<   2017年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

カナダではビール3本飲んでも運転できるってホント?

d0112928_00510683.jpeg

ヤムナスカガイドの難波です。

2度目の挑戦でアシニボイン(3618m)の登頂に来られた小倉さんを囲んでバーベキューをやりました。
3年前は雪が降り、山頂から300m直下で撤退した経験を持つ小倉さん、今年は70歳を向かえてリベンジです。

バーベキューのお供と言ったらビールですね。
私はバイクで来たので1本(350ML)だけ頂きました。。

えっ飲むの???

確かにお客さんとの食事にバイクでやってきて、
ビールを飲んで帰るなど、、日本ではありえませんね。
私は運転の場合はなるべく飲まないように自制しています。
ただお付き合いで乾杯することも無いとは言えません。

今日は思い付きでカナダでの飲酒運転について書いてみました。

カナダに来るとバーやレストランのパティオでビールやワインを飲んで運転して帰る人を見かけます。
近年の日本では運転前の飲酒は一滴たりともタブーというのが常識なので、少しびっくりしてしまいますよね。

カナダ・アルバータ州における運転時のアルコール許容量のお話をしたいと思います。

私がカナダへ来たころは「カナダでは70kgの体格をしているなら缶ビール3本まで大丈夫だよ」と、友人からよく聞かされたことがあります。しっかりした知識もない私は、「そんなものかな。。」と思った程度でした。私は強い方で無いので、ビール3缶で十分に酔っぱらってしまうからです。

血中アルコール濃度を検索すると、これほど沢山の日本語サイトがあるとは驚きです。日本の飲酒運転を撲滅しようという動きは世界から見ても活発だと感心します。例えば70kgの体重の人がビール(350ml缶)を3本飲むと血中アルコール濃度は0.071%になります。65kgの体重なら0.077%となります。もちろん個人差がありますが、日本人は欧米人に比べてアルコールを分解する能力が低いと言われているので、日本のサイトから数値を計算するのが良いと思いました。

2012年7月以前のカナダ・アルバータ州の道路交通法上で違反となるのは:
血中アルコール濃度=blood alcohol concentration (BAC)は0.08%以上が飲酒運転となります。しかし、2012年9月からBACが0.05%以上に酒気帯び運転の罰則が追加されたとあります。あまりこのことを知っている人は少ないのではないでしょうか。つまり、缶ビール3本ではアウト(=酒気帯び運転)です。70kgの人が缶ビール2本飲むと、0.048%となりますのでギリギリOKです。(あくまでも目安)

上記の情報はAlberta Transportationのサイトから抜粋しています。
http://www.transportation.alberta.ca/impaireddriving.htm

罰則を簡単に要約すると、
BAC0.08以上:免許は前科の判決が出るまで没収され犯罪歴が残り一生残ります。(初回)
BAC0.05以上:3日間の免停と3日間の車預かり。(初回)

ちなみに日本はBAC0.03%以上で罰則、缶ビール1本が限界量というのが常識だそうです。
そもそも最近では、運転前に缶ビール1本も飲まないように自制する方がほとんどですね。

最後に70kgの男性がビール缶2本(700ml)とワインを2杯(500ml)飲むとBACは0.142%となり、体内からアルコールが抜けるまでの時間は10時間12分ということです。(個人差はありますが。。)

当社ではもちろん、商用車を運転するときはゼロトーランス(1滴もダメ)です。さすがに仕事中のドライバーが昼休みにビールを一本飲んでいたら問題ですよね。イタリアを始めヨーロッパでは、仕事中でも昼食によくワインやビールを軽く飲む人がいますが、、バスドライバーさんはさすがにそれはしないと思うのですが、、実際どうなんでしょうか。。(彼らのことですから、ちょっと気になります。)

最近はレンタカーを使ってカナダを旅している方がおられます。
以上の情報が少しでも役に立てばと思い書きました。


d0112928_01131132.jpg
話しは戻って、明日からのアシニボイン登頂の達成をお祈りします。

以上

ヤムナスカ・マウンテン・ツアーズ
難波 寛 (なんば ひろし)


by ymtours | 2017-07-31 06:47 | その他 | Comments(0)

