タグ:デイハイキング ( 61 ) タグの人気記事

巨岩と6つの氷河を巡る内容盛りだくさんのプライベートハイキング

d0112928_13331185.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、文倉様ご夫妻をレイクアグネス&ビッグビーハイブ&プレイン・オブ・ザ・シックス・グレーシャーズへとご案内させていただきました。
レイクアグネスはレイクルイーズ周辺のハイキングコースの中でも非常に人気のあるコースの一つで、ちょうど黄葉の時期のためか、たくさんの人で賑わっていました
d0112928_13331272.jpg
巨大なビッグビーハイブ。存在感がありますね〜。このテッペンまで行きます!

d0112928_13331217.jpg
まずは第一チェックポイント、レイクアグネスに到着。レイクルイーズとは異なる色合いを持つ美しい湖です。
このあと、湖畔をぐるっと回ってビッグビーハイブを目指します!

d0112928_13331436.jpg
ビッグビーハイブから見下ろすレイクルイーズ。
素敵な展望地でランチをした後、プレイン・オブ・ザ・シックス・グレーシャーズへ目指します。

d0112928_13331535.jpg
マウントビクトリアに向かってのびる長〜いトレイルを進みます。

d0112928_13331558.jpg
展望地に到着です!眼前に広がる大迫力の氷河!綺麗ですね〜!

d0112928_13331696.jpg
展望地に戻ってきた後は、ティーハウスで午後のティータイムを楽しみました。

d0112928_13331648.jpg
マウントビクトリア側のレイクルイーズにはビーチのような地形でした。
このようなレイクルイーズの姿を見れるのもこのトレイルの特徴です。

文倉様ご夫妻ありがとうございました!
レイクアグネス&ビッグビーハイブ&プレイン・オブ・ザ・シックス・グレーシャーと内容盛りだくさんの1日でした!
またカナディアンロッキーに遊びにきてください!
お待ちしております!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-09-24 13:41 | グループの山旅 | Comments(0)

極北の秋 ツンドラ紅葉 フィッシュ レイク ハイキング


d0112928_08074089.jpg
ヤムナスカ ガイド 本山 です。
9月と言えば!ユーコンの紅葉、黄葉が美しい時期で、我々ヤムナスカガイドもユーコンで忙しくさせていただいております。

この日は、H松様とU嶋様を ホワイトホース近郊のツンドラ紅葉が楽しめる 『フィッシュ レイク』ハイキングにご案内させていただきました。
森林限界が低いユーコンでは、比較的手軽に森林限界にあがることができます。
ホワイトホースでは、この森林限界線を超えたところに、高山ツンドラ帯があり、見事な赤いカーペットを我々に見えてくれます。

本当に手頃なこのハイキングは、オーロラツアーのオプショナルツアーでもよく利用します。
というのも、オーロラツアーは夜遅くまで起きていることが多く、オプショナルツアーはほとんど午後からスタートなのですが、ここは午後から来ても問題ない距離と標高差です。

皆さん、体力があるのであっという間に森林限界へ
d0112928_08110922.jpg
紅葉は素晴らしく、ばっちりのタイミングでした。

展望台で記念撮影!
ユーコンらしい広大な風景が広がります。
d0112928_08130390.jpg
H松様もパシャリ!
d0112928_08134980.jpg
360度の風景は本当に見事なものです。
d0112928_08143624.jpg
尾根歩きをしながら風景を楽しみます。
d0112928_08153351.jpg
下山時にはアルペンの黄葉も楽しめました。
d0112928_08173073.jpg
黄色にうっとり

オーロラもいいですが、実はそれに負けないくらいの楽しいハイキングがこの時期は楽しめます。


ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-09-20 08:18 | オーロラの旅 | Comments(0)

