女子旅で楽しむ極北の自然!

女子旅で楽しむ極北の自然!_d0112928_08492184.jpg
こんにちは!ヤムナスカ・ガイドの安食です。
今回は女子旅の皆さんをネイチャーウォークにご案内してきました。
大学院の卒業旅行にお友達ふたりで来てくださったH様とT様、そしておひとりでいらしたT様の合計3人です。
ふだん登山などはあまりされないということでしたが、極北の自然を堪能したいということで、ホワイトホース近くの森と湖へと行ってきました!

女子旅で楽しむ極北の自然!_d0112928_08541136.jpg
まずは駐車場にて、チェーンスパイク(靴につける滑り止め)とストックをお渡しして、準備万端!

女子旅で楽しむ極北の自然!_d0112928_08535200.jpg
この日は天気がとてもよく眩しいくらい。
3月に入り雪もだんだんと無くなっていましたが、前夜に雪が降ったため綺麗な青空と白い雪のコントラスト楽しむことができました。
ただちょっと風が強く、まるで春一番のようでした…。

女子旅で楽しむ極北の自然!_d0112928_08573390.jpg
森を進んでいくと、時々、抉られたような木が目に入ります。
みなさん、これなんだかわかりますか??
想像力を膨らませてください!カナダの森、近くに湖がある、歯型のような痕…。
そう、これはビーバーが木を齧った痕なのです。
ビーバーは森から自分で木を切り出してきて、水辺にビーバーダムやビーバーロッジと呼ばれる巣を作るのです。
カナダの森を歩いているとそこかしこに、この痕が見られるので探すのも一興です!

女子旅で楽しむ極北の自然!_d0112928_09005481.jpg
そして凍った湖に出ると、やはり気になるのが氷の厚み。
私たちは乗っていて大丈夫なのか…。

女子旅で楽しむ極北の自然!_d0112928_09024549.jpg
早速アイススクリューをさして、氷の厚みをチェック!
実は、人が乗っても大丈夫な氷の厚みはだいたい10cm程度。
それよりも厚みがあれば、大丈夫なんです。
もちろんこの日は無問題!

女子旅で楽しむ極北の自然!_d0112928_09045296.jpg
こちらの氷の割れ目は、T様が気合いのチョップで割った!…のではなく、こうした亀裂が凍った湖には時々あるんです。
工夫すると面白い写真が撮れますね。

女子旅で楽しむ極北の自然!_d0112928_09060003.jpg
そしてぜひ体験してほしいのは、氷の上で寝そべること。
なかなか湖の上で寝られることは日本ではありませんよね。
氷の冷たさを感じながら、青空を眺めるのも気持ちいいのです。

女子旅で楽しむ極北の自然!_d0112928_09083597.jpg
たくさん遊んだあとは、頑張って歩いて車へと帰ります。

女子旅で楽しむ極北の自然!_d0112928_09091329.jpg
ネイチャーウォークの後は、プチ市内観光。
ここは、ユーコンのオーガニック素材を使ったハーブティーやハンドクリーム、石鹸などが売っているお店。
カナダのお土産は、メープルシロップとメープルクッキーだけ?と思われがちですが、地域ごとにローカルの素敵なものが実はあるんです。

女子旅で楽しむ極北の自然!_d0112928_09110371.jpg
その後は、ホワイトホースといえば地ビール、地ビールといえばウィンターロング、ということでローカルのブルワリーへご案内しました。
このブルワリーで作っている12種類のビールを常時試飲して、買って帰ることもできるんです。
半分くらいは季節ごとにビールが変わるので、違う時期に訪れるのもおすすめです。

今回のホワイトホースの滞在はいかがでしたか?
極北の自然を楽しんで頂ければ幸いです。
またお会いできる日を楽しみにしています。
ありがとうございました!

# by ymtours | 2024-03-17 09:16 | オーロラの旅

老若男女が楽しめるホワイトホース!

