<   2017年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

カナダ山岳協会 ガイド試験9日間 2017/6/17 - 25

d0112928_13343268.jpg
こんにちは、ヤムナスカガイドの植木です。
先日カナダ山岳ガイド協会のガイド試験に挑んできました。
カナダ山岳ガイド協会の試験に臨むためには、事前に十分な登山経験と野外救急法の資格を所持している必要があります。
当社ヤムナスカガイドはいくつかの厳しい資格を所持したものだけが正式にガイドとして所属しています。
そしてこの試験は自分のスキルアップのためにも非常に勉強になった試験でした。

9日間の試験のうち、3日は座学、その他は実際に山に入り実戦形式で試験に臨みます。
それでは、その一部をご紹介します。

d0112928_13451908.jpg
今回試験を行った場所は、カナナスキスカントリーというバンフ国立公園に隣接した州立公園内で行われました。
正直言って、カナディアンロッキーの素晴らしさに改めて気づかされた9日間でした。
バンフ国立公園は超有名でたくさんの方が訪れる有名な場所ですが、その横にある州立公園はほとんど人がいません。
しかし、ここは国立公園には指定されていないものの、負けず劣らず素晴らしい場所です。
上の写真の場所は、Windy Ridgeという場所で、遠くに見える湖がSpray Lakeという大きな湖です。
Canmoreという町から30分くらいしか離れていない場所ですが、軽く3000m弱の標高の山が連なるポイントに来ています。

d0112928_13510463.jpg
ここもCanmoreという町から15分ほど走ったところにある名もなき山からの景色です。
右上一番奥に見えている山が、当社の名前と同じ「Mt. YAMNUSKA」です。
ここも今回の試験会場の一部として使われました。
カナディアンロッキーには、名もなき山は無数にありますが、そのすべてが素晴らしい山でもあります。
d0112928_14001290.jpg
勿忘草(Alpine Forget-Me-Not)

d0112928_13594362.jpg
チョウノスケ草(White Dryad)
d0112928_13590452.jpg
マンテマ(Moss Campion)
d0112928_13593073.jpg
ハゼリソウ科(Silky Scorpionweed)  ※日本に該当種無し

これらの花はカナディアンロッキーの初夏の花として比較的高所に見られる花々です。
特にカナディアンロッキーのマンテマは、高山の厳しい環境下でのみ育つため、写真の大きさに大きさになるまで数十年は要しています。
d0112928_14193149.jpg
試験会場の一部は長~い尾根を縦走する場所もあります。(見えているず~っと先の尾根の先端まで約7㎞歩きます)
ここでの目的は、突然の強い風、切り立った尾根をいかに安全に、快適にお客様を案内できるかを試されます。
また、長い尾根を歩く際に急激な天候の変化を予測し、安全に回避する方法なども学びます。
誰もいない尾根を自分たちだけが歩けること自体、本当に幸せでした。
d0112928_15235018.jpg
試験の大半はオフトレイル(登山道がない場所)で行われます。
山の地形、現在位置、目標ポイント、それらを地図とコンパスと周囲の風景で判断し進む方向を決めます。
山の知識だけではなく、地形を読む力、雲の流れ、太陽の位置、植物の種類から標高と地形を計算し目標ポイントやキャンプ地を的確に早く探していく事がこの試験の大きな目的です。そのうえで安全に楽しくお客様を大自然にお連れする事が我々ガイドの仕事です。

d0112928_14200122.jpg
毎日キャンプは決められたところでするわけではありません。もちろんキャンプ場なんてありません。
安全で適切なポイントを見つけ、テント設営から食事の支度、後片付けなど、自然を壊さずキャンプをすることも試験科目の一つです。
一見楽しそうにしていますが、これは試験最中なんですよ(笑)
d0112928_14215032.jpg
テント場は水場から近く、そして開けたところで万が一増水しても大丈夫なところを探します。

d0112928_14300485.jpg
こうした渡渉(川渡)も試験科目です。
ここをいかに安全に早くお客様を渡らせるか、ガイドの判断力が試されます。


d0112928_14355998.jpg
d0112928_14354663.jpg
そして、料理も大切なお客様のおもてなしの一つとして試験科目になっています。
おいしく、簡単に、栄養価の高い食事を早く提供する技術と知識を持つこともガイドとして大切な知識の一つです。
上はお味噌汁にベーコンを焼いたもの、下はパッドタイです。お味噌汁にベーコンとは日本人なら想像しませんが、カナディアンはさすがですね。そしてこれが意外に美味しい!!
d0112928_14425567.jpg
今回のチームメイトです。
みんなすごくひょうきんで楽しく、でもふざけるばかりではなく、全員が非常に志の高いお互いを思いやる素敵なメンバーでした。

d0112928_14411450.jpg
今回の全メンバーとの記念撮影です。
それぞれいろいろな背景があり、経験と知識があり、そのうえで一つの試験に臨むために集まった仲間たちです。
考え方、文化や生まれ育った町も国も違うメンバーが集まり、いろいろな意見を出し合い、お互いを助け合い、団結して臨みました。
d0112928_15105860.jpg
さて、結果は一週間後、合格を祈りつつシーズン突入です!!
自分だけではなく、全員が合格することを願っています。

