまう、などこのような経験がある方は、ツアー中でも、プランニングの段階でもしっかりと自分の声と意見をメンバーに伝える、これをもっと強く意識してみてください。
自分が思っている、感じていることを発言しないままだと、多くの場合が実は相手には全く伝わっていないことが多いです。まずは発言する事、それによってメンバー同士が話し合うことができ、プランも全員で考えることができる。そしてそれはチームとしての力が高まり、結果的に安全係数の引き上げに繋がります。

今回の話はこれくらいにしたいと思います。また次回、少しづつ話していきますね。

それではここからは、先日行ってきました山の様子をご覧ください!行ってきたのはKootenay National Parkにある、Mt.Whymperという山です。やっぱり、山は最高です!


行動時間:8時間24分
総距離:15.88Km
標高差:1267m(上昇・下降)


カナディアンロッキーでスキー登山_d0112928_02592596.jpg

山の北面から登っていきます。
上の写真の鞍部が峠です。山頂は鞍部から左の尾根を登ります。鞍部直下は急登になり、スキーでは登れないのでツボ足です。
カナディアンロッキーでスキー登山_d0112928_03062763.jpg
パートナーも頑張って登っています!

カナディアンロッキーでスキー登山_d0112928_03072403.jpg
日が昇り、南斜面にあたる光がとてもきれいでした、、。山のシルエットが影になっているのが印象的な景観でした、、。

カナディアンロッキーでスキー登山_d0112928_03084601.jpeg
山頂ではラッセルを交代しながらともに上った他のグループメンバーと喜びを分かち合いました。


2844mの頂きに到着です。くだりも楽しみです。



スキー登山とは言いましたが、私はスプリットボードで登りますので、下りは大好きなスノーボードです(^^)

次回は、私のスプリットボードのセットアップも紹介していきますので、どうぞお楽しみに!

ヤムナスカ・ガイド篠崎 洋昭(しのざき ひろあき)
ガイドプロフィールはこちらから






# by ymtours | 2021-01-29 06:00 | 登頂 / クライミング | Comments(0)

ヤムナスカ・ガイドからのXMASメッセージをお届けします。

ヤムナスカ・ガイドからのXMASメッセージをお届けします。_d0112928_10141728.jpg
メリークリスマス!
コロナ禍が長引き、まだまだ耐え忍ぶ日々が続いています。
そんな中、少しでも皆様へ笑顔と元気をお届けしたいという想いで
ヤムナスカ・ガイドからのクリスマスメッセージを掲載しました。
皆様にとって平穏で幸せなクリスマス、そして年末年始となることを、スタッフ一同カナダから願っています。


ヤムナスカ・ガイドからのXMASメッセージをお届けします。_d0112928_03441445.jpg
皆さん元気にお過ごしですか?
こちらはスタッフ一同、変わらずカナダの地で元気に過ごしています!
このような状況の中、今は世界規模で我慢の時期となり、それぞれ置かれた環境の中で不自由を感じられていると思います。
大変に思った時は、どうか以前に訪れたカナダ旅行や私たちを思い出してください。
私たちも、いつか、カナディアンロッキーやユーコンの地で、皆さんと再会できる日を願いながら頑張っています!

岩田 薫

ヤムナスカ・ガイドからのXMASメッセージをお届けします。_d0112928_03441398.jpg
例年はオーロラのガイドで大忙しの年末年始ですが、
今年はカナダに来て初めて家族とクリスマスとお正月を迎えることになりそうです。
来年はどんな年になるのか予想がつきませんが、40歳という節目の年齢になりましたので免疫力アップの為にも、
いつも5倍運動をして体力を向上させています。

そして、新たな分野の勉強もはじめました。
近頃は太陽の活動が徐々に活発になりつつあり、皆様がまたカナダに来られる頃にはオーロラの状態も今より良くなっているでしょう。
またお会いできるのを心より楽しみにしております。どうぞ素敵なクリスマス、お正月をお過ごしください。

堀口 慎太郎



ヤムナスカ・ガイドからのXMASメッセージをお届けします。_d0112928_03442033.jpg

今年の年末年始は国際山岳ガイドの試験が重なり、忙しく過ごしています。
コロナで大変な時期ですが、山からエネルギーをもらって乗り越えて行きたいですね。
来年もよろしくお願いします。

谷 剛士

ヤムナスカ・ガイドからのXMASメッセージをお届けします。_d0112928_03441503.jpg

今年は静かなクリスマスになりそうですが、家族とゆっくり過ごそうと思っています。
また世の中が落ち着いたら、是非カナディアンロッキーやユーコンにお越しください!