老若男女が楽しめるホワイトホース!_d0112928_07413354.jpg
こんにちは!ヤムナスカ・ガイドの安食です。
今回はお子様連れのM様ご家族をご案内しました。
イン・オンザレイクで雪遊びも堪能されていた様子。
お子様連れでも安心して楽しめるので安心のロッジです。

老若男女が楽しめるホワイトホース!_d0112928_07374144.jpg
毎晩オーロラを見ることができたM様たちを日中はユーコン野生動物保護区へとご案内してきました。
写真の後ろにいるのは、世界最大の鹿であるムース(ヘラジカ)です。

老若男女が楽しめるホワイトホース!_d0112928_07465924.jpg
ちょうどお腹が空いていたようで、餌を食べに近くまで来てくれました。

老若男女が楽しめるホワイトホース!_d0112928_07462469.jpg
こちらはバイソンです。
右側の小さいバイソンは、去年の秋に生まれた子ども。
野生動物保護区は、交通事故で傷ついた動物の保護も行っていますが、この施設の中で繁殖して育てられていく動物もいます。

老若男女が楽しめるホワイトホース!_d0112928_07482972.jpg
凛々しい佇まいのこちらは、リンクス(オオヤマネコ)です。
木の茂みに隠れてしまうことが多いのですが、この日は見やすい場所にいてくれました。
大きな耳が特徴的です。

老若男女が楽しめるホワイトホース!_d0112928_07492577.jpg
マウンテンゴート(シロイワヤギ)は岩登りが得意で、崖の上にいる姿を見ることができました。
動物の生態に合わせた施設になっているのが、野生動物保護区ならではです。

老若男女が楽しめるホワイトホース!_d0112928_07520981.jpg
この日もまた可愛らしい野生のリスも現れてくれました。


老若男女が楽しめるホワイトホース!_d0112928_07534033.jpg
そして動物保護区の後は、大人の時間…向かったのはホワイトホースにある地ビールのブルワリーです。
日本にはないフルーティなテイストや、アルコール度数8%ほどの強いビールなど様々な種類があり、試飲セットを頼んで飲み比べをすることができます。

老若男女が楽しめるホワイトホース!_d0112928_07551198.jpg
飲んだビールは缶でも売っているので、その場で買って帰ることもできるのです。
缶のデザインも色とりどりで、お気に入りの1品を見つけるのも楽しみです。

たくさんの動物と触れ合い、ローカルの味も楽しんだ1日はいかがでしたか?
またお会いできる日を楽しみにしております!
ありがとうございました。

# by ymtours | 2024-03-14 07:58 | オーロラの旅

粘り強く深夜に頑張って、念願のオーロラ!

粘り強く深夜に頑張って、念願のオーロラ!_d0112928_07130759.jpg
こんにちは!ヤムナスカ・ガイドの安食です。
今回ご案内をしたのはホワイトホースを訪れてくださったM様ご夫妻とC様。
別々のお客様でしたが、到着とロッジの滞在が重なり、ご一緒にオーロラ鑑賞をされていました。
これも旅のご縁ですね。
粘り強く深夜に頑張って、念願のオーロラ!_d0112928_07193982.jpg
オーロラをなんとしても見たいと夜中に粘った結果、ご覧のようなオーロラを見ることができました!
このオーロラが出たのは午前4時ごろ。
C様は粘って何度も外を見ていると、だんだんとオーロラが出てきて、諦めかけていたM様を起こしにいかれたそうです。粘り勝ち!
粘り強く深夜に頑張って、念願のオーロラ!_d0112928_07212304.jpg
喜びが溢れていますね!

粘り強く深夜に頑張って、念願のオーロラ!_d0112928_07213306.jpg
この写真を撮ったのはC様のiPhoneです。
鮮やかですね。iPhone12以降の機種であれば、カメラ性能が格段に良くなっているのでオーロラも撮影できてしまいます!
iPhoneでなくとも、ここ2-3年のスマートフォンであればオーロラの撮影はできてしまうんです。

さて、オーロラを無事に見ることができた3人を今回はユーコン野生動物保護区にご案内してきました。

粘り強く深夜に頑張って、念願のオーロラ!_d0112928_07242037.jpg
こちらはミュールディア(鹿です)の雌。
柵の近くに餌があるのですが、すぐそばまできてくれました。

粘り強く深夜に頑張って、念願のオーロラ!_d0112928_07264936.jpg
こちらのリスは…野生です。
動物保護区で飼育してはいませんが、豊かな自然が広がっているので、施設内でよく顔を見せてくれます。

粘り強く深夜に頑張って、念願のオーロラ!_d0112928_07283919.jpg
ウッドランドカリブー(トナカイ)も姿を見せてくれました。
カリブーの敷地はとても広く、隠れていることも多いので、なかなか姿を見ることができないのでラッキーでした!

