タグ:レイクオハラ ( 35 ) タグの人気記事

天高く馬肥ゆる秋、黄金の森を歩くオパビンレイクハイキング

d0112928_13383525.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。
この度は、 河﨑様、神村様をレイクオハラエリアのオパビンレイクハイキングにご案内させていただきました。

オパビンレイクはレイクオハラの中でもカラマツが多く群生しているエリアで、秋になると森が黄葉に包まれる非常に美しい場所です。
天気は雲ひとつない秋晴れの好天気!

d0112928_13383480.jpg
スタート地点のデイシェルターで名物キャロットケーキを頬張り、エネルギーを補充してから出発です。

d0112928_13383693.jpg
太陽光に照らされたカラマツの森はまるで黄金の森!
ため息の出るような美しいトレイルを歩んでいきます。

d0112928_13383643.jpg
どこを撮っても絵になる景色。写真を撮るのに大忙し!
d0112928_13383760.jpg
湖の青とカラマツの黄の組み合わせは最高ですね〜

d0112928_13383793.jpg
本日の目的地、オパビンレイクに到着です。
ここで、湖と巨大なカールを眺めながらランチタイムです。

d0112928_13383737.jpg
ランチタイムを終えて、下り始めます。こんな素敵な景色を眺めながらの下山、なんて贅沢なんでしょう!

d0112928_13415225.jpg
時間に余裕があるので、オパビンプロスペクトと呼ばれる展望地に寄りました。
ここはレイクオハラを見下ろせる絶好のビューポイント!綺麗ですね〜!

d0112928_13424634.jpg
最後は、レイクオハラを一周ぐるっと回ってきました。

河崎様、神村様をこの度はありがとうございました!
好天の下、最高の黄葉ハイキングでしたね!
またカナディアンロッキーに遊びにきてください!
お待ちしております!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-09-29 13:53 | グループの山旅 | Comments(0)

続・ゆっくりと秋の足音が聞こえてきた レイクオハラの旅編

d0112928_21594780.jpg
こんにちは。ヤムナスカガイドの山田トシです。今回は私のかわいい後輩である永谷に引き続き、
赤木ファミリーと生粋の山ガールである久野様を、ロッキーの聖地であるレイクオハラへとご案内致しました。
トモちゃんはなんとまだ4歳です。
この年齢のお子様をガイドするのは初めてで、とても新鮮で経験深いガイディングとなりました。
平坦な道ならば大人顔負けで歩くその姿に、驚かされました。
足場が高い所、崖などの難所は私が手を握って一緒に歩いたり、お父さんに力を借りたりして頑張って歩きました。

d0112928_21584748.jpg
皆様のご希望でレイクマッカサーを今回の目的地に定めました。
まず見えて来たのはシェイファーレイクとマウントフーバーの大絶景でしたね。
d0112928_21590093.jpg
ラーチの紅葉は標高の高い所で50%くらい。秋の足音が聞こえてくるハイキングでした。
緑と黄色の色合いがこれまた美しい。
バックにはオダレイマウンテン。
d0112928_21591134.jpg
ほぼコースタイム通りにレイクマッカーサーに到着しました。
トモちゃんは本当に健脚で将来有望です。
雲行きが心配な天候でしたが、青く美しい湖をお見せできて良かったです。
d0112928_21592582.jpg
頑張って歩いた後は大好きなおにぎりとチョコレート?
お母さんと一緒に食べるお昼ご飯は最高だね。
d0112928_21593646.jpg
最後は、ちょっと疲れちゃったね。厳しく見守るお父さんと、優しく見守るお母さんと久野さん
素晴らしいチームワークで歩き切ることができました。皆様グッジョブでした。

d0112928_21595791.jpg
よく頑張ったトモちゃんとお父さんが、デイシェルターでくつろいでいる間に、
まだまだ元気いっぱいなチームレディースを、レイクオハラの展望台までご案内しました。
時間や体力に応じて、プランを臨機応変に調整できるのも、レイクオハラの魅力です。
ガイドの腕の見せ所でもあります。
d0112928_22000760.jpg
少しだけ登るだけでもこの景色。
さすがハイキングの聖地レイクオハラですね。
赤木ファミリー。これからも仲良くハイキングを続けて下さいね。
久野さん。ロッキーではたくさん素晴らしい景色や体験が待ってます。
自分の目で見て、感じて、素晴らしい年にして下さい。