 川嶋 亮

ヤムナスカ・ガイドからのXMASメッセージをお届けします。_d0112928_03440377.jpg
今シーズンからクロスカントリースキーを本格的に始めました。
自然の中で体を動かすことの素晴らしさや、地元ユーコンの魅力を再発見しています。

そして、2月にはもう一人家族のメンバーが増える予定です。
また皆様と再会できることを楽しみにしています。

本山 直人


ヤムナスカ・ガイドからのXMASメッセージをお届けします。_d0112928_03440522.jpeg
ご無沙汰してます。
皆様、大変な時期を過ごしていらっしゃると思いますが、
また山でお会いできる時が来るまで一緒に頑張って行きましょう。

 栗原 純子

ヤムナスカ・ガイドからのXMASメッセージをお届けします。_d0112928_03441250.jpg
今年は多くの本を読む機会がありました。
大きな収穫は心理学、哲学との出会いにより私にとって新しい世界の扉を開いてくれたことです。
心の健康は体の健康にもつながり、人生を豊かにしてくれるんだなと再確認できました。
今の時代、あらゆる情報が手に入るようになりました。
交錯する情報により、自分の考えや行動の判断に不安や迷いを持つ人が多い現状に直面しています。
しかし、そんな今だからこそ強い心と体を維持することが何よりも大切な事、
それが自分自身にとって、そして自分を取り巻く社会にとっても明るい未来への希望につながるエネルギーになるのだと、
とてもうれしい発見がありました。
私たちヤムナスカガイドは、本当に楽しいこと、本当に大好きなことを仕事としてゲストの皆様と共有できる。
こんな幸せなことはないですね。
大好きなカナディアンロッキーの山、大自然で皆様にお会いできる日が必ず戻ってくると信じ、心と体のトレーニングを続けていきます。

篠崎 洋昭

ヤムナスカ・ガイドからのXMASメッセージをお届けします。_d0112928_03440432.jpg

今年は静かなロッキーを堪能しました。
1日で55km走破したトレイルランニングはとても印象的でした。
来年は皆様がまたロッキーに来られますように!
Happy Xmas

山田 利行

ヤムナスカ・ガイドからのXMASメッセージをお届けします。_d0112928_03441385.jpg
この一年は原点回帰というものをしみじみと感じる年でした。
なぜ自分は「これ」がこれほどまでに好きなのか? その答えはやはりその体験の中にあるものなんですね。
この一年、多くのことが変わりましたが、自分の人生を豊かにするために何が大切なのかを知ることができた気がします。

最近は全力で『真のシンプルライフ』実現するため、
自分の好きなことと徹底的に向き合い、余計なものを生活の中から除いていく努力をしています。

ちなみに自分にとって残った大切なキーワードは「自然散策」「音楽」「歴史」でした。
しかし、スマホやネットサーフィンの時間をまだまだ削れないのが辛いところです(笑 

21年は皆様と自然の中を歩き、ご案内できることを心から願っています!

石塚 体一

ヤムナスカ・ガイドからのXMASメッセージをお届けします。_d0112928_03440310.jpg
先日クリスマスツリーを収穫しに山へ行きました。
最近の日課としては自然で楽しめるアクティビティーを取り入れ、体を鍛え上げています。

お陰で毎日心はポジティブ、そして体はパワフル。
私はそのような2020年の最後を迎えております。
皆さまとはまた元気な姿でお会いしたいです。

西牟田 春陽


ヤムナスカ・ガイドからのXMASメッセージをお届けします。_d0112928_04103959.jpg
皆さん、メリークリスマス&ハッピーニューイヤー!!
2020年もあっという間でしたが、お元気ですか?