粘り強く深夜に頑張って、念願のオーロラ!_d0112928_07294792.jpg
こちらはマウンテンゴート(シロイワヤギ)。
最初は近くにはいなかったのですが、なんとしても多くの動物に会いたいと粘り強く見て回っていると近くまで来てくれました。

オーロラにしても、動物観察にしても、粘り強さは大切ですね。
M様、C様、今回のホワイトホース滞在はいかがでしたか?
またのお越しをお待ちしております!ありがとうございました。

# by ymtours | 2024-03-14 07:36 | オーロラの旅

春はもうすぐ?季節の移ろいを感じるホワイトホースを満喫

春はもうすぐ?季節の移ろいを感じるホワイトホースを満喫_d0112928_09180583.jpg
こんんちは!ヤムナスカガイドの安食です。
3月に入り、ホワイトホースは日照時間もだいぶ長くなり、気温も少しずつ温かくなってきました。
今回は少しずつ春めいてきた?ホワイトホースを訪れてくれたK様ご夫妻をご案内してきました!

春はもうすぐ?季節の移ろいを感じるホワイトホースを満喫_d0112928_09223719.jpg
初日に訪れたのは、ホワイトホースに来たら一度は訪れてもらいたいユーコン野生動物保護区。
交通事故で怪我をした動物を保護したり、北国に暮らす動物たちの生態調査をしたりする場所で、日本では見ることのできない珍しい動物を観察することができます。
このK様ご夫妻が持っている大きなツノはカリブー(トナカイ)の頭から落ちたもの。
鹿のツノは冬から春に移るころに毎年落ちるのです。
なかなか持ち上げるだけでも大変です。

春はもうすぐ?季節の移ろいを感じるホワイトホースを満喫_d0112928_09225519.jpg
そのカリブーがこちら。この個体はツノがそんなに大きくありませんでした。

春はもうすぐ?季節の移ろいを感じるホワイトホースを満喫_d0112928_09231890.jpg
こちらはダルシープという羊のメスの群れ。
不思議なもので、バラバラに歩くのではなく、前の羊が歩いたあとを忠実に歩いてくるのです。
前の羊が止まると、そこで渋滞が起こり、先に進まなくなるので見ていて面白いです。

春はもうすぐ?季節の移ろいを感じるホワイトホースを満喫_d0112928_09234196.jpg
動物保護区のあとは、ユーコンの地ビールを飲めるYukon Brewingへ!
試飲セットを注文し、日本であまりないテイストのビールを味わうことができました。

春はもうすぐ?季節の移ろいを感じるホワイトホースを満喫_d0112928_09240608.jpg
ちなみにカナダのブルワリーでは、専用の瓶を持って行くと生ビールをタップから入れてくれ、自宅に持って帰ることができます。
缶も出ないのでエコ?ですし、この瓶から自分のグラスに注いで飲むのは不思議と美味しく感じてしまいます。

春はもうすぐ?季節の移ろいを感じるホワイトホースを満喫_d0112928_09243599.jpg
翌日はホワイトホースの近くの森と湖へネイチャーウォークに行ってきました。

春はもうすぐ?季節の移ろいを感じるホワイトホースを満喫_d0112928_09260580.jpg
覗き込んでいるのは凍った湖です!
最近は気温が高くなり、湖面の雪が溶けて、きれいな氷が広がっている様子を見ることができました。

春はもうすぐ?季節の移ろいを感じるホワイトホースを満喫_d0112928_09262451.jpg
場所によってはアイスバブルがありました。
これは湖底からガスが出ていて、そのガスが途中で凍ってしまう現象で、なかなか幻想的でした。
いつも見られるわけではないのでラッキー!