この度は、ヤムナスカをご利用頂き誠にありがとうございました。



ヤムナスカ・ガイド山田 利行 (やまだ としゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-09-12 22:36 | グループの山旅 | Comments(0)

太陽に照らされた光り輝く美しき湖面!レイクマッカーサーハイキング

d0112928_12100048.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、若宮様ご家族をレイクオハラエリアのレイクマッカーサーへとご案内させていただきました。
天気は晴れ。美しいレイクオハラの湖畔を眺めてからレイクマッカーサーへいざ出発です!

d0112928_12100059.jpg
ビッグラーチトレイルと呼ばれる岩場から眺めるレイクオハラです。
どんどん高度を上げていきます!

d0112928_12100175.jpg
d0112928_12100198.jpg
登り始めて1時間ほどで、シェイファーレイクに到着。
美しい湖を眺めながら小休止です。

d0112928_12100249.jpg
ファイトイッパーツ
崩れかかる巨大な岩を必死に支えているイメージです
登山道の脇に遥か昔に氷河によって運ばれた巨大な岩がたくさんあります。

d0112928_12100297.jpg
さらに岩場を越えて…

d0112928_12100366.jpg
遂にレイクマッカーサーに到着!
湖面が太陽に照らされて、光り輝いているように見えます!

d0112928_12115601.jpg
いかがでしょうか!この独特な美しい青!
ここでまったりとランチタイム。優雅な時間を過ごしました。

d0112928_12123913.jpg
若宮様、レイクマッカーサーハイキングは楽しんでいただけましたでしょうか?
またカナディアンロッキーにお越しになった際は、ご一緒できることを楽しみにしております!
今回はありがとうございました!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-09-02 12:15 | グループの山旅 | Comments(0)

大絶景のレイクオハラ!キャンプで丸ごと楽しもう!

d0112928_06443758.jpg
神秘なる大絶景!

皆さん!レイクオハラのキャンプの旅です!これぞレイクオハラの楽しみ方の最高の形です!

私、篠崎ヒロ、久々の投稿となりましたが、東京都からお越しのIご夫妻と、丸2日間、レイクオハラにどっぷりと浸りました、、、。なんとも贅沢な、そしてこれぞカナディアンロッキーの楽しみ方の定番ともいえる「キャンプ」により、普段では行けないような特別なスポットにも、バス時間を気にすることなく足を伸ばせる、心のそこから楽しんでまいりました。
お二人の旅はユーコンから始まり、ここレイクオハラで締めくくり。
強烈過ぎる印象を与えてくれたカナディアンロッキーの壮大な山々とユーコンの大きすぎる大自然、二人にとって初めてのカナダで、こんな楽しみ方をしてしまったら、もうほかに行けないかもしれませんね(笑)
楽しすぎた今回の旅の様子をどうぞお楽しみください。

d0112928_07484769.jpg
国立公園職員から直接キャンプ場のオリエンテーションを受けます。
水場、ごみの処理、トイレ、また熊についての話もしっかりとレクチャーを受けます。

d0112928_07495684.jpg
キャンプサイトが決まれば素早くテントを設置し、早速ハイキングへ!

d0112928_06591133.jpg
キャンプを設置後、早速ハイキングへ!
d0112928_07002717.jpg
湖畔には有名なレイクオハラロッジのキャビンが点在しています。

d0112928_07012471.jpg
トレイルは本当によく整備されており、歩きやすく、とても明瞭です!
初日は時間に余裕があるのでレイクオエサ>>>ヤクネスリッジ>>>オパビンレイク>>>レイクオハラ。
素晴らしいルートですね。

d0112928_07070295.jpg
青空が半端なく美しかったですね、。

d0112928_07073493.jpg
このルートは変化に富んでいて、本当に面白い!

d0112928_07085248.jpg
滝の真横を通ります

綺麗すぎる湖が点在していて、そこを縫うようにトレイルが伸びています。
d0112928_07194280.jpg

石段を造ってくれた方々へ感謝です。

d0112928_07210375.jpg
写真を撮りまくり、はしゃぎまわっていると、あっという間にレイクオエサに到着

動画でその様子をどうぞ
d0112928_07230215.jpg
光が、その魅力を教えてくれます。

d0112928_07234322.jpg
記念撮影、何枚撮ったでしょうか、

d0112928_07242074.jpg
ひと段落して、手作りでランチ作りです。温かいお飲み物はレイクオエサのきれいなお水を使用します

d0112928_07251898.jpg
上手くできましたね!そして美味い!