H様 特選日帰りハイキングへ 1日目と2日目

1日目

d0112928_0244751.jpg



こんにちは、ヤムナスカガイドの難波です。

16年以上のお客様となるHさんをご案内しました。
せっかくお越しいただいたのに、ちょうど特選日帰りツアーが催行されない日と当たってしまいました。なかなかお客様おひとりではツアーを出せないのですが、これだけ長い間、弊社をご贔屓にして下さるお客様のご依頼を断るわけにはいきません。そんな時は、夏休み中の息子に親父の仕事を見せるためというか、実際は家族ハイキングに参加して頂きました。。。Hさん、こんな家族サービスの延長のような日に一緒に山へ行くことを承諾くださり有難うございます。

d0112928_11394017.jpg


ほんの少し山火事の煙で霞んでいますが、ほとんど気にならずハイキングが出来ました。山火事というのは自然再生の源です。これ無くして、食物多様性を維持できないわけですから、少しぐらいは我慢です。

d0112928_11394596.jpg


このエリアはウエスタンアネモネが多いことで知られています。花の終わった後の綿毛(タネ)が一面にあります。実は私、綿毛のフェチでして、特にアネモネの綿毛を逆光で撮るのが大好きです。もしレフ板を使う余裕があれば、、、つまりお客様を待たせることができるなら、、、、突如と「休憩!!」と号令をかけて、撮影に入ります。綿毛って人間みたいなんですよ。最初は坊主頭の赤ちゃん。少しづつ毛が伸びて来ると可愛い小学生。そのあとは親の言うことを聞かないロン毛の高校生から大学生になります。それからは、悲しいかな毛が風で飛んでいきます。最後は? もうご想像がつきますね。ツルツル頭。。いや、そのスキンヘッドがカッコいいのです。

ウエスタンアネモネは初夏から夏の終わりまで楽しめる花なのですよー。

d0112928_11393683.jpg


今日はガイドとして、少し楽をした日になってしまいました。。妻とHさんは女性同士ということで、歩き出しから終わりまで世間話に花を咲かせてくれましたし。。10歳の息子は、ドラえもんのポケットから出て来て欲しい未来のハイキングスティックに想像を膨らまして、元気に歩いてくれるし。。私がやったことと言えば、湖畔でコーヒーを沸かしたぐらいです。。これも自分が飲みたかったからと言われましたが。

d0112928_12275493.jpg


Hさん、こんな普通のなんでもない私の山遊びに付き合ってくださり有難うございました。これに懲りずまたお越しくださいね。

1日目おしまい。

2日目
d0112928_14220890.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの永谷です。
2日目は、私がH様をレイクアグネス&ビッグビーハイブ&プレイン・オブ・ザ・シックス・グレーシャーズへとご案内させていただきました。

レイクアグネスはレイクルイーズ周辺のハイキングコースの中でも非常に人気のあるコースの一つで、レイクルイーズとはまた別の雰囲気を持つ美しい氷河湖です。平日にもかかわらずたくさんの人で賑わっていました。

d0112928_14220923.jpg
湖畔をぐるっと回ってからビッグビーハイブを目指します!

d0112928_14220995.jpg

ビッグビーハイブから見下ろしたレイクルイーズ。
上から眺めるレイクルイーズはいつもと雰囲気が違って見えますね。
ここでランチをとり、その後、プレイン・オブ・ザ・シックス・グレーシャーズへ目指します。

d0112928_14501077.jpg
d0112928_14221017.jpg
森林帯を抜けると、マウントビクトリアの方角に向かってのびるトレイルに出ました。
途中で、ヤナギランの大群生を発見。ラベンダー畑ではなくヤナギラン畑?

d0112928_14221020.jpg
d0112928_14221115.jpg
最終目的地のティーハウスに到着しました!
ティーハウスの前は広場になっていて、眼前には大迫力の氷河を眺めることができます。

d0112928_14221082.jpg
「冷た〜い!」氷河から流れ出る川に手を突っ込んで、二人して涼んでいました。
暑い日差しの下、この冷たさは格別ですね!
d0112928_14330366.jpg
今まで自分たちが歩いてきた道のりを振り返ると、達成感が湧いてきます!
いや〜今日は歩きました!