今年は残念ながら日本の皆様とお会いすることはできませんでしたが、
2021年は絶対に皆さんと山に行けると信じています!!
 今のうちに体力強化してくださいね!!
それでは、楽しいクリスマスと、良い新年をお迎えください。

植木 正幸

ヤムナスカ・ガイドからのXMASメッセージをお届けします。_d0112928_03440418.jpg
今年の夏はロッキーへ初めて来た26年前を思い出しました。
まだ山のガイドはしておらず、この雄大な景色に圧倒された私は毎日のように山を登っていました。
登るたびに、太古の自然が残るロッキーに魅了されました。初心に返り今自分がこの歳になってできる山を見つめ直してみたのです。
ガイドとして山に入るのではなく、自分の興味として山に入る。
その中でいくつもの新しい楽しみ方や発見ができました。いつかそれらをお客様と共有したい気持ちでいっぱいです。

先月、私の経営権を石塚と篠崎に渡しました。
ヤムナスカマウンテンツアーズは規模を縮小して再スタートになりましたが、
コロナ後の新しい世界ではさらに自然に優しい生活とその時間を楽しむべきだと思っています。

私たちが感じたプライスレスな経験と時間を皆さまと共有できることを願っています。
来年はユーコンとカナディアンロッキーでお会いできますように。
私も事務所を出てガイドをする機会が増えることを考え、この冬はトレーニングを日々行い、心も含めて精進したいと思っています。

「いくぜーヤムナスカ!」おー!

難波寛





# by ymtours | 2020-12-25 01:48 | お知らせ | Comments(0)

着任のご挨拶

着任のご挨拶_d0112928_01225565.jpg

皆様、大変ご無沙汰いたしております。ヤムナスカ・マウンテン・ツアーズの篠崎洋昭です。

私、篠崎洋昭がYM Tours Ltd./ヤムナスカ・マウンテン・ツアーズの取締役GM(ジェネラル・マネージャー)に就任し、新代表の石塚体一の右腕として会社を支えさせていただくこととなりましたことを、ご報告させていただきます。

コロナ渦が続き、これまでカナダへの山旅やオーロラ旅行を恒例行事としてお越しいただいていた皆様、また初めてカナダでの旅行を企画、予定されていた皆様にお会いできなかったことが、何よりも悔しい思いです。

感染が広がるにつれて少しづつ明らかになってきたウィルスの正体ですが、未だ明確な科学的、医学的見解がわからぬまま、各国でできる限り感染を抑えるための対策や対応が布かれています。
このような状況の中、一つ大きく学べることができたのは、一人一人が客観的なデータに基づいて冷静な判断力を持つことの大切さと、多くのネット情報やメディアの発表に不安にかられてしまうことが無いように、一人一人が正しい知見を持ち、自分で考える力を身に着けることがいかに重要か、再確認できたことではないでしょうか。

カナダでは今週(2020年12月14日より)より、ワクチンの接種が始まります。多くのカナダ国民がその効果へ高い期待を寄せています。一刻も早く事態が終息し、皆様とカナダの大自然でお会いできることが、何よりの願いです。

2020年度夏唯一のガイドツアーとなった「アシニボイン・キャンプツアー」は、私がガイドとして担当させていただきました。
ゲストの皆様は、ヤムナスカ主催の日本のハイキングツアーに過去ご参加いただいた地元の方々でした。4泊5日、美しいロケーションでのキャンプ、ロッキーの大自然で思い切りハイキングを楽しみました。
この一本しかなかったツアーは、私にとってとても大きな意味を持ちました。それは「本当に自分は、この仕事が心から大好きなんだ」と、改めて感じることのできた、忘れることのできない山行だからです。
https://www.facebook.com/media/set/?vanity=yamnuska.mountain.tours&set=a.1645898098912026

これまで多くのゲストの皆様と、数えきれないほどの感動体験を共有させていただきました。カナディアンロッキー、ユーコンそして日本の大自然で心から「嬉しい」「楽しい」「気持ちいい」と思える気持ちが、本当にポジティブなエネルギーであり、ピュアに人の心と体を健康にしてくれるんだと、新しい「気付き」に導いてくれました。

ガイドはゲストの皆様に安全な旅と感動を届ける、「与える側」と思われがちです。サービスを提供させていただいている以上、この理念には間違えはないのですが、実は私たちガイドはいつもゲストの皆様から多くを学び、成長させていただいているのです。ゲストの皆様にはいつも感謝の気持ちでいっぱいなのです。

