ホワイトホース近郊は全てがフィールド、冬の身近な遊び「クロスカントリースキー」

d0112928_09081166.jpg
こんにちはガイドの堀口です。

今回はホワイトホースの冬の遊びの一つ、クロスカントリースキーをご紹介!

平日の仕事終わりに、または週末ちょっと身体を動かしたい、遠出は少し面倒なのでホワイトホース近郊で遊びたい。そんな方にはピッタリの気軽に遊べるスポーツがこのクロスカントリースキー、略してクロカンです。

ホワイトホースにはダウンタウンから車で10分くらい、マウント・マッキンタイアという場所にノルディックセンターがありキレイにグルーミング(整地)されたトレイルがあり、たくさんの人が訪れます。

d0112928_03525940.jpg
ロッジ内にはこのようなワックス掛けスペースがあり、自分の板を持ち込んで走行前にメンテナンスすることが出来ます。
こうやって自分の板をまめに手入れしてあげることで、道具にも愛着が沸いてきますね!
皆さん入念にワックス掛けしています。


d0112928_03532224.jpg
スキーの板は通常のものとは違い、幅も狭く細いものでとても軽くなっています。
種類は大きく分けて3つあり、クラッシック用、スケーティング用、ツーリング用とあり、それぞれ用途が違います。

簡単に説明すると、
●クラッシック
スキー板を左右平行に前後に交差させて進みます。
ゆっくりと歩き運動量も比較的少なく、クロスカントリースキーの入門編とも言えるでしょう。

●スケーティング
スキー板をハの字に開き、片足で踏み蹴ってもう片方に乗り込みます。アイススケートと同じような動きで進みます。
クラッシックより運動量が多くスピードも出ます。整地されたトレイル向け。

●ツーリング
主にバックカントリー向け。双方はクラッシック、スケーティングどちらでも滑走できますが、整地された以外のトレイルでも走行することが出来るため、ある程度ラフな地形でも対応できます。ユーコンでは数日間のクロスカントリースキートリップを行う人はこちらを使用します。


d0112928_03540374.jpg
こちらがクラシック用の板です。
細見で他の板よりも長いものを選択します。

d0112928_03545529.jpg
板の滑走面を見てみると、エッジがないため基本的にはクロスカントリースキー用の溝を走行します。
キックワックスという専用のワックスを塗ることで、スキー板を平行に後ろに蹴り前に進むことが出来ます。

d0112928_03533897.jpg
こちらはツーリング用の板。
クラッシックの板に比べると少し幅があります。

d0112928_03543387.jpg
滑走面を見てみると、ギザギザしたウロコ状になっているため後ろに蹴るためのワックスを塗らなくてもOKです。
エッジもあるので斜めに蹴って走行する、スケーティング走法も可能です。

d0112928_09155902.jpg
準備が整ったら、外へレッツゴー!
ここマウント・マッキンタイアは毎日キレイに整地されるので常に気持ちよく走行することが出来ます。

d0112928_09104185.jpg
この日はマイナス15℃前後。
「え~!寒すぎ!」と思うかもしれませんが実は、これくらいの気温が、寒すぎず、暖かすぎず。少し走ると体がポカポカ温まってちょうどいい気温なのです。(本当なんです。)
ホワイトホースには森に囲まれているので、車で少し移動して、スキーで山に入ればお手軽に大自然を満喫出来ちゃいます。

d0112928_09210699.jpg
静かな森の中を疾走するのはとても気持ち良いですね。時折リスなどの小動物がトレイルを横切ったり野性味あるエリアであることを感じさせてくれいます。

d0112928_05234156.jpg
ホワイトホース、ノルディックセンターの地図ですが、全コースの総距離は約85km!
初級から、上級コースまでバリエーションは様々ですが、当然一日で遊び切れる距離ではないですね。
夏の間このコースはマウンテンバイク用として使われるのです。
実はホワイトホースはマウンテンバイクもとても盛んな街なのです。
マウンテンバイクの記事はまた夏になったらアップします。

d0112928_05304395.jpg
ホワイトホース周辺にはノルディックセンター以外にも、無料で遊ぶことが出来るトレイルが沢山あり、上のマップはその一部です。夏はハイキング、マウンテンバイク、冬はクロスカントリースキーが楽しめます。
d0112928_03474046.jpg
またキッズのレッスンも充実しており、夕方にはたくさんの子供たちがワイワイと賑わっています。
ユースのチームもあり競技として真剣に取り組んでいる、未来の選手たちも沢山いるんですよ!