景色が次々と変化していく見所盛りだくさんの1日でした!
H様、今回はありがとうございました。
秋のカナディアンロッキーにも訪れてみたいとのこと、ぜひいらしてください!
秋の黄葉も綺麗ですよ!

ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから

by ymtours | 2017-07-26 12:17 | ふたりの山旅 | Comments(3)

永谷 有基(ナガヤ ユウキ)/ガイド紹介 2017

d0112928_06301134.jpg
カナダ カナナスキスカントリーにて

初めまして!ハイキングガイドの永谷 有基(ナガヤ ユウキ)です。
北海道で生まれ、学生時代は陸上競技に明け暮れ、北の大地を走り回って育った生粋の道産子です。
子供の頃から自分が知らない新しいものを見ることや知ることが大好きで、一度熱が入るととことんのめり込むタイプです。
高校時代に情報技術に興味を持ち、独学で国家資格を取ったり、プログラミングで簡単なゲームを自作したり、その流れで大学は情報技術を専攻しました。大学卒業後は上京して、4年間システムエンジニアとして働いていました。

山を始めたのは社会人になってからでした。きっかけは長野県の上高地で初めて目にした雪化粧を纏った穂高連峰でした。その美しさに思わず目を奪われました。
「あの頂上からどんな景色が見えるのだろう?」「あの山の向こうにはどんな景色が広がっているのだろう」
気になり出したらもう止まりません。いつか奥穂高岳の頂上に立って、どのような景色が広がっているのかこの目で見てやろうと決心し、日帰り登山から始めました。そして半年後に奥穂高岳の頂上に立つことができました。快晴の下、頂上から見た絶景は今でも忘れられません。

長野県 奥穂高岳頂上にて

その経験の後は、どんどん山の世界にのめり込んでいきました。テントを担いでの縦走登山、沢登り、冬山登山、バックカントリーなど四季折々の自然を感じながら山の世界を楽しんでいました。
d0112928_06301051.jpg
丹沢で沢登り 暑い日は滝壺ダイブに限ります!

富山県 劔岳頂上にて

山は基本的には一人で登ってました。誰に気を使わず一人静かに自然の中にどっぷり浸かりたいからです。
しかし一人でやるには技術や知識に限界を感じ、個人ガイドが行っているガイド登山ツアーに参加しました。
そのツアーで特に印象に残ったのが、すごく楽しそうにガイディングしているガイドの姿でした。
ツアーに参加したことで、自分の登山の幅がますます広がりました。この経験から自然という広大なフィールドを楽しく、安全にガイディングして顧客の見聞を広げるガイドという仕事に興味を持ちました。

ガイドになるために登山に関するあらゆる基礎技術を学ぶ必要があると考え、それに加え、海外の登山経験をしてみたいという思いから、カナディアンロッキーで本格的な山岳技術を学ぶ事ができるヤムナスカ・マウンテンスキル・セメスターを3ヶ月間受けました。セメスターは想像以上のボリュームで、カナディアンロッキーという雄大なフィールドで山の世界をより深く学ぶことができました。

この経験からカナディアンロッキーの雄大さに魅せられて、「この素晴らしいフィールドでガイディングができたらどんなに最高だろう」と思い、カナディアンロッキーでハイキングガイドとして働くことを決心しました。
d0112928_06300903.jpg
氷河登山 ピークに向けて急斜面を登ります

1日中パソコンとにらめっこしているシステムエンジニアの仕事から1日中野外で活動するガイドの仕事へ転職する、
この選択は今までの人生の中で一番大きな決断でした。決断するまでかなり悩みました。
背中を押してくれたのは亡き祖父が教えてくれた詩の一節でした。

「我がゆく道よ 正しくあれ 石ころゴロゴロたりとも 我がゆく道よ 大きくあれ」

これは草野心平さんの詩の「道」の一節です。
己が生きる道はこういう道でありたいという願いを詩にうたっています。
たとえこの先、多くの困難が待っていたとしても自分が望む道を進むべきだと思い、ガイドとして働くことを選びました。

どんな道が自分の望む道なのか。まだ答えは出ていません。
この言葉を胸に刻んで、カナディアンロッキーという雄大なフィールドを自分の目で見、自分の足で歩き、自分自身の道を切り拓いていきたいです。
d0112928_06300951.jpg
カナディアンロッキー最高峰 Mt.ロブソンの麓にて

私は、ガイディングを通じてカナディアンロッキーの魅力を何倍にも引き上げることがガイドの務めだと考えています。
みなさまの山旅を最高の思い出にするために全力を尽くしますので、どうぞよろしくお願いいたします!