山のガイドって本当に奥が深い!!そして山の面白さがさらに知ることができました。
これからも技術を磨き、カナディアンロッキーの大自然を安全にご案内させていただきます。
みなさん、カナダでお会いしましょう!!

ヤムナスカ・ガイド植木 正幸 (うえき まさゆき)
ガイドプロフィールはこちらから


by ymtours | 2017-06-27 15:56 | ガイドの素顔 | Comments(0)

【カナダで指圧】ヤムナスカ派 落合流 指圧術を体感しました!

d0112928_06071956.jpg
皆さん、肩こっていませんか? 原因不明の手の痺れに悩んだりしていませんか?

こんにちは、ヤムナスカガイドの石塚です。
実はわたくし、冬の間この手の症状に悩まされていました。

え?『山のガイドのくせに肩こりなんてあるの??(笑 』

そう思いますよね。
私の場合、冬の間はもっぱらオフィスでのデスクワークが中心となるため、
ウェブサイトの締め切り間近にもなると朝から晩まで座りっぱなし....
冬の時期は少なからず身体に問題が生じたりするんですね。

d0112928_06185530.jpg

愛用の iMacはデザインワークに最適で、仕事の環境は良いと思うのですが、
やはり長時間のパソコン作業は身体にダメージを蓄積していくのです。

マウスを使う側の手が痺れたりする「マウス症候群」というのを聞いたことありますか?
パソコンでの仕事で、特に細かくマウスを動かす作業が必要なデザイナーの人には多いそうです。
たぶん私もこの手のものじゃないかなぁ... ぐらに軽く考えていたんですね。

夏は山歩きやMTBでバリバリ身体を動かすため、あまり気にしていなかったのですが、どうにも今年の冬は辛いのです。
やはりオーロラサイトのリニュアール作業が堪えましたね... おかげで山スキーにはほとんど行けなかったし....ブツブツ

症状は特に朝が酷く、肩の張りや痺れが酷いため、鍼治療かカイロプラクティックでも行くべきかと悩んでいたのですが、
そんな中、なんとオフィスに救世主が現れました。


ヤムナスカ、レジェンドガイドの 落合圭太(オチアイケイタ)がやってきたのです!

d0112928_06071982.jpg

彼は知る人ぞ知る プロフェッショナル指圧師
今回は休暇でロッキーに遊びに来ていたのですが、オフィスにも寄ってくれたのでした。

彼のことを知らない方のために簡単に紹介しましょう。
ヤムナスカ登山学校卒業後、ヤムナスカガイドとして働いた彼。私の先輩でもあります。

d0112928_06075808.jpg
指圧修行時代にキャンモアに来た時の貴重なスリーショット(笑

ヤムナスカ退社後はバンクーバーで2年間指圧を学び卒業し、指圧学校の講師の経験を経て独立。
現在はカナダ、BC州のケロウナで指圧診療所を開業しています。

ちなみに趣味の極真空手はかなりのもの。
軽量級で全カナダ春1回優勝など、数々の大会で好成績を残すほどの腕前でして、
グリズリーをも一撃する.........と、噂の癒し系ガイドとして評判でした。
d0112928_00263728.jpg

さて、話を戻しましょう。

オフィスに遊びに来てくれた圭太先生は、まさに私にとっての救世主。
さっそく身体の不調を相談しました。
d0112928_06071506.jpg

私『いやー実は最近、肩の張りや原因不明の手の痺れがあって、けっこう辛いんですよ...』
圭太『あー その手の人は珍しくないよ。どれどれ、ちょっと手を見せてみて。』


圭太『ほほーー やっぱりね.... では、ちょっと背骨もチェックしようか。』


圭太『ははーー。 背骨はそうでもないけど、ちょっと頚椎が左に歪んでいるかな。
どれどれ、診療所から寝台を持ってきているから、ちょっと一発(指圧を)やってみるか。』


私『え! そんな、いいですか!

...

あ、でも休暇中じゃ...

...