続・ゆっくりと秋の足音が聞こえてきた レイクオハラの旅編

d0112928_21594780.jpg
こんにちは。ヤムナスカガイドの山田トシです。今回は私のかわいい後輩である永谷に引き続き、
赤木ファミリーと生粋の山ガールである久野様を、ロッキーの聖地であるレイクオハラへとご案内致しました。
トモちゃんはなんとまだ4歳です。
この年齢のお子様をガイドするのは初めてで、とても新鮮で経験深いガイディングとなりました。
平坦な道ならば大人顔負けで歩くその姿に、驚かされました。
足場が高い所、崖などの難所は私が手を握って一緒に歩いたり、お父さんに力を借りたりして頑張って歩きました。

d0112928_21584748.jpg
皆様のご希望でレイクマッカサーを今回の目的地に定めました。
まず見えて来たのはシェイファーレイクとマウントフーバーの大絶景でしたね。
d0112928_21590093.jpg
ラーチの紅葉は標高の高い所で50%くらい。秋の足音が聞こえてくるハイキングでした。
緑と黄色の色合いがこれまた美しい。
バックにはオダレイマウンテン。
d0112928_21591134.jpg
ほぼコースタイム通りにレイクマッカーサーに到着しました。
トモちゃんは本当に健脚で将来有望です。
雲行きが心配な天候でしたが、青く美しい湖をお見せできて良かったです。
d0112928_21592582.jpg
頑張って歩いた後は大好きなおにぎりとチョコレート?
お母さんと一緒に食べるお昼ご飯は最高だね。
d0112928_21593646.jpg
最後は、ちょっと疲れちゃったね。厳しく見守るお父さんと、優しく見守るお母さんと久野さん
素晴らしいチームワークで歩き切ることができました。皆様グッジョブでした。

d0112928_21595791.jpg
よく頑張ったトモちゃんとお父さんが、デイシェルターでくつろいでいる間に、
まだまだ元気いっぱいなチームレディースを、レイクオハラの展望台までご案内しました。
時間や体力に応じて、プランを臨機応変に調整できるのも、レイクオハラの魅力です。
ガイドの腕の見せ所でもあります。
d0112928_22000760.jpg
少しだけ登るだけでもこの景色。
さすがハイキングの聖地レイクオハラですね。
赤木ファミリー。これからも仲良くハイキングを続けて下さいね。
久野さん。ロッキーではたくさん素晴らしい景色や体験が待ってます。
自分の目で見て、感じて、素晴らしい年にして下さい。

この度は、ヤムナスカをご利用頂き誠にありがとうございました。



ヤムナスカ・ガイド山田 利行 (やまだ としゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-09-12 22:36 | グループの山旅 | Comments(0)

ゆっくりと、秋の足音が聞こえてきたラーチバレーハイキング

d0112928_12512161.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。
この度は、赤木様ご家族、久野様をラーチバレーへとご案内させていただきました。

d0112928_12512195.jpg
夏の暑さもひと段落して、朝夕が冷え込んできた今日この頃。
ラーチバレーのカラマツの葉が徐々に黄色に変わりつつあります。
秋の足音が近づいてきていることを感じます。
先日の雨の影響かテンピークスが雪化粧をまとっていました。
雪の白、木々の緑、黄葉の黄、空の青のコントラストが非常に美しいですね!

d0112928_12512193.jpg
登るにつれて、空を覆っていた雲がどんどん晴れていきました!

d0112928_12512273.jpg
ミネスティマレイクに到着!皆さんまだまだ元気!ということで、センチネルパスまで足を伸ばします!

d0112928_12512296.jpg
ガレ場を一歩一歩づつ慎重に進んでいきます。
すれ違う人々が急登を歩く4歳児の
智祐くんの姿を見て「Wow! Strong boy!!!」と驚いていました笑

d0112928_12512217.jpg
センチネルパスに到着しました!
智祐くんは登り切った後も余裕の表情です!頑張ったね!

d0112928_12512369.jpg
ピナクルマウンテンをバックに記念写真!迫力抜群!

d0112928_12512308.jpg
センチネルパスを下って、ミネスティマレイクのほとりでランチタイムです。

d0112928_12512400.jpg
ランチを終えて、下山開始です。絶景を眺めながらゆっくりと下っていきます。

d0112928_12551297.jpg
下まで降りてきたら最後はモレーンレイクの展望台で記念写真!
太陽に照らされたモレーンレイクはいつ見ても美しいです。

d0112928_12512331.jpg
赤木様ご家族、久野様、本日はありがとうございました!
今回の山旅はいかがでしたでしょうか?楽しんでいただけたら幸いです!
またカナディアンロッキーにお越しになった際は、ご一緒できることを楽しみにしております。

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-09-11 12:58 | グループの山旅 | Comments(0)

太陽に照らされた光り輝く美しき湖面!レイクマッカーサーハイキング

d0112928_12100048.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、若宮様ご家族をレイクオハラエリアのレイクマッカーサーへとご案内させていただきました。
天気は晴れ。美しいレイクオハラの湖畔を眺めてからレイクマッカーサーへいざ出発です!