この事態はいつか必ず終息し、また旅行ができる日が来る事は確実です。問題はそれが「いつか」という事です。先の見えない厳しい状況ですが、今は地に足をつけて、コツコツ努力を惜しまずに前進を続けることが大切だと信じています。

その時が来たときはいつでも準備万端で皆様をご案内できるように、日々精進しております。2021年度の夏に、世界がどのようになっているのかは想像の域を超えませんが、私たちは前向きに新しい未来へ向けて活動を続けていきます。

カナダの大自然は、いつも変わらず皆様のお越しをまっています。明るい未来で、世界一価値のある「ガイドサービス」をこれまでと変わらずご提供させていただくことを約束いたします。

今後共、ヤムナスカ・マウンテン・ツアーズをよろしくお願いいたします。

篠崎






# by ymtours | 2020-12-18 01:26 | お知らせ | Comments(2)

【代表挨拶】新しいヤムナスカのスタートです。

【代表挨拶】新しいヤムナスカのスタートです。_d0112928_08163427.jpg


皆さん、お元気ですか!
お久しぶりです。ヤムナスカ・マウンテン・ツアーズの石塚です。

先日、弊社のブログで難波より発表がありましたように、2020 - 2021期より私、石塚体一がYM Tours Ltd./ヤムナスカ・マウンテン・ツアーズの代表取締役に就任、篠崎洋昭が取締役GM(ジェネラル・マネージャー)に就任し、新体制でのスタートを迎えました。

新型コロナウィルスによるコロナ禍は既に数ヶ月も続いていますが、まだまだ多くの方が困難な状況やストレスのある状況に直面されていることと思います。この夏は渡航規制もあり、カナダ旅行を計画して楽しみにされていた多くの方は、本当に残念な気持ちで旅のキャンセルを余儀なくされたはずです。私自身、16年のガイド生活でこのような夏シーズンを過ごしたことは初めてであり、とにかく寂しい気持ちで一杯でした。

コロナ禍の時代、ソーシャルディスタンス、マスク着用の義務化、室内の集会の制限など、今までの時代にはなかった様々な規制がここカナダでも作られました。これらは外的な感染要因から私たち一人一人を守り、感染の拡散を抑えるためには必要なことです。しかし、もう一つ大切なことは、皆が心も体も健康であり続け、一人一人が強い免疫力のバリアーを持つことで、感染しにくい強い体を維持することですね。

私たちヤムナスカは、カナディアンロッキーやユーコン準州、日本の里山を舞台にたくさんの方をご案内してきました。大自然を舞台に生きる私たちだからこそ強く思うのかもしれませんが、山旅には強い心と体を作り、本当の意味での「健康」を叶えてくれる大切な要素がたくさん詰まっているように思えてなりません。自然の中で過ごす時間には時代や社会の変化に左右されない普遍的な価値があり、これらを多くの方へご提供できることは私にとっても人生の喜びそのものです。

自然の中では時に私たちにはどうすることもできないような問題に直面することも多々あります。私も自分の山の経験から思うことがありますが、このような時にはじっと耐え忍び、好転する兆しを待ち続けることで、その先には必ず希望の道が見えるものです。

早くカナダの山を歩きたい! そう思っている方はたくさんいることでしょう。私たちヤムナスカのスタッフも、1日も早く皆さんをこの大自然へご案内したいと心から切望しています。

近い将来、必ずこの夢は叶います。その時の喜びに満ちた瞬間を想像して前進しましょう。

現在、カナディアンロッキーツアーのWEBサイトである『ヤムカナ(https://yamcanada.com/)』の大リニューアルを行なっています。

ポストコロナの時代、今まで当たり前にできたことや多くのシステムが変わっていくことでしょう。しかし、どのような時代になろうとも大自然は変わらずにそこにあり、私たちに喜びを与えてくれることは間違いありません。コロナ禍の嵐が収まり再び山を歩く時、人生で最も大切なものは何であるか? きっと今までよりもずっ強くと感じるはずです。

私たちはその時のためにしっかりと準備をし、次の皆さまをご案内する時は今まで経験したことのない最高の山旅をご提供することをお約束いたします。今後ともヤムナスカをよろしくお願いいたします。

石塚

【代表挨拶】新しいヤムナスカのスタートです。_d0112928_08272733.jpg


# by ymtours | 2020-12-10 03:27 | お知らせ | Comments(0)