思い出の人生初バックパッキング・スコーキーサーキット 3泊4日の旅

d0112928_13371256.jpg

こんにちは。ヤムナスカガイドの山田利行です。

今回はグレートセブントレイルズの一つである(http://www.great7trails.yamcanada.com/index.html)スコーキーサーキットトレイルへ山内ファミリーをご案内致しました。
皆様バックパッキングは今回が初めてとのことで、私も出発前から力が入りました。それではウィルダネスの世界へ出発しましょう。

d0112928_13372314.jpg

初日のハイライトは何と言ってもこのヤナギランが咲き誇るお花畑のハイキングでした。
元気なご家族にはキャンプ地に着いた後に、この絶景地へとご案内しました。

d0112928_13375987.jpg
二日目からはいよいよスコーキーバレーの奥へと進んで行きます。
気持ちの良いメドウをぐんぐん進みます。


d0112928_13374955.jpg
リンちゃん一番の関心はやっぱり動物です。
微かな動きや音にとても敏感で誰よりも早く動物の気配を察知、そして激写。
今回はたくさんの動物に会えたね。写真はサービスショット中のマーモットを撮るリンちゃん。

d0112928_13373689.jpg
この絶景にお父さんもテンションマックス。徐々に旅が盛り上がって行きます。

d0112928_13380994.jpg

d0112928_13381808.jpg

ロッキーならではの山上の氷河湖も沢山見ることができました。氷河湖の蒼さの秘密覚えているかな?


d0112928_13382693.jpg
ロッジへの歩荷さん達にも偶然遭遇。負けじと私たちも頑張って歩きましたね。

d0112928_14312656.jpg

家族で力を合わせて我が家を毎日設営します。
バックパッキング二日目にしてすでに一日の流れはマスターされていました。流石です。

d0112928_13383920.jpg
一日歩いた後は食べる。
ヤムナスカのキャンプ食はドライフードとは思えない味とクオリティの高さで毎日に必要な栄養が補えます。
この日の献立はマッシュポテトにシェパードパイシチューでした。美味しそう!

d0112928_13384830.jpg

ロッキーのバックパッキングならではの光景ですね。
匂いのするものは全てこのベアハンガーに吊り上げておきます。
一つ一つの作業が新鮮で面白いですね。

d0112928_13392781.jpg
ランチも朝食後に手作り。

d0112928_13390149.jpg
3日目の行程ではハイキング途中に良いランチスペースを発見し、
お茶を沸かしてゆっくりとランチタイムも取ることができました。
静かで何とも心地よい時間です。


d0112928_13394330.jpg
最後のキャンプサイトへ到着しました。ここまで本当に頑張って歩きましたね。

d0112928_13391524.jpg

最高のロケーションのキャンプサイトでリンちゃん大はしゃぎ。
バックパッキングやキャンプ生活にもすっかり馴染んで、一日歩き終えた後も元気いっぱいでした。
お客様の元気な姿はガイドとしても嬉しい限りです。

d0112928_13395673.jpg

いよいよ最終日。あのボルダーパスへ到着すれば、遂にサーキットの完成です。
嬉しいやら、寂しいやら複雑な心境でしたね。

d0112928_13400851.jpg

もう一息ですよ!!

d0112928_13402145.jpg
いえーい。サーキットを無事に完成させ、駐車場まで頑張って歩き通しました。
本当にお疲れ様です。そして、「スコーキーサーキット」完歩おめでとうございます!

d0112928_13403131.jpg
最後はヤムナスカオフィスでお別れの時です。
オフィススタッフ兼ドライバーをしてくれた行田も加わり、記念撮影で締めくくりました。

息子にロッキーの大自然を体験してもらいたいという、ご夫婦の想いが詰まった暖かく、楽しいバックパッキングツアーにすることができました。
リンちゃんも一つ成長できた旅になったんじゃないかな?