あれ? というか、なんで寝台もっているんですか??...』


といった感じで、急遽ヤムナスカオフィスで指圧コースを体験させてもらいました。
なんともありがたいことです。やはり持つべきはプロ指圧師の先輩ですね。

d0112928_06071588.jpg

突然ヤムナスカのガイドルームで始まった指圧。
立ち寄るカナダ人ガイドたちからは『What are you guys doing meeeeen!』みたいな感じで珍しがれます。
ですよねー(笑

d0112928_06071604.jpg
圭太氏”秘伝”の背骨補正術。ちょっとしたコツで背骨のゆがみを正す技で、カナダではまだ誰も知らないテクニックだとか。
これ、かなり気持ち良かったです。

d0112928_06071541.jpg
私の場合、首周り、肩周りに問題を抱えているのですが、そこだけケアしてもダメなんだそうです。
どうやら手首や足首のマッサージが大切だとか。
手首、足首、それぞれ『首』が付くように、みんな繋がっているらしいです。
身体全体の血液の循環が大切なんですね。


圭太『体一ももっと身体をいたわらないと。(いつまでも若くないんだから...)』

私『え、やっぱり、実は俺も最近、このままじゃまずいかなぁって思ってたんですよ....』


ちなみに話は変わりますが、
私、2014年のスキルアップイベントでケロウナに行った時に、彼には一度マッサージしてもらったことがあります。
(2014年スキルアップの記事はこちら
d0112928_06075985.jpg
d0112928_06075993.jpg
今から3年前のことですが、この時は今のように酷い肩こりや手の痺れはまったくありませんでした。
しかし、マッサージ後に彼に言われた一言は良く覚えています。


圭太『ちょっとヤバいね。もっと身体はいたわらないと...』


この時から身体は悲鳴をあげていたんでしょうね.... 反省です。

d0112928_06071654.jpg
いやはや。軽く2〜30分と言いながら、50分ぐらいじっくりやってもらっちゃいました。
おかげさまで信じられないほど、身体が楽になりましたよ。
いや、これ本当です。

と言っても、この一回だけで完全に蘇るほど甘くはありません。

やはり、日頃のストレッチを継続するのことが大切なんだそうですね。
彼に効果的なストレッチ法を教わったのですが、これが本当にめちゃくちゃ効くんです。

ちょっと代表的なのを二つだけお見せしますと、

手を捻り、それぞれ20秒ほどキープ。 とか....
d0112928_07211976.jpg


頚椎(特にC5とC7の直下)のツボ押しを寝る前にする技とか
d0112928_07211969.jpg
こんなことを含め、全部で5種類ぐらいを毎日やっているだけなのですが、これがビックリ。
あんなに悩まされていた手の痺れがかなり緩和されたんですね。


やっぱり行き着くところはストレッチなんですねー


わたくし、過去に何度もストレッチを習慣にしようとトライしてきましたが、どうにも続かず断念してきたタイプです。
やはり人間、痛い目を見ないと頑張らないんですね(笑

d0112928_00445791.jpg

お陰様で身体はすこぶる良くなり、先日は10時間ほどオフトレイルで山を歩いてきましたが、もの凄く快調でした。
健康であることが一番大切なんですね。


d0112928_00310650.jpg

さすがレジェンドガイド 落合圭太!
本当に感謝感激です。


皆さんもストレッチしましょうね!(経験者談)


BC州ケロウナに立ち寄る際は、是非『キアイ指圧』をお試しください。


KIAI SHIATSU
【ADDRESS】#219-1789 Harvey Avenue, Kelowna BC V1Y 6G4



by ymtours | 2017-06-22 06:45 | ガイドの素顔 | Comments(2)

初夏のヤムナスカショルダー 展望&フラワーハイキングの一日

d0112928_06473342.jpg
 ガイドの石塚です。いよいよハイキングシーズンが始まりましたね! 標高1300m~1800mのカナナスキスエリアは初夏の高山植物とアスペンの新緑が見頃を迎え始めています。今回は北海道から新婚旅行でお越しの古川様ご夫妻を、初夏のヤムナスカショルダー・ハイキングへご案内させて頂きました。お二人にとって大切な思い出となる新婚旅行に、私たちヤムナスカをご利用頂きまして大変光栄です!! この日は見事な快晴で、最高気温は25度超える夏日! あつ〜〜い一日でしたが、花と展望を満喫してきました。

d0112928_06473173.jpg
d0112928_06473119.jpg
まずはマウント・ヤムナスカの麓でこれから歩くコースを確認。
『ヤムナスカ』とは私たちの社名でもありますが、先住民族の言葉で"flat faced mountain(平らな面を持つ山)"という意味があります。

山の途中、緑と岩場の部分でハッキリと地層が分かれているのがわかりますね。
普通、地層は上に行くほど新しいものになりますが、この山は隆起した時に古い地層が新しいものに折り重さなるような現象が起きたため、上の岩場の地層の方が下の緑の部分よりも遥かに古いのです。なんとその差は約4億年以上!