ヤムナスカ・ハイキングガイド 
永谷 有基


by ymtours | 2017-07-21 11:20 | お知らせ | Comments(0)

雄大な景色の連続!ラーチバレーハイキング

d0112928_11295153.jpg
ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、M.J様、新井様をラーチバレーハイキングにご案内させていただきました。
天気は快晴で風もなく、モレーン・レイクの水面に背後の山が写っていて、とても綺麗です。

d0112928_11295269.jpg
d0112928_11295117.jpg
森林帯を抜けると気持ちの良い開けた場所に出ました。テンピークスと呼ばれる3000m級の山々の迫力に圧倒されます。

d0112928_11432296.jpg
美しい景色の連続。カメラのシャッターを切るのに大忙しです!

d0112928_11295234.jpg
この雄大な景色!天気は快晴!まさにハイキング日和ですね!

d0112928_11295383.jpg
この度はご参加いただきありがとうございました!
最高のコンディションで美しい景色を眺めながらのハイキングは如何でしたでしょうか?
またカナディアンロッキーに遊びにきてください!お待ちしております!


ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-07-18 12:01 | ふたりの山旅 | Comments(0)

快晴!レイクマッカーサーハイキング - レイクオハラ日帰りハイキング

d0112928_00230809.jpg

ヤムナスカガイドの永谷です。
この度は、阿戸様ご夫妻、麻美様、M.J様をレイクオハラエリアのレイクマッカーサーハイキングにご案内させていただきました。

本日は快晴!まずはレイクオハラの前で記念撮影。
その後、カナディアンロッキーの中でも最も美しい湖の一つと呼ばれているレイクマッカーサーを目指しました。
d0112928_10140315.jpg
高度を上げるにつれて、雄大な景色がどんどん広がっていきます。

d0112928_10140205.jpg
ついにレイクマッカーサーに到着!湖が見えた瞬間、みなさん感嘆の声をあげていました。
快晴の下、レイクマッカーサーは青く光り輝いているように見えました。

d0112928_10140498.jpg
昼食後の自由時間。美しい湖畔でみなさん思い思いの時間を過ごしました。
d0112928_11162626.jpg
トレイルの途中、岩場が出てきました。岩場にはピカやマーモットが住んでいます。
休憩がてら、みなさんと一緒に探しました。
ピカやマーモットに会いたい!という願いが天に届いたのか、岩場からひょっこり顔を出してくれました!

d0112928_11201293.jpg
レイクオハラはまだまだいくつものハイキングエリアが存在します。
また機会がございましたら、ぜひカナディアンロッキーの山旅にお越しください!


ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-07-17 11:24 | グループの山旅 | Comments(0)

大自然の中で静かに佇むレイクマッカーサー - レイクオハラハイキング日帰りハイキング

d0112928_08533892.jpg
ヤムナスカガイドの永谷です。

この度は、三根様をレイクオハラエリアへご案内させていただきました。
レイクオハラの中でも最も人気のあるトレイルの一つ、レイクマッカーサーへ向かいました。
レイクオハラは、植生保護のため1日の入山者数を制限しているので、静かなハイキングを堪能することができます。

d0112928_08533808.jpg
レイクオハラの色合いも遠くから見るのと近くで見るのとは、少し違って見えますね。

d0112928_08533950.jpg
山沿いの道を歩いていきます。振り返ると絶景が広がっていました!

d0112928_08533919.jpg
目的地、レイクマッカーサーに到着です!
出発時は、雲が多かったですが、目的地に近づくにつれて、晴れ間が少しづつ見えてきました。

d0112928_08534018.jpg
レイクマッカーサーの特徴であるこの独特な青!カナディアンロッキーの中でも最も美しい湖の一つと呼ばれているだけあって、素晴らしい色です。
この日は風も少なく人もまばらで鳥の声もない、まさに静寂の世界でした。

d0112928_09181448.jpg
帰り際にホーリーマーモットが岩場から顔を出してくれました。ホーリーとは「白っぽい、灰色がかった」という意味です。
草を食んでいる様子がとても可愛らしかったです。

d0112928_08533930.jpg
三根様、今回はありがとうございました!
大好きなカナダの大自然を感じていただけたようで、本当に嬉しく思います。
またカナディアンロッキーでご一緒できることを楽しみにしております!