帰り道には氷に穴をあけて魚を釣るアイスフィッシングに向かう人に遭遇。
ドリルを貸してくれ、氷に穴を開ける体験をさせてくれました。
思いの外、氷の厚いこと!春めいてきたとはいえ、さすが寒さの厳しいユーコンです。
春はもうすぐ?季節の移ろいを感じるホワイトホースを満喫_d0112928_09302039.jpg
ネイチャーウォークの後は街の中にあるお土産屋さんへ。
先住民にちなんだアート作品なども置いてあります。

春はもうすぐ?季節の移ろいを感じるホワイトホースを満喫_d0112928_09305173.jpg
こちらは、ユーコンで取れたオーガニック素材から作られる石鹸やクリーム、ハーブティなどを売っているお店。
野生のヤナギランやブルーベリーなど様々ブレンドされたハーブティは、一度は味わってもらいたいお茶です。

春はもうすぐ?季節の移ろいを感じるホワイトホースを満喫_d0112928_09310499.jpg
そして、この日も最後はもう一つのブルワリー、Winter longへと向かいました。
前日のブルワリーとはまた一味違うビールです。
こうしたブルワリー巡りもカナダならではの楽しみですね!

K様、この度はホワイトホースへお越しくださり、ありがとうございました!
夏のカナディアンロッキー、秋のユーコンの登山も魅力的ですので、ぜひお越しください!

# by ymtours | 2024-03-10 09:35 | オーロラの旅

目の前に迫るユーコンに生きる動物たち!

目の前に迫るユーコンに生きる動物たち!_d0112928_07025093.jpg
こんにちは!ヤムナスカ・ガイドの安食です。
今回も行ってきました。ユーコンに来たら一度は訪れてほしいユーコン野生動物保護区です。
ご案内をしたのはI様ご家族と、K様ご家族の合計8人。
この動物保護区にいるのは日本では見ることのできない動物ばかりで、老若男女が楽しめるのでおすすめです。

目の前に迫るユーコンに生きる動物たち!_d0112928_07040790.jpg
保護区の入り口付近でお尻を向けながらこちらの様子を伺っていたのはエルク(オオツノジカ)。
この時期はオスのツノが巨大で危険なので、別区画に隔離されており、オスに出会うことはできませんでした。

目の前に迫るユーコンに生きる動物たち!_d0112928_07055467.jpg
バイソンは変わらず微動だにしません。
でも、その存在感は圧倒的です。

目の前に迫るユーコンに生きる動物たち!_d0112928_07103239.jpg
そして、ここ最近はすっかり姿を現してくれていなかったムース(ヘラジカ)がなんと目の前に!
今は広大なムースのエリアに一頭しかいないので、これはラッキーでした。
しかし、ちょうど2日前にツノを落としてしまったということで、頭はすっきりとしていました。
鹿の仲間は冬から春に変わる頃にツノが落ちて、毎年生え変わるのです。
目の前に迫るユーコンに生きる動物たち!_d0112928_07133017.jpg

目の前に迫るユーコンに生きる動物たち!_d0112928_07151791.jpg
こちらは午後の陽気にやられて、寝落ちしかけてるかのような羊です。
弛緩しているかのような顔が愛らしいですね。

目の前に迫るユーコンに生きる動物たち!_d0112928_07181118.jpg
子どもの体より遥かに大きいこちらのツノの持ち主は…

目の前に迫るユーコンに生きる動物たち!_d0112928_07204251.jpg
カリブー(トナカイ)です。
この写真の個体のツノはちょっと変な方向に曲がっていました。

今回は野生動物保護区にいる動物全10種を見ることができました!
いつも全ての動物を見ることができるわけではないので、ラッキーでしたね。
I様ご家族、K様ご家族、いかがでしたでしょうか?
北の大地、ユーコンに訪れてくださり、ありがとうございました!

# by ymtours | 2024-02-22 07:32 | オーロラの旅