今日は緑と岩山の境目の肩の部分を目指し、この古い地層の場所まで歩きます。
d0112928_06473214.jpg
トレイルはロッジポールパイン(松)の樹林帯からスタート。
d0112928_06473211.jpg
お二人ともとても好奇心旺盛で、私もインタープリティブには力が入りました。
d0112928_06473258.jpg
出ました!ロッキーを代表する初夏の花『イエロー・レディース・スリッパー(カラフト・アツモリソウ)』
ヤムナスカ・トレイルでは標高1500mほどのエリアに咲きますが、今はベスト・タイミングを迎えています。
d0112928_06473382.jpg
どうですか、この素晴らしい景色!
通称『第二展望地』と呼ばれる場所からは、ロッキー山脈と丘陵地帯の広がる広大な景色を楽しめます。
d0112928_06473485.jpg
いよいよ目的地の岩場が迫ってきました。
d0112928_06473468.jpg
d0112928_06483478.jpg
落石の危険がないことを確認し、安全な範囲で岩に近づきます。
数億年という遥か太古の昔に作られた地層に触れるなんてロマンがあると思いませんか?
地球の歴史を感じる瞬間です。
d0112928_06483538.jpg
帰路に立ち寄った展望地では可愛らしいシマリスが登場。
動物は疲れを癒してくれますね。
d0112928_06483565.jpg
最後は新婚旅行のお二人に私からちょっとしたサプライズのささやかなプレゼント。
あつーい1日でしたので、つめたーいカクテルでおもてなし。
自前のグラスやマドラーも含め、氷と材料などなど、実はいつでも出せるようにバックの中にずっと用意していたのでした(笑
d0112928_06483415.jpg
完成。ノンアルコールカクテルの『バージンブリーズ』!
ちなみにこれにウォッカが入ると『シーブリーズ』というカクテルになります。
d0112928_06483459.jpg
乾杯! 私も一緒にいただきましたが、下山後に飲む冷たいフルーツカクテルは最高ですね。
病みつきになりそうです。
d0112928_06473341.jpg
古川様、改めましてヤムナスカをご利用いただきまして、ありがとうございました。
お二人の新婚旅行において、今回の山行が良い思い出の一ページになって頂けたのなら、これほど嬉しいことはありません。
カナダからお二人の幸せを願っております。
末長くお幸せに!

ヤムナスカ・ガイド石塚 体一(いしづか たいち)
ガイドプロフィールはこちらから


↓上記の山旅記録は以下のツアーで参加いただきました↓
d0112928_07090672.jpg


by ymtours | 2017-06-07 10:07 | ふたりの山旅 | Comments(2)

2017年 春のスタッフトレーニング

d0112928_02465306.jpg
皆さんこんにちは!
ガイドの堀口です。

6月に入りすっかり暖かくなり、カナディアンロッキーの玄関口である我々の本拠地、キャンモアも夏らしくなってきました。
最近は日中は20°近くになり、わたくし堀口は街では短パンです。
カナダの夏は短いです。短パンは履けるうちに履きましょう!というのが鉄則です。

さてさて、前置きが長くなってしまいましたが。
夏といえばハイキングシーズン!
そうです、いよいよ今週から夏のツアーがスタートします。
ということで、先日ヤムナスカスタッフが総動員し毎年恒例のスタッフトレーニングをキャンモアのオフィスで行いました。
ユーコン在住の本山と、私ももちろん参加です。

2日間の日程で行われるトレーニングは、
・Day1・・・オフィスにてオペレーション、車両と運転業務、ガイドとしてどのように仕事に向き合うべきかをの確認。
・Day2・・・フィールドにでて実際のガイディングを想定したトレーニング。
という内容です。


d0112928_03062922.jpg
Day 1、クラスルームにてオペレーションの内容を確認します。
オフィススタッフ、現場のガイドがスムーズかつ効率的にコミュニケーションをするために、
ここでしっかりと業務内容をブラッシュアップします。