d0112928_07254606.jpg
レイクオエサを後にし、アルパインルート、ヤクネスリッジへ。キャンプの利点を生かし、一日を丸ごとハイキングで楽しみます!
d0112928_07271445.jpg
レイクオハラでのアルパインルートには、岩にしっかりとルートの印が付いており、初めての人でも道に迷うことなく、安心して楽しめるように配慮。
d0112928_07284801.jpg
光と影が、さらに眺望を引き立ててくれます

d0112928_07294740.jpg
イェーイ!
d0112928_07311017.jpg
一見、岩場で歩きにくそうですが、こんなところでもしっかりと足場がきれいに整備されており、安心ハイキング!

d0112928_07315567.jpg
道しるべも要所にはしっかりと設置されています。

d0112928_07332890.jpg
青い空、神々しい山々、秋に向けて色づき始めた草紅葉たち、とてもカラフルです

d0112928_07334986.jpg
オパビンレイクの後に見た、小さな楽園。

d0112928_07342693.jpg
絵になりますねー。


翌日はレイクマッカーサーへ。その前にお弁当作成です!

d0112928_07414338.jpg
トレイルの横にはなんと!9月に咲きたてのアネモネが!信じられませんが美しいですね!

d0112928_07424883.jpg
まだ高山植物が残っており、足元を照らしてくれます

d0112928_07431851.jpg
おーーー。遂に到着。これです。これがマッカーサーの色です。

d0112928_07435872.jpg
ここに大休止。いいでしょう。何分ここにいても。どれもいませんから。
動画で、この神秘を感じてください。

d0112928_06434148.jpg
カリブ海?

d0112928_07465627.jpg
秋の気配は間違いなく近づいています

d0112928_07480995.jpg
満喫、、、、。していいただけましたか??

お二人にとって、レイクオハラの旅が長いカナダ旅行の締めくくり。私自身、心身ともに楽しませていただきました。また是非ロッキーでお会いしましょう!

ヤムナスカ・ガイド 篠崎洋昭
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-09-02 07:56 | ふたりの山旅(特選) | Comments(0)

カナディアンロッキーの聖地レイク オハラで体験 山でのキャンプ ツアー


d0112928_09221988.jpg

ヤムナスカガイド 本山 です。
今回は、あのレイクオハラでのキャンプツアーをご報告です。
ヤムナスカでも多くの日帰りレイクオハラツアーは毎年このブログでもご報告させていただいおりますが、今回はキャンプです!

カルガリーに在住のU田様ご家族をご案内させていただきました。

U田様ご家族は、日本では登山などしていたわけではなく、自分達が住むカルガリーが世界的にも美しく有名なカナディアン・ロッキーに近いということで、ご自身でハイキングや、オートキャンプをご経験された後にこのツアーにご参加いただきました。

d0112928_09280942.jpg
デイハイクと同じように事前予約が必要で、同じようにバスで入山します。
カナダにはキャンプと言っても色々なタイプのキャンプがあります。
●カー・キャンピング
これは、いわゆるオートキャンプ、車でつけられる場所で、好きなだけ物を持って行けるタイプです。
●バックカントリー キャンプ
自分で担げるだけザックに入れて山の中に入り、山の中でキャンプする。日本の縦走などがこれに当たります。

今回は、その中間になり、キャンプ道具はこのスクールバスで運んでもらいます。
それでもカー・キャンピングとは異なり、やはり何でも持って行けるわけではなく荷物の量に制限があります。

d0112928_09314441.jpg
キャンプ場にはこのように水道も完備されて、非常に便利です。
カナダではキャンプの時に明確なルールがあります。
・食事はテントで作らずに、テントから離れた決められた場所で行う
・食糧はテントの中に置かず決められた場所に置く
こちらの条件も施設が整っていて大変助かります。

d0112928_09331651.jpg
これがクッキングする共同の場所、木々に囲まれた中々素敵な雰囲気です。この近くに食糧を閉まっておく場所もあります。

d0112928_09351546.jpg
私がリーダーになり、テントを設営、リョウ君も手伝ってくれて、スムーズに設営完了。

d0112928_09381019.jpg
まずはコーヒーが飲みたいという奥様のご要望にお応えしてコーヒータイム。
私もかなりコーヒーが好きですが、やはり山で飲むコーヒーは格別です!