d0112928_03515336.jpg
こんな風にこんな小さなころからスキーに触れることが出来るので、本当に身近なスポーツだということがわかりますね。こんな子供たちの将来がとても楽しみです!

d0112928_09125307.jpg
ユーコンの寒くて長~い冬を楽しむための身近なスポーツ、クロスカントリースキー。ちょっと慣れ始めたら郊外のトレイルを歩いてみると、すぐに手つかずの自然を満喫することが出来ます。今日も仕事終わりにひとっ走り気持ちいい汗を流してきます!

堀口慎太郎
ヤムナスカ・スタッフ




# by ymtours | 2017-01-26 01:25 | ホワイトホース情報 遊ぶ | Comments(0)

村上様 - プライベートアイスクライミング

d0112928_2113075.jpg

ヤムナスカガイド谷です。

前年もいらしていただいている村上様ご一行を2日間にわたってアイスクライミングご案内。
このグループはメンバーが少しずつ入れ替わったりして、かれこれ2~5年毎年カナダの冬にいらっしゃってます。
今年初めての方もいましたしね。

そんな冬に毎年って!?皆さん知らないだけで冬の方がリピーター率が高いんですよ。
(日本から来られた方も多く見かけるほどです)

なぜなら、歩いて3分でアイスクライミングが出来る場所がある。しかも200mを超える氷瀑。
日本だと本州に住んでると平均して4,5時間以上歩いて30mくらいの氷のぼるしかないんですね。

カルガリー空港到着後、車で約一時間半で、キャンモア・バンフという観光地があり、スキー場あり、他の見どころあり、登らない日も旅行としても楽しめる。
挙げればきりがないですが、5年通ってもまだまだ登りつくせない魅力的なルートが沢山あるのです。
カナディアンロッキーの冬ですよ、皆さん。夏もいいのは当然ですが、冬がこれほどまで素晴らしいことも知っていただきたいです!

では村上さん達を今回案内した場所はゴーストというエリア。
レイクミネワンカの東側に面するこの地域は世界最強アイスクライマーのウィル・ギャッドが最高のエリアだというほどの場所です。

さて村上さん達のアイスクライミングの旅覗いてみましょう?

d0112928_2243597.jpg
ゴーストといえばそう名物のオフロード!!
川を越え山を越え、こんなワイルドなアプローチは世界中探してもここだけでしょう。
道なき道を行き、そしてアイスクライミングをする、まさに北の大自然大国カナダ!!
d0112928_22787.jpg
そして今日登るのは「ウェザリングハイツ」100mを超す垂直の氷瀑美しいですね。

d0112928_229316.jpg

グイグイ登ります。

d0112928_2295198.jpg
しっかり登ってトップアウトですね。
とにかくカナダのアイスクライミングは景色がいい!!
他の国に比べて圧倒的な解放感。

d0112928_2312791.jpg
佐藤さん、関口さん、二人とも登り終えてご満悦です。
さて登ったらまた帰るんですが、それもまたアドベンチャーです。

d0112928_2325434.jpg
今回はなかったですが、こんなこともたまにあります。


さて二日目はゴーストの看板ルート、「ソーサラー」(魔術師という意味)へ。

勿論難易度は5級(上級者)のカナディアンロッキーを代表するルートです。雑誌の表紙にもなったりしますね。
日本の方はよくポーラサーカスに行きたがるのですが、雪崩の危険性が非常に高いルートで
雪のコンディションがいい状態にならないと取りつけないことが多いです。
それに比べてこのゴーストエリアは基本的に雪崩が少ない地域なので、天候に左右されず思いっきり登れます。

d0112928_2354028.jpg
冒頭の写真ともに。素晴らしい形です。
そして最後のセクションも真っ直ぐ大迫力です!