d0112928_03064395.jpg
d0112928_03065573.jpg
車両のチェックと安全運転は、私たちの最も大切な業務の一つ。
車両の基本的な知識はもちろん、整備の基本、安全に関する情報のシェア、万が一トラブルが発生した際の対応を確認しあいます。
お客様に安全に、安心してご乗車していただくために、安心感を与えるドライビングを常に考えます。
d0112928_03074726.jpg
Day 2、フィールドにでて実際のガイディングを想定したトレーニング。
出発前にはお客様の、体調や様子、装備などをしっかりと確認します。
特筆事項があればガイドノートに記録を取る。
ガイドの基本ですが、些細なことでも記録に取っておくことがプロガイドの一歩目です。
d0112928_03080734.jpg
山に入ってしまえば、ほとんどのエリアが携帯圏外になるため、無線の使い方もしっかりと確認します。
緊急時など無線が唯一のコミュニケーション・ツールとなるため、
各エリアの周波数はあらかじめプログラムし、現場では問題なくエリアがカバーされていることも確認します。
d0112928_03120921.jpg
今年は14名の大所帯!トレイルヘッドまで専用車で向かいます。
今年もレジェンドガイドの岡部氏にオブザーバーとして参加していただきました。
経験値の高いベテランからの意見は大変参考になります。
d0112928_03090306.jpg
トレイルヘッド(登山口)ではガイドがこの日の行程や見どころ、危険個所などを正確に伝えます。
今年は植木がまずはガイド役になります。
他は全員お客様役ですが、もちろん全員がガイドなので途中でそれぞれが持っている知識や、情報をシェアしながら進んでいきます。
d0112928_03083545.jpg
6月初旬のこの時期はまだまだ残雪期。
ゲイター(スパッツ)は必須アイテムの一つです。
d0112928_03092731.jpg
今年はカナナスキスカントリー、スプレイバレー州立公園にある『Tryst Lake』周辺を歩きました。
"Tryst" は "逢引き" という意味があるのですが、どのような場所か非常に気になるところですね(笑)
d0112928_03095743.jpg
はい出ました。さあこの巨大な足跡は何の動物でしょうか。

答えは、グリズリー。
カナディアンロッキーはグリズリーなど熊の生息地となるため、ガイドは熊対策に関する最新情報は常にチェックすることを求められます。

d0112928_03112021.jpg
d0112928_03125574.jpg
これはベアバンガーというアイテムで、打ち上げ花火のように爆発音を鳴らすことにより、熊が出没する危険があるエリアなどで使用し、熊に音で知らせることによって遭遇の危険を下げます。
d0112928_03121998.jpg
それ以外にもどんな動物がこのエリアにいるのか、このように糞を調べ内容物を見ることにより、動物のプロファイリングしていきます。
d0112928_03122916.jpg
ヤムナスカガイドで最もアルパインクライミングに精通した谷が、雪崩の危険について解説。
残雪期はハイキングといえども、場所によっては全層雪崩が発生する危険性があります。

落石の危険のある場所、歩くにはリスクの高い場所、決してお客様と歩いてはいけないような危険なエリアなど、
カナダ山岳ガイド協会が指定する、安全にお客様をご案内できる範囲『ガイドライン』をしっかりと確認し合います。

d0112928_05295958.jpg
安全であることがわかれば雪があっても進んでいきます。
あれ!?なんか写真が古い。。
d0112928_03101793.jpg
失礼しました。上の写真はユーコンのゴールドラッシュ時代のもので、チルクートパスのものでした。。(笑)
あまりに酷似していたので間違えてしまいました。
実際はこちら、ガイドが後方のお客様にステップを作り上りやすくします。
d0112928_03104358.jpg
最後の雪の斜面を登りきると見えてきました、 岩稜"The Fist"
d0112928_03110345.jpg
ロッキーらしい険しい壁ですね。近くで見るとド迫力です!
d0112928_03130440.jpg
目的地にTryst Lake は雪も多く、まだ凍っていたので見ごろはまだこれからという感じでした。
湖畔にて新人ガイドの永谷からロッキー山脈の造山活動と、氷河湖についてのインタープリティブ。
先輩ガイドたちの前で緊張感が伝わってきましたが、持ち前のキャラクターで、一同爆笑でした。
d0112928_03124756.jpg
ヤムナスカガイドは全員 Advanced Wilderness First Aid (野外救急法)の資格保持者。
シナリオを想定して取り組むことで、より現場で適切で迅速に対応できるための訓練となります。
救急法はこの日だけで全てをカバーできるものでなく、日々取り組む個人のブラッシュアップが非常に重要です。
ちなみに今年も患者役は難波で、症状は大腿骨骨折でした。
d0112928_03071065.jpg
トレーニング終了後はオフィス前にてピザとビールで軽く打ち上げ!
こうやってすべてのガイドが集まり足並みを揃えることで、士気が上がり、
ガイディングのモチベーションが上がりますね。

今年もガイド全員が夏に向けて仕上がりました。
皆さんカナディアンロッキーで、それからユーコンでヤムナスカガイドがお待ちしています。
皆さんにお会いできるのを本当に楽しみにしています。
今年もよろしくお願いいたします。

ヤムナスカ・ガイド
堀口慎太郎

by ymtours | 2017-06-07 07:52 | お知らせ | Comments(0)