d0112928_09392210.jpg
ふぅ~む、香るコーヒーに針葉樹と氷河を抱いたするどい岩峰達の景観!
文句なし!

d0112928_09211194.jpg
設営が済むと早速ハイキングへ、まずは、レイクオハラを見物!
いつきてもさわやかすこやかレイクオハラ!
(やらせっぽいポーズは私が逆光だったので、顔を向ける方向をお願いしたためです。)


d0112928_09404834.jpg
レイクオハラを代表するレイク・マッカーサーにまずはハイキング。
道中夏のお花たちが迎えてくれました。
アーニカ(うさぎ菊)の群生

d0112928_09415699.jpg
岩場だってなんのその快調に標高をあげていきます。

d0112928_09423741.jpg
じゃーん、レイク マッカーサーに到着!
いつものことならが、何とも言えないブルーの色!

d0112928_09432546.jpg
早速、おにぎり弁当をこの景色で楽しみます。
うまいねぇー、

d0112928_09443552.jpg
早めにキャンプサイトに到着し、ディナーの準備、
なんとリョウ君は、クモンで勉強!たぶん世界初レイクオハラキャンプ場で公文!

d0112928_09453131.jpg
ディナーはヤムナスカの自信メニュー!
サーモンチラシ丼!
うまし!

d0112928_09462878.jpg
なかなか冷え込んだキャンプの翌日
朝食食べて、テント場と撤収したらまたハイキングに繰り出せます。


d0112928_09472349.jpg
撤収も家族の共同作業、もう皆様慣れたものです。
キャンプ中は、私の方で道具の説明、どんなときにどんなものが必要かなどもアウトドアの色々をご説明させていただきました。


d0112928_09494221.jpg
2日目は、レイクオエサへ
少し雲があり、小雨が少しありましたが、そんな天気に負けずに行きます!
まずはエリザベス滝で記念撮影

d0112928_09502194.jpg
どんどん標高をあげると眼下にはレイクオハラが見えてきます。
さらに行くぜ!
10歳のリョウ君もやる気満々です!

d0112928_09521745.jpg
レイクオエサに到着
ここの迫りくる岩峰の迫力と氷河に美しい湖はやはり迫力があります。


d0112928_09525994.jpg
自然と笑顔も出てきます!やったね!

d0112928_09534035.jpg
下山してきたら、レイクオハラの周回も楽しみました。
元気なU田家の皆さん!

d0112928_09542233.jpg
定番の石投げ!やはり男の子は特にこれをしたくなりますね。
私も旦那さんもこれには参戦!
童心に帰る瞬間です。


d0112928_09550429.jpg
2日間でたっぷりレイクオハラを満喫!
デイハイクではどうしてもレイクオハラの2つのエリアをハイキングするのは難しいですが、宿泊したものならではのメリット。
そしてプチ・バックカントリーキャンプも体験してレイクオハラを2倍以上楽しみました。

キャンプを体験したい方、
もっとレイクオハラで時間を過ごしたい方に非常にお勧めです。
ハイキング、キャンプはお任せください!


ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-08-19 09:57 | 家族の山旅 | Comments(0)

5つの氷河湖とダイナミックな滝を巡る人気トレイル!レイクオエサハイキング

d0112928_14083661.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、渡邉様ご夫妻、中川様ご夫妻、永田様をレイクオハラエリアのレイクオエサへご案内させていただきました。
レイクオエサはレイクマッカーサーと並ぶ二大人気トレイルの一つで、巨大カールの麓に佇む美しい氷河湖です。
このトレイルの魅力は、レイクオハラ、ヤクネスレイク、ビクトリアレイク、レフロイレイク、レイクオエサの計5つの氷河湖を見ることができ、ビクトリアフォールと呼ばれる滝の脇を登るダイナミックなハイキングを楽しむことができます。

d0112928_14083717.jpg
標高を上げるたびに景色が刻々と変わっていきます!
d0112928_14083748.jpg
1時間ほどでビクトリアフォールに到着。近くまで寄れるので、水しぶきが顔にあたります!
d0112928_14083753.jpg
滝の脇を登っていきます!

d0112928_14083917.jpg
レフロイレイクです。レイクオエサやレイクオハラとはまた違った色合いで綺麗ですね!

d0112928_14083836.jpg
そしてついにレイクオエサに到着!レイクオエサの青さと巨大カールの迫力が素晴らしいですね!