d0112928_12100059.jpg
ビッグラーチトレイルと呼ばれる岩場から眺めるレイクオハラです。
どんどん高度を上げていきます!

d0112928_12100175.jpg
d0112928_12100198.jpg
登り始めて1時間ほどで、シェイファーレイクに到着。
美しい湖を眺めながら小休止です。

d0112928_12100249.jpg
ファイトイッパーツ
崩れかかる巨大な岩を必死に支えているイメージです
登山道の脇に遥か昔に氷河によって運ばれた巨大な岩がたくさんあります。

d0112928_12100297.jpg
さらに岩場を越えて…

d0112928_12100366.jpg
遂にレイクマッカーサーに到着!
湖面が太陽に照らされて、光り輝いているように見えます!

d0112928_12115601.jpg
いかがでしょうか!この独特な美しい青!
ここでまったりとランチタイム。優雅な時間を過ごしました。

d0112928_12123913.jpg
若宮様、レイクマッカーサーハイキングは楽しんでいただけましたでしょうか?
またカナディアンロッキーにお越しになった際は、ご一緒できることを楽しみにしております!
今回はありがとうございました!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-09-02 12:15 | グループの山旅 | Comments(0)

センチネルパスからの絶景!ラーチバレーハイキング

d0112928_11464824.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。
この度は、I様ご夫妻をラーチバレーへとご案内させていただきました。
今日は視界がクリアで、テンピークスをバッチリ拝むことができました!

d0112928_11464625.jpg
長〜いスイッチバッグを越えたあたりで小休止しているとミュールディアが出てきました。
ミュールとはラバ(雄ロバと雌馬の子)という意味です。
ラバのような長い耳が特長で、他の鹿と見分ける時に役立ちます。

d0112928_11464616.jpg
標高2000mを越えたあたりでは、草黄葉が始まってました。もう少しで黄葉シーズンが始まりますね。

d0112928_11464785.jpg
絶景を眺めながらどんどん高度を上げていき…

d0112928_11464736.jpg
ミネスティマレイクに到着!
お二人ともまだまだ体力に余裕があるご様子。
予定より早く到着し、時間に余裕ができたので写真右上のセンチネルパスまで足を延ばすことにしました!

d0112928_11464712.jpg
ミネスティマレイクまでの道とは異なり、ここからは急な坂道と岩場が登場します。
一歩一歩着実に進んでいきます。

d0112928_11464787.jpg
無事到着!二人でガッツポーズ!やりましたね!

d0112928_11464857.jpg
到着後にちょうど雲の切れ目から太陽光が射していました。
ミネスティマレイクにちょうど光が当たって、神々しい雰囲気です。
d0112928_11505364.jpg
最後は、モレーンレイクで記念写真!
I様ご夫妻、本日はありがとうございました!
今回の山旅はいかがでしたでしょうか?楽しんでいただけたら幸いです!
またご一緒できることを心よりお待ちしております!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-09-01 12:01 | ふたりの山旅 | Comments(0)

5つの氷河湖とダイナミックな滝を巡る人気トレイル!レイクオエサハイキング

d0112928_14083661.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、渡邉様ご夫妻、中川様ご夫妻、永田様をレイクオハラエリアのレイクオエサへご案内させていただきました。
レイクオエサはレイクマッカーサーと並ぶ二大人気トレイルの一つで、巨大カールの麓に佇む美しい氷河湖です。
このトレイルの魅力は、レイクオハラ、ヤクネスレイク、ビクトリアレイク、レフロイレイク、レイクオエサの計5つの氷河湖を見ることができ、ビクトリアフォールと呼ばれる滝の脇を登るダイナミックなハイキングを楽しむことができます。

d0112928_14083717.jpg
標高を上げるたびに景色が刻々と変わっていきます!
d0112928_14083748.jpg
1時間ほどでビクトリアフォールに到着。近くまで寄れるので、水しぶきが顔にあたります!
d0112928_14083753.jpg
滝の脇を登っていきます!

d0112928_14083917.jpg
レフロイレイクです。レイクオエサやレイクオハラとはまた違った色合いで綺麗ですね!

d0112928_14083836.jpg
そしてついにレイクオエサに到着!レイクオエサの青さと巨大カールの迫力が素晴らしいですね!