[ガイドの素顔] 救急法の資格を更新した週末

d0112928_09462140.jpg
こんにちは!ヤムナスカガイドのトシです。

カナディアンロッキーは素晴らしい初夏が訪れています。
キャンモアのあるフロントレンジは1900m付近まで雪はありません。

これならマルチピッチの岩ルートを登れるな。。。
後ろのランドル山の岩を見て下さい。いい感じでしょ。

でも、今週は金曜から3日間も救急法の更新があるのです。

我々ヤムナスカガイドは80時間のウィルダネスファーストエイドの資格を持っているのですが、、
3年に一度、この資格を更新しなくてはなりません。しかも英語で。。。つらー。。
「たいへんだなー、めんどうくさいなー、、またお金がかかるな。。。」
こんなことを言うとプロっぽくありませんが、こんな気持ちになるのが正直なところなんです。。。。

d0112928_09490692.jpg
始まってみると、3年の間に忘れていることを気がつきます。
本来ガイドはお客様を安全にご案内し、怪我をさせないことが仕事になります。
僕はこの3年間の間に救急の応急処置をやってませんので、良いガイドと言えます。笑
自慢ではありませんが、この3年間で行った応急処置は、靴擦れで剥けた皮膚にダクトテープを貼ったぐらいです。

d0112928_09493039.jpg
ただガイドとしていつ起きるかわからない怪我の処置を身につける必要があります。
青いTシャツを着たインストラクターのデイブは、次から次へとシナリオを作ります。
面白いことに沢山のシナリオをこなすと、3年前に学んだことを思い出し始めます。

d0112928_09491663.jpg
3年に一度の更新を受けると、ファーストエイドは日々進化していることを実感しますね。

止血帯法のTourniquetは、これまで直接圧迫止血法や関節圧迫止血法でも出血を止められない時に、最後の手段として使うと学んできました。今回の講習では、太い動脈を損傷するような怪我で、血液が勢いよく噴出するような出血の場合は、止血帯法を先に使って出血を止め、それから直接圧迫止血法を使って出血をコントロールできるか試すように教えられました。そして、必要あれば後で止血帯法を外すと言う順序を新たに学びました。戦場で負傷した兵士の処置から学んだ考え方だそうです。現在、アメリカの空港では爆破テロ対策のために、AEDの横に止血用のキットが置いてあるそうです。その中に止血帯法に使うTourniquetが入っているとか。。。

手や足が切断されるような大怪我の場合に止血帯法を使うのはイメージができます。切断ではなく深い傷のとき、動脈の切断により出血がひどい場合も出血帯法を最初から使えと教えられました。出血を最小限で止めることが、生命を維持するために最優先であるという考えです。もちろん、出血帯法を使った場所の先にある組織は損傷することになるけど、最近の医学では6時間以内に病院へ運べれば、組織は蘇生できる可能性があると言うことです。ちょっと安心しました。

まあ、とにかく目から鱗ですね。。

胸部外傷の処置についても新しいことを学びました。
昔は胸部に刺し傷がある場合は、空気を通さない素材を四角に切って3箇所だけをテープで貼り、刺し傷をカバーしろと教わりました。いわゆる空気が刺し傷から入り込まないようにするためです。1箇所テープを付けないのは胸内の気圧が高くなった時に、自然に圧が抜けるようにするためでした。実際この機能がうまく働かず、圧が高くなり患者の危険が増すことが多いことが判明したそうです。もちろん、レスキュー隊員が胸内の圧を随時観察できれば良いのですが、特にウィルダネス(医療機関から離れた場所)現場では不可能だという考えになったそうです。今年の講習では、胸部に刺し傷がある場合は通常のガーゼで処置し、ガーゼが汚れるたびに交換する処置が、現場のリーダー(ガイド)のためには適切だと学びました。

さらに酸素吸入の考え方にも大きな変更がありました。
昔のファーストエイドでは、患者にとって酸素を与えられることは良いことばかりで悪いことは無いと考え、とにかく呼吸器系に問題がある場合はハイフローのO2を与えると学んできました。今年からは血中酸素が94%以上ある患者には、例え呼吸器系に問題があっても与えてはならないと教えられました。体内の酸素は多すぎても副作用を起こす患者がいるとのことです。もっと良い説明ができればと思いますが、僕のレベルではこれほどの理解において酸素吸入の新しい投与法を覚えておこうかと思います。血中酸素を測るにはパルスオキシメーターが必要です。小型化によって高所登山にもよく使われてます。正確に言うと、動脈血の酸素飽和度(SPO2)を測る装置で、実は日本光学電工業株式会社の青柳卓雄氏と岸道男氏によって1974年に発明されたものと言うことです。(byウィキペディア)

