タグ:スコーキーロッジ ( 1 ) タグの人気記事

柏市山岳協会様 ロッキーパノラマ街道とスコーキロッジの旅8日間 

d0112928_00532775.jpg
 ガイドの石塚です。今回は千葉県からお越しの『柏市山岳協会グループ』8名様をオリジナルのプライベートツアーへとご案内させて頂きました。私も千葉県銚子市出身ですので、同県人の集まる本当に賑やかな山行でした! 旅の序盤は『ロッキーパノラマ街道』と名付けられたアイスフィールズ・パークウェイ沿いの日帰りハイキングを楽しみ、旅の後半は今回の旅のメインとなるスコーキーロッジに2泊して、カナダのバックカントリーを満喫。天気の不安定な週でしたが、連日の雨の予報を見事に覆し、なんと最終の下山日以外は見事な晴れ! 皆さんの晴れパワーには心から感服いたしましたよ。たくさんの花々と野生動物との出会い、フレンドリーなカナダの人々とのふれあいなど、まさにカナダの山旅の魅力が詰まった8日間でした。それでは旅のハイライトをご覧ください!
d0112928_00532659.jpg
序盤はボウサミット・ルックアウトとウィルコックス・メドウのハイキング。
朝は天気がイマイチなものの、目的地に着く頃は見事に晴れるというパターンが続きました。皆さん本当に『持ってます』ね!
d0112928_00532623.jpg
スコーキーロッジへの入山ルートにあるターミガンレイクでの一枚。
この入山ルート自体が一つのコースとしてかなり楽しめるのです。
d0112928_00532629.jpg
インディアン・ペイトブラシ、エレファントヘッドなどのシオガマ類、ワスレナグサなどなど。
今回の旅では本当にたくさんの高山植物を楽しみました。さすがフラワーハイキングのスコーキーバレーです!
d0112928_00532668.jpg
雲が徐々に上がり始め、マウント・リチャードソンが顔を出す。
壮大な景色に言葉を失う瞬間です。
d0112928_00542726.jpg
アカリス、ジリス、マーモット、ピカ、ミュールディア、ビッグホーンシープ、ライチョウなどなど。
毎日、何かしらの動物と出会いがありましたが、やはり動物には癒されますね。
d0112928_00532735.jpg
スコーキーロッジのメインダイニング。
ロッジマネージャー兼シェフのケイティーを始め、ホスピタリティー溢れるスタッフのおもてなしを写真で伝えられないのが残念です。
他のロッジ客とのふれあいも旅を楽しいものにしてくれますね。
d0112928_01300231.jpg
★アルバータ牛のロースト★ 
赤身の肉なのに信じられないほど柔らかいのです!

d0112928_08191621.jpg
カナダのロッジはどこも料理は素晴らしいですが、このスコーキーロッジも本当に絶品!!
パンやクッキーなどすべて手作りでロッジで焼くのはもちろんですが、野菜やフルーツも豊富です。
今回のメンバーで、アメリカ生活の経験もあり、カナダも数回来ているリピーターの方が言っていました。
今回食べた食事はどれも、
今まで北米で食べた料理の中で一番素晴らしい!!
d0112928_00574629.jpg
ロッジからの日帰りハイキングはマーリンレイクからさらに足を伸ばし、秘密の絶景ポイントへご案内。
d0112928_00574659.jpg
ドラゴン・ドリンクと呼ばれるシークレットポイントでランチタイムタイム。
自分たちだけで景色を独占する贅沢。これぞカナダのバックカントリーです!
d0112928_00555146.jpg
旅のクライマックであるマーリンレイクの展望地に到着。
コバルトブルーに輝く神秘の色彩には歓声が上がりました!
d0112928_00555140.jpg
帰路はマーリンメドウへと抜けるサーキットルートを選択。
最後には一本の丸太で作られたスリリング橋が待っていました。
d0112928_00552844.jpg
ロッジに戻りのんびりとしたティータイムもロッジライフの楽しみの一つ。
ブーツを脱ぎ、ビールで乾杯。ガイドが楽しみすぎ?? 
いやいや、こんなに素晴らしい仕事はないと心から思っています(笑
d0112928_00532714.jpg
実に、本当に楽しい8日間でした。
柏市山岳協会の皆様、この度はカナディアンロッキーにお越しいただきまして、ありがとうございました!
次は再来年のエスプラナーデ縦走ですね。再びロッキーをご案内できる日を楽しみにしています。
またロッキーでお会いしましょう!


ヤムナスカ・ガイド石塚 体一(いしづか たいち)
ガイドプロフィールはこちらから
by ymtours | 2016-07-06 02:07 | グループの山旅(特選) | Comments(0)