d0112928_2365055.jpg
さあ登りましょう。
しかし今回は積雪が稀に見る多さで、アプローチに時間がかかってしまい。

d0112928_2383519.jpg
最後の垂直の部分はまた来年に取っておくことにしました。


アイスクライミングは生き物です。毎年来て同じルートでも、形や難しさが違います。
それはまさに川の流れのように、常に毎年、変化しているのです。

この度は誠に有難うございました。また来年お待ちしてます!!

ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから


# by ymtours | 2017-01-07 02:41 | その他 | Comments(3)

ユーコン / 森の隠れ家 カークロスロッジツアー

d0112928_09560097.jpg
皆様新年あけましておめでとうございます。
ヤムナスカガイドの堀口です。

今回はユーコンから2016年~2017年をまたいで行われた、「森の隠れ家 カークロスロッジツアー」の様子をお伝えします。(2016/12/30~2017/1/3)

参加されたのは、夏にもロッキーにも遊びにいらしたK様ご家族4名様、奈良からお越しの田中様、そして以前にもロッキーで私堀口がご案内させていただき、今回は4年ぶりのカナダという本橋様、松本様ご家族の6名様(4年前の様子はこちら)の合計11様と4泊5日をご一緒させていただきました。

皆様がとても楽しみにされていたオーロラは上の写真をご覧いただいた通り、最初の2日は素晴らしいものを見ることが出来、2016年最後の締めくくり、2017年新年を飾る素晴らしい結果となりました。
結局オーロラは4夜すべて発生し、文句なしのオーロラツアーだったのではないでしょうか。

こちらのツアーはガイドがロッジに一緒に宿泊し、オーロラ、日中のアクティビティ、ロッジでの滞在を演出する、内容盛りだくさんとなっておりますので、その様子を写真でご覧ください。

d0112928_09565259.jpg
▲2日目の日中はアニーレイクにてスノーシューハイキングを楽しみました。さすが皆様全員自然大好きのメンバーだったのでしっかり2時間歩くことが出来ました。


d0112928_10005535.jpg
▲ロッジ自慢の料理は野菜盛りだくさんのとってもヘルシーなコンセプトで、味も申し分なしで皆さま大満足でした。もちろんお肉お魚も沢山ありますよ。


d0112928_09572421.jpg
▲大晦日には私堀口が腕を振るい年越しそばを作り、みんなで食べました。やっぱり年越しはそばが良いですね。


d0112928_09580108.jpg
▲ロッジ前にて焚火を囲みカウントダウン。ロッジオーナー達と一緒に皆で新年を祝いました。


d0112928_09581823.jpg
▲3日目の元日はアラスカとの国境近くフレイザーへスノーシューハイキングへ出かけました。
天気もよく最高のスノーシュー日和でした。


d0112928_09583948.jpg
▲車からしばらくは凍結した湖の上を歩きます。この辺りはツンドラ(永久凍土)が広がっています。
日本ではみることができない、極北ならではの景色を楽しみましたね。


d0112928_09590028.jpg
▲本橋家の長女、亜美ちゃんと、次女の果歩ちゃん。
手に持っているクマのフィギュアは実は4年前に私が誕生日プレゼントに差し上げたものなんです。
ここまで持ってきてくれるなんて感激でした!