ヤムナスカ・ガイド永谷 有基(ながや ゆうき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-07-15 09:42 | ふたりの山旅 | Comments(0)

初夏のロッキーを満喫! アシニボインロッジ滞在とロッキーハイキング 8泊9日の旅


d0112928_14471174.jpg
こんにちは。ヤムナスカガイドの山田利行です。今年もシーズンに入り忙しいガイド生活が始まりました。今回はロッキーのリピーターである浅田様グループを初夏のお花が溢れるハイキングそして旅のハイライトであるアシニボインロッジ滞在ツアーへとご案内致しました。

写真はアシニボインはナブリッジでの集合写真です。現地のスタッフと一緒にハイキングを楽しみました。
d0112928_14475978.jpg
アシニボインに入る前にまずは足慣らし。静かなハイキングとロッキーの大パノラマを目当てに「キャッスルルックアウト トレイル」へ出かけました。
d0112928_14474733.jpg
はい到着です。ルックアウトからの展望は最高でしたね。バンフからレイクルイーズの大パノラマが広がっていました。
d0112928_14481218.jpg
ハイキング後に登ったトレイルを見るのも格別です。いつも道路から見えるキャッスルマウンテンが身近な存在になりましたね。
d0112928_14483299.jpg
ハイキング二日目はカタクリの群生を探しにヒーリーメドウを歩きました。頑張って歩いた先には黄色に咲くカタクリの大群落が皆様を待ってくれていましたね。
d0112928_14482280.jpg
地面を埋め尽くすカタクリの群生。こんなお花畑が手軽に楽しめるのもロッキーの魅力です。
d0112928_14494718.jpg
ここからが旅のハイライトアシニボイン編です。ヘリコプターで入山しロッジを起点に東西南北隅から隅まで歩き回りました。
d0112928_14473381.jpg
朝少しだけ早起きをして朝焼けに染まるアシニボインとミラーリングをカメラに収めました。
d0112928_14490860.jpg
ハイキング中の一枚です。メドウの中に綺麗なポンドを見つけました。ハイキングで少し疲れた足を癒して頂きました。ヤムナスカのハイキングはただ歩くだけではなく全身でロッキーを感じて頂きます(笑)。
d0112928_14490070.jpg
ウェスタンアネモネの家族です。高山地帯ではまだまだ初夏のお花も楽しむことができました。
d0112928_14485144.jpg
雷鳥も見ることができて良かったですね。写真で改めてみると上手くカモフラージュしてますね。
d0112928_14484109.jpg
ロッジ滞在は食事も楽しみの一つです。昼食は用意された食材で自分の好みに合わせてサンドイッチやスナックを詰め込んでハイキングに出かけます。
d0112928_14491708.jpg
ハイキング最終日はウィンディーリッジへ向かいました。広大なメドウの先にある尾根を目指します。
d0112928_14492721.jpg
ウィンディリッジ上部で休憩中。アッシニボインを遠望しながらの一時はとても贅沢な時間でしたね。
d0112928_14493708.jpg
最終日、ヘリアウト前にレイクメイゴックでの集合写真です。ロッキーで一番有名な山域と言っても過言ではないアシニボイン州立公園を5日間遊び尽くした皆様の笑顔は最高ですね。全日晴天、初夏のお花、ロッキーの山々、アッシニボインでの5日間どれもが素晴らしいツアーとなりました。
是非、また皆様でロッキーに戻って来られることをスタッフ一同お待ちしております。この度はヤムナスカをご利用頂き本当にありがとうございました。


ヤムナスカ・ガイド山田 利行 (やまだ としゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-07-02 04:17 | グループの山旅 | Comments(2)