d0112928_14083906.jpg
美しい湖を見ながらのランチは最高ですね!

d0112928_14104063.jpg
帰り際、マーモットが岩場で日向ぼっこしていました。
べた〜っと岩にもたれている姿は可愛らしいですね!

d0112928_14083933.jpg
渡邉様ご夫妻、中川様ご夫妻、永田様、本日はありがとうございました!
快晴の下、美しいレイクオハラエリアを満喫していただけたでしょうか?
またご一緒できることを心よりお待ちしております!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-08-18 14:12 | グループの山旅 | Comments(0)

レイクオハラエリア最大の氷河湖を満喫!レイクマッカーサーハイキング

d0112928_12322339.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、松井様ご夫妻、山田様ご夫妻をレイクオハラエリアのレイクマッカーサーへとご案内させていただきました。
レイクマッカーサーはレイクオエサトレイルと並ぶ二大人気トレイルの一つです。
エネルギッシュなポーズで気合は十分!いざレイクマッカーサーへ!
d0112928_12322291.jpg
スタート地点はこのデイシェルターと呼ばれるインフォメーションセンターです。
ここは軽食も販売しており、一押しはキャロットケーキです。
d0112928_12322394.jpg
柔らかいスポンジの上にチーズクリームがのっており、甘すぎず、少量の酸味がアクセントになっていて、
とても美味しいと評判です。

d0112928_12322316.jpg
登る前にエネルギーチャージ!皆さん美味しそうにケーキを頬張っています。

d0112928_12322387.jpg
ダンディーなヒゲを持つ山男三人衆参上!笑
このような遊びをしながらワイワイと楽しく登っていきます!

d0112928_12322415.jpg
中間地点のシェイファーレイクに到着。
湖を眺めながらまったりとお菓子を食べたりして、少し休憩です。

d0112928_12322465.jpg
豪快な足さばき!ごつごつとした岩場を抜けて...

d0112928_12322569.jpg
レイクマッカーサーに到着です!

d0112928_12322592.jpg
見てください!このスケールの大きさ!
レイクマッカーサーはレイクオハラエリアでも最大の氷河湖として有名です。
ここで長めのランチタイムを取り、皆さんこの絶景を満喫しました。

d0112928_12364131.jpg
帰りのバスの時間が迫ってきているので、名残惜しいですが、ここでレイクマッカーサーとはお別れ。
下山開始です!

d0112928_12364259.jpg


松井様ご夫妻、山田様ご夫妻、本日はありがとうございました!
今回の山旅はいかがでしたでしょうか?楽しんでいただけたら幸いです!
またご一緒できることを心よりお待ちしております!


ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-08-16 12:41 | グループの山旅 | Comments(0)

神秘的な青色のレイクマッカーサー

d0112928_13595760.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、東様ご家族、大毛様ご夫妻をレイクオハラエリアのレイクマッカーサーへとご案内させていただきました。
天気は晴れ。レイクオハラで写真撮影をしてから、レイクマッカーサーへと向かいます。皆さん笑顔満点!!!

d0112928_13595822.jpg
登り始めて1時間ほどで、シェイファーレイクに到着。ここが中間地点、まだまだ体力は十分!
d0112928_13595887.jpg
巨大岩を必死に支える里奈ちゃん!(笑)
登山道には遥か昔に氷河によって運ばれたこのような巨大な岩がゴロゴロとあります。
d0112928_13595896.jpg
足場が狭い岩場を登る本日の核心部。しかし皆さん、物ともせず余裕の笑顔です!
d0112928_14044825.jpg
レイクマッカーサーの近くでホワイトテイルドターミガン数匹を見つけました。
ターミガンはライチョウのことを指します。
ターミガンの仲間の中でも唯一白い尾羽を持つことからホワイトテイルドという名付けられてます。
ずんぐりとした体と短めの翼が可愛らしいですね。
d0112928_13595941.jpg
着きました!レイクマッカーサー!レイクオハラエリアの中でも最大の氷河湖。美しく迫力もあります!
d0112928_13595947.jpg
展望のよい所で、レイクマッカーサーを見下ろしながらのランチタイム。
いや〜絶景ですね!
d0112928_14000060.jpg
東様ご家族、大毛様ご夫妻今回はありがとうございました!
レイクマッカーサーの青々しい美しさを堪能できたでしょうか?
またご一緒できることを心よりお待ちしております!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-08-15 14:08 | グループの山旅 | Comments(0)