d0112928_09592504.jpg
▲アラスカ方面空から太陽が顔を出し、素晴らしい初日の出を拝むこともできました。

d0112928_09594824.jpg
▲帰りに寄ったベネットレイクではマジックアワーがとても綺麗で、芸術的な色の空が湖に映り込みため息がほどの美しさでした。


d0112928_10013273.jpg
▲夜はみんなで思い出作り。ドリームキャッチャーを手作りしました。
ドリームキャッチャーとは先住民の装飾品で広義では魔除けの意味があります。
2017年がいい年になるように願いを込めて皆さん真剣に作っています。

d0112928_10022595.jpg
▲約2時間ほどで全員完成!皆さんとても上手でびっくりしました。

d0112928_10035337.jpg
▲それぞれ個性があっていいですね。皆さんには自宅に持って帰っていただきました。

d0112928_10060788.jpg
▲最終日はホワイトホースの市内観光。
前日までとは打って変わってキーンと冷え込む寒さでしたが、雲一つない快晴。
ゴールドラッシュに沸いた街の歴史を探訪、ショッピングと楽しみました。

d0112928_10064113.jpg
▲ここまで毎晩オーロラは観れているのですが、最終日はちょっと場所を変えて車で移動しオーロラハンティングへレッツゴー!

d0112928_10071856.jpg
▲到着した場所では満天の星空で、流れ星がいくつも見えましたね。
この後はしっかりオーロラも出てくれました。


あっという間の5日間でしたが、私も楽しいメンバーに囲まれ本当に楽しくガイドさせていただくことが出来ました。
皆様また是非カナダに遊びにいらしてください!
またお会いできるのを楽しみにしています。

2017年が皆様にとって素晴らしい年になりますように!

この度は誠に有難うございました。

ヤムナスカ・ガイド堀口 慎太郎(ほりぐち しんたろう)
ガイドプロフィールはこちらから

d0112928_04010038.jpg


# by ymtours | 2017-01-06 10:48 | オーロラの旅 | Comments(0)

有木様 プライベートアイスクライミング

d0112928_2331638.jpg
ヤムナスカガイド谷です。

新年あけましておめでとうございます。
さてカナディアンロッキーではアイスクライミングのガイドが始まっています。
日本人にはあまりなじみがないですが、カナダは世界で一番のアイスクライミングエリア。
特に暖冬といわれる昨今、アジア、ヨーロッパでは氷の発達が悪くアイスクライミングを楽しめない年が増えてきています。
ですが、ここカナディアンロッキーは問題ありません。11月~5月まで登れちゃいますよ。

さて今回は有木さんご夫婦とアイスクライミングに行っていました。
有木さん達は日本でも沢山の経験があり、ご自身たちだけでも登れるのですが、
自分たちがわからない現地の情報やルール、雪崩のコンディションの読み方なども
私たちガイドから学んでから自分たちで登る予定でいらっしゃいました。

現地ガイドに頼べば、一番いいコンディションのアイスや今後行こうという場所のアドバイスなど得ることが出来ます。

いざ出発!カナダ極寒の蒼の世界へ。

d0112928_23363057.jpg

初日はクートニー国立公園にあるハフナークリークで足慣らし。
日本が暖冬のため有木さん達は今シーズン初登りだったようです。
カナダで登り初め。いいですね~。

d0112928_2336426.jpg

この日は他の国際山岳ガイドの方も来ており、1月に日本にスキーに行くといってました。日本も人気ですね。
僕の方は、今年の雪の状態やアイスのコンディションを聞いて有木さん達にとっても有意義な時間になりました。
ハフナーはアイスクライマーの社交場的場所なので行けば必ず誰かに会い、最新の情報が得られます。

d0112928_23374475.jpg
2日目はカナナスキスのムーンライトというルートで3ピッチ110mです。
天気は最高、この日の最高気温は-2度。

d0112928_2338715.jpg

ガンガン上ってきます。高度感わかります?下のクライマーがちっさい。
60mいっぱいのピッチは他の国では味わえません。
ちなみに冒頭の写真もムーンライトです。登っているのは僕で、お二人にビレイしてもらってますね。最高のロケーション。

d0112928_23384360.jpg

最終日3日目はロッキーにアイスに来たらここでしょっというルート。
ウィーピングウォールです。約200mの氷を僕たちは5ピッチに分けて登りました。
駐車場でアイゼンやハーネスをつけて5分で何百メートルの氷瀑に取りつけます。
こんな場所、世界どこ探してもカナダだけですね。

d0112928_23391544.jpg
カナダのグレード5の氷はいかがですか?

d0112928_2339349.jpg
トップアウトしての一枚。最高です。

d0112928_23395411.jpg
懸垂下降で降りていけば。

d0112928_23401228.jpg

そこはもう駐車場。信じられませんね!