3日間の講習の最後に4択の筆記試験(70問)があります。
なんとか今回も合格できました!
これで夏のガイドに向けて準備が整いました。
d0112928_09500704.jpg

皆様とお会いできることを楽しみにしています。

ヤムナスカではロッキーマウンテンアドベンチャーメディシンというウィルダネス救急法を教える団体の講習会を開いています。今回のインストラクターであったデイブ・ワットは非常に現場経験が豊かで、プラクティカルな教え方は定評があります。資格試験だからといって杓子定規に採点するような団体も過去に体験したことがありますが、僕はより実践的なデイブの教え方が良いと思ってます。山の中では通常の救急法は使い物になりません。さまざまなシチュエーションがある中で、我々ガイドがベストと思う行動をとる。そこに難しさがあると思います。

これからも事故が起きないガイディングを目指したいと思います。
これに尽きますね。

山田 利行(ヤマダ トシユキ)

プロフィールは以下のページからご覧ください。
http://www.ymtours.com/guides/guide-yamada.html


by ymtours | 2017-06-06 06:04 | ガイドの素顔 | Comments(0)

【ガイドの素顔】春の休暇はウェストコーストトレイル 75㎞ 5泊6日の旅


d0112928_06312618.jpg
こんにちは、ガイドの植木(マサ)です。日本ではちょうどゴールデンウィークの最中の5月5日から、私とガイド仲間の
堀口(シンタロウ)で休暇をもらい、5泊6日のバックパッキングトリップに行ってきました。場所はウェストコーストトレイル、
カナダではトップクラスに入る有名なトレッキングコース、世界トップ10にも選ばれたほどの絶景と高難度のロングトレイルです。
総距離75㎞、今回は5泊6日での挑戦でした。年間降水量が平均1200㎜とカナダでも屈指の豪雨地帯にあり、いつ雨が降ってもおかしくない地域にありながら、今回は全日程が晴れた、まるで奇跡的な工程を完全踏破してきました!!
本当に幸せな、本当に楽しかった経験をさせてもらったウェストコーストトレイルに感謝!!

ちなみに、このブログでは全員呼び名で紹介します。最高の仲間は気取っちゃいけません!!


d0112928_16185763.jpg
出発前夜に泊まった安宿での「シンタロウ」と「マスミ」が食料計画中、豪華でしょ!!「美味しいものを食べる」これ、すごく大事ですよね。  それにしてもベッドの上しかスペースないんかい!!

d0112928_13451443.jpg
さて、スタート地点での集合写真、期待感満載のまだ"現実を知らない"、ひよっこ達のきれいな格好と表情です。今回5人で挑んだ仲間をちょっと紹介しますね。
左から、陽気で今回チームリーダー?的存在、ヤムナスカガイドの堀口(シンタロウ)、年齢不詳で一際オヤジに見える同じくガイドの植木(マサ)、ユーコンから参加の若手のホープ?のリョウタ、元気いっぱいのチーム最年少ムードメーカーのハルヒ、そして一番右がしっかり者で小柄なのにパワフルな頼りになるマスミです。
みんな個性的な人間の集まりで、終始楽しく、助け合い、励ましあいながらの工程でした。


d0112928_14010191.jpg
このウェストコーストトレイルは、75㎞のうち約半分はこうした海岸を歩きます。誰もいない海岸をひたすら歩きます。
ただ黙々と歩きます。そして潮の香りと波の音を全身で感じながら、ただただひたすら歩きます。
この時間が現実から夢の世界に導かれている感じがします。

d0112928_14083402.jpg
シンタロウとマサの朝、これから進む方向を2人で肩を組み遠くを見ながら気持ちを一緒にした瞬間です!!
別に深い関係はありませんので誤解のないように。


d0112928_16345247.jpg
この太平洋の向こうの対岸、そこは日本です!!そう、直線距離で約7500㎞先にある最初の陸地は日本です。
スケールデカすぎです!!

d0112928_14151003.jpg
毎晩キャンプサイトは海岸です。そしてもちろんみんなで火を囲んで楽しい談義をしたことは言うまでもありません。
このひと時が本当に貴重で仲間の大切さを感じることのできた瞬間でもありました。
たき火っていいですね。


d0112928_14255830.jpg
レインフォーレストとは直訳すると「雨の森」、ここはそんな別名がついています。圧倒的な雨量と地球上最大規模の温帯性気候地帯のここは、巨木を生み豊かな原生林を育てます。そんな森の中を歩いていると、人間の小ささに気づかされます。
森の主に圧倒された瞬間です。

d0112928_14350286.jpg
半分は森の中を歩きます。そして、そのトレイルのほとんどはこんな感じのドロ道です。というより、沼でした(泣)
こんな「一般道」とは対照に、比較的水のない歩きやすい道を我々はこう呼ぶようになっていきました、「ハイウェイ」 と。

d0112928_15285891.jpg
どこが道かわかります?実は、水たまりの部分が道で最も歩きやすい部分です。他は底なし沼状態です。こんな素敵な???
ウェストコーストトレイル、病みつきになりそう!!