また是非、ロッキーにご家族で帰ってきて下さいね。ヤムナスカ一同心よりお待ちしております。

この度はヤムナスカをご利用頂き誠にありがとうございました。

ヤムナスカ・ガイド山田 利行 (やまだ としゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


# by ymtours | 2017-08-15 15:08 | 家族の山旅 | Comments(2)

神秘的な青色のレイクマッカーサー

d0112928_13595760.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、東様ご家族、大毛様ご夫妻をレイクオハラエリアのレイクマッカーサーへとご案内させていただきました。
天気は晴れ。レイクオハラで写真撮影をしてから、レイクマッカーサーへと向かいます。皆さん笑顔満点!!!

d0112928_13595822.jpg
登り始めて1時間ほどで、シェイファーレイクに到着。ここが中間地点、まだまだ体力は十分!
d0112928_13595887.jpg
巨大岩を必死に支える里奈ちゃん!(笑)
登山道には遥か昔に氷河によって運ばれたこのような巨大な岩がゴロゴロとあります。
d0112928_13595896.jpg
足場が狭い岩場を登る本日の核心部。しかし皆さん、物ともせず余裕の笑顔です!
d0112928_14044825.jpg
レイクマッカーサーの近くでホワイトテイルドターミガン数匹を見つけました。
ターミガンはライチョウのことを指します。
ターミガンの仲間の中でも唯一白い尾羽を持つことからホワイトテイルドという名付けられてます。
ずんぐりとした体と短めの翼が可愛らしいですね。
d0112928_13595941.jpg
着きました!レイクマッカーサー!レイクオハラエリアの中でも最大の氷河湖。美しく迫力もあります!
d0112928_13595947.jpg
展望のよい所で、レイクマッカーサーを見下ろしながらのランチタイム。
いや〜絶景ですね!
d0112928_14000060.jpg
東様ご家族、大毛様ご夫妻今回はありがとうございました!
レイクマッカーサーの青々しい美しさを堪能できたでしょうか?
またご一緒できることを心よりお待ちしております!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

# by ymtours | 2017-08-15 14:08 | グループの山旅 | Comments(0)

歩いておきたい ロッキー定番ハイキング 『ラーチバレー』


d0112928_05480396.jpg
ヤムナスカ ガイド 本山 です。
ロッキーの定番ハイキング、人気のラーチバレーハイキングに行ってきました。

なんと言っても、このハイキングは、カナディアンロッキーの核心部の高い山が多いエリアになり、以下の2点で有名です。
◆テンピークスの景観を楽しみながらのハイキング
◆季節ごとに色づきを変えてくれるカラマツの美しさを楽しむ

d0112928_06442258.jpg
森林限界まで出ると目的地が見えてきます。

ここで折り返し地点。
昼食を取り、景観を楽しみます。

d0112928_07225699.jpg

今回の最年少!I上様
日本でも登山を是非楽しんでください。

d0112928_06481592.jpg
エスプラナーデを一緒に歩いた皆様
本日もご一緒させていただきました。
後ろにはテンピークスがそびえています。

d0112928_06495199.jpg
こちらもエスプラナーデを一緒に歩いた U田様

d0112928_06520107.jpg
K池様は、振り返りテンピークスの写真を撮られていました。

d0112928_06534512.jpg
S田様は、なんとユーコンのオーロラツアーのリピーター様
まさか一緒にロッキーの山を歩くことになるとは!
今回は装備も新調されて、ハイキングに挑戦!

d0112928_06555501.jpg
カラマツが多いこのトレイル
このトレイルはラーチバレーと言いますが、英語でカラマツは ラーチなんです!
落葉するこのカラマツはそれぞれの季節で美しい色合いを見せてくれます。
ライトグリーンの非常に細い葉は、多くの光を通して、トレイルは樹林帯でも明るく感じます。

d0112928_06584150.jpg
この日は、真夏日というよりも少し秋の気配を感じさせる日でした。
地リスはたくさんいるエリアですが、なんとなく冬眠の準備をしているように感じました。

d0112928_07245552.jpg
カラマツの林から見えるテンピークの名峰 マウント・フェイ、氷河を抱くこの山が下山時に見え隠れします。


d0112928_07035966.jpeg
途中にあるテンピークスの山々、下山時に最後の景観を楽しみます。

d0112928_07064550.jpg
登りの時とは違った風景が見えてきます。
モレインレイクのなんとも表現できないこの青色とマウント・フェイの景観を楽しみながら下山します。