d0112928_14083906.jpg
美しい湖を見ながらのランチは最高ですね!

d0112928_14104063.jpg
帰り際、マーモットが岩場で日向ぼっこしていました。
べた〜っと岩にもたれている姿は可愛らしいですね!

d0112928_14083933.jpg
渡邉様ご夫妻、中川様ご夫妻、永田様、本日はありがとうございました!
快晴の下、美しいレイクオハラエリアを満喫していただけたでしょうか?
またご一緒できることを心よりお待ちしております!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-08-18 14:12 | グループの山旅 | Comments(0)

圧倒的な存在感の大岩石!ヤムナスカショルダーハイキング

d0112928_12204546.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、渡邉様ご夫妻、山口様ご家族をカナナスキスカントリーのヤムナスカショルダーへご案内させていただきました。
ヤムナスカとは、先住民の言葉で「平らな面を持つ山」という意味です。
今回は、皆さんが指差すヤムナスカのショルダー(山の肩)部分まで登ります!
d0112928_12204505.jpg
1時間ほどで、第1展望台に到着。平野部とカナナスキス方面の山々を見ることができます。
d0112928_12204613.jpg
道の途中で、ジュニパーベリーを見つけました。このベリーは蒸留酒のジンの香り付けに使われており、
ベリーを潰すと独特なスパイシーな香りがします。この匂いを嗅ぐとジンを飲みたくなってきます笑

d0112928_12204679.jpg
「くさ〜い!」瀬名くん、ジュニパーベリーの匂いを嗅いで一言(笑)。瀬名くんにはまだ早かったかな?

d0112928_12204690.jpg
第2展望台に到着。ここは開けた場所で、眼下にポプラの森が広がる広大な景色を楽しめます。
d0112928_12273834.jpg
ここで、少し休憩。お菓子を食べてエネルギーチャージ!

d0112928_12204723.jpg
d0112928_12204854.jpg
第2展望台から40分ほどでヤムナスカショルダーに到着!近くで見ると、とても迫力があります。
足場が安定している場所を探して、記念写真をパシャり!皆さんやりましたね!

d0112928_12204878.jpg
少し下って、平らな場所でランチタイム!山の上で食べるおにぎりは美味しいかな?
d0112928_12232417.jpg
渡邉様ご夫妻、山口様ご家族、本日はありがとうございました!
天気も良く、気持ちのいいハイキングでしたね!
またカナディアンロッキーに遊びにきてください!
お待ちしております!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-08-17 12:29 | グループの山旅 | Comments(0)

レイクオハラエリア最大の氷河湖を満喫!レイクマッカーサーハイキング

d0112928_12322339.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、松井様ご夫妻、山田様ご夫妻をレイクオハラエリアのレイクマッカーサーへとご案内させていただきました。
レイクマッカーサーはレイクオエサトレイルと並ぶ二大人気トレイルの一つです。
エネルギッシュなポーズで気合は十分!いざレイクマッカーサーへ!
d0112928_12322291.jpg
スタート地点はこのデイシェルターと呼ばれるインフォメーションセンターです。
ここは軽食も販売しており、一押しはキャロットケーキです。
d0112928_12322394.jpg
柔らかいスポンジの上にチーズクリームがのっており、甘すぎず、少量の酸味がアクセントになっていて、
とても美味しいと評判です。

d0112928_12322316.jpg
登る前にエネルギーチャージ!皆さん美味しそうにケーキを頬張っています。

d0112928_12322387.jpg
ダンディーなヒゲを持つ山男三人衆参上!笑
このような遊びをしながらワイワイと楽しく登っていきます!

d0112928_12322415.jpg
中間地点のシェイファーレイクに到着。
湖を眺めながらまったりとお菓子を食べたりして、少し休憩です。

d0112928_12322465.jpg
豪快な足さばき!ごつごつとした岩場を抜けて...

d0112928_12322569.jpg
レイクマッカーサーに到着です!

d0112928_12322592.jpg
見てください!このスケールの大きさ!
レイクマッカーサーはレイクオハラエリアでも最大の氷河湖として有名です。
ここで長めのランチタイムを取り、皆さんこの絶景を満喫しました。

d0112928_12364131.jpg
帰りのバスの時間が迫ってきているので、名残惜しいですが、ここでレイクマッカーサーとはお別れ。
下山開始です!

d0112928_12364259.jpg


松井様ご夫妻、山田様ご夫妻、本日はありがとうございました!
今回の山旅はいかがでしたでしょうか?楽しんでいただけたら幸いです!
またご一緒できることを心よりお待ちしております!


ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-08-16 12:41 | グループの山旅 | Comments(0)

東様ファミリー ロッキー縦横無尽にハイキング


d0112928_23311495.jpg

ヤムナスカガイドの加藤です。今回はとても素敵なご家族、「東ファミリー」をご案内しました。
3日間の模様をダイジェストでご紹介します。写真や動画はたくさんのことを語らなくても楽しさが伝わってきますね!

初日の今日は、ジャスパー国立公園へ足を延しました。

国際色豊かなハイカーが集まるウイルコックス峠にハイキング。コロンビア氷原から
溢れ出したアサバスカ氷河とドーム氷河を見下ろす絶景のコースです。

d0112928_23334068.jpg
氷河おろしの強い風もなんのその。元気一杯の里奈ちゃんがママとパパをリードます。

d0112928_23335516.jpg
ここはビックホーンシープの生息地。少し離れた草原に16頭の雄の群れを見ることができましたね。
d0112928_23382725.jpg
近いようで遠く。。。草を頬張りながら動き続ける動物を撮るのは結構難しいもの。
パパの的確なアドバイスでカメラのシャッターを押します。
d0112928_23390630.jpg
「わーぁ。ママこれなーに?」ウイルコックス峠近くで面白いものを見つけました。
d0112928_23395044.jpg
沢山の貝の化石が岩にビッシリ。
カナディアンロッキーは海の底の地層が隆起してできたという証拠がココにありました。
d0112928_23405772.jpg
お花モードで化石を接写。
d0112928_23414005.jpg
ウイルコックス山を背景に。圧観の氷河、自然動物&化石。。。ここまで登ってきた甲斐がありました。
d0112928_23422597.jpg
開放感に満ちた高山地帯を足取り軽く下山します。
d0112928_23431502.jpg
二日目はヨーホー国立公園のアイスラインへハイキング。ウイスキージャック登山口から出発です。
d0112928_23434877.jpg
松の樹林帯を抜けて高山帯へ。足元も土の道から岩盤の道へと変化していきます。
d0112928_23443834.jpg
やっと開けた風景の対岸には落差 380mの岩壁を豪快に流れ落ちるタカカウの滝を見下ろすことができました。
d0112928_23452554.jpg
d0112928_23460464.jpg
活発な里奈ちゃんは、滝の真下の大きな岩をよじ登ってみました。耳をつんざくような轟音の滝の音もへっちゃらです。
d0112928_23463062.jpg
マイナスイオンでリフレッシュ。でも結構水しぶきを浴びてしまいましたね。



エメラルド湖で初めてのカナディアンカヌーに挑戦。1時間で立派なパドラーになりました。

d0112928_23470905.jpg
最終日の今日はカナナスキス州立公園のロッククライミングでも人気のあるヤムナスカ山へハイキング。
アスペンとポプラの林を歩き始めました。
d0112928_23475851.jpg
少し疲れてきたころに、ハート形の湖が眼下に見えてきました。心が安らぎます。
d0112928_23484033.jpg
岩場まであと一踏ん張り。道の斜度もだいぶ急になってきました。
d0112928_23490393.jpg
ヤムナスカショルダーに到着。足元にはゴールデンマントルのリス達が遊びまわっています。

ヤムナスカショルダーからは岩を掴んで登るスクランブルで北斜面に巻き込むと。。。違った世界が待っていました。
d0112928_23493874.jpg
ロッククライミングのコースを真上から見下ろしてみた。クライマーいないかなぁ?
d0112928_23504691.jpg
カルガリーの大平原から突如カナディアンロッキーの前衛山
d0112928_23511742.jpg
「ポールの先を見て!あそこまで登って来たんだ~ぁ。」ちょっと自慢気な里奈ちゃんです。


3日間のハイキングはいかがだったですか?次回(こそ!?)は更に山奥へ足を踏み入れてハイキングをご案内させてください。
この度はヤムナスカのツアーにご参加いただき誠に有難うございます。
また再会できる日を楽しみにしております。

加藤
ヤムナスカ・マウンテン・ツアーズ


by ymtours | 2017-08-16 00:04 | 家族の山旅 | Comments(0)