d0112928_15025421.jpg
海岸に直接流れ落ちる豪快な滝、2日目にキャンプした場所です。凄まじい水しぶきで全体が白っぽく映ってますが、それほどのすごい水量です。景色も天気も最高の2日目、このキャンプサイトは本当に素晴らしい!!


d0112928_14404527.jpg
これ、登山道に見えませんか?そう、これこそが通称「ハイウェイ」というところです。
絶対に迷わない、誰が歩いても「道」とわかる一本道、35㎞地点のこの場所に、突然、初めてトレイルの看板が出現しました。
みんな大爆笑。なぜって?いままで道なき道を進んで一度も無かったからです。 
口々に言いました、「ここに必要?」と。この看板が必要なところは他に山ほどあったんです。


d0112928_15505580.jpg
「一般道」には時頼巨木が横たわっています。何十年もの間、何人の人がこの巨木の下を通り抜けたのでしょう。
そして、この巨木は何人の人を見送ったのでしょう、そんな歴史を感じる場所でした。

d0112928_14550924.jpg
やっとの思いで到着した絶景のキャンプ地。ホッとさせてくれる真っ赤な夕日と、どこか懐かしさを感じる潮の香りと、心地よい音色の波の音が毎日疲れを癒してくれました。連泊できたらよかったねと皆一様に感じる瞬間でした。



d0112928_15160237.jpg
幻想的な風景の中を当たり前のように歩きました。我々以外の足跡がありません。この絶景を独占です。

d0112928_15214638.jpg
まるで松島?と感じる絶景と滑りやすい海岸線を引き潮の合間を狙って進みます。タイミングを間違うとドロドロの森の中を
歩くか回り道がなければ停滞しかありません。これもこのトレイルの難易度を上げる要因です。
そして、そのゲーム性がまた楽しい!!

d0112928_15344026.jpg
このトレイル内には、約40か所のラダーセクション(ハシゴ場)があります。
一つ一つがビル2,3階分はある高さで、最大はビル5階に相当(感覚で)する高さを命綱なし、安全柵なんて当然ない場所を20㎏の荷を背負い、滑りやすい木のハシゴをほぼ垂直に登ります。
落ちたら、、、、、想像できますね。 体力、気力、集中力、それと運、すべてが最大限に必要な瞬間です。

d0112928_15455024.jpg
引き潮の時だけ行くことのできる海岸の洞窟、突如として現れたあまりの光景に”絶句”。光によって七色に輝く海藻と海水で濡れた岩の輝きが一層幻想的な景観を作り出してくれました。ここは満潮になると水深約3mの海の底です。感動して自然と涙が出てしまったほどの絶景に出会うことができたのも、このメンバーがこのタイミングにあわせて歩き通した賜物です。みんなに感謝!!!5日間歩き通した者だけが見ることのできる光景です。
苦難の後のご褒美でした。

d0112928_16123064.jpg
d0112928_16121689.jpg
全工程中、4か所に大きな川を渡るためのゴンドラセクションがあります。全員の力を合わせて引っ張り、対岸に渡ります。
ところで、ハルヒ、、、ちゃんと引っ張ってる??


d0112928_15593109.jpg
最後のキャンプ地の朝、このテント場だけが朝日を拝める場所です。名残惜しい最後の朝、この後1時間後に出発しました。
この地点で70㎞完歩しています。残すはあと5㎞、ゴール地点まで気の抜けないことは皆承知の上です。

d0112928_16072699.jpg
後ろに見えるハシゴをおりきって無事ゴール地点に到着しました。皆いい顔していますね。そして、心なしか逞しい顔つきになっていませんか?
ちなみに、後ろのハシゴ、最後にして最強に長くて恐ろしかったです。最後で良かった~~~。
全行程のほんの一部をご覧いただきましたが、いかがでしたか? ぜひ皆さんも挑戦してみて下さい。

私たちはカナディアンロッキーとユーコンを拠点としてハイキングガイドをしています。そんな私たちヤムナスカのガイドは、
各々余暇をこうして別世界を楽しんでいます。経験とは、新しい世界を体験した時、得られるものだと痛感できた一時でした。


ヤムナスカガイド:植木正幸



by ymtours | 2017-06-03 03:58 | ガイドの素顔 | Comments(0)