今回は、総勢9名様
エスプラナーデを一緒に歩いた方
ユーコンでオーロラツアーに何度もご参加いただいた方
初めての方

山火事の影響も心配されましたが、素晴らしい一日になりました。

やっぱりここは定番と言われるだけの迫力と美しさがあります。



ヤムナスカ・ガイド本山 直人 (もとやま なおと)
ガイドプロフィールはこちらから


# by ymtours | 2017-08-15 07:09 | グループの山旅 | Comments(0)

巨大カールの麓に佇む幻想的な氷河湖!レイクオエサハイキング

d0112928_04202759.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、柴田様ご夫妻、佐藤様ご夫妻をレイクオハラエリアのレイクオエサへとご案内させていただきました。
レイクオエサは、レイクオハラ湖畔から谷あいを歩いたところにある巨大なカールに抱かれた美しい氷河湖です。
つまり、上の写真で皆さんが指差しているあたりにレイクオエサがあります!
「あそこに向かうぞー!」と皆さん気合十分!

d0112928_04223074.jpg
道の途中で、ライケンと呼ばれる地衣類を発見。
感触は柔らかく、もじゃもじゃとしています。
このライケンを唇の上に乗せると付け髭のように見えるので、ガイドの鉄板ネタとしてよく使われます。

d0112928_04232798.jpg
付け髭...付け鼻毛?!ライケンの新しい遊び方を佐藤様が発見しました!笑

d0112928_04374524.jpg
ビクトリアフォールと呼ばれる滝です。この脇を登っていくため、滝を間近で見ることができます。
迫力満点ですね〜!
d0112928_04255347.jpg
レイクオエサに到着!
レイクオエサのオエサとは、先住民の言葉で「氷」という意味です。
その名の通り、透き通った真っ青な色は、まさに冷たい氷の様。幻想的ですね。
d0112928_04264269.jpg
レイクオエサ到着時、雨が強くなってきたので、タープを張り、ガスストーブで暖をとりながらのランチタイムです。
みんなで寄り添ってのランチ。まるで小学校の遠足みたいとみなさんと盛り上がりました!
d0112928_04310300.jpg
帰りに岩場でマーモットの親子と遭遇!親マーモットと並んだ
子供マーモットが小さくてとても可愛らしいですね!

d0112928_04303767.jpg
柴田様ご夫妻、佐藤様ご夫妻今回はありがとうございました!
雨の中でも皆さん元気でとても楽しかったですね!
今回の山旅が皆様の楽しい思い出になっていただければ幸いです。
またカナディアンロッキーにお越しください!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


# by ymtours | 2017-08-13 04:43 | グループの山旅 | Comments(0)

開放的なメドウでのんびりランチ!ラーチバレーハイキング

d0112928_13305483.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、川戸様ご夫妻、田中様、T.S様、E.H様、J.H様、K.S様をラーチバレーへとご案内させていただきました。
朝早くからのスタート。元気よく行きましょう!

d0112928_13301152.jpg
登り始めのスイッチバッグで、グレイジェイがじーっとこちらを見ていました。
グレイジェイは、その名の通り、胸からお尻の辺りまで明るめの灰色の体毛を持つ高山帯に生息する鳥です。
体毛がふかふかした感じで、実際よりも体が大きく見えます。

d0112928_13301236.jpg
休憩を挟みながら高度をどんどんあげていきます。
ラーチバレーには幾つかの箇所にベンチがあり、休憩できるポイントがあります。
d0112928_13332488.jpg
本日のゴール地点、ミネスティマレイクに到着しました!
ここで、湖と絶景を見ながら贅沢なランチタイムです。

d0112928_13301291.jpg
d0112928_13301395.jpg
T.S様から味噌汁をご馳走になりました!なんと味噌はお手製!
まさかカナディアンロッキーの絶景を見ながら味噌汁を飲めるとは!
とても美味しかったです。
d0112928_13301370.jpg
ランチ後は、自由時間を設けて皆さん思い思いの時間を過ごしました。
こういう場所での昼寝は気持ちいいですね〜。

d0112928_13343891.jpg
川戸様ご夫妻、田中様、T.S様、E.H様、J.H様、K.S様今回はありがとうございました!
開放的なメドウでのランチは如何でしたでしょうか?
カナディアンロッキーにはラーチバレーの他にもまだまだ素敵な場所がたくさんあります。
またご一緒できることをお待ちしております!!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


# by ymtours | 2017-08-12 13:39 | グループの山旅 | Comments(0)