有木さん本当に楽しい三日間をありがとうございました。
また機会がありましたら是非登りいらしてください。
カナディアンロッキーは登りつくせないほどのアイスのルートがありますので。
いつ来ても新しい世界が待っています。


ヤムナスカ・ガイド谷 剛士 (たに たけし)
ガイドプロフィールはこちらから


# by ymtours | 2017-01-04 01:44 | その他 | Comments(0)

『極寒 マイナス30度 以下とは?』防寒対策は?


d0112928_07522142.jpg
寒いです。極寒の気温になってます!ヤムナスカガイド 本山 です。
ここホワイトホースは、極北エリアになり、まぁーカナダでも寒い方になりますが、ずっと極寒なわけではありません。
非常に気温差が激しく寒気が入ってくるかどうかで、かなり気温差があります。
d0112928_08052561.jpg
これがこの日の天気予報、寒いですな・・・・しかしブログを書いているこの数日後の現在はマイナス2度、ポカポカに感じます。
皆さんが訪れる時も、おおよそマイナス5度程度からマイナス30度以下程度までの気温になることが想定されます。
おおむねマイナス15度程度が一般的な気温かと思います。

スマホで見てみると、、、、
極寒!まさしくその表現がふさわしい
d0112928_08111364.jpg
まさしく極寒という表現がぴったり
ユーコン人には、この極寒というのは、マイナス30度を境に使われる言葉です。

すべてが凍てつく気温!
d0112928_09152461.jpg
日本の感覚で例えるなら、マイナス30度程度は、大雨が来たような感じでしょうか?
遊園地に行こうと思っていたが、予定を変更した、草野球やる予定だったが間違いなく中止になる、通勤は、まぁー交通機関に問題はないが路線によっては多少の遅れがでる、などという感じでしょう。


これがマイナス35度より下回ってくると、かなりのサイズの台風が来て、学校が休みになる、交通機関にもかなり影響が出るなどという緊急レベルになってきます。

どんな感じかというと『痛い』です。

よく耳にする『私は寒いのが苦手だから・・・・』という言葉!なにをおっしゃる!まぁー、ホワイトホース程度の寒さになると『得意な人などいるわけもなく、準備しないと誰でも寒い』気温になります。実際、家の中はすべてセントラルヒーティングなので20度前後、むしろ日本の家よりも暖かいといえるでしょう。

さーーて、そんなマイナス30度に10分以上いる外出をする場合、いったいどんな格好で出かければいいのでしょうか?

以下がこの日の私の服装(下着のパンツ、靴下は除くすべてです。)
d0112928_08224981.jpg
ニット帽子(必ず耳まで隠れるもの、場合によっては二重でもいいです。)
ネックウォーマー(目だし帽子もいいですよ)
ウールTシャツ(肌につくものは綿は避けましょう、微妙な汗などで
ウールの長袖
中厚のフリース
薄手のダウンジャケット
厚手の化繊の綿入りジャケット(厚手のダウンが理想的)
ウールの股引
普通のズボン
綿入りの登山用パンツ(右上の黒パンツ)
薄手のウールの手袋
厚手の手袋(ミットは非常にお勧めです。)
*ウールの靴下(写真には写っていません、これも綿は避けたいです。)

になります。

そして重要なのは、ブーツ!
d0112928_08301468.jpg
これはソレルのいうメーカーのグレイシャーというタイプ、対応温度はマイナス70度!
この手のブーツには色々種類がありますが、最低でもマイナス50度対応のベアーというタイプがお勧めです。
はっきり言って、重く、歩きにくいです!歩きやすさを求めている気温ではないということですね。