巨大カールの麓に佇む幻想的な氷河湖!レイクオエサハイキング

d0112928_04202759.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、柴田様ご夫妻、佐藤様ご夫妻をレイクオハラエリアのレイクオエサへとご案内させていただきました。
レイクオエサは、レイクオハラ湖畔から谷あいを歩いたところにある巨大なカールに抱かれた美しい氷河湖です。
つまり、上の写真で皆さんが指差しているあたりにレイクオエサがあります!
「あそこに向かうぞー!」と皆さん気合十分!

d0112928_04223074.jpg
道の途中で、ライケンと呼ばれる地衣類を発見。
感触は柔らかく、もじゃもじゃとしています。
このライケンを唇の上に乗せると付け髭のように見えるので、ガイドの鉄板ネタとしてよく使われます。

d0112928_04232798.jpg
付け髭...付け鼻毛?!ライケンの新しい遊び方を佐藤様が発見しました!笑

d0112928_04374524.jpg
ビクトリアフォールと呼ばれる滝です。この脇を登っていくため、滝を間近で見ることができます。
迫力満点ですね〜!
d0112928_04255347.jpg
レイクオエサに到着!
レイクオエサのオエサとは、先住民の言葉で「氷」という意味です。
その名の通り、透き通った真っ青な色は、まさに冷たい氷の様。幻想的ですね。
d0112928_04264269.jpg
レイクオエサ到着時、雨が強くなってきたので、タープを張り、ガスストーブで暖をとりながらのランチタイムです。
みんなで寄り添ってのランチ。まるで小学校の遠足みたいとみなさんと盛り上がりました!
d0112928_04310300.jpg
帰りに岩場でマーモットの親子と遭遇!親マーモットと並んだ
子供マーモットが小さくてとても可愛らしいですね!

d0112928_04303767.jpg
柴田様ご夫妻、佐藤様ご夫妻今回はありがとうございました!
雨の中でも皆さん元気でとても楽しかったですね!
今回の山旅が皆様の楽しい思い出になっていただければ幸いです。
またカナディアンロッキーにお越しください!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-08-13 04:43 | グループの山旅 | Comments(0)

青空と鮮やかなコバルトブルーのレイクマッカーサー

d0112928_12145106.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、田中様、Y様、A様をレイクオハラのレイクマッカーサーへとご案内させていただきました。
レイクマッカーサーはレイクオハラエリアの中でも最も大きく、水深85mと最も深い氷河湖です。
そんな美しい湖を見るために多くの人が訪れる非常に人気のあるトレイルです。

d0112928_12160030.jpg
レイクオハラの駐車場からシャトルバスに乗りかえてレイクオハラエリアに入ります。
バスに乗って、30分ほどでレイクオハラの湖畔に着きます。
天気は雲ひとつない快晴で、まさにハイキング日和!

d0112928_12145203.jpg
d0112928_12145281.jpg
登り始めて、1時間ほどでシェイファーレイクに着きました。
開けた場所で気持ちいのいい場所です。ここで小休止して、湖を見ながらまったりとしました。
d0112928_12145207.jpg
d0112928_12145218.jpg
さらに登ると、左手に岩場が出てきました。
その岩場からマーモットが出てきました。草を食む姿は非常に可愛らしいですね!

d0112928_12145388.jpg
「気持ちいい〜!」本日は非常に暑かったので、時たま吹く風の冷たさがとても気持ちいいですね!

d0112928_12145347.jpg
不安定な石の階段を一歩一歩慎重に歩いて登っていきます!
d0112928_12145316.jpg
ようやくレイクマッカーサーに到着!
青空とコバルトブルーのレイクマッカーサーの色合いが非常に美しいですね!
ここで、Y様持参のイカした手ぬぐいをみなさんで持って記念撮影!
本日8月11日は日本の祝日「山の日」でしたね!

d0112928_12145446.jpg
ランチを食べた後は、湖に手を入れて氷河湖の冷たさを感じてみました。

田中様、Y様、A様、今回はありがとうございました!
レイクマッカーサーハイキングは楽しんでいただけましたでしょうか?
カナディアンロッキーには青々としたレイクマッカーサーの他にも美しい氷河湖は
まだまだたくさんあります。またカナディアンロッキーにお越しになった際は、ご一緒できることを
楽しみにしております!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-08-11 12:34 | グループの山旅 | Comments(0)