日本ではグレイシャーは、登山専門店などの行かないと売っているのをあまり見かけたことがありませんね・・・

中にはかなり厚めのフェルトが入っています。これが非常に重要なポイントですね。
このフェルトの厚さが暖かさにつながっていきます。
d0112928_08454172.jpg

よく日本からブーツを持って来られる方で見かけるのが、マイナス30度程度まで対応のブーツ
d0112928_08405389.jpg
こんな感じのタイプですね。
これでもマイナス30度対応ですが、マイナス30度でこのブーツは30分程度外にいると足先など寒くなってくるでしょう。
特にオーロラ鑑賞の場合は、『動かない』ので、その実際の気温よりも低い気温に対応しているブーツがお勧めです。
このブーツでマイナス30度の場合は、車でちょっと出かける、すぐに戻るとわかっている用事の場合には私もマイナス30度でも利用することがありますが、マイナス30度で長く外にいる場合は歯が立たなくなってくることでしょう。私も何度も痛い思いしています。

ツアーに参加される方は、レンタル防寒具が必ずありますので、私としては、レンタルされることをお勧めします。
ヤムナスカのレンタル情報はこちらより

さーて、マイナス30度の世界にこれらを装着して飛び出してみましょう。
d0112928_08482766.jpg
かなりモコモコです。自分でも少し太ったかなと思うような写真(実際に少し太った)。そうそう!やはりフード付きのジャケットは私は好きですし、非常に役に立ちますよ、フードを被るとかなり違います。露出しているのは、顔の一部のみです。

d0112928_08571050.jpg
極寒の世界では、露出はこのように顔の一部だけにしたいものです、してはいけないことに、素手で金属を触ることが上げられます。
代表的なのは、ドアノブ!これを素手で触ると、氷を触ったときのように『ぺタ』っと手に張り付くのがわかります、本当にひどいときは皮がむける、軽いやけどのようになるなど困ったものです。ドアノブは必ず手袋で触りましょう!ということで私も厚手の手袋の下に薄手の手袋をしています。これは、厚手の手袋では細かい操作がしにくい場合に非常に重宝します。


キーンの張り詰める澄んだ空気、白銀の世界は格別です。
d0112928_08593666.jpg
木々の先端まで空気中のすべてが凍っていきます。

d0112928_09042309.jpg
なかなか美しいですね、是非カメラを持って楽しんでください。

d0112928_09065673.jpg
自然美だけでなく、普段ではなかなか観ることのできない景色

d0112928_09082172.jpg
これはパーキングメーター

d0112928_09184111.jpg
ロバート・サービスという詩人の銅像も凍てついてますねぇー

d0112928_09200664.jpg
そして私も凍てついてます。散歩に出て一時間程度、さすがにかなり防寒したので、あまり寒くは感じませんでした、が、ちょっと手袋を取ってカメラなどいじると、ひぇー、冷たい、というか痛い、、、足元も極寒対応ブーツのおかげで終始ポカポカでした。私はまつ毛がほとんどないので凍らないのですが、女の方などは、フェイスマスクから漏れてくる自分の息の上記が瞬間に凍りまつ毛が真っ白になります。

d0112928_09261895.jpg
ホワイトホースのダウンタウンから少し足を伸ばすと極北の原生林が凍てつく中でしっかり生きています。
しかしよくこの気温で生きていられるものですね。いつも圧倒されます。

ということで、しっかり準備すればマイナス30度以下でも問題はありません。

マイナス30度になると、バナナで釘は打てるし、濡れタオルはすぐに凍る、、まだまだ面白話はあるのですが、今日はこの辺で、

しかし、暖かい家に入ると、やはりほっとするのもです。

皆さんがお越しになるときはいったい気温は何度になるでしょうか?

ヤムナスカガイド 本山 でした。

ヤムナスカのツアーはこちらより


# by ymtours | 2016-12-28 08:33 | ホワイトホース情報 住む | Comments(0)